告白

告白されたけど即答できない!迷う理由を理解してベストな決断を

告白されたときに返事はすぐに出すべき?

この記事で伝えたいポイント

・告白の返事にあなたが迷う理由は?
・付き合うか迷うときに判断するポイント
・告白にOKするときの伝え方
・告白を断るとき気まずくならない伝え方

急に告白されて、すぐに返事ができなかった経験をしている人はたくさんいます。

あなたが返事を迷っているのは普通のことなので、自分を責める必要はありませんが、告白の返事は早めに出してあげた方がいいでしょう。

ここで、悩んでいる気持ちと向き合って、早めに返事ができるよう迷う理由や判断のポイントなどをご紹介します。

告白されて迷ってる・・・あなたが迷う理由

告白されてすぐに返事ができなかったのはなぜか。

あなたが理解できていればいいのですが、返事ができない理由が分からず悩んでいるならここで解消しましょう。

他の人が、これまで告白の返事をためらってしまった理由で、代表的なものをいくつかご紹介します。

あなたの気持ちと向き合いながら、共感できるものがないかチェックしてください。

迷うのは当然なので焦らず対処して!
告白の返事をすぐにできないことは、珍しいことではありませんし、相手としっかり向き合おうとしているあなたの優しさでもあります。返事は早い方がいいですが、後悔しないようにじっくり考えなくてはいけません。

どう断ればいいのか分からなかったから

急な告白で、どう断ったらいいのか分からなかったという理由は、多くの人が抱えたことのある悩みです。

今後の付き合い方などを考えると、すぐに「付き合えません」とハッキリ断わるのは難しいですよね。

現在、あなたが相手とは付き合えない意志が固まっているのであれば、後は相手にその気持ちを伝えるだけです。

記事の後半で、気まずくならない断り方を紹介しているので、今後も付き合いのある人に断るときの参考にしてください。

相手のことをあまり知らないから

相手のことがよく分からなければ、好きかどうかを判断することはできませんよね。

これまで、あまり接したことのない相手からの告白は、すぐに返事をすることができず、つい保留にしてしまいます。

もし、見た目や雰囲気が好みなら「あなたのことをよく知らないから」と伝えた上で、友達から始めてもらうのもいいでしょう。

告白されて振った後に相手を好きになることもあるので、後悔しない判断をしてください。

異性として意識してなかったから

友達付き合いが長い相手だと、異性としてまったく意識していなかったことで、告白にすぐ返事ができないことがあります。

相手の性格を友達として好きなだけに、すぐに断ると後悔しそうだと思ってしまいますよね。

相手が親しい友達なら、自分の気持ちを正直に話して相談してみると、2人にとって最善の方法が見つかるかもしれません。

1人で悩んでいるより、相手に相談してみるのも良い方法です。

ライフスタイルが合うか心配だったから

告白してくれた相手に好意があっても、付き合った後のことを考えて悩んでしまうことがあります。

例えば、相手の仕事の時間帯があなたと合わない、休日が違う、県外への転勤や海外赴任が考えられるなどです。

事前にこうした不安があると、付き合っても上手くいかないのではないかと思えて、すぐに返事ができなくなりますよね。

2人で乗り切ることも可能ですが、まだあなたに好きという感情がそれほどなければ迷ってしまいます。

友達が好きな人だから

告白してくれた相手を、あなたの友達が好きだった場合、返事を返すのには悩みますよね。

相手のことが好きじゃなければ、友達のことを考えてその場で断ることもできるのですが、友達としてすごく好きだったり、異性としてちょっと気になっていたりすると、返事に悩んでしまいます

三角関係になる友達との関係の深さによっても、悩みの深刻さは変わるので、すぐに返事ができないのは当然です。

この場合は、友達に正直に相談してみるのもひとつの方法です。

気になる人あと少しで付き合えそうだから

告白してくれた相手に好意があっても、他に気になっている人がいていい感じになっていたら、二つ返事でOKすることができません。

言い方は悪いですが、できればキープしておきたいという気持ちもあって、告白を断れない人もいるでしょう。

告白してくれた人も素敵だと、2人の間で気持ちが揺れて返事に時間がかかってしまいます。

どうしても答えが出せないなら、気になる人にあなたへの気持ちを聞いてみるといいでしょう。

夢を追っていて付き合う余裕がないから

将来の夢を追いかけて資格取得やスキルアップをしている人には、誰かと付き合う余裕はなくなってしまいます。

あなたの方が相手を強烈に好きになったのなら別ですが、微妙な相手からの告白には対応できないのが正直なところでしょう。

また、夢を叶えるのにマイナスになるような相手も、告白に応えてあげることができません。

こうした理由で告白を断っていいのか分からず、とっさに告白を保留にしてしまうことがあります。

相手の性格に不安を感じるから

告白してくれた相手に好意があっても、性格に少しでも不安なことがあると即答できません。

例えば、次のようなことがあるとすぐにOKが出せず悩んでしまいます。

告白に即OKできない相手の性格
・普段は優しいが短気で怒りっぽい
・束縛が激しい気がする
・同性の友達が少ない
・たまに理由が分からず連絡が取れなくなる
・趣味がなさそう
・時間やお金にルーズ
・お酒やギャンブルが好き

恋愛や結婚では、最初の違和感が後に大きな後悔につながることがあります。

すんなり受け入れられそうにない欠点があれば、慎重に答えを出しましょう。

断るのに恐怖を感じたから

告白をされたとき、すぐ断るのが怖いと感じて保留にしてしまう人もいます。

女性からの告白の場合は、かなり思い詰めた言葉で告白してくる人や、喜怒哀楽が激しい人からの告白は、断るのに恐怖心が出てしまいます。

男性からの告白では、相手が短気だったり見た目が怖い人だと、単純にNOと言うのに恐怖を感じますよね。

ただ、そんな人と付き合うのは無理なので、一刻も早く電話やLINEでお断りの連絡をしましょう。

結婚まで考えられなかったから

20代半ば以上の年齢になると、付き合う人とは結婚を意識するようになります。

若い頃は勢いで付き合えても、結婚適齢期になるとどうしても慎重になってしまうものです。

相手に好意があっても、職が安定してない、結婚観が違う、地元が遠いなどなど、色んなことを考えて告白に即答できなくなるのは自然の流れ。

少しでも違和感があれば、無理して付き合わず友達として今以上に親しくなると答えが見えやすくなります。

中学生や高校生で親の問題があるから

あなたが中学生や高校生なら、付き合いたいけど親が厳しいから悩んでしまうというケースもあります。

親に嘘をついて付き合うこともできますが、バレたとき相手に迷惑をかけると思うと、なかなか勇気を出して踏み込めなくなるでしょう。

告白してくれた人を好きで、このような悩みがあれば相手に相談してみましょう。

夜は会わないようにするといった、良い解決法が見つかるかもしれません。

付き合うか迷った時に判断してもらいたいポイント

付き合おうか迷って1人で悶々と考えていても、告白に対してOKするか断るか判断できない場合は、ここでポイントをチェックしてください。

OKした方がいい項目が多ければ、思い切って付き合ってみると幸せになれる可能性が高くなります。

どんなに好意があっても、断った方がいい項目が多ければ、相手に断って慎重に考えてみましょう。

答えが出なければ相手に連絡しよう
しっかり考える時間が欲しい場合は、相手に返事が遅くなることを一度連絡しておきましょう。焦って答えを出すとすると、余計に時間がかかってしまいます。いつまでに返事をすると伝えて、時間をもらってじっくり考えてください。

相手と一緒にいると笑顔になれるか

これまで告白してくれた相手と一緒にいて、あなたはどれだけ笑顔になれていたでしょうか?

これからのことはいくら考えても正確な答えは出ないので、今までのことを振り返ってみましょう。

相手といて、あなたが楽しい気持ちになれることや笑顔になる機会が多ければ、お付き合いを前向きに考えてみてください。

極論ですが、合わなければ別れればいいので、勇気を出して飛び込んでみましょう。

異性として魅力を感じるところがあるか

友達として相性が良くても、恋愛となると話が違います。

基本的な性格が好きなら、他に異性としての魅力を感じるかどうかを考えてみましょう。

深いことが分からなくても、単純に見た目がタイプかどうか、スタイルが好みかどうか、あなたが恋人には持っていて欲しいとおもう、男らしさや女らしさがあるかどうかをチェックしてください。

また、一度2人っきりになってみてドキドキできるかどうかも、貴重な判断材料になります。

趣味が合うもしくは理解できるか

相手と趣味が同じなら、付き合えば上手くいく確率は高いでしょう。

また、趣味が同じでなくても、お互いの趣味に対して理解し合えればOKです。

逆に、相手の趣味が理解できない場合や、相手があなたの趣味をバカにしたことがあれば、付き合っても上手くいかなくなってしまいます。

たかが趣味ですが、恋人になるととても重要になってきます。

周囲の人から好かれているか

周囲の人からどう思われているのかも、恋人にするかどうかの判断材料にしてください。

特に、同性から好かれている人は、恋人として付き合っても幸せになれる確率が高いのでお付き合いを前向きに検討しましょう。

但し、好かれていても付き合いが多すぎる人は、恋人にすると苦労するので、その点は注意しなくてはいけません。

週に何日も友達と遊んでいる人は、極度の寂しがり屋かNOと言えない性格である可能性があります。

今までの恋愛はどうだったのか

今までの恋愛遍歴を知ることができれば、そちらも相手を判断するポイントになります。

今まで長く付き合っている異性がいない場合は、恋愛下手な人の可能性が高いので付き合うと苦労することが多くなるでしょう。

逆に、何年も1人の人と付き合っていて振られたばかりなら、元カノや元カレを忘れようとして告白したのかもしれません。

不安なことがあれば、相手にしっかり聞いて判断しましょう。

笑いのツボや会話のテンポが合うか

笑いのツボが合うかどうかは、長く付き合っていくためには欠かせない条件です。

同じものを見て一緒に笑えないというのは、他の面でもすれ違いが起きやすくなります。

また、会話をしていると微妙にテンポが狂う人もいます。

これは、付き合い始めてからストレスになるので、あなたが心地いいと思えるテンポで会話できる人ならOKしてください。

あなたが自然体でいられるか

初対面の人でも、自然体でいられる人とそうでない人に分かれるのは、あなたも経験していることでしょう。

気を使わなくても自然と話が弾む相手なら、恋人になってもあなたは自分らしく自然体でいられるでしょう。

告白してくれた相手がそんな人なら、お付き合いを前向きに検討してください。

告白してくれた人がどんなに素敵でも、一緒にいて疲れる人や無理して話しを合わせてしまう人は、恋人になってもなかなか上手くいきません。

相手に返事を伝える時のポイント:OKな場合

OKした方がいいポイントが多く、お付き合いをスタートさせようと決めたら、返事をするときのポイントを押さえておきましょう。

付き合い始めた日は2人の大切な思い出の日になるので、緊張してボロボロにならないよう事前にシュミレーションしておくと安心です。

素敵な記念日にするためにも、OKするときはここをチェックしておいてください。

素敵な思い出を作ると別れにくくなる
恋人と長く付き合うには、素敵な思い出がいくつあるかが重要です。思い出すと幸せになれる思い出が多い恋人は別れにくくなるので、付き合い始めた日を2人の素敵な思い出の1つ目にしましょう。

電話ではなくちゃんと会って伝える

告白をOKするなら、ちゃんと相手に会って返事をするのが基本です。

今後付き合い始めたら、返事をする日は素敵な思い出になるので、顔を見て相手の表情なども目に焼き付けておきましょう。

次会えるまでに少し期間が空きそうであれば、2人の都合のいい日にデートの約束をして、その日に告白の返事をしたいと伝えてください。

いつ返事がもらえるか分かっていれば、相手の不安も少なくなります。

ロマンチックな場所を選ぶ

OKの返事をするなら、ロマンチックな場所を選びましょう。

思いつかない場合は、次のような場所を選ぶと相手が喜んでくれます。

告白の返事をロマンチックにする場所
・人気がなく夕日の見える海
・夜景や星空が見える高台
・イルミネーションがキレイな街
・雰囲気の良い公園
・ライティングがキレイなランドマーク近く
・おしゃれなバー

どんなセリフで返事をしても、素敵なシチュエーションならロマンチックな演出ができます。

相手が喜んでくれるような場所で、2人の素敵な思い出を作ってください。

嘘をついたり見栄を張ったりしない

これから付き合う相手には、嘘や見栄は不要です。

もっと好きになってほしくて、つい告白された回数や人数などで見栄を張りたくなることがあるかもしれませんが、今後の2人のことを考えると言うべきではありません。

婚活中で、結婚を視野に入れている相手なら、余計に嘘や見栄はトラブルにつながるのでNGです。

告白をしてくれたということは、あなたはじゅうぶん愛されているので自然体のままでいましょう。

なかなか会えなければ電話で返事をする

相手の出張や遠距離の場合は、すぐに会って返事をすることができません。

もし、相手が良いと言ってくれるなら、数週間先延ばしにしてもいいのですが、そうでない場合は電話やLINEで返事をしましょう。

但し、恋人になって最初に会うときは、必ずもう一度しっかり顔を見て告白の返事をしてください。

誠意が伝わって、2人の関係が良くなります。

返事をするなら休日前の夜にする

OKの返事をするなら、相手の仕事が休みになる前日の夜がおすすめです。

相手もリラックスしていて時間に余裕がある状態なので、あなたの気持ちや今後のことをゆっくり話せます

また、そのまま明日の休みにデートの約束ができるので付き合い始めるのにもスムーズ。

週末がまだ先の場合は、次の休みにデートの約束をして、その日に伝えたいことがあると言っておくといいでしょう。

編集部おすすめ!OKな時の返事方法

告白の返事をする場所が決まったら、次にセリフを考えておきましょう。

告白の返事をするときは、緊張して言わなくていいことや言ってはいけないことを口にしてしまうことがあります。

ある程度言うことを決めておかなくては、失敗につながることもあるのでここで何と言って返事をするか考えておきましょう。

現在友達でも注意が必要
今、毎日のように会話しているから、緊張することないと安心してはいけません。友達の場合は、照れが出てしまい「付き合ってあげてもいいよ」「とりあえず付き合ってあげる」などのNGワードを言ってしまう危険があります。

シンプルに「私(僕)からも、付き合ってください」

告白に告白で返すという、とても可愛らしい返事の仕方です。

告白された方は、どうしても「付き合ってあげる」というスタンスになりがちなので、とても好感度の上がる返事の仕方でもあります。

告白の返事で好感度を上げて相手にもっと愛されれば、お付き合いをスタートしてからも大切にしてもらえるでしょう。

返事がもらえるまで心配だった相手も、この返事で幸せいっぱいになってくれるはずです。

目を見て「好きになってくれて嬉しい!ありがとう」

告白に対して、しっかり目を見て返事をするのは大切です。

また、好きになってくれたことや勇気を出して告白してくれたことに対して、感謝の気持ちを伝えることも必要。

「好きになってくれてありがとう」という言葉は、謙遜している姿を見せることができるので、言われた相手は愛しい気持ちになってくれます。

特に、女性から男性に伝えるときがおすすめのセリフです。

恥ずかしそうに「これからよろしくお願いします」

あなたも好きだという気持ちや、付き合いたいという言葉を伝えたら、恥ずかしそうにこれからの話をするのも忘れずに。

「これから」という言葉は、返事をもらうまで不安を感じていた相手をホッとさせることができます。

告白の返事はゴールではなくスタートなので、これからいい関係を築いていきたいという気持ちを伝えて、次に会う約束につなげましょう。

「これからたくさん楽しいことしようね」といったセリフもおすすめです。

笑顔で「彼女(彼氏)にしてください」

こちらも謙遜しているように感じられるので、相手にとってあなたが愛おしい存在に映ります。

女性なら「こんな私だけど」という言葉を付け加えると、より可愛らしい感じが出ます。
また男性でも「こんな俺だけど」と付け加えると、女性の母性本能を刺激して愛される彼氏になれます。

告白されると、どうしても目線が上になってしまうことがあるので、言葉で対等な関係であることを示すのも大切です。

キスをして「私(俺)も大好き!」

キスはどんなにロマンチックなセリフを並べるより、強烈なインパクトを相手に与えられます。

例えば、告白されて次に会うとき、普段通り過ごして帰り際にキス。その後「私(俺)も大好き!この前告白してくれた返事」と伝えてみましょう。

他にも、公園に呼び出して「そこに座って」とベンチなどに座ってもらい、突然キスをするのもロマンチックですね。

キスを活用すれば、相手はあなたと付き合う前からメロメロになってくれるはずです。

相手に返事を伝える時のポイント:NGな場合

告白の返事は、OKなら伝えやすいのですが断る場合はかなり悩みますよね。

今後の付き合いもあるので、下手な言葉を使うこともできず困ってしまいます。

そこで、告白を断ろうと思っているなら、上手く伝えるポイントを見ておきましょう。

返事の仕方を間違うと、今後の付き合いに悪影響なだけでなくトラブルに発展することもあるので気を付けてください。

断る場合は話し合いが必要
告白された相手とその後も顔を合わせる場合は、ただ断って帰るだけではなく、ある程度今後の付き合い方を話しておくと安心です。相手の方が心配しているので、あなたから切り出してあげましょう。

保留していたことを一度謝る

保留して待たせた結果、告白を断ることになってしまったら、待たせてしまったことを一旦謝りましょう。

相手は、毎日不安な気持ちで待ち続けたので、それに対して待たせた理由を話すと誠意が感じられます

「友達の期間が長かったから、恋人になるのに悩んでしまった」という風に、なぜ時間をもらったのか伝えてあげましょう。

相手は、そこまで聞かせてもらえれば、自分のことをしっかり考えてくれたことに感謝してくれるはずです。

できるだけ早く断りの連絡をする

告白を断る場合は、長引かせると相手に期待させてしまうので、できるだけ早めに断るようにしましょう。

できれば、告白された瞬間断れなかったら、その日の夜に断るくらいの早さが理想的です。

どうしても付き合えない相手なら、最低でも3日以内、待たせても1週間以内には断りの連絡を入れましょう。

断るときに限っては、すぐ会う約束ができなければ電話やLINEで返事をするのもアリです。

付き合えない理由を話して理解してもらう

告白を断るときは、付き合えない理由もしっかり伝えると、すんなり諦めてもらうことができます。

その場合は、相手に問題があるのではなく、こちらに付き合えない理由があると言いましょう。

例えば「好きな人がいる」「仕事を優先したい」「恋愛よりしたいことがある」といった理由を予め準備して、断るときに一緒に伝えてください。

間違っても「あなたが気持ち悪い」などと、冷たいことは言わないようにしましょう。

誠意を持って真剣に伝える

告白を断るときは、どうしても早く終わらせたくて急いで話しを切り上げたくなってしまいますよね。

しかし、相手に納得してもらうためには、しっかり時間を取って誠意を持って付き合えない理由を伝えるようにしてください。

特に、今後も顔を合わせる関係の相手なら、後々気まずくならないよう配慮する必要があります。

最後に「告白してくれてありがとう」という感謝の言葉も忘れずに伝えてあげてください。

友達伝いに返事をするのは絶対NG

中学生や高校生がやってしまう失敗ですが、どんなに断るのが辛くても友達に変わりに断ってもらうのはNGです。

相手をとても傷つけますし、誠意がないと思われてその後の付き合いにも悪影響になります。

せっかく勇気を出して告白してくれた人なので、そんな大切な人には最後まで誠意を持って対応しましょう。

また告白を断った後、相手を好きになることもあるので、その時になって不誠実さを後悔しても遅いのです。

返事をするなら休日前の夜にする

OKの返事をするとき同様、告白を断る場合でも、相手が仕事で休みになる前の日の夜がおすすめ。

告白を断られると落ち込んでしまうので、休日前で立ち直る時間がゆっくりある方がいいでしょう。

気持ちを切り替えるにも休日を挟んだ方がいいので、相手のスケジュールが分かっていれば休日前にしてください。

また、時間帯も相手が仕事が終わり自宅でゆっくりしているときを狙いましょう。

NGな場合も気まずくならない上手な断り方

告白を断った場合、その後相手と気まずい関係にならないか心配になりますよね。

ただ、相手の方があなた以上に、告白した後気まずくなりたくないと思っているので、告白された側が配慮してあげることが大切です。

ここでは、告白を断った後、気まずくならない方法をご紹介します。

友達や職場の仲間から告白されて、それを断るときには一度チェックしておくと安心ですよ。

完全に気まずくならないことはあり得ない
告白して上手くいかなかった場合、断ったその日にお互いがスッキリすることはあり得ません。人間関係を築くのは時間がかかるので、少しずつ前の関係に戻ると思っていた方が焦らずいい関係を築けます。

今後の付き合い方を話し合う

今まで友達や会社関係の付き合いをしていた場合、断るだけでは確実に次に会うのが気まずくなります。

そうならないために、断るときに今後も今までの関係でいたいということを伝えて、相手がどう思っているか意見を聞いてみましょう。

お互いが、今までの関係を継続したいと言えば、最初は多少ギクシャクしても後々関係が戻っていきます。

もし、友達ではいられないと言われたら、残念ですがそれを受け入れるしかありません。

関係が変わるのが不安だと打ち明ける

告白を断った後、相手に今後が不安だと思っていることを正直に話してみるのもいいでしょう。

気まずくなる大きな原因は、相手が何を考えているのか分からないことです。

嫌われているかも、自分に会うのが嫌なのかも、などと考えてしまうと以前のような関係ではいられません。

こちらの考えていることを先に話してあげて、相手も気持ちを話しやすい状況を作れば、お互い理解し合うことができます。

曖昧な言葉を使わずハッキリ断る

告白を断って相手と気まずくなりたくないと思うと、ハッキリした言葉を使えなくなってしまう人がいます。

しかし、曖昧な表現をすると相手に気持ちが伝わらず、期待や誤解をさせることにつながります。

そうなると、余計相手を傷つけてしまうので、付き合えないことはハッキリ伝えましょう。

その後で、フォローするように気を配れば、相手を必要以上に傷つけることはありません。

断った後グループで遊びに行く

告白を断った後は、相手を含んだ数人で遊びに行くのもおすすめです。

できれば、バーベキューなどのアウトドアにすると気分も開放的になりますし、移動が自由なので好きなタイミングで相手に話しかけることができます。

花見やキャンプなどを企画してもらうのもいいでしょう。

友達に協力してもらって、告白の返事をして期間を空けずに一緒に遊びに行ってください。

そこで楽しく会話ができれば、今後気まずい空気になることはありません。

断ったあとで次に会うときも重要

告白を断るときに、あなたの気持ちを話すことも大切ですが、もっと大切なのは断った後、次に最初に顔を合わせるときです。

次会ったときのあなたの接し方次第で、今後ずっと気まずくなることがあるので、次のことを注意して会うようにしましょう

相手を振った後に会うときの注意点
・笑顔で挨拶をする
・相手が気まずそうでも、気にせず今まで通りに接する
・顔を合わせないように避けたり生活スタイルを変えたりしない
・周囲の人に振ったことがバレないようにする

告白後は、あなたの方が普通に接してあげると、相手は安心して今まで通りの接し方に戻ってくれます。

相手の気持ちを大切に考えてみて

告白を受けるにしても断るにしても、相手の気持ちになって考えてあげると、最善の方法が見つかりやすくなります。

OKするときは、相手がどう返事をしたら喜んでくれるかを考えましょう。
また、断るときは相手にどう返事をすると、必要以上に傷つけずにすむか考えると、それぞれベストな答えが出てきます。

告白されて断る場合は、どうしても情けや同情をかけてしまいがちなので、その気持ちは捨てて思いやりを持って返事をしてあげましょう。

関連記事