彼氏・彼女

めんどくさいと思われる彼女とは?特徴や対処法を紹介

男性が思う「めんどくさい彼女」とは?

この記事で伝えたいポイント
  • めんどくさい彼女にはどのような特徴があるの?
  • 男性はどんなときに彼女をめんどくさいと思うのか
  • 編集部がお教えするめんどくさいと思われないための方法とは?
  • めんどくさい彼女が好きな男性もいる!その特徴とは?

あなたは、彼氏から「めんどくさいんだよ」と言われたことはありませんか。また、彼氏にめんどくさいと思われていないか、気になる女性もいますよね。ここでは、そんな女性たちに役立つ内容をご紹介します。

めんどくさい彼女の特徴

では、男性がめんどくさいと思う彼女には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、それについてまとめてみました。

彼氏にめんどくさいと思われる彼女とは?

すぐ怒る、すぐ泣くなど、彼氏を困らせる言動の多い彼女は、めんどくさいと思われる可能性が高いです。将来、今の彼氏と結婚したいなら、めんどくさい女にならないように注意することが大切です。

何かにつけてすぐ怒る女はめんどくさい

男性が付き合っていて疲れると感じるのが、すぐ怒る癖のある女性です。実は、男性と女性では、思考の仕方が異なるともいわれます。どちらかというと、男性はシンプルな考え方をするのに対して、女性は複雑な考え方をしてしまうのです。

そのため、彼氏には何でもないようなことが、彼女にとっては気になってしまう場合があります。女性側は、そのようなすれ違いを起こして男性にめんどくさいと思われないように気を付けましょう。

時間の感覚がずれている女はめんどくさい

普通とは違う生活リズムを持っている女性も、一般的な男性にとってはめんどくさい存在です。夜中に眠っている時間に電話をしてきたり、頻繁にメールを送ってきたりします。平日の昼間に、学校や会社に通っている彼氏にとっては、「いい加減にしてくれよ」と言いたくもなりますよね。

あなたと彼氏の生活リズムが違っているなら、彼氏が暇な時間帯に合わせて連絡するなどの配慮が必要です。

コロコロと気分の変わる女はめんどくさい

「女心と秋の空」といえば、女性の気持ちがコロコロと変わりやすいことを指した言葉ですよね。女性には、気分屋なタイプが多く、機嫌が良いのかと思いきや、いきなり怒り出したりすることもあったりします。この変化が激しすぎると、男性はどうしていいのか分からず、疲れ果ててしまいます。

特に、急にゲリラ豪雨のように怒り出すような女性には、彼氏もめんどくさいを通り越して恐怖すら感じるでしょう。

彼氏の意見を否定しすぎる女はめんどくさい

男性には、自尊心のあるプライドの高い人が多いのです。それなのに、すぐに自分の言うことを否定してしまうような女性には、愛想をつかしたくなります。男性は、自分の考えや行動を肯定してくれるタイプの女性に惹かれるのです。

日頃、彼氏のプライドを粉々にしていないか、常に気を付けておきましょう。彼氏のすべてを受け入れて肯定してあげるようになれば、きっと愛される彼女になれますよ。

まるで母親のように尽くす女はめんどくさい

マザコンでない普通のしっかりした男性に、まるで母親のように尽くしてしまう女性がいますよね。彼氏が一人暮らしだと、家に来て掃除をしてくれたり、ご飯を作ってくれたりするのです。また、「会社で何かあったの?」などと悩みを聞いてきたりします。

精神的に自立した男性にとっては、子供のように扱われてうざいと感じてしまう言動です。大体、男性は女性に頼られたいと思うものなのですよ。

何かあるとすぐ泣く女はめんどくさい

彼氏に甘えたい気持ちが強い女性は、すぐに涙を流してしまうことがあります。しかし、この行為は、彼氏を困らせる元になります。シンプルな考え方をする男性には、彼女がなぜ泣くのか理解できないからです。

たとえば、別れたいと相談したのなら、泣くのは当然のことでしょう。ところが、一緒に楽しく過ごしている最中にすぐに泣くのであれば、元々年上で落ち着いた大人の男性でも、理解に苦しむことになりそうです。

束縛が激しすぎる女はめんどくさい

付き合っている彼氏の周りにいる女性を排除するタイプの束縛彼女もいますよね。とにかく性格が嫉妬深くて、彼氏が他の女性と少し会話をするだけでも許せないタイプです。このような女性は、男性にとってやはりめんどくさい存在です。

原因は、彼女自身の心の中にあるので、簡単には解決しません。このような女性に対して、男性は将来の結婚生活を考えられないので、別れ話を切り出されるのも時間の問題でしょう。

幸せをアピールしすぎる女はめんどくさい

毎日のように、SNSに自分の写真を投稿するような女性もいますよね。いわゆる承認要求の強いタイプで、素敵な洋服を着ている写真を多く投稿するために、ブランド物の洋服を買いあさっていたりします。

彼氏から見ると、くだらない自慢にしか見えないのですが、本人は真剣に自分の幸せを世間にアピールしたがっています。時には、彼氏までそんな彼女に振りまわされることがあるため、めんどくさいタイプといえるでしょう。

元カレとすぐに比べる女はめんどくさい

何かにつけて元カレと比べたがる彼女も、彼氏にとってはめんどくさい存在です。たとえば、「元カレの○○くんは、もっと優しかった」などと言われると、とても嫌な気持ちになってしまいますよね。

もし、あなたが常に元カノと比べられたら、どれぐらい我慢できますか。自分がうんざりするようなことは、彼氏にもしてはいけないでしょう。

男性が彼女をめんどくさいと思う瞬間

では、彼氏が彼女のことをめんどくさいと感じてしまうのは、どんなときなのでしょうか。ここでは、様々な男性の体験談を交えてお伝えしていきます。

彼女に対してめんどくさいと思う男性は多いの?

実は、およそ60%以上の男性が、彼女のことをめんどくさいと感じたことがあるようです。これは、わりと多い割合といえるのではないでしょうか。

わがままばかり言われて大変なとき

「遊園地に行きたい」と言われたので、ドライブして遊園地に到着したIさん。ところが、彼女が「やっぱり、暑いから涼しい水族館に行こう」などと言い出しました。Iさんの彼女はわりとわがままを通すタイプで、普段はそれも可愛く感じるのですが言うことがコロコロと変わることがあります。

男性にとっては、少しめんどくさい彼女ということになりそうです。

買い物に時間がかかってしまうとき

いつも彼女の買い物に付き合わされるSさん。女性の買い物時間の長さには、ほとほと参ってしまっています。「どれにしようかな」などと言って、彼女は買い物を楽しんでいるようですが、なかなか買うものが決まらないのです。

とにかく、待ち時間が長くて嫌なのだけど、Sさんは彼女のために我慢して買い物に付き合っています。そんな思いを彼氏にさせないためには、女性同士で買い物にでかける方がいいですね。

電話やメールを頻繁にしてくるとき

Dさんの彼女は、電話やメールを頻繁にしてきます。まだ、Dさんは大学生なのですが、授業中にも彼女から何度も連絡がある場合があります。彼女にやめてくれと話すと、「だって、Dくんとずっとつながっていたいんだもん」と言われました。

男性は、用事があるときだけ彼女に連絡すればいいと思っていることが多いです。そのため、頻繁に連絡してくる彼女はやはりめんどくさく感じてしまいます。

かまってほしいアピールが酷すぎるとき

「かまってほしい」と時折、上目使いでアピールしてくるFさんの彼女。忙しいときでもそのような態度をされるため、めんどくさく感じてしまうことも多いのだとか。「もちろん、可愛いと思うときもあるのだけど、状況をちゃんと見て甘えてほしい」とFさんは言います。

甘えるときには、彼氏が忙しくないか、また機嫌が悪くないかなどをきちんと見極めましょう。

言葉の裏を勝手に悪読みして騒がれるとき

「言葉の裏の意味など何もないのに、勝手に裏読みされるのが疲れる」と言うMさん。彼女がMさんの言葉の裏を勝手に想像して、キレたり文句を言ったりするのに困っているそうです。

「最初は、それも可愛いと思ってたけど、本当にめんどくさくて最近は別れると言いたいほど」と言っています。くれぐれも女性は、そんなことにならないように注意したいですね。

質問攻めにされてうるさく感じてしまうとき

Jさんの彼女は、とにかくJさんを質問攻めにすることが多いそうです。たとえば、部屋にある写真を見て、「これは誰なの?」と聞いてきたり、友人からもらったプレゼントを見て、「これは誰がくれたの?」と聞いてきたり、本当に質問が多いのです。

「浮気を疑っているのかもしれないけど、あまりに質問が多いとうんざりしてしまう」というJさん。彼氏に対する質問のしすぎには、気を付けた方が良さそうです。

金銭的なだらしなさが目立つとき

彼女のことを「可愛くて性格も良いし、申し分ない」と思っていたWさん。ところが、彼女の金銭的なだらしなさに気づいて、結婚するには向かない相手だと思ったそうです。「たとえば、友人同士で旅行をしたりしても、立て替えてもらったお金をなかなか返さないんです」。

結婚を考える場合、男性は彼女の一挙手一投足をチェックしていることを忘れないようにしましょう。

幼稚な言動が多すぎて困ってしまうとき

美人で可愛い彼女と付き合っていたPさん。ところが、彼女の子供のような面を見て、思わずどん引きしてしまったのだとか。それは、一緒に買い物デートに出かけたときでした。彼女が、急に座り込んで泣き出してしまい、Pさんにブランド物のバッグを買ってほしいと訴えたのです。

「本当に、幼稚すぎて驚きました。めんどくさいを越えて、あり得ないですよね」もちろん、その彼女とはすぐに別れたそうです。

めんどくさいと思われないためにできること

では、彼氏にめんどくさいと思われないためには、どのような点を注意すれば良いのでしょうか。たとえば、頻繁に連絡したり、すぐに浮気を疑ったりするのは控えた方が良いですね。ここでは、そんないくつかの注意点についてまとめてみました。

めんどくさい彼女を卒業するには?

手芸でもプログラミングでも何でもいいので、何かを作って達成感を味わうのがおすすめです。何かを作り上げた自分を自ら褒めることによって、自分に自信がついてきます。

電話やメールをしすぎないように注意する

男性というものは、あまり電話で長話をすることが好きではありません。また、メールやLINEで頻繁にやり取りするのも、すぐにめんどくさいと感じてしまいます。そのため、彼氏に対しては、あまり頻繁に連絡を取ろうとしない方が賢明です。

連絡が少なくて寂しいと感じたら、彼氏の方から連絡してくるので心配する必要はありません。まずは相手の様子を見ながら、連絡する頻度を見極めるのがいいですね。

受け身になりすぎないように注意する

「もっと自分の気持ちを察して欲しい」「分かって欲しい」と考えて、彼氏がそうしてくれるのをじっと待っていませんか。そういう受け身な態度の女性も、男性から見るとめんどくさく感じます。

なかには、自分の願い通りに彼氏が行動してくれないと、あからさまに不機嫌になってしまう女性もいます。まず、あなたが彼氏のことをよく理解するように努めてみるのが先決です。

彼氏の浮気をすぐに疑わないように注意する

過度な嫉妬心を持ち、「彼氏が浮気をするのではないか」と疑い深くなる女性もいます。そのため、彼氏のスマホを無断で勝手にチェックしてしまう場合もあるようです。しかし、このような行為は、男性からうんざりされて別れたいと思われる原因になってしまいます。

「男性は、浮気する生き物」などと決めつけずに、彼氏の人格を信頼してあげることも必要でしょう。

自分のことを否定しすぎないように注意する

自分に自信のない女性に多いのですが、自分を否定するような発言をわざとする人がいます。それによって、男性に「そんなことないよ」と言ってほしいのです。ところが、そのような思惑が見え透いてしまうと、彼氏にとってめんどくさい彼女になりがちです。

他人に認められたいなら、自分から自慢をする性格の方がまだ良いのです。できれば、そのように男性をうんざりさせる発言はしないようにしましょう。

恋愛のことばかり意識しないように注意する

恋人ができると思わず恋愛中心になってしまう女性は多くいます。しかし、常に彼氏の言動や態度に敏感になっていると、二人とも疲弊してしまうこともあるのです。そのため、あまり恋愛中心の考え方に偏らない方がいいですね。

のびのびと楽しみながら自由に恋愛するためには、女性も好きな趣味を持つなどして彼氏のことばかり考えない方が上手くいきます。

彼氏に過度な期待をしないように注意する

メールを送ったら10分以内に返信してほしい、などと彼氏に対して思っていませんか。また、「自分をものすごく幸せにしてほしい」「いつも高級なお店でデートしてほしい」など、過度な期待を持ちすぎるのも相手をうんざりさせてしまいます。

LINEやメールを送った後、なかなか返事が来なくても余裕で待てる精神状態を構築しましょう。その方が、「すぐに返信しないとキレるめんどくさい女」から抜け出せます。

自分の思い通りにしすぎないように注意する

いくら恋人であっても、相手は違う人格を持つ人間なので、あなたの気持ちがすべて分かるわけではありません。そのため、あなたの思い通りに彼氏が動いてくれないことがあるのは当然です。ところが、めんどくさい女性はそのような当たり前のことが分かっていない場合もあります。

彼氏なのだから、自分の思い通りにしてくれなければいけない、と思ってしまうのです。このような女性は、早急に考え方を変えた方がいいですね。

なるべく感情的にならないように注意する

些細なことで怒ったり、すぐに攻撃的な言葉を口にしたりするのはやめておいた方がいいでしょう。できれば、感情的になる前に、少し冷静になってから話す習慣を付けるのもいいですね。

彼氏だって、人間なのだから不完全な部分もあります。あなたにも、様々な欠点があるのです。それでも好きだと思うからこそ、彼氏は恋人にしてくれています。そのように謙虚に考えましょう。

かまってオーラを出さないように注意する

愛する男性に対して、「かまってほしい」というオーラを出す女性もいますよね。しかし、あまり頻繁にそうしたオーラを出すと、彼氏は次第に疲れていってしまいます。そして、疲れることであなたをめんどくさい存在だと思い始めるのです。

そうならないためには、彼氏が楽しめるような内容のメールやLINEを送るのがおすすめです。自分のことばかり考えていては、恋愛は上手くいかないと心得ておきましょう。

不幸話や過去の恋愛を話さないよう注意する

女性の中には、彼氏に自分の不幸な生い立ちや過去の恋愛体験を話したがるタイプの人がいます。しかし、会うたびに重い話を聞かされるのでは、彼氏の方も疲れてしまいます。場合によっては、「また、その話かよ」とめんどくさがられてしまうのです。

過去のことなど、もうどうでもいいではありませんか。現在、大好きな彼氏と楽しい時間を過ごすことの方が大切であることに気づきましょう。

めんどくさい彼女を好む男性の特徴は?

実は、めんどくさいタイプの女性がモテることもあるのを知っていますか。ここでは、めんどくさい彼女を好きな男性の意見を取り入れながら、そのような例についてお伝えしていきましょう。

めんどくさい女性がモテることもある?

寂しがり屋でわがまま、すぐにやきもちを焼く女性は、男性にとってめんどくさい存在です。しかし、彼女から必要とされていると感じると、男性は嬉しくなります。

彼女に本音でぶつかってきてほしい男性

「重くてめんどくさいタイプの女なんて、最初は嫌だと思っていました」そう語るのは、東京都内に住んでいる40代男性のYさんです。「でも、彼女はいつも本音で僕にぶつかってきてくれたんですよ。だからこそ、彼女とは素晴らしい心の絆を築くことができたんです」。

つまり、最初はめんどくさいタイプの女性でも、本音で接すれば男性の心をしっかりつかむこともできるのですね。

彼女に母性を求めているような男性

「何だか、母親みたいにかいがいしく彼女が世話を焼いてきたんですよね」そう語るのは、もともと九州男児である30代男性のXさんです。「でも、気が付いたら、そんなめんどくさいはずの彼女と婚約してしまっていました。自分でもびっくりです」。

男性は、やはり心のどこかで女性に対して、母性を求めているという一例ですね。マザコンではなくても、彼女に甘えたい気持ちがあるのでしょう。

女性が無邪気に喜んでいるのを見たい男性

京都府に住む30代男性のGさんは、こう言います。「二人だけの記念日とかを勝手に作ることで盛り上がる彼女が、正直めんどくさかったんです。でも、彼女が楽しんでいる様子を見ると、喜ぶ姿が急に見たくなってしまいました」。

そこで、Gさんは彼女にサプライズのプレゼントを手渡しました。女性が無邪気に喜ぶ様子を見るのが大好きな男性は、けっこう多いのです。

彼女に必要とされたり頼られたりしたい男性

男性は、愛する女性から頼りにされていると感じると嬉しくなります。だからこそ、高価なものではない、ちょっとしたおねだりは喜ばれることも多いのです。「会社からの帰りに、自宅で待っている彼女から『ケーキが食べたい』なんてメッセージが入っていると、可愛く感じてしまいます」。

そう語るのは、大阪で会社員をしている50代男性のCさんです。確かに、それぐらいのおねだりなら、気軽に叶えてあげられますよね。

責任感が強くて女性を守りたい男性

「めんどくさい女かと思っていましたが、真剣に僕のことを想っていることが伝わったのは嫌ではなかったです」そう答えたのは、現在北九州に住んでいる40代男性のKさんです。「この女には、やはり俺が必要なのだと思えたからこそ、結婚することにつながりました」

彼の発言を聞く限り、めんどくさいタイプの女性でもそれに惹かれるような男性もいてくれるようですね。

意識次第で「めんどくさい彼女」から変われる!

めんどくさい彼女と思われないためにはどうすればいいか、またそのような女性がモテることもあるなどのことについてお伝えしました。もし、あなたが現在彼氏にとってめんどくさい彼女であっても、意識を変えることでうざい存在になることから逃れることもできます。

また、あなたのめんどくささを可愛さに変えて、彼氏をキュンとさせることだってできるのです。できれば、そのようなテクニックを身につけたいものですね。

関連記事