男性心理

男性が好きな女性の服装とは?おすすめコーデを紹介!

男性が好きな女性の服装には共通点がある

この記事で伝えたいポイント

・男性が好きな女性の雰囲気について
・男性が好きな女性の服装とは
・男性が引いてしまう女性の服装とは
・服装だけでなくそれに見合った振る舞い方とは

男性は、女性のどんな服装が好きなのか気になりますよね。それを知ることにより、最適なコーディネートができて今まで以上に男性に魅力的だと思ってもらえる女性になれます。

もちろんこれには、男性が引いてしまうような服装や、きれいな服装に合った振る舞い方も知っておく必要があります。詳しく知ることで、より男性に魅力的と思ってもらえる頻度が高くなるのです。

この記事では、そんな「男性が好きな女性の服装」についてご紹介します。

男性が好きな女性の雰囲気とは?

男性が好きな女性の雰囲気とは、どんな雰囲気なのか気になりますよね。それがわかれば、服装や自分の普段の振る舞い方もそれを意識して変えていくことができます。

雰囲気は自分自身で変えれるため、男性が好きな女性の雰囲気を知って、男性に好まれる女性を目指しましょう。雰囲気というのは第一印象になるので、まず形よりも重要になってきます。

むしろ多少服装などが微妙になってしまっても、雰囲気でカバーできる部分も多いのです。ここでは、そんな第一印象にもなる男性が好きな女性の雰囲気について見ていきましょう。

男性が好きな女性の雰囲気
男性が好きな女性の雰囲気は、優しそうだったり清楚だったりと誰からでも好かれるような雰囲気が好まれます。

優しそうで清楚なイメージの雰囲気

男性に好かれる女性の雰囲気として、定番なのが「優しそう」「清楚」という雰囲気です。やはり男性は、女性に対して安心感を求めます。

そんな男性の心理からも「一緒にいて落ち着けるかどうか」を雰囲気で感じ取っているのです。

さらに「優しそうで清楚」なイメージの女性は、どこに行っても魅力的だと思われるため、デートやちょっとしたお出かけの際にも安心して一緒に遊びに行けるのです。

明るくてなんでも前向きそうな雰囲気

明るくて、なんでも前向きに物事を考えられる女性は、誰の目からも魅力的にうつりますよね。特に男性からも「一緒にいて楽しそう」というイメージを持たれて、好かれやすいのです。

逆にネガティブで暗い性格だと、あまり仲良くなりたいとは思いませんよね。どんなときでも明るく笑顔で前向きにいると、男性からとても好かれる女性になれます。

困っているときに助けてくれそうな雰囲気

自分が困っているときに誰かに助けてもらえるとうれしいですし、安心しますよね。とくに男性は女性に対して安心感や安らぎを求めています。

自分が困っているときや悩んでいるときに、手を差し伸べてくれるような雰囲気の女性は男性にとってとても魅力的にうつるのです。もちろん、それには女性自身の行動や性格も重要となってきますが、まずは雰囲気で感じ取ってもらいましょう。

派手すぎずきちんと常識がある雰囲気

男性に限らず、自分が仲良くするならば、派手すぎてチャラチャラしてそうな人よりも落ち着いていて常識がある人のほうがいいですよね。

とくに男性は将来のことも考えて、遊んでいそうな女性よりもきちんと常識のある女性を好きになる傾向があります。そういったことは、やはりまずは雰囲気で判断されるためとても重要なのです。

落ち着いていて物静かそうな雰囲気

男性は、女性に一緒にいて落ち着くような安心感を求めています。そのため、普段から落ち着いていてあまりうるさくない、物静かな女性を好きになる傾向があります。

あまり騒がしい雰囲気だと、普段はよくても自分が落ち着きたいときはイライラしますよね。そのため、物静かで落ち着いている女性は男性にとって魅力的にうつるのです。

男性が好きな服の素材とは?

男性は服の素材としてはどのようなものが好きなのか気になりますよね。男性が好きな服の素材を意識することで、男性からの好感度はアップします。

ここであまり好まれないような服の素材を選択するとそれだけでマイナス効果になってしまうのでとても重要項目です。ここでは、そんな「男性が好きな服の素材」を見ていきましょう。

男性が好きな服の素材について
男性は女性に安心感を求めます。そのため、服の素材にも柔らかい感じや清楚で清々しい素材が好まれます。

どんな場面でも重宝するブラウスやシャツ

男性は女性の服装に清楚感や清潔感を求めます。そのため、シャツやブラウス系の爽やかでサラッとした服の素材はとても好まれます。

そのような服を着ているだけで、その人自身もとても爽やかで明るい印象となります。このように、着ているだけで男性からの好感度をグッとアップできるのは、とてもうれしいですよね。ぜひチョイスしてみましょう。

あまり重すぎないふわっとしたスカート

男性は、女性に対して「カチッとした印象」よりも「ふわっ」とした優しくて女性らしい一面を求めます。そのため、ズボンよりもスカートが好まれ、さらにそのスカートもふわっと柔らかい素材のものがより好まれるのです。

普段からズボンやカチッとした服装をしている人は、柔らかいスカートをチョイスするだけで、好感度があがりますよ。

寒いときに防寒に優れたニット系

冬や気温が寒いときでも、足などの自分の自慢の肌を出したいと考える女性もいますよね。ですが、男性の好感度を上げたいならそれは逆効果です。

それだけで「周りの環境と自分の服装がミスマッチだと気付いていない」とマイナスイメージを持たれてしまいます。そういうときこそ、あたたかいニットや毛糸のもこもこした服装が、そのままあたたかい雰囲気となり好印象なのです。

触って柔らかくゴワゴワしていない素材

ゴワゴワしている素材は、触っていてあまり気持ちのいいものではありませんよね。とくに男性からしてみると、ゴワゴワの服を着ているというだけでマイナスイメージにつながりやすいです。

逆に、ふわふわと柔らかく肌触りのいい素材は誰からでも好かれるようにもちろん男性にも高評価です。肌触りがいいと、それだけでも近づきたい・触りたいとなるのです。

男性が好きな服のシルエットとは?

男性に魅力的だとうつる服装も気になりますが、それだけではなく服のシルエットも重要になります。どれだけきれいでかわいい服を着ていても、着膨れしていたり自分の体型にあっていなければ、せっかくのコーディネートも台無しになってしまいます。

それほど服のシルエットというのは重要なのです。ここでは、そんな「男性が好きな服のシルエット」を見ていきましょう。シルエット一つでも印象というものはとても変わって見えるものなのです。

男性が好きな服のシルエットとは
男性としては、やはり女性らしい体のラインが見えているとうれしいものです。しかし、極端にラインが見えているのはマイナスイメージなのです。

体のラインが少し見えて強調されていない

男性は、女性の女らしい体のラインが好きで、ある程度そのラインが見えているほうが魅力的と感じます。しかし、あまりにも体のラインが強調されすぎていてもろに見えていると、逆に見えすぎていて魅力を感じずマイナスイメージとなります。

そのため、あえて見えていないけれどシルエットはわかる微妙なラインが好感度が高いのです。

極端に首筋や胸元太ももを出していない

男性は女性の体のラインや肌に魅力を感じます。しかし、だからといってあまりにも露出が激しいと、逆に見えすぎていて魅力を全く感じなくなってしまいます。

そのため、極端に首筋や胸元・太ももが見えてしまうような服装はよくありません。ある程度は肌を隠すシルエットの服装を選びましょう。そうすることで、男性からの好感度があがります。

ズボンよりもスカートで足が見えている

ズボンよりもスカートのほうが女性らしさが出て好きだという男性は多いです。コーディネートを、ズボンからスカートに変えるだけでもグッと女性らしさがアップします。

男性自身はスカートをはかないため、スカートのふわっとしたシルエットが、とても魅力的に感じるのです。そのため、普段はズボンしかはかないという人は、ぜひスカートをチョイスしてみましょう。

着膨れしていなくて女性らしいライン

どれだけきれいでかわいい服をチョイスしていても、何枚も着て着膨れしてしまっては非常にもったいないです。さらに、着膨れすると体型も太って見えてしまい、せっかくの女性らしい体のラインがもったいなくなります。

そのため、もし寒くて防寒対策で何枚も着てしまうようなら、何か一枚防寒度の高い服を着るなりカイロ等を使うなどして、なるべく着膨れしないよう気をつけてみましょう。

男性が引いてしまうかもしれない服装とは?

極端に露出が激しかったり、あまりにも周りとは違う場違いな服装は、男性に限らず誰でも見ていて気持ちのいいものではありません。とくに、男性に魅力的と感じてもらいたいのなら、ここは注意しなければいけないポイントです。

ここではそんな、男性が引いてしまうかもしれない服装を見ていきましょう。

男性が引いてしまうような服装とは
男性に限らず、あまりにも周りと違う常識の範囲を超える服装は好まれません。ある程度そのときに合った服装を考えましょう。

肩が全部ひらいてブラの紐が丸見え

年齢の若い女性の中には、露出度の高い服を好んで着ている人も多いですよね。あまりにも露出度が高いのは、誰の目から見ても不快ですが、肩が全部見えるくらいは大丈夫だと思っている女性も多いです。

ですが、意外にも男性は「肩が全部ひらいてブラの紐が丸見え」のような服装をしている女性を好まない傾向があります。やはり、ある程度常識の範囲内でコーディネートを楽しめるような女性が好まれるのです。

薄いブラウスの下にシャツを着ていない

急いでいるときや服に無頓着な人は、薄いブラウスなどの服を着るときにその下にシャツなどの肌着を着ていないということもあります。

しかし、薄いブラウスの下にシャツを着ていないとブラが丸見えとなり、あまり他人から見ていいものではなく、むしろ不快と感じる男性も多いです。そのため、夏場などに薄い服を着るときは注意が必要です。

極端に短いスカートで中が見えそう

とくに年齢の若い女性の中には、極端に短いスカートを好んでコーディネートに取り入れる人も多いですよね。しかし、あまりにも短いスカートで中が見えそうな場合は、男性の中には「不快だ」と思う人もいます。

女性はよかれと思ってしていても、それが男性にとってはよくないことの場合も多いのです。きちんと常識の範囲内でおしゃれを楽しみましょう。

ビビッドカラーや趣味で固めたコーデ

最近では、自己主張のために自分の趣味でコーディネートを派手にする人も多いですよね。とくに、ビビッドカラーやアニメ系などの趣味で固めたコーデは目立ちやすく、自己主張をするのにはもってこいの組み合わせです。

ですが、男性の立場からするとあまりうけはよくありません。男性が魅力的に感じるのは「普通に常識の範囲内でおしゃれ」であることのため、あまりにも自己主張が激しすぎると引かれる可能性が高くなります。

季節別!男性ウケのいい服装コーディネート例

男性が好む服装の雰囲気だけでなく、季節別で男性ウケのいい服装コーディネートを知っておくことで、さらにその場に適したコーディネートをすることができます。

細かくポイントをおさえておくことで、今まで以上に男性に興味を持ってもらえるような服装を理解することができます。ここでは、そんな「季節別で男性に好まれる服装のコーディネート」を見ていきましょう。

季節別で見る男性ウケのいい服装コーディネート例とは
季節ごとに、その季節にあった服装をチョイスするのはとても重要です。とくに気温のことも考えてコーディネートしましょう。

春はふわっとした淡い色のコーデ

春は、気温もおだやかで日の光や青空が気持ちいい季節ですよね。イメージ的にも、春はふわっとした淡い色を想像しやすいです。今まで冬で寒かった分、春になりあたたかくなるため服装も春らしくしましょう。

全体的に淡い色をベースとして、ふわっと広がるスカートやカチッとしていないブラウスなどで春の雰囲気を出しましょう。

夏は開放的で爽やか清楚なイメージで

夏は気温が高くムシムシするため、服装はさわやかに涼しそうなイメージがいいですよね。男性も、女性のさわやかそうな服装を見て癒される人が多いのです。

ですが、あまり解放的になりすぎて露出の激しい服をきるのはマイナスイメージです。ある程度は常識の範囲内で、開放的で爽やか清楚なイメージのコーディネートを楽しみましょう。

夏祭りは可愛い浴衣と小物で女性らしく

夏は、ほかの季節に比べてイベントがとても多いですよね。とくに夏祭りや花火大会などは夏の一大イベントで、服装にも気合が入ります。

せっかくならば、夏祭りはそのときにしか着る機会のない可愛い浴衣と小物で女性らしくコーディネートしてみましょう。男性は、そういった女性ならではの服装を期待しているものなのです。

秋は落ち着いた色で小物も可愛く

秋は、夏が終わって冬に近づくにつれ気温も涼しくなり雰囲気的に落ち着いてきますよね。そんな季節に合わせて、服装も落ち着いた色をベースにコーディネートしてみましょう。

暗めの赤や茶色・緑などの色が秋の雰囲気にもベストマッチしておすすめです。秋は落ち着いた色でコーディネートをするならば、小物も可愛くしましょう。服にワンポイントのブローチなどをつけるとかわいさがアップします。

冬はマフラーや毛糸の服であたたかく

冬は、気温が寒いのでその寒さにあった服装をしましょう。肌を出したいからといって、短いスカートをはいたり肩がかなり開いた服を着るのはマイナスイメージです。

男性はそれを見ても「常識のない服装」としか見ていません。冬は、マフラーや毛糸の服であたたかくして、コートもあたたかいものを着ましょう。

コートや服にふかふかのファーがついていると、かわいらしさがアップするだけでなく防寒にもなるのでおすすめです。

クリスマスは赤や緑を入れて雰囲気を出す

クリスマスは、冬にあるイベントの中でもとても盛り上がるイベントですよね。そんなときには、いつもとは違うコーディネートで男性の心を掴みたいと思う女性も多いです。

クリスマスは、特別に派手な格好をする必要はないですが、マフラーや服のワンポイントに赤や緑を入れて雰囲気を出してみましょう。また、雪だるまのマークやトナカイのマークが入った服もおすすめです。

年代別!男性ウケのいい服装コーディネート例

年代別で男性ウケのいい服装コーディネートを知っておくことで、さらに今の自分に似合う服装を選択することができます。逆に、自分の年代に合わないコーディネートは、周りの雰囲気から浮くだけでなく男性ウケもよくありません。

そこで、年代別に男性ウケのいい服装のコーディネート例を知っておくことは今後の自分の服装をチョイスする重要なポイントとなるのです。

年代別で見る男性ウケのいい服装コーディネートとは
それぞれの年代によっても、おすすめのコーディネートは違います。自分の年代の雰囲気にあった服装を選ぶのが重要です。

10代は活発さや明るさをメインに

10代は、なんといっても明るさや元気さが特徴的ですよね。そのため、服装も「活発さ」や「明るさ」をメインにコーディネートしてみましょう。

そうすることで、年代にあったイメージを実現することができます。こういった服装ができるのは若さゆえなので、今しかできないコーディネートを思う存分楽しみましょう。その楽しいという姿が男性にも魅力的にうつるのです。

20代前半は明るさを残しつつ清楚に

20代前半は、まだまだ雰囲気としては「元気さ」がメインになりますよね。しかし、10代のころのような無邪気な元気さではなく大人の雰囲気を出した元気さになります。

そのため、10代のころよりかは清楚さや落ち着いた雰囲気を出しつつも明るさや元気さを取り入れた服装を意識しましょう。少し落ち着いた雰囲気をみて男性もとりこになります。

20代後半はすこし落ち着いた雰囲気に

20代後半は、大人としてかなり落ち着いてくる時期ですよね。そのため、服装も今までよりもすこし落ち着いた雰囲気にしてみるのをおすすめします。

男性は、大人の女性には落ち着きを求めます。そのため、清楚で落ち着いた雰囲気を全面に出すことで、男性は惹かれていくのです。ですが、あまりに落ち着きすぎているのはさみしいため、ワンポイントでかわいらしさを出すのもおすすめです。

30代は派手さはなくし大人のイメージに

30代は、もう世間では「完全な大人」として見られますよね。男性の目にもそううつります。そのため、服装のコーディネートも派手さはなくし大人のイメージにしましょう。

あまり柄が入った服装は子供っぽさがあるため、無地で派手すぎない色合いの服をチョイスしてみましょう。そうすることで大人っぽさがグッとアップし魅力的な女性として男性の目にとまります。

40代は大人な雰囲気を忘れずにコーデする

40代は、30代よりも大人っぽくおしとやかなイメージでコーディネートしてみましょう。ですが、少しかわいらしいものを部分的に利用するのもおすすめです。

スカートにさりげなくふわっとしたレースをつけてみたり、持ち物もかわいらしいデザインのものを選ぶのがおすすめです。そういった「大人の女性」とのギャップが男性の心をくすぐります。

ですが、くれぐれも「大人な雰囲気」を忘れずに考えてみましょう。

50代はブローチ等ワンポイントで可愛く

50代は、かわいらしさよりも大人らしさを全面に出しましょう。落ち着いた暗めの色で大人らしさを出すのがポイントです。ですが、それだと全体的に暗めとなってしまうので、服や帽子にブローチなどのワンポイントをつけてかわいく見せるのがおすすめです。

そのワンポイントがあることで、おとならしさとかわいらしさの両方を実現することができます。

服装だけじゃダメ?見た目で気をつけるポイント

いくら服装がばっちり決まっていても、髪型やくつ・持ち物など他の見た目がよくなければ、せっかくのコーディネートも台無しですよね。とくに男性は服装だけでなく、女性の姿全体を見て評価をするのでなおのこと注意が必要なのです。

そのため、ここでは「服装だけでなく、見た目で気をつけるポイント」を見ていきましょう。見た目がいかに重要かを理解することで、より男性に振り向いてもらえる魅力的な女性になることができます。

服装だけでなく見た目で気を付けるポイントとは
服装だけでなく、それにあった髪型や持ち物が重要となってきます。服装に合ったものをチョイスしてみましょう。

服装だけでなくそれに合った髪型にする

服装ももちろん大事ですが、それと同じように髪型も重要です。男性は、女性の服装だけでなく顔や髪型もチェックします。どれだけおしゃれな服装でかわいくしていても、髪型が適当であれば全てのイメージが台無しとなってしまいます。

そのため、そのときのコーディネートに合った髪型をセットしてみましょう。結んだり、おろしたりいろいろなパターンを楽しみましょう。

カバンや財布など服装に合ったものを選ぶ

服装をばっちりきめたのなら、カバンや財布などもかわいいもの・服装に合ったものを選びたいですよね。逆に、服装と持ち物がちぐはぐで全く合っていないと、男性からの評価もマイナスになります。

男性は、全てをトータルして見ているのであまり手は抜かずにしっかりと選びましょう。そうすることで、魅力的な女性に近づけます。

きちんとした服装ならばメイクも忘れずに

きちんとした服装でコーディネートしたならば、メイクも忘れずにしましょう。どれだけ服装や持ち物がよくても、男性は女性の顔もしっかりと見ています。

そのときにすっぴんの顔だと「手を抜いている」と思われる可能性もあり、かなりのマイナスイメージになってしまいます。そのため、手を抜かずにきちんとメイクをしてかわいい自分を作りましょう。

うぶ毛などのムダ毛もきちんと処理する

全身をおしゃれにコーディネートしても、肌にムダ毛がはえていると、男性にとってはとてもマイナスイメージとなってしまいます。

男性は、女性の肌には毛ははえていないと思っている人が多いため、少しでも毛がはえている部分を見てしまうととても落ち込んでしまいます。そのため、面倒と思わずにうぶ毛などのムダ毛もきちんと処理しましょう。

もっと魅力的になるために!服装に合った振る舞い方とは?

どれだけ見た目をきれいにしても、行動や態度などの振る舞い方がよくなければ、男性は「魅力的」だとは思ってくれません。それどころか、マイナスイメージとなり引かれてしまう可能性もあります。

そのため、もっと魅力的になるために、服装に合った振る舞い方を理解して女性らしい落ち着いた態度を意識しましょう。振る舞い方は、そんな簡単に実行できないと不安になるかもしれませんが、自分の意識一つで態度や行動は変えられるものです。

諦めずに、挑戦してみましょう。

服装に合った振る舞い方とは
どれだけ見た目が美しくても、行動が下品ではおしゃれも全くの無意味です。常識のある行動を心がけて、落ち着いて人を不快にさせない態度を意識しましょう。

清楚な服装ならばおしとやかに過ごす

せっかく清楚で落ち着いたコーディネートをしていても、行動や態度が落ち着いていなければ意味がありません。男性は、見た目の雰囲気と女性自身の言動が合っていなければ「魅力的」だとは感じないのです。

そのため、清楚な服装ならばおしとやかに過ごすように心がけましょう。そうすることで、男性もその姿勢に惹かれます。

明るい服装ならばネガティブな行動はしない

せっかく明るい服装をコーディネートしても、不機嫌になったりネガティブな態度をとっていては台無しです。明るい服を着ているのならば、気持ちも前向きに考えてネガティブな行動はしないように気をつけましょう。

そうすることで、男性は服装だけでなく女性の内面も見てくれるようになります。そのほうが、見た目を好きになられるよりもより魅力的だと思ってくれる確率が高くなるのです。

落ち着いた服装ならばハメを外しすぎない

好きな男性といると、ついついはしゃぎすぎてしまい男性に引かれる行動をとってしまうときもあります。しかし、落ち着いたイメージの服装ならばそのギャップで男性にとってはマイナスイメージになってしまう可能性もあるのです。

そのため、自分の行動を常に気をつけて振る舞いましょう。なるべくハメを外しすぎないように注意しましょう。

優しそうな服装ならば心を穏やかに

優しそうな雰囲気の服装を着ている女性が、とても怒った表情をしていたり不機嫌な態度をとっていると、そのギャップに男性はとてもマイナスイメージをもちます。

そのため、落ち着いて優しい雰囲気をイメージしてコーディネートをしているならば、心を穏やかにして男性と接しましょう。そうすることで、男性はその女性に安心感をもち好感度がアップします。

男性が好きな女性のイメージを服装で表現しよう

男性が好きな女性のイメージというのは、それぞれの男性が必ず持っています。その男性に合わせていろいろなコーディネートに挑戦してみましょう。

そうすることで、その男性に魅力的だと思ってもらえるだけでなく、自分にも自信がつきます。そのため、男性の好きな服装について詳しく理解し、男性の理想を服装で表現してみましょう。

ですが、服装だけ着飾っても内面がきれいでなければ男性は振り向いてくれません。そのときの服装に合った振る舞い方もいろいろ理解して、理想の女性を目指しましょう。

関連記事