同棲

同棲中の相手と別れることになる原因は?同棲を続ける3つのコツ

同棲中の相手との別れを考える

同棲は何かと将来への不安が付きものです。保証がないため、本来は精神的に自立した人でない限り難しいスタイルと言えます。

そこで、現在同棲中で「別れたいと考えている」人や「別れてしまわないか不安がある」人、または「相手に別れようと言われた」人、そして相手に「同棲しよう」と言われたけれども「いつか別れてしまうのではないか不安」な人のために、上手に同棲するための心がけについて説明します。

この記事で伝えたいポイント
  • 同棲カップルが分かれる5つの原因
  • 同棲を楽しく続ける3つのコツ
  • 同棲を解消するときの5つのポイント
  • 復縁するための4つの方法

8割は破局する?同棲カップルの別れる原因

同棲のメリットは、「結婚して生活がうまくいくかどうか様子を見るため」と考える人も多いようです。つまり「結婚前の実験」です。

一見すると合理的ですが、一方で同棲することのデメリットも多くあります。むしろ、同棲したカップルの8割は破局するといわれています。その理由について説明していきます。

男性から見ると同棲はお得?

同棲は肉体関係が前提にあります。男性からすると「お得」な関係のため、付き合うとすぐに同棲を求めてくる男性もいます。しかし妊娠などの身体的ハンデがある女性は、しっかり考えなければいけません。

マンネリ化するから

生活するということは、毎日が同じことの繰り返しです。好きな人との暮らしは初めこそ新鮮で非日常的に思えますが、少しずつ気持ちが慣れてきてマンネリ化してしまいます。

この現象は同棲に限らず、結婚も同じです。恋愛感情を持っていても次第に家族のような存在に変化していくのです。これはこれで素晴らしいことですが、「刺激が少ない」とマンネリに感じてしまう人もいます。

生活習慣の違いから

StockSnap / Pixabay

デートだけの付き合いではお互いの生活習慣はあまり分かりませんが、一緒に生活する同棲になると、二人の関係に微妙なズレが生じてきます。その原因は、生活習慣が違うからです。

お互いが規則正しい生活をしている場合はそれほどのズレはないかもしれませんが、一方が朝型なのに他方が夜型というように、生活習慣が真逆の場合はすぐに破局してしまうでしょう。

金銭感覚が違うから

金銭感覚が違うのも、生活習慣の違いとともに破局の大きな原因になります。一方が貯金をして堅実な生活を送っているにもかかわらず、他方が遊びにお金をたくさん使うタイプだと、すぐに破局をしてしまうでしょう。

いくら経済的に恵まれている場合でも、金銭感覚のズレは物事に対する価値観に直結しています。生活を丁寧に送ることができるかといった部分も大切です。

欠点が目に付くから

「あばたもエクボ」というように、デートだけの関係では相手の欠点も長所に見えたかもしれません。しかし毎日顔を合わせるようになると、恋愛時代の魔法が解けて、エクボが段々とあばたに見えてくるものです。

そうすると、ほかにも相手の欠点が目に付いてしまい、顔を見るのも嫌になって破局を迎えてしまいます。

結婚につながらないから

「長すぎる春」という言葉があるように、同棲が長く続くと結婚につながらないケースも多くあります。お互いが割り切っているのであれば、問題はないといえます。

しかし、一方が他方を利用するだけの関係の場合は、どちらかが同棲の解消を申し出て破局を迎える可能性が高いでしょう。この場合は、男性がずるずると同棲関係を求めてきますが、女性にとっては「婚期を逃す」という焦りにつながります。

同棲生活を上手に楽しむためのポイント

じっくり考えた上で同棲を選んだ場合は、同棲生活を上手に楽しむ工夫をしましょう。その場合には、大切な3つのポイントがあります。

お互いに割り切って付き合うのであれば問題ありませんが、そうではなく、結婚を前提にしているのであれば、だらだらとした同棲関係を避けるためにもぜひ参考にしてください。

同棲は結婚が前提

ブログやインターネット掲示板などでは同棲に対して賛否両論あります。しかしいずれもその理由は「結婚をするための幸せなゴールを目指す」ことにあるからです。同棲も真剣な気持ちで付き合う姿勢が大切です。

同棲の期間を決める

多くの人が「同棲は結婚生活の実験の場」ととらえているように、二人の良い関係を長く続けていけることを確認する機会となります。そのため、ずるずるだらだらと同棲関係を続けるのはおすすめできません。

同棲生活に入る前に「同棲関係は一年だけ」と期間を決めることが大切です。そして、一年経った時点で今後の関係をどうするか話し合いましょう。

相手のことを考える

結婚生活だけではなく、同棲生活においても相手のことを考えることが大切です。もちろん同棲していなくても当たり前のことですが、一緒に生活するようになると、つい相手に甘えがちな行動を取ってしまいます。

相手にも職場を始めとする様々な関係があり、束縛しすぎるのは二人の関係にとってよくありません。相手の立場に立ち、思いやりのある行動をしましょう。

話し合いの時間を大切にする

どんなに相手のことが好きでも、考えているすべてのことはわかりません。良好な関係を長続きさせるためには、ちょっとしたことでも話し合うことが大切です。

例えば、料理や掃除などの家事の分担やリラックスタイムや休日の過ごし方など、細かいこともきちんと話し合う時間を持つことが大切です。「言わなくてもわかるだろう」という態度が、取り返しのつかないズレを生むのです。

同棲を解消するときに確認すること

同棲は結婚と同じように、甘いことだけではありません。家賃や光熱費の支払いなど金銭的な問題も発生します。さらに共通の友人知人との関係にも影響します。

同棲する前にルールを決めておけば安心です。別れることになったときのトラブルを避けるために、同棲を解消するときに確認をしておくべき点があるのでご紹介します。

同棲は会社には内緒にしておく

同棲は、現在の日本では市民権を得ていないといえます。そのため、万が一同棲を解消した時のことも考え、勤め先には同棲していることは内緒にしておいたほうがおすすめです。

引っ越し先を決めておく

別れというのは突然やってくるものです。同棲を解消することになったとき、どちらかが家を引っ越ししなくてはいけなくなります。

あなたが相手の家に引っ越した場合は、もともとはその家は相手のものなので、やはりあなたが出ていかなくてはいけません。その時に困るのが、住むところです。安心して住むことができる住居を決めてから同棲を解消するのがおすすめです。

結婚資金の清算

結婚を前提に付き合っていたカップルは、結婚資金のために貯金をしているケースもあります。一つの口座で管理していることが多いと思うので、きっちり折半にするなどをして清算しましょう。

本当は、自分が支払った金額が分かれば良いのですが、別れることを前提に同棲していないでしょうから、折半することで解決するのがベストな選択になります。

家電製品などの処分

同棲するときに購入した家電製品などの高額商品や荷物の処分も、トラブルの原因になりがちです。もともとはあなたの持ち物だったり相手の持ち物だったりする場合は問題がありません。それぞれの所有者のもとに帰るだけです。

そうでない場合はきっちり折半にするか、購入した人の所有にするのか、お互いの持ち物を決めましょう。

賃貸住宅の敷金の清算

住宅の問題も大きなトラブルの元になります。もともとあなたが住んでいたところに相手が引っ越してきた場合は、相手に出て行ってもらえばよいので問題ありません。

しかし、同棲するときに住み始めた賃貸住宅の場合は、返金される敷金を清算するようにしましょう。全額あなたが負担したのであればあなたのものになりますし、相手が負担したのであれば相手に返しましょう。

今後の付き合い方を決めておく

お互いに嫌になって別れることもあれば、すれ違いが多くなって同棲を解消することになる場合もあります。後者の場合は、友人として良い関係を築くこともあり得るでしょう。

しかし、いつまでも馴れ馴れしい関係を続けるのはよくありません。お互いに新しい恋人ができるかもしれません。そのため、偶然出会ったときには挨拶程度で済ませるなど、事前に付き合い方を決めておく必要があります。

同棲解消したカップルが復縁するには?

同棲を解消したけれども「やはりあの人じゃなきゃダメ」や、別れて「寂しい」「辛い」といった気持になることもあるでしょう。失ったことで相手を愛していることに気づいたのです。

しかし、同棲に限ったことではありませんが別れた相手と復縁することもあり得ます。

そのため、相手があなたの魅力を再発見するように戦略的にふるまうことも必要です。ここではいくつかの方法をご紹介します。

ライクとラブの違いは?

ライク(好意)は、尊敬や単純な好意、親近感などです。一方のラブ(愛情)は、相手なしでは自分の人生が考えられなくなったり誰にも渡したくないと感じたりすることです。

SNSに生き生きとした様子を載せる

あなたが生き生きとした生活をする様子をSNSに載せましょう。よほどあなたのことが嫌いになって別れた場合ではない限り、相手はあなたのSNSをチェックしている可能性があります。

あなたのことを「魅力的な人だったんだ。惜しかった」と思ってもらえると、相手から連絡が来る確率が高いでしょう。同棲していたので、結婚への道のりは近いはずです。

SNSに寂しい様子を載せる

生き生きしている様子を見せるのと反対の場合もあります。もちろん見るからにネガティブな印象を与えるのはNGです。重たい雰囲気がする人には面倒くさいので関係したくないからです。

コツは、元気そうに振舞っていても何となく寂しい感じがするなと思わせることです。「もしかしたら自分と別れたから?」と、責任とうぬぼれを感じて連絡をくれる確率が高くなるかもしれません。

偶然を装って会う

相手の会社帰り、カフェやスポーツクラブなど相手の行きつけの場所へ、偶然を装って出かける方法もあります。そのとき、相手が仕事などで疲れていて精神的に参っていると、さらにあなたに対して懐かしさや親しみを感じることもありそうです。

ご飯やお茶をしているうちにあなたの良さを再発見してくれるかもしれません。相手に、復縁を申し出られるタイミングをさりげなく作りましょう。

友達にキューピッドになってもらう

良好な関係を築いている共通の友人がおり、あなたや相手の性格・事情を知っている場合は、友人がキューピッド役になってくれることもあります。

あなたの気持ちを友人に伝えておくことで、友人に、あなたの気持ちを相手に伝えてもらうようにお願いしましょう。また、相手にあなたと復縁するようアドバイスをしてくれることもあります。おせっかいな友人なら快く引き受けてくれるでしょう。

別れるときにはよく考えて決めよう

中途半端な気持ちで同棲をしたわけではないのでしたら、別れるとき、つまり「同棲を解消するとき」も再びじっくり考えてから結論を出しましょう。

一緒に暮らすことで愛情が増していることでしょう。お互いがいい加減な気持ちで同棲したわけではないのでしたら、上手に続けられる方法を探って結婚までのゴールを目指しましょう。