恋愛

告白の返事はどうする?タイミングや愛される返事の仕方とは

告白の返事を考えるのは難しいもの

この記事で伝えたいポイント

・告白をの返事を迷う理由は?
・告白の返事待ちをしている相手の心理
・告白の返事に使える手段やベストなタイミング
・これからの関係を良くする返事の仕方

突然の告白に戸惑って、すぐに返事ができず保留にしてしまったら、色々考えすぎて自分の気持ちが分からなくなることがあります。

一人でどう返事をすればいいのか悩んでいるなら、ここであなたの気持ちを整理しましょう。

告白の返事を迷っている理由は何なのか、OKの場合の返事はどうするのか、あなたの中の感情を明確にしましょう。

告白の返事に迷う理由は?自分の胸に尋ねてみよう

まずは、あなたがなぜ告白に対して「考えさせて」と言ったのか、その理由を考えてみましょう。

どう返事をするのか、告白してくれた相手と今後どう付き合うのか、といった他の問題は一旦忘れて、あなたがどうしたいのかを考えてみてください。

告白を保留にする人の代表的な理由をご紹介するので、あなたと同じ気持ちのものがないかチェックしてみましょう。

恋愛はできるだけシンプルに考える
告白されると、頭で考えすぎて気持ちを置き去りにしてしまいがちです。恋愛は実はとてもシンプルなものなので、告白されて嬉しかったのか嫌だったのかという基本の部分も忘れずに考えましょう。

異性としてまったく意識していなかったから

すぐ返事ができない理由でよくあるのが、今まで異性としてまったく見ていなかったことで告白されて戸惑ったというもの。

これまで友達としていい関係を築けていたら、余計返事に悩んでしまうでしょう。

友達としては大好きだけど、これは彼氏や彼女となるとどうなのか、アレコレ悩んで答えが出ない人も多いものです。

あなたも友達から告白されて迷っているなら、素直に告白してくれた相手に相談してみるのもおすすめです。

今の関係を壊したくないから

現在、告白してくれた相手と良い友達関係が築けている場合や、職場の仲間で楽しく仕事ができている場合は、付き合うことで関係が変わってしまわないかと悩むことがあります。

いい関係を築けているので、相手のことを好きなのは分かっているのですが、それが彼氏や彼女という関係になるとどうなのかは、やってみなくては分からないことです。

今の関係は一度忘れて、相手を異性としてどう思うのかシンプルに考えてみましょう。

付き合っても上手くいくのか不安だから

新しく人と付き合うときは、誰でも相手と上手くいくのか不安に感じるものです。

この悩みの場合は、占いをしてもどんなに1人で考えても答えが出ないので、現在相手のことをどう思っているかということに集中して考えた方が、答えが出やすくなります。

告白されて嬉しかった、もっと相手のことを知りたいと思うなら、思い切って付き合ってみるのもいいでしょう。

先のことばかり考えていると、せっかく来ているチャンスを逃すことになります。

恋愛よりやりたいことがあるから

現在、仕事や趣味が充実していると、恋人ができることでしたいことができなくなるのではないか、という不安が出てくることがあります。

しかし、あなたが思っているほど、相手はあなたのライフスタイルを否定しない人かもしれません。

告白の返事をするときに、今のライフスタイルを崩したくないという気持ちを話して、それでも付き合いたのか聞いてみるといいでしょう。

案外、したいことを応援してくれるということもあります。

断れずに思わず保留にしてしまったから

好きな気持ちを持てないと分かっていたのに、断るのが申し訳なくてつい返事を保留にしてしまう人もいます。

もし、相手が恋人としてはなしだと判断したら、長引かせるほど相手を傷つけてしまいます。

あなたが、相手のことを傷つけたくなくて返事をしていないのなら、すぐにお断りの返事をしてあげましょう

断る場合は「好きになってくれてありがとう」という、感謝の気持ちは伝えてください。

告白の返事待ちの間に相手は何を考えている?

あなたが返事を保留にしている間、相手はどんな気持ちでいるのでしょうか?

これを理解しておくと、早く返事をしなくてはいけない理由や、相手がいつまで待てるのかも分かってきます

あなたが告白の返事を保留にして悩んでいる間、相手が思っていることをご紹介しましょう。

早く返事をしてあげるのは優しさ
告白された相手と付き合いたい場合は、すぐに連絡すると思いますが、断る場合は返事が遅くなってしまいがちです。しかし、断るときこそ早く返事をしてあげるのが優しさです。付き合えないのにもったいぶって返事をすると、相手を必要以上に傷つけます。

どんな結果であれ返事が早く欲しい

告白の返事がもらえず、毎日モヤモヤした気持ちで過ごすのは誰だって辛いものです。

待たされているということは、前向きに付き合うことを考えてくれていると期待してしまいますし、期待しているのに断られたらどうしようという気持ちも湧いてきます。

付き合えれば嬉しいですし、断られたとしてもあなたを諦めて前に進むことができるので、保留の状態が長く続くよりはマシだと思っている人が多いです。

相手の言動に一喜一憂する

「昨日は目が合ったら笑ってくれたのに、今日はちょっと冷たかった」「電話していたけど、誰と話していたんだろう」

告白の返事を待っている状態では、相手の何気ない言動にいちいち気持ちを揺さぶられてしまいます。

告白の結果が出ればこんな気持ちにはならないので、保留期間は精神的に辛い毎日が続きます。

あなたが何の意図もなくしていることで、相手を傷つけている場合もあるということです。

気持ちが伝わっていたか心配になる

保留期間が続くと「もしかして、ちゃんと気持ちが伝わってなかった?」「付き合ってって意味だと思ってないのかも」と、告白自体が伝わっていなかったのではないかと心配になる人もいます。

かといって、相手に伝わっているかどうか確認することもできないので、モヤモヤした日が続くことになります。

告白する側は、かなり緊張していることが多いので、しっかり伝えた自信も持てず辛い日々を過ごすことになります。

相手に不信感を抱き始める

いつまでも返事を保留にされていると、告白した相手に不信感を抱くこともあります。

何か月も返事がなく、今まで通りの付き合いを続けられると「キープされてるのかも」「誠意がないのでは」と思ってしまうことがあるのです。

逆の立場だったら、告白した相手から何のアクションもないと、同じような気持ちになるはずです。

告白されたら、相手の気持ちを考えてできるだけ早めに返事を伝えるようにしましょう。

告白の返事をする手段はなにがいい?

告白されて返事をするとき、会う以外にも方法があります。

状況や返事の内容次第で、色んなツールを使い分けることができるので、返事に使えるものを把握しておきましょう。

あなたが返事をしやすく、相手もストレスを感じない方法を考えて、早めに告白の返事を伝えてあげましょう。

返事の内容だけでなく相手との関係も考慮する
告白の返事をする相手が、友達の場合と会社関係の人の場合では、返事の内容は同じでもツールを使い分ける必要があります。今後のことを考えて、お互いがストレスなく付き合えるような手段を使って返事をしましょう。

基本は直接会って返事をする

告白の返事がOKの場合は、できるだけ顔を見て返事をするようにしましょう。

今後の付き合い方にも影響が出る場合もあるので、電話やLINEは避けた方がいいでしょう。

また、告白された相手が会社関係の人で、断る場合にも一度会って話すのをおすすめします。

今後も顔を合わせなくてはいけないので、会社で働きづらい環境にならないよう配慮してください。

会うタイミングがなければ電話をする

なかなか会えない相手への返事は、早めに電話で伝えてあげましょう。

返事の内容がどうであれ、連絡するのを引き延ばしても良いことはありません。

特に、友達関係でお断りの返事をするときも、その後気まずくならないようにできるだけ早く返事をした方がいいでしょう。

保留の期間を延ばす場合も、電話で一度「〇〇まで返事を待ってもらっていい?」と一度連絡しておくと安心です。

勇気がなければ早めにLINEやメールを送る

告白してくれた相手に会う勇気がない場合は、やむを得ずLINEを使うようにしましょう。

ズルズルと返事を長引かせるよりは、LINEで返事をしてあげた方が相手のストレスは軽減します。

もし、OKする場合はLINEでは誠意が伝わり辛いので、会うほ方がいいでしょう。

電話と同様、返事を先延ばしするときにもLINEは使えるツールなので、有効に活用しましょう。

OKの場合は手紙を送る

OKの返事をするときに限ってですが、手紙も素敵な思い出になるので告白の返事にはおすすめです。

形に残るので、付き合った後も2人の関係を良くするツールになってくれるでしょう。

お付き合いを断るときは、手紙は絶対に送らないようにしましょう。

とても辛い気持ちになりますし、もらった後も処分できずに悩んでしまう人もいます。

告白の返事をするタイミングはいつがいい?

告白への返事が固まったら、後はどのタイミングで連絡すべきかを見ておきましょう。

時期や時間帯など、少し配慮してあげるだけで相手の負担を減らすことができます。

特に、お付き合いを断る場合は、タイミングを考えて返事をしてあげてください。

告白の返事をするなら3つのことを考慮する
告白の返事をするなら、時期・時間帯・曜日を考慮してあげると、相手の負担が減ります。OKの返事でも、週末の夜に連絡すれば翌日デートの約束ができるのでおすすめです。

早ければ早い方がいい

告白をした方は、保留の間不安な日々を過ごします。

告白の返事がどうであれ、早く気持ちを伝えてあげるのに越したことはありません。

特に断る場合は、保留期間が長引くほど期待が膨らんでしまうので、1日でも早く連絡してあげましょう。

OKの場合は、少々時間をもらってもいいのですが、その場合はいつまでに返事をすると伝えてあげると、相手も少し気持ちに余裕が出ます。

最低でも3日以内に返事をする

連絡をせず待ってもらう場合は、最低でも3日以内には連絡をして返事をするようにしてください。

タイミングが合わなければ、1週間ほどは延ばしてもいいのですが、相手のことを考えてあげると早めに答えを出してあげる方がいいでしょう。

会う機会や勇気がなくてダラダラと先延ばしにしていると、OKの返事でも相手に不信感を与えてしまうことがあるので注意してください。

返事を先延ばしするなら一度連絡する

どうしても答えが出ない場合や、今はそれどころではないという状況なら、その旨を相手にちゃんと伝えて、いつになったら答えが出せると伝えてあげましょう。

例えば「今まで友達として見ていたので、少し時間が欲しい。1か月くらい考える時間もらってもいい?」と期限を設けてあげると、相手もモヤモヤせず待つことができます

待てないということであれば、残念ですが一旦お断りして、あなたが好きになれば逆に時間をおいて告白するのもいいでしょう。

返事をする時間帯は週末の夜にする

特に、告白をお断りする場合は、仕事が終わった時間帯を狙って返事をするようにしてください。

仕事が残っているときに断られると、その後の時間が辛いものになってしまいます。

タイミングが合えば、翌日が休みの日を狙うとより相手の負担が減ります。

振られた後は、お酒を飲みたい気分になりますし、翌日仕事をしたくないと思うものです。

これからの関係をよくする告白の返事の仕方とは?

告白をOKする場合、これからの2人の関係を良くする「愛される返事」をしたいですよね。

付き合うと決まった日は、今後2人の記念日になりますし、ずっと思い出に残る日になるので素敵な演出をしましょう。

相手に喜んでもらえて、思い出に残るような返事の仕方をいくつか見てみましょう。

あなたの笑顔が最高の返事
これから、OKの返事をするならセリフやタイミングだけでなく、表情にも気を付けてください。不安そうな顔や遠慮した顔をせず、付き合える喜びを笑顔で表現して相手に嬉しい気持ちを伝えてあげてください。

ロマンチックな演出をする

2人が恋人になって過去を振り返ったとき、ロマンチックで思い出深い告白の返事をしていると、よりいい関係を築きやすくなります。

「返事もらったとき、ロマンチックだったね」「あの時、すごく嬉しかったな」と話せる思い出があると、喧嘩をした後も仲直りが早くなりそうですよね。

ロマンチックな演出には、夜景や星空が定番です。

他にも、花火や桜などを活用すると、簡単にロマンチックな演出ができます。

思い出に残る場所を選ぶ

付き合い始めた日は、今後2人の記念日になるように、付き合い始めた場所も2人の思い出の場所になります。

あなたが好きな場所や、告白してくれた相手とよく遊んだ場所など、思い出に残るような場所を選んで返事をするのもおすすめです。

思い出の場所を作っておくと、これから初心を思い出せる場所ができます。

そんな所があると、喧嘩をしたりマンネリになったりしたら、有効に使える場所になるはずです。

楽しくデートした帰り際に返事をする

返事をする日を決めたら、その日1日デートをして帰り際にちゃんと返事をすると、楽しい気持ちのままお付き合いがスタートできます。

相手もデートをしていることで期待はしていますが、ちゃんと言葉でOKと言ってもらえるのを待っています。

今後、恋人になるのが楽しみになるような1日を過ごして、帰り道に雰囲気の良い場所で告白の返事をしてみましょう。

何も言わずに突然キスをする

「この前の告白の返事なんだけど…」と言って、その後何も言わずにキスをすれば、それがとても素敵な返事になります。

キスの後「これからよろしくね」と一言付け加えると、確実にいい返事がもらえたことに、相手はとても喜んでくれるでしょう。

最初にドキッとさせることで、付き合い始めた日の思い出が強烈に残るので、恋人になっても愛される彼女や彼氏になれます。

思い出になるものをプレゼントする

付き合い始めた記念になるようなものを、告白の返事と一緒にプレゼントすると相手にとても喜んでもらえます。

男性なら、花束などもおすすめです。クサいようですが、花束をもらって嬉しくない女子はいません。

他にも、その日デートをしてお揃いのものをお互いにプレゼントしたり、相手の趣味に関するものをあげたりすると、恋人になってから2人の宝物にできます。

受けるのも振るのもお互い納得できるようにしよう

告白の返事は、とても荷が重いものですが、勇気を出して気持ちを伝えてくれたことに感謝して、誠意を持って返事を返すようにしましょう。

返事をする際にはお互いが納得できるよう、ハッキリ言うべきことは伝えて誤解のないようにしなくてはいけません。

また、期待させるだけさせて断ったり、曖昧な返事をしたりするとトラブルになることがあるので、その点は注意しましょう。

関連記事