彼氏・彼女

年下の彼女はかわいい!そんな女性と楽しく付き合うコツとは

憧れのかわいい年下彼女。実際のところはどう?

この記事で伝えたいポイント
  • 男性にとって年下彼女がかわいいのはなぜか
  • 年下彼女は年上男性と付き合うことをどう思っているのか
  • 出会いがほしい!年下彼女の作り方について
  • 年下彼女を落とせる告白の仕方とは
  • 男性にとって年下彼女の不安なところとは
  • 注意!年下彼女とのありがちなケンカのパターンとはなにか
  • 結婚したい?年下彼女との将来について
  • 年下彼女との恋愛を長続きさせるコツとは

年下の女性は、かわいくてどこか幼くて「こんな女性を彼女にしたい」と思う男性も多いです。そんな憧れの年下女性ですが、実際彼女にしてみるとどんなメリット・デメリットがあるのか気になりますよね。

それを知ることによって、この先の自分の恋愛もより楽しくすることができます。この記事では、そんな年下女性を彼女にしたときのことや出会い方などについてご紹介していきます。

年下の女性について十分に理解して、ぜひ自分に合ったかわいい年下女性と恋愛を楽しみましょう。

男性にとって年下彼女がかわいいのはなぜ?

男性にとって年下彼女は、かわいくてどこかほっとけない・守ってあげたいような存在ですよね。ですが、なぜ年下女性はこんなにもかわいいと感じるのか気になりますよね。

ここでは、そんな「男性にとって年下彼女がかわいいのはなぜか」についてご紹介します。これを十分に理解することで、また新たな年下彼女の魅力に気付くことができます。ぜひ彼女の魅力をたくさん見つけて今まで以上に仲を深めましょう。

そして、素直に「かわいい」と褒めてあげるととても喜ばれます。

男性にとって年下彼女がかわいいのはなぜか
年下彼女がかわいいと感じるのは、年下ならではの幼さやそこからくる子供らしいしぐさが魅力に感じるのです。さらに、年上の自分を頼ってくれて信頼してくれる姿もかわいいと感じるのです。

顔や服装が若々しく魅力的

やはり、年齢が若いと自然に顔や服装も若くなります。それが、若々しさや活発さを感じさせられてとても魅力的にうつるのです。

もちろん、年齢が若くても落ち着いた雰囲気の人も多いです。ですが、表情やしぐさのどこかに若さを感じさせる雰囲気が出てきます。これは、同年代や年上の女性にはどうやっても演出できない魅力なのです。

彼女が年下だと自分を頼ってもらえる

年下の人は、どうしても自分よりも人生経験の多い年上を頼りにする傾向があります。それは、カップルにおいても同じことが言え、彼女が年下だと男性に思い切り甘えて頼ってくる傾向があります。

これは、彼女の年齢が下なほど頼りにされる確率も高くなります。どうしても人生経験が豊富な人は年下の人にとっては頼れる存在なのです。

タメ口ではなく敬語で話す姿が可愛い

年下女性と出会ったばかりのころは、大体はタメ口ではなく敬語で話してくる人が多いですよね。タメ口で自分と同等になるよりも、敬語で自分を慕ってくれる姿が可愛いと感じる男性も多いのです。

付き合いが長くなってくると、しだいにタメ口になってきますが、それでもたまに出る敬語にドキッとすることも年下女性のかわいいところです。

呼び捨てではなくさん付けで呼んでもらえる

同い年や年上の人には、慣れてくると呼び捨てや愛称で呼ばれることが多いです。ですが、年下の女性には慣れてもしばらくは呼び捨てではなく「さん付け」で呼んでもらえることが多いのです。

やはり、親しくなっても年齢の上下関係は多少残ります。自分のことをきちんと呼び方に気を付けて「さん付け」で呼んでくれる姿にとてもうれしくなるのです。

若い分女性らしい甘えた態度が似合う

若い女性は、思い切り甘えてくる姿もかわいいですよね。若い分、女性らしい甘えた態度が似合うというのも魅力的です。自分を頼ってくれて思い切り甘えてくれると「この子をこの先もずっと守っていきたい」と思うのです。

もし年下彼女が思い切り甘えてきたら、ちょっとしたわがままでも聞いてあげましょう。いい関係が築けます。

自分より非力に見えて守ってあげたくなる

年下の女性というのは、自分よりも人生経験が少なくて幼いため、自分より非力に見えて守ってあげたくなるものです。「女性を守りたい」「女性に頼られたい」と考えている男性にとって、そんな年下女性の存在はとても愛しいのです。

「自分よりも非力だからこの手で守ってあげたい」と思えるのは、とても幸せなことなのです。

年下彼女は年上男性と付き合うことをどう思っているの?

実際に、年下彼女は年上男性と付き合うことをどう思っているのか気になりますよね。これを知ることができれば、年下の女性が自分にどんな期待や心配を抱いているのかがわかり、今まで以上により良い関係を築いていけることができます。

ここでは、そんな「年下彼女は年上男性と付き合うことをどう思っているのか」について見ていきましょう。これを知って、彼女がどんな気持ちなのかを考えるきっかけにしましょう。

男性と女性ではそれぞれ考え方が違うことを、十分に理解しましょう。

年下彼女は年上男性と付き合うことをどう思っているのか
年下彼女は年上男性のことを、頼れて信頼できる男性と考えていることが多いです。また、金銭的な安定感や精神的にも大人な姿に惹かれるという人も多いです。

年上男性がたくましく見て頼れそうと思う

年下女性にとっては、年上男性はたくましく見えて頼れる存在です。自分よりも人生経験が豊富でどんなことでもリードしてくれる安心できる存在です。そのため、年下女性は年上の彼氏に思い切り甘えてきます。

その姿が男性からするとかわいくて仕方がないのです。なので、お互い「頼りたい」「頼られたい」の気持ちが満たされていい関係を築けるのです。

自分が子供扱いされそうで不安に思う

年下女性は、年上の男性と付き合うことに「年下な分、自分が子供扱いされそうで不安だ」と考えていることがあります。

年下だからといえ、何でも子供扱いされて何もやらせてもらえなかったり、バカにされたような態度をとられると、どんな人でもつらく感じてしまいます。そのため、年下だからといって見下すような態度はやめましょう。

金銭的なことを気にしなくてもいい

年下女性は、年上の男性と付き合うことの一番のメリットとして「金銭的なことを気にしなくてもいい」と考えている人も多いです。やはり、異性と付き合うことはどうしても交際費がかかります。

まだ学生だと、収入もないため男性が全額払ってくれるのはとてもありがたいのです。ただし、お金目当てで付き合う年下女性もいるので気を付けましょう。

年代が違うと趣味や嗜好も違ってつらい

自分と年代が違うと、どうしても話題や趣味・嗜好が違ってしまい、話が合わなくてつらいという年下女性も多いです。

年代の違いは仕方のないことなので、どうしようもないですが、こういう場合は年下女性の年代で流行っている話題や趣味を情報収集してみることで解決する場合があります。今までより視野も広がりおすすめです。

年代が違うためいろいろなことを知れる

自分と年代が違う人と話すと、自分の周りのこと以外にもいろいろなことを知れる機会となります。好奇心旺盛な女性だと、年上男性と付き合うことで自分の視野も広げられるためうれしいと感じる人もいます。

年上の男性と付き合うと、自分の年代よりもワンランク上の趣味も経験できて、毎回新鮮な気持ちでデートができて楽しいと感じるのです。

出会いがほしい!年下彼女の作り方は?

年下彼女と付き合うために、まずは出会いがほしいですよね。年下彼女と付き合うには、年下女性と出会わなければ始まりません。そのために、自分から積極的に年下女性のいる場に足を運ぶ必要があります

できれば効率的に出会い、付き合える確立を上げたいですよね。ここでは、そんな「年下彼女の作り方」について見ていきましょう。これを十分に理解して、自分にぴったり合った年下彼女を見つけましょう。

出会いは運に任せてもなかなかやってきません。自分から行動しましょう。

出会いがほしい!年下彼女の作り方について
年下の女性と出会って付き合うには、まずは出会いの場に積極的に足を運ぶことが重要です。さらに、自分から積極的に話しかけるのも重要です。

様々な趣味のサークルに参加してみる

年下の女性を探すには、様々な趣味のサークルに参加してみるのもひとつの手です。スポーツや趣味のサークルには年齢や性別問わずいろいろな人と出会えます。そして、趣味を通して親しくなれる機会もあるのです。

サークルの活動目的は「恋人を探す」ではないですが、自然に仲良くなって恋人に発展できるチャンスももちろんあるのです。

たくさんの合コンに積極的に参加してみる

合コンは「恋人を探している人」がたくさん集まるため、多くの合コンに積極的に参加してみることで年下女性と付き合える確率も高くなります。

いろいろな友人や仕事関係の人をつたって、年下女性のいる合コンに積極的に足を運んでみましょう。向こうも、ほとんどの場合が恋人を探しているので、付き合えるチャンスは大きいです。

友達や後輩など周りの人に紹介してもらう

年下女性と付き合いたい場合、友達や後輩など周りの人に紹介してもらうのも手っ取り早くて効率も良く、おすすめの方法です。とくに後輩に紹介してもらえば、多くの場合が年下女性となるので非常に効率良く出会えます。

そのため、普段から周りの人間関係は良好に保つようにすることが大切です。そうすることで、出会えるチャンスも多くなります。

外部の恋活パーティーに参加してみる

自分の周りには年下の女性がいないという場合は、外部で開催されている恋活パーティーに参加してみるのもおすすめです。恋活パーティは多くの人が真剣に恋人を探すために来ています。

参加するときも、対象年齢が設定されていることが多いです。そのため「年上男性と年下女性」の組み合わせ希望の人が参加するパーティに参加してみましょう。

バイトやボランティアを始めてみる

もし、自分の自由な時間がたくさんあって余裕をもって探したい場合は、バイトやボランティアを始めてみるのもおすすめです。バイトやボランティアを始めると、自分のいつもいる環境とは違う人たちとたくさん出会えます。

そのため、ゆっくりと年下女性に出会いたいという場合にはもってこいの方法なのです。いろいろな人とコミュニケーションをとってコミュニティを広げていきましょう。

自分から積極的に声をかけてみる

どんな形で年下女性と出会っても、まずは自分から積極的に声をかけてみることが大切です。せっかく出会えても、会話ができなければその出会いはムダになってしまいます。

そのため、自分から積極的に声をかけて話題を広げていきましょう。そうすることで、たくさんの出会いの中からでも素敵な出会いを見つけることができます。

年下彼女を落とせる告白の仕方は?

年下の女性と出会っても、うまく付き合うまでには努力が必要です。年下彼女をうまく落とせる告白の仕方を知っているのといないのでは、付き合える確立も違ってきます。

ここでは、そんな「年下彼女を落とせる告白の仕方」について見ていきましょう。これを十分に理解して、年下の女性と付き合えるチャンスを手にいれましょう。

年下彼女を落とせる告白の仕方とは
年下彼女を落とすには、年上ならではの安心感があることを伝えることが重要です。「守ってあげる」など、年下女性を大切にするということをストレートに伝えることが重要です。

初デートではリードして頼もしい所を見せる

年下の女性を落とすために、初デートではリードして頼もしい所を見せましょう。年下の女性は、年上男性に「頼もしさ」を求めています。

そのため、頼もしくて頼りになるそんな姿を見せられたら、年下女性の多くは惚れてしまいます。そんな姿をきちんと見せることによって、普通に告白しても「YES」の返答をもらえる可能性が高くなるのです。

支払いをスマートにして金銭的余裕を見せる

デートでの支払いは、どちらがどれだけ払うのか悩みますよね。年下女性を落としたいならば、支払いをスマートにして金銭的余裕を見せましょう。

この姿は、年下女性にはとても魅力的に見えます。逆に、支払い時に割り勘や全額負担を嫌がるような態度を見せてはいけません。どんなに他が素晴らしくても、一瞬で幻滅されます。

デート先を彼女の憧れで豪華な場所にする

年下女性を落とすには、告白する場所も大切です。デート先を彼女の憧れで豪華な場所にしてみましょう。自分の憧れの場所で、しかもとても豪華な場所だと、それだけで女性は「大切にされている」感を感じます。

その場所でスマートに告白されると、女性はその最高な雰囲気も重なって「YES」と返事をもらえる確率が高くなります。

デート中も彼女に紳士な態度で接する

年下女性とのデートのときには、デート中も彼女に紳士な態度で接するようにしましょう。年下女性は年上の男性にリードしてもらいたいと思っています。

そのため、しっかりとエスコートしてあげましょう。そんな姿を見て、年下女性は「この人と付き合いたい」と感じるのです。そして、告白のときもきちんと年下女性を立ててあげましょう。

彼女を守るということを言葉で伝える

年下女性は、年上男性に「守ってもらいたい」と思っています。「この人は本当に自分を大切にしてくれるか」や「本当に頼れる人なのか」など、付き合う前にいろいろと判断しています。

そのため、デート中は男性らしい姿を見せるのは当然ですが、告白のときにもきちんと言葉で「彼女を守る」ということを伝えましょう。女性は、言葉で言われると安心するのです。

男性にとって年下彼女の不安なところは?

男性にとって、年下彼女と付き合う上で不安なところとはどのようなことがあるのか気になりますよね。これをあらかじめ知っておくことで、年下彼女に対する心配ごとをうまく対処して乗り越えることができます。

ここでは、そんな「男性にとって年下彼女の不安なところ」について見ていきましょう。これを十分に理解して、年下彼女と楽しく付き合いましょう。

男性にとって年下彼女の不安なところとは
男性にとって、年下彼女の不安なところとは「精神的な幼さ」や「人生経験のなさ」があげられます。精神的に幼い場合、大人な人よりも問題を起こす可能性が高くなるのです。

彼女の同年代の若い男性に奪われそう

年下彼女と付き合うと、彼女の同年代の若い男性に奪われそうで不安だという男性も多いです。

かわいくて自分のことを慕ってくれる年下彼女でも、もしかすると同年代の若い男性のほうが魅力的に感じてしまい、自分の前からいなくなってしまうと考えるととてもつらいですよね。

ですが、女性が彼氏と離れるのは相性が合わないという理由が多いため、年齢は気にしなくても大丈夫です。

食事をおごるのが当然になってしまう

年下の女性と付き合うと、どうしても自分のほうが収入が上のためデート代をすべておごることになってしまうという男性も多いです。そのうち、デート代・食事代をおごるのが当然になってしまうのではないかと不安になりますよね。

お金のことは、交際する上でも非常に大切です。きちんと話し合いをしてお互い納得のいく方法を見つけましょう。

若いからわがままが通ると思われてしまう

女性は、どうしても彼氏に甘えてわがままを言うときがあります。さらにこれが、若い年下女性となるとさらに自分中心の考えを押し付けてくることもあります。

若いからわがままが通ると思われてしまうのは、とてもつらいですよね。もしそのようなことで不安になっているならば、彼女ときちんと話し合って「やめてほしい」と伝えることが大切です。

年代による趣味や嗜好の違いがでてくる

年代によって、趣味や嗜好の違いがでてくるのは仕方のないことです。ですが、これで年下彼女と会話がはずまずに見捨てられたらどうしようと悩んでしまう男性も多くいます。

そういうときは、彼女の年代で流行っている趣味や話題を自分も楽しんでみることがおすすめです。一緒に楽しむことで、共通の話題が増えて彼女との関係もさらに深くなります。

自分の健康を彼女に心配させてしまう

人間は年をとるほど、身体機能は衰えていきます。これは、仕方のないことです。ですが、長年付き合っていると自分の健康を彼女に心配させてしまうこともあるかもしれません。

それは、彼女にとっても自分にとってもつらいですよね。そんな不安があるのならば、普段から運動習慣をもったり食事に気を付けるなどしてみましょう。

常に金銭的に当てにされてしまう

年下女性は、年上男性に「金銭的余裕」を求めていることが多いです。これは、年下女性にはとても魅力的に感じられます。そのため、悪気はないけれどどうしても常に金銭的に当てにされてしまうという男性も多いです。

「ほしいものがある」や「これにお金を出してほしい」など、交際費とは全く関係のないものまでお金を求められる場合は、注意が必要です。

注意!年下彼女とのありがちなケンカのパターンとは?

どれだけ仲の良いカップルでも、価値観・意見の違いなどによってけんかをしてしまうことはあります。これは、どうしても仕方のないことです。

ですが、年下彼女とだからこそしてしまうような、ありがちなケンカのパターンとはなにか気になりますよね。これを事前に知っておくことで、極力年下彼女とのけんかを避けることができます。

注意!年下彼女とのありがちなケンカのパターンとはなにか
年下彼女とのありがちなケンカのパターンで「彼女がわがまますぎる」ことによってケンカに発展するということがあります。精神年齢が幼い分、自分の感情をコントロールできないのです。

彼女を子供扱いして機嫌をそこねてしまう

彼女を子供扱いして機嫌をそこねてしまうというのは、年下彼女とのありがちなケンカのパターンのひとつです。どうしても年下女性はかわいくて幼く見えるので、つい子供扱いしてしまうときがありますよね。

ですが、それは考え方によっては「バカにされている」と思われても仕方ありません。年下彼女の気持ちも考えてあげましょう。

心配しすぎて彼女の行動を束縛してしまう

年下彼女はかわいいからといって、心配しすぎて彼女の行動を束縛してしまうのはよくありません。ですが、男性の中には「大切な彼女を自分の管理下におきたい」という考えの人もいます。

しかし、彼女のことを考えれば、彼女には彼女のプライベートがあります。誰にもそれを束縛する権利はないのです。このことでけんかしてしまう場合は、今一度考えを改めましょう。

彼女の子供すぎる考えを注意してもめる

彼女の子供すぎる考えを注意してもめるというのも、年下彼女とけんかになるありがちな原因のひとつです。年上男性からすれば、なぜそんな結論にいたるのか理解できないということも多くありますよね。

それは、人生経験の差なので仕方がないです。ですが、彼女も彼女で一生懸命考えています。頭ごなしに注意するのではなく、話し合う形で意見を交えてみましょう。

価値観や考え方の違いから言い合いになる

年が違うと、どうしても価値観や考え方が大幅に違うということもありますよね。それが原因でお互いの意見をぶつけ合ううちに、言い合いにまで発展することもあります。

価値観や考え方の違いは仕方ありませんが、それをうまく話し合って結論を出すことはできます。自分の意見ばかり主張するのではなく、彼女の話も聞いてみましょう。

結婚したい?年下彼女との将来についてみんなの本音

どんなカップルでも、付き合って最終的には結婚したいと考える人が多いです。そのため、年下彼女との将来についても交際時から真剣に考える必要があります。

とくに女性は男性よりも結婚について真剣に考えていて自分の「結婚観」を持っている人も多いのです。そのため、きちんと年下女性との結婚について考えてみましょう。ここでは、そんな「年下彼女との将来・結婚について」を見ていきましょう。

結婚したい?年下彼女との将来について
年下彼女との将来について、交際時から真剣に考えている人が多いです。やはり、付き合う以上結婚を考えているカップルが多いのです。

若く可愛い彼女が好きだから歳をとってしまうのが嫌

年下の彼女の今の若さや可愛さが好きだという場合は、それがなくなる未来が嫌だという男性もいますよね。今の若い彼女が好きだというならば、将来結婚すると、彼女の今の若さはもちろんなくなっていきます。

それは仕方のないことです。もしそういう考えなのならば、早い段階でそのことを彼女に伝えましょう。女性は、男性よりも結婚を真剣に考えているものです。

若さ以外の魅力があれば結婚を考える

年下の女性と付き合っていて、その人に若さ以外の魅力があれば結婚を考えるという男性もいます。交際するのは、もちろん年下が好きだからという理由もあるでしょうが、それ以前に人として好きでなければ関係は成り立ちません。

そのため、若いからどうだという以前に、人として好きで結婚まで考えたい人と付き合うようにしましょう。

彼女がまだ結婚を考えていないと不安

年が離れていると、年下の彼女のほうがまだ結婚を考えていないと不安がる男性もいます。彼女と結婚したい気持ちはたくさんあるが、彼女が結婚を考えていないから結婚までたどり着けないのはよくあることです。

こういう場合は、交際前や早いうちに結婚についてふたりの考えを伝え合うのがおすすめです。そうすることで、相手の結婚観が見えてきます。

この先もずっと上下関係が続くのが不安

年下の彼女と付き合っていると、この先もずっと上下関係が続くのが不安だという男性もいます。男性でも、たまには甘えたいときもありますよね。

ですが、交際時に年上年下をはっきりさせてしまっては、結婚してからもその流れで「年上男性は頼られっぱなし」ということになりかねません。年齢のことは気にせずにひとりの人として付き合いましょう。

年下彼女との恋愛を長続きさせるコツは?

せっかく年下の彼女と付き合えたのならば、その年下彼女との恋愛を長続きさせたいですよね。恋愛を長続きさせるコツを知っておくことによって、より長く年下彼女と楽しく付き合っていくことができます。

ここでは、そんな「年下彼女との恋愛を長続きさせるコツ」について見ていきましょう。「年下女性だからこそこうするべき」というコツを十分に理解しましょう。

これを十分に理解すれば、恋愛は長続きさせることができます。長続きするかしないかは本人たちの気持ち次第でもあるのです。

年下彼女との恋愛を長続きさせるコツとは
年下彼女との恋愛を長続きさせるには、まずは年下彼女の気持ちについて十分に理解することが大切です。そうすることで、彼女が何を求めているのかが見えてきます。

必ず年齢は上がっていくのを理解する

年下の彼女は、若くて活発的なところが魅力ですよね。ですが、必ず年齢は上がっていきます。今は若くても、いつかは年を重ねていくのです。年下彼女との恋愛を長続きさせるには、そこを十分に理解しておく必要があります。

長く付き合っていくうちに彼女に若さがなくなっても「以前より老けた」などと言っては絶対にいけません。

お互い年齢だけでなく本人自身を尊重する

「年下彼女は若くてかわいいから好き」・「年上男性は頼れるから好き」など、どうしても年齢のイメージがつきまといますよね。

ですが、年下彼女との恋愛を長続きさせるには、お互い年齢だけでなく本人自身を尊重することが必要です。本人の魅力を理解しているからこそ、いつまでも一緒にいたいと思えるのです。お互いをよく知りましょう。

顔や服装を可愛いと褒めてあげる

年下彼女に、顔や服装を可愛いと褒めてあげましょう。女性は、自分のことを褒められるとうれしくなり、その人のためにもっときれいになろうと思うのです。

年下彼女と恋愛を長続きさせるには、年下彼女に「良い男性だ」と思われるのが前提にあります。どんな些細な変化も見逃さないくらい彼女のことをよく見てあげましょう。

彼女の言いなりではなく対等な関係を築く

年下彼女のわがままに付き合わされて、彼女の言いなりになってしまう男性も多いです。ですが、年下彼女と恋愛を長続きさせるには、彼女の言いなりではなく対等な関係を築くことが大切です。

どちらかがどちらかの言いなりになっているような関係は、一方にストレスがかかるため長く続きません。お互い相手を尊重し合って良い関係を築きましょう。

かわいい年下彼女とうまく付き合っていこう

年下の彼女は、自分よりも幼く見えてとてもかわいいですよね。そんな彼女といつまでも仲良しでいるためには、年下女性の気持ちを十分に理解して付き合う必要があります。

ときには、彼女の同年代の男性に嫉妬してしまったり、年下だから夜まで一緒に遊べないなどつらいこともあります。しかし、年下彼女の無邪気な笑顔や楽しい会話はメリットとなります。

年齢だけを見るのではなく、お互いの「中身」をよく見て付き合いましょう。

関連記事