カップル

年の差カップルの恋愛!女性が年上のメリット・デメリット

女性が年上の年の差カップルの恋愛とは?

この記事で伝えたいポイント

・年上女性にはどういう魅力があるのか?

・歳の差カップルはどういうきっかけで付き合う?

・女性が年上だとどういうメリットがある?

・年上女性と付き合うときに注意することは?

最近15歳以上の年の差カップルってよく聞きますよね。芸能ニュースでも、15歳と言わず20歳30歳と、親子くらい年が離れたカップルが多いです。

女性が10歳以上年上のカップルはあまりいないという印象ですが、実際には同じくらいの割合で女性が年上のカップルもいます。女性が年上のカップルの恋愛はどういうものなのでしょうか。

年上女性の魅力・特徴

自分より年上の女性に惹かれる男性は多いですが、年上の女性には年下の女性、同い年の女性とは違う、どういった魅力や特徴があるのでしょうか。

年上とは思えない無邪気な笑顔、世話を焼いてもらった、甘えさせてくれた、予想外のギャップを目撃した、年上なのに甘えられたなど、年上の女性の魅力や惹かれる特徴について解説していきます。

年上女性が好きな男性の特徴は?

年上女性が好きな男性は、マザコン気味であることが多く、そのため甘えたがりでわがままなことが多いです。相手に何かをしてあげたいよりもしてもらいたいし、一緒にいても刺激よりも安心感が欲しいと考えます。

無邪気な笑顔

自立した年上の女性は、あまり声を出して笑ったり口を開けて豪快に笑うイメージはないですよね。笑わないわけではなく、静かにほほ笑むというイメージでしょうか。

そんな年上の女性が普段の笑い方とは違い、素で子供のように無邪気に笑っている姿は、とてもかわいらしく見えるものです
その無邪気な笑顔を独り占めしたいと思ってしまいます。

面倒見がいい

年上の女性は面倒見がよく、世話焼きな人が多いです。ちょっとしたことでは動じない安定感もあり、そんな年上の女性から世話を焼かれると、男性は素のまま甘えられるし頼りにもします

男性は母親を特別大事にしていますから、年上の女性の面倒見がいいところや世話焼きなところを自分の母親と重ねてしまうところがあるのです。

甘えさせてくれる

男性は基本的に母親を特別大事にしています。辛いときや疲れたときに話を聞いて欲しい、甘えたいと思う気持ちが高まります。そのため、こういうときに無条件で甘えさせてくれる年上の女性に惹かれるのです。

年上の女性は年下の男性より何年か分の経験があるので、男性のプライドを傷つけることなく自然に甘えさせてくれ、安心感を与えてくれます。

予想外のギャップ

年下の男性から見ると、年上の女性は社会人として、ひとりの人間として、しっかりとしていて自分というものを持っていると思っています

そんな女性が不安げにしていたり寂しそうであったり、ちょっとした段差でつまづくなどドジなところを見てしまうと、かわいい、こんな一面があったのかと一気に興味を持つきっかけになるのです。

たまに甘えてくれる

普段は年上の余裕で甘えさせてくれる側の年上の彼女ですが、そんな彼女にも話を聞いてもらいたいことや辛いことはありますよね。たまにでも、そういうときに甘えてくれると年下の男性は喜びます

男性は甘えれくれ、頼ってもらえることに喜びを感じる生き物です。普段は甘える側でも、たまに甘えてもらえると嬉しいものなのです。

年の差カップルの付き合うきっかけはどんなとき?

年の差カップルは今どき珍しいものではなくなりましたが、付き合うことになるきっかけにはどういったことがあるのでしょうか。

職場が同じで仕事を通じて、兄や姉の友人、行きつけのバーや居酒屋の常連同士、カルチャースクールや習い事が同じ、生徒と先生としてなど、年の差カップルが付き合うきっかけについて解説していきます。

歳の差カップルが別れてしまうのはどんなとき?

歳の差カップルが残念ながら別れを迎えてしまうきっかけとなるのは、結婚を決めて周りに報告したときに反対されてしまい、お互いの関係がぎくしゃくしてしまったためということが多いです。

職場が同じ

社内恋愛が禁止の会社もありますが、職場が同じで仕事を通じて知り合い付き合うことになるというのは定番ですよね。それは年の差カップルも同じです。

企業に勤めていなくても、ひとりっきりで常に仕事をしている人は少ないでしょう。打ち合わせや仕事関係のパーティーなどで年の離れた人と知り合うきっかけはあるものです。

兄や姉の友人や幼馴染

兄弟間の仲が良ければ、兄や姉の友人とも顔を合わせる機会は多いでしょう。兄や姉の友人と仲良くなり、その関係が恋愛に発展することも珍しくありません。

同じく年の離れた幼馴染と恋愛関係になることも考えられないことではないですよね。家族ぐるみでの付き合いがあるため、年齢の差というものをあまり意識することもないのではないでしょうか。

行きつけのバーの常連同士

行きつけのバーでの常連同士だと顔を合わせる機会も多く、会話を交わすことも少なくないでしょう。友人たちと一緒にいるときよりも、お互い一人でいるときのほうが声をかけやすいですよね。

初めて入ったバーで好みの年上の女性や年下の男性に出会って、相手が常連だと知り自分も通うようになったというパターンもあります。

カルチャースクールや習い事

カルチャースクールや習い事など、さまざまな年代の人たちが集まる場所が出会いのきっかけになることは多々ありますが、カルチャースクールや習い事などで知り合うと、興味のあることや趣味が一緒なので、仲良くなれる確率も高いです。

特に上下関係もない場なので、年の差があってもフランクに付き合えるという特徴があります。

生徒と先生

高校生と先生が恋愛関係になることは、ドラマのようですが珍しい話ではありません。ただ卒業までは関係をひた隠しにしないといけないのがつらいところです。

大学生になると、教授や准教授との恋愛はよく聞く話です。大学生から一人暮らしを始める人もいるので、今までよりも自由な恋愛ができるようになったことも関係しているようです。

女性が年上のときのメリット

付き合うときに、男性が年上の場合もあれば当然女性が年上の場合もありますよね。年上と言っても同年代の範囲内の年上から、親子ほど年が離れている場合もあります。

聞き上手、自立している、包容力がある、仕事に対して理解がある、多くを求めないなど、付き合っている女性が年上のときのメリットについて解説していきます。

女性が年下のときのメリットは?

付き合う女性が年下の場合は若さそのものがメリットだと言われることが多いですが、自分のことを信頼して頼ってくれるということが一番嬉しいようです。

聞き上手である

年上の女性は、男性の話にタイミングよく相槌を売ったり、適度に言葉をはさんだり、わかりやすくリアクションしてくれたりと聞き上手なので、男性は気分よく話ができます

年上の女性は自然と聞き上手に振る舞えます。しかし、これは年上年下関係なく男性に喜ばれますが、おしゃべりが好きな男性にとっては理想の女性といえるでしょう。

自立している

女性が年上だと、精神的にも経済的にも自立しているため、男性に依存することはあり得ません。自立しているので、結婚するにしても専業主婦になりたいなんて男性ありきでの結婚願望はないのです。

結婚までは考えていないときでも、仕事を辞めないといけないということがあっても、彼女がきちんと自立しているというのは安心ですね。

包容力がある

ミスをしないように、したくないとがんばっていても、どうしてもミスをしてしまうことはあります。そんなとき「何やってるの!」「また失敗して!」などときつく言われてしまうと、立ち直れないかもと思うくらい落ち込みますよね。

「そういうこともある」「大丈夫」と、優しく包み込んでくれる年上の女性の包容力はとても魅力的です。

仕事に対して理解がある

仕事が忙しい男性と付き合っているとついつい「仕事と私とどっちが大事なの?」と言いたくなりますよね。実際言ってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、年上の女性は自分も仕事を大事にしていることから、男性が仕事を大事にしているということもきちんと理解しているので、「がんばってね」と快く仕事に送り出してくれます。

多くを要求しない

デート代を出す、家まで送る、デートプランを考える、荷物を持つなど全て男性がして当たり前だと思っている人が思いのほか多いです。

年上の女性は男性を立てることを知っているので、男性が居心地がいいと思っているかどうかを考える余裕を持っています。何かをしてもらっても当たり前だとは思わないし、多くを求めません

デメリットも?女性が年上のときに注意すること

年上の女性と付き合う場合のメリットを見ると、年下や同年代の女性の魅力がかすんでしまいそうなほど男性にとっては魅力的ですよね。

しかしメリットがあるなら当然デメリットもあります
子供扱いされる、話題が合わない、親に反対される、デート代の支払いに悩む、出産のリミットが近いなどデメリットを解説していきます。

年上の女性の面倒なところは?

一般的に男性と女性では女性のほうが年を気にする人が多いですよね。それに加え付き合う男性のほうが年下だと、自虐的に「もう年だから」と言ってしまいます。最初はいいですが、回数が重なると面倒だと思われてしまいます。

子供扱いされる

年の差がいくつかにもよりますが、その差が大きければ大きいほど子供扱いされることがあるという悩みが出てくるでしょう。

男性を本当の意味で子供だと思っているわけではありませんが、年上の彼女に頼り切って甘えている男性からすれば、反論はできないしプライドも傷つけられてしまい関係が悪いほうにしかいかなくなってしまいます。

話題が合わないこともある

男性が年上でも起こりうる問題ですが、年上の女性と付き合っていると話題が合わないということがたびたびあります。いくつ差があるかにもよりますが、年の差が大きいほど話題が合わないということが増えていくのです。

しかし話題が合わないことがあるというだけで、お互いの話力によって会話も弾むようになるので問題はなくなります。

親に反対される

よほどのことがない限り、付き合っている以上はその延長線上に結婚がありますよね。しかし女性のほうが年上の場合、少しの差でも女性のほうが年上だというだけで親に反対されることが多くなります

結婚は自分たちだけでするものではありません。親に反対され、その反対を押し切るとその後の嫁姑問題にも発展する可能性もあるのです。

デート代の支払いに悩む

年上の女性と付き合うデメリットとして、デート代の支払いをどちらがするかということに困るということが挙げられますが、これは長く付き合っていくにつれ、軽視できない問題になっていってしまいます。

女性にも年上だしという世話焼きな面もあり、男性にもリードしたいというプライドもあるので、話し合っておくのがいいでしょう。

出産のリミットが近い

年上の女性と付き合うことで一番のデメリットは、出産のリミットが近いということを挙げる人が多いです。晩婚化が進んでいて高齢出産が当たり前になりつつありますが、出産の適齢期というものは昔からそう変わりません。危険度が増すのです。

女性の年齢にもよりますが、出産を考えるならきちんと話し合わないといけませんね。

素敵な年の差カップルは沢山いる

最近は美魔女と言われ、見た目の年齢がわからない女性が多くなり、さほど年の差を感じることなく付き合うことができるようになりました。あまり知られていませんが、女性のほうが年上の素敵なカップルはたくさんいます。

埋められないデメリットもありますが、それはお互いが真剣に付き合っていれば話し合い乗り越えられるでしょう。

関連記事