告白

告白できなかった後悔をバネに成長しよう!乗り越える方法とは

告白するのはだれでも勇気がいる

この記事で伝えたいポイント

・あなたはなぜ告白できなかったのか?

・告白できないとどんなことで後悔する?

・告白できなかったことを挽回する方法

・告白できるようになるためのポイントをご紹介

告白したいけれど勇気が無くてできなかったという経験は誰にでもあるでしょう。告白できないと後悔することになりますし、場合によっては長期間引きずることになってしまいます。

二度と後悔しないようにするためには、勇気を出して告白しましょう。きちんと言葉にして好きな人に思いを伝えなければ、何事も前に進みません。

あなたが告白できなかった理由はどれに当てはまる?

告白できなかった理由は人それぞれ違います。告白しようと決意しても、勇気が出なかったり脈アリだと思えなかったりしたら告白できないでしょう。

なぜ告白できなかったのか、きちんと理由を考えることは大切です。辛いかもしれませんが、二度と同じ後悔を繰り返さないためにもきちんと自分と向き合ってみましょう。

告白できない理由の多くは勇気が出ないから

告白に踏み切る勇気が出なくて後悔していることが多いです。告白のチャンスは作ることもできるので、まずは一歩踏み出してみましょう。

フラれるかもしれないと思ったから

告白が失敗してしまうかもしれないと考えると、勇気が出なくて告白できないでしょう。両思いだと確信しているなら思い切って告白できますが、相手の返事や反応が悪いかもしれないと考えるとなかなか切り出せないものです。

学校や職場でよく顔を合わせる相手なら、気まずくなるかもしれないと心配になって告白できないこともあります。このような不安は誰にでもあるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白したいときの準備やタイミングは?勇気を出す方法もご紹介

タイミングがわからなかったから

告白するべきタイミングがわからないと、いつまでも告白できないままです。メールやLINEの返事などで相手の気持ちを探ることはできても、何回目のデートで告白したら良いのかがわからないこともあります。

また、デート中のどのタイミングで告白したら良いのかも迷ってしまうでしょう。告白のベストタイミングは人それぞれなので、相手との関係性などから判断しなければならず難しく考え込むことになります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白成功の確率をアップ!タイミングを見極めてOKをもらおう

今の関係を壊したくなかったから

良い友人関係を築けている相手のことを好きになると、告白することで気まずくなってしまうかもしれないと考えることもあるでしょう。そうなると、友人としての関係もダメになってしまうと思い、告白に踏み切れなくなります。

好きな人と恋人同士でなくても仲良く遊んだり食事に行ったりできる関係は、とても居心地が良いものです。そこから抜け出そうとするには、かなりの勇気が必要になります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白できない男性の心理!告白してほしい女性必見の情報も紹介

他の人に好意を持っていることを知ったから

好きな人本人から「○○さんのことが好き」と聞いてしまうと、思いを伝えられなくなってしまいます。この状況で告白するとほぼ100%フラれると考えますし、もうダメだと思って当然です。

好きな人本人からではなく、でこのようなことを聞くこともあるでしょう。根も葉もない噂かもしれませんが、ショックを受けて告白を諦めてしまう場合もあります。

退職や卒業などで離れてしまったから

社会人の場合は退職や異動などで会う機会が無くなったために、告白できなかったこともあるでしょう。特に異動シーズンは仕事の引継ぎや送別会などでバタバタしているので、告白のタイミングを逃しやすくなってしまいます。

学生の人は卒業や転校で会えなくなり、告白できないまま別れてしまいます。中学生・高校生は親の転勤で急に引っ越ししなければならないこともあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
遠距離恋愛を成功させる方法!彼氏の浮気をシャットアウト

デートをしてみたけど上手くいかなかったから

好きな人とデートしてみたけれど、デート中に相手がつまらなそうにしていると脈がないと判断し告白するのは諦めてしまうでしょう。つまらなそうにしている理由がわからないと挽回もできませんし、盛り上がらないまま帰宅時間になってしまいます。

1度デートで失敗すると、それ以降誘いにくくなります。そもそもデートに誘ってもOKをもらえないのではないかと考えると、告白できないまま自然と疎遠になることもあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
2回目のデートで告白する可能性は?告白が成功する条件10か条

デートに誘ったけれど断られたから

お互いのことをもっと知りたいと考えながらデートに誘いますが、断られてしまうと脈がないと思ってしまいます。1度断られると次も誘いにくくなってしまい、告白できないままになってしまいます。

また、デートの約束はしたけれどドタキャンされてしまうこともあります。その場合、相手から別の日での日程調整を行ってくれれば良いのですが、そうならない場合はデート自体が嫌になったのだと思ってしまいます。

LINEやメールが素っ気ないから

お互いのことを知ったり、仲良くなったりするためにLINEやメールでやり取りをするでしょう。その時に素っ気ない返事だったり、何日も返事が無かったりする場合は自分に興味が無いのだと判断してしまいます。

返事が来ない場合、相手の返事を待たずに次のメールやLINEを送っては迷惑かもしれないと考えると、そのまま連絡を取り合う頻度が減って疎遠になっていくでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
LINEの未読無視をする人の心理とは?対処法と防ぎ方を解説!

相手から告白されるのを待っていたから

特に女性に多いのが、男性に告白してほしいから告白を待っている場合です。相手の気を引こうと努力をしていても、なかなか相手からの告白まではたどり着かないこともあるでしょう。

相手からの告白を待っていても、自分の気持ちははっきりと言葉にしないと伝わらないこともあります。女性側のアプローチに気付かず、いつの間にか好きな人に彼女ができていたという失敗も少なくありません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白場所によって成功と失敗が分かれる?おすすめの告白スポット

告白できなかった時に後悔してしまうポイント

告白できないと必ず後悔することになります。何年も引きずってしまいますし、ふと思い出して辛い気持ちになってしまうこともあるでしょう。

まだチャンスが残されている場合は、その後悔をバネにして勇気を振り絞ることもできます。しかし、相手に恋人ができてしまったり会えなくなってしまったりした場合は挽回することが難しいです。

後悔の大きさは挽回できるかどうかによる

相手に恋人ができるなど、完全に失恋してしまったときの方が後悔は大きくなります。挽回できるチャンスがあるなら傷はまだ浅いでしょう。

相手に恋人ができてしまった

告白できないままでいると、いつの間にか相手に恋人ができてしまっていることもあります。このショックは大きいですし、相手の姿を見る度に辛い思いをしてしまうでしょう。

この状況では相手が恋人と別れないと告白できなくなり、挽回は厳しいと言えます。好きな人のことを引きずりながら、自分の気持ちと折り合いをつけるしか解決方法は無いでしょう。

メールやLINEの頻度が減って疎遠になった

連絡の頻度が減ると、自分と相手の気持ちに距離ができたと感じるでしょう。こちらから頻繁に連絡をすると迷惑になりそうだと考えると、こうなる前に告白しておけばよかったと思ってしまいます。

いったん疎遠になると、以前のように再び仲良くなるには時間がかかります。特に、卒業や退職などで会うことが難しくなってしまった場合は再会もできない状況もあるので、そのまま自然消滅してしまうでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
好きな人とのLINEの頻度に悩む!毎日送るのは大丈夫?

友人としてしか見てもらえなくなった

告白できないままズルズルと友人関係のままでいると、異性として意識してもらえなくなります。

仲の良い異性の友人という立場だと、恋の悩みを相談されやすいです。好きな人の恋愛事情を聴くのは本当に辛いです。しかし、そのような内容でもいつも通り話を聞いて、相手を励ましたりアドバイスをしたりしなければならないこともあります。

他の人と楽しそうに話すのを見ると辛くなる

好きな人が自分以外の異性と楽しそうに話しているのを見ると、嫉妬してしまうこともあります。

この場合、もし自分が恋人だったらこのような嫉妬で苦しまなくても良いのにと思うでしょう。こんな思いをする前に告白しておけば良かったと後悔します。だからといって焦って告白するわけにはいかないので、しばらく嫉妬に悩まされることになるでしょう。

実は片思いではなく両想いだった

自分は相手に釣り合わない・やっぱり勇気が出ないなど、告白できなかった理由は様々です。しかし、後になって実は相手も自分のことを好きでいてくれたということがあります。あの時告白していれば成功していたのに、とても勿体ないことをしたと後悔するでしょう。

本当は両想いだったという事実は本人から告げられることもあれば、共通の友人から聞かされることもあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
好きな人の気持ちはどうなの?両思いになる方法も紹介

時間がたっても忘れられない

失恋や後悔は時間が解決してくれると考える人もいるでしょう。しかし、なかなか忘れられない人もいますし何年も引きずる人もいます。しばらくしてから次の恋を見つけられれば傷は癒えていきそうですが、それすらできないと辛いですよね。

中には「あの頃に戻って勇気を出して告白したい」と思うこともあるでしょう。告白は一瞬勇気を振り絞ればできるものですが、それができないと長期間苦しい思いをすることになりかねません。

なかなか次のチャンスが来ない

デートを重ねていくうちに、今度のデートで告白しようと決意することもあります。しかし、自分と相手の都合が合わなければデートは実現しません。告白もデートもできないままという状態だと、「前のデートで告白しておけば良かった」と後悔するでしょう。

特にお互い忙しかったり距離的に離れたりしている場合は、そうでない場合よりもデートをしにくいでしょう。慎重になりすぎると次のチャンスが来なくなってしまいます。

他の人とデートしていると知った

好きな人がとても魅力的な人だと、複数の人からアプローチを受けている可能性が高いです。なかなか告白できずにいると、その間にも別の人とデートをしたり連絡を取り合っていたりするかもしれません。

他の人とデートしていたと知るとショックですし、もっと早く告白して恋人同士になれたらこんな思いをしなくて良かったのにと後悔するでしょう。

告白できなくてもチャンスがあるかもしれない

告白できなくて後悔し続け、辛い思いをすることもあるでしょう。しかし、自分で行動を起こすことによってまだまだチャンスを作ることができます。焦ったり自暴自棄になったりせず、前向きに未来のことを考えましょう。

何もしなければこのままずっと後悔し続けることになります。今度こそ勇気を出してみてくださいね。

告白のチャンスは自分次第

前向きに考えて積極的に行動することで、次のチャンスを掴むことできます。ただし、焦りは禁物です。

メールやLINEで連絡をとってみる

何かをきっかけに疎遠になってしまった場合は、まずメールやLINEを送って再び元の関係に戻れるようにしてみましょう。長文のメッセージよりは短いメッセージの方が好ましいです。なぜなら、その方が読むのに疲れませんし気軽に返信しやすいからです。

久しぶりに連絡をとる相手へのメッセージは?

・「お久しぶりです。元気ですか?」その後に軽く自分の近況を伝える。

・「○○を見てあなたのことを思い出したので連絡しました。」

・「○○を報告したくて連絡をしました。」

▼さらに詳しく知りたい人へ
LINEでのひとことを可愛いと思わせたい!具体例などを紹介

共通の友人に協力してもらう

告白したくても二人きりのデートはまだ緊張することもあるでしょう。その場合は共通の友人に協力してもらうのがおすすめです。複数でどこかに遊びに出かけたり、食事をしたりする機会を作ったりして相手との距離を縮めましょう。

また、卒業や異動などでなかなか会えなくなってしまった人にもこの方法なら会いやすくなります。

お互いのことをよく知ろう

相手のことを知ることも大切ですが、自分の良い所も知ってもらうことも重要です。なぜなら、相手があなたの良さに気付くことでさらに仲良くなれたり、デートの誘いをOKしてくれたりするからです。

また、二人の間にある共通のことを見つけていくこともおすすめです。例えば、趣味や食べ物の好みなどです。お互いに共通するものがあればデートに誘う口実ができます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない人に共通する11の特徴!忙しい社会人でも彼氏・彼女ができる23のコツ

共通の趣味や話題を作る

お互いのことを知っていくうちに、共通の趣味が無いと気付くこともありえます。せっかくこれから仲良くなって告白のチャンスを掴もうとしても、仲良くなれるきっかけが無いと会話が盛り上がるかどうか不安ですし、デートの口実を考えるのに苦労します。

このような場合は相手の趣味に興味を持ち、それを一緒に楽しむのがおすすめです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
デート中の会話を盛り上げたい!おすすめ話題や会話術について

クリスマスなどの特別な日にデートに誘う

思い切ってクリスマスなどのイベントのときにデートに誘ってみるのもおすすめです。このような特別な日は、プレゼントを用意しておけばデートに誘いやすいです。一緒に食事をしたりイルミネーションを見たり、街中が良いムードなので告白する勇気も出てきやすいでしょう。

他にも、花火大会地域のお祭りなどのイベントのときはデートに誘いやすいです。好きな人との距離を縮める絶好のチャンスです!

▼さらに詳しく知りたい人へ
デートの誘い方でLINEを使う方法とは?そのコツや例文を紹介

バレンタインにプレゼントを渡す

バレンタインは特に女性におすすめのイベントです。手作りでも市販のものでも、相手にチョコレートやお菓子をプレゼントしましょう。自分を異性として意識してもらえるチャンスです。

最近は「逆チョコ」と言って、男性から女性にチョコレートを渡すこともあります。男性もこのチャンスを逃さないようにしましょう。その時にまだ告白できない関係であれば、渡すときに感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
女性からのベストな告白のタイミングは?告白の事前準備5選

焦らず冷静なままでいる

告白できなかったからといって焦ってはいけません。焦ると自分の短所が見えてきやすいですし、その焦りも相手に伝わることになります。冷静さを失った告白やデートの誘いは、相手も嬉しいとは思わないでしょう。

特に好きな人が誰かに取られそうなときや、離れ離れになってしまいそうなときは注意が必要です。このような状況で焦ってしまうのは無理もありませんが、まずは冷静になりましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚できなくて焦りが出る!原因と気持ちの対処法について

相手が恋人と別れるのを待つ

自分が告白できないままでいる間に、相手に恋人ができてしまって告白できなかったこともあるでしょう。いったんは好きな人のことを諦めなければなりませんが、しばらくすると相手が恋人と別れることがあります。

ただし、別れるのは1か月後かもしれませんし2年後かもしれません。場合によってはそのまま結婚してしまうこともあるので、待っている間は辛いものになるので覚悟が必要です。

次に活かそう!告白できるようになるにはどうすればいい?

告白できるようになるには、まずは自分に自信を持つことです。

また、今まで告白できなかったときの後悔を思い出し、自分を奮い立たせることも大切です。「もう二度と後悔しない」という強い気持ちを持ち続けることで告白する勇気が出やすくなるでしょう。

同じ失敗を繰り返さないことがカギ

以前告白できなかった理由を考え、同じ失敗をしないように注意しましょう。何事もかつての失敗から学ぶことが大切ですね。

まずは相手と仲良くなろう

好きな人ができたら、積極的に行動するようにしましょう。自分から相手と仲良くなる努力をしてくださいね。なぜ自分から行動するのが大切なのかと言うと、モタモタしている間に他の人に取られてしまう可能性があるからです。

自分から積極的に動くことで、相手もあなたのことを異性として意識し始めることになります。そのような状況なら告白しやすくなるでしょう。自分で成功確率をアップさせることは可能なのです!

▼さらに詳しく知りたい人へ
女性が好きな人にとる態度とは?見極め方を徹底解説!

告白できなかった時の後悔を思い出す

告白できなかったときの辛さや悲しさを思い出してみてください。「二度とあんな辛い思いはしたくない」と思いませんか。同じ失敗を繰り返すと、また同じような後悔で落ち込むことになります。

以前は告白できなかったけれど、その分辛い思いをして成長しているはずです。悔しさや悲しみをバネにして勇気を出してみましょう。

自分に自信を持とう

「今まで頑張ってきたのだから大丈夫」と自信を持つようにしましょう。なぜなら、自分に自信がないと「どうせ失敗するだろう」と考えがちになり、告白に踏み切ることができなくなってしまいます。成功するかもしれないのに自分から可能性を潰すのは勿体ないですよね。

相手のことを好きな気持ちは誰にも負けないという自信を持つことも大切です。それだけ大好きな相手なのだから、きっと自分の気持ちが伝わると信じましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏が欲しいのにできない女子の7つの原因と彼氏を作るために実践すべきこと。

告白しないと何も始まらない

自分から告白しないと恋人同士にはなれません。なぜなら、いくらアピールしても言葉で自分の気持ちを伝えるのが一番の方法だからです。好きな人から告白されるのが理想かもしれませんが、待ち続けていても他の人に取られてしまう可能性が出てきます。

告白は勇気が必要ですし、少し恥ずかしい気持ちもあるでしょう。しかし、それは一瞬です。その一瞬を乗り切れば、幸せな日々をゲットできるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白するのが怖い…そんな男女の心理と勇気を出す11の対処法

告白のセリフや切り出し方を考えておく

いざ告白しようとしても、頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。緊張しやすい人や勇気が出ないかもしれないと不安に思う人は、あらかじめ告白のセリフやタイミングを考えておきましょう。イメージトレーニングも有効です。

告白のセリフと切り出すタイミング

・デートの帰り道で「実は前々から好きです。」

・食事の終わり頃に「好きだから付き合ってほしい。」

・夜景を見ながら「好きだからこれからも一緒にいてほしい。」

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白のセリフはこれで決まり!男女別おすすめのセリフと注意点

思い切りも大切

「今日告白しよう」と考えていなかったとしても、チャンスがあったら告白しても良いでしょう。なぜなら、今回のチャンスを逃したら次にいつチャンスが巡ってくるかわからないからです。

特にお互いが忙しい場合や遠方に住んでいる場合は予定の調整が難しくなりがちです。「次にいつ会えるだろうか」という不安を抱えるのは辛いでしょう。思い切りが必要なこともあります。

多くの人が通ってきた道だから自分も乗り越えられる

告白は多くの人が乗り越えてきた道なので、自分にできないはずはないと思いましょう。あなたの友人も同僚も、同じように勇気を出して頑張って告白してきたのです。あなたにもできるはずです。

告白が失敗したからといって何かを失うことはありません。告白は幸せな未来を切り開くためのもので、決して恐れる必要はないと考えるようにしましょう。

自分の言葉で告白しよう

告白を決意したときには、自分の言葉で思いを伝えるようにするとセリフが出てきやすいです。なぜなら、カッコ良いところを見せようとして難しい言葉を使おうと考えたりドラマのような言い回しを使おうとしたりすると、緊張してスムーズに言葉が出てこなくなるからです。

そうならないためには、自分の言葉でシンプルに告白するようにしましょう。この方が緊張は和らぎ、飾らない自然体のままで思いを伝えられます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
成功率の高い告白の言葉!告白は言葉選びが大切

告白できなかった後悔を忘れないようにしよう

告白できなかった辛さや悲しみは長期間続くこともあります。なぜ告白できなかったのか理由を考え、次の恋で同じ失敗をしないようにしましょう。

また、その後悔を忘れずにいることで告白の勇気を振り絞りやすくなります。以前経験した辛い思いは二度としないという決意を持ち続けることで、次は積極的に行動できるようになります。後悔をバネにして勇気を出して告白しましょう!

関連記事