恋愛

告白されたい人必読!男女の心理を理解して好きと言わせる方法

告白されたいと思っているのは男性も同じ?

この記事で伝えたいポイント

・告白されたいと思う男女別の心理とは
・みんなの理想の告白シチュエーション
・好きな人から告白されるための方法
・好きな人を振り向かせるテクニック

好きな人には告白するのもいいのですが、できれば相手から告白して欲しいと思っているのは、男女どちらも同じです。

しかし、この状態が続くとどちらも告白しないまま時間だけが経ってしまい、最悪別の人に取られてしまうということも考えられます。

そこで、相手に好きと言わせるための方法をご紹介するので、今日から早速実行してみましょう。

何のリスクもなくできるので、ぜひ試してみてくださいね。

告白されたいと思っている男性の心理

告白されたいと思っている男性の心理を理解すると、逆に告白させる方法が分かってきます。

ここでご紹介する男性心理を知って、告白したくない理由やできない理由を潰していけばいいのです。

あなたが男性なら、告白する勇気が出ない理由が分かるので、自分の気持ちと照らし合わせながら見てください。

男性はプライドが高く傷つきやすい
男性は女性と違ってプライドが高いので、失敗することを恐れる傾向が強いです。また、女性より繊細な人が多いので、告白して傷つくことも恐れています。基本の特徴を理解して、告白されたい心理を見てみましょう。

自分から告白して傷つきたくない

多くの男性は、女性より心が繊細です。

男性は、当たって砕けろというイメージがありますが、実は自分から告白して振られて、傷つくのが怖いから告白したくないとおもっている人はたくさんいます。

この悩みを抱えていると、告白するより女性の方からされたいと考えるようになります。

女性はこの点を理解して、告白しても絶対成功すると思わせれば告白される可能性が高くなります。

相手が自分を好きなのか分からない

男性は女性と比べてプライドが高いので、告白して断られることを極度に嫌います。

その心理があるので多くの男性は、自分から告白するとき確実に相手が自分を好きだと分かってからにします。

ですから、女性が男性に好きな気持ちを隠している以上、告白されることは難しいと思いましょう。

よっぽど勇気を出してくれる男性でなければ、自分を好きか分からない女性に告白することはありません。

話し下手なので上手く気持ちを伝えられるか不安

男性は女性と比べて口下手な人が多いので、女性に告白するとき上手く気持ちが伝えられないかもしれないという不安を抱えています。

特に、今まで女性に告白したり自分から口説いた経験がないと、告白するハードルはかなり高くなります。

ただシンプルに好きと言えばいいだけなのですが、好きな人を前にするとアレコレ難しく考えてしまうものです。

こんな不安があると、できれば好きな人から告白してくれれば楽なのにと思ってしまいます。

とにかく面倒くさい

好きな人と付き合いたいという気持ちはあっても、告白のタイミングを見計らって、相手に約束を取り付け、色んな演出をして告白するという流れが、とにかく面倒くさいと思う男性もいます。

特に仕事が忙しい男性や、趣味が充実している男性は、わざわざ面倒なことをして付き合わなくていいと思ってしまうことが多いです。

相手から告白してくれたら「OK」と返事をするだけなので、面倒くさがりな男性も告白されたいと思っています。

中学生や高校生の男子は恥ずかしい

中学生や高校生の男子や、恋愛にあまり慣れていない男性は、単純に告白が恥ずかしいと思っていることが多いので、できれば女性から告白されたいと考えます。

若いうちは、告白されたことを周囲の人にバラしてしまう女子もいるので、大人より恥ずかしいと感じるでしょう。

そんなリスクを冒してまで告白するより、好きな人から告白された方が安心で楽ですよね。

告白されたいと思っている女性の心理

次に、女性が告白されたいと思う心理も見てみましょう。

あなたが男性なら、ここで女性心理を理解すると告白への勇気が出るはずです。

敵を制するには、相手のことをよく知ることが大切なので、ここでじっくり女性の心理について確認しましょう。

また、あなたが女性なら客観的に女性心理を見ることで、自分の抱えている告白されたいという考え方を見直すきっかけになるはずです。

女性は告白を待っているだけでは幸せになれない
女性は告白されるのが当たり前と思っている人が多いのですが、その考えを持っていると幸せのチャンスを逃してしまいます。自分から告白して幸せをつかんでいる女性はたくさんいるので、ここで常識を捨てましょう。

告白されるのが当たり前という価値観

世間には、女性は告白される側で男性が告白するべきという価値観があります。

女性は何においても受け身側になってしまうので、告白も当然男性からするものと考えている人はたくさんいます。

しかし、草食系男子という言葉が普通に使われる現代では、待っているだけでは幸せを取り逃がしてしまいます。

いつまでも待っていると、勇気を出して告白した女性から、好きな人をサクッと持っていかれてしまうことがあります。

求められて付き合いたい

自分からガツガツと告白するより、相手から求められて付き合った方が大切にしてもらえそうですよね。

付き合ってからも恋愛の主導権を握れますし、何より追いかける恋愛より愛される恋愛の方が幸せです。

ただ、この考え方も幸せを逃してしまう危険があるので注意しなくてはいけません。

何もせず、男性から告白されるのを待っていても、好きな人からアプローチされることはないので、付き合いたいなら女性側もアクションを起こす必要があります。

どうしても勇気が出ない

告白する勇気が出ないのは男性も同じですが、女性の中には基本的な性格が奥手で、友達関係でもハッキリ自分の意見を言えない人がいます。

そんな性格だと、傷つきたくないとかプライドがといった男性心理とはまったく違い、とにかく好きな人に声をかけることすらできません

どんなに頑張っても勇気が出ない場合は、相手から告白されればいいのにと思ってしまいます。

友達に自分から告白したと言うのが恥ずかしい

女性は友達に「彼とどうやって付き合ったの?」と聞かれたとき、「自分から告白した」とは恥ずかしくて言えないものです。

告白して振られでもしたら、女友達には話すことができないくらい恥ずかしいので、告白するよりされたいと思っています。

特に若い年齢だとこの傾向が強いので、恋愛で失敗することが多くなります。

素直に相手に好きだと言えばいいのに、友達を意識して告白できないのはもったいないことです。

中学生や高校生の女子はバカにされたくない

中学生や高校生では、告白したことを周囲に茶化されたり、バカにされたりすることがあります。

最悪の場合、LINEのやり取りなどを周囲にさらされることもあるので、告白には慎重になってしまうものです。

周囲の人からバカにされるのは、振られるのと同じだけ傷ついてしまいます。

この年齢では、告白する前に完全にお互いが好きだと理解し合ってからの方がいいでしょう。

みんなの理想の告白シチューションは?

あなたが理想だと思う告白のシチュエーションを想像してみてください。

人気のない公園で、素敵な景色の海で、花火を見ながらなどなど、理想の告白のシチュエーションはありませんか?

ここではみんなが抱いている理想を紹介するので、告白するときやされるときの参考にしてください。

あなたも、好きな人に告白されることや、ドキドキしながら告白することを想像しながら見てくださいね。

理想を持っていると告白しやすい
恋愛以外でも、理想をしっかり持っているとそれに近いシチュエーションが現実になることがあります。告白の理想を具体的に想像していると、告白を待っているだけではいけないと思えてきますよ。

閑散とした海で夕日を見ながら

夕日と海は、本当に相性がよくロマンチックな雰囲気を出してくれます。

季節外れで人も少ない海で、夕日が海面をオレンジに彩ります。

そんな幻想的な景色を、2人で腰を下ろして眺めていると「ずっと好きだったんだ、付き合ってくれない?」と告白される、なんて最高のシチュエーションですね。

海は告白される理想のシチュエーションとして、特に人気が高いので告白する場所に悩んだら海にしましょう。

夜景スポットで気遣われながら

夜景を見ながらの告白も、人気の高いシチュエーションです。

空気が澄んでいる少し肌寒い季節に「寒くない?」と気遣われながら、2人で夜景を見ている。

「キレイだね」というあなたに対して、彼が茶化すように「君の方がキレイだよ」と言って2人で笑った後、急に真剣な顔になり「本当に好きだよ、彼女になってくれない?」と告白されると思い出深い1日になりそうですよね。

あなたが住んでいる地域で、イルミネーションがキレイな場所があれば、そこで告白するのもおすすめです。

遊園地デートの観覧車の中で

遊園地で1日遊んだ後、夕日が出ている時間帯に観覧車に乗って告白、というシチュエーションも人気です。

観覧車での告白は、夕方から夜にかけての時間帯がベストです。周囲がキレイに彩られるので、観覧車の中はロマンチックな雰囲気になります。

2人っきりで観覧車に乗り、頂上付近に来たら「ねぇ、ずっと好きだったんだ」と告白。

このシチュエーショで断る人はいないでしょう。

落ち込んでいるときに励まされながら

仕事で失敗したり、友達と喧嘩をしたりして落ち込んでいるとき、優しく励まされながら告白されるのも、素敵なシチュエーションです。

「大丈夫だよ、俺がずっと守ってやるよ」なんて言われたら、弱っている心に響いてすべてを彼に任せたくなります。

女性が告白する場合は、相手が落ち込んでいるタイミングは避けた方がいいでしょう。

男性は、悩みを抱えているときは他のことが考えられなくなる人が多いので、告白に失敗しやすくなります。

飲み会の帰り道の公園で

飲み会が終わって2人で帰っているときに、雰囲気の良い公園に立ち寄って告白、というシチュエーションも素敵です。

男女どちらでも使えるシチュエーションですし、遠くに出かける必要がないので、デートするほど仲良くなっていない関係でも使えます

夜の公園は少し怖い感じがする一方で、とてもロマンチックな雰囲気があります。

そんな中で「大好き」と告白されると、お酒の勢いも手伝ってOKしてしまいたくなりますよね。

マンガのようにバレンタインデーにチョコを渡されて

年齢を問わず人気なのが、バレンタインデーの告白です。

少女漫画のように「好きですっ!」と勇気を出して告白してくれる女性に、男性はキュンとしてくれるでしょう。

バレンタインデーに告白するメリットは、口下手な人やいつもなら勇気が出ない人でも告白がしやすい点。

最悪の場合、チョコを渡すだけで好きだと伝わるので、告白のセリフも不要です。

但し、義理チョコと勘違いされないような工夫が必要です。

好きな人から告白されるためにはどうすればいい?

告白されたいという気持ちはみんな持っていますが、告白されれば誰でもいいという訳ではありませんよね。

やっぱり好きな人や気になる人から告白されて、彼氏や彼女にならなくては意味がないので、フォーカスを絞って告白される方法をご紹介します。

すぐにできる方法ばかりなので、自然にできることから取り入れてみましょう。

異性の心理を理解してあざとく動く!
記事の冒頭で紹介した「告白されたい心理」の異性の項目を熟読して、しっかり心理を理解すると告白される方法が見えてきます。相手に好意があることを伝えて、告白しても大丈夫と思ってもらえる環境を作りましょう。

会話を増やしてあなたのことを知ってもらう

好きな人に告白してもらうためには、まずお互いのことを知らなくてはいけません。

そのためには、会話を増やして相手のことについて知り、あなたのことを知ってもらう努力をしましょう。

まずはグループからスタートして、徐々に2人だけで話す機会を増やしていきます。

仲が深まってきたら、一緒にランチや映画に出かけて軽いデート気分を味わえるまでになりましょう。

できるだけ頻繁に顔を合わせる

心理学には、人は頻繁に顔を合わせる相手に対して、親しみや好意を抱きやすいザイオンス効果というものがあります。

あなたも、毎日通勤で会うだけの人に興味が出たり、愛着が湧いたりした経験はありませんか?

これは恋愛でも使える心理学なので、好きな人とはできるだけ毎日顔を合わせるようにしましょう。

同じ職場などでなければ、毎日LINEなどで連絡してみるのもおすすめです。

相手のタイプを把握して近付ける

会話ができるようになったら、直接好きな人にタイプの異性を聞いてみましょう。

髪型や雰囲気、芸能人などを聞くとある程度タイプの異性が分かってきます。

それを聞いた上で、不自然にならない程度で好きな人の好みのタイプに寄せて自分を変えてみましょう。

自分らしさをなくすのではなく、相手の好きなタイプの良い所を取り入れるという感じです。

雰囲気の変わったあなたを見て、好きな人は一途な思いを受け取って告白を考えてくれるでしょう。

好きな人だけを徹底して褒める

人は、自分を褒めてくれる人を好きになる傾向が強いので、チャンスがあれば好きな人を褒めるようにしましょう。

「仕事楽しそうにやってるから尊敬しちゃう」「いつもオシャレだよね」「優しい雰囲気がモテそう」など、思ったことがストレートに相手に伝えるようにすると、好きな人はあなたといると気分がいいと思い始めます。

その延長が「この人と付き合いたい」という感情につながるので、褒めることは忘れずに行いましょう。

自分磨きをして魅力的になる

「人を好きになるのに大切なのは外見より中身」という人がいますが、外見が好きになれなければ誰も中身を見ようとはしません。

外見の良さは愛されるためには必要なのですが、必ずしも美人やイケメンでなくてはならない、ということではありません。

私たちが人に惚れるときは、一生懸命頑張っている姿や楽しくてキラキラした笑顔を見たときなどです。

自分磨きをすると、こうした魅力が出せるようになるのでモテるようになります。

相手の脈ありサインを見逃さない

好きな男性や女性の脈ありサインをキャッチできれば、アプローチを強めることができるので常に相手の言動はチェックしておきましょう。

脈ありサインで代表的なものには、次のようなものがあります。

好きな人の脈ありサイン
・目が合う回数が増える
・LINEやメールのレスポンスが早くなる
・どうでもいい連絡が来る
・飲み会などで必ず近くに座る
・質問されることが増える

こんな言動があれば、相手もあなたのことが好きになっているので、告白しやすい場所にデートに行くか、自分で思い切って告白してみましょう。

告白されるように振り向かせるおすすめテク

告白させるように好きな人を振り向かせるためには、少しだけテクニックを使う必要があるので、すぐできるものをいくつかご紹介します。

好きな人からの告白を、何もせず待っていては他の人に取られてしまいます。

そんな失敗のないよう、告白しないのであれば告白させるように積極的に動きましょう。

好きな人を告白せずにいられない状態にする
告白させる方法だけでは、実際に相手を動かすには不十分。告白せずにいられない状態にして初めて、相手はたくさんのリスクを忘れて告白してくれます。そうさせるためのテクを、ここでチェックしてください。

視線を送って目が合ったら逸らす

とても古典的な方法ですが、いつの時代もこの方法が使われているのは成功率が高いからです。

好きな人を見ていて、相手と目が合ったらドキッとした顔をして目を逸らす。たったこれだけなのですが、異性にあなたの好意を知ってもらうにはじゅうぶんです。

注意点としては、1日に何度も使わないこと。しつこくやっていると相手から不審がられるので、1日2~3回にとどめておきましょう。

また、たまにはニコッとすると相手はドキッとしてくれますよ。

好きな人の話しだけに笑う

男性でも女性でも、自分の話に笑ってくれる人と一緒にいると居心地が良く幸せな気分になります。

よく笑う女性がモテるのは、それが理由です。

好きな人に「この人じゃなきゃダメ」と思わせるには、相手の言ったことに笑うようにしましょう。

また、他の人にも同じように笑っているとあまり効果がないので、好きな人にだけは特別にリアクションしてあげてください。

ボディタッチを増やす

私たちは、ボディタッチをしてくる人は、自分に好意があると判断します。

嫌いな人のことは、触りたいなんて思いませんよね。

特に男性は、ボディタッチをすることで色んな期待が膨らみ、相手の女性を自分のものにしたいと思う傾向が強いので活用しましょう。

軽く腕を触るほか、座って話しているときに膝をぶつけるなど、自然にできるボディタッチをしてみましょう。

男性なら、女性の腰に軽く触れてエスコートするとドキッとしてくれます。

好きな人に頼ったり甘えたりする

好きな人が男性の場合、頼ったり甘えたりすることで自尊心を刺激して、あなたといると居心地がいいと思わせることができます。

すぐできるような簡単なお願いをして少し大げさに感謝すると、相手は自分に自信が就くのと同時に、あなたを可愛らしいと思ってくれます。

あなたといると居心地がいい、気分がいいと思わせることができれば、告白される可能性はかなり高まります。

占いやおまじないを活用する

好きな人を振り向かせるのに、占いやおまじないを実行するのではなく、これらを利用して相手に好きな気持ちを何となく伝える方法です。

「〇〇君ってA型なんだ、じゃあ私と相性いいね」というように、好きな相手のことを意識しているのをあからさまに伝えて、相手から告白しやすい環境を整えます

一緒に遊んでいるときに、占いコーナーなどがあれば2人の相性を見てもらうのもおすすめです。

何も言わずキスをする

相手を振り向かせる最終手段として、黙ってキスをする方法があります。

別れ際に「じゃあね」と言ってキスしたり、何かしてくれたときに「ありがとう」と言ってチュッとします。

まるでドラマのようなシチュエーションですが、これがとても効果的です。

キスをした後は、何も話さず別れると余計に相手の気持ちは高ぶって、あなたに告白したくなってしまうので試してください。

自分磨きをして相手に振り向いてもらおう!

好きな人に告白されたいなら、何もせず待っているだけではなく、あなたも積極的に動かなくてはいけません。

相手に自分が好きなことを何となく伝えて、告白しても断られないと思わせることができれば、告白される可能性が高くなります。

その上で、相手のタイプに自分を寄せたり、自分磨きをしたりして告白されるのを楽しみながら待ちましょう。

関連記事