彼氏・彼女

彼氏とのLINEには悩みがいっぱい!楽しく連絡をする方法とは

彼氏とのLINEには悩みがつきもの

この記事で伝えたいポイント
  • カップルのLINEのベストな頻度とはなにか
  • 彼氏へLINEを送る時の会話ネタとは
  • 彼氏にLINEをスルーされてしまう時はどうすればいいか
  • 彼氏とのLINEでやってはいけないNG行動・発言とは

彼氏とLINEするのはとても楽しいですよね。ですが、大好きな彼氏だからこそどんな内容を送ろうか、スタンプひとつでも悩みますよね。

また「返信が遅い、冷たい」・「送る話題、内容がない」・「LINEがめんどくさい、つまらない」など、いろいろな悩みが発生してしまうものです。この記事では、そんな「彼氏とのLINEの、頻度や注意点」などをご紹介していきます。

カップルのLINEのベストな頻度とは?

そもそもカップルがLINEをするのに、一番ベストな頻度はどれだけなのか気になりますよね。「私たちは頻度が少なすぎるのでは?」と感じたり、逆に「ちょっと多すぎじゃないかな」と悩むこともありますよね。

もちろんカップルの年齢や仲良し度によって頻度は様々です。ここでは、そんな「どれくらいの頻度がいいのか」を見ていきましょう。

カップルのLINEのベストな頻度とは
カップルのLINEのベストな頻度は、やはり多ければ多いほど相手を身近に感じられます。あまりにも頻度が少ないと、それだけ心も離れてしまうことが多いのです。

毎日会話をしているかのようにLINEを送る

LINEは、手軽に相手とコミュニケーションがとれるのが最大のメリットです。人間というのは、コミュニケーションをとる頻度が高ければ高いほど、お互いの絆も固くなってきます。

そのため、毎日会話をしているかのようにLINEを送るのはベストな頻度だと言えます。そうすることで、離れていてもずっと仲良しでいられるのです。

時間があいたときにLINEする

お互いに忙しいカップルだと、なかなかLINEを送るヒマがないという場合もありますよね。そんなときは、自分のことを優先しながらも、時間に余裕ができた時ににLINEをするのがちょうどいいでしょう。

あまりにも気にしすぎて無理に毎日送るのは、苦痛になってLINEそのものがつらくなってしまいます。そのため、忙しいときには自分のペースで送るようにしましょう。

急ぎの用事がある時のみLINEする

用事もないのに不必要な連絡を取り合いたくないという人もいますよね。そんなカップルの場合は、大事な用事や急ぎの用事がある時だけLINEを送るというスタイルでも大丈夫です。

用事もないのに送る内容がないといってストレスがたまるより、よっぽど自分たちのペースで連絡をとりあうほうがお互いの関係もくずれません。

用事はなくてもLINE通話を繋ぎっぱなしにする

LINEはメッセージを送るだけではなく、無料で通話もできます。そのため、とくに用事はないけれど、LINE通話で繋ぎっぱなしにしておくというのもひとつの手です。

メッセージでは、内容を考えて送らなければいけないですが、通話ならばまるでそこに相手がいるかのように自然に会話ができます。なにもなければ無言でもいいですし、ふと話したいときに話すことができます。

待ち合わせの連絡手段としてLINEする

LINEで相手が見えないのに連絡を取り合うよりも、直接会って思い切り話したいというタイプには、会う時の連絡手段以外は送らないという方法もおすすめです。

離れているから、普段話せないからこそ、次に会ったときにいろいろな話題で盛り上がることができます。あまりにも頻繁にLINEをしていると、せっかく会っても話題がないということも起こりうるのです。

会う頻度に合わせてLINEの回数を決める

彼氏とのベストなLINEの頻度がわからないという場合は、彼氏と会う頻度に合わせてLINEの回数を決めるという方法もおすすめです。頻繁に会っているのにLINEの連絡もたくさんしてしまっては疲れてしまうことも考えられます。

逆に、全く会えないのにLINEの連絡頻度も少ないとさみしいですよね。そのため、彼氏との会う頻度に合わせてLINEをどれだけ送るべきかどうかを考えてみましょう。

付き合いの長さを考慮して連絡頻度を考える

LINEでの連絡頻度は、付き合ったばかりか長年付き合っているかでも変わってくるものです。付き合ったばかりのころは、お互いのことをもっと知りたい気持ちがありますし連絡そのものが楽しいですよね。

ですが、長年付き合っているとお互いのことを知り尽くして用事のあるときだけLINEするというパターンも多いです。このことを考えて、自分たちの付き合った長さで、連絡のベストな頻度を考えてみましょう。

彼氏へLINEを送る時の会話ネタ

彼氏へLINEを送る時に、どんな内容を送ればいいのか悩むときもありますよね。会話のネタがないのにLINEを送ってしまっても、話が続かなくて気まずくなってしまうのもつらいものです。

ここでは、そんな「彼氏にLINEを送るときの会話ネタについて」をご紹介します。これを十分に理解して、彼氏と楽しくLINEを送り合いましょう。

彼氏へLINEを送る時の会話ネタについて
会話のネタとして一番お手軽なのが「今日一日なにをしていたのか」という、新鮮で誰でも答えられる話題です。そして、その話からいろいろ展開していくこともできます。

今日一日どんなことがあったかを聞く

彼氏にLINEを送るとき、一番手っ取り早くて誰でも簡単に答えられる会話ネタとして「今日一日どんなことがあったか」を聞くというのがおすすめです。

まずはLINEを送るきっかけにもなりますし、これを聞かれて不快に思われるような会話内容でもありません。そしてなにより、大好きな彼氏がいつも何しているかが知れます。

今何をしているのかどこにいるのか聞く

大好きな彼氏と離れているとき、その彼氏が今何をしているのか・どこにいるのか気になりますよね。それをそのままLINEのネタとして聞いてみるのもおすすめです。

いまリアルタイムのネタなので、相手も答えやすいですし、そこから「○○ちゃんは何してるの?」と会話を広げてもらえる可能性も高くなります。ぜひ聞いてみましょう。

自分の今日あったエピソードを話す

男性は女性よりも「自分の話をするよりも、相手の話を聞いているほうが好き」という人が多いです。そのため、無理に彼氏に返答を求めるようなLINEをするよりも、あなたが自分の今日あったエピソードなど話すというのがおすすめです。

自分のことなので、あなたも話しやすくなりますし、彼氏もそこから別の話題に広げやすくなります。

自分の身の回りであった発見を話す

自分や相手のことばかり話していると、どんなに会話上手な人でもネタが行き詰ってしまいます。そんなときは、自分たちのことではなく、自分の身の回りであった発見を話してみるのもおすすめです。

今日近くを通りかかった話題のカフェであったり、新しくできていた建物だったり、いろいろな発見を話してみましょう。そこから次のデートの話にも発展しやすいです。

自分の悩みを相談してみる

彼氏と離れていると、ときに悩みの相談などもしたくなりますよね。自分の悩みを相談という名目で話してみるのも、時にはおすすめです。

あまりにも頻回に悩み相談をしていると、しつこく思われてしまいますが、たまにであれば「自分に悩み相談をしてくれるのは頼られている証拠」だと彼氏もうれしく思います。ぜひ、遠慮せずに相談してみましょう。

テレビやネットで話題のことを話す

最近話題のことは、話がつきませんよね。さらに、そこに自分の意見を言っていくと、話は無限大に広がっていきます。そのため、テレビやネットを見て、今話題のおもしろいネタを探してみましょう。

現代ではメディアにいろいろな話題がころがっています。その話題をすることで、時代にもついていけますし、彼氏とも新鮮な会話ができます。

LINEでスタンプを選んで送ってみる

LINEには、かわいいスタンプがたくさんありますよね。文字をわざわざ送らなくても、スタンプひとつで自分が今考えていることを伝えられるので、とても便利な機能です。

そのため、無理に頑張って話を作るよりも、かわいいスタンプを選んで送ってみるのもひとつの手です。「おなか空いた」や「仕事つかれた」・「おつかれさま」など種類が豊富なので、ぜひ使ってみましょう。

最近買ったものなどを写真でお披露目する

遠距離などでなかなか会えないときは、お互いの現状もわからなくなりさみしいですよね。そんなときは、最近買ったものなどを写真でお披露目するというLINEの送り方もおすすめです。

そうすることで、自分が買ったものの評価も彼氏から得られますし、文章やスタンプだけよりも相手のことが伝わってきます。ぜひ、どんな写真でもいいので送ってみましょう。

好きな趣味や嗜好を聞いて話を広げる

付き合ったばかりのカップルであれば、お互いのことをまだそんなに知らないですよね。そんなときは、好きな趣味や嗜好を聞いてみましょう。

そこから話を広げることもできますし、なにより相手のことをより詳しく知ることができます。相手のことばかり聞くと「自分のことは話さないのに。」と思われてしまうので、自分のことも合わせて話すのがおすすめです。

彼氏にLINEをスルーされてしまう時は?

せっかく勇気を出して彼氏にLINEを送ったのに、それをスルーされてしまうのはとてもつらいですよね。「もしかしてわざと無視をしているのか」や「ブロックされたのかな」など、LINEひとつこないだけでもとても悩んでしまうものです。

ですが、それはただ単に忙しくて返信できないだけかもしれません。ここでは、そんな「彼氏にLINEをスルーされてしまう時はどうすればいいのか」を見ていきましょう。

その解決法を十分に理解して、彼氏に「しつこい」と思われない、愛される女性になりましょう。

彼氏にLINEをスルーされてしまう時はどうすればいいか
彼氏からLINEの返信が来なかったときは、まずは焦らずに落ち着いて、一旦LINEから離れましょう。ここで焦って、何度も返信の催促をするのは絶対にしてはいけません。

LINEに執着せず他のことで気を紛らわす

彼氏にLINEをスルーされてしまうと、どうしても返信が気になりLINEにばかり執着してしまうことがありますよね。ですがそれでは、他のことが全くできなくなり生活に支障をきたしてしまいます。

そのため、返事が気になってもLINEに執着せずに、他のことをして気を紛らわしましょう。趣味に没頭するのもいいですし、どこかに出かけるのもおすすめです。

既読スルーは読んでいるため無視ではない

女性と男性では、LINEのとらえかたや重要度が違います。女性はとことん返信する傾向がありますが、男性は必要最低限のことしか送らないという人も多いのです。

そのため、よく既読だけしておいて返信はないというパターンもあります。ですが、男性にとっては既読スルーは「読んだよ」という証拠のため、決して無視ではないのです。

未読スルーの場合は相手が忙しい場合もある

大好きな彼氏に未読スルーされてしまうのは、とても悲しいですしつらいですよね。ですが、未読スルーの場合単に忙しいから返信できないだけという場合もあります。

そのため、一度や二度未読スルーにされたからと言っておちこまないようにしましょう。しかし、毎回何度も未読スルーにされる場合は、理由を聞いてみましょう。

返信速度は人によって違うと割り切る

返信速度というのは、人それぞれ違います。とくに女性と男性では、LINEの重要度が違うため、女性はすぐに返信しようと考える人が多いですが、男性は「自分の時間のあるときに返信する」と考える人が多いのです。

このことから、返信速度は人によって違うと割り切るのも大切です。ここで、自分の価値観を押し付けないようにしましょう。

返信がないからといって連続で送らない

LINEの返信がないと、いつ返信がくるのかそわそわして落ち着きませんよね。さらに「自分はLINEが来たらすぐに返信するのに、無視する理由がわからない」と考える女性も多いです。

そうなると、返信がないからといって連続でLINEを送って返信を催促してしまう行動にでるのです。ですが、これは男性にとっては迷惑行為でしかないため注意しましょう。

スタンプには返信しづらいと感じる場合もある

LINEはかわいいスタンプがたくさんありますよね。いろんなキャラクターがあって、スタンプのレパートリーも豊富です。そのため、つい文字よりもスタンプばかり送ってしまうという人も多いのです。

ですが、スタンプなどには返信しづらいという男性もいます。彼氏にスタンプばかり送っているという場合は、きちんと意味がわかるように文字も送りましょう。

SNSなど見て彼の行動を詮索しすぎない

どんな理由をつけようと、彼氏からLINEの返信がないのは気になるものですよね。ですが、なぜLINEの返信をしないのかとSNSなどを見て彼の行動を詮索するのはよくありません。

男性はLINEを必要最低限のコミュニケーションツールと考えている場合もあります。いくら時間があっても、必要ないと判断すれば返信しないこともあるため、彼の行動を詮索しないようにしましょう。

男性と女性ではLINEの重要度が違うと知る

LINEの返信がこないと、返信が気になるのに加えて「なぜ時間があるはずなのに返信しないのか」という自分の価値観とは違う行動に納得できずにイライラしてしまいますよね。

ですが、男性と女性ではLINEの重要度が違います。女性はマメに返信を送りますが、男性にとっては必要最低限の連絡ツールということも多いです。まずは男女の考え方の違いを知りましょう。

友達に相談して不安を軽減させる

何度もLINEをスルーされてしまうと、とてもつらくなりますよね。他のカップルは自分たちよりも頻繁に連絡を取り合っているのに、なぜ自分の彼氏はLINEをスルーすることが多いのか悩んでしまう人も多いです。

そんなときは、友達に相談して不安を軽減させましょう。ひとりで悩んでしまうと、どうしても悪い方向に考えてしまうので、誰かに悩みを打ち明けましょう。

彼氏とのLINEでやってはいけないNG行動・発言

彼氏とLINEをしていて、やってはいけないNG行動や言ってはいけない発言にはどんなものがあるのか気になりますよね。これを十分に理解しておくことで、この先も彼氏と楽しくLINEをすることができます

逆に十分に理解しておかなければ、彼氏に「迷惑」だと感じられてしまったり、最悪の場合は別れにつながる可能性もあるので気をつけましょう。ここでは、そんな「彼氏とのLINEでやってはいけないNG行動や発言」について見ていきましょう。

彼氏とのLINEでやってはいけないNG行動・発言とは
彼氏とのLINEでは、どれだけ返信が遅くても連続で返事を送るという行為はしないようにしましょう。それに、意味のないスタンプや言葉を頻回に送るのも迷惑がられます。

今どこで何をしているのかしつこく聞く

大好きな彼氏のことは、何でも知りたくなりますよね。彼氏が今どこで何をしているのかも気になるという人も多いです。しかし、細かく今どこで何をしているのかを、何度もしつこく聞くのはとても迷惑がられます。

少しくらい今何しているのかを聞くことは問題ないですが、あまりにもしつこく聞くとストーカーのように思われるため注意しましょう。

自分を好きかどうかを何度も聞く

女性は、男性から常に愛情を表現されていないとすぐに不安になりやすい傾向にあります。そのため、離れて住んでいると、愛情をためすために自分を好きかどうかを何度も聞いてしまうという人も多くいます。

ですが、男性にとってはこの行為は理解しがたく「なぜ何回も聞くのか」と逆に迷惑がられてしまいます。気をつけましょう。

毎回何かしらのネガティブな発言をする

いつもの学校や仕事がつらいと、彼氏に悩みを相談したりグチを聞いてほしくなりますよね。ですが、毎回何かしらのネガティブな発言をするのはやめましょう。

少しくらい弱音を吐く分には大丈夫ですが、あまりにも頻回にマイナスな発言ばかりしていると、彼氏もうんざりしてきてLINEの返信頻度がさがってくる可能性があります。

言葉に対してスタンプしか返さない

LINEには、かわいいスタンプがたくさんあるため、文字よりもスタンプばかり送ってしまうという人も多いです。しかし、彼氏がきちんと文字で送ってきているLINEに対してスタンプしか返さないということはないようにしましょう。

せっかく言葉として送っているのに、スタンプしか送られてこないと、返事を書く意欲がないと思われてLINEの頻度が減る可能性があります。

返信がないときに返事を何度も催促する

彼氏からLINEの返信がないと、とても気になりますよね。なんで返信をくれないのか、嫌いになってしまったのかなど、不安なことが次々思い浮かんでしまう人も多いです。

ですが、返信がないときに返事を何度も催促するのはやめましょう。彼氏はただ単に忙しかったり寝ていたりなどで返信できないだけの場合もあります。気をつけましょう。

用事もないのに意味のないLINEを送る

LINEは便利なコミュニケーションツールですが、便利だからといって用事もないのに意味のないLINEを送るのはよくありません。とくに男性は、必要最低限のことしかLINEしないという人も多いです。

そんな傾向の男性に、意味のないLINEを送ってしまうと「一体何なのか」と逆に迷惑がられてしまう可能性もあるため注意が必要です。

日記のように自分のことばかり送る

大好きな彼氏には自分のことをたくさん知ってもらいたいですよね。普段離れていると、自分の今日の出来事などを聞いてほしいと思うことも多いです。

ですが、その欲を満たそうと日記のように自分のことばかり送るのはやめましょう。男性はそれを見ても「どう返事をすればいいのか」と悩んでしまいます。そういったことは、直接会ったときに話しましょう。

LINEで彼氏と楽しくコミュニケーションをとろう

LINEは、現代社会ではかかせないコミュニケーションツールですよね。これをうまく使いこなせば、彼氏との仲も深まります。

ですが、LINEは簡単に相手をブロックできてしまうので、彼氏にブロックされたときに「ブロックされたけど復縁したい」「ブロックをどうにか解除してほしい」と悩む人も多いです。

そのため「生理痛がつらい」などのマイナスな話題は送らずに、中学生のような明るい話題で楽しみましょう。

関連記事