彼氏・彼女

年上の彼女がほしい!憧れの女性と付き合える方法とは

頼もしくてオトナな年上彼女が欲しい!

この記事で伝えたいポイント

・年上彼女と付き合うメリットとはなにか
・年上彼女と付き合って不安なことはなにか
・年上彼女と付き合ってうまくいく男性の特徴とはなにか
・年上彼女を作りたいならどうするべきか

頼もしくてオトナな年上彼女が欲しいと思うことってありますよね。頼りになり人生経験も自分より豊富な女性には、なにかと魅力が感じられるものです。

そんなオトナな年上女性と出会うにはどうしたらいいのか気になりますよね。この記事では、そんな「頼もしくてオトナな年上彼女」がどうすればできるのかをご紹介します。

年上彼女と付き合うメリットとは?

年上の女性に憧れるとはいえ、年上彼女と付き合うメリットとは何かをきちんと知っておくことが重要です。それを知っておくことにより、年上女性とさらにより良い関係を築いていくことができます。

年上の女性と付き合うことは男性にとっても多くのメリットがあります。ここでは、そんな「年上彼女と付き合うメリットとは何か」を見ていきましょう。

年上彼女と付き合うメリットとはなにか
年上の女性は、自分よりも人生経験が豊富で精神年齢も大人です。そのため、一緒にいて安心できて頼れることがメリットなのです。

精神年齢が高いため男性を束縛しない

精神年齢が高いため男性を束縛しないということは、年上彼女と付き合うメリットです。女性は男性と比較して、異性を一途に好きになる傾向があり、どうしても自分の手の届く範囲においておきたいという束縛したい気持ちが出てきます。

しかし、年上の女性は精神年齢も高く心の余裕があるため、年齢が幼い女性に比べて男性を束縛しない傾向にあるのです。

人生経験が豊富なので頼りになる

人生経験が豊富なので頼りになるというのは、交際するうえでとてもプラスになることです。自分よりも年上であれば、自分よりも先に人生のステージを超えていることが多いです。

そのため、自分が今の人生でつまづいていたり悩みがある場合は、それを経験してきた人の意見はとても貴重となります。そしてそれが恋人であれば、いつでも悩み相談ができ、自分にとってとても有益な交際となるのです。

気を使わなくていいため自分を出せて楽

気を使わなくていいため自分を出せて楽だというのは、交際していくうえでとても重要ポイントです。

自分よりも年下の女性ならば「自分がしっかりとリードをしないといけない」と思いがちですが、年上の女性は頼れる存在のため、そこまで男性らしくいなくとも困ることがないのです。

こういったことから、無理をして頑張ることなく自分の素を出せるような関係性になり、とても気楽で心から楽しいと思える交際ができるのです。

たまに甘えてくるときのギャップが魅力

普段はしっかりしているのに、たまに甘えてくるときのギャップが見れると可愛いですよね。年上の女性は、年下に対して「しっかりとした年上の自分」を演出してくることが多くあります。

ですが、交際相手にはたまには甘えたいと誰もが思うことです。そのため、普段はしっかりしているように見えても、たまに甘えてくる姿がとても可愛く見えるときがあります。その姿を見れるのが、年上女性と付き合うメリットとなるのです。

年代の違いによって視野が広がる

年代の違う人と付き合うことによって視野が広がるというのは、とてもメリットとなります。同じ年代同士で話せば、価値観や考え方が似たり寄ったりで得られることが少ない場合があります。

しかし、年が違う人と付き合うことにより、今まで考えられなかったような価値観や考え方を知ることができるのです。それは、自分の視野を広げることにつながり、とても有益となります。

年上彼女と付き合って不安なことは?

年上彼女と付き合って不安なことは何か気になりますよね。誰かと付き合うということは、どうしてもメリットばかりを見ているわけにはいかず、きちんと不安と向き合うことも重要なのです。

ここでは、そんな「年上彼女と付き合って不安なことは何か」を見ていきましょう。これを知ることにより、解決策も考えることができて、今まで以上に年上女性とよりよい関係を築いていくことができます。

年上彼女と付き合って不安なことはなにか
年上の女性と付き合うことには、不安なこともつきものです。女性と男性ではそれぞれの年齢の危機感が違うため、その差が不安要素を大きくしていきます。

女性の年齢によっては結婚を急かされそう

女性の年齢によっては結婚を急かされる可能性があります。まだ自分が結婚を考えていない場合はどうすればいいか不安ですよね。女性は男性とは違い、妊娠・出産に年齢によるタイムリミットがあります。

そのため、男性よりも結婚を現実的に考える傾向があるのです。このことから、結婚適齢期の女性と交際した場合は、いくら男性側がまだ若く社会的地位が低くても女性のほうから結婚を急かされる可能性があるのです。

彼女より収入や地位が低くコンプレックスに

年上の彼女より男性側が収入や地位が低いという場合はとても不安要素となり、それがコンプレックスになってしまう可能性があります。

男性はどうしても「女性をリードしていきたい」と考える人が多く、また逆に女性は「男性にリードされたい」と考える人が多いのです。そのため、女性よりも男性のほうが年収や社会的地位が低い場合は、お互いに気まずくなる可能性もあるのです。

若い女性が羨ましいと思ってしまう

若い女性が羨ましいと思ってしまうのではないかと不安になることもありますよね。若さはどうしても魅力のひとつとなります。若さゆえの可愛らしさや行動力など、どうしても年上の女性には求められません。

ですが、年上には年上のよさがあります。ないものねだりで考えるのではなく、その人自身の良いところを見るようにしましょう。

年上彼女と付き合ってうまくいく男性の特徴とは?

年上彼女と付き合ってうまくいく男性の特徴とは何なのか気になりますよね。それを知ることによって、自分がどう変わればいいのかがわかり、今まで以上に年上の女性とよりよい関係を築くことができるのです。

その特徴を知ることで、今の自分に足りないことは何なのかや改善すべき点も見えてきます。ここでは、そんな「年上彼女と付き合ってうまくいく男性の特徴」を見ていきましょう。

年上彼女と付き合ってうまくいく男性の特徴とは何か
年上の女性とうまく付き合える男性とは、女性に対してプライドが高くなかったり、甘え気質な人が向いています。いかに上手に甘えられるかが重要なのです。

プライドが高くなく年上に素直に惹かれる

プライドが高くなく年上に素直に惹かれるということが特徴としてあげられます。あまりにもプライドが高い場合は、年上女性の経験からくる物言いに腹を立てたりする可能性もあります。

ですが、そこまでプライドが高くなければ、年上女性の言うことを素直に「自分のプラスになることだ」ととらえることができるのです。これは、自分にとっても有益となることなのです。

年齢を気にせずその人自身を見て判断する

年齢を気にせずその人自身を見て判断できる男性は、年上彼女と付き合ってもきちんとうまくいくことが多いです。年齢を気にしてしまう性格だと、どうしても若い人に魅力を感じてしまったり、年齢差からくるコンプレックスを抱く可能性もあります。

ですが、年齢を全く気にせずに「その人自身」を見ることができれば、本当に自分に合った人と付き合うことができるのです。

甘えん坊で世話を焼かれるのが好き

甘えん坊で世話を焼かれるのが好きという男性も、年上女性と付き合ってうまくいくことが多いです。年下の女性には、なかなか男性として思い切り甘えるというのは難しい場合もあります。

ですが、年上の女性は年下の男性に対して「可愛らしさ」や「弟」のようなものを感じています。そのため、なにかと世話を焼きたくなったり甘えてほしいという気持ちがあるのです。

年上彼女を作りたいならどうする?

年上彼女を作りたいならどうすればいいのか気になりますよね。いくら年上の女性と付き合いたいと考えていても、出会いがなければ意味がありません。そのため、自ら積極的に出会いの場に足を運ぶ必要があります。

ここでは、そんな「年上彼女を作りたいならどうすればいいのか」を具体的に見ていきましょう。これを知ることによって、年上の女性と付き合えるという現実的な面を理解することができます。

年上彼女を作りたいならどうすればいいか
年上の女性と付き合いたいのならば、まずは出会いの場に積極的に足を運ぶことが必要です。出会わなければ恋愛もスタートしないため積極的に行動しましょう。

サークルや合コンに積極的に参加する

年上彼女を作りたいならば、サークルや合コンに積極的に参加してみましょう。そもそも年上の女性との出会いがなければ、年上女性と付き合うことはできません。

そのため、積極的に人が集まる場所に足を運びましょう。サークルや合コンなどは、彼氏彼女を探している人が多いために、効率よく「彼氏を探している年上女性」に出会うことができます。まずは積極的に声をかけて探していきましょう。

年上女性とはきちんとした場所でデートする

出会ってからもきちんとプランをたてて行動することは、年上彼女を作りたいのならば大事です。年上女性とはきちんとした場所でデートするようにしましょう。

年上の人は、自分よりも楽しい場所や金額が高い店などを多く知っています。そのため、普段同年代の人と行くような場所ではなく、しっかりとその年代に合った場所を下調べして行動しましょう。

結婚前提かどうかはあらかじめ聞いておく

まずは結婚前提かどうかはあらかじめ聞いておきましょう。女性は妊娠・出産には年齢によるタイムリミットがあります。そのため、男性よりも早いうちから結婚を意識するようになります。

もし付き合って順調に進んでいたとしても、結婚に対する考えの違いからズレが発生して最終的にうまくいかなくなってしまうことも考えられます。このことから、あらかじめ結婚前提かどうか聞いておくようにしましょう。

甘えてばかりではなく男性らしさを見せる

甘えてばかりではなく時々男性らしさを見せるのが効果的です。年上女性に甘えたい気持ちもあるでしょうが、甘えてぐだぐだしてばかりの人間は誰の目にも魅力的にはうつりません

たまに甘えるけれど、考えや行動はしっかりとしていて男らしさを感じる人にはとても魅力を感じるものです。そのため、普段からしっかりとした考えを持つようにしましょう。

年齢のことを気にさせないほど楽しませる

年齢のことを気にさせないほど楽しませてみましょう。いくら男性側が「年上女性がいい」と思っていても、年上女性からしてみれば「年下の女性に魅力を感じて離れていったらどうしよう」という気持ちは消えません。

どうしても年齢を気にしてしまうことがあるのです。そのため、普段から年齢のことを気にさせないほどに楽しませてあげることが重要です。それが安心感につながるのです。

年上彼女と長く幸せに付き合っていこう

年上彼女と長く幸せに付き合っていくにはコツが必要です。自分は何歳までの年上がいいのかや、年上女性の彼女の呼び方や敬語遣いはどうするかなど細かいことまで考えることで、より幸せに付き合っていくことができます。

また、告白の仕方やほしいプレゼントはどうなのかなど、年上女性だからこそ考えなくてはならないことも多くあります。そういったことを全て理解して、よりよい交際をできるように目指しましょう。

関連記事