結婚

復縁から結婚したい人必見!元恋人とゴールインする方法

復縁した相手と結婚をしたい

この記事で伝えたいポイント
  • 復縁した相手と結婚する可能性について
  • 復縁した相手と結婚するきっかけ
  • 復縁相手に結婚したいと思わせるには
  • 復縁した相手と結婚したエピソード

元恋人のことがどうしても忘れられないという人もいるでしょう。

そんなときは無理に忘れる必要はありません。喧嘩別れした元カレや元カノのことをもう一度思い出してみると、かけがえのない人だと気づくこともあります。

こういった場合は元恋人との結婚を考えて、復縁の計画を立ててみましょう。後で後悔するより、出来るだけの努力をしてあなたの思いを伝えてみませんか。

復縁した相手と結婚する可能性は?

いったん別れた恋人と復縁することは良くあります。別れてもお互いのことが気になり、どちらともなく元のカップルに戻るのです。

周りの状況や本人同士の希望によって結婚に至ることもあるため、相手の気持ちを確かめられるよう、コミュニケーションをしっかり取りましょう。

一度恋人同士になっているため、気心は知れている二人です。結婚できる可能性自体は高く、二人の努力によってゴールインすることができるでしょう。

復縁相手と結婚する可能性を紹介

復縁相手はいったん恋人同士になっていたため、お互いの理解は早いです。結婚の可能性を高めるには、タイミングや周囲の状況が大きく関係するのです。

お互い結婚適齢期である

女性がアラサーで結婚適齢期なら、スピードで婚約してしまう人も多くいます。焦って付き合いの浅い人と結婚してしまうのではなく、一度恋人同士になっているため、気心が知れているのも決めやすいポイントです。

この点でも復縁は二人の希望が合えば、すぐゴールインしやすいカップルといえるでしょう。女性の年齢を考えてプロポーズをしてみましょう。

以前別れた理由がはっきりしない

お互い別れた理由がよくわからないというカップルもいます。遠距離恋愛がうまく保てずに自然消滅してしまうなど、二人の気持ち自体に問題がなかった場合は、結婚の可能性が高くなります。

何かのきっかけで再び付き合いだすとかつての感情がよみがえり、遮られたことから恋愛感情が大きくなりやすくなります。決定的な理由がないのなら、ゴールインしやすくなるでしょう。

お互い寂しがりやである

いったん恋人と別れたけれど、一人でいるのが寂しくてしょうがないという人もいます。こんな二人が復縁すると別れた理由を忘れてしまい、離れられなくなることもあるでしょう。

周囲が結婚して孤独感を感じている場合は、そのままスピードで結婚に至ることもあります。女性がアラサーなら、話がすぐまとまるでしょう。

女性がアラサーである

二十代も後半に入ると女性は続々と結婚してしまいます。晩婚の傾向が強くなっていますが、アラサーがひとつの過渡期であることは間違いありません。

結婚について悩む女性がほとんどで、自分は自分とすっぱり割り切れる人は少ないでしょう。この時期にかつての恋人からプロポーズされたら、結婚を考える女性がほとんどです。彼女が焦っているようなら、勢いで結婚できることもあります。

どちらかが浮気性である

別れた原因がどちらかの浮気であるなら、復縁しても結婚に至る可能性は低くなるでしょう。結婚している夫婦でも離婚してしまうほど、浮気は男女にとって重大な問題です。

結婚する前からしょっちゅう浮気をするようでは、夫婦になったあとでも先が思いやられますね。浮気性の人はその傾向を変えることは難しいため、平穏な結婚生活が難しい場合もあります。

周囲が結婚していない

親しい友人がまだ結婚していない場合は、自分も結婚したくない場合もあります。このためアラサーまでまだ余裕があるという場合は、もう少し恋人期間を楽しむこともおすすめです。

新鮮な気持ちで再び恋人となったカップルは、相手に幼なじみのような親しさを感じる人もいます。結婚に至る可能性は、これからのつきあい次第となるでしょう。

復縁しても喧嘩が多い

再び恋人同士になっても、些細なことで衝突してしまうカップルもいます。なかなか結婚へ至らず、やきもきしている人もいるでしょう。こんなカップルは、別れた理由も小さい理由だったという場合もあります。

せっかく復縁したのだからこれまでの付き合いを改めて、相手の短所を受け入れてみるのもおすすめです。お互いの良いところを再認識するのも大切ですね。

お互い仕事が忙しい

復縁してもお互いに仕事が忙しい場合は、スムーズに結婚出来ないこともあります。すれ違いが多くなり復縁後のお互いの気持ちを確かめ合うことも難しく、ラインでやり取りする日々が続きます。

実際に会うことが少なければ気持ちが盛り上がることも少なくなり、近くにいる異性へと心が移ってしまうこともあるでしょう。出来るだけ心理的距離を近くして、お互いの気持ちをキープしましょう。

復縁した相手と結婚するきっかけ

元恋人と結婚するきっかけとなったシチュエーションをご紹介します。一度別れてしまった恋人と復縁するのは、何かのきっかけが必要です。

自分の気持ちのどこかに相手への未練が残っており、復縁した後に感じる決定手的な気持ちの変化があったはずです。周囲の状況もありますが、二人の気持ちが以前付き合っていたときより大きくなることが結婚する動機でしょう。

復縁相手と結婚するきっかけを紹介

何かのタイミングで元恋人との付き合いが生まれることもあります。いったん別れてしまっても気になる相手なら復縁することも多く、きっかけやタイミングによってはゴールインすることもあります。

共通の友人の結婚式に出席した

二人の共通する友人の結婚式に出席したことが復縁のきっかけとなる場合もあります。結婚適齢期の二人なら、自分の結婚についても考えてしまいますね。

結婚式に招待されるほど親しい間柄の友人なら、自分のことのように嬉しく思うはずです。この場所で元恋人と偶然再会しまったことは、強い縁を感じることもあるでしょう。どちらかの強いアプローチにより、復縁から結婚へと至ることも十分あります。

たまたま街で出会った

同じ生活圏に住んでいる二人なら、偶然に出会うこともあるはずです。駅や商業施設でばったり会ったなら、そのまま無視するということも不自然ですね。

よほどひどい喧嘩別れをしない限り、元恋人同士が会ったら近況を報告し合うくらいはするでしょう。この時にお互い新しい恋人がいない場合は、復縁する可能性も高く、どちらかが適齢期なら結婚するきっかけとなることも十分考えられます。

SNSを見た

元恋人がFacebookなどのSNSを見たことが結婚のきっかけとなる場合もあります。元恋人の名前で検索をかけたら、あっけなく出てくることもありますね。

元恋人に見つけて欲しいがために、SNSを利用しているという人も見られます。元恋人は近くに住んでおらず、共通の知人とも疎遠という人はSNSを利用するのも復縁のきっかけとなります。

仲の良い友人にすすめられた

仲のよい友人の影響は大きいものです。家庭を持っている親しい良い友人から強くすすめられると考えてしまうことも多いはずです。元恋人同士が何かのきっかけで復縁したのなら、相手の長所も短所も知り尽くしていることでしょう。

長期の付き合いとなる結婚を考えることも十分可能で、二人を知り尽くしている仲の良い友人からのすすめなら結婚を前向きに考えるきっかけになるはずです。

元恋人からアプローチの電話があった

別れた後もなんとなく新しい恋人を作る気にならないでいたところ、元恋人から頻繁に復縁の誘いを受けたという人もいます。すぐ付き合う気にはなれないものの、複雑な気持ちを持つ人が多いのです。

どちらかが諦めきれず強い気持ちを持っているということも、復縁には大切なことです。この強い気持ちを持ち続けたなら結婚に至ることも多いでしょう。

近距離に住んでおり会う機会が多かった

元々近距離に住んでおり、普段の生活から頻繁に会うことがあるというカップルもいます。この場合別れてしまっても、顔を合わせる機会があるため全く疎遠になるということは考えにくいものです。

しょっちゅう会うことにより、お互いの気持ちが戻るということも十分考えられます。元恋人というのは大変気になる存在のため、復縁もしやすく心の変化があれば結婚してもおかしくない間柄なのです。

復縁後は喧嘩がなかった

別れた後にお互い成長して、復縁後に喧嘩をすることが少なくなったという場合は結婚に至ることも考えられます。

別れてから復縁するまでの期間が1年以上空いたのなら二人の心も落ち着き、相手を冷静に受け入れることが出来ます。相手の存在が、かけがえのないと感じることができたのなら、結婚するのは時間の問題でしょう。

この人しかいないと思うことがあった

復縁すること自体が強い縁を持っているものですが、再び付き合い出してから相手の存在がなくてはならないと思えることもあります。

以前付き合っていた頃には分からなかった相手の良さを再認識し、恋人を二度と手放したくないと強く思います。二人が結婚適齢期なら、そのまま結婚してしまうケースも多く、別れと復縁を経験したからこそしっかりとした心の結びつきが得られることもあります。

復縁相手に結婚したいと思わせるためにできること

元恋人とぜひ結婚したいと思う人もいるでしょう。しかし、一度別れてしまった経験からあまり無理強いするのも考え物ですね。

相手の様子を見て、自然な形で結婚を意識してもらうことがポイントです。恋人関係とは違い、結婚はハードルが高く感じてしまうものなので、どんな問題が起こっても乗り越えていくという姿勢を見せることも大切です。

復縁相手に結婚したいと思わせる方法

せっかく復縁してもそのままでは結婚にいたることはありません。なんとなく付き合っていても、お互いの気持ちが理解できることはないため、積極的にアプローチして誠意を伝えましょう。

結婚の話題に触れる

復縁後にそれとなく結婚の話題に触れておくようにします。こうすることでいきなりプロポーズするより、違和感なく相手に受け入れてもらえるでしょう。

自分には結婚に対する意識があるということを相手に伝えておくだけで効果的です。普段の何気ない話題の中にも、結婚の話をどんどん盛り込んでみましょう。

相手にアプローチし続ける

女性は押しに弱いものです。なんとなく元恋人と復縁はしたものの、そこから先のことは考えていないという女性も多いのです。こういったはっきりしない心の女性にはどんどんアプローチして、自分の真剣な気持ちを伝えましょう。

草食系の男子も押しに弱い場合があります。どうしても結婚したい男性が草食系という場合は、肉食系女子になりどんどん押して彼の心を仕留めてみましょう。

結婚前提の復縁であることを告げる

元恋人と復縁する際に結婚前提の付き合いを希望しているということをあらかじめ告げておきます。こうすることで復縁する目的がはっきりするため、結婚適齢期の二人にとっては付き合いやすくなるはずです。

お互いの気持ちがぴったり合えば、即ゴールインとなるため時短にもつながるおすすめの方法です。

親や友達に挨拶しておく

元恋人と復縁した後に、親や親しい友達に挨拶しておきます。こうすることで長期に渡って相手と付き合いたいという気持ちの現れにもなり、自分の誠意を相手に示すことにもなります。

特に親へ挨拶しておくことは大きな効果があり、相手の家族に自分をよく知ってもらうきっかけにもなります。スムーズに結婚するために欠かせないことであり、相手へより近づくことになるためおすすめです。

遊びではないということを伝える

復縁したのはいい加減な気持ちではないということをしっかり伝えます。特に相手が結婚適齢期なら、男性との付き合いには神経質になっているはずです。遊びで近づいてきたのかもしれないと思われることは心外ですね。

恋人がいない寂しさからなんとなく近寄ってきたということを払拭し、自分の真剣な気持ちを伝えましょう。

以前別れた理由をはっきりさせる

なんとなく復縁はしたものの以前別れたことが心に引っかかっている場合もあります。仲良く過ごしていても、二人の心の間になんとなく溝があるのはこのためです。

この溝を見て見ぬふりするのではなく、積極的に埋める努力をしましょう。以前別れた原因をはっきりさせ、自分が悪いと感じたのならしっかり謝りましょう。もし相手に原因があった場合は、二度と繰り返さないよう話し合ってみることも大切です。

相手の短所を受け入れる

元恋人と結婚したいと思うのなら、相手の短所を受け入れてみましょう。時間にルーズな人はおおらかな人、神経質な人は真面目で几帳面な人という風に結婚して一緒に生活してみると、短所が長所と感じられる場合もあります。

結婚前提の付き合いは恋人時代と違って、相手を総合的に判断する姿勢を持つことで恋人が新鮮に感じられる場合もあります。

過去のいざこざより将来のことを話し合う

過去のいざこざを根に持つより二人で将来の事を話し合いましょう。失敗は誰にでもあるので、一度別れてしまったことを気にすることはありません。

結婚について前向きに考えることで、相手を違った角度から見ることができるでしょう。今まで見ることができなかった一面を知ることもでき、より深く相手を知ることもできるのです。

復縁した相手と結婚したエピソード集

元恋人と復縁して結婚したエピソードをご紹介します。以前別れた原因も様々で、二人の仲たがいではないこともあります。

仕方なく別れてしまった二人は再び付き合うことで、以前よりしっかりと気持ちが結びつくこともあるのです。

結婚後に離婚して復縁したという夫婦も結構います。男女の仲は簡単には割り切れない、二人にしかわからない世界があります。

復縁相手と結婚したエピソードを紹介

付き合ったり疎遠になったりしてゴールインしたカップルは多いものです。別れた原因もはっきりしないしないことも多く、成り行きに任せていたらよい縁につながったというケースも多くあります。

高校生から恋人同士の二人

OL

曖昧な関係の末ゴールイン!

時間をおくことでかえって新鮮な関係になりました。

高校生時代は仲の良い恋人だったのですが、別々の大学に行ってしまったことが原因で疎遠になってしまいました。はっきりと別れてしまったわけではなく、曖昧な関係だったのですが、お互い新しい恋人を作りませんでした。

就職後はお互い近くに住めるようになったため、どちらからともなくすぐに復縁し、適齢期には無事ゴールインしました。しばらく時間を置いたことが、かえって新鮮に感じられたようでした。

就職活動で疎遠になったが再び付き合いだした

OL

就職活動のブランクを経て復縁!

4.3

社会人になってから改めて付き合いました。

二人とも同じ大学で一緒に行動することも多かったのですが、就職活動が始まったとたん、自分のことで精一杯となり恋人どころではなくなりました。

お互いになかなか就職が決まらず不安な日々を過ごす中、相手のことをふと思うこともありました。社会人一年目の夏にどちらともなく声を掛け合い、昔の恋人同士へと戻っていったのです。

忙しい時期が過ぎ去ると相手のことを考える余裕も生まれ、結婚の話題も出始めました

復縁したら周囲が結婚ラッシュだった

OL

周囲がみんな結婚していた!

4.2

結婚適齢期に彼からプロポーズされました。

学生時代に付き合っていた恋人と復縁したのですがお互い適齢期になっており、周りも結婚ラッシュとなっていました。女性である私に強い結婚願望があり、彼からプロポーズを受けたことで迷いもなく結婚を決めました。

結婚は周囲の状況や、女性の気持ちが決め手となるようです。

遠距離で別れたけれど近くに住めるようになった

会社員

近くに住めるようになって結婚できた!

4.1

恋愛は距離が大事です。

別れた原因は遠距離恋愛がうまくいかなかったことです。最初の頃は1月に一度は会うようにしていたのですが、だんだん忙しくなりLINEだけの付き合いになっていったのです。

実際に会えないと恋人という感じもなくなり、自然消滅してしまいました。再び近くに住めるようになったことがきっかけとなり、復縁から結婚へとトントン拍子で進みました。恋愛は距離の近さも関係していると思います。

別れてみてお互いのよさを実感した

会社員

別れて相手のよさに気づいた!

4.4

付き合っている間は分からないことが多くあります。

些細なことで喧嘩別れしたのですが、改めて相手のことを思うと良い点がいっぱいあったことに気づきました。付き合っている間は普通に感じていたことも、いなくなって初めて気づくこともあります。

相手が復縁を申し込んでくれたことをきっかけにして結婚しました。長所も短所も受け入れて、パートナーと付き合えるようにしようと思います。

恋人関係より実生活の結婚のほうがうまくいった

OL

実生活のほうが良い関係になった!

恋人と夫婦は違います。

付き合っている間は喧嘩の絶えない恋人同士でしたが、思いがけず結婚生活はうまくいっています。復縁して結婚する際も、この人で本当に大丈夫なんだろうかと不安に思うこともありましたが、家族となると小さなすれ違いを気にしている暇もありません。

良い意味で鈍感になったようで、二人の歯車が合いだしたようです。この先も良い夫婦でいられると思います。

一度離婚したけれど子供のために再婚した

OL

子供と私の未練で結局再婚!

4.3

子育てでカリカリしていたことを後悔しています。

結婚したけれどパートナーの浮気が原因で3年後に離婚しました。子供が生まれたばかりで、育児を手伝って欲しい時期に浮気をされたことも離婚を決めた原因です。

しかし、しばらく経つとあの時私もカリカリしていたことに気づき、パートナーだけが悪いわけではないと思うようになりました。体裁は子供のためということで再婚しましたが、私の未練が大きくなっていったことが一番のきっかけです。

別れた後結婚したけれどお互いバツイチになった

OL

紆余曲折の末バツ一カップルに!

彼とはこうなる運命だったようです。

恋人と喧嘩別れしてしまい、お互い別々の人と結婚しました。しかしそれぞれ離婚してしまい、子持ちのバツイチとなってしまったのです。

SNSを通じて再び連絡を取り合うようになり、家族ぐるみでのデートもするようになりました。彼とは長い付き合いの中、通じ合える部分も多いようです。現在は再婚へ向けての準備中ですが、元恋人との不思議な縁を感じてしまいます。

別れた理由と現在の付き合い方を見極めて考えよう

元恋人と復縁してゴールインする方法をご紹介しました。別れた原因をもう一度振り返って、再び同じ失敗を繰り返さないようにすることがうまくいくポイントです。

いったん別れることでお互い冷静に相手のこと見ることが出来るようになることもあります。復縁すること自体相手のことが忘れられない気持ちの表れなので、アプローチ次第では結婚に至る可能性は高くなります。

過去にこだわりすぎずに、新しい二人の良い関係を築いてみましょう。

 

関連記事