彼氏・彼女

彼女に会いたい!素直な気持ちを上手に伝える方法とは

彼女に会いたいけれど素直になれないのが男心

この記事で伝えたいポイント

・彼女に会いたいけど言えない・言わないのはなぜなのか
・会いたいと言わない彼女にも事情があるのか
・彼女に会いたい気持ちはどうすれば伝わるのか

彼女が好きで会いたくてたまらない。そう思うことってありますよね。特に彼女との距離が物理的に遠かったり、お互いに多忙で会う頻度が少ないと、余計に会いたくなるものです。

そういった気持ちはどうすればいいのかを知ることで気持ちも楽になります。この記事では、そんな「彼女に会いたいけど言えないときの気持ちの持ちよう」についてご紹介します。

彼女に会いたいけど言えない・言わないのはなぜ?

彼女に会いたいけど、自分からは言えない…。そんなときもありますよね。では、会いたいのになぜ素直に会いたいと言えないのか、その理由を知ることも大事です。

その理由を知ることにより、どうすれば素直になれるのかを考えることができます。ここではそんな「なぜ会いたいのに素直に言えないのか」を見ていきましょう。

彼女に会いたいけど言えない・言わないのはなぜなのか
自分から会いたいと誘うのには何かと勇気がいります。恥ずかしい・嫌われたくないという思いが強く出てしまいなかなか言い出せないものなのです。

誘うのが恥ずかしく誘いを待っている

彼女に会いたいけど言えない理由で、誘うのが恥ずかしく誘いを待っているという状況になってしまうというパターンが多くあります。

誘いたいけれど、誘って断られるのが怖い・自分が誘って迷惑だと思われたくないという心理から、誘うのを恐れてしまうのです。ですが、誘ってしまえば案外OKをもらえるというパターンも多いのです。

彼女から言ってほしいと思っている

彼女に会いたいけど言えないときに、彼女から「会いたい」と言ってほしいと思っているパターンもあります。自分から誘うと、主導権が自分になってしまい恥ずかしいと思うのです。

しかし、彼女のほうから会いたいと言ってくれることにより、彼女が本心で自分に会おうとしていることがわかりますし、自分が主で考えなくても彼女と一緒にデートプランを考えられるというメリットもあるのです。

会う頻度が高すぎると思っている

会う頻度が高すぎると思っている場合も、彼女に会いたいけど言えない理由の一つとなります。会いたい気持ちはあるけれども、会いすぎるのもデートがマンネリ化しそうで怖いと思ってしまうのです。

会う頻度が高ければ高いほど、マンネリ化は避けられないですし、デートコースもお決まりになってしまう。そういったことから、適度な回数に抑えようとして、あまり誘わないというふうになってしまうのです。

ただ単に他のことが忙しくて会えない

彼女に会いたいけど言えない理由に、ただ単に他のことが忙しくて会えないから言わないということもあります。自分のことが忙しすぎると、なかなか会う機会が作れないですよね。

それに、目の前のことで手一杯になりデートのことを考える余裕もなくなります。そういったことから、自分のことが忙しくなると誘う余裕もなくなり、結果的に会いたいけれど誘えないという状況になるのです。

自分のことも重要だと考えている

自分のことも重要だと考えている場合にも、彼女に会いたいけど言わない理由の一つにあげられます。彼女のことが好きで会いたい気持ちはあるけれど、それ以上に自分の用事のほうが優先だと考えている人も多いのです。

自分の今の生活がきちんと成り立っているからこそ、そのうえで彼女に会えるという心理から、そういった考えにいたります。それは決して悪いことではなく、むしろきちんと彼女のことを考えられている証拠なのです。

会いたいと言わない彼女にも事情がある?

会いたいと伝えるのは、男性からとは決まっていませんよね。女性のほうからも「会いたい」と言ってもらえれば何も悩まずにすみます。しかし、女性のほうからも誘われない場合、悲しくなりますよね。

ですが、女性が会いたいと言わないのにも必ず理由があります。それを知ることにより、悲しい思いをせずに心を落ち着かせることができます。ここでは、彼女から会いたいと言わない理由を見ていきましょう。

会いたいと言わない彼女にも事情があるのか
会いたいと伝えるのは男性からだけではありません。彼女から会いたいと言ってこないのにも、彼女自身の事情があるということを理解しましょう。

彼女自身が疲れているパターンもある

会いたいと言わない彼女にも事情がある場合として、彼女自身がデートできないほどに疲れているパターンが考えられます。誰しも自分の生活があり、その中の一つとして異性との交流があります。

そのため、自分の普段の生活を犠牲にしてまでデートを優先するというのはとても難しいことなのです。さらに、彼氏と会う時には疲れてる時ではなく、体調が万全のときに会いたいと思う女性も多くいます。

毎週会っているからいいと思っている

会いたいと言わない彼女にも事情がある例として、毎週会っているからいいと思っている場合もあります。会いたいという気持ちはあっても、自分のベストな会う頻度というのは人によって様々です。

毎日会いたいと考える人もいれば、一週間に一回でいいと考える人もいます。そのため、彼氏側が毎日でも早く会いたいと考えていても、彼女のほうは毎日・毎週会わなくても平気でそんなにも会いたいと思わないパターンもあるのです。

自分から誘うのが恥ずかしいと思っている

会いたいと言わない彼女にも事情がある場合として、自分から誘うのが恥ずかしいと思っているパターンもあります。どうしても女性からデートに誘うというのは気恥ずかしい気持ちが出てくるものです。

また、女性は「男性にエスコートしてもらいたい」と考えている人も多いのです。そういった心理から、女性のほうからはデートに誘わず、男性からの誘いを待っているという状況になることも多いのです。

彼女に会いたい気持ちはどうすれば伝わる?

彼女に会いたいというのを伝えるにはどうすればいいのか気になりますよね。素直にその思いを伝えることができれば、あまり悩まずにすみます。

ベストな伝え方を知ることにより、彼女にも会いたいという思いがしっかりと伝わります。ここでは、そんな「彼女に会いたいというのを伝えるにはどうすれば伝わるのか」を見ていきましょう。

彼女に会いたい気持ちはどうすれば伝わるのか
会いたいという気持ちは、心の中で思っているだけでは伝わりません。素直に言うことが一番伝わる方法であり、かつ確実に会える行動なのです。

LINEで素直に会いたいことを伝える

彼女に会いたい気持ちの伝え方としておすすめの方法としては、LINEで素直に会いたいことを伝えることがとても有効で手軽な方法です。会いたいという気持ちは心の中で思っているだけでは伝わりません。

そのため、LINEで素直に「会いたい」という気持ちを伝えることで、その意思はきちんと伝わるのです。電話やメッセージで言葉に出すのが恥ずかしい場合は、絵文字やスタンプなどで気持ちを伝えてみましょう。

デートの最後に次に会う日の約束をする

彼女に会いたい気持ちでもやもや悩んでしまう場合は、デートの最後に次に会う日の約束をすることで解決することもあります。会いたいからともやもやしてしまうのは、次いつ会えるのか不安だという心理からくるものもあります。

そのため、デートで別れたときに次会う予定を決めておくことにより「次は○日に会えるから頑張ろう」という気持ちになるのです。

毎日連絡を取り合って思いを伝える

彼女に会いたい気持ちは、毎日連絡を取り合って思いを伝えることによっても伝えられます。毎日連絡を取り合えば、それだけお互いの気持ちも知ることができます。

そのことにより気持ちも通じ合いやすくなり、その結果お互いに「会いたい」という気持ちが伝わりやすくなるのです。毎日高頻度で連絡を取り合うのが難しい場合でも、なるべく連絡の間隔があかないように気をつけてみましょう。

会いたいと思える彼女がいるのは幸せなこと

彼女になかなか会いたいと言えないのは心がつらいですよね。ですが、それほどまでに「会いたい」と思える彼女がいるというのはとても幸せなことなのです。

そのため、彼女に素直に会いたいと伝える方法を知ることによりこの先もよりよい関係を築いていけます。素直に会いたいという気持ちを伝えて、幸せな関係を作っていきましょう。

関連記事