彼氏・彼女

彼女を怒らせてしまったときの対処法は?彼女が怒る心理も解説!

彼女を怒らせた!別れたくないときの対処法は?

この記事で伝えたいポイント
  • 女性特有の怒り方について
  • 怒っている彼女に対する効果的な謝り方
  • 彼女の怒りを悪化させてしまう行動
  • 彼女が許してくれないときの対処法

彼女を怒らせてしまった場合は、男性はどうやって対応すればいいかわからないことも多いでしょう。また、喧嘩をしてしまい破局の危機に発展してしまうこともありますよね。

そこで、ここでは女性特有の怒り方について、怒っている彼女に対する効果的な謝り方について、彼女の怒りを悪化させてしまう行動について、彼女が許してくれないときの対処法についてご紹介します。

まず知っておきたい女性特有の怒り方とは?

女性と男性では、怒り方に違いがあります。そのため、彼女が怒った場合に、彼氏が男性と同じように考えてしまうのは良くないでしょう。

そこで、ここでは女性特有の怒り方についてご紹介します。女性は、突然沈黙をして怒ることがあるのです。

女性の心理を理解することで、彼女が怒ったときに対処しやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性特有の怒り方とは

自分の意見を他人に伝えることが苦手な女性は、怒りを溜め込んでしまい、それが爆発するため、周りの人には急に怒り出したように見えることがあるのです。また、職場や友達に対してある怒りを溜め込んで、それを彼氏にぶつけてしまう女性もいます。

突然沈黙して機嫌が悪くなることがある

さっきまで楽しそうに話をしていても、突然沈黙して機嫌が悪くなる女性がいます。女性の心理は、男性に比べると変わりやすい傾向があるのです。

また、女性は相手に対して察してほしいと思っている人が多いので、機嫌が悪くなると沈黙して、相手に理由をわかってほしいという気持ちもあるのです。

彼女の怒りを察して、距離を置いたり、自分に原因があるのか考えると良いでしょう。

自分の意見を伝えるのが苦手な女性は急に怒りやすい

自分の意見を他人に伝えることが苦手な女性は、ストレスを溜め込んでしまい、それが爆発して急に怒ってしまうことがあります。

男性からすれば、素直に言えばいいじゃないか、と思うようなことだとしても、女性からすれば、これを言うと嫌われるのではないか、と思っているのです。

また、彼氏を喜ばせたいという思いから、自分の気持ちを我慢するような女性も、急に怒ってしまうことがあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏にイライラするのはなぜ?原因と上手な対処法を紹介

職場などでは発散できない怒りをぶつける

職場や友達の間では発散できない怒りを溜め込んで、彼氏に怒りをぶつける女性もいます。それは、彼氏なら自分のことをわかってくれる、自分を見捨てることはないだろうと信頼しているため、彼氏にぶつけてしまうのです。

彼氏は、女性の気持ちを理解することで、女性も落ち着きやすくなるでしょう。また、彼氏としても対処しやすくなります。

怒った彼女が彼氏に求める謝り方とは?

彼女が怒った場合は、彼氏はどのように謝ればいいのでしょうか。男性は、彼女が怒ったときに、とにかく謝る人がいますが、それはあまり良くないでしょう。

彼女が怒ったときは、何に対して謝っているのかを明確にして、誠心誠意謝ることが大切です。そこで、ここでは怒った彼女が求めている彼氏の謝り方についてご紹介します。

怒った彼女に対するベストな謝り方

彼女が怒った場合は、ご機嫌取りばかりするのではなく、自分が改善する点や、反省点も伝えるのが良いでしょう。また、自分ばかり話すのではなく、彼女の言い分にも耳を傾けることが大切です。

誠心誠意謝って二度とやらないと誓う

彼女が怒っている原因がわかっているのなら、誠心誠意謝りましょう。また、謝るだけではなく、もう二度としないことを誓うのです。

ただひたすら謝るだけでは、また同じことを繰り返すのではないかと思われてしまいます。例えば、自分の発言によって彼女を怒らせてしまったのなら、今後はそのような軽はずみな発言はしないと誓うのが良いでしょう。

ご機嫌取りばかりしない

彼女の機嫌が直るように、彼女のご機嫌取りばかりする男性もいますが、それは逆効果になることがあります。

彼女からすれば、「頼りない」「つまらない」と思ってしまい、機嫌が直るどころか愛想をつかされてしまうこともあるのです。

最悪の場合は、機嫌が良くなったり、悪くなったりする対象ですらなくなる可能性もあるでしょう。そのため、彼女の機嫌を伺うのではなく、自分自身の反省点を探すことが大切です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女が怖いと思う瞬間は?怖い女性にならないために心がけること

今後の対策を考えておく

怒っている彼女に対して、謝るだけでは彼女が怒っている問題を解決することはできないでしょう。そのため、今後どうすればいいか、という点について考える必要があります。

そこで、彼女に謝るときに、今後の対策についても伝えると良いでしょう。できれば、彼女に聞かれる前に、今後の対策を自分で考えておき、自分なりの対策を提案すると良いです。

一生懸命考えたということが伝われば、彼女の感情も落ち着くかもしれません。

彼女の言い分に耳を傾ける

彼女が一つのことがきっかけで怒り始めると、だんだん過去のことも掘り起こして、今まで溜まっていた不満をぶつけてくることもあります。

そのときは、彼女に同調しながら、言い分に耳を傾けることが大切です。しっかりと聞いていても、ただ頷いているだけでは「本当に聞いているの?」と思ってしまうことがあります。

そのため、軽く相槌も打ちながら、ちゃんと聞いているよ、というアピールをしましょう。

謝るときに言い訳をしない

彼女に謝るときに、言い訳をしないことが大切です。例えば、デートに遅れたことで彼女が怒っているとしたら、「電車が遅れてて」など小さな言い訳をしない方が良いでしょう。

素直に自分の非を認めて謝罪をすることで、彼女の感情を逆なですることもありません。そのため、些細なことで彼女が怒っているときも、素直に謝ることで彼女も不満を溜め込むことがないでしょう。

論理的であっても反論をしない

彼女が怒っているときに、口喧嘩を始めるのは良くありません。それが、例え論理的だとしても反論はするべきではないでしょう。

彼女に反論をしても、倍返しのカウンターが返ってきて、関係が悪化する可能性もあります。揚げ足を取ろうものなら、彼女は呆れてしまうかもしれません。

そのため、反論はせずに謝ることが大切です。

男性とは違う生き物だと理解して謝る

彼女が怒っているときに、彼氏が男性目線で、男性と同じように考えることはよくありません。男性同士であれば、喧嘩をした相手とお酒を飲んで仲直りできたり、時間が経てば元の関係に戻れることがあります。

しかし、女性にはこの方法はあまり通用しません。女性と男性は違う生き物だと理解することが必要です。

彼女が怒っているときは、その場その場の状況によって違う対処をすると良いでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
女性の気持ちを知りたい!男性ではわからない心理を理解しよう

反省の態度を見せる

彼女に謝るときは、心の中では反省をしていても、素っ気なく謝ったり、視線を逸らしながら謝られては、誠意は伝わらないでしょう。

彼女からすれば、「適当に謝っている」と思ってしまいます。そのため、しっかりと彼女の目を見ながら、申し訳なさそうな顔をして謝ることが大切です。多少、過剰な演技が入っていても良いでしょう。

スキンシップで誤魔化そうとしない

彼女が怒ったときは、抱きしめたりしてスキンシップで誤魔化そうとすることは逆効果です。

怒っているときの女性は、触れることさえ嫌悪感を覚えていることが多いので「スキンシップをして許してもらおうと思っているのか」と、怒りが余計にヒートアップする可能性もあるでしょう。

怒らせた原因が小さなものであれば許されるかもしれません。しかし、彼女を怒らせてしまった原因を探して、謝ることが一番です。

聞こえやすいようにゆっくり話す

彼女が怒っているときは、気持ちを鎮めてもらうために、早口で勢い良く話してしまうことがあるでしょう。しかし、早口でまくし立てることは、相手にとっては追い詰めて立場を逆転しようとしているような態度に見えるのです。

そのため、謝るときは、なるべくゆっくり、聞こえやすいように話すように心がけることが大切です。

彼女の目をしっかり見る

女性は、大切な話をするときはしっかりと目を見て話したいと思う人が多いです。それは、女性が相手の目を見て感情を感じとり、コミュニケーションを図ろうとするためでしょう。

しかし、男性は相手が怒っているときに目を逸らしがちです。しかし、女性からすれば真面目に考えていないと思われてしまうこともあるので、謝るときは彼女の目を見ながら謝りましょう

仲直りのつもりが逆効果…彼女をさらに怒らせるNG行動

彼女が怒ったときに、彼氏は一生懸命彼女と仲直りしようと色々と行動するでしょう。しかし、その行動が間違っていると、彼女をさらに怒らせてしまうことがあります。

例えば、笑って誤魔化そうとしたり、相手に甘えたり触れることで機嫌を取ろうとすることは良くないです。そこで、ここでは彼女をさらに怒らせるNG行動についてご紹介します。

彼女の怒りを悪化させてしまう行動

彼女が怒っているときに、反論をしたり、怒っている理由を聞くことは、彼女をさらに怒らせてしまう原因になるかもしれません。また、重い長文の謝罪文をLINEなどで送ることも、彼女は怒ってしまうことがあります。

笑って誤魔化そうとする

その場を凌ごうとして、ただ笑って誤魔化そうとするのは良くありません。また、彼女が怒ってしまい、悪くなった雰囲気を明るくするために笑う男性もいますが、彼女からすると「ヘラヘラしている」と思われてしまいます。

その状態で謝られても、不誠実な態度に見られてしまうので笑って誤魔化すのはやめましょう。彼女が怒っている問題は、彼女にとっては大きな問題であることもあるので、真剣な気持ちで対応することが大切です。

相手に甘えたり触れることで機嫌を取ろうとする

彼女が怒っているときに、機嫌を取ろうとしてベタベタすることも避けた方が良いでしょう。彼女が怒り出したときに、彼女に甘えたり、触れることでいい雰囲気に戻そうとしているのかもしれませんが、彼女からすれば「気持ち悪い」と思ってしまいます。

怒っている彼女は、彼氏のことを拒絶していることもあるので、恋人らしいことはしない方が良いです。

彼女に対して反論する

彼女が怒っているときに反論してしまうと、彼女は「ムカつく」と思ってしまいます。彼女の怒りがヒートアップしてくると、彼氏も腹が立ってくることもあるでしょう。

しかし、そこで彼女の言っていることの間違いを指摘したり、反論したりすることは良くありません。自分の気持ちはぐっとこらえることが大切です。

反論してしまうと、仲直りが遠ざかってしまうでしょう。

重い長文の謝罪文を送る

彼女に対して謝りたいという気持ちがあるのは良いことですが、長文の謝罪文をLINEで送ることは避けましょう。彼女は怒りを通り越して引いてしまいます。

また、長文で謝罪文を送ることは、自分を相手に理解してほしいという気持ちの表れでもあるでしょう。それは、ただ自分の気持ちを満たすためだけの行動なので、彼女にとって良いことはありません。

本気で謝る気持ちがあるのなら、直接会って謝るのがおすすめです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
LINEが長文になってしまう…長いLINEはぶっちゃけアリ?

怒っている理由を聞く

女性は、感情で物事を考える人が多いと言われています。そのため、彼氏には自分が怒っている理由を理解してほしいと思うのです。

しかし、男性は論理的に考える人が多いので、怒りの理由を知って早く解決したいと思います。そので、彼女が怒っている原因を解決するため、怒っている理由を聞きたいと思う人が多いでしょう。

そのため、共感してほしいと思っている女性に「なんで怒っているの?」と聞くことは良くありません

逆ギレをする

彼女が怒っているときに、彼氏が逆ギレをするのは一番良くないことでしょう。また、逆ギレをして暴力を振るったり、物にあたったり、大きな声を出すことは人として良くない行動ですよね。

彼女を威嚇することで、その場では彼女の怒りが収まったように思えても、確実に嫌われてしまい、問題はなにも解決していないのです。

まずはお互いに冷静になるために待つことが大切です。

しつこく何度も謝る

彼女が怒っているときに、しつこく何度も謝ることは逆効果です。しつこい男は嫌われると言われているように、何度も「ごめん」と言ったり、何度もLINEや電話をしても、彼女がさらにイライラしてしまうでしょう。

彼女によっては、怒っているときにそばにいてほしいという人もいるので、前から怒らせてしまったときにどうしてほしいか聞いておくのが良いです。

怒られているときに無言になる

怒られているときに無言になる男性も多いです。男性は、「何て言うべきなのかわからない」という気持ちのため、黙っている人が多いですが、これは良くありません。

彼女からすれば、「どうして黙っているの?」「ちゃんと聞いているの?」とますます怒りに拍車をかけてしまう可能性もあります。

話し合いたいと思っている彼女が多いので、黙り込むのではなく自分の話もすることが大切です。

彼女がどうしても許してくれない時の作戦9つ

彼女が怒ってしまい、彼氏は色々と行動をしてもなかなか許してくれないこともあるでしょう。では、彼女の怒りが収まらないときは、どのように対処すればよいのでしょうか。

彼女が許してくれないときは、とにかく話を聞いたり、怒らせたことに対する対価を支払ったりすることで、彼女の怒りが収まることがあります。

そこで、ここでは彼女がどうしても許してくれないときの作戦についてご紹介します。

彼女が許してくれないときの対処法

彼女の怒りがなかなか収まらないときは、彼女の感情が収まるまで甘えさせたり、価値観の違いをすり合わせたりすることが大切です。また、自分の非を認めて全力で謝罪するのも良いでしょう。

落ち着いて話を聞く

彼女が怒っているときに、男性も言い分はあるかもしれませんが、とりあえず彼女の話を聞くことが大切です。

また、彼女が怒っている理由を話し始めたら、しっかりと話を聞きましょう。女性は、話を聞いてくれるだけでも、落ち着くことが多いです。

彼女が落ち着くまで、親身になって話を聞くことで、彼女自身も気持ちの整理ができることもあるでしょう。

怒らせたことに対する対価を支払う

彼女の怒りがなかなか収まらないときは、怒らせたことに対する対価を支払うことも良いでしょう。例えば、ランチやディナーを奢ったり、何かプレゼントを送ってみましょう。

あとは、料理を振舞ったり、マッサージをしたり、お金のかからないことでも対価となります。真摯に彼女の怒りを鎮める方法を考えて実行していくことで、時間が怒りを解決してくれることもあるでしょう。

感情が収まるまで甘えさせる

彼女が彼氏に対して怒っているときに、怒ることを許してもらうことで気持ちが落ち着くということがあります。そこで、彼女の怒りの感情が収まるまで甘えさせることが大切です。

例えば、彼女の怒りをしっかりと受け止めて、彼女がこんなに怒っているということをしっかりと聞くと良いでしょう。

彼氏が、彼女の怒りを受け止めることで、彼女の感情も落ち着いてくることがあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女のわがままな特徴とは?わがままを直す7つの対処法

価値観の違いをすり合わせる

彼女が怒っているときは、相手のことを許せないときでしょう。しかし、彼女がどれだけ怒っていても、彼氏は何に対して怒っているのか、どうして許せないのかわからないこともありますよね。

この場合は、2人で価値観の違いを擦すり合わせておく必要があります。この問題を解決しない限り、今後同じ理由で彼女が怒る可能性があるのです。

そのため、話し合いをして価値観をすり合わせておきましょう。

非を認めて全力で謝罪する

彼女の怒りが収まらないときは、自分の非を認めて全力で謝罪してみましょう。謝罪会見をするような気持ちで謝ることで、彼女にも気持ちが伝わるかもしれません。

また、自分の悪いところを把握して、その部分を変えて人間性も変えるくらいの約束をするのも良いでしょう。

彼女がなかなか許してくれないときは、覚悟を持って誠実に謝ってみるのも良いです。

謝るときは何に対して謝っているのか明確にする

彼女に対してただ謝っていては、彼女は「何が悪いと思っているの?」と感じてしまいます。そのため、彼女が怒っている原因を究明して、何に対して謝っているのかを明確にして謝ることが大切です。

たくさん謝って表面上誤魔化すだけでは、今後同じように彼女は怒ってしまうかもしれません。自分がなぜ彼女を怒らせた原因となる言動をしたのか、自分の非がある部分について説明しましょう。

手紙を送って気持ちを伝える

最近はメールや電話があるので、誰かに手紙を書いて送るということは少ないでしょう。だからこそ、手紙で気持ちを伝えることで、彼女に気持ちが伝わり、怒りを鎮めるきっかけになるかもしれません。

レターセットを買って、時間をかけて自分で文章を書きます。一手間がかかっている手紙をもらった相手は、きっと「大切にされている」と思うでしょう。

土下座をして謝る

土下座は、謝罪の最後の手段と言われています。彼女が怒っていて、許してくれないときは、土下座で謝るのも一つの手です。

しかし、土下座は相手に対する謝罪の気持ちを表すというよりも、インパクトによって相手の怒りを鎮めるという効果が高いでしょう。

そのため、何度も土下座をしていると、効果が薄れてしまうので土下座をするときは、ここぞというときだけにするのが良いです。

友人を介して説明をする

彼女と2人きりでは、うまく謝れない、感情的になってしまいそうという場合には、友人を介して謝ったり説明をするのも良いでしょう。

彼女にとっても、彼氏に対してずっと怒り続けていたとしても、冷静な第三者がいることで、落ち着いて話ができるようになるかもしれません。

また、仲介をする友人は、お互いの共通の知り合いで、恋人がいる友人が良いでしょう。

彼女の性格を考慮しつつ誠実に対応しよう

今回は、女性特有の怒り方について、怒っている彼女に対する効果的な謝り方について、彼女の怒りを悪化させてしまう行動について、彼女が許してくれないときの対処法についてご紹介しました。

彼女を怒らせてしまった場合は、とにかく謝るのではなく、彼女の気持ちを考えたり、自分の原因を探ることが大切です。

また、彼女の性格を知ることで、彼女を怒らせないように気をつけることができるでしょう。

関連記事