彼氏・彼女

彼氏の呼び方に迷う!ベストな呼び名や変えるタイミングを紹介

彼氏の名前の呼び方ってどうしてる?

この記事で伝えたいポイント
  • 定番の彼氏の呼び方とは
  • 年上・年下彼氏の呼び方とは
  • 呼び方を変えるタイミングとは
  • 彼氏の呼び方を変える時にやってはいけないこととは

彼氏のことをどう呼ぶのがベストなのか、気になることってありますよね。出会った時は苗字で呼んでいたけれど、付き合ってからはさすがに苗字では呼びたくない…でも呼び方を変えるタイミングも難しい

そういった悩みは誰にでもあるものです。この記事では、そんな「彼氏の呼び方」についての定番の呼び方や呼び方を変えるタイミングについてご紹介していきます。

定番の彼氏の呼び方

彼氏をどう呼ぶかは、カップルの数だけ様々な呼び方がありますよね。ですが、ある程度は「定番」の呼び方というのも存在します。もし、自分が彼氏の呼び方で困っているときには、定番の呼び方を参考にしてみるのもおすすめです。

ここでは、そんな「定番の彼氏の呼び方」について見ていきましょう。

定番の彼氏の呼び方とは
定番の彼氏の呼び方として多いのが、彼氏の下の名前で呼ぶことです。下の名前で呼ぶことで親近感が増して、より一層仲良くなるきっかけになります。

下の名前を呼び捨てで呼ぶ

とても仲の良い人間関係を築くと、下の名前で呼び合うという人が多いですよね。それは、カップルでも言えることで、仲が深まればお互いの下の名前をそのまま呼ぶというカップルが多いです。

下の名前は、苗字と違ってその人自身のことを指すため、呼ばれると親近感がわき、二人の距離が一気に近くなります。とてもおすすめの呼び方です。

下の名前にくんやさんをつける

彼氏の下の名前に「くん」や「さん」をつけて呼ぶのも、彼氏を呼ぶときの定番の呼び方のひとつです。いくら仲が良くなっても、名前を呼び捨てにするのには抵抗があるという人も多いですよね。

そんな人には「くん」や「さん」をつけて少し丁寧に呼ぶのがおすすめです。そこまで堅苦しい印象もなく、仲が深まってからも全くおかしくない呼び方のため、このように呼び合うカップルも多くいます。

あだ名で呼ぶ

仲がよくてまるで友達のようなカップルの場合は、お互いをあだ名で呼び合うということもよくあります。あだ名は、本名と違い自由に決められるため、実際の名前以上にその人を指す名前として活用できます。

自分の名前がありふれた名前で気に入っていないという人にもおすすめの呼び方です。あだ名は自由に決められるため、好きな呼び方で呼べますが、相手が嫌がるようなキーワードを使うのはやめましょう。

名前の頭文字にちゃんやくんをつける

名前の頭文字に「ちゃん」や「くん」をつけて呼ぶ呼び方も、彼氏を呼ぶときの定番です。例として、苗字や下の名前が「ま」から始まる人であれば「まーちゃん」や「まーくん」と呼ぶことができます。

この呼び方は、名前をそのまま呼ぶよりもかわいらしい雰囲気になり、二人の仲がより一層深くなるきっかけにもなります。もし、堅苦しい雰囲気が苦手という人にはおすすめの呼び方です。

ダーリンなど名前以外の表現で呼ぶ

外ではあまり見かけることはないかもしれませんが「ダーリン」など、名前以外の表現で呼ぶカップルも多く存在します。外出先などでは、気恥ずかしさがあってあまり聞くことはないかもしれません。

ですが、家の中や二人きりのときには「ダーリン」と呼ぶ人も多いのです。この呼び方は個人を指す呼び方ではないため、一見微妙だと思う人もいますが「自分のパートナーである」ことをしっかり表現しているため仲が深まりやすいのです。

年上・年下彼氏の呼び方

彼氏が自分よりも年上だったり年下だった場合は、どう呼ぶのがベストなのか悩みますよね。同年代のように下の名前で呼ぶのは気恥ずかしいという気持ちをもつ人も多くいます。

ですが、年齢が違っていてもどう呼ぶかは自由ですし、カップルの数だけいろいろな呼び方があって良いのです。ここでは、そんな「年上・年下彼氏の呼び方」について見ていきましょう。

年上・年下彼氏の呼び方とは
年上・年下の彼氏の呼び方は、どうしても苗字やさんづけになりがちです。ですが、思い切って下の名前で呼び捨てにしたり、あだ名で呼んでみるのも二人の距離が縮まりおすすめです。

年上彼氏にはさん付けで呼ぶ

年上彼氏は、自分よりも人生経験が豊富で「人生の先輩」的立ち位置になることが多いです。さらに、出会いが職場や学校の場合は立場的にも自分より上であることが多いため、自然に呼び方は「さん付け」になることがあります。

付き合っても、上下関係を崩したくないという場合は「さん付け」で彼氏のことを呼ぶのもおすすめです。「さん」を付けると、相手を軽くみていないという表現のため、良い関係が保てるのです。

年下彼氏には名前にちゃんをつけて呼ぶ

年下彼氏は、どことなく子供っぽさやほっとけないというイメージがありますよね。そんな心理から、つい子供のように名前に「ちゃん」をつけて呼ぶ呼び方が定着しがちです。

自分が年上でしっかりリードしていきたい、年下彼氏に思い切り甘えてほしいという場合は「ちゃん付け」で呼ぶのはおすすめの呼び方です。「ちゃん付け」はかわいらしい雰囲気の表現方法なので、そう呼ばれた彼氏も年上彼女に思い切り甘えやすくなります。

年齢を気にせずそのまま下の名前で呼ぶ

どちらが年上・年下関係なく、年齢を気にせずにそのまま下の名前で呼ぶカップルも多いです。

年が違ってもカップルであるならばお互いが対等な立場でありたいと思う人は多く、そのことからとくに呼び方にこだわらず自然にお互いの名前をそのまま呼び合うというパターンになります。

この呼び方は、年齢差を感じずに付き合うことができてとてもおすすめな呼び方です。対等に遠慮せず付き合いたいならば、ぜひ名前で呼んでみましょう。

役職名や先輩呼びをやめて呼ぶ

職場で年上男性と出会った場合は、仕事の関係のため「役職名」や「先輩呼び」で呼んでいるという人も多いですよね。その男性がもし彼氏になった場合も、その呼び方をなかなか変えられないというのもよくある悩みです。

もし、彼との距離を今以上に縮めたいと考えているならば、思い切って役職名や先輩呼びをやめてみましょう。最初は気恥ずかしいかもしれませんが「カップルになったから」と伝えることで違和感なく変えられます。

あだ名を考えて呼ぶ

年上・年下と、年齢にこだわりすぎると、どうしてもどう呼んでいいかがわからずに出会ったときのまま堅苦しい呼び方で呼んでしまうという人も多いですよね。

そんなときは、二人で呼び方について話し合いをして、お互いのあだ名を考えてみるのも一つの手です。あだ名を一緒に考えて、そのあだ名で呼ぶことで年齢の差が気にならなくなります。どうしても今の堅苦しい雰囲気から抜け出したいと考えている場合はおすすめです。

呼び方を変えるタイミング

彼氏と付き合いはじめてからも、彼氏の苗字やさん付けで呼んでしまうという人もいますよね。一度その呼び方で呼んでしまうと、なかなか呼び方を変えるのが気恥ずかしいという気持ちはごく普通の感情です。

ですが、ずっと苗字などで呼ぶのは堅苦しいイメージがあってつらいものです。ここでは、そんな「呼び方を変えるタイミング」について見ていきましょう。

呼び方を変えるタイミングとは
彼氏の呼び方を変えるタイミングは、急にでは相手も驚く可能性があるため徐々に慣らしていく感じで変えていきましょう。呼び方について一度話し合ってみるのもおすすめです。

何でも言い合える仲になってから変える

今まで慣れ親しんできた呼び方を変えるのにはとても勇気がいるものです。そのため、呼び方を変えてみたいと考えているならば、お互いが何でも言い合える仲になってから変えるのがおすすめです。

何でも言い合えるような関係を築いていれば「呼び方を変えてみたい」と素直に言うことができて、もし実際呼び方を変えて呼んでみてぎこちなくても笑ってごまかすことができます。そうして徐々に呼び方を変えていくことができるのです。

変えたいと思ったときに勢いで変える

呼び方を変えたいときは、その場の勢いで一気に変えてしまうのも一つの手です。「呼び方を変えたい」と心の中で思っていても、いざ行動にうつすには気まずさも伴います。

そういった心理から、いざ呼び方を変えてみても、ぎこちなさが残ってしまいうまくいかないパターンもあるのです。そうならないためにも、変えたいと思ったならばすぐに変えてみて前の名前では一切呼ばないようにしてしまうのもおすすめなのです。

呼び方について話し合ってみる

自分一人だけが呼び方を変えたいと思っていても、相手があまり賛成的でなければ、呼び方を変えるのはとても難しくなります。そのため、呼び方を変えたいと思ったときは、呼び方について話し合ってみるのもひとつの方法です。

お互いにきちんと話し合ってみて、どういう呼び方がいいか、変えるならいつ変えるかを決めることで、スムーズに呼び方を変更することができます。

彼氏の呼び方を変える時にやってはいけないこと

彼氏の呼び方を変えるのはなかなか勇気がいるものです。そのため、下手に悪い冗談を言って変な呼び方を言ってしまうなど彼氏を不快にしてしまう行動をとってしまう可能性もあります。

いくら呼び方を変えたいと思っていても、その時にやってはいけない行動はあります。ここでは、そんな「彼氏の呼び方を変える時にやってはいけないこと」について見ていきましょう。

彼氏の呼び方を変える時にやってはいけないこととは
彼氏の呼び方を変えるときに、冗談交じりでわざと変なあだ名で呼んでみたり、バカにしたような呼び方をしてはいけません。いくら恥ずかしいからといっても、それでは相手を不快にさせるだけなのです。

変なあだ名で呼ぶ

彼氏の呼び方を変えるときに、気恥ずかしさを紛らわすために変なあだ名で呼ぶのはやめましょう。どうしても呼び方を変えるときは恥ずかしく、本来呼びたい呼び方とは違うあだ名で呼んでしまうという人も多くいます。

しかい、それでは相手は不快に思うだけでとてもマイナスです。さらに、その呼び方が定着してしまう可能性もあります。呼び方を変えるならば下手に遠回りはせずにきちんと呼びたい名前で呼びましょう。

さん付けからいきなり呼び捨てにする

今まで彼氏のことを「さん付け」で呼んでいた場合は、さんをとって名前だけで呼びたいと思うこともありますよね。徐々に名前呼びに変わるのは問題ありませんが、相手の了承なくさん付けからいきなり呼び捨てにするのはよくありません。

いきなり呼び捨てにされると、自分が軽く見られていると思われてしまう可能性もあります。きちんと相手の意見を聞いて呼び方を慣らしていきましょう。

嫌がる呼び方で呼ぶ

自分が呼びたい呼び方が、相手も納得いく呼び方だとは限りません。例として、自分は「○○ちゃん」と呼びたいけれど、相手はちゃん付けの呼び方は絶対に嫌だということも考えられます。

そんな状況でも、自分の呼びたいように呼ぶのはよくありません。呼び方の意見が違ってしまったときは、きちんと話し合ってお互い納得のいく呼び名を決めましょう。

呼び方を変えたら更に仲良くなれるかも!

彼氏の呼び方を変えることは、彼氏との距離をグッと縮めるチャンスになります。とくに、今までが苗字やさん付けで呼んでいた場合は、下の名前やあだ名に変えるだけでも一気に距離が縮まります。

今まで慣れ親しんできた呼び方を急に変えるのは気恥ずかしいかもしれませんが、仲良くなるチャンスだと考えて思い切って呼び方を変えてみましょう。

関連記事