デート

デート後のメールはこう書く!男女別の例文やタイミングを紹介

デート後のメールはとても重要!

この記事で伝えたいポイント
  • デート後にメールを送るタイミングはいつ?
  • 男性からデート後に送るメールの例文
  • 女性からデート後に送るメールの例文
  • 脈ありか脈なしかメールで判断する

デート後は緊張や不安、あるいは浮かれた気持ちから、つい大切なお礼の言葉を伝えることを忘れてしまいがちです。しかし、学校や会社で毎日顔を合わせている相手ならともかく、まだよそよそしい間柄の場合は、デート後の連絡がとても大事です。

特に婚活アプリなどのマッチングサービスや、誰かの紹介で会った相手など、まだ気心が知れていない人とのデート後はなおさらです。二人の親密度をアップさせるために、デート後のメールをうまく使いましょう。

デート後にメールを送るタイミング

デート後にメールを送るタイミングをご紹介します。いつ送っても良いメールですが、できるだけ早いうちがおすすめです。

間を空けてしまうとデートの印象も薄れて、相手のこちらに対する気持ちも遠くなってしまうこともあるためです。またメールは一通だけではなく、後日に複数送っても相手は嬉しいものです。

次のデートの約束をするためにも、相手の反応を見てよいタイミングを見つけてみましょう。

デート後に送るメールのタイミングを紹介

一番ベストなタイミングは当日です。お互いデートの印象があるうちに相手へお礼を伝えます。時間がたつと日々の忙しさから記憶が薄れてしまいます。

デートの印象が冷めない当日が一番ベスト

一番ベストのタイミングは当日の夜です。

楽しいデートの最後に食事をしてお互いのコミュニケーションも取れた後、帰宅した後に相手へメールを送ります。当日はデートの印象も高く、今日の出来事を思い出しながら相手とやりとりできます。

間を空けるにつれて印象が薄れていくこともあるため、相手の気持ちが冷めないうちにメールすることがよいでしょう。このため、デート後のメールは当日送るようにします。

デートの全体を振り返ることができる翌日

デート翌日のメールは昨日の出来事を客観的に思い返すことができるタイミングです。昨日の楽しかったデート全体の印象を伝えやすくなるでしょう。

また、昨日のデートが夜遅くなった場合は、当日ではなく翌日のほうが良いこともあります。あまり遅い時間にメールを送ってしまうと、相手が就寝中のこともあるため、迷惑となる場合もあるでしょう。

好きな人からのメールはできるだけすぐ返したいと考えるため、睡眠を妨げてしまうことも考えられます。

落ち着いた文を送ることができる三日後

三日後にメールを送るのなら二通目がおすすめです。

ここまでにデートそのもののお礼は済ませておくのがベストです。デートから三日たつとお互い日常生活へと戻っているため、デート当日の浮かれた気持ちは収まっています

このため、落ち着いて相手を考えることができる時期になります。冷静に考えてみてこれから先も相手とデートを重ねたいか判断できるため、自分の心を確認してみましょう。

二通目のメールは一週間後がベスト

デートの当日か翌日にお礼のメールを出したら、次に二通目のメールを出してみましょう。今回のデートと間を開けすぎず近づけすぎず、一週間後がおすすめの間隔です。

次のデートの約束を催促するのではなく、前回のデートと関連した話題を出してつながりを深めるのが目的です。

メールは気持ちそのもののやり取りになるため、できるだけお互いの気持ちが通じ合うような話題を見つけましょう。

メールが苦手なら当日電話をしたい旨を伝える

男性の人はメールやチャットが苦手という人も多くいます。デートのお礼や今回の印象を伝えたいのだけど、どういうメッセージを送っていいのやら見当がつかないという人もいます。

こんな場合はメールではなく電話をしても良いかということを、まずチャットで聞いてみましょう。LINEなどのチャット自体をしたことがないという人なら、当日か翌日に限り突然電話をしてみても良いですね。

メールが苦手ということを相手に知ってもらえるだけで誤解を与えることがないでしょう。

相手が疲れているようなら今日中に要点だけを送る

今日のデートがドライブ中心で相手がずっと運転していた場合、向こうは相当疲れているはずです。大切な女性を乗せているというだけで、乱暴な運転をしないように気を使うものです。

こういう場合は、たくさん伝えたいことがあっても、今日中に要点だけを短くまとめて送りましょう。あまり長すぎると相手も読むのに疲れてしまいます。相手が簡単に返しやすいようこちらも気を使って短くしてみましょう。

お礼のメールを忘れていたら遅くなっても出す

デートしたこと自体に浮かれてしまい、お礼のメールを忘れてしまう人もいます。同性の友達と遊んだ日は特にメールを出すこともしないでしょう。

しかし改まった異性とのデートなら、遅くなったとしてもメールを出した方が好印象です。気づいた時点でこちらの気持ちを簡潔に伝えましょう。

この際にはっきりと忘れていたことを伝えると違和感がないですよ。

お礼のメールの後は自由にやり取りする

お礼のメールを出した後は、相手の様子を見て自由にやり取りしましょう。相手が希望すれば電話でも良いのですが、時間が合わない時はメール中心になってしまいますね。

お互いの生活時間によってメールのタイミングが違ってくるため、相手がメールを見ることができる時間も考慮して出してみましょう

リアルタイムでのやり取りができるチャットと文章を分けて、メールは丁寧な印象を心がけると好感が持てます。

デート後のメールの例文・男性編

男性から送るデート後のメールは女性の帰宅を気遣う一文から入るとスムーズです。

男性としての責任感をアピールすることもできるため、彼女が安全に家にたどり着いたか確認してみましょう。すぐ次のデートの約束を申し込んでしまうとガツガツしていると思われてしまうため、数日間をおいてみるのも印象がアップします。

女性の気持ちも考慮しながら、大好きな彼女の心をしとめられるよう工夫してみましょう。男性がデート後に送る例文をご紹介します。

男性がデート後に送るメールの例文を紹介

まず女性の帰宅を確認する文を入れます。女性を無事家に帰すことは男性の義務のため、好感が持てなかった女性のメールにも最初に確認の文を入れます。

女性の帰宅を確認する

「今日はデートをしてくれてありがとう。とても楽しかったです。別れてからちゃんと無事に家へたどり着いたか心配しています。このメールを見て返信してくれたら僕も安心します。」

このように女性の帰宅を確認する1文を最初に入れましょう。

男性としての責任感の強さと、今日のお礼も伝えられるためおすすめです。このメールを見たら、彼女も自然に返信してくれるでしょう。

デートの感想を書く

「今日のデートは本当に楽しかったです。最初から緊張しっぱなしで、車の運転もカチコチになっていたのが分かりましたか。

いつも運転している道も、横にキリコさんが乗っていると景色が新鮮に感じられました。また、運転中の食べ物や飲み物をあらかじめ用意してくれて感動しました。」

このようにデート中強く感じたことを彼女に伝えます。男性は感情表現が苦手のため、デート後のメールで今日の気持ちをしっかり伝えましょう

相手が楽しかったか聞く

「今日のデート、僕は大変楽しかったのですが、キリコさんはいかがだったでしょうか。僕だけが楽しんでいたのではないかとふと不安になっています。

ぜひ次回のデートもお誘いしたいので、希望があれば言ってもらえると嬉しいです。次回はキリコさんの行きたい所へ行きましょう。」

相手が今日のデートを楽しんでいたか尋ねてみましょう。次回もぜひ誘いたいのなら、相手の希望も聞いてみます。本音が言いやすいのもメールならではですね。

二人の共通点を書く

「キリコさんも辛い時があると海を見に来ていたんですね。僕も悩んでいるときは一人でよく海を見に行きます。

広々とした海を見ると、もやもやした気持ちも忘れてしまいすっきりしますよね。今日は一緒に海辺を歩けて嬉しかったです。」

今日のデートで分かった二人の共通点を伝えてみましょう。デート中になんとなく話していたことも、メールで送られると改めて共通点を確認してしまいます。お互いを知るきっかけにもなるため、おすすめの内容です。

次のデートを希望していると伝える

「今日の海はキリコさんに喜んでもらえて本当に嬉しいです。まだ風が冷たい季節ですが、だんだん暖かくなっていきますね。

もしキリコさんさえよければ、またデートに誘っても良いでしょうか。二人とも自然が好きなので、今度は景色の良い山に行ってみませんか。

良いお返事をお待ちしています。」このように次のデートの誘いとなる文を最後に入れます。彼女が読んでくれやすいように、あまり強引に誘うのではなくこちらの希望を伝える程度にしておきましょう。

好感が持てないときは短文で済ます

Processed with VSCO with a5 preset

「今日は僕に付き合ってくださりありがとうございます。その後無事にお家へ帰宅されたでしょうか。

思いがけず渋滞してしまい、帰宅が遅くなってしまったことをお詫びします。今日はゆっくり休んでくださいね。」

など、今日のデートで相手に好感が持てない場合は、出来るだけ短い文章で済ませましょう。長く書いてしまうと好感を持っていると勘違いされることもあります。自分の気持ちは入れずに、男性として最低限の心遣いのみ書きましょう。

具体的な次のデートの約束はしばらくして送る

「いつも僕のメールに返信してくださりありがとうございます。また直接会ってお話ししたいと感じているため、よかったら次回もデートしていただけませんか。

キリコさんの都合のよい日時にこちらが合わせます。場所ももし希望があれば伝えてください。勝手なお願いですが良い返事をお待ちしています。」

このように強引に約束をするのではなく、軽く次のデートを促してみましょう。相手の希望も聞き入れる姿勢を見せて、それとなくこちらがリードしてみましょう

思い切って告白する

「前回のデートは舞い上がってしまい、自分が何を言ったかよく覚えていません。本当なら直接会っていうことなのですが、自分は口下手なのでメールで書きます。

もしキリコさんさえよければ僕とお付き合いしてもらえないでしょうか。まだ出会って間もないのですが、お付き合いを前提とした友達関係から始めてもらえると大変嬉しいです。

よろしくお願いします。」デートをきっかけに自分の気持ちを伝えます。相手の返事を期待しすぎず待ってみましょう

デート後のメールの例文・女性編

デート後に女性から送るメールの例文をご紹介します。

たいていの男性は初めてのデートならデート代や食事代をおごってくれるので、そのことについてのお礼を書きましょう。相手の印象がいまひとつでも、このお礼だけは外さないようにすると女性としての気遣いを感じます。

また、あなたを楽しませようとデートコースを考えてくれたことへのお礼も添えると大変効果的です。次のデートを希望しているのなら、女性の方からそれとなく誘ってみるのも良いでしょう。

女性からデート後に送るメールの例文を紹介

帰宅の報告とおごってくれた男性にお礼を伝えます。次にデートコースをほめて、デートの計画を立ててくれた男性に感謝の意を伝えましょう。

無事に帰宅したことを報告する

「今日はデートに誘ってくださりありがとうございました。今無事に帰宅したのでお知らせします。

途中まで車で送ってくださり本当にありがとうございました。渋滞してから電車に変えたことで、早く家にたどり着くことができほっとしています。

ヒロトさんの適切なアドバイス本当に感謝します。」このように、まず無事に帰宅したことを最初の文に入れましょう。ちゃんと家に帰れたかどうか、男性も心配しています。この後のメッセージも自然にやりとりできるでしょう。

食事をおごってもらったらお礼を言う

「デートの最後に美味しいイタリアンをごちそうしてくださりありがとうございます。

最初にいただいたマルガリータピザは本当に絶品でした。今でもあのトマトソースの風味が口の中に残っているようです。あんなに美味しいお店を知っているなんて、ヒロトさんはすごいですね。

美味しいワインやサラダ、フィットチーネまでご馳走になって本当に感謝しています。」食事をご馳走になったらお礼を言いましょう。一言お礼を入れると礼儀の正しさを感じます

考えてくれたデートコースをほめる

「今日は色々な所へ連れていってくださりありがとうございました。海の見える遊園地から景色が一望できるランドマークタワーまで、海の好きな私も大満足です。

ランドマークタワーは時間帯もよく、夜景が大変綺麗で感動しました。」男性が考えてくれたデートコースについて感想を入れましょう。

相手は女性を楽しませるために、試行錯誤して今日の計画を立ててくれたのです。男性はあなたが楽しんでくれたか気にしているはずなので、喜んでくれますよ。

好感が持てたら次のデートを提案する

「今日のデートは本当に楽しかったです。もしよろしければ次もごいっしょできたら嬉しいです。

今日おいしいイタリアンをご馳走してもらったお礼に、私の作ったお弁当を食べていただきたいです。もしヒロトさんさえよければアウトドアなどいかがでしょうか。」

次のデートもしたいと感じたら、今日のお礼も兼ねて次のデートもこちらから提案してみましょう。今日のお返しをする形で誘うと、スムーズに受け入れてくれやすくなります。

印象がいまひとつならお礼だけで済ます

「今日はデートに誘ってくださりありがとうございました。最後に美味しい食事までおごっていただき感謝しています。

また家の近くまで車で送ってくださり本当にありがとうございました。」相手の印象がいまひとつでも、最低限のお礼だけは送りましょう

いまひとつ相性が合わないと感じてもはっきりと伝えないようにして、男女関係を保留にするように話の内容を持っていきましょう。相手の気持ちも考慮して、くれぐれもきっぱりと拒否の言葉を送らないことです。

次回のデートの約束を具体的にする

「いつも楽しいメールどうもありがとうございます。もしよければ前回のデートの後お誘いしたアウトドアへ、今度の日曜出かけてみませんか。

今週の日曜は天候も良くお出かけ日和となっています。若葉がきれいな季節なので、近くの山はどうでしょう。勝手なお誘いなので都合が悪ければお知らせくださいね。」

一週間後くらいに、次回のデートの誘いをしてみましょう。相手が断りやすいように一言添えるのもポイントです。気軽にデートを誘える間柄になりたいですね。

だめもとで告白してみる

「先週のデートは大変楽しくて今でも忘れられません。本当にありがとうございました。実はデートの最後に言おうと思っていたのですが、勇気が出せず思いとどまりました。

ぜひ私とのお付き合いを考えてもらえないでしょうか。唐突にこんなことを言ってしまって大変申し訳ありませんが、少しでも考えてもらえたら大変嬉しいです。」

告白のタイミングが掴めない人は、デート後のメールで思い切ってしてみましょう。何かのきっかけがあると伝えやすいものです。

デート後のメールの返信で脈ありなしがわかる?

デート後の相手からのメール内容で脈ありかどうかを予想してみましょう。

こちらが大変好感を持っても相手がいまひとつの場合もあるでしょう。直接聞きにくい人もいるため、メールの内容や頻度で相手の心を判断してみます。

脈ありと感じたら、直接アプローチすることも効果的です。実際の行動を決めるのにもメールは便利で、脈のない場合の新しい作戦を立てることにも役立ちます。デート後のメールから相手の心を知る方法をご紹介します。

メールの返信で相手の心を知る方法を紹介

デート後のメールは相手の心が反映されます。デート直後はお互いのお礼が中心ですが、間をおいた二通目から相手の心を判断してみます。

すぐにメールが来たら多いに脈あり

デートからの帰宅後すぐにメールが来たら、大いに脈があります。今日のデートの印象が冷めないうちに、自分をしっかりアピールしておこうということの表れです。

お礼状のようなもので形式的なものなのですが、メールの時代には一瞬で相手に気持ちを届けられるため、できるだけ早いタイミングが鍵となります。メールの内容もボリュームがあるようなら、今日のデートの印象が良かったことが分かります。

二通目のメールが本当の気持ち

一通目のメールはお礼が中心で形式的なもです。本当の相手の気持ちは二通目から確かめてみましょう。

まず次回も会いたいという気持ちがなければ、二通目のメールは送ってきません。相手が異性とメールのやり取りを日常的にしないタイプであれば、なおさら送ってこないでしょう。

相手がメール下手のタイプなら、こちらから自然な話題でメールを出してみるのもおすすめです。相手がこちらに興味があるようなら脈があります。

メールが来なくても脈があることもある

相手が異性にメールを出すことが苦手という場合もあります。デートのお礼も何と書いていいのか分からないという人もいるでしょう。

下手なメールを出して嫌われるより、何も出さない方がましと考える人もいるのです。

このためデート後のメールが来なくても脈ありの場合もあります。相手のタイプを見極めて適切な判断をしてみましょう。日ごろの相手の様子から考えてみても良いですね。

こちらからメールをしても反応がなければ脈なし

デート後にこちらからお礼のメールを出しても全く反応がない場合は、脈なしと考えるのが良いでしょう。形式的なお礼の内容にも返事を返さないようなら、よほどこちらの印象が悪かったのかもしれません。

相手が習慣的にメールやチャットを送ったり、確認したりしないような人なら、メッセージ自体を見ていないこともあります。

こんな場合は直接電話してみるほうがよいですね。勇気がいることですが、相手の気持ちを確かめるには一番良い方法です。

次のデートの誘いがあれば脈あり

デート後のメールで、次のデートへの誘いがあれば今回の印象が良かったということです。異性として大いに気に入ってもらえたことの表れであり、恋人関係に一歩近づけたことになるでしょう。

あなたの方も相手の印象が良いのならば、即OKしてみてもよいですね。相手の気が変わらないうちに早く次のデートの約束を取り付けましょう

時間がたってしまうと今回のデートの印象も薄れるため、また初回の二人にに逆戻りすることも考えられます。

こちらをほめてきたら脈あり

デート後のメールでやたらとこちらをほめてきたら脈があります。お世辞でもほめられたら誰でも嬉しいものですね。

向こうはあなたの長所を挙げて、お互いの良い関係を築こうとしています。あなたも相手の印象が良いのなら、できるだけ長所を見つけてほめましょう。

こうすることでお互いを認め合うことになり、相手を大切に思っていることの確認にもなります。短所についてはあえてメッセージを送る必要はありません。メッセージでは長所を中心にまとめましょう。

ラインに変わったら親しさが上がった現われ

デート後に何回かメールのやりとりをしてその後にLINEなどのチャットに変わったとしたら、二人の親しさがアップしたことの現れです。

文章の内容も砕けたものに変わり、お互いの距離が近くなります。どちらともなくチャットに変わった場合、デート以来に二人の仲は一歩進んだことになりますね。

チャットで気持ちのやり取りをして自然に恋人同士へと発展するケースも多く見られます。脈はあるので、これからの付き合い方を考えましょう。

デートの誘いをはぐらかされたら脈なし

こちらがそれとなく次回のデートを誘っても、理由をつけてはぐらかされることもあります。

こんな場合は脈なしと捉えた方が良いので、これ以上あなたから無理に誘わないようにしましょう。

本当に都合が悪い場合は、相手の都合が良い日を提案してきます。はぐらかしてそのままにしているのなら、次回のデートは希望していないということです。少し間をおいてまた誘ってみるのも良いですよ。

こちらの事を詳しく聞いてきたら脈あり

前回のデートの話題にかかわらずこちらの事を詳しく聞いてきたとしたら大いに脈があります。

あなたのことを深く知りたいという気持ちの表れで、メールを通じて細かなコミュニケーションを取ろうとしているのです。あなたも相手のことに興味があるのなら積極的に聞いてみましょう。

メールを通じて次回のデートまでに親密度がアップしているかもしれませんよ。気になる相手のことは何でも知りたいものです。

メールの内容次第で次のデートの約束ができるかも

デート後のメールについてご紹介しました。楽しかったデートの興奮が冷めないうちに、相手へのお礼を伝えましょう。

相手もあなたからのメールを心待ちにしている場合もあるため、できるだけ当日にすることがおすすめです。お互い好印象なら、間を空けずに次のデートを約束すると二人の心を近づけることができます。

メールの内容を印象的にして自己アピールをしてみましょう。メールだからこそ相手に言える気持ちもあります。

関連記事