恋愛

告白の仕方が分からない!成功する準備から段取りまでを大公開

告白の準備や段取りは大切

この記事で伝えたいポイント

・告白の仕方にはどんなものがある?
・告白を成功させるために計画しておくこととは
・告白におすすめの場所やタイミング
・告白で使えるセリフの例文集
・告白するときに注意するポイント

告白の仕方は色々ありますが、いざ自分で告白しようと思うと、どんな方法がいいのか分からなくなってしまいます。

告白は、何の準備せず勢いだけでしてしまうと、失敗する確率が高くなるので注意が必要です。

必ず事前の準備をして望む必要があるので、ここで事前の準備や段取り、告白が成功しやすい場所やセリフなどをご紹介します。

ここをチェックすれば、あなたらしい告白をする準備が完了しますよ。

告白の仕方にはどんなものがある?

最初に、告白する方法をざっくりと決めてみましょう。

告白したい相手との関係性でもベストな伝え方は変わるので、すべての方法を一度チェックして、あなたや相手に合った告白の仕方を決めましょう。

相手が喜んでくれるような演出を想像しながら、告白成功への第一歩を踏み出しましょう。

告白に大切な3つの条件
告白に大切なのは「セリフ」「場所」「タイミング」の3つです。告白の方法を考えるときも、この3つを想像しながらベストなものを選んでください。

直接会って気持ちを伝える

直接会って告白するのは、基本中の基本。
告白したい相手とあなたがどんな関係性でも、顔を見て告白するのに勝る方法はありません

言い方は悪いのですが、実際会って告白すると相手にも誠意が伝わりやすく無下に断れないという強みもあります。

告白は、あなたが相手に自分の良さを伝えるプレゼンのようなものです。

顔を見て気持ちを伝えた方が、必ずあなたの良さが相手に伝わりやすくなります。

遠距離や忙しい相手には電話で伝える

遠距離の相手や忙しくてなかなか予定が合わない相手には、電話で告白しましょう。

できれば顔を見た方がいいのですが、タイミングを優先した方がいい場合もあるので、臨機応変に使い分けてください。

但し、電話で告白する場合は、事前に相手もこちらに好意があると自信がついてからにしましょう。

まだ親しくなっていない状態では、相手を困らせてしまい断られやすくなるのでおすすめできません。

ネットを使って顔を見ながら伝える

遠距離の場合や、お互いがネットに長けている場合は、スカイプなどのネットを使った告白もできます。

遠くにいても顔を見ながら告白できるので、電話などより相手の表情が分かりやすいのがメリットです。

しかし、お互いが自宅などにいる状況では、雰囲気やムードを出すのが難しい点はデメリットと言えます。

これらを考慮してやむを得ない場合は、ネットを使って告白してみましょう。

手紙を書いて想いを伝える

LINEやメールが主流の時代だからこそ、手紙を使うのも他の人と差別化できる良い告白の方法です。

但し、ハードルの高い告白方法でもあるので、相手とかなり親しくなってからにしなくては、重い人と思われて引かれることがあります。

手紙は、告白ではなく相手と仲良くなるためや、呼び出すときのメモとして使うとドキッとさせられるツールになります。

日常の何気ない会話をメモにしてみると、相手との距離が縮まります。

LINEやメールで伝える

LINEやメールはとても便利ですが、気軽なコミュニケーションツールなので、告白には不向きです。

かなり印象的なメッセージを送るか、意識して真面目な文面を送らなければ、冗談や不誠実だと捉えられてしまう危険もあります。

LINEでやり取りしていて、告白するムードになってしまった場合や、どうしても会って告白する勇気がなければ、LINEで真剣な気持ちを真面目な文面で送りましょう

音楽を送って気持ちを伝える

スマホで好きな曲を送るサービスを利用して、相手に好きな気持ちを伝えるのもオシャレです。

この方法は、本気の告白をする前に相手の反応を見るために活用することもできます。

自分の気持ちに近い曲を送って「俺(私)の気持ちなんだけど」と一言添えて、告白まではしないでおきます。

相手の反応が嬉しそうだったら、そのまま会う約束をして告白すると上手くいきやすくなります。

楽器演奏で想いを伝える

かなり上級者の告白方法ですが、ピアノ演奏などをして気持ちを伝える方法もあります。

但し、自作の曲ではなく有名な曲をカバーするのがベスト

もし楽器演奏できるなら、プレイできるバーなどを探して2人で行ってみましょう。

こちらも、一歩間違うと引かれる危険があるので、かなり仲良くなっている相手に対する告白にのみ使ってください。

サプライズで思い出に残る告白をする

ただ告白するだけではなく、想像もしないようなサプライズを演出して告白する方法もあります。

例えば、ドライブに行こうと呼び出してヘリでの夜景クルージングや、待ち合わせをしているところにリムジンで登場するなど、映画のような演出をして告白すると、相手の心に強烈な印象を与えられます。

この方法は、かなり親密になっていてノリのいい相手に限って使えます。

あまり仲良くなっていない段階でやってしまうと、引かれる心配があるので注意しましょう。

告白を成功させる!告白をするまでに計画しておくこと

告白の方法を決めたら、次は告白までの下準備に移りましょう。

告白当日までにしておくと、成功率が上がることをいくつかご紹介するので、できそうな方法を実行して、万全の態勢で告白に臨みましょう

準備がしっかりできていれば、告白は最後の確認作業という形になるはずです。

告白は事前の段取りが重要
告白された側の気持ちを想像すると、突然何の前触れもなく告白されても困ってしまいますよね。しかし、事前に「この人私(俺)に気があるな」と分かっていれば、告白の前に相手の気持ちが固まるので失敗がなくなります。

相手のことをリサーチする

相手のことが分からなければ、告白しようにも作戦が立てられません。

何より、彼氏がいるのかすらチェックできていない状態で告白する人がいますが、それは断られるために告白するようなものです。

現在、普通に会話できる程度の関係なら、より詳しく相手についてリサーチしてください。

休日や仕事が終わる時間帯、趣味やハマっているものなど、不自然にならない程度に相手に聞いてみましょう。

異性の好みやタイプを把握する

相手のタイプを理解しておくと、告白のムード作りに活用できます。

相手が男性なら、清楚系が好きなのか活発系が好きなのかで、告白の仕方が変わりますよね。

相手が女性でも同じで、オラオラ系が好きなのかトコトン優しい男性が好きなのかでも、告白のときの演出の仕方が変わります。

事前に、こうした相手のタイプを知っておくと告白の成功率がアップします。

告白する日程を決める

告白するのに大切なのがタイミング。

いつ告白するかで、相手にOKをもらえるかどうかが変わるので、しっかり計画しなくてはいけません。

ベストなのは、相手が忙しくない時期でリラックスしている日、もしくは思い出に残るようなイベントの日を選ぶといいでしょう。

近々やってくるベストなタイミングがないか考えてみてください。

告白する場所を決める

告白するなら場所選びも重要です。

次の項目をクリアしているところを選ぶと失敗がありません。

告白の場所選びで必要なこと
・落ち着いて話せる環境
・2人っきりになれる場所
・他人がいても話している内容が分からないところ
・ロマンチックな雰囲気のある場所
・少し薄暗いところ

あなたが告白しとうと思っている場所が、これらに該当しなければ場所を変えた方がいいでしょう。

告白は、どちらかの気が散漫すると上手くいかないので、じっくり話ができる場所を探してください。

告白するセリフを決める

場所やタイミングが決まったら、いよいよ相手に告白するためのセリフを決めましょう。

「セリフなんて、その時の思い付きでいいよ」なんて思ったあなたは、告白で成功する確率が下がってしまいますよ。

告白するときはかなり緊張しますし、相手が予想外のことをしたり言ったりすると、本当に伝えたい言葉が出なくなることがあるのです。

そうならないよう、事前に相手に好きな気持ちをどう伝えるか考えておく必要があります。

告白するまでに相手と話す機会を増やす

告白で失敗してしまう多くの原因は、相手とのコミュニケーション不足による緊張や、事前のリサーチ不足です。

ということは、告白前にできるだけ多く、相手とコミュニケーションをとっておく必要があるということ。

たわいもない話しでいいので、会話することに慣れて好意があることを何となく伝えておきましょう。

2人だけで出かける機会が増えてくれば、告白は成功したようなものなので、告白の前に数回デートに行ける仲になっておくと安心です。

共通の友達といい関係を築く

告白する相手とあなたに共通の友達がいれば、その人たちとの関係を良くしておくことも大切です。

例えば、告白されてすぐ返事ができなかった場合、相談するのは共通の友人であることが多いもの。

そこで応援してもらえるか、辞めた方がいいと言われるかは、あなたと友達の日頃の付き合い方が影響します。

また、相手があなたを判断する材料として、友達の存在や関係の良好さを見ることがあります。

自分磨きをして本番に備える

告白をOKしてもらうには、あなたが魅力的な人になっておかなくてはいけません。

ただ、自分磨きと言われても何をしていいのか分からない人もいるので、具体的な方法をいくつかご紹介します。

自分磨きの方法
・仕事を頑張って評価されるようになる
・資格取得の勉強を始める
・初めての趣味に挑戦してみる
・ダイエットや筋トレで見た目を変える
・自分に合った香水を探す
・自分の部屋やデスクの掃除をしてスッキリさせる

他にも、あなたが素敵だとおもう同性に近付けるように努力することが、そのまま自分磨きになります。

告白する当日までに、あなたの魅力を今以上に高めておきましょう。

ラインでそれとなく好きなことを伝えておく

告白する前には、相手の気持ちをある程度確認しておかなくてはいけません。

また、あなたが相手に好意があることも伝えておかないと、突然告白された方は迷ってしまいます。

告白する前には次のようなラインを送って、相手の反応を見てみましょう。

告白前にラインで好意を伝える例文
・俺(私)のこと異性としてどう思う?
・もし告白したらOKしてくれる?
・こんなに好きなのに気付いてくれないの?
・今度デートしようよ
・一緒に〇〇に行きたいんだけど

このようなラインにノリ気で返してくれたら、脈ありだと思ってください。

但し、事前のラインでは、冗談のように伝えて必ず逃げ道を準備しておきましょう。

告白当日!どんな場所やタイミングがおすすめ?

ここで、先ほど紹介した場所とタイミングのおすすめを、さらに具体的にご紹介しましょう。

告白当日を想像しながら、どんな場所が2人に合っているか考えてみてください。

告白する相手が笑顔になってくれるような場所やタイミングを選べば、告白はとてもスムーズに行きます。

自信がなければ振り出しに戻っていい
告白の場所やタイミングを決めても、告白してOKをもらえる自信がなければ、一旦準備の段階に戻りましょう。告白は早くすればいいというものではありません。ライバルがいるなど不安な状況でなければ、数日から数週間伸ばすのは問題ありません。

出会って3か月以内にする

告白が成功しやすいのは、出会って3か月目までです。

それ以上になると、新鮮さがなくなって友達という枠に落ち着いてしまうからです。

出会って3か月が経とうとしているなら、早めに告白の段取りを進めましょう。

但し、友達から恋人になるのは珍しいことではないので、現在何年も一緒にいるからと肩を落とさないでくださいね。

あくまでも目安と考えてください。

バレンタインデーを活用する

女性から男性に告白するなら、バレンタインデーを活用しましょう。

バレンタインデーの日は、どの男性も告白されることをどこかで期待しています。

そんな日に告白すれば、男性も心構えができているので、それほど驚かれることがありません。

また、返事を保留にされても、大抵の人は遅くてもホワイトデーには返事をくれるので安心です。

相手の誕生日前日か当日に連絡する

告白する相手が誕生日に1人、もしくは友達に祝ってもらうということが分かっていれば、誕生日にサプライズで告白するのもおすすめです。

いつもは恋人がいないことを、それほど寂しいとおもっていなくても、自分の誕生日になると恋人に祝ってほしいという気持ちがよぎるものです。

そんなタイミングで告白すれば、OKがもらいやすくなります。

思い出に残るロマンチックな場所を選ぶ

告白が成功すると、その日は2人にとって大切な記念日になります。

そんな大切な日を彩るためには、ロマンチックな場所で告白するのが一番です。

場所の雰囲気が良ければ、シンプルに告白してもロマンチックな告白になるので、ムード作りが下手な人にもおすすめです。

夕日が沈んでいく真っ赤に染まった海や、街頭がキレイな公園など、雰囲気の良い所を事前に調べておきましょう。

ライトアップやイルミネーションで彩られた公園に行く

ライトアップされた公園や、クリスマス時期にイルミネーションで彩られた公園も、告白にはおすすめの場所です。

2人でいるだけでドキドキする空間になるので、相手もあなたを異性として意識してくれます。

公園をゆっくり散策したら、ベンチなど座れる場所に移動して告白すれば、上手くいかないわけがありません。

男性が告白する場合は、寒い時期には寒さ対策をしてあげると、気が利く人と思わせることができて成功率もアップします。

ドライブ中の車内で伝える

2人でドライブに出かけた帰り道の車内も、告白にはもってこいのシチュエーションです。

車という密室で告白されるとドキドキしますが、これが相手に恋をしているドキドキと似ているので、日頃思っている以上に相手を好きだと思ってしまうのです。

特に、男性が女性に告白するときにはおすすめなので、告白する日は告白する相手をドライブデートに誘ってみましょう。

飲み会の帰りに歩きながら伝える

お酒が入ると、誰でも開放的になる一方で人恋しさを感じます
あなたも経験があるのではないでしょうか?

このタイミングを狙って、飲み会の帰りに送ってあげるという口実で2人きりになり、少し雰囲気の良い場所で告白するのもおすすめです。

飲み会の帰りに告白する場合は、相手がかなり酔った状態なら延期してください。

告白を覚えていないなどのトラブルになると、計画が台無しになってしまいます。

時間帯は夕方から夜の方が成功率が上がる

夕方から夜は、誰でもリラックスする時間である一方で、寂しさを感じる時間でもあります。

こんなタイミングで告白すると成功しやすいので、相手を呼び出すときは18~21時頃にしましょう。

事前の準備をするときも、この時間帯を狙って電話やLINEをすると仲良くなりやすいので、時間にも気を使ってアプローチしましょう。

告白に一番向かないのが午前中なので、2人でデートに行ったとしても午前中の告白は避けましょう。

季節は秋から冬の方が成功しやすい

秋から冬にかけては、肌寒くなることで人恋しくなる季節ですし、年末になると恋人たちのイベントが増えるので恋人が欲しくなる時期でもあります。

そんなタイミングを狙うと、告白が成功しやすくなるのでおすすめです。

また、付き合ってすぐにクリスマスなどのイベントで盛り上がれるので、長続きする恋人が多いのも特徴です。

タイミングが合えば、この時期を逃さないようにしましょう。

いざ告白!どんなセリフを伝えたら思いが伝わる?

告白の背景が決まってきたところで、実際相手にどう気持ちを伝えるか、こちらも具体的にご紹介します。

単純に「好きです」という告白でもいいのですが、相手に強いインパクトを与えたいなら、少しこだわった方がいいでしょう。

相手の性格などにもよるので、ストレートな言葉がいいのか、ロマンチックな言葉がいいのか、想像しながら見てみましょう。

告白のセリフは相手を思いやって!
告白というと、自分がどれだけ相手を好きかということを伝えるのに必死になってしまいますが、まずは相手を思いやることが先です。「突然ごめんね」「時間作ってくれてありがとう」といった相手への配慮も忘れずに。

ストレートに「好きです、付き合ってください」

告白する前に、ある程度あなたの気持ちを相手に伝えていれば、本番ではシンプルに「付き合ってください」と伝えるだけでOKです。

女性が男性に告白する場合も、ダラダラ長い話しをせずストレートに告白した方が上手くいきやすいので、意識しておいてください。

ストレートな言葉は、態度や表情でいくらでも素敵になるので、他の言葉は不要だと思ったらこのセリフを使ってください。

ロマンチックな雰囲気で「彼女(彼氏)になってくれない?」

ロマンチックな場所を選んでいれば、その雰囲気に助けを借りながらロマンチックに「恋人になってほしい」と告白しましょう。

彼氏や彼女といった具体的な言葉を出すと、相手はドキッとしてくれるので成功率もアップします。

他にも「〇〇ちゃんみたいな子に彼女になってほしい」「〇〇くんみたいに尊敬できる人の彼女になりたい」などの告白もおすすめです。

友達歴が長いなら「もう彼女(彼氏)でいい?」

友達歴が長くて、お互い気持ちがあることを何となく分かっているなら、「俺たち恋人でいいよな?」と優しく言ってあげるのも素敵な告白になります。

ただ、前後の会話がふざけていると冗談だと思われてしまうので、好きな気持ちは真面目に伝えてください。

女性でも「私、〇〇くんの彼女ってことでいい?」と可愛く伝えると、相手は「いいよ」と返事をくれるでしょう。

誠意を見せて「彼氏(彼女)にしてください」

友達というほどの関係ではない場合は、誠意を見せて「恋人にしてください」とお願いすると、相手からの好感度が高くなります。

相手を一番に考えている気持ちも伝わりやすいので、OKしてもらいやすいセリフです。

男女どちらでも使えるので、大切にしたい相手にはお願いする形で告白してみましょう。

友達関係でも、告白のときだけ敬語にするとギャップ萌えが狙えます。

仕事の帰り道で「ずっと大切にしたい」

仕事で疲れて帰宅するタイミングで、一緒に帰るよう提案して告白するのも素敵なシチュエーションです。

帰り道にある公園や駅で、他人に聞かれないように配慮して「好きです、ずっと大切にしたい」と伝えると、仕事で疲れを感じていることもあって、あなたに頼りたいという気持ちになってくれます。

特におすすめなのは、男性が職場の女性に告白する場合です。

気を付けたいのは、会社の人に2人でいるところを見られると面倒なことになるので、その点は注意しましょう。

薄暗いバーで「楽しいことを2人でたくさんしたい」

告白する相手があまり行かないようなバーに連れて行って、「楽しいことをたくさんしたい」と告白すると、相手は新しい世界を見せてくれそうだと期待してくれます。

人は、自分の知らない世界を見せてくれる人に魅力を感じます

今まで行ったことのない場所や、知らなかったことを教えてくれるような人になると、告白をOKしてもらいやすくなるので、このポイントを意識してみてください。

真っ直ぐ目を見て「もっとあなたのことを知りたい」

私たちは、自分に興味を持ってくれる人に対して、気持ちに応えたい、大切にしたいという感情が出てくるものです。

その気持ちを活用して、OKをもらいやすくなるセリフが「あなたのことをもっと知りたい」というものです。

他にも「もっとあなたを見ていたい」「みんなが知らないあなたを知りたい」というフレーズも、相手に喜んでもらえるのでおすすめです。

婚活中なら「結婚を前提にお付き合いしてください」

婚活中に出会った相手なら、結婚を前提に付き合いたいという気持ちを、告白のときに伝えなくては相手が不安がってしまいます。

ただ付き合うだけなら婚活の妨げになるので、結婚が前提なのか分からなければ、好きでも断ってしまうことがあるのです。

あなたが相手との結婚を考えているなら、そのことを伝えるとOKをもらいやすくなります。

まだ結婚までは考えていなければ「付き合ってから結婚を考えたい」ということを伝えるといいでしょう。

告白するときに注意すべきポイント

いざ告白をするときに、注意して欲しいポイントもいくつかご紹介します。

ベストなタイミングや場所を選んで、素敵なセリフを用意しても台無しになるようなことがあるので、事前にチェックして告白のときに失敗しないよう気を付けてください。

簡単なことばかりなので、一度見ておくと失敗することはありません。

相手を思いやるのが一番の失敗回避法
告白を失敗しないためには、相手を思いやった言動をするのが一番です。相手のことを考えてあげると、自然と愛情が伝わりますし変な誤解を生むようなことはなくなります。

曖昧な表現をして相手を戸惑わせない

告白のときに緊張すると、曖昧なことを言って相手を戸惑わせることがあります。

例えば「すぐ付き合ってほしいわけじゃないんだ」「好きだけどあんまり気にしないで」など、相手がどうしていいのか分からないような言葉を伝えると、告白が台無しになります。

こんなことのないよう、事前にシミュレーションしておく必要があるのです。

私たちは緊張すると思わぬことを言ってしまうので、言葉には注意してください。

自分を良く見せようとしすぎない

告白をするときは、誰でも相手に良い所を見せたい、知ってもらいたいと思うものです。

しかし、自分を良く見せようとしすぎると、相手に対して失礼な態度をとったり、誤解を生むようなことを言ったりしてしまいます。

告白するときは、できるだけ冷静に自然体で相手と接するのがベストです。

良く見せようとしなくても、一生懸命自分に告白してくれる人は、相手から見れば素敵にうつります。

服装や身だしなみには気を使う

告白するときは、髪型、服装、持ち物などの身だしなみを整えておきましょう。

堅苦しいファッションをするのではなく、清潔感があり好感度が高くなる見た目を意識してください。

ファッションや髪型に自信がなければ、告白する前だけでも服屋の店員さんや美容師さんに相談して、あなたに合うものを提案してもらうのもいいですね。

素敵な場所で告白しても、爪が汚れていれば台無しになるので、身だしなみには気を付けてください。

落ち着いて冷静に行動する

告白するときは、とにかく冷静に行動するようにしましょう。

緊張すると、思ってもいないことを言って失敗することがあるので、冷静になれる自信がついてから告白に挑みましょう。

相手と会うと緊張する場合は、事前にもっと話す機会を増やして慣れておくことをおすすめします。

相手に会う前に深呼吸をして、冷静でいることを意識するだけでもかなり違うので試してみてください。

高価な物をプレゼントしない

告白する時点で、相手に高価なものをプレゼントするのは辞めましょう。

花束などの簡単なものならいいのですが、高価なものをプレゼントすると相手は「モノで釣ろうとしている」と誤解してしまいます。

一度そう思うと、大抵の人は交際をお断りするのでプレゼントが逆効果になります。

同じ理由で「僕と付き合ったら〇〇あげるよ」「〇〇できるよ」などと言うのもNGです。

保留になっても返事を急かさない

相手が告白に対して即答できなかったら、しばらく考える時間をあげましょう。

答えを急いでもいいことはありません。

相手が考えたいと言うなら、その気持ちを尊重して待ってあげるのが優しさです。

保留期間も返事を急かさず、いつも通り接するようにしましょう。
あなたの行動次第で、告白の返事が変わることもあるので、相手に好きになってもらえるような対応を心がけてください。

断られても取り乱さない

告白を断られても、完全に希望が無くなったわけではありません。

人は、告白されてから相手を意識するようになり、振った後に好きになることが珍しくないからです。

断られたらあっさり身を引き、今まで通りに接してください。
ここで取り乱してしまうと、付き合える可能性が完全になくなってしまいます。

あなたの紳士的な態度に、相手の気持ちが変わることもあるので、断られた後にどれだけ魅力的に見せられるかが勝負です。

中学生や高校生は学校関係や両親のことを考える

中学生や高校生が告白する場合は、他にも気を付けて欲しいポイントがあるので、次のことに注意してください。

中学生や高校生が告白する際の注意点
・中学生や高校生はLINEを多用しすぎない
・女子の帰宅時間を考えてあげる
・相手が忙しい試験中や部活の大会前の告白は避ける
・恥ずかしがらずハッキリと告白する
・告白前後に友達にバレないようにする

中学生や高校生では、親や友達が恋愛の障害になることがあります。

これはしょうがないことなので、予め理解した上で告白するようにしましょう。

また、自分本位になりやすい年齢でもあるので、常に相手のことを考えて告白の場所や時間を考えてください。

段取りを整理して告白を成功させよう

告白をするまでには、色々考えなくてはいけないことも多いですし、しなくてはいけないこともたくさんあります。

しかし、事前に準備をしている人とそうでない人とでは、告白を成功させる確率がかなり違います

告白するときには、OKをもらえて当然と思えるまでに段取りと行動を済ませておくと、告白当日に緊張して失敗することもありません!

関連記事