男性心理

女友達がいない!今からでも仲良くなれる方法を徹底解説

女友達がいないと悩んでいる女性は意外に多い

この記事で伝えたいポイント

・女友達がいないことのメリット・デメリットについて
・女友達がいない女性の性格とは
・女友達がいない女性に共通することとは
・女友達を増やすにはどうすればいいか

女友達がいないと、ふとしたときにさみしさを感じるときがありますよね。周りが女性同士で仲良く話していると、女友達がいない自分がみじめになってくるものです。

ですが、そういった女性は少なくありません。女性の人間関係とは複雑なもので、誰もが「仲のいい友達いっぱいで幸せ」というわけではないのです。

この記事では、そんな「女友達」がいないことのメリット・デメリットや、どうすれば女友達ができるようになるのかをご紹介します。

女友達がいないことのメリット・デメリット

女友達がいないと、なにかデメリットがあるのか気になりますよね。ですが、デメリットだけではなくメリットもあるならば、女友達がいないことにそこまで悩む必要はなくなります。

ここでは、そんな「女友達がいないことのメリット・デメリット」を見ていきましょう。これを知ることにより、自分は今後女友達についてどう行動すればいいのかを知ることができます。

周りから見ればデメリットしかないように感じますが、意外にも女友達がいないというメリットもあるのです。

女友達がいないことのメリット・デメリットとは
女友達がいないと、その分話相手がいなくなるなどデメリットがあります。しかし、煩わしい人間関係に悩まなくてもいいことがメリットです。

女性特有の悩みや困り事相談ができない

女友達のいない人のデメリットとしても大きいのが「女性特有の悩みや困り事相談ができない」ことです。

女性特有の悩みをいうのは、年代によっても変わってくるため、自分の親や姉妹がいたとしても「今の年齢だからこそ起こる悩み」を相談できないことも多くあります。

そのため、同年代の女友達がいないと、悩みのはけ口がないので女友達がいる人以上に悩む時間が長くなります。

盛り上がる話でストレス発散できない

同年代の女友達がいると、そのときの流行りの話題で盛り上がる話ができますよね。

ですが、女友達がいないと、自分の好きなことや思っていることがあっても誰にも話す人がいないため、「楽しい話をして」ストレス発散ということができないデメリットがあります。

今はネットも盛んで、自分の発言を発信する手段はいくらでもありますが、顔が見える親しい友人とおしゃべりするのは、その何倍も楽しさがあるものです。

友達同士でしか入りづらい店に入れない

今はどこに行っても魅力的なお店がたくさんありますよね。とくに女性向けのお店は一段とかわいらしく、女性ならば誰もが入ってみたいと思う構造になっています。

ですが、その分「友達同士」でしか入りづらい店というのも存在しますよね。もしそういったお店に入りたいとなったときに、女友達がいないと、一人で行かなければいけません。

ですがそういったお店は大体が複数人で来ているため、一人だととても入りずらいのです。

自分と比べて羨ましいなど思わなくていい

女友達がいないことはデメリットばかりではありません。女性の人間関係というのは非常に面倒なもので、友達同士でもどちらが優れているかを比較し合ったりすることがあります。

もしも自分が劣っているほうであれば、かなりの嫉妬心が出てきてそれを我慢しなければいけません。女友達がいなければ、自分以外の女性と自分と比べて羨ましいなど思わなくていいため、心が常に穏やかでいられます。

友達内での人間関係を気にしなくていい

女性の人間関係とは、非常に難しくてややこしいものです。いくら仲良しで付き合いが長かったとしても、ちょっとしたことで人間関係が悪化します。それほど女性同士の友情とは薄いものなのです。

ですが、最初から女友達という存在がいなければ、友達内での人間関係を気にしなくていいので非常に心が穏やかでいられます。人間関係で悩むことほどつらいものはありません。そういった煩わしさがないので気楽に過ごせます。

人の考えに流されず自分の考えをもてる

女友達と会話をしていてそのときに自分の悩み相談などをすると、自分の考えがあったとしても、女友達の意見に納得してしまい自分の意見が揺らいでしまうということも多いです。

そのため、結局後々後悔してしまうことも多くあります。ですが、女友達がいなければそもそも自分の意見を否定されたりする心配もないため、人の考えに流されず自分の考えをしっかりともつことができます。

これは小さいように見えて大きなメリットです。

自慢されたり比較されることがない

女性というのは、なにかと自分と同格にいる女性よりも優位に立ちたいという思いがあります。それは、どんな女性でも持っている感情です。

そのため、いくら仲の良い女友達でも自慢されたりいろいろと比較される場面もとても多いのです。ですが、女友達がいなければ自慢されたり比較されるという心配がないため、心が非常に穏やかになります。

女友達がいない女性の性格

女友達がいない女性の性格には、どのようなものがあるのか気になりますよね。それを知ることにより、もしそれに自分が当てはまるのならば、いくらでも改善の余地はあります。

ここでは、そんな「女友達がいない女性の性格」を見ていきましょう。これを知っているのと知っていないのでは、今後女友達を作ろうと考えている場合にかなりの差がでてきます。

ぜひ、その性格と自分の性格を比べてみて、改善できる部分は改善していきましょう。

女友達がいない女性の性格とは
女友達がいない女性の性格として特徴的なのは「基本一人が好き」という部分があります。それと自分から積極的に動けない人も女友達が少ない傾向にあります。

一人が好きで誰にも邪魔されたくない

女友達がいない女性の性格の特徴として、そもそも一人が好きで誰にも邪魔されたくないという考えの女性があげられます。

女性は何かと複数での行動を好むため、もともと複数人でいるのが苦手で一人のほうが楽だという人は女友達を作ろうとしません。

女友達を作ることにメリットが見いだせないのです。一人でいるほうが、他人に邪魔をされずにすむため気楽だと考えるのです。

人にあれこれ言われるのが好きじゃない

人にあれこれ言われるのが好きじゃない場合も、女友達がいない女性の性格と言えます。女性は、会話をしている中で会話の相手にいろいろと自分の意見を言いたくなるものなのです。

そのため、自分の意見を変えたくない・自分の考えをあれこれ言われるのが耐えられないという人は女友達を積極的に作ろうとはしません。女友達がいると自分の意見を批判されるような気分になり、存在そのものがデメリットなのです。

他人と自分を比較しすぎるような性格

他人と自分を比較しすぎるような性格の場合も、女友達がいない女性の性格の特徴と言えます。女性は、どれだけ仲がよくても自分が一番優位に立っていたいと考えるのです。

そして、自分が周りよりも劣っていると、相手に対して嫉妬心や憎しみの感情が出てくるのです。そのため、人よりも他人と自分を比較しすぎるような性格の場合は女友達といるだけでも相手と自分を比較してしまい、とても心が苦しくなるのです。

自分勝手で人付き合いがあまり得意ではない

女友達がいない女性の性格として、自分勝手で人付き合いがあまり得意ではないという性格も非常に特徴的です。女性の輪の中に溶け込むには、ある程度の協調性が必要となってきます。

さらに、自分勝手な性格だと、複数人数で結束をかためる女性には非常に嫌われる立場となってしまいます。人付き合いが苦手な人を自分の輪の中に入れてあげるほど、優しい心をもった人間は少数派です。その結果、女友達が少ないということになります。

周りとは全く違う趣味や嗜好がある

女性は、他の仲のいい女友達と「共通」の話題を持とうとして、その輪の中で浮かないようにそれぞれがさりげなく気をつけています。

その中で一人、全く別の趣味に没頭して他の人たちと話が合わないとなると、徐々に仲間とは認識されなくなります。そういう傾向から、周りとは全く違う趣味や嗜好がある人は女友達がいなくなる傾向があるのです。

これも、女友達がいない人の特徴と言えます。

あまりしゃべるのが好きではない

女性でなくても、あまりしゃべるのが好きではない人は友達が少ない傾向がありますよね。友達とは、趣味や他愛のない話・悩み事などを話すためにいることが多いため、そもそも「あまりしゃべらない」ような人は友達になるメリットがないからです。

とくに女性は、男性よりも会話を重要視するため、あまりしゃべるのが好きではない人は友達ができにくくなるのです。

人を褒めたりお世辞を言うのが苦手

人を褒めたりお世辞を言うのが苦手という人も、女友達が少ない傾向にあります。女性は、いかに自分が周りといても浮かないかがとても重要なのです。

さらに女性は、他の同格の女性よりも優位に立っていたいと思う傾向があります。そのため、自分が他の人に嫌われないために、人を褒めたりお世辞を言ったりするタイミングをうまく掴まなくてはいけないのです。

他人の目を気にしすぎてしまう性格

あまりにも他人の目を気にしすぎてしまう性格の場合も、女友達がいない女性の性格の特徴となります。女性は、自分とは違うと思う人は輪の中から排除する傾向があります。

そのため、他人の顔色をうかがって行動する女性は「心を許していない・友人ではない」と思われがちになってしまうのです。むしろ、本人にとっても女友達がいないほうが他人の目を気にしなくていいため気楽というメリットもあります。

ネガティブ思考で常に全体的に暗い

女性だけに限らず、どんな場面であっても「ネガティブ思考で常に全体的に暗い」人とは仲良くなりたいとは思いませんよね。

とくに女性は、自分を高めたいと思う傾向があるため、自分にとってマイナスとなるような「ネガティブ思考」や「根が暗い」性格の女性とは仲良くなろうとは思わないのです。

そのような女性自身も、他の女性と比較して落ち込むことがあるので「一人でいたほうが楽」というパターンもあります。

女友達がいない女性の共通事項

女友達がいない女性の共通事項には、どのようなものがあるのか気になりますよね。性格や理由は人それぞれだったとしても、女友達がいない人たちには、必ず何かしらの共通事項があります。

そのため、その共通事項を知り自分の性格と比較してみて、改善できるところは改善することで女友達を作れるようになります。ここでは、そんな「女友達がいない女性の共通事項」を見ていきましょう。

これを知っておくことにより、いくらでも改善の余地があります。

女友達がいない女性の共通事項とは
女友達はいない人は、やはり何かしらの原因があるので友達がいないのです。消極的だったりコミュニケーション能力が低いなどの共通事項が見られます。

消極的で自分から仲良くなろうとしない

消極的で自分から仲良くなろうとしない性格は、女友達がいない女性の共通事項としてあげられます。そもそも、女友達とはどちらかが積極的に声をかけて知り合うことが多いため、何も行動しなければ友人関係にはなりません。

さらに、いくらチャンスがあったとしても、自分から仲良くなろうと思わなければ人は遠ざかってしまうため、女友達ができないことにつながるのです。

複数人よりも一人でいるのが好き

女友達がいない女性の共通事項として、複数人よりも一人でいるのが好きというものがあります。女性は何かと「複数人」で行動するのが好きな傾向があります。

ですが、人付き合いが苦手な人やコミュニケーション能力が低い人などは、どちらかというと「一人でいたい」と思うものです。そのため、あえて女友達は作らずに一人でいるように心がけている人も多いのです。

コミュニケーション能力が周りより低い

コミュニケーション能力が周りより低いと、どうしても人間関係がうまく築けずに、その結果女友達ができないということにつながります。

女友達がいない女性の共通事項としても、もっともな理由です。女性は、やはり「会話をする」「共通の話題を情報共有する」といったことに重きをおくため、そういった輪の中にコミュニケーション能力の低い人がいると、はじき出されてしまうのです。

自分の見た目をあまり気にしない

女性は、本能として「男性に好かれたい」という気持ちがあります。そのため、日々おしゃれやメイクをしてきれいでいようと努力するのです。

ですが、そういったことに全く興味がなく、自分の見た目をあまり気にしない女性もいます。「きれいで魅力的だと思われたい」と考える女性は、そういった「見た目を気にしない」女性と同類と思われたくないため、自然と避けます。

そういった理由でも、女友達を作るのには影響するのです。

周りの目を気にせずに過ごしたいタイプ

女性は何かと、複数人の集団でいることを好む傾向があります。「一人でいることは、人間関係をうまく築けない証拠」だと思われるのが嫌なため、なかなか一人で行動することができずに、複数人のうちの一人になることで安心感を得るのです。

ですが、周りの目をあまり気にせず一人でも平気でいろんなことをできる人は、複数人でわざわざ行動する必要がないため、その結果で女友達がいないという人もいます。

誰かに自分のことをいろいろ言われるのが嫌

誰かに自分のことをいろいろ言われるのが嫌だという考えも、女友達がいない女性の共通事項にあてはまります。自分の考えをしっかりと持っていると、事情を何も知らない外部からあれこれ言われるのが嫌だという人もいます。

しかし、女友達というのは友人に対していろいろ言ってくるものです。そういった人間関係が煩わしいと思ってしまうことも、女友達がいない原因になります。

カフェやショップ等一人でどこにでも行ける

女性は、何かと人の目を気にするため、どこかへ出かけるにしても複数人で集団を作り出かけようとします。しかし、一人が好きな人はカフェやショップ等一人でどこにでも行けるため、わざわざ女友達を作る必要がないのです。

もともと女友達がいない人は、自然と一人が慣れてしまうこともあるので、意外と一人でも平気だという人が多いのです。

自分の意見をきちんと持っていて曲げない

女性は、自分の悩み相談や情報交換をするために女友達を必要とする人もいます。ですが、自分の意見をきちんと持っていて曲げないような心の持ち主は、わざわざ人のアドバイスがいらないと考えるために女友達を作らない場合もあります。

また、もともと女友達がいない人ならば、アドバイスをもらえないという環境に慣れ、自分の意見をきちんと持てるような人に育つことも多いのです。

他人よりも自分優先で思いやりに欠ける

女友達がいない女性の共通事項として、他人よりも自分優先で思いやりに欠けるという傾向があります。女友達と仲良くしていこうと思うと、相手が不快にならないように気を使ったり、その人のために何かをしてあげようと思う考えが必要です。

ですが、女友達がいない人は「自分よりも人のことを考える」というのが苦手な人が多いのです。

女友達を増やすにはどうしたらいい?

女友達を増やすにはどうすればいいのか気になりますよね。気軽に女友達ができるようになれば、人生も今まで以上に楽しくなります。女友達を増やしたいと考えるならば、ある程度は「普通」の型にはまっていることも重要となってきます。

ここでは、そんな「女友達の増やし方」を見ていきましょう。コツを覚えることができれば、友達ができやすくなります。

女友達を増やすにはどうしたらいいか
女友達を増やすには、自分から積極的に動く必要があります。また、自分のことだけでなく相手のことも思いやる心が大切です。

自分から積極的に周りに話しかけてみる

女友達を増やすには、まずは自分から積極的に周りに話しかけてみましょう。声をかけなければ、何も始まりません。どうしても消極的に物事を考えてしまうようでは、人は仲良くなろうと思わないのです。

そのため、少しの間でもいいので消極的な部分は隠して積極的になってみましょう。考えている以上に、多くの人は優しく接してくれるものです。勇気を振り絞って、まずはあいさつ程度で大丈夫なので声をかけてみましょう。

自分のことより相手のことを考える

自分のことより相手のことを考えて行動すると、人はその行いをきちんと見て評価をしています。そして、他人のために何かをできる人は良い印象を持たれて人が集まりやすいのです。

また、相手のことを考えて行動するということは、それだけいろいろな人と話す機会が増えます。その結果、女友達が増えるということにつながるのです。

色々なアルバイトやボランティアに挑戦する

女友達がほしいと思ったならば、様々な人に話しかけてみて、いろいろなことを手伝ったりしてみましょう。そうすることで、自然と会話ができて仲良くなるきっかけになります。

知り合いのお店でバイトをしてみる、ボランティアをするというような、人は自分がされて嬉しかったことは忘れません。これがきっかけとなり友人関係に発展することは可能性として大いにありえるのです。

服装や髪型などオシャレにしてみる

服装や髪型などがオシャレな人は、魅力的に感じてずっと見ていたくなりますよね。とくに女性は、そういった人に憧れを感じて、親しくなりたいと思うものなのです。

そのため、女友達を増やしたいのならば、まずは自分の服装や髪型から見直してみましょう。魅力的だと感じてもらえば、自然と人は話しかけてきます。自分に自信をもっていろいろなコーディネートに挑戦してみましょう。

自分から進んで遊びに誘ってみる

今まであまり自分から声をかけることがなかったという人は、勇気を出して自分から進んで遊びに誘ってみましょう。女性というのは「誰かと何かをする」というのが好きなので、遊びに誘われるのがとてもうれしいと感じるのです。

一度親しく話しかけると、そのあとは自然と仲良くなっていく場合が多いので、最初だけでも勇気を振り絞って声をかけてみましょう。

誰でもわかるような趣味を見つける

いくら仲良くなるチャンスがあって、普通に会話ができたとしても「共通の話題」がなければ会話が盛り上がらずに、親しくなるチャンスがなくなってしまいます。

そのため、女友達を作りたいのならば、ある程度は誰でもわかるような趣味を見つけてみましょう。自分の趣味だけに没頭していると、視野も狭くなりがちです。多くの趣味を持って、視野を広げてみましょう。

意識次第で女友達を作ることはできる

女友達がいないと、諦めの心が出てしまい「もう女友達を作ることは無理だ」と思ってしまう人も多くいます。しかし、自分の意識次第で女友達を作ることはできます。

とくに環境の変わる大学生であったり、男友達が多い人は、女友達がいなくて悩む時期もありますよね。そういうときには、誰か女友達の多い人に話しかけてみて、彼女の女友達の作り方を聞いてみるのもいいかもしれません。

なにか新しい発見が見つかって、考え方も変わり、女友達が作れるきっかけが見つかるかもしれません。諦めずに前向きに考えてみましょう。

関連記事