告白

告白を成功させる10ヵ条。おすすめの告白の仕方やセリフも!

告白には事前準備や予行練習が大切

この記事で伝えたいポイント

告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条

・告白に適した3つのベストなタイミング

編集部おすすめ!成功する告白の仕方・シチュエーション

・編集部おすすめ!告白に最適な場所

・編集部おすすめ!成功率が上がる告白のセリフ

・告白が失敗してしまうケースは?

・相手から告白を保留にされてしまう3つの理由

・告白に失敗しても気まずくならない方法は?

「気になる人に告白したいが、ベストなタイミングはいつだろう?」「はじめての告白で、どんなやり方であれば告白が成功するのかわからない」というときがありますよね。男性、女性ともに、このような告白に関する悩みを抱えている方は多いと考えられます。

そこでこの記事では、告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条をはじめ、告白のタイミングやシチュエーション、告白のベストスポットなどお伝えしていきます。

告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条

告白を成功させるためには、ただ想いをストレートにぶつければいいというものではありません。実は事前に相手との距離を縮めておく、そして自分に自信をつけることが大切です。

はじめに告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条をお伝えします。これから告白するもの何からはじめていいかわからない方は、ぜひチェックしてください。

告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条は
告白を成功させるためにおさえておきたい10ヵ条は好きな人に恋人がいるか確認する、告白の予行練習をするなどです。また失敗したときのことを考えておくことも大切です。

好きな人に彼氏や彼女はいないか確認しておく

好きな人と恋愛の話をするのは、かなり勇気がいりますよね。けれども告白前に彼氏や彼女がいるかどうかは、必ず確認しておくことをおすすめします。もし相手がフリーであり、また恋人を探しているようであれば、それだけ交際できる可能性も高くなります。

しかし、相手に恋人がいる、なおかつ関係が良好であれば、交際に持ち込むのは非常に難しいでしょう。

二人の関係を深め相手のことをよく知る

これまで連絡をとっていなかった異性や、あまり知らない異性からいきなり告白されても、相手は「急にどうしたの?」と驚くはずです。そのためまずはラインやメール、さらにデートを何回かして、二人の関係を深めていきましょう。

また、好きな人が喜ぶ告白のシチュエーションを知るために、相手の恋愛観を把握しておくことも大切です。

告白の予行練習をして当日の緊張を最小限にする

告白を成功させるには、告白の予行練習をすることもポイントとして挙げられます。というのはきちんと予行練習をすることで、当日の緊張を抑えられるからです。

例えば、友達や鏡の前で予行練習をして、スムーズに告白のセリフを言えるようにしましょう。また告白する前に、告白のセリフを考えておくこともおすすめします。

当日は自信を持って告白できるよう準備する

オドオドして自信がなさそうな人よりは、堂々として自信に満ち溢れた人に告白されたいという人がほとんどです。それゆえ当日は堂々とした姿で告白できるよう、自分に自信をつけることも大切です。

例えば、仕事や勉強、趣味や部活に一生懸命打ち込み、成果を残すことで自信がつけられます。また何かに一生懸命取り組んでいる人は、それだけでキラキラしていて魅力的に映るものです。

告白は相手に直接会ってするのがベスト

告白は直接会って相手に伝えるべきか、それとも電話やLINEで伝えるべきか、迷ってしまうことがありますよね。しかし告白は、やはり好きな人に直接会ってすることをおすすめします。

理由は、男性からの告白であっても、女性からの告白であっても「直接言われるほうがLINEよりも嬉しい」「本気度が伝わってくる」という意見が多いからです。

相手のタイプによって電話で告白する

直接会って告白するのがベストですが、相手がシャイなタイプ、恋愛慣れしていないタイプであれば、電話での告白をおすすめします。LINEの電話を使うのもアリです。

というのは、中には「相手が告白する姿を見ると自分も緊張してしまう」「あの告白するときの張り詰めた雰囲気が苦手…」「その場で告白されると正直に返事しにくい」という意見もあるからです。

どうしても直接言えないならLINEで告白する

「いろいろ事前準備をしたもの、やはりいざ告白となると自信ない…」という方も多いはずです。このようにどうしても直接言えないなら、LINEで告白しましょう。

また、LINEでの告白は直接の告白に比べて、「LINEのほうが気軽に告白の返事がしやすい」といったプラスな意見もあるもの、「LINEだと遊びで言われているのかと思う」といったマイナスな意見もあります。

男性からだけでなく女性からも積極的に告白する

「男性と女性、どちらから告白するべき?」「女から告白したら、男性は引かないだろうか…?」などと、告白するにあたって女性ならではの悩みを抱えてしまうことがありますよね。

しかし、女性からの告白だからと戸惑う必要はありません。「女性から告白されたら嬉しい」「男から告白するのは時代に合わない」と考える男性もいるからです。

失敗したときのことを考えておく

いざ告白したもの「はっきり無理と言われた」「相手が無言になって振られた」と、玉砕してしまうこともあります。けれどもこのように振られるケースも考えて、告白に臨むことが大切です。

というのは、ある程度失敗したときのことを想定しておけば、「もう何も怖いものはない」という気持ちで素直に気持ちを伝えられるからです。さらに心のダメージも軽減できます。

告白は何回目のデートだと成功できるというものではない

告白は一般的に3回目のデートでするものと、考えられていますよね。また1回目や2回目のデートでの告白は早過ぎる、6回目や7回目のデートでの告白となると、遅過ぎて成功率は下がる…などともいわれています。

けれども、3回目や4回目のデートだから絶対成功する、1回目や5回目のデートだと必ず失敗するというわけではありません。告白は二人の関係性と、タイミングが大切なのです。

告白を成功させるにはタイミングが重要

告白にはタイミングが重要で、一歩でもタイミングを間違えると、どんなに事前準備を行ったとしても失敗してしまうことがあります。せっかく好きな人と上手くいっていたのに、タイミングのせいで失恋してしまうのは、やはり避けたいところですよね。

それでは、どんなタイミングであれば告白の成功率が上がるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

告白に適したベストなタイミングは
告白に適したベストなタイミングはお互いのことをある程度知ったとき、相手の心の余裕がある忙しくないときなどです。また相手から恋愛話が出たらそれは脈ありサインととれるので、相手から恋人の有無を聞かれたときもベストなタイミングです!

お互いのことをある程度知ってから告白する

お互いのことをある程度知ってからが、まず告白のベストタイミングとして挙げられます。またここでお互いのことを知り過ぎてしまうと、このまま友達でもいいかな…という気持ちが芽生えてしまうので注意が必要です!

さらに、仲が深まるにつれて相手から脈ありサイン、または脈なしサインが出ているかも、同時にチェックしておきましょう。脈ありサインが出たときも、告白すべきタイミングといえます。

相手から恋愛話が出たところで告白する

相手から恋愛話をはじめたときも、実は告白のタイミングです。

というのは、例えば「○○さんって好きな人いるの?恋人は?」「どんな異性が好みですか?」といった質問には、好きな人の恋愛傾向をもっと知りたいという心理が隠されているからです。つまり相手もあなたに興味があり、告白しても想いを受け入れてくれる可能性は高いです。

相手が仕事や勉強で忙しくないときに告白する

人は心に余裕があるときに告白されると、「付き合ってみてもいいかな?」とポジティブに心が動く傾向があります。それゆえ相手が仕事や勉強で忙しくないときに想いを告げて、告白を成功させましょう!

そうすることで、「仕事が忙しくて、恋人ができても幸せにできそうもない…」「今は恋愛より、勉強に集中したい」といった理由で、断られるのを防げます。

編集部がおすすめする成功する告白の仕方・シチュエーション

「告白の決意はできたもの、どんなやり方で告白すれば気持ちを受け入れてもらえるのだろうか?」と悩んでしまうことがありますよね。

告白の仕方やシチュエーションにも気を配ることで、告白の成功率を高めることができます。相手の恋愛観を把握して、どんなシチュエーションであれば相手は喜ぶか考えてみてくださいね。

成功する告白の仕方やシチュエーションは
成功する告白の仕方やシチュエーションとして夏や冬のイベントで、遊園地デートで、夜景デートで想いを告げることが挙げられます

夏祭りといった夏のイベント時に恋心を告げる

夏といえば夏祭りや花火大会といったイベントが目白押しで、恋人の季節といっても過言ではありません。そんな夏のイベントに恋心を告げれば、相手も気分が高まって告白が成功しやすくなります。

ちなみに、夏前も告白を受け入れてもらいやすくなります。理由はこのとき「そろそろ夏だし、恋人でも探そうかな」という心理になる人が多いからです。

恋人たちのイベントであるクリスマスに想いを伝える

冬のイベントで忘れてはいけないのが、恋人たちの一大イベントであるクリスマスです。クリスマスシーズンはイルミネーションが綺麗で、そんなロマンチックな雰囲気の中告白すれば、成功率もグッと上がるでしょう。クリスマス前やクリスマス後でもOKです。

また、バレンタインデーの日に告白するのもアリです。特にバレンタインデーは女性から男性へ告白するのは不自然ではないため、好きな人に想いを告げたい女性におすすめです。

遊園地デートで二人きりになれたときに告白する

好きな人がテーマパーク好きであれば、遊園地デートで二人きりになれたときに告白すれば、いい雰囲気で想いを告げられます。特に観覧車の中で告白するというシチュエーションは、男性からも女性からも憧れるという声が多いです。

また、どちらかがディズニー好きであれば、ディズニーランドやディズニーシーでの告白もいいでしょう。

夜景デートのあと甘いムードの中想いを伝える

「夏のイベントシーズンでもないしクリスマスシーズンでもないし、どんなシチュエーションで告白していいか迷う…」という方には、夜景デートでの告白をおすすめします!

例えば、夜景が見えるレストランをデート場所にしてゆっくりディナーを楽しんだあと、甘いムードの中告白すれば、告白も成功しやすくなるはずです。

何気ないデートのあとに告白する

「ロマンチックな雰囲気がどうしても苦手…」「普段のデートのあとに告白されたほうが嬉しい」という人も一定数います。相手がこのようなタイプであれば、いつものデートのあとに告白してみるのはいかがでしょうか?

美味しいご飯を食べたあと、お気に入りのカフェに行ったあと、はじめて会った居酒屋でお酒を楽しんだあと…など、何気ないデートのあとに告白しても、相手は喜んでくれるでしょう。

編集部がおすすめする告白に最適な場所は?

告白の仕方やシチュエーションのほか、告白の場所にもこだわることが大切です。というのは告白に適した場所でないのに勢いで告白する、また意外な場所ということでサプライズするつもりで告白すると、相手に引かれて玉砕してしまうケースがあるからです。

こちらに告白に最適な場所をいくつかまとめましたので、チェックしていきましょう。

告白に最適な場所は
告白に最適な場所は人気のない静かな公園、二人きりになれる居酒屋やバーです。また学生であれば誰もいなくなった放課後の教室や裏庭です。

人気がなくて静かで綺麗な公園

まず、告白する場所の第一条件は、人気がなく静かであるということです。やはり騒がしいところで告白すれば、相手も「今この場所でしなくてもいいのに…」と嫌な気持ちになるはずです。

そのため、例えば静かで緑が美しい公園が、告白に適した場所として挙げられます。ちなみに夜景が見える公園であれば、よりロマンチックなムードで想いを伝えられるでしょう。

二人きりになれる個室居酒屋やバー

二人きりになれる個室居酒屋やカフェ、またはバーも告白にぴったりの場所です!また居酒屋やバーであればお酒も入っている分相手の気持ちも開放的になっているため、好意を受け入れてもらいやすくなるのがポイントです。

ただし、あまりにもお店が賑やかであれば、別の静かな場所に移るか、または帰り道に告白するのがいいでしょう。

デートが終わった誰もいない帰り道

デートが終わった誰もいない帰り道も、静かな雰囲気で告白できます。

また、デートの帰り道は、お互いデートを楽しんだあとの余韻に浸っている状態です。そのため「この子と今度は恋人としてデートを楽しめたらいいな」「この人となら付き合っても楽しいかも…」という気持ちが高まっているため、告白が成功しやすいです!

ドライブデートを楽しんだあとの車の中

ドライブデートは、ロマンチックなデートのひとつです。そんなドライブデートを楽しんだあと、車の中で恋心を告げるのもアリですよ。

ただし、車の中で二人っきりというのは、二人の関係性によって女性が警戒する恐れもあります。そのためある程度仲が深まっている、かつ女性からも脈ありサインが出ている場合に、車内での告白をおすすめします。

放課後誰もいない学校のクラスや裏庭

学生であれば、放課後誰もいない学校やクラスの裏庭が、告白の最適な場所として挙げられます。また非常階段や屋上も人気が少ないため、おすすめの告白場所です!

ちなみに、告白シーンをほかの学生に見られると、変な噂を流されてしまう恐れがあるので注意してくださいね。なかなか二人きりになれるチャンスがない…という方は、帰り道で告白したほうが無難でしょう。

どんな言葉やセリフで告白したら成功率があがる?

告白の成功率を左右するほど、告白のセリフは大切です。けれどもいざ告白しようとなると「一体どんな言葉やセリフで伝えればいいのだろうか…?」と、頭を抱えてしまうことがありますよね。

告白は遠回しに恋心を伝えるより、ストレートに伝えたほうが、相手の心にも残りやすくなります。告白する際どんな言い方であればベストなのか、こちらにいくつかグッとくる言葉をまとめました。

成功率が上がる告白のセリフは
成功率が上がる告白のセリフとして「好きです。付き合ってもらえませんか?」といったシンプルなものや、「もう友達の関係は終わりにしない?」といった攻めたものが挙げられます

好きです。付き合ってもらえませんか?

相手のことが好きだからと、グダグダ長いセリフを言うのはNGです!また重いセリフや、LINEで長文を送って恋心を伝えるのもおすすめできません。相手は「お互いのことをまだよく知らないのに、重いのだけど…」と、嫌な気持ちになってしまうケースがあります。

そのため、シンプルに「好きです。付き合ってもらえませんか?」というセリフをおすすめします。

ずっと好きでした。付き合ってください

告白のセリフはシンプルであるほうが相手の心に残りますが、物足りなさを感じた方には「ずっと好きでした。付き合ってください」をおすすめします。この“ずっと”を使うことで、自分の恋心を強調させることができます。

また、このセリフは「ずっと一緒にいたい。付き合って?」「ずっと大切にしたいから、付き合ってください」とも言い換えられますよ。

○○なところが好きになった

「思いやりのあるところが好きになった」「仕事に一生懸命なところが好きになりました」と、自分が相手を好きになった理由を伝えるのも、おすすめの告白のセリフです。

けれども、ここで「顔がタイプで好きになった」といった、外見に関することは言わないほうがいいでしょう。相手を「この人は自分の外見だけに惚れたのか…」と、がっかりさせる場合があります。

俺のこと・私のことどう想っている?

少し攻めた告白のセリフを使いたいという方には、「俺のこと・私のことどう想っている?」というセリフがおすすめです。押しに弱い相手であれば、この告白のセリフが有効です!

また、このセリフを言ったあとは「自分は○○さんのことが好きだから、付き合いたいと考えています」と自分の気持ちもきちんと伝えて、相手に誠意を見せることが大切です。

もう友達の関係は終わりにしない?

「もう友達の関係は終わりにしない?」も、攻めた告白を使って好きな人を落としたい方におすすめです。

特に、相手と友達なのか恋人なのか分からない関係を続けている方や、長い期間友達として関係を続けていたけど恋人関係に発展させたい方に、ぜひ使っていただきたいセリフです。このセリフを使えば、二人の関係性もはっきりするはずです。

おすすめの告白のセリフ

好きです。付き合ってもらえませんか?

・ずっと好きでした。付き合ってください

○○なところが好きになった

俺のこと・私のことどう想っている?

もう友達の関係は終わりにしない?

告白が失敗してしまう危ないケース・ポイント

どんなに告白を成功させる準備をしても、「ドッキリだと思われた」「返事を保留にされてそのまま連絡なし…」「LINEで告白したもの返事がなくて無視された」などと、告白が失敗してしまうケースがあります。

けれども、事前に告白が失敗してしまう危ないケースを把握しておけば、このような事態を防ぐことができます。

告白が失敗してしまうケースは
告白が失敗してしまうケースは、告白のセリフが曖昧で好意が伝わっていなかった、告白のシチュエーションが相手にとってイマイチだったなどです。

告白のセリフが曖昧で好意が伝わってない

告白のセリフが曖昧だと、好意が伝わらず失敗する恐れがあります。例えば「好きです…なんてね」「ずっと付き合いたいと思ってました…なーんてね!」と冗談っぽく言うのは、ドッキリだと思われるのでNGです。

また、「付き合ってあげるよ!」など告白してる側が上から目線で、相手を嫌な気持ちにさせている場合も、告白が失敗しやすいです。

服装がダサくて相手が好意を受け入れられない

人は見た目で判断してはいけないものです。しかし告白する日、想いを告げる側の服装がダサいと「告白という大切な日にこんな服装で来るなんてびっくり…」と、相手にネガティブな印象を与えてしまう場合も残念ながらあります。

さらに、相手は「服のセンスが合わない人と恋人として隣を歩くのはちょっとな…」という心理が強くなり、告白を受けてもNGの返事をしてしまうことが多いです。

告白のシチュエーションが相手にとってイマイチ

告白のシチュエーションが相手にとってイマイチな場合も、告白が失敗しやすいです。

例えば、本当は直接告白されたいのに相手から電話やLINEで告白されたとき、ロマンチックなムードで告白されたいのに人混みの激しい通りで告白されたときに、「この人と付き合っても気が合わなそう」ということでNGな返事をしがちです。

告白したけど「待って」と保留にされてしまう理由は?

告白したもの「もう少し待って」と返事をされると、相手がなぜ保留にするのか、その心理が気になりますよね。特に、相手からも脈ありサインが出てるとなるとなおさらです。

次に、そんな返事を保留にする人の心理や理由をお伝えしていきます。中には本当は両思いでOKの返事をすぐしてもいいのに、わざと保留にする人もいるのです。

相手が告白を保留にしてしまう理由は
相手が告白を保留にしてしまう理由は、自分の気持ちをゆっくり考えたいからといったことが考えられます。また相手をじらしたいからという理由で、保留にする人もいます!

まだ自分の気持ちが分からずゆっくり考えたいから

返事を保留にする大多数の人は、ゆっくり考えたいからという理由で保留にします。

この場合「まだ自分の気持ちが分からないから、じっくり考えてから答えを出したい」「自分の気持ちが曖昧なままで、相手と付き合うのは失礼だ」といった心理が隠されています。特に恋人を慎重に選ぶ人が、このような心理になりやすいです。

すぐに返事をしないで相手をじらしたいから

告白されても保留にしてすぐに返事しない人の中には、「本当は両思いなのだけど、相手をじらしたい」と考えている人もいます。

とりわけ女性は「相手をじらすことで、付き合ったあとも大切にされたい」という女性心理になりやすいです。また「すぐに返事すると軽い人だと思われそうだから」ということで、一度保留にする人もいます。

答えはNGだけど相手にその場で伝えるのは失礼だから

相手が告白の返事を保留にするのは「本当は答えはNGだけど、その場でごめんなさいと伝えるのは失礼だから…」といった理由であることも多いです。

特に相手の気持ちに敏感で人を傷つけるのが嫌なタイプが、このように考えがちです。またかつてその場で返事をしたら、必要以上にダメな理由を迫られたというトラウマを抱えている人も、保留にしてからNGの答えを出すことがあります。

告白がもし失敗したら・・・気まずくならないためにはどうすればいい?

告白が失敗したあと、やはり好きな人と気まずい思いになるのはなんとしてでも避けたいですよね。それが心配で、なかなか告白する勇気が出ないという方も多いはずです。

けれども、事前に気まずくならない方法を知っておけば、「告白しても元の関係に戻れるのだ」とポジティブに捉えられ、告白も前向きに考えることができますよ。

告白に失敗しても気まずくならない方法は
告白に失敗しても気まずくならない方法は、ずばりこれまで通り普通に接することです。告白した側が普通に接することで、告白された側も申し訳ない気持ちにならず、これまで通りに接することができます。

迷惑だと思わずにこれまで通りに接する

告白して振られたあとは、相手に対して何となく申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいますよね。けれども告白した側が「告白は迷惑だったのだろうな…」と考えると、好きな人にもその考えが伝わり、相手も「申し訳ないことをした」と考えてお互いが気まずくなります。

それゆえ、告白は迷惑なことではなかったとポジティブに捉え、今まで通り普通に接することをおすすめします。

笑顔を多くして楽しそうに振る舞う

今まで通りの態度で接することに加え、笑顔を多くして相手にも他人にも楽しそうに振る舞うことも、気まずさをなくすのに効果的です。

というのは、告白した相手に「もう自分は落ち込んでないので大丈夫。だからあなたも気にしないでください」とアピールすることができるからです。はじめは笑顔でいるのは難しいかもしれませんが、ぜひお試しくださいね。

しつこくして交際を迫るのはやめる

振られたあとも納得がいかずしつこく交際を迫ると、相手は警戒心から「近くに寄って来ないで」オーラを出すことがあります。そして二人の関係がぎくしゃくし、お互い気まずさを感じてしまうのです。

そのため、振られたあとしつこくアプローチするのは、一旦やめましょう。一度やめることで相手の警戒心が解れて、気まずさをなくせられるはずです。

勇気をもって相手に気持ちをしっかり伝えよう

告白を成功させるには相手のことをよく知ること、そして相手が喜ぶようなシチュエーションや告白のセリフで、想いを告げることがカギを握っています。

また、告白にはタイミングも大切です。タイミングがずれると、いくら両思いでも告白が失敗してしまうケースがあります。そのためお伝えした3つのベストタイミングに、勇気をもって告白してくださいね。

関連記事