好きな人

好きな人とLINEが続かない…続けるためのテクニックは?

片思いの相手とLINEが続かない…

この記事で伝えたいポイント
  • 相手とLINEが続かない5つの理由
  • LINEを続けるためのテクニック5選
  • LINEで盛り上がる話題やネタは?
  • LINEを送るきっかけはどう作る?

気になる人とLINEでやりとりをしているのに続かないと、「この人とは彼氏・彼女にはなれないのかもしれない…」とショックに感じてしまいますよね。

しかし、LINEが続かないのは、相手があなたに興味がないからとは一概に言えません。この記事ではLINEが続かない理由を踏まえ、ラリーが続くテクニックを伝授していきます。

相手とLINEが続かない理由

合コンや婚活、街コンで好きな人とLINEが交換できたと喜んだのもつかの間、なかなかLINEが続かない…とお悩みの方はたくさんいます。

はじめに、なぜ相手とLINEが続かないのか、その理由をまとめました。LINEが続かないからといって脈なしではなく、実は脈ありである可能性もあります。

相手とLINEが続かない理由は
LINEが続かない理由は、相手はほかのことに時間を使いたいから、LINEが得意でないからなどです。また中には本当は好きなのに恥ずかしくて好き避けしていて、LINEを返さない人もいます。

ほかのことに時間を使いたいから

LINEをするならほかのことに時間を使いたいと考え、やり取りを中断する人がいます。例えば社会人なら仕事に集中したい、高校生の男の子や女の子ならテスト勉強に時間を充てたいと考えます。

特に、B型男性やB型女性は自分の時間を大事にするため、LINEを返さない傾向があります。「付き合いたての恋人であっても、忙しいとLINEできない」という人は多いです。

LINEやメールが得意でないから

理系男子、草食系男子、コミュ障の男女の中には、LINEやメールがもともと得意でない人がいます。このタイプは好きな男性や好きな女性でさえも、どんな会話をしたらいいか分からないということでLINEを放置しがちです。

また、相手が年上男性・女性、年下男子・女子なら「年が離れてる人とのLINEは気を使うし苦手」という理由で、LINEがテンポよく送れなくなっているのかもしれません。

LINEの内容に興味がないから

LINEが続かないのは、相手がその内容に興味を持ってないからとも考えられます。遠距離恋愛中の恋人、男友達や女友達からLINEがきても、内容に興味がないとぶっちゃけ返信に困る…という人が多いです。

また、何が言いたいのか分からない長文LINE、返し方に困る日記のようなLINEも、会話を続けたくないと思われやすいです。

好き避けしているから

奥手男子や奥手女子は、恥ずかしいからと好き避けする傾向があります。このような好き避けするタイプは、好きな女の子や男の子からLINEがきても、自分からLINEを終わらせがちです。そのため好きな人とLINEが続かないからと、すぐ脈なしと判断するのはおすすめできません。

ちなみに、実際会うとどこか落ち着きがなく声が裏返る、顔が赤くなる、遠くからじーっと見てくるなどが、好き避けしている男女の特徴です。

相手と付き合う気がないから

本当は苦手な同性の友達にも、深い交流を避けるためそっけない返事をする人がいます。このタイプの人は交際する気がないのにLINEを続けても、相手が期待するだけで可哀想だ」という理由で、アプローチされている異性の友達のLINEにも返しません。

また、元彼や元カノから復縁を匂わせるようなLINEがくると、自分にその気がない場合は返信しないという人が多いです。

LINEを続けるためのテクニック

せっかく良い出会いがあったのに、なぜかLINEが続かない…と頭を抱えてしまうときがありますよね。そんなときはどうすればいいのか、ここではLINEを続けるためのテクニックをいくつかご紹介します。

マッチングアプリや婚活パーティーで知り合った人とLINEが続かない」といった悩みを抱えている方は、ぜひお試しください。

LINEを続けるためのテクニックは?
LINEを続けるテクニックとして、相手が返信しやすい時間帯に送る、自分の話ばかりしないようにするなどが挙げられます。返信をもらうには、相手のペースを考えることが大切です。

週末など返信しやすい時間帯に送る

どんなにLINEが好きな人であっても、平日の忙しいときにLINEがくると返せないことが多いです。そのため週末や休日など、相手が返信しやすい時間帯に送れば、LINEが続きやすくなります。

また、相手の都合がいい時間帯が分からないという方は、気になる女性や男性を紹介してもらった人から、いつくらいならタイミングが良さそうなのか、情報を仕入れるのもアリです。

相手が答えやすい質問をする

一目惚れで気持ちが高まっていると、つい「元気?今何してるの?仕事どうだった?この前言ってた資格の勉強どう?」など、質問ばかりのLINEを送ってしまうことがあります。

しかし、質問が多いLINEはどう返信していいか分からないという理由で、会話を終わりにしたいと思われやすいです。それゆえ質問はひとつに絞って、相手が答えやすいようなLINEになるよう心掛けましょう。

自分の話ばかりしないようにする

好きな人とLINEするとき、自分をもっと知って欲しいからと自分の話ばかりしていませんか?けれども自分の話ばかりされるとつまらないし、LINEを続けたくなくなるという人が多数派です。

そのため、これまでのトークを見返してみて、自分の話と相手の話が半々になるように気をつけてみてください。ときには聞き役に徹しましょう。

ネガティブワードには気をつける

悪口や愚痴をよく会話のネタにする友達といると、こちらも嫌な気持ちになりますよね。それゆえ「疲れてもうやってられない」「友達カップルがなんかうざくて…」といった、相手を不快な気持ちにさせるLINEは控えましょう。

また、嫌な気持ちにさせないためにも、相手が先輩なら馴れ馴れしくなっていないか、後輩男子や女子なら自慢話が多くなっていないかも、見返してみてくださいね。

相手のペースに合わせてLINEを送る

LINEを長く続けるには、好きな人のペースに合わせることが何よりも大切です。相手に「この人とLINEしてて心地がいい」と、思ってもらえるようにしましょう。

また、LINEは返事早いほうがいいのかも?と思いますが、返信スピードも相手のペースに合わせてください。ペースがゆっくりの相手には、連投LINEはNGです。また長文LINEか短文LINEにするのかも、相手に合わせたほうがベターです。

LINEで盛り上がる話題やネタ

「せっかくいい人を紹介してもらったのに、会話がすぐ終わる…」という方は、もしかするとLINEの話題やネタが、LINEが続かない原因となっているかもしれません。

LINEで盛り上がる話題やネタを知っておけば、それだけで二人の仲が一気に深まります。LINEを盛り上げて、両思いを目指しましょう。

LINEで盛り上がる話題やネタは
相手が興味を持ちそうな話題を出せば、やはりLINEは盛り上がります。また相手と距離が近づいてきた頃に恋愛ネタを持ち込めば、お互いドキドキ感を味わえて盛り上がるでしょう。

相手が興味を持ちそうな話題を持ち込む

LINEが苦手で返信内容を考えるのがめんどうという人がいますが、興味のある話題なら話は別です。それゆえLINEを続けるには、相手が食いつきそうな話題を提供して、会話の内容に気をつけることが大切です。

例えば、相手がお笑いが好きならお笑いの話を、音楽が好きなら相手がハマっているアーティストの話を振ってみてください。

面白いスタンプや画像を送ってみる

思わずふふっと笑ってしまうようなスタンプや画像を送り合うことでも、LINEを盛り上げることができます。

そこから、「変なスタンプで会話しよう?」「面白画像をたくさん見つけたほうが優勝」など冗談を言って、会話を広げてみましょう。またお互い動物が好きなら、可愛い動物や飼っているペットの写真を送るのも効果的です。

距離が近づいてきたなら恋愛ネタを振る

好きな人と距離が近づいてきたなら、恋愛ネタを振るのもいいでしょう。恋愛話は「相手はどんな人がタイプなのだろう?」「この人、もしかして自分に興味があるのかも?」と、どちらもドキドキ感を味わえるため盛り上がりやすいです。

ただし、初デート後などまだ距離が近づいていない段階で、プライベートに踏み込んだ話をするのはおすすめできません。

LINEを送るきっかけ作りをしよう

LINEで気になる人とのラリーが終わると、次はどんなきっかけでLINEを送ればいいのかと、考え込んでしまうことがありますよね。また話のネタがつきてしまって、次は何を話せば相手が喜ぶのか悩む…という人も多いです。

最後に、LINEを送るきっかけをいくつかまとめました。好きな人に次のLINEをナチュラルに送りたい方は、ぜひ参考にください。

LINEを送るきっかけはどう作る?
相手が喜びそうな情報を送れば、そこからきっかけが生まれて話が広がります。また相手がLINEより直接会ってコミュニケーションをとりたいタイプなら、デートに誘うのも大アリです。

相手が喜ぶような情報を送る

相手が喜ぶような情報を教えるのが、LINEを送るきっかけとして挙げられます。例えば美味しいお店巡りが好きなら最新のレストラン情報や、おしゃれなカフェ情報を送ると喜ばれます。

また、おすすめ情報や役立つ情報を教えてくれたということで、相手の中であなたのポイントが高くなることもあります。好きな人にアピールしたい方は、ぜひこの方法をお試しください。

天気の話をして会話を広げる

天気の話は当たり障りがないため、まだそこまで仲良くなってない異性に送る場合にぴったりです。「今日は暑かったね。体調崩してない?」といったLINEを送って、そこから会話を広げましょう。

また、好きな人と遠距離であれば、「こっちはすごく暑くて…そっちの天気はどう?」「ニュース見たけど、そっちは豪雨だったみたいだけど大丈夫?」などです。

思い切ってデートに誘ってみる

合コン後や街コン後にLINEを交換できたのに、会話が続かない…という方はたくさんいます。このような場合、相手はLINEが苦手で、実際に会って話したいと思っている可能性があります。

それゆえ、これまでのLINEの会話を引き出して、思い切ってデートに誘うのもアリですよ。「昨日水族館が好きって言ってたけど、良かったら一緒に行こう」「お酒強いって言ってたよね?週末飲みに行けたら嬉しい」と言って、相手を誘ってみましょう。

自分のLINEを見直して原因を探ろう

好きな人からLINEがこないと、脈なしかと思ってしまう男性や女性が多いです。しかし中には「好きな異性と付き合う前であっても、毎日LINEするのはキツい」という人もいるため、一概に脈なしとは言えません。

また、送られてきたLINEが長い、質問ばかりで、相手が返信に困っているケースもあります。それゆえLINEが続かない方は、一度自分のLINEを見返してみてくださいね。

関連記事