彼氏・彼女

彼女が好き過ぎる彼氏の悩みとは?気持ちを伝える5つの方法

この思いあふれて仕方ない!彼女が好き過ぎる彼氏

「すぐに結婚したい」「彼女にふられないか心配」などと、彼女への愛であふれている彼氏は多いことでしょう。でも、ちょっと待ってください。気持ちはわかりますが、冷静になることも大切です。

この記事では、“彼女との関係をいつまでも続けていくために、彼氏としての気持ちのあり方”について説明します。

この記事で伝えたいポイント
  • 彼女のことが好きで仕方がない「彼氏の心理」
  • 彼女のことが好き過ぎる、「彼氏のかわいい言動」
  • 彼女を好き過ぎると、反対に「まずいこともある」
  • 彼女に気持ちを「うまく伝える方法」

彼女が好き過ぎる彼氏の心理

男性は彼女ができると、電話やラインなどでひっきりなしに彼女に連絡を取るケースが多く見られます。

これは、「彼女を大切にしたい」という気持ちの他に、「他の男性に彼女を取られたくない」という不安感もあると考えられます。

男性の心理とは

人は誰しも、相手を好きになるほどに自分への相手の気持ちが心配になるのは当然です。特にこのような傾向が強い男性の心理として、「自信がない」ことが挙げられます。

男性としての自信がない

彼氏は、ようやく憧れの彼女と付き合うことができるようになって嬉しい反面、いつも不安な気持ちを抱えています。それは、男性としての「自信がない」からです。

そのような彼氏の心理状況が、彼女へ電話やラインで朝昼晩ひっきりなしに連絡をしてしまうのです。連絡をして彼女から返信が来ることで、どうにか安心できて、自信もキープできるのです。

寂しがりの甘えたがり

男性だからと言えども、いつもたくましくて頼りがいがあるわけではありません。もちろん男性のタイプによっても違います。実は、男性だって寂しくなったり、誰かに甘えたりしたくなるときもあるのです。

そのようなときに支えてくれるのが、大好きな彼女の存在です。相思相愛の彼女に思い切り甘えることは、少しも不思議なことではありません

プライドの高い見栄っ張り

一見、男らしくて強そうに見える男性ほど、プライドが高い見栄っ張りな性格ということもあります。同性の友人の前では決して弱みを見せない男性も、大好きな彼女の前では本音を出して甘えてみたり、三枚目になったり……という姿を平気でさらすこともあります。

仕事で成功している人や社会的地位がある人ほど、このような傾向が強いとも言えます。

不安なので束縛したい

Processed with VSCO with a5 preset

こちらの心理は一歩間違えるとちょっと危険ですが、やはり誰もが潜在的に抱く感情です。興味がない人に対しては何をしていても気になりませんが、大好きな彼女だったら「どこで誰と何をしてるんだろう……」と思うのは仕方ないことです。

付き合い始めならばなおさら「ほかの男に取られないか」と心配で気をもんでしまいます。実際に束縛するのはよくありませんが、ごく普通の感情です。

幸せいっぱい!彼女が好き過ぎてかわいい彼氏の言動

彼女が好き過ぎる余り、彼女が感じるだけではなく、はた目から見ていても「かわいい」と感じる彼氏の言動があります。やり過ぎるとアウトですが、彼女への思いがあふれた言動は微笑ましく感じます。ここでは、そのような愛らしい彼氏の言動について紹介します。

女性が男性をかわいいと思う瞬間は?

「かわいい」という言葉は、動物や子供、そして女性に対して使われるものです。しかし男性も「かわいい」と感じる言動をするときがあり、その“意外性”に女性は胸キュンとなってしまうのです。

朝昼晩も電話やラインで連絡する

毎日朝昼晩連絡が来ると、一見うざったく感じられますが、相思相愛の彼女でしたら、まったく問題ありません。彼女も彼氏のことが好きなので、彼氏の愛情表現と素直に受け止め、「かわいい」と感じてくれます。

むしろ、毎日続くと当たり前のことに感じられ、電話やラインがこないと「何かあったのかしら?」と不安に思ってくれます。

ちょっとしたプレゼントをする

彼女にとって、誕生日や何かの記念日のときのプレゼントはもちろん嬉しいのですが、ささやかな、ちょっとしたプレゼントも喜んでくれます

例えば、一輪の花やかわいくデコレーションされたクッキー、フリーマーケットで買ったようなアクセサリーも、彼女からすると幸せな気分になります。

「彼氏なりに一生懸命に選んでくれたんだ」と考える彼女は、彼氏のそんな姿に「かわいい」と感じるのです。

彼女のことをよく褒める

見え透いたお世辞は良くありませんが、彼女からすると、自分の良いところを見つけて一生懸命に褒めてくれるのも「かわいい」と感じるポイントです。

「笑顔がかわいい」「髪がきれい」など、どんなことでも構わないのです。

人は褒められると、自己肯定感が強くなります。彼女は、大好きな彼氏から褒められることで彼氏のことをますます好きになるでしょう。

彼女の写真をたくさん撮りたがる

彼氏は、大好きな彼女から片時も目を離したくないと考えるでしょう。彼女のどんな表情やしぐさも、彼氏からすればとても素敵に見えます。

いつも一緒にいられるわけではないので、会えないときに撮った写真を眺めて心を慰めています。

彼女は、「こんなに自分のことを好きでいてくれるんだわ」と、そんな彼氏の行動がかわいいと感じるのです。

外ではずっと手をつないでいる

寂しがりやで甘えたがりの彼氏でしたら、“スキンシップ”は大事な愛情表現です。外では、せめて手だけでもつなぎたいと思うのは当然です。人前ですが、手をつなぐだけでしたら普通なので、まったく問題はありません。

彼氏から、さりげなく無言で手を差し出して彼女の手を握ると、彼女はそんな彼氏の行動がかわいいと感じ、思わず胸キュンとなるはずです。

他の男性に対して焼きもちを少し焼く

焼きもちは、女性だけの心理ではありません。男性だって焼きもちを焼きます。中学生男子みたいですが、彼女がほかの男性と話しているだけで、やはり焼きもちを焼いてしまいます。

彼女に対して焼きもちを焼くのは、彼氏の人情として仕方ないことです。ちょっと拗ねたような態度を彼女に見せると、彼女はあなたのことを「かわいい」と思うはずです。しかし「ほどほど」ということをお忘れなく。

いくら好きでもこれはダメ…彼女もドン引きな彼氏の言動

お互い様ですが、付き合い始めのころは彼氏の欠点は彼女には見えないものです。ところが少し時間が経つと(もちろん経たなくても)、目についてきて危険な状況に陥ります。

彼女にドン引きされてしまう言動をうっかり取っていないでしょうか?ドン引きされてしまう言動についてきちんと認識することで、せっかく付き合えることになった彼女との別れを回避しましょう。

ドン引きされたときが、恋が終わる瞬間

どんなに素敵な彼氏でも、彼女からすると「絶対に許せない」と思うことがあります。それはあなたの彼女だけの特徴ではなく、多くの女性に共通することです。

公共の場でイチャイチャしてくる

外で手をつなぐだけでしたら何も問題はありませんが、イチャイチャするのは良くありません。女性からすると、間違いなく引いてしまう行為の一つです。

はたから見ていても気持ちの良い行為ではなく、マナー違反と言えます。反対に、誰かが同じ行為をしていたらどうでしょうか?想像すると分かりやすいでしょう。

彼女の仕事と彼氏の存在を天秤にかける

彼女が彼氏に「私と仕事、どっちが大事なの?」と聞いて彼氏がげんなりする……というエピソードは有名ですが、この逆パターンです。男性に限らず、頑張っている女性は仕事も大切にしています。仕事は仕事、彼氏は彼氏で、一緒のレベルではありません

しかし、彼女のことが好き過ぎて冷静さを失い、つい、こういった発言をしまうことも考えられます。彼女に、一気にドン引きされてしまいます。

彼女の家族に馴れ馴れしい

大好きな彼女の家族を紹介されたとき、彼氏はこれらの人たちに親切な態度を取るのは当然のことです。しかし、行き過ぎた態度は馴れ馴れしく感じ、彼女を一気にドン引きさせます。

彼女の留守中に彼女の実家に上がりこむのは、あまり気持ちの良いことではありません。結婚したらこの限りではありませんが、結婚前は、彼女の家族との間に距離感が必要です。

「お前」呼ばわりする

彼女からすると、いくら好きな彼氏でも「お前」呼ばわりされるのは、良い気持ちはしません。彼氏からすれば「自分のものになった」という感覚なのかもしれませんが、彼女はあなたの所有物ではありません。

いくら大好きな彼女だといっても、敬意は必要です。やはり「親しき仲にも礼儀あり」です。大好きな彼女の前では(前でなくても)いつも紳士でいましょう

嫉妬・束縛がひどい

彼女に対する軽い焼きもちならば、彼女は「かわいい」と思ってくれますが、あなたの「焼きもち」の度が過ぎると「嫉妬」に変わり、「行き過ぎた束縛」行為をしてしまいかねません。

彼女にも、家族や友人などのあなた以外の様々な付き合いがあります。しかし、ラインをチェックしたり携帯を取り上げたりなど彼女の人間関係を断ち切ろうとする行為は、「束縛」以外の何物でもありません。確実にドン引きされてしまいます。

支配しようとする

男性の潜在意識として、男性は女性よりも優位に立ちたがり、女性を支配しようとしがちです。しかし女性は、男性からの愛情を欲しますが支配をされたいわけではありません。男性は、愛してるから支配するのだと勘違いをしてしまいがちですが、そうではありません。

このような考えは、単なる男のエゴです。二人の関係が対等ではなくなったときに、彼女にドン引きされて恋が終わる瞬間です。

始終監視されている

男性による支配がエスカレートすると、彼女は始終監視されている気分になります。こうなるとドン引きどころの話ではありません。当然、このような事態以前に、彼女に逃げられてしまうでしょう。

しかし悪質なのは、彼女に分からないように監視しているケースです。彼女の部屋に監視カメラや録音マイクを仕込んで置いたり、彼女の身辺を聞き出すなどの行為は、明らかにストーカーです。

モラハラをする

「嫉妬」や「束縛」の行為の果てに待っているのは「モラハラ」です。彼女を好きすぎて、ついに嫌がらせをしてしまう行為です。彼女を言葉で罵る、暴力を振るうなどが挙げられます。

彼女が、彼氏であるあなたから離れられないように心理的に操作をするケースもあります。これはれっきとした犯罪です。大好きな彼女に怖い思いをさせたり不安がらせたりしないように気を付けましょう。

彼女を好き過ぎるとまずいこともある?

彼女をとても好きなことは、あなたにとっても彼女にとっても良いことですが、その一方でまずいこともあります。よく聞くまずい事柄が、「友達が減る」「勉強や仕事に集中できない」「別れたときに立ち直れない」などの悩みです。

彼女とうまくいっていても、実はいろいろな問題と悩みがあるのです。彼女との良い関係を続けていくためにも、まずい事柄について認識しておきましょう。

好きすぎることが幸せとは限らない

「恋は盲目」という言葉もありますが、世の中の人間は二人だけではありません。家族や友人などの周りの人にも気を遣うことで、二人で幸せになれるステップを踏みましょう。

友達が減る

よく聞くのが、彼女とばかり居たために気付いたら「友達が減っていた」ということです。もちろん、彼女の場合も同じです。

彼女と過ごす時間は夢中ですが、友達との絆も大切です。友達だからこそ築ける関係や、楽しめる時間があります。彼女は彼女、友達は友達で、次元が違います。

彼女も大切ですが、友達との関係も大切にしましょう。友達に彼女がいる場合は、ダブルデートもおすすめです。

家族のことをほったらかしがちになる

彼女に夢中になっていると、友達と同様に家族のこともほったらかしがちになります。家族が元気に暮らしていれば多少のことは問題ありませんが、片親や、あなたのことが大好きな兄弟姉妹がいる場合は要注意です。

あなたが彼女だけに関心を払うことで、家族は寂しい思いをしていないでしょうか。友達と同じですが、彼女は彼女、家族は家族です。あなたを育んでくれた大切な家族にも気を配りましょう

勉強に集中できない

彼女と過ごす時間が楽しい余り、勉強に集中できなくなることがあります。しかし勉強ができる期間は、高校生や大学生のときだけです。この期間を逃すと将来に響きかねません。

就きたい職業がある場合は勉強も頑張りましょう。彼女も同様です。一時の感情に振り回されることなく、彼女と合う時間とは別に、勉強に集中する時間を持ちましょう。そして彼女と共に素晴らしい人生設計を描きましょう。

別れたときのダメージが大きい

彼女のことが好き過ぎると、分かれた時のダメージはより大きくなります。別れるまでは一日の中で彼女と過ごす時間がほとんどだったはずなので、彼女と別れたことでぽっかりと、時間とあなたの心に穴が開いてしまうのです。“失恋の痛み”というものです。

そのため、彼女のことが好き過ぎる場合は、別れた時のダメージを覚悟して付き合うことも必要です。

好き過ぎる気持ちを彼女にうまく伝えるには?

好き過ぎる彼女に告白するときは、どうしたら思いをきちんと伝えられるでしょうか。後悔しないためにも自分の気持ちを真剣に、そして正直に伝えるのがベストでしょう。

しかし気を付けたいのが、あまり重すぎないように、また自分の気持ちを押し付けないようにすることです。彼女に“逃げ場”を作ることも、告白するときには大切なことなのです。

告白は、自分の気持ちを押し付けない

彼女のことが好き過ぎて、告白は自分の思いを伝えることに気持ちが行きがちです。しかし本当に好きなのであれば、彼女の思いにあなたの気持ちを寄せることが大切なのです。

真剣に気持ちを伝える

告白は、当然のことですが、真剣な態度でいなくてはいけません。優柔不断で中途半端な態度では、真剣な気持ちが伝わりません

話し方も、スムーズでなくても構いません。むしろ、ゆっくり言葉を一つ一つ区切るように、不器用でも自分の気持ちを彼女にしっかり伝えましょう。そんな姿に彼女は共感を示してくれることでしょう。

結婚を前提とする

彼女が好き過ぎるということは、いずれは彼女との結婚を考えているということでしょう。そうであれば、そのことも正直に彼女に伝えましょう。

彼女からすれば「結婚を考えている」=「真剣な付き合いを望んでくれている」=「大切にしてくれる」ということになるからです。チャラチャラした軽い気持ちではないことをしっかり伝えなければいけません。

彼女の気持ちを確かめる

また、当たり前のことですが、大切なことは彼女の気持ちを確かめるということです。告白するということは、何らかの脈が彼女にあると考えた上での行動だと思います。

しかし、自分の気持ちばかりを優先し、彼女の気持ちをないがしろにするのは、あなたにとっても良い結果とはなりません。むしろ不幸を招いてしまいます。もしかすると、脈があると思っていても、勘違いだった……とうこともあり得ます。

一方的に言いすぎない

さらに踏み込んで言うと、「一方的に言いすぎない」ことも大切です。自分のあふれる気持ちを抑えきれなくなり、ダムの水が堰切ったような一方的な告白はおすすめできません。聞いている彼女は、その思いを受け止めきれません

例え彼女に脈があったとしても、一方的な言い方は彼女の気持ちを冷ましてしまう可能性が高くなります。やはり、丁寧に彼女の表情を確認しながら、ゆっくりと落ち着いて話しましょう。

告白する場所を選ぶ


告白する場所選びも大切な要素です。ガチャガチャとうるさい場所よりも、静かな環境のほうが落ち着いて気持ちを伝えられます。

例えば、ロマンチックな雰囲気が漂う夜景の見える場所や夜の水族館静かな浜辺さわやかな風が吹き抜ける森野の花が咲き乱れる花畑などです。冬であればイルミネーションスポットもおすすめです。場所が持つ力を借りることで、気持ちをスムーズに伝えやすくなります。

彼女が好き過ぎる気持ちはずっと続くもの?

ふと「一生この気持ちが続くのだろうか……」と不安になることもあります。確かに、結婚と離婚を繰り返す男女が多くいます。文化的な違いも影響しているのか、アメリカなどの欧米を見るとその比率が高くなります。

しかし一方で、堅実に一生を添い遂げる夫婦も多くいます。このことから良好な関係を維持していくのは、やはり自分たちの気持ち次第と言えるのではないでしょうか。

気持ちが続くかどうかはあなた次第

脳内分泌物による影響で、「恋は3年で冷め、愛は4年で冷める」という説があります。しかし周りを見渡せば、年齢を重ねても仲良く暮らしている夫婦もあり、気持ち次第で関係を変えることができるのです。

1ヶ月で冷める人もいる

愛情がどれぐらい持つかというのは、いつの時代も恋愛問題における究極のテーマです。「熱しやすく冷めやすい」という言葉もあるように、愛情は一過性のものである場合も多いからです。

出会った瞬間に恋に落ち、結ばれ、やがて1か月ほどで冷めてしまった……というカップル話は、芸能界などでは多過ぎるエピソードです。周りにも「恋愛体質」と呼ばれる恋多き男と恋多き女がいるのではないでしょうか。

「平均で半年しか持たない」説

恋愛関係が続く期間は「平均で半年」という説もあります。男性のパターンとして例えられる「釣った魚には餌をやらない」が良い例です。残念なことに男性は半年も経つと、他の女性に心を奪われることも多いようです。

一方の女性は、初めはそうでもなかったのに、少しずつ気持ちのボルテージが上がっていくことも。悲しいことですが、これもまた現実です。

一生仲良く添い遂げる人もいる

しかし、すぐにくっついては別れ、別れてはくっついて……という人ばかりではありません。むしろこのようなパターンのほうが少ないのです。あまりにも目立つため多いような気がするのですが、決してそうではありません。

芸能界にも「オシドリ夫婦」と例えられるカップルがいくつもいますが、周りを見渡せば、身近な人たちのほとんども一生を添い遂げているのではないでしょうか。つまり、すべてはあなたの気持ち次第と言えます。

大好きな彼女がいるのは幸せなこと

結論を言うと、大好きな彼女がいることは、青春時代を彩ってくれる素敵で幸せなことです。好き過ぎるが故の悩みや気を付けなければいけない点もありますが、大好きな人に出会えるということは、あなたの感受性が素晴らしいからです。

ぜひ大好きな彼女との素敵な関係を続けるためにも、彼女の気持ちに寄り添って歩んでいってください。

関連記事