彼氏・彼女

彼氏がこわい…そう感じたときの対処法やその先の解決策とは

彼氏のことをこわいと思ってしまう

この記事で伝えたいポイント
  • 彼氏のことをこわいと思う行動
  • 彼氏のことをこわいと思う言動
  • 彼氏のことをこわいと思う時の対処法とは
  • こわいと思う彼氏にしてはいけないこととは

彼氏のことがこわい…。そう思ったことはありませんか?いろいろな原因があるにしろ、彼氏のことをこわいと感じるのはあまりいいことではありません

できるならば、彼氏のことをこわいと思わずにずっと仲良くすごしたいですよね。この記事では、そんな「彼氏のことをこわいと感じる原因とその対処法」などについてご紹介していきます。

彼氏のことをこわいと思う原因:行動編

彼氏のことを思わず「こわい」と感じてしまう彼の行動にはどのようなものがあるのか気になりますよね。これを知ることにより「今まで自分が感じていた恐怖心はこわいと思って当然なんだ」と改めて理解することができます。

彼女にこわい思いをさせる男性は、決して良い男性とは言えません。それを十分に理解して考えてみましょう。

彼氏のことをこわいと思う行動とは
彼氏のことをこわいと思う行動として、暴力的であったりひとつひとつの行動が乱暴・大雑把というのがあげられます。どうしても力では女性は男性に劣る人が多いため、余計にこわいと感じるのです。

怒ったり不機嫌になるとすぐに手が出る

なにか自分の気に入らないことがあるとすぐに怒ったり、不機嫌になるとすぐに叩く・殴る・蹴るなどの手が出る行動があったりすると、すごくこわいと感じますよね。

こういった場合、被害を被っている女性は「自分が悪かったからだ」や「普段は良い人だから」など、この彼氏のこわい行動について肯定しようとします。ですが、普通の男性は大切な彼女に「こわい」と思わせるような行動はとりません。

自分の思い通りにならないと物にあたる

自分の思い通りにならないと、壁を蹴ったり物を投げたりなど、物にあたる人がいますよね。実際に自分の目の前でそんなことをされると、その音だけでもこわいですし、もしかしたら自分にも被害が及んでしまうのではと気が気じゃないですよね。

物にあたるのは、人に危害を加えていないからいいと思いがちですが、自分の感情をコントロールできていない証拠です。決していいことではありません。

外出先で見ず知らずの人にも怒ったりする

よく、外出先で見ず知らずの人にも怒ったりする人を見かけますよね。自分の気に入らないことがあると、他人にも平気で怒ったり怒鳴ったりできるのは「自分は絶対に正しい」・「自分以外はどうなってもいい」と自己中心的に考えている証拠です。

さらに、彼女のいる前でもそんなことをするのは、彼女の立場を全然考えていないのです。

車の運転が荒く遅い車などにすくキレる

普段は優しいけれど、車の運転となると急に荒く暴力的になる人は多いですよね。車の運転が荒く、遅い車などにすくキレるのはいいことではありません。

普段はそんなことないのに運転中は荒々しいのは「車という安全な乗り物の中にいるからどんなことをしても怖くない」と自然に思ってしまうからです。本来は臆病なのに自分が強くなるととたんに弱者をいじめる典型的パターンです。

ドアを大きな音を出して開け閉めする

ドアを大きな音を出して開け閉めされると、驚いてしまいますよね。大きな音を出さなくてもドアは閉められるのに、なぜわざわざそんな閉め方をするのかこわいですよね。

そんなことをされると「怒っているのかな」「何か機嫌を損ねるようなことをしてしまったのか」など、こちらが不安になってしまいます。一度そういった行動について話し合いをしてみましょう。

周りに人がいる状況でも構わず怒ってくる

自分の感情をコントロールできずに、周りに人がいる状況でも構わず怒ってくる人には恐怖を感じますよね。周りに人がいるのに大きな声で怒鳴ったり、怒ってくるのは、怒られているほうもとても恥ずかしくなるものです。

彼氏であれば、普通は大切な彼女にそういった嫌がることはできないものです。それを平気でできるのは、彼女の気持ちよりも自分の怒りたい欲を優先させている証拠です。

携帯をチェックしたり予定をしつこく聞く

自分は全く浮気などしないのに、彼氏が一方的な被害妄想で携帯をチェックしてきたり、休日の予定をしつこく聞いてくる場合は、ちょっとしたストーカー気質があります

恋人なのだから相手のことを細かく知るのは当然だと考える人もいますが、その人にはその人のプライベートがあります。そこに無理やり入っていくのは恋人でもしてはいけないことなのです。

彼氏のことをこわいと思う原因:言動編

思わず彼氏のことをこわいと思ってしまう彼の言動にはどのようなものがあるのか気になりますよね。いくら暴力などの行動が伴っていなくても、言動で相手を傷つけることは決してしてはいけない行為です。

ここでは、そんな「彼氏のことをこわいと思う言動」について見ていきましょう。言動だから仕方ないではなく、これはいけないことなんだと理解しましょう。

彼氏のことをこわいと思う言動とは
彼氏のことをこわいと感じる言動として、人を平気でけなすような暴言や悪口が頻回にあるということが主にあげられます。人を否定するようなことは、言われたほうはとても傷つくのです。

どこで何をしていたかしつこく聞く

いくらカップルだからと言って、相手の行動を細かく探る権利はありません。ですが、付き合ったとたんに「自分の所有物」だと勘違いして、自分の知らない時などにどこで何をしていたのかをしつこく聞く人がいます。

いくら相手のことが好きだといっても、これは相手のことよりも「自分の管理下におきたい」という自己中心的な考えでよくありません。

上から目線で人を見下したような発言をする

カップルというのは、年上年下・男女関係なく対等な関係であるのがベストです。ですが、彼女のことを見下して上から目線で発言をするような人もいます。

自分は何もしていないのに、普段からそんな態度で会話をされてはこわいですよね。これは、彼女を大事に思っておらず、自分のほうが上であるとわからせるための言動であるため注意が必要です。

平気で人をけなすような言葉を使う

普通に生きていれば、人を否定するような言葉や傷つけるような言葉は本人の前では言えないものです。ですが、平気で人をけなすような言葉を使ってくるような人もいます。

彼氏が彼女にそういった傷つくような言葉を平気で使ってくるのは、相手のことを考えていない証拠です。とくにこの場合、会社など他のところでは普通なのに、彼女の前では性格が変わるというパターンが多いです。

すぐに大声で暴言や汚い言葉を吐く

自分の気に入らないことがあると、感情のコントロールができずにすぐ大声で暴言や汚い言葉を吐くという彼氏はこわいですよね。彼女のことを大切に思っていれば、きちんと感情をコントロールできて怒っていても暴言を吐いたりはしません

そんなことを平気でできるのは、彼女のことを大切に思っていない証拠なのです。彼氏の言動に気を付けましょう。

言い返せないほど何度もしつこく責めてくる

ふたりで長い期間付き合っていれば、価値観が合わなかったり腹が立って言い合いになることもありますよね。ですが、けんかしたときにこちらが言い返せないほど何度もしつこく責めてくる場合は注意が必要です。

相手の意見を聞かない・言わせないように間髪いれずに責めてくるのは、自分の意見を否定されるのがこわいから・相手に負けたくないからという自己中心的な考えからくるのです。

相手や相手の周りのことを平気で否定する

誰でも、自分のみならずその周りのことを悪く言われるのは嫌ですよね。相手のことをきちんと考えることができれば、平気で相手を傷つけるようなことは言いません。

ですが、その人自身ではなくその周りのことまでも否定するような言動は、相手の全てを否定しているのと同じことです。そこまで相手のことを否定するのは、相手を屈服させようという考えからくるものです。

〇〇しないと〇〇するとおどしてくる

人を納得させるには、きちんと話し合って解決するのが一番です。ですが、〇〇しないと〇〇するとおどしてくるような解決の方法は、よくありません。

それはただ単に相手を怖がらせて自分の言いなりにさせようという考えからくるものです。自分がなにか弱みを握られている場合など、そんなことを言われたらこわいですよね。きちんと話し合いをして「やめてほしい」ことを伝えましょう。

彼氏のことをこわいと思う時の対処法は?

彼氏のことをこわいと思ったときには、実際どうすればいいのか知りたいという人も多いですよね。いざこわい場面に出くわしたときに、対処法を知っているのといないのではその後の展開も変わってきます

自分の身を守るためにも、こわいと感じたときの対処法は必ず理解しとかなければいけません。ここでは、そんな「彼氏のことをこわいと思う時の対処法」について見ていきましょう。

彼氏のことをこわいと思う時の対処法とは
彼氏のことをこわいと感じたら、まずは自分の身の安全を第一に考えましょう。こわいと感じているのに、それでも彼氏の言いなりになったりその場にい続けるのはよくありません。

彼氏に直接こわいと感じていることを話す

まず、彼氏のことをこわいと感じたのならば、彼氏に直接こわいと感じていることを話してみましょう。彼氏自身も、彼女が「こわい」と感じていることを知らずに行動しているのかもしれません。

ただ、心の中で「こわいからやめてほしい」と感じていても、それは相手には伝わりません。とにかく、最初はきちんと相手に自分がどう思っているかを伝えましょう。

彼氏の友達などにさりげなく伝えてもらう

彼氏のことがこわいと感じていても、それを素直に彼氏に言うのはつらいという場合もありますよね。それを彼氏に伝えて「状況がもっと悪化したらどうしよう」と悩んでしまうこともあります。

そういうときは、もし彼氏と自分で共通の知り合いがいるならば、その人にさりげなく伝えてもらうという方法もあります。一人で悩まずに、頼れる人にお願いしましょう。

自分の身を守るために距離を置く

彼氏のことをこわいと感じて、自分ではどうすることもできない・これ以上一緒にいると危険だと思ったときは、自分の身を守るために一旦彼氏との距離をおいてみましょう

こわいと感じているのに、無理に一緒にいる必要はありません。あなたは、あなたの思うようにすればいいのです。一緒にいたくないと感じたら、そのように本当に距離をおいてみるのも大切です。

こわい思いをさせる最低な人だと別れる

彼女のことを大切に思っている彼氏ならば、彼女にこわい思いをさせるということはありません。彼女に一瞬でもそんなつらい思いをさせてしまう人は、彼女よりも自分のことが大事なのです。

そんなときは、思い切って「この人は最低な人だ」と別れるのも一つの手です。あなたのことをもっと幸せにしてくれる人は、世の中にたくさんいるのです。

友達や周りに相談してアドバイスをもらう

彼氏がこわいと感じた時、決してひとりで悩んではいけません。まずは、友達や周りに相談してみて、アドバイスをもらうのも良い方法です。

ひとりで悩んでいても良い解決方法が思い浮かばないどころか「自分が悪いから彼氏もこわいことをするんだ」と悪い方向へ考えてしまいがちです。そのため、相談しやすい人にまずは相談して悩みを聞いてもらいましょう。

自分も彼氏に負けないくらい気を強くする

もし、彼氏がこわいと感じるけれど全然耐えられそうという場合は、自分も彼氏に負けないくらい気を強くするという方法もあります。人によっては、そこまでこわくないと周りが感じることでも「こわい」と感じてしまう人もいます。

感じ方は人それぞれなので仕方がないのですが、これを機に自分の精神も強くして彼氏のこわさに慣れてしまう方法もあります。

なぜそんなことをするのかを聞いてみる

彼氏のことをこわいと感じた時に、なぜそんなことをするのかを聞いてみるのもひとつの手です。もしかしたら、何か理由があってそういったことをしているのかもしれません。

あなたが悪いことをしてそれを誰かが注意した場合、それもこわいと感じますが理由がはっきりしていて「仕方ない」と思えますよね。それと同じで、なにか理由があってそういったことをしているのかもしれません。

こわいと思う彼氏にしてはいけないこと

実際に彼氏のことをこわいと感じているときに、彼氏にしてはいけないことにはどんなことがあるのか気になりますよね。こわいと思う彼氏にしてはいけないことを、うっかりしてしまったときはその先の展開も悪い方向に進んでしまう可能性があります。

そのため、彼氏にしてはいけないことは十分に理解しておく必要があるのです。

こわいと思う彼氏にしてはいけないこととは
こわいと思う彼氏にしてはいけないのが、そのこわいと思う行動を「仕方ない」と許してしまうことです。自分がいけないから彼氏がそんなことをするんだと思ってしまうのは絶対にいけないことです。

彼氏のことをけなしたり否定する発言をする

彼氏のことがこわいと感じたからといって、それに対抗して彼氏のことをけなしたり否定する発言をするのはよくありません。それだと、あなた自身も彼氏にこわいと思われてしまいますし、彼氏のこわさが余計に悪化してしまう可能性もあります。

まずは、頭ごなしにけなしたりするのではなく、話し合いで解決するようにもっていきましょう。

自分が悪いと思い込み彼氏に謝りまくる

彼氏がこわいときに「自分が悪いんだ」と思い込み、彼氏に謝りまくるのは決してしてはいけないことです。もし本当に自分に非があって彼氏が怒っているのならば別ですが、そうでない場合は自分のことを否定するのはやめましょう。

そうしてしまうと、どんなことがあっても「彼氏は悪くない、自分が悪いから仕方ないんだ」と感覚がマヒしてしまいます。

なんでも彼氏の言う通りにして機嫌をとる

彼氏がこわいからと、なんでも彼氏の言う通りにして機嫌をとるのはやめましょう。それでは、完全に上下関係が出来上がってしまい、彼氏がエスカレートしてしまいます。

それでは、カップルではなく都合の良い人になる可能性もあります。そのため、なんでもかんでも彼氏の言うことを聞くのではなく、きちんと自分の意見も言えるようにしましょう。

暴力にさらに暴力暴言で反抗する

もし彼氏に暴力をふるわれてしまった場合、ついカッとなって暴力にさらに暴力・暴言で反抗してしまうこともあるかもしれません。ですが、それをしてしまったら彼氏と同等になってしまいます。

まずは反抗せずに冷静になって考えましょう。冷静になれない場合は、一時的にその場から離れることが大切です。自分の身を一番に考えましょう。

力で敵わないと物を投げたりして攻撃する

あまりにも頭にくると、力で敵わない相手には物を投げたりして攻撃してしまいそうになりますよね。ですが、それだと後々後悔してしまうこともあります。

投げてしまった物の修復や片付けなども大変ですし、物は時に手や足よりも凶器になる恐れもあります。そのため、まずは冷静になって落ち着きましょう。その場で無理なら一旦離れましょう

暴力暴言を素直に全て受けとめる

彼氏に暴力・暴言をふるわれた時、それを素直に全て受けとめてしまいそうになることもあるかもしれません。ですが、それは受け止めなくてもいいものです。

暴言は、あなたをいかにしてけなすか考えて言っていることなので真に受けるのはやめましょう。暴力についても、身の危険を感じたらすぐにその場から離れましょう。決して受ける必要はないのです。

じっくり付き合い方を考えてみよう

彼氏とは、本来一緒にいて楽しい存在です。それなのに怖いと思ってしまうのは、何か対策を考えなければいけません。

怒られるのが怖い・彼氏がヤンデレ気質で怖い・別れてくれないから怖い・○○して欲しいけど怖いので何も言えない・など、怖いと感じる原因は人によって違います。

自分は彼氏の何に怖いと感じているのかをきちんと理解して、早期に解決策を考えましょう。

関連記事