彼氏・彼女

彼氏と同棲したい!同棲をするメリットやデメリットはあるの?

彼氏と同棲をするために知っておきたいこと

この記事で伝えたいポイント
  • 彼氏と同棲を始めるベストなタイミング
  • 同棲をすることのメリットやデメリット
  • 彼氏と同棲をする際の注意点
  • 彼氏と同棲してよかったエピソード

付き合っている人がいる方は、彼氏と同棲したいと思っている人も多いのではないでしょうか。また、彼氏と同棲を始めたばかりの人は、同棲をする上で注意点があれば知りたいですよね。

そこで、ここでは彼氏と同棲を始めるベストなタイミング、同棲することのメリットやデメリット、彼氏と同棲をする際の注意点、彼氏と同棲してよかったエピソードについてご紹介します。

彼氏と同棲をするタイミングはいつ?

彼氏と付き合っている人は、彼氏と同棲したいと思っている人も多いでしょう。また、近頃は結婚前に同棲したいと考えているカップルが増えているようです。

では、彼氏と同棲を始めるのにベストなタイミングはいつなのでしょうか。そこで、ここでは彼氏と同棲をするタイミングについてご紹介します。

結婚を前提に付き合いを始めたときや、どちらかの家の更新期限が迫ったときに同棲を始めると良いでしょう。

彼氏と同棲を始めるタイミング

彼氏と付き合い始めて1年経ったときや、プロポーズをされたり、プロポーズをしたタイミングで同棲を始めるとスムーズでしょう。また、相手の親に挨拶に行ったときに、同棲を始めるのもおすすめです。

結婚を前提に付き合いを始めたとき

お付き合いをしていく中で結婚を意識し始めたカップルもいれば、結婚を前提に付き合い始めたカップルもいるでしょう。お互いに結婚を意識し始めたときに、同棲を始めるのがベストな時期です。

同棲をスタートさせることで、より2人の距離が縮まり、結婚が近づくことになるでしょう。真剣に2人の将来を考えるのなら、一緒に暮らして結婚後の生活をイメージすることができるというメリットがあります。

どちらかの家の更新期限が迫ったとき

いつかは同棲したいと話していても、なかなか同棲に踏み切れないカップルは多いです。また、同棲を始めるときは、新しく部屋を探すことになるカップルが多いでしょう。

しかし、仕事に追われていたり、忙しくしていると、新しい家探しをする余裕がなく、同棲が先延ばしになってしまうことがあります。

そこで、どちらかの家の更新期限が迫ったときが、同棲を始める良いきっかけになるでしょう。

付き合い始めて1年経ったとき

付き合い始めて1年経つと、マンネリ化してしまうカップルも多いです。そこで、同棲という新しいスタイルに変えることで、新鮮な気持ちで付き合うことができます。

倦怠期を迎えてしまったカップルでも、一緒に暮らすことでドキドキ感がアップして、マンネリを解消できるかもしれません。

交際してから1年経った頃に、同棲を申し込んでみるのも良いでしょう。

プロポーズをされた後

プロポースをされた後に、同棲を提案してみるのも良いでしょう。また、婚約した状態は、同棲を始めるタイミングとしてもふさわしいです。

また、結婚が決まれば、式場選びや結納の準備、披露宴の招待状の準備など、しなくてはいけないことがたくさんあります。

そのため、一緒に暮らすことで、2人で相談しながら決めることもできるでしょう。もちろん、自分からプロポーズをしたときに、一緒に同棲を持ちかけてみるのも良いです。

どちらかが転職をしたとき

遠距離恋愛をしているカップルで、もしどちらかが転職を考えている場合は、転職をきっかけに同棲をすると良いでしょう。

2人とも近いところで働ける場所を探すことで、今までは遠距離であまり会えていなかったカップルでも、一緒にいられる時間が増えます。しかし、同棲を始めるまでには、一緒に家を探して、引っ越しの準備をしなくてはいけません。

相手にも都合があるので、準備期間を十分に設けてから話し合いましょう。

相手の親に挨拶に行ったとき

付き合いが長くなると、相手の親に挨拶に行くこともあるでしょう。もし、親に挨拶に行く予定ができたときは、「ご両親の許可が降りたら同棲したい」と伝えてみることがおすすめです。

相手の親に直接会いに行き、同棲の許可をもらうことで、2人で気兼ねなく一緒に暮らすことができるでしょう。

もしかしたら、相手の親に挨拶に行った時に、親から同棲を催促されることもあるかもしれません。

遠距離恋愛で久しぶりに会ったとき

遠距離恋愛をしているカップルは、会いたいと思ってもなかなか気軽に会えないですよね。そこで、久しぶりに再会したときに同棲を提案してみるのも良いでしょう。

久しぶりに会うことで、「相手ともっと一緒にいたい」「寂しいから近くにいてほしい」と素直に伝えてみることで、同棲を始めるきっかけになるかもしれません。

しかし、相手にも家のことや仕事のことがあるので、相手の都合も考えて同棲を提案することが大切です。

彼氏と同棲するメリット・デメリット

彼氏と同棲をすることで、一緒にいられる時間が増えたり、家賃が安くなったり、メリットが多いように感じますよね。では、彼氏と同棲することで、他にもメリットはあるのでしょうか。

また、彼氏と同棲することによるデメリットもあるのなら、事前に知りたいですよね。そこで、ここでは彼氏と同棲するメリットとデメリットについてご紹介します。

彼氏と同棲することによるメリットとデメリット

彼氏と同棲をすることで、結婚した後の生活をイメージしやすかったり、支払うお金の面で楽になるというメリットがあります。別れたときが大変だったり、結婚するタイミングを見失ってしまうことがあるでしょう。

結婚した後の生活のイメージが湧きやすい

同棲を始めて一緒に暮らせば、結婚後の生活と大きな差はないでしょう。そのため、同棲をすることで結婚した後の生活をイメージしやすくなります

例えば、お互いの生活リズムや、どんな風に寝るのか、どんな風にテレビを見るのかなど細い部分まで知ることができるでしょう。

相手の良い面や悪い面も含めて、結婚生活をイメージすることで、本当に結婚相手としてふさわしいのか判断することもできます。

支払うお金の面で楽になる

同棲を始めることで家賃が半分になるので、今まで一人暮らしをしていた人は、これまでよりも家賃を抑えることができるかもしれません。

また、同じ家に暮らしていると、待ち合わせをするための交通費も抑えることができます。また、光熱費や食費、生活雑貨など、2人で使うものは一緒に相談して金額を決められるでしょう。

また、一緒に生活をすることで、お互いのお金の使い方も知ることができます。

デートの予定が立てやすい

一緒に暮らすことで、お互いの予定を把握しやすくなるでしょう。そのため、デートの予定を立てやすくなります。

また、今月はお金が厳しいという場合でも、家で過ごしたりデートを伸ばしたりするなど、気楽に話せることもメリットです。

別々に暮らしているカップルであれば、デートの予定を立てたときにあまりお金が使えない状態のときは、言い出しにくいこともあるでしょう。

実家暮らしの人は実家から解放される

同棲をする前は実家暮らしをしていて、実家暮らしに不満を持っている人は、同棲を始めることで不満から解放されるでしょう。

一人暮らしをしたことがない人にとって、実家を出ても一緒に暮らす人がいることはメリットと言えます。また、実家で暮らしていたときは、家のインテリアを自分の好みにしたくてもできなかったことがあるでしょう。

同棲をすることで自分の好きなようにできるようになるかもしれません。

いつでもイチャイチャできる

家に帰ると彼氏といつでも会えるので、いつでもイチャイチャできるというメリットもあるでしょう。彼氏とデートが終わったあとに別れる寂しさがあったり、どんなに時間があっても、もっとたくさん会いたいと思うことがありますよね。

そこで、一緒に暮らすことでいつでもイチャイチャすることができます。また、彼氏の顔色や様子を毎日見れるので、少し疲れているときや、不調のときもすぐに気づくことができるでしょう。

別れたときに大変な思いをする

同棲してから、もし別れることになった場合は、家を引き払うのか、どちらかが住み続けるのか、家具や家電はどうするのかなど、別れるにあたって決めなくてはいけないことがたくさんあります

また、別れを決めても、次に住む場所がすぐに決まらないと、別れてからしばらく一緒に住み続けることになる場合もあるでしょう。別れを決めた相手と一緒に暮らさないといけないのは苦痛ですよね。

正式に結婚するタイミングがわからなくなる

結婚を前提に同棲を始めるカップルも多いです。しかし、一緒に暮らしてみると、ある意味結婚生活とほとんど同じような状態になるでしょう。

そのため、同棲の期間ばかり長くなり、正式に結婚するタイミングがわからなくなることがあります。また、楽しみにしていた同棲を始めると、相手の欠点が見えてきて、「このまま結婚していいのだろうか」と悩んでしまい、結婚のタイミングを見失うことがあるでしょう。

2人の関係がマンネリ化する

一緒に暮らすことで、だんだんと相手に対する恥じらいがなくなってくることがあります。例えば、相手の前で平気で着替えをしたり、ボロボロの部屋着を着ていたりすると、彼氏が異性として見られなくなることがあります。

熟年夫婦のような関係になってしまい、2人の関係がマンネリ化してしまう恐れもあるでしょう。

1人で過ごせる時間が減る

家に帰れば彼氏が待っているのは嬉しいですよね。しかし、一方で家に帰っても1人になれる時間がないということです。

以前一人暮らしをしていた方は、家に帰れば1人の時間を過ごすことができていましたが、同棲を始めることでプライベートな空間が無くなってしまうことがあるでしょう。

人間は誰でも1人の時間が欲しいと思うものです。そのため、同棲生活をストレスに感じてしまうというデメリットもあります。

喧嘩をする機会が多くなる

同棲を始めて一緒にいる時間が増えると、相手の嫌な部分が見えてくることがあるでしょう。そのため、喧嘩が増えてしまう恐れがあります

そのため、同棲を始める前よりも喧嘩が増えたと感じるカップルは多いのです。また、結婚をしていない同棲しているカップルは、曖昧な関係でもあるので、簡単に別れたいと思ってしまうことがあります。

相手が浮気をしても法律は守ってくれない

一緒に暮らしていても、結婚をしていない場合はただの他人です。そのため、法律上では何も契約を結んでいないので、浮気をされた場合でもただの男女の揉め事になってしまうのです。

法律は守ってくれない関係なので、騙された場合や、裏切られた場合には、失うものしか無い状況になってしまうでしょう。

せっかく好きな相手と結婚できると思っていても、貴重な時間を無駄にしてしまう恐れがあります。

彼氏と同棲する時に注意したいこと

彼氏と同棲するにあたり、注意点があれば知りたいですよね。他人と一緒に暮らすことになるので、一人暮らしのときと同じように暮らしていると、お互いに別れたいと思ってしまう原因になるかもしれません。

そこで、ここでは彼氏と同棲するときの注意点についてご紹介します。例えば、服や物は常に片付けた状態にしておいたり、寝るときはいびき対策をしたりなどの配慮が必要でしょう。

彼氏と同棲するときの注意点

彼氏と同棲を始めたときは、下着姿でウロウロしたり、すっぴんでいたりすると彼氏から引かれてしまうかもしれません。また、お金に関することは明確に決めることで揉め事になりにくいでしょう。

服や物をきちんと片付ける

一人暮らしをしていた人は、家に帰って服を脱ぎ散らかしたり、部屋をぐちゃぐちゃにしていても何も言われなかったでしょう。

しかし、同棲を始めたときに服や物を片付けないまま放置しておくと、喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

家に帰ったらすぐに服を片付けたり、起きたらまず部屋の片付けをするなど、部屋の片付けをするタイミングを決めておくと良いです。

いびきの対策をする

一人暮らしをしていた方は、自分が寝るときにいびきをかくのか、かかないのかわからない人が多いのではないでしょうか。

同じベットで寝る相手のいびきがうるさいと、かなりのストレスになってしまいます。そのため、予めいびき対策をしておくと良いでしょう。

例えば、横を向いて寝たり、寝る前の飲酒は控えたりなどの対策をすると良いです。

下着姿でウロウロしない

同棲を始めてから、彼氏がいるところでも下着姿でウロウロしていると新鮮さが無くなってしまうでしょう。一緒に住んでいるとはいえ、普段の生活では最低限のマナーを守るべきです。

あまりにも女性らしさが無くなってしまうと、彼氏から冷められてしまう恐れがあるので注意しましょう。下着姿に見慣れてしまうと、異性として見られなくなるかもしれません。

家ですっぴんでいるなら彼氏に説明をする

一人暮らしをしていたときは、家にいるときはすっぴんでいる人が多いでしょう。しかし、男性はすっぴんの状態でいると「手を抜かれている」と思ってしまう人がいます。

もし、家にいるときや、休みの日にわざわざ化粧をするのは面倒を感じる人は、まず彼氏に説明をすると良いです。男性は、化粧の大変さを理解しにくい場合があるので、事前に説明をして分かってもらう必要があるでしょう。

トイレをするときはドアを閉める

一緒に住んでいると、相手のトイレの音などのエチケットは気になってしまうでしょう。一人暮らしのときにトイレのドアを開けっ放しにしていた場合でも、同棲を始めた場合はトイレのドアを必ず閉めるようにするべきです。

癖になっていることは、なかなか直すことが難しいので、同棲が決まったら、同棲を始める前から自分の癖を直すようにしましょう。

お金に関することは明確に決める

同棲を始めると、家賃や光熱費の支払いなど折半することが多いでしょう。また、他にも食材を買ったり、日用品を買ったりする必要があります。

そのため、2人が生活する上でお金に関することは明確に決めることが大切です。2人でいくらずつ払うのか、どちらが何を買うのかなど、決めましょう。

しかし、お金の支払いが厳しい場合は事前に伝えることが大切です。

担当している家事は必ず行う

同棲を始めると、お互いに担当する家事を決めるカップルが多いでしょう。自分の担当と決まった家事は、必ず自分でやることが大切です。

もし、自分が怠けてしまうと相手に負担をかけてしまい、相手にストレスを溜めてしまうかもしれません。また、体調不良や忙しいときなど、担当の家事ができないときは、早めに相手に伝えることを忘れてはいけません。

相手の趣味を否定しない

同棲を始めると、相手の普段の生活を細かく知ることができるでしょう。そこで、彼氏の趣味を知ることができることもあるはずです。

彼氏の趣味が自分の趣味と違ったり、理解できなかったとしても否定するべきではありません。場所をとるような趣味のある場合は、話し合って置き場所を決めたり、趣味に没頭していても嫌味を言わないことが大切です。

お互いの生活リズムについて理解する

同棲を始めると、お互いの生活リズムが大きく影響してきます。例えば、どちらかが朝早く起きなくてはいけない仕事をしていて、どちらかが午後から始まる仕事をしていた場合は、お互いに寝る時間がずれてしまうでしょう。

夜遅くに帰ってきて相手を起こしてしまったり、朝早く起きて相手も起こしてしまったりすることもあるので、生活空間を分けるなどして対策をとると良いでしょう。

彼氏との同棲エピソード集

これから彼氏と同棲を始める方は、同棲が楽しみで仕方がない人が多いでしょう。今までよりも一緒にいられる時間が増えて、知らなかった一面も知ることができるかもしれません。

他のカップルの同棲して楽しかったことや嬉しかったことを知りたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは彼氏との同棲エピソードをご紹介します。

彼氏と同棲してよかったエピソード

彼氏と同棲を始めると、デートの後でも同じ家に一緒に帰ることができます。また、一緒にいる時間が長いので、お互いに近くで支え合うこともできるでしょう。

デートの後も同じ家に帰ることができる

同棲をする前は、デートが終われば別れなくてはいけませんよね。しかし、同棲をすることによってデートの後も同じ家に一緒に帰ることができます。

デートが終わったときの寂しさがなくなることは、同棲の嬉しいポイントでしょう。また、朝起きたときに、すぐ近くに彼氏の顔を見ることができて、夜家に帰ったときにも彼氏に会うことができて、その日にあった楽しかったことを共有できます。

近くで支え合うことができる

辛いことや悲しいことがあったときは、彼氏に話をしたいと思ったり、相談したいと思うことがあるでしょう。同棲をしていれば、落ち込んでいるときにすぐに相談することができます。

また、彼氏と毎日顔を合わせるので、お互いに小さな変化にも気づくことができるでしょう。そのため、一番近くで、いつもお互いを支え合うことができるのです。

料理を作ったり作ってもらえる幸せを感じる

同棲を始めると、どちらかが料理を作ることがあるでしょう。仕事から帰ってきて、温かいご飯が食べられることは幸せですよね。

また、彼氏の分の料理を作って一緒に食べることも嬉しく感じることがあるでしょう。料理を作って、相手に喜んでもらえることでやる気が出ることもあります。

また、彼氏が料理が得意な場合は、家に帰れば美味しいご飯が待っていると思うと頑張れるでしょう。

楽しい同棲生活のために意識をしよう

ここでは、彼氏と同棲を始めるベストなタイミング、同棲することのメリットやデメリット、彼氏と同棲をする際の注意点、彼氏と同棲してよかったエピソードについてご紹介しました。

彼氏と同棲を始めたときに、あまりにもだらしない生活をさらけ出してしまうと、冷められてしまう恐れがあります。

ある程度気を使ったり、距離感を持ったりしながら生活をすることで、楽しい同棲生活になるでしょう。

関連記事