告白

女性から告白しても成功する?失敗しないタイミングやセリフ

女性から告白するのは悪いことではない

この記事で伝えたいポイント

・女性から告白されたときの男性心理と成功率は?
・告白する前にできることや成功させるためのポイント
・女性から告白するときのベストタイミングとセリフ
・一度振られても彼を振り向かせる方法

女性から告白するというのは、あまり良くないと言われますが、恋愛に消極的な男性が増えている現代では、女性からアクションを起こさなくてはいけない場合もあります。

好きな彼と進展しない関係にモヤモヤして、告白しようか悩んでいるあなたへ、女性から告白して成功させるコツや告白するベストなタイミングやセリフをご紹介します。

女性から告白されたときの男性心理

好きな男性に告白したいと思っているなら、まずは女性から告白されたときの男性の心理を把握しておきましょう。

相手がどんな感情を抱くのか理解できていれば、告白を成功させるための作戦を立てるのに有利です。

あなたの好きな人がどんな性格で、告白されるとどんな気持ちになるかを想像しながら考えてみましょう。

男性の本音は結構残酷
これから男性の本音を見ていく前に、少々女性にとって辛い意見があることを覚悟してください。ただし、これを理解しておくと事前に対処できるので、厳しい声もありますがしっかりチェックしてください。

もちろん告白されるのは嬉しい

女性にも共通しますが、自分を好きと言ってくれる人がいることは素直に嬉しいという男性はたくさんいます。

誰でも、好意を持たれるのに悪い気はしません。

ただし、事項からの意見を見れば分かりますが、ある一定の項目をクリアしていなければ、嬉しいと思う男性は激減します。

男性に「嬉しい」と思ってもらえるレベルまで、関係を築かなくてはいけません。

面識のない相手だと冷める

女性の場合は、面識のない男性に告白されると少し恐怖を感じます。しかし男性は、告白してきた女性に相手に不信感を抱くようです。

俺の何を知っていて告白しているのだろう、誰でもいいのではないか、罰ゲームか何かではないか、などと相手の告白をストレートに受け取れない人がいます。

このような本音を知ると、面識のない男性に急に告白するのは危険だというのが分かります。

好きな人ができたら、まずは友達から関係を築く方が告白の成功率はあがります。

驚いて上手く反応できない

女性から告白されるというシチュエーションは、よっぽどモテる男性でなければ、なかなか遭遇しないものです。

ですから、急に告白されると驚いて返事ができない、またはとりあえず断ってしまうという男性の声もあります。

前項にもあるように、告白で相手を驚かせてしまうと失敗することが多いので、事前の下準備は必須なのが分かります。

好きじゃない子に告白されると困る


好きではない相手に告白されるのは、男女ともに嬉しい反面、困ってしまうものです。

告白を断るのにも罪悪感がありますし、その後顔を合わせる関係であれば気を使います。

告白を考えているなら、相手にある程度好意を持たれていることが分かってからにすると、好きな人を困らせることはないでしょう。

告白は、自分本位にすると相手に迷惑をかけてしまいます。必ず、相手の気持ちが多少こちらに向いてから実行する方がお互いのためになります。

急に好きになる・意識し始める

告白された相手を、急に好きになったり意識し始めたりする気持ちは、女性でもなんとなく分かります。

自分を好きでいてくれるというのは、どんな長所より自分にとっては嬉しいものです。

一度は断っても、つい目で追ってしまいいつの間にか好きになってしまうということは、恋愛ではよくある話です。

これを狙い場合は、相手の好きなタイプの女性をしっかりリサーチして、あなたのイメージを近付けておくと成功率がアップします。

関係性次第では悩む

会社関係の相手や、取引先、お客さんなどの立場だと、付き合った後のことを考えて悩んでしまいます。

確かに、軽いノリで付き合ってしまうと、別れたときに気まずくなって仕事に悪影響が出ると大変です。

あなたが告白する相手が仕事関係にあるなら、その悩みを解消してあげなくてはいけません。

告白後のケアを上手くできれば、例え断られてもその後逆転できる可能性も出てきます。

女性から告白したときの成功率はどれくらい?

女性から告白した場合、どれほどの成功率があるのか状況別に考えてみましょう。

あなたが今から告白したい男性との関係や距離感、彼の性格などを考えながら、状況を把握して成功率を探ってみてください。

告白を確実に成功させるためには、冷静な分析が必要です。舞い上がった気持ちだけでは、相手が引いてしまうこともあるので注意しましょう。

ドラマやマンガと現実はかなり違う
ドラマやマンガなら、成功してハッピーエンドになるような告白も、現実では難しいということがたくさんあります。特に男性は、恋愛に対して臆病な人や面倒だと感じる人が女性より多いので、現実を把握して告白に挑みましょう。

突然の告白は成功率がかなり低め

男性は、恋愛に消極的な人が女性より多いので、突然告白されると驚いて断ってしまうことがあります。

何も準備せず、玉砕覚悟で告白しても成功率は20%程度で、振られる確率の方が高くなります。

男性への告白を成功させるには、事前に良い関係を築いておかなくてはいけません。

「アイツ俺のことが好きなのかも」と匂わせて、急な告白にならないようにすることが大切です。

しっかり準備すれば成功率アップ

告白する前に、ある程度好意があることを伝えて準備しておけば、告白の成功率は60%程度に跳ね上がります。

準備の方法は、次の項で詳しく説明しますが、事前の準備を飛ばして告白するのはかなり危険です。

男性は、女性にかっこ悪いところは見せたくないものです。急に好きと言われて動揺する姿を見せたくないという理由で、つい断ってしまうこともあるので事前の準備は必須です。

タイミング次第では成功率が急激にアップ

定番ですが、バレンタインデーに告白すると断られる率が低くなります。チョコを渡すだけで、付き合うことに言及しなければ自然と彼に交際を考えてもらえる時間を与えることもできます。

理由は、どんな男性でも多少なりともバレンタインデーには告白を期待しているからです。

事前に心の準備ができている状態なので、いつもに比べると告白の成功率はアップします。

また、彼の誕生日やクリスマスなど、恋人のイベントの前の時期も告白をするには最適です。

女性から告白する前にできること・ポイント?

女性からの告白を成功させるには、事前の準備が必要なことが分かってきました。

そこで、告白を成功させるために事前にしておくことや、彼と接するときのポイントなどを見ておきましょう。

これから紹介する方法を実践していくと、彼との距離がいい具合に縮まっていくので、相手から告白される可能性も高くなります。

ぜひ、告白する前には試しておいてください。

恋愛に必要なのは駆け引きではなく下準備
恋愛には駆け引きが必要と言われますが、これから恋愛を始めるときに必要なのは、駆け引きではなく下準備です。2人の関係が浅い場合や、友達として長く付き合っている場合は、駆け引きをすると失敗します。地道な下準備で告白を成功させましょう。

彼を褒めて好意があることを伝えておく

男性は、自分を褒めてくれる女性が大好きです。相手に好意を持って欲しいなら、違和感のない程度で相手を褒めるようにしてください。

彼の得意としている分野や、気を使っているところを褒めると、より喜んでもらえますし「自分を理解してくれている」と思わせることもできます。

モテる女性を観察すると、男性をよく褒めているのが分かります。あなたもモテ女子を真似て、好きな相手をどんどん褒めてあげてください。

他の男性とはあきらかに違う接し方をする

告白をする前には、あなたの好意を彼に何となく伝えておく必要があります。

そのためには、好きな彼と他の男性との差を明確に分けるために、次のような方法で彼と接するようにしてみましょう。

彼に好意を伝えるための接し方
彼だけ呼び方を変える
彼と話すときは他の男性と話すときより嬉しそうにする
好みを把握しておく
彼の飲んでいるドリンクなどをもらう

あからさまに彼に媚びると、周囲から反感を買いますし彼も居心地が悪くなるので、周囲に分からない程度に抑えるのがポイントです。

友達としていい関係を築いておく

まだ親しくなっていない場合は、まず友達になっておくと告白の成功率は上がります。

最低でも、何気ない会話が楽しめる程度にはなっておきましょう。

現在友達なら、そのままいい関係を築くことに専念します。

彼に人として魅力を感じてもらえていれば、告白しても受け入れてもらいやすくなりますし、断られたとしても友達に戻れば、その後恋愛に発展させる可能性が残せます。

ミステリアスな部分は持っておく

彼と親しくなく必要はありますが、あまりにすべてをさらけ出すと恋愛対象に見られなくなります。

女性的な部分と、ミステリアスな部分は残して、彼にすべてを話してしまわないようにしてください。

特に、過去の恋愛について話しすぎるのはNGです。告白して付き合えた後、面倒なことになる例がたくさんあります。

また、休日何をしているのか、どんな生活をしているのか、といったことも話しすぎないようにすると、相手に「もっと知りたい」と思ってもらいやすくなります。

たまにギャップを活用する

ギャップ萌えという言葉がありますが、告白する前にもたまにギャップを見せて、相手に興味を持ってもらえると告白成功の確率がアップします。

例えば、彼が来る飲み会のときに、いつもとはイメージの違うファッションで行く。いつもは明るく過ごしているのに、彼の前でだけ落ち込んだ姿を見せる、といったことです。

上手くギャップを活用して、彼をドキッとさせてみてください。

女性から告白するときのベストなタイミングは?

恋愛はタイミングです。同じ相手に告白されても、タイミング次第でOKすることもあれば、断ってしまうこともあります。

これは、あなた自身も経験しているのではないでしょうか?

彼に告白する意思が固まったら、後はタイミングを逃さないことに集中すると、後はOKをもらうだけになります。

では、どんなタイミングがベストなのか見ておきましょう。

NGのタイミングもあるので注意
男性と女性では脳の構造が違うので、女性ならOKするようなタイミングでも、男性はNGということがあります。後半にNGなタイミングも紹介するので、そちらもしっかりチェックしてください。

年に一度のチャンス!バレンタインデー

彼に彼女がいなければ、バレンタインデーは絶好の告白チャンスです。

バレンタインデーにチョコを渡した場合は、すぐに答えをもらわないようにするのがポイントです。

バレンタインデーの良さは、ホワイトデーまでの1か月であなたへの返事を考える期間を与えられることです。

また、返事をダラダラ長引かせることもなく、1か月後には付き合えるかどうかの返事をもらいやすい点もポイントです。

タイミングが合えば、告白はバレンタインデーを狙ってみましょう。

寂しさを感じやすい!恋人のイベント前

クリスマスやゴールデンウィークの前も絶好のタイミングです。

イベント前には、ひとりでいることに寂しさを感じている人が多いので、このタイミングで彼と急接近しましょう。

ポイントは、イベントに向けて徐々に仲良くなっておくことです。

イベントの前に話す機会を増やし、あなたが彼に好意を持っていることを何気なく伝えておきましょう。

イベント当日にデートする約束ができれば、告白は成功したようなものです。

彼の誕生日前

彼の誕生日が分かっていれば、その前も告白には良いタイミングです。

誰でも、誕生日をひとりで過ごすのには寂しさを感じるものです。

誕生日に向けて彼との仲を徐々に深めて、誕生日1か月~2週間前くらいに告白してみましょう。

彼が誕生日にひとりで過ごすことが事前に把握できた場合は、当日にプレゼントを渡して告白するのもいいでしょう。

彼のライフスタイルに余裕があるとき

男性は女性と違って、同じことを同時進行するのが苦手です。

例えば、女性なら資格取得の勉強をしながら、恋愛も楽しめます。しかし、男性は資格取得に集中すると恋愛が面倒に感じる傾向が強いのです。

このことから、彼の仕事や趣味がひと段落していて、暇を持て余しているようなタイミングがあれば告白してみましょう。

「彼女欲しい」「なんか面白いことないかな」などと言うようになったら、デートに誘って告白のタイミングを探ってみてください。

NGなタイミングも把握しよう!

女性から男性に告白するときに、絶対避けた方がいいNGなタイミングも知っておきましょう。

男性に告白するときのNGなタイミング
・彼の仕事が忙しいとき
・悩みを抱えているとき
・失恋直後や彼女と別れたばかりのとき
・仕事や勉強に真剣に取り組んでいるとき
・お酒にかなり酔っているとき

男性は女性と違って、複数のことを同時進行できません。また、精神的に追い詰められているときに、他の悩み事が入ってくることを嫌う傾向も女性より強いです。

女性なら、悩んでいるときに告白されると心が動くことが多いのですが、男性は逆に面倒だと思ってしまいます。

彼の状況を把握して、NGなタイミングで告白しないように注意しましょう。

女性から告白するときのベストなセリフは?

告白のタイミングが決まったら、次にどう伝えるかを考えてみましょう。

男性は、遠回しな表現をしても気付かない人や、面倒に感じる人が多いので、できるだけストレートな表現をするようにしてください。

ウジウジして告白までの時間を取らせることも、男性が相手だとマイナスになります。

とても勇気が必要ですが、あなたの気持ちと今後彼とどうなりたいという希望は、言葉にして簡潔に伝えるのがベストです。

告白前には男性と女性の違いを把握しておこう
男性と女性の脳には、大きな違いがあるので、それを把握しておかなくては告白は失敗してしまいます。女性はおしゃべりを楽しみますが、男性は結果を知りたがります。告白でも、あなたの気持ちをダラダラ話すより、先に結果を話すようにしてください。

好きです!付き合ってください

告白の定番フレーズですが、これが一番男性に届きやすいワードです。

日頃会話をしていて、会話が苦手だと感じる男性には、このようにストレートに伝える方がいいでしょう。

ただし、彼の気持ちがよく分からない場合は「付き合ってください」ではなく、「ちょっと考えてみて欲しい」と伝えてみましょう。

答えを急がせると、つい断ってしまう人もいるので、少し考える時間を作ってもらうと成功率がアップします。

〇〇君の彼女にしてください

男性は一途な女の子に惹かれます。

どんなに仲が良くても、誠意を伝えたいときは心を込めて「〇〇してください」とお願いしましょう。

「守ってあげたい」と思わせることができれば、告白は成功に大きく近づきます。

良い雰囲気になっているけど、告白をしてくれないプライド高めの男性にも有効です。

これからも〇〇君と〇〇を一緒にしたい

趣味が同じ男性には、一緒に趣味を楽しめるようなワードを使って、あなたと付き合うと楽しくなるということを伝えましょう。

もちろん、好きということを伝えた上で、この言葉を付け加えてください。

告白は、あなたの魅力を伝えるプレゼンです。相手があなたと付き合うとどんな特典があるのか、言葉で伝えなくてはいけません。

「一緒に映画見に行きたい」「これからも〇〇のライブ一緒に行きたい」など、共通の趣味があれば告白のときに伝えてみましょう。

〇〇のときから好きでした

好きになったきっかけなどを告白に織り交ぜると、相手に誠意が伝わりやすくなります。

例えば、「仕事で悩んでるとき、声掛けてくれたときから気になっていた」「1年前、初めて会ったときから好きだった」などです。

片思いの期間を伝えることで真剣さも伝わりますし、思いつきや気まぐれではないことも伝えられるので、告白を受けやすくなります。

特に、自分に自信のない男性には、あなたの片思いの期間を伝えて安心してもらいましょう。

LINEを使って軽く伝える

相手の気持ちが本当に分からないときは、突然告白をせずLINEで何となく告白して気持ちを探ってみましょう。

相手も、LINEなら本音を言いやすいので、次のような言葉で反応をみてください。

LINEで使える告白ワード
「〇〇くんのそういうとこ好きだな」
「私が彼女じゃダメ?」
「付き合うなら〇〇くんがいいな」
「本当は顔見て言いたかったけど好きだよ」

話しの流れで、このようなLINEが送れそうなら、相手がどう反応するか確かめてください。
軽く流されたり茶化されたりした場合は、しばらく様子を見てもっと関係を深めてみましょう。

女性から告白しないほうがいいタイプの男はどんな人?

男性の中には、女性から告白されることを嫌うタイプや告白されると引いてしまうタイプがいます。

また、彼のおかれている状態でも告白の成功率は変化します。

ここでは、告白してはいけない男性の性格や状態をご紹介します。

告白しない方が上手くいく恋愛もある
男性の性格次第では、告白するよりされるように動いた方が、恋愛が上手くいくことがあります。あなたの好きな彼の性格を把握して、告白して良い男性かチェックしてください。

追うのが好きな肉食系の男性

女性を追いかけるのが好きな男性は、女性から追われると逃げてしまうか、キープなどにしてしまうことがあります。

どちらにしても、真剣に好きな場合は辛い恋愛になります。

そこで肉食系の男性には、告白させるように動いたほうが賢明です。

ボディタッチを増やす、嬉しそうに接するなどで、好きということを何となく彼に伝えましょう。

絶対に告白はせず、追われるように仕向ける方が上手くいきます。

恋愛経験が浅い男性

恋愛経験が浅くあまり女性に慣れていない男性は、急に告白されると嬉しい反面どう対応して良いか分からず、つい断ってしまうことがあります。

断った後も、どう接していいか分からなくなり、避けられて関係が悪くなることもあるので、告白は避けた方がいいでしょう。

どうしても告白したいなら、友達として関係をしっかり作って、あなたの好意が相手に伝わっていると確信できてから告白しましょう。

彼女と別れたばかりの男性

男性は、女性よりデリケートな性格の人が多いので、彼女から振られたばかりの男性への告白は避けるようにしましょう。

もし上手くいったとしても、元カノに未練がある状態では恋愛は上手くいきません。

彼が元気になるまでは、友達として励まし楽しく接してあげて、元気になってから告白すると成功率が上がります。

それまでは、辛い時期になりますが我慢が必要です。

既婚者や彼女持ちの男性

当然ですが、どんなに好きでも結婚している男性や彼女持ちの男性に告白するのはやめましょう。結果が良くても、後々トラブルに発展することがあります。

何より、相手が不倫や二股をかけてきた場合、あなたの貴重な時間が無駄になることもあります。

好きな人をあきらめるのは苦しいですが、健全で幸福な恋愛をするためにはルールは守らなくてはいけません。

今からでも男性に告白させるのは難しい?

告白したいけど、いざとなると勇気が出ないという人は、次のことを試してみてください。

男性に好きになってもらうためのコツをまとめました。

相手の性格でアプローチの仕方は変わりますが、男性が好意を持ちやすい女性の行動には共通点があります。

そこを抑えて、告白するのではなくさせる方法を見てみましょう。

告白させるにはドキドキさせるのがポイント
男性に告白させるには、いかにドキドキさせられるかがポイントです。あなたと接して、ドキッとした経験を重ねることで、彼はあなたを意識し始めて好きになっていきます。

ギャップでドキッとさせる

友達期間が長い人や、なかなか恋愛対象に見てもらえない人は、ギャップを活用しましょう。

分かりやすいギャップは、彼に会うときファッションの趣向を変える、メガネやコンタクトにするといったものです。

他にも、いつも元気に振舞っているなら落ち込んでいる姿を見せる、いつも大人しいなら彼の前でだけ嬉しそうにはしゃいでみる、といったものもあります。

こうしたギャップも、彼をドキッとさせることができます。

心理学でドキッとさせる

恋愛心理学で代表的なものでは「吊り橋効果」というものがあります。

他にも、恋愛に使える心理学はたくさんありますが、ここでは使いやすい「自己開示の返報性」という心理学をご紹介します。

「自己開示の返報性」とは、あなたの弱みや悩みを彼に話して距離を縮める方法です。
悩みを打ち明けられると、自分も同じように悩みを打ち明けやすくなり、お互いの悩みを共有することでお互いを特別な存在と認識し始めます。

悩みを打ち明けた後は「〇〇君にだけしか話せない」と、彼に特別感を伝えるとドキッとさせることができます。

一度の告白で振られたらもう望みはない?

女性も同じですが、告白させれ振った場合、相手と会うのが気まずくなります。それは、反面では意識し始めることでもあります。

結論から言えば、告白して振られた後、彼の気持ちを振り向かせることはじゅうぶん可能です。

告白に失敗したら、すぐに気持ちを切り替えて次のチャンスを狙いましょう

告白した後は気まずくさせないのが重要
告白した相手への思いやりとして、振られたらいつまでも引きずらず気持ちを切り替えて、彼に「これまでと同じように接してね」と伝え、あなたもそのように振舞いましょう。まずは、関係を持ち直してからがスタートです。

告白されて好きになることもある

あなたにも経験があるかもしれませんが、告白されるまでは何とも思っていなかった相手が、自分に好意を持っていることが分かると急に意識し始めて、いつの間にか好きになることはよくあります。

一度告白して振られたからといって、すぐにあきらめたり避けたりするのはもったいないことです。

期限を1~3か月で区切り、それまでに進展がなければあきらめると決めて、しばらくは今までどおり接して仲が崩れないように努力してみましょう。

ダラダラ片思いを続けるのもいけないので、必ず期限を決めて待ってみてください。

イメージを変えてしばらく様子を見る

告白して、いい返事をもらえなかった場合は、すぐにあきらめずイメージチェンジをしてみましょう。

ダイエットをしてスリムになるのもいいですし、ファッションの趣向や髪型を変えてみるのもおすすめです。

振られたことを機に、心機一転イメチェンして新しい自分を目指してみると、彼のあなたに対する気持ちにも変化が出るかもしれません。

例えば、あなたが男性を振った場合、今までのイメージでい続けられるより、急にイメージが変わってかっこよくなった方が、気持ちが揺れるのではないでしょうか?その効果狙って楽しくイメチェンに取り組みましょう。

チャンスが来たらもう一度だけチャレンジ

彼が告白を断った後は、どうしても気になって自然とあなたに目が行ってしまうはずです。

その時、元気で素敵な女性に映るように、しばらくは私生活を充実させることに注力しましょう。

そして、彼から話しかけられたり誘われたりしたら、嬉しい気持ちを素直に伝えて、気持ち良く応じるようにしてください。

彼があなたに対する態度が変わったと思ったら、再度告白してください。

女性からの告白は相手がどんなタイプかを見極めて決めよう

女性から告白する場合は、相手がどんなタイプの男性か、今どんな状況なのかをしっかり把握してからにしないと失敗します。

駆け引きは不要ですが、の準備や分析は必要なので、告白する前にはしっかり環境を整えておきましょう。

彼に、あなたが好きなことをある程度伝えて、相手もあなたに好意を持っている段階まで持ってけたら、勇気を出して告白し彼からOKをもらってください。

関連記事