カップル

喧嘩が多いカップルの原因は?喧嘩しないためにできる3つのこと

喧嘩をしないカップルには秘訣がある

この記事で伝えたいポイント
  • 喧嘩の多いカップルの6つの特徴
  • カップルが喧嘩をする原因や理由6選
  • 喧嘩したカップルが仲直りをするためにできることは?
  • 喧嘩をしないためにできる3つのこと

カップルに喧嘩はつきものです。どんなに仲が良いカップルでも、喧嘩しないカップルはいません。けれども喧嘩があまりに多いと、別れに発展しないか不安になる人は多いです。

さらに、将来を考えているなら、喧嘩ばかりしてるのに本当に結婚できるのかと心配になりますよね。この記事では喧嘩の多いカップルの特徴を踏まえ、仲直りをするためにできることをお伝えするので参考にしてください。

喧嘩の多いカップルの共通の特徴

喧嘩の多いカップルにはどんな共通の特徴があるのか、知りたくなるときがありますよね。事前に共通の特徴を知っておけば、恋人との喧嘩を防ぐことができます。

はじめに、頻繁に喧嘩をしているカップルの特徴を、いくつかご紹介します。喧嘩が多いのは二人の性格が関係している場合もあれば、ストレスが溜まっていることが関係している場合もあります。

喧嘩の多いカップルの特徴は
喧嘩の多いカップルの特徴はどちらも気が強い、嫉妬心が強い、心無い言葉をつい言ってしまうなどです。ほかにも付き合って三ヶ月ほど経ち倦怠期を迎えてるカップルは、喧嘩が多くなります。

どちらも気が強くて譲れない性格をしている

どちらも気が強い性格なのが、まず喧嘩が多いカップルの特徴として挙げられます。さらに言いたいことを言わないと気が済まないというカップルも、相手の地雷を踏みやすく、喧嘩が多くなりがちです。

また、お祭りやクリスマス、バレンタインといったイベントを楽しんでいる最中、さらに遊園地やクラブ、ファミレス、路上や駅前、電車の中…といった人が多くいる場所でも喧嘩してしまうのが気が強いカップルです。感情的になると、家では殴り合いの喧嘩にまで発展するケースもあります。

二人とも嫉妬心が強くて疑り深い

どこからが浮気なのか、その定義は人により異なります。しかし嫉妬心が強く疑り深い人は、例えば恋人がライン無視した、異性の友達とプリクラを撮った、飲み会に行った、男女グループの画像をスマホに保存したなど、些細なことで浮気を疑います。

このように二人とも嫉妬深い性格をしているというカップルも、喧嘩が多いです。浮気をした、してないで言い争いになり、次第にすれ違いが多くなって別れに発展する場合もあります。

誰に対しても心無い言葉を言いやすい

お互い心無い言葉を言い合っている口悪いカップルも、相手を怒らせやすく、喧嘩をよくします。特に血液型の中でも正直さが裏目に出て言っちゃいけない言葉を言いやすいB型同士のカップルは、似た者同士で喧嘩が多いといわれています。

また、心無い言葉以外にも、「疲れた」「めんどくさい」といったネガティブ発言が多いカップルも喧嘩をよくします。これはネガティブ発言を言われた側の機嫌を損ねてしまうからです。

ストレスが溜まって心に余裕がない

日々忙しい社会人や受験生で、お互いストレスが溜まって心に余裕がないと、相手のちょっとした発言や態度が気にかかり不満を抱きやすくなります。そして小さなことにもつっかかり、喧嘩が多くなります。

さらに、心に余裕がないと自分が悪い可能性もあるはずなのに、「喧嘩の原因になったのは全て相手のせい」「自分は絶対に悪くない」と思い込んでしまうときがあります。そして仲直りにも、時間がかかってしまうのです。

倦怠期で二人の関係がマンネリ化している

いつから喧嘩が増えたかと聞かれて、交際がスタートしてから3ヶ月目、4ヶ月目あたり、または半年や1年、2年してからというカップルは多いです。つまりお互いの関係に慣れ、マンネリ化してから喧嘩が増えたというカップルがたくさんいます。 

この時期は、恋人の存在が当たり前になって相手の迷惑を考えずに、お互いつい自己中心的な態度をとってしまいます。マンネリ化したときは喧嘩が多い時期だと捉えて、適切に対処したいところですよね。

恋人につい余計なお世話をしてしまう

恋人が夜更かしをしている、掃除をせず汚い部屋で過ごしている、受験準備や就職活動すべき時期なのに何もしていないと、余計なお世話でついキツい口調で注意してしまう人がいます。そして言われたほうはうるさいと煩わしく感じて、喧嘩が勃発するときがあります。

けれども、このような喧嘩は相手のためを思っての喧嘩であるため、言われた側は感謝するケースもあります。それゆえ喧嘩が多いと相性が悪いとは一概に言えず、喧嘩が多くても良い関係を築けてるカップルもいます。

カップルが喧嘩をする原因や理由は?

まわりのカップルは、どんな内容で喧嘩するのか気になりますよね。くだらないことやしょうもないことがきっかけで喧嘩するカップルもいれば、相手の浮気や価値観の違いが原因で喧嘩するカップルもいます。喧嘩の理由は、実にさまざまです。

次に、カップルの喧嘩の理由や原因あるあるをまとめましたので、一緒にチェックしていきましょう。

カップルが喧嘩をする原因や理由は
カップルが喧嘩をする原因や理由は恋人が時間にルーズだから、連絡をあまりしてこないから、お金にルーズまたはシビアだからです。また女性であれば、生理が関係している場合もあります。

遅刻やドタキャンが多くて時間にルーズだから

恋人が時間にルーズで遅刻やドタキャンをしたことがきっかけで、喧嘩するカップルは非常に多いです。また到着時間を聞いても返信こないと、「なぜ連絡しないの?」と不満が募り、爆発してしまうことがあります。

さらに、「お酒の飲み過ぎで二日酔いがひどくて…」「道に迷ってしまって…」など言い訳をされても、怒りの気持ちが収まらず、そのまま言い争いになってしまうケースが多いです。

連絡の頻度が低く寂しい思いをしているから

何ヶ月も何年も付き合っていると、付き合い始めの頃に比べて恋心が冷める人は多いです。中には恋人からLINEがきても、既読無視や未読無視する人もいます。

このように恋人から電話やLINEの頻度が低くなると、寂しがり屋の人なら「音信不通になるならもう口聞かない」と拗ねて喧嘩が勃発してしまうのです。ちなみにこの喧嘩の原因は中学生や高校生、大学生の学生さんにありがちです。

生理前でイライラしているから

生理前は自分でもなぜか分からないほど、イライラした気持ちやもやもやした気持ちになる女性は、社会人や学生問わず多いのではないでしょうか?

それゆえ、本当は暴言なんて吐きたくないのに、そのイライラから大好きな彼氏を傷つけるひどい言葉を言ってしまうことが多くなります。そして彼氏も売られた喧嘩を買って、言い合いに発展するパターンもあります。 

どちらかがお金にルーズまたはシビアだから

お金に対する価値観が違うのも、カップルが喧嘩する原因あるあるです。どちらかがお金にルーズ、またはシビアなタイプだと、お互いを理解できず言い争いになりやすいです。

例えば、お金の使い方が違うカップルは、旅行先を決めるときや部屋探しをしているとき、旅の予算や家賃、引っ越しの費用で価値観の違いが起こって喧嘩します。

考え方や価値観が合わないから

考え方や価値観が合わないのも、カップルの喧嘩の原因です。特に非日常の空間、例えばディズニーシーやUSJといったテーマパークにいるとき、海外旅行をしているときは価値観の違いが顕著に出て、喧嘩が多くなります。また旅行の計画中や旅行前でも、喧嘩してしまうカップルはたくさんいます。

さらに、年の差カップルであれば、考え方や価値観の違いも出やすくなります。そして「年の差があるから別れようかな」とまで考えてしまうケースもあります。

浮気を疑うような行動をとったから

信頼していた恋人が浮気を疑う行動をとったことが原因で、喧嘩したというカップルもかなり多いです。

恋人に浮気されて、何とも思わない人はいません。そのため浮気をしていないにしても、少しでも浮気を疑うような行動をされると、感情的になって激怒してしまう人は多いです。そして壮絶な喧嘩にまで発展する場合もあります。

喧嘩をしたカップルが仲直りをするためにできること

「恋人と仲直りする方法が知りたい」という方は多いはずです。特に今の恋人と初めて喧嘩したという方は、どうすれば仲直りできるか悩んでしまいますよね。

こちらに、仲直りの方法をいくつかまとめましたので、ひとつずつチェックしていきましょう。恋人と喧嘩を繰り返すのが悩みという方は、ぜひ参考にしてください。

喧嘩したカップルが仲直りをするためにできることは
喧嘩したカップルが仲直りをするためにできることは喧嘩をしたらすぐ謝る、話し合いをするなどです。また心を落ち着かせるために、コーヒーを飲むことも効果的です。

しょうもない喧嘩でもすぐ謝る

恋人と別れたくないのなら、しょうもない喧嘩でもすぐ謝ることが大切です。何日も謝らない日が続くと、謝るタイミングを逃してさらにギクシャクしてしまいます。プライドが邪魔をして「ごめんね」と言えないときもありますが、すぐ仲直りしたいのなら謝りましょう

また、仲直りしようとメールやLINEで謝るよりは、直接謝ったほうが相手に誠意が伝わります。また男性から女性に、後日仲直りのプレゼントを渡すのも効果があります。

本音で話し合いをして解決法を考える

本音で話し合いをして、どうすれば喧嘩が少なくなるのか対策を考えることで、喧嘩の回数を減らすことができます。恋人が怒ると怖いため本音で話したくないのであれば、話し合いはカフェや公園など人がいる場所で行いましょう。

また、話し合いをしないで、すぐ別れると選択するのはおすすめできません。感情的になってLINEをすぐブロックするのも、あとで後悔するのでNGです。

コーヒーを淹れて心を落ち着かせる

お互い頑固な性格で「彼氏が悪い」「彼女が悪い」「もう絶対に許せない」と譲らないのなら、コーヒーを淹れて一度冷静になりましょう。

また、心を落ち着かせようと、芸能人のゴシップニュースのネタのように、ツイッターに喧嘩について投稿するとヒートアップするのでNGです。もしどうしても心が落ち着かないのであれば、友達に相談して話を聞いてもらいましょう。共通の友達がいれば、仲裁に入ってもらうのもアリです。

喧嘩をしても次の日に持ち越さない

喧嘩をしたら、次の日も引きずるのはやめましょう。次の日も何も言わず黙る、LINEを無視するのはよくないです。特に旅行中喧嘩をして仲直りしたいのであれば、すぐに謝って次の日に持ち越さないようにした方がいいです。

また、翌日はLINEで相手が喜びそうな面白い画像やかわいいイラストを送って、穏やかな気持ちにさせましょう。手紙を送るのも有効です。そうすれば相手も歩み寄ってくれるはずです。

冷却期間を設けてその間は連絡を取らない

「喧嘩をして謝ったのに、恋人がなかなか許してくれない」「仲直りしたいとラインを送ったのに無視された」「喧嘩して沈黙が続き気まずい…」ということがありますよね。

このようなときは、冷却期間を設けることをおすすめします。というのは距離置くことには、喧嘩の要因は何だったのかお互い冷静に考えられるメリットがあるからです。

円満なカップルを目指そう!喧嘩をしないためにできること

恋人と喧嘩すると疲れるし、できれば喧嘩はしたくないものです。あまり喧嘩をしたことないというカップルもいますが、どんな工夫をしているのか気になりますよね。

ここでは、そんな喧嘩が少ないカップルが実践している、喧嘩しないためにできる対処法をいくつかご紹介します。毎日喧嘩が絶えないというカップルは、ぜひ下記の方法を実践してみてください。

喧嘩しないためにできることは
喧嘩しない方法は相手を信じて穏やかな気持ちで接する、相手の嫌な面が見えても感情的にならないように気をつけるなどです。また恋人に要求し過ぎないのも、円満でいられるコツです。

相手を信じて穏やかな気持ちで接する

喧嘩が少ないカップルは相手を信じて過度にヤキモチを焼かず、穏やかな心で接しています。

例えば、「いつもありがとう」といった相手を労わるセリフを心掛けて、彼氏や彼女が優しくなったというエピソードを持っている人はたくさんいます。またyoutubeで笑える動画を一緒に見るなど、心地がいい雰囲気を作るのも円満なカップルになれる秘訣です。 

相手の嫌な一面が見えても感情的にならない

喧嘩をしないカップルは恋人の嫌な一面が見えたときも、怒りたい気持ちをぐっと我慢して、冷静に対応しています。そして話し合う姿勢を大切にしています。

また、恋人にイライラしたときは、自分の好きな歌や気持ちが盛り上がるラブソングを聴いたり、ラブラブだった時期や相手のいいところを思い出すのも効果的です。そうすれば怒りの気持ちより、恋人が大事だという気持ちが上回るはずです。

言いたいことは言いつつそれを強要しない

恋人に言いたいことを我慢して、あとで感情が爆発して壮絶な喧嘩になったというエピソードがあります。しかし「言いたいことがあでば、その都度言うようにしていたら大きな喧嘩が減った」という人がたくさんいます。

また、自分の言いたいことを言いつつ、相手の意見も最後まで聞いて、それを受け入れることも大切です。「××するべきだ」と自分の意見ばかり押し通すのではなく、関係を長続きさせるにはお互いどこかで妥協する必要があります。 

カップルの喧嘩は仲が良い証拠でもある

カップルの喧嘩は、それほど仲が深まった証でもあります。しかしときにはユニバや電車内、道端といった人がたくさんいる場所での喧嘩や、手が出るほどの激しい喧嘩にまで発展してしまうことがあります。

特に、マンネリ化しているときは、喧嘩が増える時期なので気をつけたいところです。またきちんと対処して喧嘩を乗り越えることで、お互いの成長にも繋がるでしょう。

関連記事