好きな人

好きな人に電話をして仲を深める方法!きっかけ作りや話題は?

好きな人との電話は意外と難しいもの

この記事で伝えたいポイント

・好きな人と電話をするきっかけの作り方

・どんな話題を選べば良いのかをご紹介

・緊張してしまうときの対処方法

・自分から電話するときの頻度について

好きな人とだんだん仲が深まってくると、そろそろLINEやメールだけではなく電話で話したいと思うこともあるでしょう。しかし、電話をかけるのは勇気が必要です。この記事では、好きな人とスムーズに電話ができる方法やヒントをご紹介します!

好きな人に自分から電話をかけるきっかけ

好きな人に電話をしたいけれど、きっかけがなくて自分からかけることができないこともあります。そのようなときは、きっかけを待つのではなく自分で作ることが大切です。きっかけを作るのは難しいことではないので、ぜひ試してみてくださいね。

きっかけ作りのヒント

二人の共通の話題をきっかけにすると、その後の会話もスムーズにすることができます。思い切って「話したかったから」と素直に伝えるのもおすすめです。

相談したいことがあると伝える

相手に相談したいことがあると言って電話をかける方法です。相談内容は人間関係についてでも、仕事や勉強のことについてでもOKです。しかし、重すぎる内容だと相手は答えにくいので避けた方が良いです。

相談するために電話をかけるのは、最も自然だと言えます。また、自分は相手のことを信頼しているということを伝えることができるので、さらに仲を深めることができます。

共通の趣味やテレビ番組を使う

共通の趣味がある場合はそれをきっかけに電話をかけるのがおすすめです。共通の話題がない場合は、相手の趣味に興味を持って始めてみるのも良いでしょう。

例えば、お互いスポーツ観戦が好きな場合は「昨日の野球観た?」というセリフできっかけを作ることができます。ドラマやバラエティ番組でも同様にきっかけを作ることができます。まずは相手の趣味や好みを把握することから始めてみてください。

相手の体調や状況を気に掛ける

寒くなって体調を崩しやすくなってきたときにおすすめの方法です。季節に関係なく、学校や職場で会ったときに具合が悪そうにしているときにも使うことができます。

また、相手の仕事が忙しかったり試験が近くなって来たりしたときに、「無理せず頑張って」と伝えるために電話をするのもいいでしょう。この方法だと相手にあなたの思いやりの気持ちを伝えることができます。

勉強や仕事で分からないことを聞く

学生の場合は勉強や部活動のことで分からないことを聞きたいという口実で電話をすることができます。社会人で同じ職場の場合は仕事の疑問点について聞いてみましょう。

共通の趣味がある場合は、その趣味のことで聞きたいことがあると言って電話をすると良いです。趣味のことで電話をすることができれば、「今度一緒に行こう」とお互い誘いやすくなり、デートにつながる可能性がアップします。

「話したかったから」と伝える

なかなかきっかけを作れない場合は、「話したかったから電話した」と素直に伝える方法がおすすめです。ただし、この方法は他のものよりも勇気が必要になりますし、相手にあなたの気持ちが伝わる可能性もあります。

このようなセリフを言われると、誰でもドキッとしますしあなたを意識し始めるでしょう。ただし、まだあまり仲良くないのにこのセリフを言ってしまうと逆効果になることもあるので気を付けてください。

「夢に出てきたから気になった」と伝える

「あなたがに出てきたから、気になって電話した」と伝える方法です。この方法は、なかなか会えないときや長期間電話していなかったときにおすすめの方法です。お互いの近況を話題にしながら自然に話すことができます。

相手にどんな夢を見たのかを伝えることで、いつも気にかけていることをアピールすることができます。女子高校生や女子大生に特におすすめのきっかけ作りと言えます。

好きな人から電話をかけてもらうきっかけ

自分からではなく好きな人から電話をかけてもらう方が、気が楽で緊張しなくて済むと思うこともあります。しかし、相手の行動はある程度しかコントロールできないので、電話をかけてもらうのは難易度が上がります

電話をかけてもらう用事を作ることが大切

男性は用事がないと電話をかけようとしない傾向があります。何とかして用事を作ることで、電話をかけてもらいやすくなります。

同じ係や仕事の担当になる

同じ仕事を引き受けることで、その仕事上必要な連絡を電話で伝えてくれるようになります。この方法は、電話をかけてくれる可能性が一番高くなると言えます。なぜなら、相手は電話をかける用事があるからです。

また、その仕事での疑問点や悩みなどを電話で話してくれるようになるでしょう。最初は事務的な会話ばかりでも、仕事を通じて仲良くなれれば少しずつプライベートの話をすることができます。

同じ趣味を持っていることをアピールする

同じ趣味を持っていると、相手はあなたと趣味についていろいろ話したいと考えます。そのため、同じ趣味を持っている場合は相手にそのことが伝わるようにアピールしてくださいね。

もし、趣味が同じでない場合は相手と同じ趣味を始めることがおすすめです。自分も同じ趣味を始めたと知ってもらうことで、相手は初心者のあなたに教えたり話したりしたいと考えるでしょう。

ワン切りして間違ったフリをする

相手にワン切りをして、その後に折り返しの電話を待つ方法です。相手はあなたからの着信に気付き、気になって電話をかけてくれるでしょう。少しズルい方法なので、仲の良い人にだけ試すのがおすすめです。

ただし、この方法を使ったときは必ず相手に間違えてしまったことを謝ってください。そうしないと、相手はあなたのことを非常識な人だと勘違いします。最初に謝ってから、その後に会話を続けられるようにしておくのが良いです。

愚痴でも何でも聞くことを伝える

相手が悩んでいたり忙しそうにしていたりするときにおすすめの方法です。相手に「愚痴でも何でも聞くからいつでも頼って」と伝えておくことで、電話をかけるのを暗に促します。こうすることで、相手にあなたの優しさや器の広さをアピールすることができます。

電話がかかってきたらじっくり相手の話を聞いて悩みを受け止めてください。あなたのことが頼りになると思えば、相手はその後も電話をかけてくれるようになります。

好きな人との電話ではどんな話題を選ぶ?

好きな人と電話でどんなことを話して良いか分からないこともあるでしょう。とりとめのない会話でも良いですが、できれば次の電話やデートにつながるような内容にするのがおすすめです。

聞き上手になれるように努力することが大切

自分が一方的に話すのではなく、できるだけ聞き役になるようにしましょう。相手が口下手な人であれば、上手に話を引き出せるようにするのがベストです。

お互いに相談し合う

自分の悩みを好きな人に相談したり、好きな人の悩みを聞いたりするのがおすすめです。なぜなら、相談するということは相手を信頼して気を許している証拠ですし、心の距離がさらに縮まるからです。

悩みはいろいろありますが、できるだけ暗くなりすぎない内容にしましょう。例えば、人間関係に関するアドバイスや仕事や勉強の仕方について話を聞いてもらうというのが良いです。

共通の趣味について話す

共通の趣味がある場合には、そのことについて話すのがベストです。なぜなら、二人だけで共有できる内容ですし、会話が盛り上がりやすいからです。あっという間に時間が過ぎてしまうでしょう。

盛り上がり過ぎて遅くまで話し込まないようにした方が良いです。電話の切り方は「もう遅いから、また話そう」のように次につながるようなセリフで終わるのがおすすめです。夜更かししないように相手を気遣うことも大切です。

お互いの近況を報告し合う

久しぶりに電話をする場合はお互いの近況を報告し合うのが良いでしょう。相手の今の状況を知ることができるので、そこから話を広げることができます。

例えば、相手が試験に合格したり昇進したりしていると、お祝いしたいという口実で会う約束まで取り付けることができる可能性があります。

相手が落ち込んでいるようであれば、励ますために一緒に食事に誘うことも可能です。相手の状況に応じて、次につなげることができます。

学校や仕事での出来事を話す

好きな人が同じ学校や同じ職場の人である場合は、共通の知人の話題や変わった出来事などを話題にすると話が盛り上がります。相手も興味を持って聞いてくれた上で、その日の出来事を話してくれるでしょう。

このような他愛のない会話で盛り上がれると、さらに仲良くなることができます。相手はあなたを身近な存在として認識するようになり、相手からの連絡が増える可能性がぐんとアップします。

以前話していた話題を持ち出す

「前話していた○○はどうなった?」のように、以前話したことがその後どうなったかのを聞くと話題を作りやすいです。このような話題は相手の近況や心情まで知ることができるので、相手の気持ちを察したいときにおすすめです。

また、相手は自分のことをきちんと覚えていて気にかけてくれているのだということを実感します。あなたの気遣いを感じることができ、嬉しく思ってくれるでしょう。

最近のテレビやニュースの話をする

最近流行っていることは話題にしやすいですし、気軽に話すことができておすすめです。例えば、オリンピックやワールドカップなどのイベントは誰もが注目するので共通の話題にしやすいです。

ただし、政治や世界情勢などのような難しい内容は避けた方が良いです。なぜなら、相手は詳しく知らない可能性がありますし、政治的考え方がお互いに異なることがあるからです。

恋愛に関する話題を出す

ある程度仲が良ければ、思い切って恋愛の話をしてみるのも良いでしょう。好きな異性のタイプやドキッとする異性のしぐさなどを聞いて情報を集め、相手好みの人物になろうと意識するのもおすすめです。

恋愛の話になったときは、あなたも過去の恋愛や好きなタイプについて聞かれることになります。そのときに以前付き合っていた人の悪口や誰かを貶すようなことを言うのは、相手を不快にさせるので止めましょう。

思い切って食事やデートに誘う

まずは、今流行っているレストランやレジャースポットの話を話題にしてください。徐々に相手が興味を持ってくるので、そのタイミングで「一緒に行こう」と誘ってみましょう。

相手が興味を示していないときはあまり乗り気ではないので、誘うのは止めた方が良いです。相手のリアクションを見極めながら会話をしなければならないので、少し難しいと感じてしまうこともあります。

好きな人との電話で緊張してしまうときはどうする?

好きな人と電話をするときに緊張してしまうのは無理ありません。相手がどう思っているのか気になったり反応が悪かったらどうしようと不安に思ったりするのは誰のでもあることです。

緊張しすぎないようにしながら適度な緊張感を持って会話するようにしましょう。

会話を楽しもう

せっかく好きな人と電話できるチャンスなので、できるだけ会話を楽しむようにすると良いです。楽しめるようにリラックスできる環境を作ることも大切です。

イメージトレーニングをする

どんな内容を話すかをイメージトレーニングしておくと、実際に電話で話す時に不安が和らいで落ち着くことができます。緊張で頭が真っ白になりそうであれば、話したい内容をあらかじめメモしておくのがおすすめです。

イメージトレーニングによって頭の中が整理され、自分の考えや思っていることがはっきりとしてきます。そのため、相手の話に対してスムーズに返すことができるようになります。

事前に電話しても良いか確認しておく

好きな相手にLINEやメールで「今日○時頃に電話しても良い?」と事前に聞いておきましょう。そうすることで電話をかけなければならない状況を作ることができ、勇気を振り絞りやすくなります

また、事前に確認しておくことで「電話に出てくれないかもしれない」という不安を取り除くことができます。確実に電話で話せる状況を作れるので、それまでにしっかりと心の準備をすることができます。

無言を恐れない気持ちを持つ

途中で会話が途切れてお互い無言になってしまうと、気まずくて嫌だと思うこともあります。しかし、無言の時間を恐れないことが大切です。

無言の時間があるということは、お互いに変に気を遣わない関係であると言えます。なぜなら、気を遣う関係であれば無言の時間が生まれないように、どちらかが無理して会話を続けようとするからです。

無言になるのはお互いが自然体でいられる関係だという証拠です。

静かで落ち着く場所で電話する

好きな人と電話をするときは、自宅などの静かで落ち着ける場所で話すのがおすすめです。なぜなら、騒がしい場所だと声が聞き取りにくかったり相手に不快な思いをさせてしまったりすることがあるからです。

また、落ち着ける場所の方が冷静に相手の気持ちを察することができ、焦ることなく心地良く会話をすることができます。落ち着ける場所でリラックスしながら話すようにしましょう。

明るくはっきりとした声で会話する

緊張してしまうと、つい早口になったり小声になったりして相手と上手く会話が成り立たないことがあります。せっかく電話できてもこれではとても勿体ないですし、相手を困らせてしまいます。

できるだけ明るい声ではっきり話すように心がけてください。早口になると余計緊張が増します。そうならないためには、ゆっくりと心を落ち着けるイメージで話すことが大切です。そうすることで少しずつ余裕が出て来るでしょう。

自分から電話するのはどのくらいの頻度がいい?

好きな人とは毎日電話をして声を聞きたいと考えることもあります。しかし、毎日の電話は相手に迷惑をかける恐れがあるので絶対に止めましょう。もどかしいけれど、週に1回か2回くらいの頻度が望ましいと言えます。

好きな人との関係性によってベストな頻度は異なる

とても仲が良いのであれば、週2回のペースでOKです。しかし、まだ完全に打ち解けていないと感じる場合は週1回かそれ以下に抑えましょう。

ある程度仲が良い場合は週に1回

電話できる仲ではあるけれど、完全に打ち解けているわけではない場合は週に1回程度にとどめておくと良いです。なぜなら、あまり頻度が多いと相手は煩わしく感じる恐れがあるからです。

逆にあまりにも電話しないでいると、相手はあなたに興味を持っていたとしても脈なしだと判断して諦めてしまいます。最適な頻度を見極めるためには、自分と相手との関係性を冷静に分析することが大切です。

とても仲が良いと言える場合は週に2回

お互いに完全に打ち解け合っていて、何でも相談できるという場合は週に2回がベストだと言えます。なぜなら、これくらいの頻度であれば相手のプライベートの邪魔にならないからです。

相手があなたともっと話したいと思っていると、相手の方からも電話がかかってくるでしょう。そのため、あなたからの電話は週2回にとどめておく方が良いです。

用事がないのにほぼ毎日電話するのはNG

特に用事がないのに毎日電話をするのはNGです。なぜなら、相手の迷惑になって煩わしく思われる可能性があるからです。特に、相手が忙しいときは電話する頻度や時間を考えなければなりません。

あまりに自分勝手に電話を続けていると、相手はあなたのことを気遣いをしてくれない人だと判断します。最悪の場合嫌われたり避けられたりしてしまい、恋が叶わなくなる可能性もあります。

しばらく間を空けて焦らすのもあり

例えば、1ヶ月間は週に1回か2回ほどの頻度で定期的に電話をかけ、あるときを境にこちらから電話をかけるのを止めてみてください。相手はあなたからの電話が無いのを寂しく思い、電話をかけてきてくれる可能性が高まります。

このような方法をとることで、バランス良くお互いに電話をかけ合う関係を作ることができます。お互いに対等な関係を築くことができますし、電話で話す話題にも困らなくなります。

相手の都合や性格も考えて電話をうまく使おう

電話は離れていても相手の声を直接聞くことができるとても便利なものです。しかし、相手の都合を考えずに毎日のように電話をしてしまうと嫌われてしまうことがあるので頻度には気を付けなければなりません

電話で話すときはできるだけリラックスした状況で、共通の話題を提示するのがおすすめです。そうすることで緊張を和らげながら純粋に会話を楽しむことができるでしょう!

関連記事