カップル

喧嘩しないカップルは別れやすい?恋人関係を長く保つには!

喧嘩をしないカップルの付き合い方とは

この記事で伝えたいポイント
  • 喧嘩のないカップルの共通点
  • 喧嘩のないカップルのメリット
  • 喧嘩のないカップルのデメリット
  • 喧嘩をしないカップルになるには?

喧嘩をしないカップルはいません。

恋人でも夫婦でも相手への不満は必ず積もってくるものですね。このときにどういう風に相手へ伝えるかで、大きな喧嘩へ発展するかどうかが決まってしまうのです。

喧嘩しないカップルは争いが起こりそうになったら、うまく収める方法を心得ています。一方、冷め切っているカップルでも喧嘩しないことが多くあり、冷戦の末別れてしまうこともあるのです。

喧嘩をしないカップルの共通の特徴

喧嘩をしないカップルには共通点があります。

全く相手へ不満のない恋人はいませんが、不満を喧嘩にさせないコツを心得ているのです。二人のいざこざのパターンが出来上がっているカップルは、仲たがいの際にもすぐ収まりやすく、不満もためないため長続きします。

一方、関係が破綻しているカップルも喧嘩しないというという特徴があり、静かな争いが常に続いている場合もあります。

喧嘩をしないカップルの共通点を紹介

喧嘩をしないカップルは相手への不満がないというわけではありません。喧嘩が大きくならないような工夫をしたり、どちらかが我慢したりと絶妙なバランスtを保っているのです。

付き合いだして一年以内である

付き合ってまだ一年以内のカップルは相手への不満も少なく、恋人の良い部分しか見えていないこともあります。

まだ初々しい気分での付き合いで、大きな喧嘩になることもありません。

たまにふざけて喧嘩のフリをすることはありますが、深刻な問題につながるような争いはなく、周りから見てもいつも仲の良い二人というイメージがあります。

頻繁に会いすぎない

仲の良い恋人だからといって、毎日のように会っていると馴れ合いすぎてしまい、喧嘩しやすくなるものです。

このため、頻繁に会うと一時的には幸せですが、長期の付き合いが続かないこともあります。

この加減が難しいのですが、つかず離れずという関係がポイントで、二人にとって気持ちを保っていける程度のデート回数がおすすめです。

相手を束縛しない

やきもち焼きの人は恋人を束縛してしまう傾向があります。

特に浮気については厳しく制限している人も多く、異性と話すだけで不満を持つという人も多いのです。しかし、束縛される側は窮屈で、行き過ぎたやきもちは人間関係を狭くしてしまうこともあるため、良い気分ではありませんね。

相手を束縛しすぎないことも、恋人関係をよくするポイントです。

恋人と程よい距離感がある

恋人と野距のとり方がちょうど良い具合です。

デート回数だけではなく、LINEの回数、電話の回数など日常のやり取りに節度を持っています。

あまり離れすぎても、気持ちがなくなるし、距離が近すぎても息がつまりそうになります。このバランスがよいため、相手への不満自体がたまりにくく喧嘩にもなりにくいのです。距離感のある恋人関係はバランスが難しいのですが、どちらかのリードによりうまく導くことも出来ます。

どちらかがすぐ折れる

喧嘩をしてもどちらかがすぐ謝ってしまいます。

どちらも我を張りとおすと、長期戦になることを知っているため、どちらかが早めに手を打っているのです。

誤られたほうは自分が勝利したと思っているのですが、実は相手にうまくコントロールされているという場合もあるのです。恋人同士は、喧嘩してもどちらかが折れることですぐ元通りになるものです。

小さい言い争いはある

喧嘩はないといっても、ごく小さな言い合いは日常であるものです。

これがあることで大きな喧嘩の防止にもなっており、お互いのストレス解消につながっているのです。小さい口げんかは恋人同士のコミュニケーションの一部です。

会話の多い二人ほど小さないざこざはあるものですが、長期に渡って仲がよく良好な関係を保っているという場合が多く見られます。

冷め切っている

喧嘩のないカップルは恋人関係が冷え切っていることもあります。

会話自体がないため喧嘩にもなりません。仲の良いカップルとは違って、仲が悪いから喧嘩しないため、周囲にも険悪なムードが伝わるものです。

冷めた夫婦の場合はうっかり喧嘩してしまうと収集が付かなくなり、離婚に至る可能性もあるため常に緊張感が漂っていると感じられます。

たまに大きな喧嘩をしてしまう

いつも仲の良い恋人同士のようですが、たまに喧嘩をすると派手な争いになってしまうこともあります。

これが予想できるためお互いに気を使っており、出来るだけ喧嘩を避けるように工夫しているのです。派手に喧嘩したときは修復するのが難しく、別れることになる場合もあるのです。

仲の良い恋人も、実はストレスが溜まっていることの現われかもしれませんね。

喧嘩をしないカップルのメリット

喧嘩をしないカップルの利点をご紹介します。

仲の良いのは良いことですが、喧嘩のないようにお互いが気を使い合っていることもあるのです。周辺が明るくなるのも大きなメリットで、夫婦の場合は子供も嬉しいですね。

恋人の場合は、スムーズに結婚できることもあり、将来をともに出来る相手として考えられます。恋人と長く付き合って行きたいのなら、恋人への不満のやり場を考慮してみましょう。

喧嘩をしない恋人のメリットを紹介

喧嘩をしない恋人同士の一番のメリットは周辺の人へ迷惑にならないということでしょう。夫婦なら夫婦喧嘩がないため家庭円満になりやすいことです。恋人でも周囲が険悪になりません。

周囲から見て平和である

喧嘩をしないカップルは周りへの害もなく、周辺の雰囲気が悪くなることもありません

男女の喧嘩は周りの人々へ影響を及ぼすこともあるため、険悪になることもあります。喧嘩をしないように努めているカップルは周辺のことも配慮して、なるべく衝突を避けていることも考えられます。

特に夫婦の場合は家庭の雰囲気もあるため、毎日努力している場合が多くなります。

喧嘩へエネルギーを使わない

喧嘩は疲れてしまいます。

男女のいさかいは大きなエネルギー消費につながるため、仲良くするようにしておくと無駄なエネルギーを使わないで済みます。

社会人の男女で結婚を視野に入れているというカップルは、恋人との喧嘩が明日の仕事に影響を出さないために気を使っていることもあるのです。このため、いさかいはよっぽどのことがなければしないという恋人もいるのです。

結婚しても夫婦喧嘩をしない

恋人時代から喧嘩のないカップルは、結婚しても仲良くできるよう日々努めることができます。

小さな言い合いはありますが、大きな衝突を避けるように心がけているため、仕事や日常生活に影響を与えるということがありません

結婚は生活をともにしていることから衝突しやすいものですが、適度な距離を持って相手と接するようにするだけで、喧嘩を防ぐことが出来ます。

家庭内が明るい

夫婦喧嘩のない家庭は、明るい雰囲気を保つことが出来ます。

家族人数が多いと中心となる夫婦仲は家庭へそのまま影響するため、迂闊に喧嘩できないことを考えています。家庭内を平和に保つために争いのない夫婦を演じていることもあり、男女関係の都合だけでは振舞えないのです。

このため夫婦にはストレスが溜まりますが、他の家族には大きなメリットとなるのです。

ストレスが少ない

恋人間の喧嘩がないよう、相手への不満をためないようにします。

不満が少ないとストレスもなく、さらに恋人同士の喧嘩にならないという好循環に入ります。

相手への不満は誰にでもあるものですが、うまく逃すようコツを心得ているため、喧嘩につながらないのです。恋人間の不仲は心全体に影響することも多く、日々のやる気を失わせることもあるため、争いはないほうが良いのです。

喧嘩しないように相手へ不満を伝えられる

相手へ大きな不満を持ったとしても、不快感のないよう改善することを願い出ます

こうすることで、言われたほうも素直に受け入れることが出来るため、大きな喧嘩になることはありません。日々の不満は出来るだけその日のうちに解決することも大切で、小さな不満をためると大きな不満へと変わることもあります。

恋人が受け入れてくれるような言い方を身に着けることで、喧嘩のない関係を築くことが出来るのです。

お互い我慢強くなる

お互い喧嘩をしないように努めると、知らずに我慢することを覚えます。

ちょっと気に入らないことがあっても、こらえることで喧嘩にはなりません。ストレスがたまらない程度に我慢することも大切です。

もしストレスが溜まったら、仕事などのストレスと一緒に、うまく発散させましょう。人間関係のストレスは気にしすぎるとよいことがないため、あまり相手へこだわりすぎないことも大切です。

長い付き合いが出来る

喧嘩をしないように努めると、結婚を前提の長い付き合いをしていくことが出来ます。

結婚は相性もありますが、喧嘩をしないように関係を調整できることも条件の一つです。数年で別れるカップルは喧嘩をうまく収めることが出来ないため、結果的に大きないざこざを招いてしまうのです。

感情のままに争っていると、長く付き合っていくことは難しく、結婚したとしても毎日のように喧嘩してしまうのです。

喧嘩をしないカップルのデメリット

喧嘩するほどに仲がよい、とはよく言いますが、全く喧嘩のない男女関係はデメリットもあるものです。

相手への不満を抱え込んでしまうため、後々大きく爆発してしまうことも考えられます。夫婦なら熟年離婚になることもあり、二人の我慢強さが喧嘩を抑えていることもあるのです。

溜まったストレスはどこかで発散しないと、さらに相手への不満は大きくなっていくのです。

喧嘩をしない恋人のデメリットを紹介

喧嘩をしないカップルは一見仲がよさそうですが、実は相手への不満が大きく溜まっているという場合が多いのです。普段は平穏なようですが、いったん争いになってしまうと大きないざこざになることもあります。

たまに喧嘩するとどうしてよいか分からない

滅多に喧嘩しないと、仲直りの仕方が分からないため戸惑ってしまうカップルもいます。

しょっちゅうしていると、喧嘩自体に慣れてしまうことより修復方法も覚えてしまうこともあります。

喧嘩はしないほうが良いのですが、一度してしまうとしばらく元に戻れないこともあるため、二人にとって別れを考えるきっかけになりかねない大きなイベントになってしまうのです。

本音を言い合わない

相手へ言いたいことはあるのですが、喧嘩を意図的に避けるため本音をぶつけ合うことがありません。

我慢も大切ですが、信頼関係を築くにはある程度自分の本心を伝えることが必要です。本音を言い合わないことで争いは起こりにくいのですが、二人の関係が深くなっていくことは難しくなります。

喧嘩をしないように気をつけながら、本音を言い合って話をすることも大切です。

会話自体がない

相手への不満がたまらないのは、男女間の会話自体がないこともあります。

倦怠期の恋人や夫婦によく見られ、相手への興味が減ってきたことから話すことがめっきり減ります。

だからといって別れるというのではなく、なんとなく惰性で付き合っているカップルがほとんどなのです。喧嘩をするのは普段の会話が多いことの現われで、仲の良いカップルということも考えられます。

心のすれ違いが多い

喧嘩をしないように努めるあまり、恋人へ心を開くことがなくなります。

このことで心のすれ違いが感じられることもあり、二人の間に溝が出来ることもあるのです。喧嘩をしても勝敗は決まっているという場合も、無駄な争いを避ける傾向にあります。

また喧嘩もありませんが、心の交流もないという男女関係にもなりやすく、他人のような恋人になってしまうこともあります。

不満が態度に出てしまう

激しく言い合うということは避けますが、お互いへの態度で不満を示します。

こうなるとかえって険悪になることもあるため注意が必要です。意図的に恋人と会うのを避けたり、顔を合わせても無視したりと停滞感が周囲にも伝わってきます。

夫婦の場合は他の家族が嫌悪感を抱くことも多く、物を言わない夫婦喧嘩となることもあります。

家庭内が緊張している

夫婦喧嘩がないのは平和のようですが、夫婦関係が冷め切っていることもあるため、家庭内がぴりぴりしてしまいます。

子供がいる場合は悪い雰囲気を敏感に察知するため、元気がなくなることもあります。二世帯同居なら、他の夫婦が気を使ってしまうため、全体が良い雰囲気にはなりません。

関係を良好にする程度の小さな喧嘩は、夫婦間の潤滑油となることもあります。

ストレスがたまる

相手に不満をぶつけないと、少しずつストレスが溜まります。

仕事や勉強のように努力すれば解決するというものでもなく、男女関係は出口のない迷路のようなはっきりしない問題なのです。

溜まったストレスはどうすることも出来なくて、知らない間に大きくなりやすく発散させることが難しくなります。突然相手が起こってきたら、ストレスの限界が来たことの現われなのです。

熟年離婚の可能性が高い

夫婦で長年喧嘩をしないように努力してきたカップルは、熟年離婚してしまうといったケースも多く見られます。

最近特に多くなってきている問題で、長期に渡る男女間の溝を埋めることが出来ない場合、離婚に踏み切る場合が多いようです。

女性が我慢するケースが多く、突然奥さんから離婚を宣告される男性がいるため驚いてしまいます。

喧嘩をしないようにしているカップルの秘訣は?

恋人同士が喧嘩をしないためにはコツがあります。

相手との程よい距離を保ちつつ、不満があればその都度相手に伝えることがポイントです。不満の伝え方を工夫することも大事で、同じ内容の言葉でも相手を説得できるセリフがあるものです。

長期に渡って仲の良いカップルは、良い関係を保つよう努力もしており、お互い様という気持ちをどこかで持っているものです。

喧嘩のないカップルになる秘訣を紹介

恋人と喧嘩をしない秘訣は、相手を説得できる術をどちらかが心得ているということです。ほかにも男女関係はどちらかが悪いということがなく、常にお互い様という気持ちを持つことも大切です。

お互い歩み寄る

男女間の喧嘩は両成敗が多く、どちらが悪いということもない場合が多いのです。

些細なことをきっかけに、普段の不満をぶつけ合うこともあり、元の喧嘩の原因が何だったのか忘れてしまうこともあるでしょう。こんな喧嘩が多いなら自分の我を通すことはせず、双方が歩み寄るといった姿勢を見せることで、簡単に解決できることもあります。

不満の伝え方を工夫する

相手に不満を持ったとしても、怒らせないように伝える工夫をすることも大切です。

自分の行いの問題を本人が納得できるよう、うまく説明することで相手を感情的にさせないことが出来ます。

長く付き合っている恋人同士なら、このパターンが出来上がっていることもあるため、お互いの不満が喧嘩の種にならないのです。恋人の性格を考慮して、不満をうまく伝えてみましょう。

干渉し過ぎない

相手に干渉しすぎると、反発を買ってしまうこともあります。自分が干渉されることを想像してみると、あまり良い気分でないことが分かるでしょう。

相手を気にしすぎないことで、不満を持つことも少なくなり大きな喧嘩にはなりません。

あまり細かいことまで注意されると、嫌気がさしてしまうこともあります。結婚を視野に入れた長い付き合いを希望しているのなら、おおらかな気持ちで相手と接することも必要です。

お互い様という心を持つ

もし激しく相手と言い合ったとしても、少し時間を置くことで自分の欠点も見えてくることもあります。

少し言い過ぎたと感じることもあるでしょう。恋人も同じことを感じている場合もあり、相手へ申し訳ないという気持ちが出てくることもあるのです。

常にお互い様という心を持つことで、相手に自分の欠点を許してもらいやすくなります。

ゆるく長く付き合う

結婚前提の付き合いをするカップルなら、ゆるい付き合いを心がけることも長く良い関係を保つことのポイントです。

あまり最初から熱々で飛ばしすぎると冷めるのも早く、早い時期に破局してしまうことも多いのです。

最初のころはテンションもあがりやすいのですが、しばらくすると落ち着いてきます。相手の性格を知り尽くし、喧嘩にならないようやり取りを工夫することも必要です。

相手へ思いやりを持つ

普段から恋人へ思いやりを持つよう心がけます。

相手との信頼関係を築くには大切なことで、恋人の立場も考慮することにより争いも最小限に収まることもあるのです。

恋人が自分の意見を言いやすいようにしてみるのも大事なことで、本音を気軽に言い合える関係にしておくことも、ストレスをためないコツです。相手と良好な関係を保つことは難しいのですが、恋人の性格も考えて良いコミュニケーションを取れるよう工夫してみましょう。

喧嘩は悪いことではない

喧嘩のないカップルについてご紹介しました。

喧嘩しないのは良いことですが、本音を言い合えないため、知らない間に関係が悪化している場合もあります。夫婦ならこれが積もり積もって突然離婚を言い渡されたり、恋人なら浮気をされたりすることもあるのです。

お互いの理解を深めるために、たまには喧嘩することも、真に仲の良い恋人同士といえますね。喧嘩しても修復できるような方法をあらかじめ考えておくことで、ストレスなく思い切り喧嘩できます。

 

関連記事