結婚

結婚ラッシュに戸惑い。ラッシュに乗れる人の特徴とは?

周囲が結婚していく時期は辛い気持ちになる

この記事で伝えたいポイント
  • 女性の結婚ラッシュの時期
  • 結婚ラッシュの波に乗れる人の特徴
  • 結婚ラッシュが辛いと感じる理由
  • 結婚ラッシュで沈んだ気持ちを切り替える方法

周りの人たちがどんどん結婚していくと、焦りを感じる女性も多いのではないでしょうか。たくさん結婚式に誘われたり、結婚のエピソードを聞かされたりすると、辛い気持ちになってしまうこともありますよね。

そこで、ここでは女性の結婚ラッシュの時期、結婚ラッシュの波に乗れる人の特徴、結婚ラッシュが辛いと感じる理由、結婚ラッシュで沈んだ気持ちを切り替える方法についてご紹介します。

女性には結婚ラッシュの時期がある

周りの同年代の人たちが次々と結婚していくことを結婚ラッシュと言います。そして、女性の結婚ラッシュは大きく分けて3回あると言われています。

では、結婚ラッシュは何歳頃にやってくるのでしょうか。そこで、ここでは女性の結婚ラッシュの時期についてご紹介します。

自分がこのくらいの歳になると、周りの人たちで結婚する人が増えるかもしれませんので、参考にしてみてください。

女性の結婚ラッシュの時期

女性の結婚ラッシュは3回あります。第一次結婚ラッシュは24歳から25歳、第二次結婚ラッシュは28歳から29歳、第三次結婚ラッシュは34歳から35歳と言われています。

第一次結婚ラッシュは24歳から25歳

第一次結婚ラッシュは、24歳から25歳頃に始まります。このくらいの年齢は、就職をして落ち着いてきた人が多いでしょう。

そこで、仕事も落ち着いてきたタイミングで結婚をするという人が多いのです。また、24歳から25歳頃に結婚をする人は、学生時代から付き合っているカップルが多く、長く付き合ってお互いのこともよく知っていて、仕事も安定してベストなタイミングと言えるでしょう。

第二次結婚ラッシュは28歳から29歳

第二次結婚ラッシュは28歳から29歳頃に始まります。30歳を一つの大きな区切りと考える人が、男性女性共に多いので、30歳になる前に結婚をしようとする人が増えるのです。

25歳頃にはまだ結婚は早いと思っていた人でも、30歳を手前にして結婚に対する意識が高くなる女性は多いでしょう。

このくらいの時期から婚活を始めたり、出会いを求めたりなど、理想の相手を見つけようとする女性も増えます。

第三次結婚ラッシュは34歳から35歳

第三次結婚ラッシュは34歳から35歳頃に始まります。30歳を超えて、独身を回避するにはこのくらいの年齢が最後のチャンスだと考えている人が一定数いるのです。

また、20代の頃は仕事のことしか考えられなかった人も、仕事が慣れてきたり、お金の余裕もできたりする時期なので、そろそろ結婚したいと思う人が増えます。

女性であれば35歳くらいになると、周りから「結婚しないの?」と聞かれることも多くなる時期でしょう。

結婚ラッシュに乗れる女性の特徴

突然周りの人たちが続々と結婚し始めると、焦ってしまう人も多いでしょう。「自分は結婚できないかもしれない」と不安になることもありますよね。

では結婚ラッシュに乗れる女性は、どのような特徴があるのでしょうか。例えば、彼氏がいなくても自立できている人や、今という瞬間を楽しめる人は結婚ラッシュに乗れる傾向があります。

いつまでも遊んでばかりだと、結婚ラッシュに乗り遅れてしまうかもしれません。

結婚ラッシュに乗れる女性とは

結婚ラッシュに焦るばかりではなく、自分から積極的に行動をしている人は、結婚ラッシュの波に乗りやすいです。また、ガツガツせず、余裕を持つことも大切でしょう。

彼氏がいなくても自立できている

彼氏がいなくても、自立していて、自分の人生を歩むことができている人は、結婚ラッシュに乗りやすいです。

例えば、一人暮らしで家事や料理をこなしていたり、貯金をするために節約をしていたりするような、彼氏がいなくても立派に生きていける人でしょう。

一人暮らしだからと言って、浪費が激しい人や、毎日のように飲み歩いているような人は、結婚したいと思われないことがあります。

今という瞬間を楽しんでいる

結婚ラッシュが始まり、自分には恋人がいない状態だと不安になりますよね。しかし、「今」という瞬間を噛み締めて楽しんでいる女性は、魅力的に見えます。

仕事もプラベートも頑張って楽しんでいるような姿を見せることで、声をかけてくれる人が現れるでしょう。

もちろん、待っているだけではなく自分からアプローチをすることも大切です。

男性を受け入れる態勢が整っている

結婚するためには、男性を受け入れる態勢を整えておく必要があります。例えば、素敵な相手がいたとしても、生活の面で受け入れられない面があったり、自信を持ってアプローチすることができない状態では、結婚を逃してしまうかもしれません。

素敵な相手との出会いを受け入れる準備をしておき、いつでも受け入れる態勢が整っていれば結婚のチャンスを逃しにくいでしょう。

自分から積極的に行動をしている

結婚ラッシュが始まって、焦りを感じているけれど受け身の姿勢でいては、結婚ラッシュに乗れないでしょう。

自分から積極的に相手を探す努力をする必要があります。そして、いい相手を見つけたら、その相手と本当に結婚できるのかを判断する必要もあるでしょう。

自分から婚活パーティーに参加したり、友達に紹介してもらったり、自分から積極的に行動することが大切です。

ガツガツしすぎた姿を見せない

「恋人が欲しい」「結婚したい」とアピールすることは大切ですが、あまりにもガツガツしすぎていると、相手に引かれてしまう恐れがあります。

男性からすれば、付き合うならまだしも、結婚となるとじっくりと時間をかけて考えたいと思うものです。そこで、ガツガツと結婚を迫ってくるような女性は、近寄りがたいと思ってしまうのです。

結婚ラッシュに乗るには、ガツガツした姿を見せずに相手を探すことが大切でしょう。

心に余裕を持って生活をしている

結婚に対してガツガツしていなくても、心に余裕のない女性は結婚ラッシュに乗れないことがあります。例えば、仕事が忙しいのでいつもイライラしているような、余裕が無さそうに見える女性は、男性から好かれないことがあるでしょう。

休日にはゆっくりと友達と遊んだり、趣味に没頭したり、余裕の無さが周りに伝わらないようにすることが大切です。

結婚に対して良いイメージを持っている

結婚に対して良いイメージを持つことで、結婚ラッシュに乗れることがあるでしょう。例えば、周りに結婚をして辛い思いをした人がいたり、結婚に関するネガティブな話ばかり聞いていたりすると、結婚に対して悪いイメージを持ってしまいます。

結婚に対して良いイメージがないと、結婚に対して積極的になれないので、良いイメージを持つことで結婚ラッシュに乗れるきっかけになるでしょう。

結婚ラッシュの時期が辛い理由

結婚ラッシュが来ると、辛い気持ちになってしまうことがあるでしょう。では、なぜ結婚ラッシュの時期が辛くなってしまうのでしょうか。

それは、学校を卒業してから数年経ち、差ができていると感じたり、自分の将来に不安があるので素直に喜べなかったりするなどの理由があるでしょう。

そこで、ここでは結婚ラッシュの時期が辛い理由についてご紹介します。

結婚ラッシュに辛い気持ちになる理由

周りの人たちがたくさん結婚すると、結婚式に行ったりご祝儀を用意したりと、出費がかさむので辛いという場合があるでしょう。また、結婚した周りの人と自分の差を感じて辛い気持ちになることもあります。

ご祝儀で出費が多すぎる

結婚ラッシュが始まると、結婚式に呼ばれることも増えるでしょう。結婚式にはお祝儀を用意したり、ドレスを着て髪をセットする必要があります。

また、式場までの交通費がかかってしまうこともあるでしょう。結婚式に参加することで何かとお金がかかってしまうので、出費がかさむことで辛いと感じることがあるでしょう。

結婚ラッシュには、節約生活をしなくてはいけない人も増えるようです。

卒業後の数年の差を感じる

学生の頃は「彼氏なんていらない!」などと言いながら一緒に騒いでいた友人が結婚したときは、お互いの間に大きな差ができてしまった気がして辛い気持ちになることがあります。

学生時代は、同じような生活をしていた友人も、結婚をして子供ができるなど、大きく変わった友人に驚きや寂しさを感じることもあるでしょう。

卒業してから数年しか経っていないのに、前進している友人を目の前にして焦る気持ちにあることもあります。

自分の将来に不安があるので素直に喜べない

友人の結婚を祝いたい気持ちはあるけれど、自分の将来に対する不安があるため素直に喜べずに、辛い気持ちになってしまうことがあるでしょう。

結婚して幸せそうな友人を見て、妬ましいような気持ちになってしまい、そんな自分に嫌気が差すこともあるのではないでしょうか。

本当は友人を祝いたいのに、心の中でモヤモヤした気持ちが邪魔をすることがあります。

結婚ラッシュの時期の気持ちの切り替え方・考え方

結婚ラッシュで焦る気持ちや、辛い気持ちになってしまったときは、どのように切り替えたらいいのでしょうか。

焦ってばかりでは自分が結婚できるタイミングを失ってしまうかもしれません。そこで、ここでは結婚ラッシュの時期の気持ちの切り替え方についてご紹介します。

焦る気持ちをパワーに変えたり、周りに惑わされずに見る目を磨くことが大切です。

結婚ラッシュの辛い気持ちの切り替え方

結婚ラッシュで辛い気持ちになってしまった時は、結婚の幸せ話に耳を傾けないようにしたり、独り身の人を誘って飲みに行ったりすると良いでしょう。また、結婚式に行ったときに出会いを探すのも良いです。

焦る気持ちをパワーに変える

周りで結婚する人が増えると焦る気持ちになるでしょう。その焦る気持ちをパワーに変えることもおすすめです。

新郎新婦の幸せそうな姿を見て、「自分も同じように幸せになろう」という気持ちを持ち、出会いの場へ向かうエネルギーにすると良いです。

思い切って街コンや合コンに参加してみたり、婚活パーティーに参加して、結婚ラッシュの波に乗れるようにしましょう。

周りに惑わされずに見る目を磨く

結婚にタイムリミットはありません。そのため、周りの人たちがたくさん結婚しているからといって焦って結婚するのは良くないでしょう。

結婚することよりも、結婚した後が大切なので、焦って見つけた結婚相手と結婚すると後悔する恐れがあります。

周りの人が結婚していくときにこそ、自分は「何歳のときに」「どんな人と」「どんな生活を」したいのかイメージすると良いです。

結婚の幸せ話に耳を傾けない

結婚ラッシュのときは、「私は結婚できないかも」などと悲観的になってしまうことがあるでしょう。そんなときは、結婚の幸せ話に耳を傾けないようにすることも大切です。

辛いときに周りの幸せエピソードを聞いても、より辛くなってしまい、鬱陶しいだけですよね。自分にとってマイナスになることからは遠ざかることが一番でしょう。

独り身の人を誘って飲みに行く

結婚ラッシュで寂しい気持ちを共感してくれるのは、同じく独身の人でしょう。そこで、独り身の人を誘って飲みに行くこともおすすめです。

まだ独り身の友人がいるという安心感を持つこともできますし、自分の気持ちを吐き出すこともできるでしょう。

また、誰かに話をすることで自分の気持ちを楽にすることもできるので、一人で溜め込まずに、誰かを誘って話をすることは大切です。

結婚式で出会いを探す

結婚ラッシュが始まると結婚式に誘われることも増えるでしょう。その結婚式で出会いを探すと良いです。

結婚式の二次会では、新郎新婦の友人で同年代の人が多く集まるでしょう。友人が結婚して幸せムードのときに意気投合すれば付き合いやすいのです。

結婚式を出会いの場として考えると、少し楽になるのではないでしょうか。

結婚の時期は周囲に合わせず自分のペースで考えてOK

ここでは、女性の結婚ラッシュの時期、結婚ラッシュの波に乗れる人の特徴、結婚ラッシュが辛いと感じる理由、結婚ラッシュで沈んだ気持ちを切り替える方法についてご紹介しました。

自分が結婚する予定がない中で、周りの人が結婚していくと辛くなってしまうことがあるでしょう。

ネガティブに考えていると婚活などもできなくなってしまうことがあるので、周囲に合わせるのではなく、自分のペースで結婚を考えていくことが大切です。

関連記事