カップル

カップルの会う頻度ってどれくらい?理想のタイミングでラブラブなカップルになろう

カップルの理想的な会う頻度を探ろう!

この記事で伝えたいポイント
  • 年代別の恋人同士が合う理想の頻度
  • 男性が理想とする会う頻度と理由
  • 女性が理想とする会う頻度と理由
  • 会う頻度の希望が会わないときの対処法

つい先日デートしたばかりなのに、また会いたくなるのが仲の良い恋人同士です。

しかし、毎日のようにデートするわけにも行かず、お互いのスケジュールを照らし合わせて調整するしかないですね。

しかし、あまり疎遠になるのも、二人の気持ちが遠くなりそうで心配なものです。ここでは、一般的な恋人同心の会う頻度についてご紹介しています。参考にして、二人にとってベストなペースを見つけてください。

年代別・カップルの会う理想の頻度

恋人同士が会う頻度は、年代別によって変わってきます。

年代の違いは時間の余裕の差となるため、時間の余裕のある20代は会う機会が多くなります。

仕事が複雑になってくる30代以降は、二人の合いたい気持ちが大きくても、実際に会うことは難しくなってくるものです。結婚を考慮する年代でもあり、会いたい頻度は結婚願望の現れであることもあります。

年代別で恋人同士の会う頻度を紹介

20代と30代以降では体力も周囲の環境も大きく変わってきます。30代以降は日々のワークが優先となるため、会いたくても仕方ないと割り切ることが多くなるのです。

20代までは毎日でも会いたい

20代から20代後半までは毎日でも会いたいというカップルは多いのですが、実際には平均して週に2~3回の頻度が多く見られます。

付き合ってからの時間にもよりますが、恋人期間がまだ短いほど、会う頻度は多くなる傾向にあります。会えない日はLINEでやり取りするなど、少しでも相手の様子を知りたいという気持ちが強いころです。

20代は体力もあり、少々無理をしても恋人の時間を持ちたいというカップルが多く見られます。

30代から40代は落ち着いた関係

仕事が複雑になってくる30~40代は、恋人と会う頻度が20代に比べて減ってきます。

仕事優先の毎日となるため、月に一回というカップルも多く、お互い不満に思うこともない場合が多いのです。

恋人への気持ちが弱くなったわけではなく、安定していることもあり、20代より二人の関係が落ち着いていることもあります。

会いたくてもスケジュールが会わないこともある

仕事が忙しくなると、二人のスケジュールを合わせることが難しくなります。

仕事がうまくいかなかったり、疲れていたりするとデートどころではありませんね。特に男性は仕事をおろそかにすることができないため、女性のデートの申し出を断ってしまうこともしばしばあります。

反対に男性のほうが会わずにいられないという場合もあり、忙しい女性を頻繁にデートへ誘うケースもあります。

回数が多いから良い関係とは言えないことも

それぞれのカップルの事情もあるため、実際の会う頻度は様々です。

しかし、回数が多いから心理的距離も近いとは言い切れないこともあります。遠距離でもうまくいっている恋人関係もあれば、近くてもうまくいかない二人がいるのはこのためです。

好きだからといって毎日のように会っていると、距離が近すぎて相手の心が分からなくなることもあるのです。

程よい距離感が恋人関係に緊張感を出す

デートする頻度は多すぎても少なすぎても良くないのです。

程よい距離感を保ちつつ付き合っていくことが二人に緊張感をもたらします。恋人関係になって間もない頃の新鮮な気持ちを忘れず、気持ちを育てていくことが恋愛のポイントなのです。一時的な強い感情だけでは、恋人関係を長く保つことはできません。

恋人と長い付き合いを考えているのなら、緊張感を持てるデートの頻度を考慮してみましょう。

男女で会いたい頻度が違うこともある

男性と女性で希望のデート回数が違うこともあります。

一般的には女性のほうが頻繁に会いたいものなのですが、男性が忙しいということもあり、いつも女性の希望に答えることができません。

このため、女性が寂しい気持ちを持て余すことになってしまうのです。会いたい頻度が違うと男女間の心がすれ違うこともあり、気持ちが疎遠になってしまうのはこのためです。

男性が理想としている会う頻度と理由

男性は自分の仕事や勉強が忙しいと、そっちを優先せざるを得なくなります。

さらに、一般的に男性は心理的距離を重視する傾向があります。

このため、男性の会いたい回数は女性に比べて少なくなります。回数が少なくても彼女への思いが小さいわけではないのです。ここでは、男性が恋人と会いたい頻度についてご紹介しているので、女性の人は参考にしてください。

男性の理想とする会う頻度を紹介

男性は心理的距離を大切にするものです。仕事で忙しくて彼女と会う頻度が少なくても、割と平気な人が多いのもこのためです。仕事が忙しくてデートする暇がないという場合も多く見られます。

仕事が忙しいから数ヶ月に一度

数ヶ月に一度で良いという男性もいます。

仕事が忙しい時期は恋人どころではありません。決して彼女のことを思っていないというわけではないのですが、目の前の自分のワークをこなすことで精一杯なのです。

こういう男性は時間の経つのも早く感じ、いつのまにかデートせずに数ヶ月が経っていたという場合もあります。しかし、これでは女性が欲求不満になってしまうこともあり、他の男性へ興味が移ることもあります。

一ヶ月に数回も会えば満足

1ヶ月に2、3回会えば普通と感じる男性も多くいます。

週1回会うか会わないかのペースが自分のワークサイクルにも程よく、彼女も満足しているようなので、このペースでデートしています。

しかし彼女がどう思っているかは本当のところわかりません。もっと頻繁に会いたいと願う女性も多くいるのです。恋人のことを大切に思うのなら、彼女の希望も受け入れて会う回数を考えてみましょう。

一週間に一度休みの日に会う

一週間に一度会うのが理想的と感じている男性も多くいます。

会社員なら土日を利用することが多く、土日は休みでなくても、週一回は休みがあるという人が大半だからです。

仕事に支障がないデート回数となり、休みの日に一日中二人で過ごすことができるため、リラックスできる場合が多いのです。このため、週一回が仲の良い恋人同士のデート回数とし、てベストと感じている男性が多いのです。

休みの日はゆっくり休みたい

男性も女性も休みの日はゆっくり休みたいと思います。

決して恋人のことを忘れたわけではないのですが、日々溜まっている疲れをリセットすることが先決なのです。休みの日に会えるのはまだ良い方で、体調が悪かったり急な仕事が入ってしまうとデートは延期となってしまいます。

三十代以降の恋人に多く、年齢もあり仕事のストレスが溜まりやすくなるため、仕方のないことかもしれませんね。

会わなくても寂しさは感じない

学生と社会人でも状況は違いますか、忙しい環境に身を置いていると恋人と会えなくてもそれほど寂しさは感じないという男性が多いものです。

このため彼氏が社会人で彼女が学生という場合は、会いたい頻度がかなり違うことになります。男性はかまわなくても、女性は寂しさを感じることになるため、忙しくても男性は彼女のことをかまってあげられる余裕を持つことが大切です。

男性は会わなくても彼女を思っている

男性の会いたい頻度は女性に比べて少なくなりますが、決して彼女を思っていないわけではありません。

むしろ安定して彼女のことを考えている男性が多く、心理的距離を重視する傾向があるのです。このため男性は一回一回のデートを大切にしており、彼女への思いを高めている場合が多く見られます。

男性と女性の傾向の違いを把握して、お互いの心を思いやる気持ちを持ちたいものです。

女性が理想としている会う頻度と理由

女性は毎日でも恋人に会いたいという人が多く見られます。

ここが男性と違うところで、物理的距離を重視する傾向があるのです。物理的距離が近ければ、比例して心も近くなると言われていますが、特に女性は恋人との心のつながりを常に確かめたいという人が多くいるのです。

会えないと不安になりがちなのも女性特有の性格です。

女性が理想とする会う頻度を紹介

女性はできるだけ頻繁に恋人と会いたいものです。遠距離恋愛が苦手なのも女性に多く、会えない寂しさを埋めることが苦手という人が多くいるのです。男性との傾向の違いを把握して、彼女を思いやる気持ちが男性には必要となります。

少なくとも一週間に一度は会いたい

男性と違って女性は恋人との物理的距離を大切にします。

このため最低でも一週間に一度は会いたいと思う女性が多く見られます。男性の場合、一週間に一度は丁度良いと感じる人も多いのですが、女性は少ないと感じる人の方が多いのです。

付き合い始めなら一週間に一度では寂しく感じ、もっと頻繁に会うことを望む場合が多いでしょう。大学生など時間の余裕がある恋人なら、毎日会うという人も珍しくありませんね。

週2~3回が二人にとって理想

週2、3回会うのが理想と考える女性が多くいます。

これくらいの頻度になると、前回のデートの印象がはっきり残っているため、間の日も寂しいことはありません。男性にとっては回数が多すぎると感じる場合もありますが、女性にとってはちょうど良い回数なのです。

彼女が満足すれば恋人関係がスムーズにいくことが多く、お互いの信頼関係も生まれやすくなるものです。

数ヶ月会わないのは耐えられない

仕事の忙しい彼は頻繁に会えないと分かっています。

しかし、数ヶ月も会わないと彼の心が離れていってしまうのではないかと心配になる女性もいるのです。彼氏に会えない寂しさから、女性の方が浮気をしてしまうというケースもあります。

このため、女性がデートの回数に不満を持ち出したら、心のすれ違いが生まれることもあるのです。寂しい気持ちを押し隠している女性もいるため、男性は彼女の本心を理解するよう努めてみましょう。

毎日でも会わないと不安になる

彼女とのデートは数ヶ月に一回で良いという男性もいます。

しかし、これでは女性が寂しく不安に感じる場合が多いでしょう。女性は仕事で忙しくても、なんとか時間を工面して毎日でも恋人と会いたいと思います。会う回数の多さが心の近さだと感じているためです。

男性と女性の気持ちの違いからくるものなので、しょうがないことなのですが、男性は女性の不安を取り去るような工夫をすることが大切です。

忙しくてもかまって欲しい

男性が仕事で忙しくても、自分をかまってほしいと女性は強く思います。

女性も何かに忙しければ良いのですが、恋人中心の毎日という場合、会えないのは大変辛いことなのです。仕事で忙しくても、メールやLINEを受け取るだけで彼との心のつながりを感じてしまうものなのです。

仕事で忙しい男性は、彼女のことをほったらかしにせずに、何かしらの連絡をすることを心がけましょう。

間隔が開きすぎると浮気の可能性も疑う

毎日でも合わないと、彼氏が浮気をしてしまうのではないかと不安になります。

浮気症の彼氏ならなおさら心配となり、毎日の行動を細かくチェックしたいと思う女性もいるのです。男性は少々うっとうしく感じる場合もあり、始終見張られているという束縛感を感じてしまうこともあります。

こういう場合は、お互いの気持ちを思いやり、時間を工面して実際に会う頻度を上げることが良い解決方法です。

遠距離の恋人が自然消滅するのは女性が原因

物理的距離を大事にする女性は遠距離恋愛が苦手です。

会おうと思えばすぐ会える関係と、会おうと思ってもすぐには会えない関係は違ってくるのです。距離が遠いということは、二人にとって大きな障害と感じる女性が多いため、寂しさが大きく募るのは女性の方なのです。

このため、遠距離恋愛が自然消滅するのも女性が原因という場合が多いのです。

LINEを使えば頻繁にデートできる

会えない日もLINEやメール、電話でデートしたいと思います。

一日に一回リアルタイムでやり取りする時間があるだけで、彼とのつながりを感じることができます。特に遠距離恋愛はスマホが大切なツールとなってきます。

何百キロと距離が離れていても、チャットでやり取りするだけで気持ちがすぐそばにあると感じられるからです。LINEできる時間帯を確認して、日々の何気ない日常を伝え合いましょう。

会う頻度の意見が合わない時の対処法

様々な事情で恋人の会う頻度の希望が合わないときもあります。

だからといって喧嘩してしまうのではなく、二人にとって最適な方法を見つけてみましょう。会えないからといって二人の気持ちが冷えてしまっているのではありません。

男女の気持ちの傾向やスケジュールの都合も考慮して、心理的距離を近くしていくことがベストなのです。

二人の会う頻度の希望が違う時の対処法を紹介

会う頻度の希望が合わないのは仕方のないことです。どちらかが寂しさを感じたときに、どうするかということを話し合ってみましょう。LINEやメールをリアルタイムでやり取りするのもおすすめです。

会えない理由があることを理解する

お互いに会いたいと強く思っているのに、都合で難しい時もあります。

こんな時には会えないことを嘆くのではなく、理由があって二人が会えないということをしっかり理解することが大切です。どうしても女性は感情的になりやすいため、会えないことに我慢できないという人も多いのです。

特に遠距離恋愛や仕事が忙しい場合は、どうしようもないことなのです。冷静になって考えることで自分の寂しさを逃すこともできるのです。

一回一回デートの内容を濃くする

二人の都合により会う頻度が少ない場合もあります。こんな時には一回一回のデートを大切にしましょう。

デートの質を高めることで二人の心の繋がりが強くなることもあるのです。例えば二人でゆっくり会話する時間を多く持ったり、短い言葉でも相手を思っている心を伝えられるよう工夫してみることです。

時間に限りがあることは仕方ありません。その短い時間を有効に使えるよう二人で考えてみましょう。

スカイプなどのビデオ通話を使えば様子が分かる

会えなくてもLINEやSkypeなどのビデオ通話を使うことにより、相手の様子がよく分かります。

写真と違い、リアルタイムに動く相手を見ることによって、ふたりの心の距離が断然近くなります。

このため、遠距離恋愛にとってなくてはならないツールです。実際のデートと違い、日々のちょっとした空き時間や寝る数分前にも会話することができるため、忙しい二人の時間を無駄に使うことがありません。

他にも直筆の手紙を送るのも誠意が感じられて良いものです。

会う頻度より心のつながりを強くする

忙しい恋人同士にとって、会う頻度の希望が合わないのは仕方のないことです。

このためデートの回数より、普段の心のつながりを強くしていくことが大切です。二人の信頼関係がしっかりできていれば会う頻度が少なくても、不安になることはないでしょう。

短いLINEのやり取りでも心を十分伝えられるよう、チャットの文章を工夫してみることが大切です。顔が見えない関係だからこそ生まれる信頼関係もあるものです。

会う頻度はカップルにとって大切なこと

物理的距離が近いと心理的距離も近くなると言われています。

このため、理由はどうであれ頻繁に会うことが大切なのです。デート回数が少なくても平気な男性が多いのですが、女性の気持ちを考慮して、できるだけ会う回数を多くすることが関係をうまく保つ秘訣です。

仕方なく回数が少なくなってしまう二人は、手紙やメール、チャットを利用して、離れていても心が近くなるような方法を見つけましょう。

関連記事