彼氏・彼女

彼氏が優しいのはどんな理由?本当に優しい彼氏を見つける方法

優しい彼氏とずっと一緒にいたい!

自立した女性であれば一人で過ごす時間も楽しく感じられますが、10代~20代の若い女性は「ずっと彼氏といたい」と思うことでしょう。

そして、その多くが「彼氏は優しい人が良い」と思うのではないでしょうか。

でも実際には、優しい彼氏を持っている女性は幸せを感じる一方で不安も抱えているのです。そこで今回は、「優しい彼」を持つことの良い面や悪い面について説明していきます。

この記事で伝えたいポイント
  • 彼氏の優しさ「7つのポイント」
  • 彼氏に優しくされて「うれしかった5つのこと」
  • 優しいがゆえの「5つの心配事」
  • 優しい彼氏と「長く付き合うための5つの秘訣」
  • 注意したい「偽物の優しさ」

優しい彼氏ってどういうもの?

優しい彼氏は、あなたのことを大切にしてくれそうですが、「優しい彼氏」とはどういうことでしょうか?気を付けたいのが「優しいこと」と「甘やかすこと」の違いを理解する、つまり「優しさの質」を知ることです。

本質的な優しさは男女に関係なく「相手のことを考えた言動をする」ことです。あなたが“ずっと一緒にいたい意味”は、寂しさからきているのかもしれません。それでは見ていきましょう。

厳しい態度を取るのも優しさの表れ

彼氏と彼女は、どちらかが上でどちらかが下ではありません。対等な関係を築き、お互いが良い影響を与え合う必要があります。単に甘やかされているだけなのに、それを優しさとはき違えてはいけません。

彼女の立場を考えてくれる

彼女であるあなたにも家族や友人、仕事、趣味などにおいて、いろいろな人間関係があります。もちろん彼氏も大切ですが、これらの人々との関係も大切です。彼女である「あなたにも立場がある」からです。

彼氏はついあなたを束縛したくなり、あなたの立場を考えない言動をしてしまうこともあるかもしれません。しかし、当たり前のことですが本当に優しい彼氏はあなたの立場を考えたお付き合いをしてくれます。

彼女の失敗を許してくれる

人とは、誰しも失敗をするものです。むしろ、失敗をしない人なんていません。例えば、デートの時間に遅刻したり手料理を失敗したりなどが挙げられます。しかし優しい彼氏は「お互い様だよ。どうってことないよ」と笑って許してくれることでしょう。

このような態度を取れる人は、若いながらも人間的にできている人と言えます。彼女だけではなく、ほかの人に対しても優しく対応していることでしょう。

彼女の欠点も愛してくれる

あなたの欠点も含めて愛してくれる彼氏は、本当にあなたのことが大好きな優しい彼氏と言えます。もちろん欠点の程度によりますが、忘れっぽかったり、ちょっとあわてんぼうだったりなどの軽い欠点も含めて、あなたのことを愛してくれる彼氏はとても優しいと言えます。

「あばたもエクボ」ということわざがありますが、他の男性から見れば大きな欠点でも、彼氏からすると欠点ではないのかもしれません。

ときには厳しく接してくれる

あなたにわがまますぎる点や他人に迷惑を掛けても平気な点など、欠点よりも大きなマイナス要があるとしたときに、それを「優しく注意してくれる」彼氏の態度もまた優しいと言えます。

なぜなら、人の欠点を指摘するのはトラブルのもとになるので「面倒くさい」からです。しかし、ケンカになることを覚悟して、普段は優しい彼氏が厳しいことを言うのは、あなたのことを思っているからなのです。

マメに連絡をくれる

男性は女性に比べると、LINEやメールで連絡をくれる割合は低いようです。彼女に対しても、初めのうちはマメに連絡をくれていた彼氏でも、付き合いが長くなるとあまり連絡してくれなくなることもあります。

しかし、普段は無口な彼なのに、LINEやメールでマメに連絡をくれたり、彼女の他愛のない連絡に対しも返信をくれたりする彼氏はとても優しいと言えます。

弱っているときに力になってくれる

人は調子の良いときばかりではありません。精神的に落ち込むときや、体調が良くないときもあるでしょう。弱っている状態では、なかなか普通の態度で彼氏に接することができません。つい当たってしまうかもしれません。

彼氏の本性は、そんなときにこそ現れるものです。彼女であるあなたのことが本当に好きな優しい彼氏であれば、何も言わずにそっと寄り添ってくれることでしょう。

家族にも優しく接してくれる

付き合っている彼女に優しく接するのは当たり前ですが、彼女であるあなたの家族にも優しく接することのできる彼氏は、人柄的に本当に優しい彼氏と言えます。

あなたの家族の誕生日にも贈り物をくれたり、弟妹とも遊んでくれたりなどといったことをしてくれる彼氏は、本当にあなたのことが大好きで、あなたの家族も大切にしたいと考えている優しい彼氏です。

優しい彼氏にされてうれしかったこと

「彼氏に優しくされてうれしかったこと」は、人によってそんなに変わらないようです。

しかし、普段から優しい彼氏でも、彼女であるあなたに何かあると、そっぽを向いてしまったり逃げてしまったりと、いざとなると冷たかった……ということもあるのではないでしょうか。ところが、優しい彼氏はそんなことはしません。多くの女性が挙げている「うれしかった5つのこと」をご紹介します。

あなただけに優しくしてくれるのが響く

誰にでも優しいのではなく、彼女としての自分に特別な優しさを見せてくれると、とても心に響きます。その心理には「彼は私だけを愛してくれている」との安心感があるからです。

イベントを大事にしてくれた

女性にとってクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどは、大好きな彼氏と特別な気持ちで過ごせる大切なイベントです。そのため、遅くまで仕事が入っていても、ほかの用事があったとしても、遅くなっても良いので「この日はずっと一緒にいたい」と考えています。

それを忘れずにいて彼氏もイベントを楽しんでくれると、彼女はとてもうれしくなるのです。

失敗した手料理を食べてくれた

多くの女性は、彼が喜ぶごはんを手作りして食べてほしいと考えます。しかし、上手にできたときは良いのですが、ときには焦がしたり味付けを間違えたりなどの失敗もしてしまいます。

そんなときでも優しい彼氏は「大丈夫、おいしいよ」と言ってくれるのです。そんな彼氏に女性は安心感を覚え、彼氏のことがますます好きになってしまいます。

生理痛のときにいたわってくれた

女性によって痛みの程度は異なりますが、生理痛は女性にしかわからない痛みです。男性は、生理痛の辛さは頭ではわかっていても実感することはできません。なかには「本当に痛いの?」なんて疑う、とんでもないことを言う男性もいます。

しかし、そんな体調のときでも優しく接してくれる彼氏に感動する女性が多いようです。

自信を無くしたときに励ましてくれた

自信のある人でも、ときには自信をなくすこともあります。仕事で失敗したり友達とケンカなどをしたりして、自分を責めて落ち込むこともあります。

もちろん、いつも自信がある人ばかりではありません。もっと言えば自己評価の低い人もいるでしょう。ネガティブになってしまうこともあります。

しかし、そんなあなたをとことん愛してくれ、励ましてくれた彼氏は、優しくて最高の男性に思えます。

危険から守ってくれた

最後は、「危険から守ってくれた」ときです。例えば、事件や事故などが挙げられます。このような事態は避けたいですが、彼の本性がはっきりとわかる状況です。

暴漢に襲われそうになったときや車の事故に遭いそうになったときに、自分だけ逃げるのではなく、ちゃんと危険からあなたを守ってくれたときです。

本当に優しいだけではなく頼りがいのある彼氏をますます好きになってしまうことでしょう。

優しいからこそ悩む?優しい彼氏への心配事とは

あなたのことをいたわってくれたり家族にも優しくしてくれたりなどと、彼氏が優しいのはいろいろと嬉しいのですが、実は不安や心配事もあるのです。

一見すると贅沢な悩みに思えるかもしれませんが、優しいから不安で、そして心配なのです。それでは実際にどのような心配事があるのか、一つ一つ見ていきましょう。

優しさは、ときには罪作り

優しさは、ときには罪になることもあります。あらぬ誤解を招いたり、ギャップを感じたりします。そのため、優しいのは決して「居心地が良いことばかりではない」ということを知っておきましょう。

モテそうで不安

多くの場合において、彼氏が優しいということは、彼女であるあなただけではなく、ほかの人にも優しいということでもあります。

そのため、ほかの女性に対しても優しく接している可能性があり、そのような女性からモテていることが充分に考えられます。そうすると女性からの誘惑も非常に多いと言え、彼女であるあなたは「彼氏を取られないか心配」という不安を抱えてしまいます。

たまに怒らせると怖い

普段はとても優しい彼氏なのですが、「たまに怒らせると怖い」ということも挙げられます。あなたが失敗しても、あなたに欠点があっても優しいのに、何かの拍子で怒ると、そのギャップに驚いてしまうこともあります。

彼自身が冷静さを失って、言葉だけではなく暴力を振るうこともあります。反対に、無視されることもあります。残念ですがこのような行為はモラハラと言えます。

優柔不断なので不満

彼女の言うことを何でも聞いてくれる彼氏というのは、実は「優柔不断なだけ」ということもあります。自分の軸を持っていないために、彼女の言うことを聞くだけで自分の意見を言うことができない男性です。

もちろん、自分の意見を持っていないわけではないのですが、あなたに嫌われたくないために顔色をうかがい、その結果、優柔不断になってしまうのです。

物足りなく感じる

優しすぎるのも、ときには物足りなく感じるときがあります。例えば、あなたに何かの用事が出来てデートをキャンセルしなくてはならなくなったときに、すんなり彼氏から「いいよ。大丈夫だよ」と言われたとき、ちょっとがっかりしませんか?

正直なところ、もう少し「えー!楽しみにしていたのに」というリアクションも欲しいものです。そんなときに、優しすぎるだけの彼氏に対して不満を感じるのです。

何も考えていなさそうで不安

彼女の言うことを何でも聞いてくれる彼氏は優しいというよりも、やはり軸を持っていないために「何も考えていない」可能性が高く、不安になります。

彼氏なりの考えを持っており、その上で彼女の意見を尊重してくれるのならば良いのですが、何でも彼女の言いなりというのは物足りなく感じます。そのため、「優しすぎる」という理由で別れるケースもあります。

優しい彼氏と長く付き合い続けるには?

モテそうで不安、怒ると怖い、優柔不断や何も考えていないなどの心配事はありますが、それでも優しい彼氏だと穏やかな関係が築けそうです。

そんな優しい彼氏を手放すのは、とてももったいないことです。そこで、ここでは後悔をしないために、優しい彼氏と長く付き合い続ける秘訣について説明していきます。

「受け取ったら与える」ことも大切

恋愛は一方通行ではなく、二人のいろいろなやり取りがあるからこそ楽しいのです。そしてある意味、Give & Takeの関係と言えます。彼からの愛を受け取ったら、あなたもお返しをする気持ちを持つことが大切です。

感謝の気持ちを示す

彼氏にいろいろ優しくしてもらったら「当たり前」とは考えずに、きちんと感謝の気持ちを示しましょう。「ありがとう」と言葉で伝えるのはもちろん、優しくしてもらったら、あなたなりの方法で良いので感謝のお返しをしましょう。

愛は受け取るだけではなく、与えることも大切です。彼氏から優しくしてもらうだけの一方通行の関係にならないように気を付けましょう。

優しさに甘えすぎない

彼氏に対して感謝の気持ちを示すことと似ていますが、彼氏に優しくされることに甘えてばかりではいけません。大好きな彼氏に負担をかける前に、自分でできることは自分でしましょう

もしかしたら彼氏は無理をして、あなたに優しくしている場合もあるかもしれません。彼氏も仕事で忙しかったり、自分の家族の問題があったりするかもしれません。甘えることを、少し控えめにしてみましょう。

彼氏の立場を尊重する

あなた自身にもいろいろなお付き合いがあり、そして立場があるのと同じように、彼氏にも立場があります。

あなたとの関係だけではなく、仕事や友人、家族とのいろいろな付き合いがあります。そして彼氏は、あなたの彼氏である前に社会的な背景を持つ一人の男性なのです。

ときには彼女との付き合いよりも優先しなければいけないこともあるでしょう。そんな彼氏の立場を理解し、尊重した付き合い方をしましょう。

彼氏にも優しくする

あなたも彼氏に優しくしてあげましょう。優しい言葉をかけるだけでも良いのです。勉強や仕事が大変そうなときには、LINEやメールで「お疲れ様」の言葉とハートマークの絵文字を送るだけで、彼氏の気持ちはほっこりするでしょう。風邪などで体調が悪そうなときは、一人暮らしであれば彼が喜ぶごはんや食べ物を差し入れをしてあげましょう。

でも決して、彼氏の負担になる「優しさの押し売り」はしないようにご注意ください。

彼氏の家族にも優しくする

優しい彼氏は、あなたの家族にも優しく接してくれていることでしょう。そうならばあなたも、彼氏の家族に優しく接しましょう。彼氏の家族に困りごとがあるようでしたら、さりげなくお手伝いをするのも良いでしょう。

自分がしてもらってうれしいことは、相手にもしてあげると喜んでくれるものです。そしてまた、その反対も同じということを覚えておきましょう。

優しくするのは裏がある?優しさが偽物だった体験談

純粋に、あなたのことが好きなのであれば何も問題はありません。もちろん、ストーカーまがいのことをするのはアウトですが、そうでないのならば、彼氏の純粋な優しさを信じましょう。

しかし気を付けたいのが、「偽物の優しさ」です。世の中には裏表のある人も大勢います。そんな悪い人の犠牲にならないように、ご紹介する体験談を読んで自分の身を守ってください

「羊の皮をかぶった狼」に気を付けよう

「羊の皮をかぶった狼」とは聖書にある言葉ですが、その意味するものは「一見優しく接してはいるが、内心では良くないことを考えている人」の例えです。男女関係にも、この考えが当てはまります。

身体が目的だった

やはり一番に挙げられる体験談が、「身体が目的だった」ということです。肉体関係を結びたいがために愛してないにもかかわらず、あの手この手で優しく接してくる場合です。

これを防ぐ方法は、彼を好きになっても肉体関係を結ばないようにするしかありません。男性はデートの3回目くらいで肉体関係を求めてくることが多いようですが、本当に男性のことを信用できるまでは拒否をしたほうが良いでしょう。

営業や勧誘が目的だった

次に多い体験談が、物販などの営業や宗教の勧誘が目的だったということです。商品を売りたいがため、または宗教に入会させたいがために優しくしてくるのです。

そして、商品を購入したり宗教に入会したりしたが最後、男性の態度はコロッと変わります。あなたのお金が欲しいがための、偽物の優しさなのです。

ネットで最近、勧誘の手口として特定の宗教が話題になっているので、チェックしておきましょう。

彼女の女友達に近づくためだった

あなたに美人の友達はいませんか?その女友達に近づきたいがために、手ごろなと言っては失礼ですが、まず人並みな容姿のあなたに近づく場合もあります。あなたと仲良くなったところで女友達を紹介してもらい、いつの間にか女友達にも手を出していた……という場合があります。

もちろん、あなたを裏切る女友達もひどい性格と言えますが、男女の関係ではありがちな体験談です。

彼女の仕事の情報が欲しかった

あなたがバリバリのキャリアウーマンとまではいかなくても、重要な部署で働いている場合も要注意です。お金を扱う銀行で働いている場合も同じです。男性が産業スパイかもしれませんし、お金目的の可能性があるからです。

優しく接して機密情報を聞き出したり、銀行の顧客の預金を不正に引き出させたりといった場合もあります。彼氏がうるさいほどに、仕事やお金の話を聞き出してくると要注意です。

彼女の家柄が目的だった

多くはない体験談ですが、あなたの家が資産家だったり、名家だったりする場合も要注意です。彼氏は本当にあなたのことが好きなのではなく、あなたの親が持っている資産や家柄、名声が欲しいがために優しく接してくるのです。

この場合は結婚がゴールのため、かなり巧妙に計画を練って仕組んできます。親や信用のおける友人に会わせるなど、いろいろな方法で彼の愛を試してみることをおすすめします。

彼女以外の人には優しくなかった

彼氏であれば彼女に優しく接するのは当たり前と言えますが、ほかの人に対して冷たい態度を取る人は信用ができません。あなたのことを好きでなくなった場合は、冷酷な態度に変わる恐れがあります。

万が一あなたが妊娠した場合は、気持ちがほかの女性に移ってしまうと、悲惨な結果になるかもしれません。

「モテる」という心配はありますが、誰に対しても穏やかで優しい性格の人のほうが安心です。

本当に優しい彼氏と幸せな恋愛をしよう

「優しさ」にはいろいろな意味があります。あなたのことを本当に愛しているのか、それとも優柔不断なだけなのか、または、裏のある優しさなどです。

若い女性は見極めるのが困難かもしれません。不安な場合は、友人や家族に会わせて確認してもらうのもおすすめです。そして本当に優しい彼氏であることが確信出来たら、彼にも優しく接して幸せな恋愛をしましょう。

関連記事