彼氏・彼女

彼氏がいるのに寂しい!その原因と寂しさの対処法について

彼氏がいても寂しいと感じることがある女性は多い

この記事で伝えたいポイント
  • 彼氏がいるけれど寂しい理由とは
  • 彼氏が構ってくれない理由とは
  • 彼氏に寂しいことを伝える方法とは
  • 寂しいと感じたらどうして紛らわせればいいのか

大好きな彼氏がいるのに、心のどこかでは寂しさを感じている…。そんなときもありますよね。彼氏がいるから本来は寂しくないはずなのに、なぜ寂しさを感じてしまうのか、原因を知って寂しさから解放されたいと思う人は多いです。

この記事では、そんな「彼氏がいるのになぜ寂しいと思うのかについてと、寂しいと感じるときの対処法」などについてご紹介します。彼氏がいても寂しさを感じるのは自然なことです。それを十分に理解して恋愛を楽しみましょう。

彼氏がいるけれど寂しい理由

彼氏がいて満たされているはずなのに、なぜ寂しさを感じてしまうのか気になりますよね。寂しさを感じる原因を知ることによって、その原因を取り除いて寂しさを軽減させることができます。

ここでは、そんな「彼氏がいるのになぜ寂しさを感じてしまうのか」について見ていきましょう。これを十分に理解して、寂しさから解放されるように行動してみましょう。

彼氏がいるけれど寂しい理由とは
大好きな彼氏がいても寂しいと思う理由としては、なかなか会えなかったり連絡が取れないということが多くあげられます。心の距離が離れていると寂しさを感じるものなのです。

忙しくてなかなか会えない

彼氏がいるけれど、お互いが忙しくてなかなか会えないというカップルも多いですよね。会えなくても気持ちが通じていれば全然寂しくないという人もいますが、やはりきちんと会って気持ちを確かめ合わないと寂しさが増すばかりという人も多いです。

好きだからこそたくさん会って時間を共有したいのに、それができないとなると心が満たされずに寂しさを感じるのです。会う時間を確保するなどの対策を考えてみましょう。

あまり連絡を取り合わない

彼氏がいて、毎日のように他愛のないことをLINEで送り合うのはとても楽しいですよね。

そういった観念がある中で、なかなか連絡がとれないと「なんで全く連絡してくれないのか」という不満とともに「自分とはそんなにも連絡を取りたくないのか」と寂しさが増してしまうものです。

それは決してあなたが寂しがりやというわけではなく、連絡が取れなければ誰でも寂しさを感じます。少しでも連絡がとれるように伝えてみましょう。

あまり愛情表現をしてくれない

せっかく付き合っていてお互いが好き同士のはずなのに、彼氏がなかなか愛情表現してくれないとなるととても寂しいですよね。

あまりにも愛情表現がないと「本当に自分のことを愛してくれているのか」や「もしかして遊びで付き合っているのか」などとても寂しい気持ちになりますよね。

こう思ってしまうのは仕方のないことで、彼氏に非がある可能性もあります。一人で悩まずに、信頼できる人に相談して気持ちを軽くしましょう。

恋人よりも彼自身の周りの友達を優先する

恋愛よりも、自分のプライベートを優先するという人は多いです。恋愛に没頭せずにいろいろなことに挑戦できる人は確かに素敵な存在ですよね。

ですが、あまりにも恋人よりも自分の周りの友達を優先するような行為が続くと「私の存在は一体なんなのか」と悩んでしまいますよね。

こういったタイプは一度きちんと伝えないと、彼女の思いに気づかないままの場合もあります。彼女のことも見るように、しっかりと意思を伝えてみましょう。

遠距離恋愛ですぐに会いに行けない

付き合っているカップルの中には、遠距離恋愛でなかなか会えないというカップルも多いですよね。

遠距離恋愛ですぐに会いに行けないのは、なにか合ったときもすぐにかけつけることができないため不安と隣り合わせなだけでなく、物理的な距離がお互いの気持ちの距離になってしまう気がして寂しさも感じてしまうものです。

遠距離になってしまう理由は人それぞれ違うため仕方のない部分もありますが、寂しい気持ちは伝えてみましょう。

次のデートの予定をたてれない

次のデートの予定がきちんと決まっていれば「次に会えるまであと○○日」というように普段のモチベーションになりますよね。

ですが、次のデートの予定をなかなかたててくれないような彼氏だと、次いつ会えるかもわからずにモヤモヤしてしまうだけでなく「本当に自分のことが好きなのか」と落ち込んでしまい寂しさを感じてしまいますよね。

多忙の場合は難しいですが、そうでないのならばきちんと予定をたてるようにしてみましょう。

彼氏が構ってくれない理由

彼氏とはいつも仲良しでずっと一緒にいたい…。そう思うことってありますよね。ですが、その意に反して彼氏は全然構ってくれない…そんなカップルも多くいます。

では、なぜ彼氏は彼女がいるのに構ってくれないのか気になりますよね。これを知ることにより、彼氏の心が理解できてちょっとのことで寂しさを感じなくなるように意識を変えることができます。

彼氏が構ってくれない理由とは
彼氏が構ってくれない理由としては、自分のことが忙しく恋人にまで気が回らないという理由が多いです。そのほかにも、恋愛よりも他のことを優先するような性格の場合もあります。

ただ単に自分のことが忙しい

彼氏が構ってくれないのは、ただ単に自分のことに忙しくて、時間がとれないだけという場合があります。誰でも、恋愛を中心に生活しているわけではなく、必ずその人の生活の基盤があります。

それは常に暇なわけではなく、時には他のことが考えられないくらい多忙になってしまうこともあるのです。そのため、忙しいから構ってもらえないときには、あまり彼氏のことを責めるのではなく、心の支えになれるよう穏やかな気持ちでいましょう。

恋人よりも友達や趣味を優先する性格

恋人よりも、自分の友達や趣味を優先するという人は多いです。それはそれで、きちんと「自分」を確立している証拠で良いことです。

恋愛ばかりに気を取られて何も手が付けられない人よりかは、きちんと他のことにも取り組めるというのは魅力的です。しかし、あまりにも恋人を放置して自分のことばかり優先するのは、褒められたことではありません。

このようなタイプは言わないと気づかない人が多いので、一度話し合いましょう。

もともと人に対してそっけない性格

もともと、不愛想で愛情表現が苦手・そっけない性格の人もいますよね。そういうタイプの場合は、どのように彼女を誘えばいいかがわからないため、その結果あまり構えないということになりがちです。

これはその人の性格なので仕方がない部分もあります。カップルというのはお互いのことを思いやることも大切です。もし、性格的に彼女の構い方がわからないタイプの場合は、こちらがリードしたりなど様々な工夫をしてみましょう。

相手が構ってほしいというまでわからない

カップルとして付き合っているならば、相手の気持ちを考えて行動することも大切ですよね。ですが、男性の中には「相手が言わなかったからそれでいいと思った」と考えている人が多くいます。

女性は、寂しくて会いたくてもなかなか口に出せない人が多いですよね。そのような場合「女性側が寂しい・構ってほしいと言わなかったから、とくに構ってほしくはないんだと思った」と考えてしまうのです。

彼氏に寂しいことを伝える方法

彼氏に、自分が寂しいと感じていることを知ってほしい。そう思うこともありますよね。ですが、なかなか彼氏に自分の思いを伝えるのは恥ずかしいものです。もし伝えて「重い」と思われるのも怖いですよね。

しかし、いつまでも伝えないでいると彼氏はあなたの思いに全く気付かないままです。そのため、勇気を出して上手に「寂しいと感じている」ことを伝えてみましょう。

彼氏に寂しいことを伝える方法とは
彼氏に寂しいことを伝えるときは、曖昧な態度ではなくストレートに寂しいことを伝えるのがベストです。そうすることで、自分が寂しい思いをしていることを理解してもらえます。

素直にLINEや電話などで寂しいと言う

彼氏に自分が寂しいと感じていることを知ってもらうには、素直にLINEや電話などで「寂しい」と言ってみましょう。男性は女性と違って、相手の思っていることや発言の裏を読み取るということが苦手です。

女性がいくら寂しそうで構ってほしそうな声で「大丈夫」と言っても、そのまま「大丈夫なんだな」と受け取ってしまいがちです。このことから、寂しいことをわかってほしいならばストレートに思いを伝えましょう。

もっと会う回数を増やしたいと伝える

彼氏に、もっと会う回数を増やしたいと伝えてみるのも、寂しさを伝えるにはおすすめの方法です。会う回数を増やしたいということは、現状の会うペースでは足りない・寂しいと感じているということになります。

「寂しいからもっと会いたい」というように伝えることで「会えなくて寂しさを感じているんだ」と彼女の気持ちを理解することができるのです。寂しいから具体的にどうしたいのかを伝えるのが効果的なのです。

会えない時は連絡をたくさんしたいと伝える

連絡がなかなか取り合えなくて寂しさを感じているのならば「会えない時は連絡をたくさんしてほしい」と伝えてみましょう。恋人に連絡をする頻度というのは人によって違います。

とくに、女性は毎日のように連絡したいと思う人が多いですが、男性は用事もないのに連絡をするのが苦手というタイプも多いのです。そのため、連絡の回数を増やしてほしいことは素直に伝えてみましょう。連絡がないことが寂しいとわかってもらえます。

共通の友達にさりげなく伝えてもらう

彼氏に寂しいと感じていることを知ってほしい…けれど自分から直接言うのは嫌われそうで怖いと思うこともありますよね。そんなときは、もし彼氏と自分の共通の知り合いがいたら、その人に頼んで彼氏に伝えてもらうというのも一つの手です。

自分から直接言うよりも、他の人が「○○が寂しがってたよ」というように伝えれば、ニュアンスもやわらかく伝わります。もし、自分で言うのが怖い場合は、積極的に人を頼ってみましょう。

LINEで寂しい表情のスタンプを送ってみる

彼氏に寂しいと感じていることを伝えたいけど、言葉にして言うのは難しいということもありますよね。そんなときは、LINEのスタンプを使って寂しさを表現してみるのもおすすめです。

言葉で伝えると、どうしても堅苦しい重い雰囲気が残ってしまいます。ですが、LINEのスタンプだといろいろな種類があって雰囲気も可愛いのが多いため、気軽に寂しさを伝えることができます。可愛いスタンプで表現してみましょう。

寂しいと感じたらどうして紛らわせている?

彼氏と付き合っていても寂しさを感じるのは、仕方のないことでもあります。全てを思い通りに満たせる完璧な交際はできないものです。付き合っていて「寂しい」と感じたときに、その寂しさをいかに上手く紛らわすことができるかがとても重要です。

寂しさを上手に紛らわすことで、恋愛以外のことにも視野を広げられてプラスになることがあります。ここでは、そんな「寂しいと感じたときの寂しさの紛らわし方」について見ていきましょう。

寂しいと感じたらどうして紛らわせればいいのか
寂しさを紛らわすには、恋愛以外のことに没頭するのがおすすめです。趣味や交友関係を広げることで、彼氏以外のことにも楽しさを見いだせるため寂しさも感じにくくなります。

いろいろな趣味に没頭してみる

恋愛中心の生活をして、彼氏のことばかり考えていると寂しさは増すばかりです。一度自分の生活から恋愛を切り離して考えて視野を広げてみましょう。

趣味が少ないという人でも、何か新しいことに挑戦して趣味を多く持ってみましょう。そうすることで、その趣味に没頭している間は恋愛のことを考えずにすみ、その結果寂しさも軽減されます。

さらに趣味で楽しい時間が増えれば、ちょっとのことで寂しさを感じることも少なくなります。

友達との予定をたくさん入れる

恋愛をしていると、どうしても遊ぶ予定は彼氏ばかりになりがちですが、彼氏だけでなく他の友達ともたくさん遊んでみましょう。気の合う友達と遊ぶことで、素の自分を表現できて気持ちも前向きになります。

また、いろいろな人と接することで寂しさがとても軽減されます。自分の周りには彼氏だけでなく、いろいろな素晴らしい人がたくさんいるということを実感しましょう。寂しさが簡単に薄れていきます。

自分の身の回りの課題に集中する

誰しもが、自分のプライベートがありその中の一部として恋愛を楽しんでいます。ですが、女性は恋愛に熱中しすぎて自分の生活を疎かにしてしまう人も多くいます。

恋愛に熱中しすぎるとそれだけ彼氏に対する寂しさも増してしまうため、まずは自分の生活の中での課題を真剣に取り組んでみましょう。課題に真剣に取り組めば、自分の生活にも気持ちの余裕が出てきますし、彼氏への寂しさも軽減します。

いろいろなところに出かけてみる

彼氏に会えなくて寂しいからといって、ずっと家にこもりっぱなしでは、余計に寂しい気持ちが増幅します。寂しくて気持ちが落ち込むときは、思い切っていろいろな場所に出かけてみましょう。

にぎやかなショッピングセンターでもいいですし、景色のいい場所もおすすめです。とくに一緒に行く人がいなくても、一人でいろんなところに出かけてみましょう。寂しさが紛れるだけでなく、いろいろな発見ができるメリットもあります。

小説やマンガを読む

恋愛で寂しいと感じたときは、一人でもくもくと読書をするのもおすすめです。字ばかりの小説でも、絵が多いマンガでも、自分の好きなものを読んでみましょう。本を読むことで、読んでいる間は現実世界から離れることができます

本の世界に入りこんでみることで、わくわくしたり感動したりできて、脳が現実の恋愛の悩みを忘れることができます。また、本を読んで考えることで自分の考えも豊かになり、心がおおらかになります。

好きな音楽を聞く

音楽を聞くと、心がとても楽しい気分になりますよね。彼氏のことで寂しさを感じているときは、あまり寂しさに浸らずに、自分の好きな音楽を聞いてテンションを上げるのもおすすめです。

無理にテンションを上げたくない場合は、心が落ち着く癒しのクラシックを聞いてみるのも、とても穏やかな気持ちになります。音楽を聞くことで、今までの悩みや寂しさもかなり軽減されます。ぜひ、積極的に好きな音楽を聞いてみましょう。

手の込んだ料理を作ってみる

どんなことをしても気が晴れないという場合は、手の込んだ料理を作ってみるのがおすすめです。料理をしている間は、考えたり手を動かしたりと、脳がフル回転します。そのため、脳が寂しさを感じる暇がなくなるのです

さらに、手の込んだ料理を作ったときの達成感は、幸せを感じさせてくれます。次に彼氏に会ったときに作ってあげようという、楽しい気持ちにもなります。ぜひ、自分が作れそうな料理に思い切って挑戦してみましょう。

ペットショップで動物と触れ合う

寂しさを感じるときは、あまり一人で家にこもるのではなく、誰かと接するのがおすすめです。ですが、友達に会うにもその人の都合があり、なかなか予定が合わないということも多いですよね。

そんなときは、ペットショップや猫カフェに行って動物に触れ合うのも一つの手です。動物の純粋なかわいさに癒されるだけでなく、寂しさも同時に軽減されます。いろいろな動物を見て、心を落ち着かせてみましょう。とても心の栄養になります。

時には寂しいことを素直に伝えるのも大切!

彼氏から連絡が来ないときや、少しそっけない態度をとられたときは、寂しいと感じてしまうものです。そのほかにも、生理前であったり一人暮らしで誰かが一緒にいて欲しい時、彼氏が出張などで遠くにいる時にも、寂しさはより一層強くなります。

そんなときは、一人で我慢せずに彼氏に自分の気持ちを素直に伝えることも大切です。彼氏に「連絡くれないから寂しい」と言ったら嫌われるかもと悩んでしまうかもしれませんが、LINEでの上手な伝え方を十分に理解して、彼氏に伝えてみましょう。

関連記事