好きな人

好きな人の誕生日で差をつける!恋人へ近道できるお祝いの方法

好きな人の誕生日にはやっぱり特別なことがしたい

この記事で伝えたいポイント
  • 好きな人の誕生日にすべき準備
  • プレゼント選びのポイントと効果的な渡し方は?
  • 誕生日に手紙、LINE、電話でお祝いするコツは?
  • 好きな人の誕生日にできるサプライズ
  • 好きな人の誕生日に告白するのはあり?

好きな人の誕生日は、年に一度やってくる好きな気持ちを伝えるチャンスの日です。まだ付き合っていない人の誕生日には、どんなお祝いやプレゼントをすると、今後の関係にいい影響が出るのでしょうか。

あなたと好きな人との関係によって、相手に喜んでもらえるお祝いの仕方もあれば、絶対にやってはいけないプレゼントもあります。そこで、好きな人に喜んでもらえる誕生日のプレゼントやLINEや手紙などの贈り方などをまとめました。

好きな人に誕生日何かしてあげたい。準備しておくことは?

プレゼントやお祝いは、自分本位になると相手に負担をかけることがあります。例えば、使わないものや自分の趣味とまったく違うものをもらっても、相手に迷惑になりますし、自分のことを理解していないと思われることもあるので注意しなくてはいけません。

いずれ付き合いたいと思っている相手なら、こうした失敗を避けるために事前の準備をしておきましょう。

プレゼントはあげたいものを選ばない
好きな人に限らず、プレゼントはあなたが贈りたいものではなく、相手がもらって嬉しいものを贈らなくてはいけません。相手の立場に立って、どんなプレゼントが嬉しいか考えて予算や中身を決めるようにしましょう。

数か月~数週間前からリサーチを始めておく

好きな人の誕生日が近付いてきたら、相手の好みや欲しいもののリサーチを始めましょう。まずは、相手が身に着けているものや、持っているものをチェックしましょう。好きなものの傾向が分かれば、プレゼント選びに役立ちます。

好きなブランドやよく買い物に行くショップ、好きな芸能人やアーティストを理解しておくのもおすすめです。好きな人の情報は多ければ多いほど、相手が喜んでくれるお祝いをしてあげられるようになります。

会話を増やして親しくなっておく

誕生日に向けて、少しずつ会話を増やしておくことも大切です。会話の中で、相手が欲しいものが分かる場合もありますし、誕生日当日の約束もしやすくなります。

可能ならLINEを交換する程度まで仲良くなれていれば、誕生日のお祝いがしやすくなります。誕生日に告白したいと思っている人は、事前に仲良くなってあなたが好意を持っていることを何となく伝えておくと成功率がアップしますよ。

SNSをチェックする

好きな人がSNSをしているなら、事前にチェックしておくのもおすすめです。何気なく「○○が欲しい」「〇〇に行きたい」と書かれていることもあるのでお祝いのヒントになります。

会話が苦手な人は、SNSで事前に親しくなっておくのもいいでしょう。頻繁にコメントやメッセージをすると警戒されるので、少しずつ会話を増やして徐々に仲良くなってください。

誕生日をお祝いするための協力者を探す

可能なら、好きな人の誕生日をお祝いするための協力者を作っておくと安心です。共通の友達や好きな人と仲の良い人に相談して、協力してもらえると誕生日のお祝いが成功しやすくなります。

他の人に知られるのは恥ずかしいという人は、好きな人に直接相談するのもいいでしょう。「もうすく好きな人の誕生日なんだけど、どんなプレゼントがいいと思う?」と聞いてアドバイスをもらうと、当日はロマンチックな告白ができます。

誕生日の予定を聞く

ある程度準備ができたら、本人に直接誕生日の予定を聞いてみましょう。約束がないようなら、自分がお祝いしたいことを伝えて時間を作ってもらいます。当日が難しい場合は、前日でもいいでしょう。

好きな人が仕事などで忙しい場合は、少し時間を作ってもらってプレゼントを渡すか電話やLINEでのお祝いを考えましょう。社会人になると、誕生日は特別な日ではなくなってくるので無理は禁物です。

好きな人に誕生日プレゼントを選ぶポイント

まだ恋人になっていない人へのプレゼントは、やみくもに選ぶと失敗することがあります。しっかりポイントを押さえておかないと、引かれたり重たいと思われたりするので注意が必要です。

プレゼントすることで相手に負担をかけてしまうと、今後の2人の関係に悪影響を及ぼすこともあるので、プレゼント選びのポイントをご紹介します。

2人の関係次第で予算も変わる
好きな人の誕生日だからといって、奮発すればいいというものではありません。挨拶を交わす程度の相手なのか、一緒に食事などに出かける相手なのかで、かけるべき予算にも違いがあるので、しっかりチェックしてください。

付き合っていなければ高額なものはNG

好きな人が恋人でなければ、高額なものを渡すのはNGです。重たいと思われる危険もありますし、お返ししなくてはいけないという悩みを抱えさせてしまう場合もあります。

相手の金銭感覚でも違いはありますが、気軽に受け取れる金額は3000円程度までです。好きな人といい関係になっていれば、5000円程度のものでもいいでしょう。相手に負担をかけない額を考えて、プレゼントを選んでください。

定番のものや日常使いできるものを選ぶ

付き合っていない人にプレゼントする場合は、奇をてらったものは避けましょう。なぜなら、相手の好みと大きくズレてしまうと「この人は自分のことを理解していない」と思われてしまうからです。

男性にプレゼントするなら趣味のものや仕事で使えるもの、女性なら日常で使うものや消耗品などがおすすめです。恋人になるまでは、面白いものや珍しいものではなく確実に喜んでもらえるものを選びましょう。

友達ならアクセサリーは避ける

友達や同僚という関係なら、ネックレスやピアス、リングなどのアクセサリーを渡すのは危険です。身に着けるものは個人の趣味が分かれるものなので、プレゼントをしても迷惑に思われることがあります。

アレルギーがある可能性もありますし、そもそもアクセサリーを付けるのが嫌いな人もいます。友達という関係であれば、重たく感じさせる場合もあるので、消耗品など軽い気持ちで受け取れるものにしましょう。

物ではなく体験をプレゼントするのもアリ

グループで遊びに行く程度の相手や、職場で顔を合わせる程度の相手なら、映画やコンサートなどの体験をプレゼントするのもおすすめ。後に残らない割には、思い出にしっかり残るの贈り物なので、今後の付き合いにもいい影響が出るはずです。

一緒に行ける相手なら、プレゼントするのと一緒にデートをするのもいいでしょう。但し、相手の趣味に合ったものにして、あなたの趣味を押し付けないよう注意してください。

自己満足にならないように注意する

プレゼントは自己満足になると、相手に負担をかけてしまいます。例えば、次のようなものは避けなくてはいけません。

好きな人へのNGな誕生日プレゼント
・自分が作詞作曲した曲、または演奏
・手作りのもの
・自分の好みを押し付けるようなもの
・ブランド品など高価なもの
・お揃いの服や雑貨
・自分の好きなアーティストのコンサートチケット

相手が引いてしまうと、今後付き合うことが難しくなってしまいます。自分が贈りたいものではなく、相手がもらって嬉しいものは何かを考えてお祝いしまいしょう。

誕生日当日はどうやってプレゼントを渡す?

誕生日プレゼントを準備して、いよいよ誕生日当日になったら、どんな風にプレゼントを渡すのが理想的でしょうか?今後、恋人になりたい相手なら渡し方にも気を使った方がいいでしょう。

そこで、好きな人に好印象を持ってもらえるようなプレゼントの渡し方のアイデアを見てみましょう。プレゼントは完璧でも、渡し方に失敗すると残念な結果になることもあるので要チェックですよ。

友達なら凝った演出はなくてもいい
友達や知り合い程度の関係なら、変に凝った渡し方でなくても大丈夫です。誕生日当日に約束を取り付けるのも大変な状況なら、会った際にサラッと渡してもあなたのことは好きな人の印象に残ります。

デートに誘ってプレゼントを渡す

事前の準備の段階で誕生日の当日に予定がないようなら、数日前にデートを申し込んでみましょう。誰でも、誕生日を1人で過ごすのは寂しいと感じているので、デートにも応じてくれやすくなります。

一緒に食事をした後に、プレゼントを渡して好意があることを伝えれば、そのまま恋人になれる可能性も高まります。この時のポイントは、できるだけデートの時間を短く設定することです。その方が、あなたに好印象を持ってもらいやすくなります。

少し時間をもらってプレゼントを渡す

誕生日当日にあまり時間をもらえなかった場合は、少し時間をもらってプレゼントを渡しましょう。約束するときは「10分時間貰っていい?」というように、必要な時間を伝えるとOKがもらいやすくなります。

プレゼントを渡す場所も、可能な限り雰囲気の良い場所を選ぶようにしましょう。仕事関係の相手なら「誕生日だからランチ奢るよ」と気軽に誘って、そこでプレゼントを渡すのもいいでしょう。

親しい場合はサプライズで渡す

一緒に食事できるような相手なら、サプライズをすると喜ばれます。バーやレストランに頼んで、サプライズケーキを準備してもらうのは定番ですが男女ともに喜ばれます。

他にも、ディナークルーズでのお祝いなどもサプライズ感があって素敵な誕生日になるでしょう。仲間を集めてサプライズを企画すると、相手からの印象もアップします。

誕生日に手紙を渡したい!方法や書き方は?

メールやLINEが主流になっている昨今だからこそ、手書きのメッセージの方が相手の心に届きやすいということもあります。

あまり親しくない相手から、恋人まであと一歩という相手まで、使える手紙でのお祝いアイデアをご紹介します。心を込めた手書きのメッセージで、他の人と差を付けましょう。

手紙を渡すなら長文はNG
どんな手紙を渡すにしても、長文の手紙は絶対にNGです。長文の手紙は、相手に重たいと思われてしまうので、好きな人に贈るには不向きです。短く読みやすい文章でも、あなたの気持ちはしっかり伝わります。

気軽にバースデーカードを渡す

それほど親しくない場合は、手紙を渡すと重たいと思われる可能性があります。それを避けるために、気軽に贈れるバースデーカードを選ぶと安心です。

「誕生日おめでとう。いつも頑張っている姿に、私(僕)も元気をもらっています。ありがとう」といった短いメッセージを書いて贈ると、相手に負担をかけずにあなたの好感度を上げることができます。

同じ会社なら差し入れにメッセージを添える


同じ会社や頻繁に会う仲間なら、差し入れにメッセージカードを添えるか、パッケージに直接お祝いメッセージを書きましょう。

差し入れという形なら相手も気軽に受け取れますし、手書きのメッセージがあることでただの差し入れではないことも伝わります。「〇〇さん、誕生日おめでとう!いつもお疲れ様です」といった一言でも、相手に好意を伝えるにはじゅうぶんです。

苗字ではなく名前を記入する

誕生日に贈るメッセージには、苗字ではなく下の名前を必ず記入しましょう。親しみが湧きますし、特別感を演出することができます。

普段は苗字で呼び合っている間柄でも、名前を書くことで好きな人をドキッとさせることができます。但し、立場上慣れ慣れしくなると悪影響が出る場合は、節度を守って不快感を与えないよう配慮してください。

誕生日にLINEでお祝いしたい!送り方や内容は?

私たちの連絡の主流になっているLINEは、誕生日のお祝いメッセージを贈るのにも最適です。好きな人に喜んでもらえるLINEのコツを把握して、恋人への階段を一段上がりましょう。

好きな人に好感を持ってもらえるLINEや、送信するときの注意点などをチェックして、誕生日には素敵なお祝いメッセージを贈ってください。

これから親しくなるならLINEが一番
好きな人と友達の関係なら、プレゼントを贈ったり当日会ったりするより、LINEでお祝いするのが一番です。失敗もありませんし、あなたが好意を持っていることも文章次第でしっかり伝えることができます。

誕生日当日の0時を狙ってLINEを送る

定番の方法ですが、好きな人の誕生日の日付に変わった瞬間にLINEを送ると、特別な印象を与えることができます。但し、深夜のLINEなので「遅くにごめんね」という一言を付け加えると好印象です。

また、LINEをやり取りしようとせず、お祝いの言葉を送ったら「また明日ね」などの言葉で締めくくりましょう。特に、男性へのLINEはやり取りしようとすると面倒がられることがあるので注意しましょう。

親しい関係でなければ誕生日のお昼に送る

あまり親しくない相手だと、日付が変わった深夜にLINEを送るのは非常識だと思われることがあります。普段、それほど会話をする機会のない相手なら、当日のお昼休憩の時間を狙ってLINEを送りましょう。

LINEだけでお祝いするなら、当日の19時以降で相手がリラックスしている時間がおすすめです。ゆっくりしている時間なら、LINEのやり取りができて好きな人と仲良くなるきっかけにできます。

メッセージは短くストレートにする

手紙と同じで、LINEでも長文のメッセージを送るのはNGです。「誕生日おめでとう!素敵な一年にしてください」という一言でもじゅうぶんなので、相手が一目で誕生日のメッセージだと分かる文面にしましょう。

また、メッセージには相手への感謝や誉め言葉を一言付け加えると好印象です。「いつも相談にのってくれてありがとう」「○〇さんが頑張っている姿に元気をもらっています」という風に、相手が嬉しくなる一言を考えてください。

ラインで音楽をプレゼントする

ラインを使って音楽をプレゼントできるサービスがあるので、相手が好きなアーティストの曲やあなたの気持ちに近い歌詞の音楽をプレゼントするのもロマンチックです。

ベストなのは、相手が好きなアーティストが歌っている片思いの曲です。好きな人の心にダイレクトに気持ちが伝わるので、誕生日プレゼントと一緒に告白もできます。歌で気持ちを伝えると、言葉で告白するのとは違って、その場で返事をもらわなくていいのも助かります。

LINEギフトを使ってプレゼントを贈る

LINEでは、コーヒーやお買い物券などを贈れるLINEギフトというサービスがあります。これを使ってプレゼントすると、実際会えない相手にもプレゼントを贈ることができます。

LINEスタンプをたくさん使う人なら、LINEスタンプがおすすめです。コーヒーを買うのが習慣になっているなら、コンビニやコーヒーショップのお買い物券もいいでしょう。好きな人が喜んでくれるようなプレゼントを選んでください。

スタンプでドキッとさせる

誕生日のメッセージと一緒にスタンプを送ると華やかなメッセージになりますが、そのスタンプにも少し工夫してみましょう。

例えば、「これからも仲良くしてね」という言葉と一緒に、男の子と女の子が手をつないでいるスタンプやキャラクターがハグしているスタンプなどにすると、もらった相手をドキッとさせることができます。但し、あまり親しくない関係だと重くなってしまうので、定番の誕生日用スタンプにする方が安心です。

絵文字などの装飾を使いすぎない

LINEを送る場合は、絵文字などで装飾しすぎないように気を付けましょう。軽い印象を与えてしまい相手に引かれることがありますし、真剣な気持ちが伝わらない可能性もあります。

友達とは明らかに違いを出す意味でも、装飾は少なめにしましょう。また、顔文字も多用すると、うるさいイメージになるのでシンプルさを心がけてください。シンプルな中に、1つハートマークを加えると相手をドキッとさせることができます。

誕生日に電話をかけたい!時間帯や内容は?

誕生日に電話でお祝いを伝えたい場合は、どんなことに気を付けるといいのでしょうか?LINEとは違い、電話は相手の時間を拘束するので、かける時間帯には配慮が必要です。忙しい時間や寝る直前に電話をすると、好きな人に負担をかけてしまいます。

このように、誕生日に電話をする際にベストな時間帯や注意点、話す内容について見てみましょう。

電話をする場合は事前のリサーチが必要
電話をする場合は、事前に好きな人がゆっくりしている時間を調べておくと安心です。可能なら事前に、帰宅時間や寝る時間、習い事などをしている曜日がないかのチェックをしておきましょう。

電話する時間帯は19~21時がベスト

19~21時は、人が一番リラックスしている可能性が高い時間帯です。その時間を狙って電話をすると、相手もゆっくり話ができるので良い雰囲気で会話ができます。

但し、人によってライフスタイルは違うので、相手が何時ごろ電話すると迷惑にならないか調べておくと安心です。これから親しくなる場合は、電話番号を聞いたときに「何時ごろ電話すると迷惑にならない?」と聞いておくといいですね。

長電話にならないよう注意する

親しくない関係なら、長電話にならないように注意しましょう。相手が少しでも疲れを感じてしまうと、今後の関係に悪影響になります。特に男性や電話が苦手な女性は、5分以上話していても疲れを感じることがあります。

好きな人とは1秒でも長く話していたいものですが、相手が「もっと話してもいいのに」と思うくらいの時間で切るのが、好感を持たれる電話のコツです。誕生日のお祝いメッセージと、好きな人に伝えたいことを簡潔に話して上手に会話を切り上げましょう。

切る直前の言葉に注意する

電話を切る直前の言葉は、その後記憶の中に残りやすいのでとても重要です。「じゃあね」とあっさり切らずに次のような言葉で締めくくってみましょう。

電話を切る直前に言うベストな言葉
・今日は声が聞けて嬉しかった、ありがとう!
・明日の仕事も頑張ってね、楽しかったよ。
・今度一緒にお祝いできたら嬉しいな、今日はありがとう。

電話を切るときの一言は、感謝の気持ちや前向きな言葉がベストです。グズグズと会話を引き延ばすと、好きな人に悪い印象を持たれることもあるので、早めにサラッと切り上げて印象に残る一言を伝えるようにすると印象が良くなります。

好きな人の誕生日にできるサプライズとは?

好きな人の誕生日は、特別な演出をして喜んで欲しいですよね。ただ、恋人という関係ではないので、サプライズをしようと思っても難しいでしょう。

そこで、好きな人の負担にならずドキッとしてもらえるようなサプライズのアイデアを集めました。誕生日当日に会える場合と、会う時間がない場合、どちらにも使える素敵なサプライズを見てみましょう。

行き過ぎたサプライズには注意
恋人ではない相手に行き過ぎたサプライズをすると、引かれてしまう危険があります。時間を使わせることや時間を指定しなくてはいけないようなサプライズは、相手の負担になることがあるので注意しましょう。

普通の食事と思わせてケーキを準備する

「ちょっと相談したいことがある」「〇〇のことで聞きたいことがあって」など他の理由をつけて、好きな人の誕生日当日に食事に誘ってみます。OKだったら、お店の人のお願いしてサプライズでケーキを準備して、食事の最後の方で出してもらいます。

かなり定番の方法ですが、定番になっているだけあって効果は絶大です。「大切な日なのに、時間作ってくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えると、よりあなたの印象がアップするので試してみてください。

オルゴール付きのプチギフトを渡す

誕生日当日に会う時間がなければ、オルゴール付きのメッセージカードやブリザーブドフラワーを渡しましょう。誕生日のプレゼントということは言わず、サラッと渡して別れるようにするとサプライズ感が増します。

好きな人が家に帰ってカードやプレゼントを開くと、オルゴールが流れるというロマンチックな演出ができるので、忙しい相手や平日が誕生日の相手には最適です。オルゴールの曲も、あなたの気持ちに近いものを選ぶとそれとなく告白もできます。

花束で特別感を演出する

特に女性に人気があるのは、大きな花束のプレゼントです。ある程度仲が深まっていれば、両手で抱えるほどのお花をもらうと驚きと一緒に喜びも大きくなります。

あまり親しくない場合は少し重く感じるサプライズなので、好きな人との距離感によって判断してください。男性には、シックなラッピングで花を一輪あげるのもおすすめです。一輪なら家にあるコップなどに挿せるので、花瓶を持っていない男性でも迷惑になりません。

友達みんなでサプライズパーティーをする

2人っきりで会う勇気はないけれど、好きな人の印象に残る誕生日をしてあげたいなら、友達を誘ってサプライズパーティーをしてあげましょう。

共通の友人を数人集めて、レストランやカフェでパーティーを開催します。数人いれば会話に困ることもありませんし、その場で関係を深めることもできます。友達が、あなたがパーティーの開催を言い出したと伝えてくれれば、よりあなたの印象はアップするはずです。

好きな人の誕生日に告白するのはあり?

誕生日にお祝いするということは、相手には好意があることを伝えているようなものです。その流れのまま告白した方がいいのか、他のタイミングを選んだ方がいいのか、今後告白を考えているなら悩ましい問題です。

そこで、誕生日に告白するのはありなのかどうかを、2人の関係性から見ていきましょう。好きな人との日頃の距離を想像しながらチェックしてください。

告白は相手の態度を見てから決めると安全
誕生日には、相手がどんな反応をするか分からないものです。特に、まだ友達という関係なら喜んでくれるかどうかも判断に困ります。ですから、告白をするかどうかは誕生日をお祝いしたときの相手の反応を見て決めてもいいでしょう。

あまり親しくなければ時期を待つ

あまり親しくない人に告白されると、どう返事をしていいか分からず断ってしまうことが多くなります。ですから、関係が深まっていなければ誕生日の告白はやめた方がいいでしょう。

誕生日をきっかけに親しくなり、2人で会話する時間や出かける機会を増やし、ある程度相手に好意があることを伝えた後で告白する方が成功率がアップします。

仲の良い相手なら告白は成功しやすい

誕生日までに仲良くなれている場合は、相手の反応を見ながら告白してみましょう。好きな人がフリーなら、自分の誕生日は寂しさを感じやすい時期です。そのタイミングで告白すれば、OKをもらいやすくなります。

あなたのお祝いメッセージやプレゼントに対して、素直に嬉しそうにしてくれていたら、その流れでデートに誘うか好きな気持ちを伝えてみると、恋人になれる可能性が高くなります。

誕生日当日デートする関係なら告白しよう

誕生日に好きな人と一緒に過ごせるなら、相手もあなたに好意を持っている可能性がとても高いので告白のチャンスです。

誕生日にデートに誘われた場合、好きな人でなければ誤解させるといけないので大抵の人は断ってしまうものです。しかし、デートを受け入れてくれたのなら、一緒に誕生日を祝った後にロマンチックな場所に移動して告白してみましょう。

お互いに印象に残る素敵な誕生日にしよう

好きな人の誕生日は、お祝いの仕方次第では恋人になれるチャンスですが、失敗すると重いと思われる危険な日でもあります。好きな人との距離感をしっかり把握して、相手を困らせないお祝いの仕方を考えて計画してください。

お互いにとって印象深い素敵な誕生日を演出できれば、好きな人との距離が近くなり、これからの関係にいい影響が出るはずです。

関連記事