カップル

憧れの身長差カップル!理想的なカップルの身長差は?

身長差カップルに憧れる人は多い

この記事で伝えたいポイント
・理想的な身長差
・身長差カップルのメリット
・身長差カップルのデメリット
・身長差カップルのエピソード

身長差のあるカップルが仲よさそうに腕を組んで歩いているのは絵になるものです。

実際の高低差を見積もるとき、女性がハイヒールを履いている場合も身長差があると感じるのなら、その差はかなりあると考えてよいでしょう。

高身長の彼に憧れる女性は多いものですが、実際のデートではどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここでは、日常の生活で目立つことの多い身長差カップルについて解説しています。高身長の彼氏に憧れる人はチェックしてみてください。

カップルの理想的な身長差はどれくらい?

身長差といっても様々です。

ほとんど身長差がないというカップルから、男性が高いのか、女性が低いのか、その差が歴然としている場合もあります。理想的な身長差は10~15cmという情報が多く、人の顔の長さ程度になります。

ここでは、カップルの具体的な身長差についてご紹介しています。現在恋人がいる人は、相手と自分の身長にについて確認してみるのも良いですね。

カップルの理想的な身長差について紹介

理想的な身長差は10~15cmといわれていますが、実際に見た感じではあまり大きな差は感じません。大きな差を感じるのは20cm以上からになります。

あまり身長差を感じない自然な10cm

高低差10cm以内なら、あまり身長差を感じないことが多くなります。

なぜなら、女性がちょっと高いヒールや厚底の靴を履くと、その差は一気に縮まり、その差5cm程度となってしまうからです。

5cmの差は帽子や髪型で隠れてしまうこともありますね。また、男性が猫背で、女性が姿勢がいい場合は、さらに縮まって見えます。このことから、10cmの差は大きな身長差と感じることはなく、場合によっては同等と見えることもあるのです。

20cm以上だと大きな差を感じる

20センチ以上になるとはっきりと身長差を感じます。写真の画像でもはっきりと認識できますね。

30センチ以上になると、女性が少しぐらい高いヒールを履いてもその差は簡単には縮まることはありません。イラストにすると特徴的なカップルを描くことができ、印象のある二人になります。

しかし、現実二人の間で話をしたり、一緒に行動するのは30cm程度までが限界です。女性が150cm、男性が180cm位になりますね。これより高いと、話がしにくかったり、デートしていても歩く速度が違ってくることもあるでしょう。

身長差カップルのメリット

恋人の身長差があると様々な利点があります。周囲から見ると、高身長の彼をGETした羨ましい女性と、華奢で可愛い女性を恋人にした理想的なカップルです。

大人が子供をいたわるように、男性は女性を扱うこともありますね。男性らしさ、女性らしさを体で表現しやすいのも、身長差のおかげです。ここでは身長差カップルの具体的なメリットをご紹介しています。絵になる二人は現実でも身長差を活かした楽しいデートをしているのです。

身長差のあるカップルについてメリットを紹介

身長差カップルは絵になります。男性らしさや女性らしさが体格で現れているため、それぞれが努力をしなくても恋人同士の仲むつまじいデートを楽しむことが出来るのです。

女性は安心して男性に寄りかかれる

男性のほうが頭一つ高い場合は、女性が自然に男性の肩にもたれかかることが出来ます。

これが同じ高さだと女性が首を大きく傾ける形になるため、寄りかかりにくくなってしまいます。特に座ったときの女性の頭の位置は大切ですね。

男性の肩に女性の顔があるともたれやすく、収まりが良くなります。ベンチに二人が座って寄り添いながら風景を眺められるのは、身長差カップルならではです。

男性が女性を軽く抱きかかえられる

男性が横向きに女性を抱きかかえられるのも身長差カップルならではです。

体格が同じ程度の場合はスムーズにはいきません。5cm程度の差で男性があまり体力がない場合は、抱きかかえるとふらついてしまうこともあります。

大人が子供を抱くように、軽々と彼女をかかえる男性はとてもたのもしいものです。この彼なら頼れるという気持ちにさせてくれる、素敵な恋人同士のシーンです。

お互に見えない部分を知ることが出来る

アリが見る世界と象が見る世界は全く違います。

極端ですが、身長差が多きいカップルには、それぞれの高さから見る世界をお互いに何気なく伝えているものです。

たとえば、背の低い女性は床の埃が気になり、高身長の男性は床より本棚の上など高いところの汚れのほうが気になります。それぞれの汚れを知ることが出来るため、両方掃除が出来ることになりますね。それぞれの見え方の違いを知ることで、より広い範囲の世界を知ることも出来るのです。

身長差カップルのデメリット

良いことずくめの身長差カップルのようですが、見えないところでデメリットもあります。

あまりに高低差がありすぎると、行動を共にしにくくなることもあるのです。大人と子供のように、どちらかがどちらかに合わせるということが必要になります。愛があれば身長差は関係ないと思ってしまいますが、実際のデートや生活では困ることもあるのです。

身長差のあるカップルについてデメリットを紹介

理想的な身長差カップルですが、見えないところにデメリットがあるものです。特に30cm以上ともなると日常生活を共に過ごすには不便なところもあるのです。

歩く速度が違う

大股でゆっくり歩く男性についていけないため、小柄な女性は小走りでついていくこともあります。

男性も出来るだけ女性の速度に合わせようとするのですが、うっかりすると自分のペースで歩いてしまいます。歩くスピードが違いすぎるとたまのデートなら合わせられるのですが、日常でテンポを合わせるのは難しくなってきますね。

女性がゆっくり自転車でついていくくらいでちょうど良いかもしれませんね。

腕を組みにくい

身長差が30cm以上あると、腕を組んで歩きにくくなってしまいます。

肘の高さが合いづらくなるため、手を絡めにくくなることもあるのです。こんなときは女性がハイヒールや、厚底の靴を履くなどの工夫をしてみましょう。

肘と肘をからめることは難しいかもしれませんが、いつもより高い位置で腕を絡めることがしやすくなりますよ。小柄な女性がハイヒールを好むのは、こういう理由がある場合もあります。

設備のサイズが変わってくる

身長差のある夫婦は家の設備についてサイズが合わせづらくなります。

洗面台の高さや、お風呂の浴槽の大きさ、キッチンの高さなど日常に二人が使う設備についてのスケールが違うため、家を決めるときなどに迷ってしまうこともあります。

キッチンは頻繁に使う奥さんサイズ、洗面台はご主人サイズにして奥さんは踏み台を使うなどすれば、解決できることもあるため工夫してみましょう。

女性のほうが身長が高いと気を使う

まれに女性のほうが逆に身長が高いか、ほとんどなしという場合もあります。

この場合、全く気にしない女性もいますが、気を使ってヒールのない靴を履く人もいます。男性は気にしていないように見えて、心の中ではひそかに身長差を気にしているということもあるのです。

そんな男性の気持ちを配慮している女性は、靴底の高さはもちろん、髪型やファッションなども男性となじむように気を使うこともあるのです。

身長差カップルあるあるエピソード

身長差カップルのコミカルな日常をご紹介します。

高身長の男性は理想的なように感じますが、女性との高低差がありすぎると思いがけないところで苦労することもあります。

男性の身長が180cm以上あるとどんなところでも目立ちます。その横にちょこんと寄り添う女性は、一人でいるときより可愛らしく見えるから不思議ですね。

身長差カップルのコミカルな風景を紹介

当人同士は真剣そのものですが、周囲から見たらコミカルに映る光景もあります。身長差カップルのやり取りは、つい周囲も注目してしまう微笑ましいシーンです。

子供と引率者に見られた

彼が老け顔で彼女が童顔の場合、子供と大人に見られることも少なくありません。

親子と見られることはありませんが、夜に一列で歩いていると、子供と指導者、引率者と取られることはあります。特に後姿を他人が見たら、間違えてしまう場合もあります。

このため、二人ともカジュアルな服装をしているとき、女性はしっかりメイクをしたほうが良いかもしれませんね。

喧嘩にならない

仲のよいときはいいのですが、ちょっとしたことで喧嘩をしてしまうこともあります。

体格が違いすぎるため、言い合いになると周囲から見たらコミカルに見えてしまうものです。特に女性が口達者なときは、大きな男性が言い負かされてしまうこともあります。

大きな声で怒鳴ったり、突き飛ばしたりすると男性が強いのがはっきりしているため、男性も手を出すことが出来ません。優しい男性ほど、喧嘩のときにも女性と同じ立場で争うため、口の立つ女性のほうが勝ってしまうのです。

彼女が爪先立ちで彼に話す

女性は立って男性と話す際に、大声で話すか爪先立ちをして男性にも近づいていく形になります。

特に、周囲に聞こえないように小声で話すときには苦労しますね。

周囲から見たら可愛らしい光景で、身長差カップルならではの微笑ましさを感じます。

身長差カップルは可愛い!

憧れの身長差カップルについてご紹介しました。高身長の彼に小柄な可愛い女性は、周囲から見ても理想のカップルですね。

しかし、高身長の男性はメリットも多い反面、実際には二人のペースを合わせるのに大変なこともあります。

これから恋人を探すという人は、自分の身長との差をポイントにして考慮するのもおすすめです。結婚の可能性など、長く付き合う相手なら、出来るだけ自然な付き合いが出来るようにしたいものです。

関連記事