彼氏・彼女

彼女に依存する彼氏に注意!依存する男とさせる女の特徴

ちょっと重い!?彼女に依存する彼氏

Processed with VSCO with a5 preset

付き合ってすぐは、マメで優しく「今まで付き合った人の中で、一番私を愛してくれている」と感じていた彼氏の言動が、徐々に重く感じ始めたら彼氏はあなたに依存している可能性があります。

依存は、放置しているとエスカレートして、本人でもコントロールできなくなってくるので、彼氏の言動に疑問を感じたら早めに対応しなくてはいけません。ここでは、彼女に依存する彼氏について深く知っていきましょう。

この記事で伝えたいポイント
  • 彼女に依存すると何がいけないの?
  • 彼女に依存しがちな彼氏の特徴
  • 彼氏を依存させる彼女の特徴
  • 彼女への依存度診断
  • 彼女に依存する彼氏とは別れるべき?

彼女に依存することの何がダメなの?

彼女に依存するのは、人によってはそれほど悪いことのように思えないでしょう。マメに連絡があり、ずっと一緒に行動し、常に彼女のことを考えてくれるなんて理想的な彼氏のように思えます。

しかし、依存というのは健全な恋愛感情とは違います。最初は良くても、後々たくさんのマイナス面が出てきて、お互いが不幸になることがほとんどです。具体的に、どのようなことが起きうるのか見てみましょう。

彼女への依存とは
依存というのは、ほとんどの場合ストレスなどを回避するために、ある特定のものに執着することです。彼女に依存するというのは、自分でもコントロールできないほど彼女に固執し、常に彼女ありきの生活になってしまうことをいいます。

彼女の負担になる

話を聞くだけなら、それほど負担にならないような依存彼氏ですが、実際に付き合うとなると彼女は徐々に負担を感じ始めます。依存している彼氏の行動としては、次のようなものがあります。

依存している彼氏がやりがちな行動

・仕事が終わったら毎日連絡しなくてはいけない
・飲み会に行くと頻繁にLINEや電話がある
・聞いている帰宅時間より遅く帰ると機嫌が悪くなる
・休日に友達と遊ぶと怒ったりいじけたりする

これらのことを毎日のように強要されるので、彼女側がある程度自立していると大きな苦痛になります。最初は愛されていると感じることも、長期間に及ぶと負担に感じます。

過度な束縛につながる

依存は、自分でも言動をコントロールできなくなるのが怖いところです。最初は、彼女の行動を知っておきたいという好奇心程度のものだったのが、正確な時間を知っておきたいと思うようになり、いずれ何時に帰るようにと強要するに至ることもあります。

本人も、彼女を困らせたいわけではなく、不安や心配からくる束縛なので「彼女のため」と考えているケースがほとんどです。この考え方も、過度な束縛につながる原因になります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
束縛彼氏が恋人ならどうする?上手い対処法について

周囲の人に迷惑をかける

彼女に依存すると、周りが見えなくなり周囲の人たちに迷惑をかけてしまうことがあります。例えば、今まで付き合いがあった仲間と急に会わなくなったり、親に嘘をつくようになったり、ひどくなると会社や学校を休んだりするようになることもあります。

健全な恋愛をしていると、お互いが周囲の人といい関係が築けるようになるものですが、依存恋愛をしていると周囲の人と上手く関係が築けなくなることが出てきます。

社会生活が送れなくなることがある

彼女に依存しすぎると、仕事や学校に行けなくなることがあります。彼女と関係ないことに集中できなくなり、ミスが増えたりやる気がなくなったりして、最悪の場合は仕事を辞めてしまうこともあります。

本格的に依存に発展すると、本人の意志ではコントロールできなくなるケースもあるので、本人が依存を認識して改善しようと行動を起こさない限り、落ちるところまで落ちてしまいます。

ダメ男の素質あり?彼女に依存しがちな彼氏の特徴

彼氏が自分に依存している気がする人や、これから付き合う人が依存体質か知りたい人は、ここで依存しがちな彼氏の特徴をチェックしてみましょう。

該当する項目が多いほど、彼は彼女や恋愛に依存するタイプである可能性が高くなります。あなたの彼氏や好きな人が当てはまっていないか確認して、今後の付き合い方に活かしてください。

依存彼氏は最初はとても素敵
依存する彼氏は、出会ったときや付き合い始めはとても素敵な男性に見えます。マメな連絡やお姫様でも扱うような接し方は、女性の理想通りの人に見えます。ですから、一度冷静になって、彼氏のことを観察してください。

同性の友達がいない

同性の友達が少ないのは、依存体質の男性に多い特徴のひとつです。彼女ができると、そちらにばかり時間を取るようになるので、必然的に友達関係が続けられないことが大きな原因です。

また、自分がコントロールできない友達との付き合いは、依存体質の人には苦痛になることも多いので、その点が理由でもあります。友達がいないので、自分を客観的に見られず、言動がおかしいということに気付けなくなり依存がエスカレートします。

寂しがり屋で甘えるのが上手い

依存する人は、基本的に寂しがり屋です。母性本能が強い女性には、彼がとても魅力的に見えるでしょう。また、甘え方が上手い人も多いので、何となくワガママを許してしまいます。

最初は可愛いワガママが、付き合いが深まるにつれてエスカレートするので、いつの間にか依存されて関係がいびつになっていきます。女性は、自分を誰より必要としてくれることを「愛されている」と誤解やすいので、最初は依存に気付きにくいでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女が大好きな男性の心理とは。上手に付き合う方法を徹底解説

連絡がマメで心配性

「君が心配だから」という言葉を使って、マメに連絡してくる人も依存体質である可能性が高いので注意が必要です。この治安のいい日本で、自宅にいるのに心配というのは、本来ならとてもおかしなことです。

最初は、ここまで心配してくれる男性の言葉に愛されていると思えるのですが、行き過ぎた心配性にその後違和感を抱くことになります。普通の男性は、付き合うまではマメなのですが、付き合いが落ち着いてくると連絡頻度は自然と減ります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
カップルのLINEの頻度は?長続きするカップルの特徴も紹介!

自分に自信がない

依存する人は自分に自信がないので、常に彼女が他の男性に取られるのではないかという不安を抱いています。その不安が、彼女の束縛やコントロールにつながっていきます。

自分に自信がないことは、ネガティブな発言が多いことや、自分を否定されると極度に落ち込んだり怒ったりすることにつながります。付き合いが長くなると、彼の自信のなさを面倒だと感じる女性も多く、自然と言葉に気をつけて付き合うようになっていきます。

彼女以外にも依存しているものがある

彼女に依存しやすい人は、他のことにも依存しやすい傾向にあります。例えば、ギャンブルやお酒、タバコがやめられないといういう人は、何かに依存しやすいタイプです。最近では、スマホに依存する人も多いでしょう。

依存体質の人は、対象のことを常に考え、自分の意思ではそれをやめることが難しいので、本人も苦しんでいるケースがあります。あなた以外のことで、辞めたくても辞められないものがあれば、依存するタイプの人だと思って間違いありません。

彼女のこと以外に関心がない

1人で楽しむ趣味がない、仕事に向上心がない、興味のあることがないなど、彼女以外に関心を持てない人も依存体質である可能性が高いです。

デートしなかった日に「今日何をしてたの?」と聞くと、ダラダラ過ごすだけで生産性のないことばかりしている彼氏は、あなたに依存することで満足感を得ようとします。大人の男性にそれを期待されるのは、彼女としては負担が大きくなります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
モテる彼女が心配で仕方がない!不安を消す3つの対処法は?

彼女にも原因がある!彼氏を依存させる彼女の特徴

依存しやすい男性を引き寄せてしまう女性や、いつの間にか男性を依存させてしまう女性にも、実はいくつかの共通する特徴があります。

毎回、彼氏に依存されて恋愛が上手くいかないと思うなら、相手が悪いのではなくあなたに原因があるのかもしれません。ここでこれまでの恋愛を振り返って、依存させる特徴がないかチェックしてください。

「彼氏のため」が依存を加速させる
彼氏には何でもしてあげたくなりますが、彼氏の為にしていることが、実は依存を加速させているケースはとても多いです。彼氏に依存されたくなければ、必ずチェックしてください。

優しくて何でも許してしまう

彼のワガママは、少しくらいなら聞いてあげた方がいいのですが、度を越えたものはキッパリ断らなくてはいけません。彼の言うことに何でも従えば、彼はあなたにワガママを聞いてもらうことで、満足感を得ようとして要求はどんどんエスカレートしていきます。

最初は「しょうがないな」と思えたものも、そのうち日常生活に支障をきたすレベルにまで発展することもあるので注意しなくてはいけません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
優しい彼女とは?男性に好かれる優しい彼女になる5つの秘訣

ポジティブで楽観的な考え方をする

ポジティブや楽観的な性格は、とてもいいことなのですが、相手次第では依存を増加させる原因になります。彼氏が少々おかしい言動をしても「まぁ、いいか」「彼も考えてやったことだろう」などと、前向きに捉えてしまいます。

そのポジティブさが、彼の行動を肯定することにつながってしまい依存がエスカレートしていきます。あなたの負担が大きくなりすぎてストレスを感じる頃には、修正が効かないほど関係がいびつになっているケースもあります。

身の回りや金銭的な世話をする

好きになった人のことは、何でもしてあげたくなるのが女心です。彼の部屋の掃除や食事作り、お金がないと言われると出してしまう人もいるでしょう。しかし、この母性本能が彼氏の依存心を高める原因になってしまいます。

人は、どうしても楽な方に流れてしまう傾向にあります。最初は世話を焼いてくれることに感謝していても、長く続くと自分で動くことが面倒になり、やってもらって当然と思い、その後は世話をしてもらわないと何もできなくなります

彼氏の世話を焼くことで自尊心を保つ

彼に依存されて必要とされることで自尊心を保ってしまうようになると、共依存の関係になります。「私が側に居てあげないと」「私が彼を理解してあげなくちゃ」などと思ってしまうようなら、あなたも依存傾向にあると思った方がいいでしょう。

共依存になると、お互いが向上できなくなり健全な関係が築けなくなってしまいます。さらに、彼に合わせて仕事や進路を決めたり、自分の理想ではなく彼の理想に合わせた自分になろうとするなど、自分らしさも欠如します。

▼さらに詳しく知りたい人へ
長続きするカップルの特徴とは?恋人関係を長く保つ方法を紹介

こんな彼氏は危ないかも!彼女への依存度診断

あなたの彼氏が、依存しやすい男性の特徴に多く当てはまっていたら、いまどの程度の依存度なのかチェックしてみましょう。

依存度が高い場合は、彼氏に自立してもらうよう早めに改善策を講じなくては、あなたのストレスはどんどん大きくなります。彼を愛しているなら、尚更自立した関係を目指して行動をスタートしましょう。

依存は放っておいても改善しない
依存は、時間が経てば自然と改善するというものではありません。依存であることをお互いが認識して、協力して改善していきましょう。

依存度20%:毎日関わりを持とうとする

社会人になると、毎日連絡を取り合うのは難しくなるのが普通です。しかし、毎日必ず会おうとしたり電話で連絡を取ろうとするのは、依存し始めている傾向にあります。

付き合ったばかりの恋人なら理解できますが、3ヶ月から半年以上経っていても、毎日関りを持とうとするのは少し心配です。自立した関係であれば、お互いの時間を大切にしますし、相手を信頼しているのでマメに行動をチェックしたりしません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
好きな人とのLINEの頻度に悩む!毎日送るのは大丈夫?

依存度40%:彼女の行動を制限し始める

帰宅時間や出かける場所、友達関係にまで口を出し始めると、かなり依存度はアップしています。彼女の行動を制限するときは「愛してるからだよ」「心配なんだよ」などと言いますが、実は彼女が離れてしまうのが不安でしょうがないのです。

相手を信頼していれば、行動を制限する必要はありません。何か心配なことがあれば、話し合いで解決すればいいのですが、それができなくなってしまうのが依存です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
誰もがうらやむ素敵なカップルになるには?工夫次第で幸せゲット

依存度60%:知らないことがあると怒り出す

彼女のことを何でも知っておかなくては不安になる依存彼氏は、自分が知らないことがあると不機嫌になったりいじけたりします。

あなたが言わなくても、SNSなどで友達までチェックして、予定や行き先をチェックするような人もいます。彼氏にはまったく悪気はなく、ただあなたのことが心配でしょうがない一心なので、文句を言っても話が平行線になってしまいます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏と会いたくないときはどうすればいい?6つの言い訳をご紹介

依存度80%:彼女が生活の中心になってしまう

彼女と常に一緒に行動し、彼女がいなくてはほとんど家に閉じこもるようになると、依存度はかなり高めになります。人によっては、彼女といない間はギャンブルという生活を送る人もいます。

友達や家族と電話やLINEで話すこともなく、とにかく彼女一色の生活になってしまい、他のことには興味を無くします。ここまでくると彼女は彼氏に大きなストレスを感じるようになるので、喧嘩や言い争いが増えていきます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏がめんどくさいときはどうする?別れたくないときの対処法

依存度100%:仕事をせず彼女の家にずっといる

いわゆるヒモのような状態になると、彼氏の依存度は100%になります。自分で生活できなくなり、一度彼女の収入に頼りきりになると、そこから自立するのはかなり難しいでしょう。

ここまでくると、彼女の方も共依存状態になり、彼氏の世話を焼くことに不満や不安を感じているのに、別れられなくなってしまっていることが多くなります。あなたが彼氏の依存を自覚して行動を起こさなくては、このままの関係がダラダラと続くことになります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女と別れたい!別れ話の切り出し方と流される時の対処法6選

彼女に依存する彼氏とは別れたほうがいい?

彼氏に依存されていると感じたら、すぐに別れた方がいいのでしょうか?または、何か改善する方法を見つけるか時期を待つべきでしょうか?

依存する彼氏と付き合っているなら、今のままの関係をズルズル続けず今後のことを考えてみましょう。彼氏の状態によって別れた方がいいのか改善すべきか、ここでしっかり見極めてください。

依存は改善するものとしないものがある
依存には、甘えがエスカレートしたタイプと、心の病気である場合があります。単に甘えているだけなら改善するのは可能ですが、心の病である場合は専門家の力が必要なので、自分たちで改善するのは困難です。

依存を許さない姿勢を貫く

別れるかどうか悩んでいるのなら、まずは彼の依存を許さない姿勢を貫いてみましょう。自分のことは自分でしてもらい、彼氏のペースで予定を決めるのを辞めてみるのです。極端に避ける必要はなく、自立した健全な関係に戻していくイメージです。

どんなに面倒な態度を取られても、あなたが依存を許さなければ相手はどうすることもできません。徐々に彼氏と距離を置き、健全な関係に戻していきますが、彼がそれを受け入れてくれなければ別れを検討しましょう。

他のことに関心を向ける

依存体質の男性は、彼女以外のことに興味を持てなくなります。しかし、彼女と一緒に行動することは好むので、一緒に何かを初めてみるといいでしょう。その中に、彼が興味を示すことが見つかるかもしれません。

依存が軽くなれば、あなたも彼との付き合いが楽になるはずです。しかし、逆に他のことに依存し始める可能性があるので、そのリスクは考えておく必要があります。彼が気乗りするようなスポーツや物作り、旅行などもいいでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男女が出会える趣味を徹底解説!運命の人と出会えるサークル

話し合いの余地があれば様子を見る

話し合って、彼氏が自分の依存行動がおかしいと理解してくれたら、少し様子を見てみましょう。本人も言われるまで気付かないことがあるので、自立できていないことを伝えて相手が変わりたいと望めば改善が期待できます。

改善する期間は行動を制限しすぎず、お互いの歩み寄りが必要です。彼氏が依存を脱したいと努力してくれているなら、あなたも厳しく言いすぎず思いやりを持って接してあげるといいでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏がこわい…そう感じたときの対処法やその先の解決策とは

依存している自覚がなければ改善は難しい

依存している人の多くは、自分の依存行動を「相手のためにやってあげている」と本気で思っています。例えば、彼女の行動を制限するのは彼女を守るためという人もいますし、お金を出させるのは彼女が出したいからだという人もいます。

依存の自覚がない人に悪意はなく、本心から思っているので何度話し合っても平行線です。あなたのため、世間のためなどと本気で言っている人とは、早めに別れた方がいいでしょう。

身の危険を感じたら早めに別れる

束縛が激しく、暴言や暴力であなたを支配しようとする依存タイプの男性は、今後改善することはかなり難しくなります。共依存になっていると「私が理解してあげなくちゃ」「結婚したら変わるかもしれない」と思う女性もいます。

しかし、依存によって自分の行動を制限できなくなっている男性は、結婚しても子供ができても変わりません。依存はモラハラなどに発展することもあるので、早めに別れて関わらないようにするのが賢明です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏が重いときはどうする?重い彼氏と上手に付き合う7つの方法

依存はほどほどにして幸せなのが一番

恋愛をする上で、多少の依存はお互いに必要です。相手に興味を持ち、少しでも長く一緒に居たいと思うのは普通にあることです。しかし、その感情が行き過ぎるとお互いがストレスを感じる関係になってしまうので、ほどほどにしておかなくてはいけません。

連絡がマメじゃなくて寂しいという女性もいますが、お互いが自立して1人の時間を楽しめるような関係が一番です。彼氏の依存に悩んでいたら、早めに対処してくださいね。

関連記事