告白

成功率の高い告白の言葉!告白は言葉選びが大切

好きな人への告白の言葉に悩む!

この記事で伝えたいポイント
  • 告白の言葉は選ぶべき
  • 男性から女性に告白する言葉
  • 女性から男性に告白する言葉
  • LINEやメールで告白するときに使う言葉

好きな人へ思い切って告白したいのだけど、どういう言葉を使っていいのか迷ってしまいますよね。ただ「好きです」と伝えるのがストレートでよさそうだけど、それだけでは自分の真剣さが伝わるかどうかは疑問です。

あらかじめ効果的なセリフを考えておいて、練習しておくと本番のときに失敗することが少なくなりますよ。ここでは、告白の成功率が上がりやすい言葉についてご紹介しています。

告白には言葉選びが重要?

片思いの相手に自分の気持ちを伝えるには好きな言葉を使ってみたいですよね。しかし、相手の気持ちを少し考えてセリフを選ぶことにより、同じ内容の告白でも心に響かせることができるのです。

普段何気なく使っている言葉ですが、自分の真剣な気持ちを伝えたい場合は少しの工夫が必要です。ここでは、告白での言葉選びについてご紹介していますので、これからセリフを考える人は参考にしてください。

告白でのセリフは言葉選びが大切

好きという単純な気持ちを相手に伝えるのにも、言葉選びは大変重要なポイントです。ストレートに伝えたほうがよいか、オブラートに包んだほうがよいか、どんな言葉が効果的か、などは一人ひとり違います。相手の個性に合わせた唯一のセリフを用意してみましょう。

言葉は自分らしさを表現するツール

人それぞれ顔が違うように使う言葉も違います。普段何気なく使う言葉にもあなたの個性が出ているのです。この個性を大切にして、大切な人への自分の気持ちを表現してみましょう。

他の誰のものでもない、あなたの言葉を使った告白は相手の心に印象深く残るのです。難しく考えるのではなく、自分の素直な気持ちをいつもの言葉で表現します。

対面の告白なら態度や言い方も大事

相手に面と向かって告白するのなら、告白最中の態度や伝え方も大切です。緊張しているからといって、相手から目をそらし、キョロキョロ落ち着かない様子では説得力がありません。

相手の目をしっかり見つめて、早口にならないように一言一言をしっかり伝えましょう。対面の告白は自分自身を演出してみることも大事なポイントです。

口下手な人は手紙やメールを使って

口下手な人や異性との会話は大変緊張してしまうという人もいます。そんな人は手紙やメールを使って文字の告白をしてみましょう。自分の得意な告白方法を選ぶことで、効果的な言葉を考えやすくなるのです。

対面との違いは、自分の一方的な気持ちを押し付けやすくなるということです。ここに注意して、相手が心地よく感じてくれる素敵な言葉を選んでみましょう。

顔の見えない電話は言葉選びが大切

対面ほど近くなく、手紙やメールほど距離を感じない告白方法は電話です。相手へ自分の声をしっかり届けることができるのですが、顔が見えない分言葉選びが大切なポイントとなります。

相手はあなたの声色と言葉だけで判断するため、はっきりした口調で効果的な言葉を選ぶことが大切です。告白後の相手の様子を、声から判断できるのも嬉しいですね。

遠距離の告白は言葉がすべて

遠距離での告白は、告白前も告白後も相手の顔を見ることができません。このためLINEなどのチャットを多く使うことになる場合が多いのですが、自分の微妙な心のニュアンスを伝えるには言葉選びが重要になってきます。

相手があなたの様子を知る手段は文字しかありません。このため言葉の語尾や口調、言葉のひとつひとつを相手は細かくチェックしてしまうのです。

言葉の選び方で告白の成功率はアップ

どうせ告白するのなら効果的な言葉を使い成功率をアップさせましょう。対面やメールなどの告白方法、自分や相手を取り巻く状況、自分の得意不得意など、様々な要素を考慮して効果的な告白のセリフを選びます。

印象的なセリフは相手の心に深く残り、あなたの存在を高めてくれますよ。自分の気持ちを最適な言葉で表現するだけで、二人の今後の関係が変わることもあるのです。

男性から告白する時におすすめの言葉

好きな女性に告白するときの言葉をご紹介します。男性の告白は自分の気持ちをストレートに伝える方法を考えることが言葉選びのポイントです。できるだけ無駄のないシンプルな言葉で自分の心を表現してみましょう。

女性と違って、男性はできるだけ短い簡潔なセリフのほうが女性の心を捕らえます。ここではいくつかの例を挙げているので、アレンジして自分のセリフを考えてみてください。

男性から女性に送る告白の言葉を7つ紹介

男性の効果的なセリフはシンプルでストレートな言葉選びがポイントです。できるだけ言いたいことを短くまとめて、はっきり言い切る形を取ったほうが、同じ内容でもインパクトが大きくなるのです。

以前から気になっていました。

好きですという言葉がストレートすぎて使いにくい場合は、こういう言葉がおすすめです。この後の言葉も続きやすくなるため、自分のこれまでの状況、これからどうしたらいいか、など自然につながりやすくなります。

「以前から気になっていました。突然告白されて驚かれたでしょうが、これから自分と友人関係から始めてもらえませんか。」など直接好きという言葉を使わない分、相手への刺激も控えめになります。

無理矢理付き合ってほしいというのではなく、女性が受け入れやすい優しい言葉を考えてみましょう。

卒業しても会ってもらえませんか。

三月の卒業シーズンは告白が盛んにおこなわれる時期です。相手に思いを伝えるには良い節目で、四月から別々の生活を送るという人にとっては、最大のチャンスです。

男性から女性へ贈る言葉は、強引なセリフを避けて、卒業しても変わらぬ関係を保ちたいということをポイントにして伝えます。もし相手がOKしてくれれば、プライベートな交際のスタートです。

学校卒業を機に疎遠になってしまうカップルもいる中、恋人としてのお付き合いを始める人もいます。

友達から始めてもらえませんか。

初対面の女性に告白する場合効果的な言葉です。一方的な片思いで女性が男性のことをほとんど知らないのなら、告白されても答えようがありません。「好きです」や「付き合ってください」というこちらの一方的な要求は避け、お互いを知り合っていきたいという内容のセリフを選びましょう。

こうすることで女性の戸惑いも少なくなり、自分への配慮を感じてくれやすいのです。

自分にとってあなたは大切な人です。

中学生や高校生までの付き合いとは違い、大学生や社会人の告白はこれからの長い人生を視野に入れた言葉を選ぶと効果的です。結婚という言葉は二人にとって早すぎる場合でも、あなたは他の人に変えられないという内容の言葉を含めるだけで、自分の誠意が伝わりやすくなります。

相手と自分の年齢も考えて、まだ結婚は先という時に使いたい言葉です。

あなたと長く付き合っていきたいです。

結婚は視野に入れてはいますが、まだプロポーズは時期尚早という人におすすめの言葉です。あまり早い時期にプロポーズしてしまうと、相手を縛り付けるという印象が強くなってしまい不快に思われてしまう場合もあります。

しかし、今だけではなくずっと一緒にいたいという意味の言葉を入れるだけで、相手も誠意を感じ取ってくれます。

自分にとって最後の人だと思います。

実質的なプロポーズの言葉です。結婚という言葉は使っていませんが、自分にはあなたしかいないという意味が込められている言葉です。これまで何人かとお付き合いしてきたけれど、あなたが一番という内容の言葉にしてみましょう。

こうすることで自分は選ばれた女性ということが強く感じられるのです。この言葉をきっかけにして、相手の女性もあなたのことを結婚相手として強く意識するようになるのです。

結婚を前提にお付き合いしてもらえませんか。

はっきりと結婚という言葉を使ったストレートなプロポーズです。結婚適齢期の男女なら自分の気持ちを伝えると同時に、結婚の意思を伝える言葉を含めると重みが違ってきます。相手の女性もあなたとの真剣な付き合いを考えることになり、結婚までのステップが短くなります。

対面だけでなく、手紙やメールLINEどの方法とっても結婚の二文字を入れると、女性にとって最大のインパクトがある告白となります。一緒に花などを添えて、真剣な気持ちを伝えましょう。

女性から告白する時におすすめの言葉

女子からの告白の言葉は、女らしい控えめな奥ゆかしさがポイントです。シンプルでストレートな男性の表現方法とは違った、婉曲的な表現をポイントにしてみましょう。しかし、自分のキャラクターとかけ離れすぎているのも違和感をもたれてしまいます。

自分らしさを失わないように、女性らしさをプラスした効果的な告白の言葉を選んでみましょう。ここでは、女性から男性へ告白する際に送るおすすめのセリフをご紹介しています。

女性から男性へ送る告白の言葉を6つ紹介

女性の告白セリフは、繊細な女性らしさがポイントです。相手に自分を印象付けたければ、言葉の数を多くするのではなく、婉曲的な表現など言葉のやわらかさを工夫することが大切なのです。相手への気遣いや控えめな奥ゆかしさをポイントにセリフを考えてみましょう。

これまであなたのことをずっと思ってきました。

奥ゆかしい女性の告白の言葉は、相手の男性を影ながら思い続けていたというニュアンスを込めることで表現しやすくなります。「密かに」や「耐え忍ぶ」などの古い言葉を使うのではなく、自分らしい言葉をプラスしてみましょう。

「一方的な片思いなんですけれど」や「○○さんは気づいてないでしょうけれど」など、自分と相手の状況にあったセリフを選ぶことがポイントです。相手への気持ちの強さを控えめに表してみましょう。

私の気持ちを聞いてもらえて幸せです。

一方的な告白は自分の勝手な行為だけど、あなたに聞いてもらえて幸せという意味のセリフでまとめます。初対面の男性や、友達と呼べるほど親しい関係ではなかった場合に効果的です。

恋心などの打ち明けにくい気持ちは、女性が一歩引いた婉曲的な表現を用いたほうが相手の心に響くことがあります。はっきり好きといわないことで、男性もあなたの女性らしさをイメージすることができるのです。

自分のことを少しでも考えてもらえませんか。

自分の気落ちを相手に押し付けるのではなく、相手の男性の心の隙間に入れて欲しいという控えめな表現です。あまり親しくない女性から突然告白を受けても、男性はどうしてよいか分かりません。

実質的には友達関係になりたいという願望の意味ですが、婉曲的な表現に控えめな女性らしさを加えて、男性にアプローチしてみます。遠回しだけど、自分の気持ちは誤解なくしっかり届くように言葉を選ぶのがポイントです。

一緒の時間を増やしてもらえませんか。

こちらも婉曲的な告白の言葉になります。好きということをストレートに告げなくても、片思いの心を伝えるセリフは多くあるのです。今よりもっと二人の距離を近くしたい、お互いにもっと知り合いたい、という意味を込めて言葉を選んでみましょう。

女からの告白は一方的に強く感情を表すより、一歩引いた控えめな表現をとったほうが女性らしさを感じさせる効果的なセリフとなるのです。

あなたじゃないとだめみたいです。

婉曲的な表現の一つですが、好きという言葉により近い言葉です。他の誰でもなく、あなた以外に考えられないという意味の強い気持ちを感じますね。

相手が言葉に鈍感な人の場合、婉曲的な表現より直接的な言葉のほうが誤解のないこともあります。好きという言葉を使わず、相手の男性の心に響くストレートな言葉を選んでみましょう。

ずっと一緒にいたいです。

自分の気持ちを婉曲的に表現した後に、締めくくりの言葉として最適なセリフです。これからどうしていきたいか、自分の願望が表されているため、相手の男性に自分の存在をしっかりアピールすることができるでしょう。

婉曲的なプロポーズの言葉として取られることもあるため、自分の年齢や周囲の状況と合わせて適切な時期に使うことがポイントです。「ずっと」とは一生とも取れるこれからの長い時間を考慮したセリフになります。

LINEやメールで使える告白の言葉

ラインやメールでの告白は冗談と思われやすいのが難点です。しかし、真剣度が伝わる言葉選びで告白の成功率はアップしますよ。ポイントは好きになった理由や、いつから好きになったかなどの具体性を持たせることです。

お互いの顔が見えないからこそ、言葉から思い浮かべることは多くなるものです。また気軽にやり取りできるため、後日直接会う約束もしやすいですね。

真剣な気持ちをLINEやメールで伝える効果的な言葉を6つ紹介

初対面の人より、友人関係でいつも話をしやすい関係の人へおすすめです。いつもの会話では伝えにくいことも、LINEやメールならさらっと言えそうですね。しかし、対面の告白や手紙と違い、チャットはセリフが軽くなってしまいがちです。誠意を伝えるポイントはできるだけ具体性を持つ内容にすることです。

あなたの○○なところが好きになりました。

ただ好きと告げるだけではなく、相手のどんなところが好きになったかを一緒に伝えます。初対面でもこれまで友人関係だとしても、いつも相手のことをしっかり見ているということも伝わります。

チャットやメールは相手に軽く取られてしまうこともあるため、こういった日常の様子を加えることで誠意が伝わりやすくなるのです。

○○以来好きになりました。

気まぐれで好きになったのではなく、何かのきっかけがあって好きになったということを相手にそれとなく伝えます。

相手にとっては何でもない出来事でも、あなたにとっては印象深いことだったということを説明しましょう。相手が忘れているかもしれない小さな出来事をしっかり覚えていることは、自分の気持ちの強さを表すのです。

いつも○○ですね。そこが大好きです。

いつも相手の異性を見つめていることをそれとなく伝えます。チャットやメールの良いところは 、リアルタイムな様子や気持ちを、相手にすぐ伝えることができることです。毎日の生活の中で、相手の良いところなどを付け加えて自分の気持ちを伝えましょう。

相手も自分を見守ってくれていると感じてくれますよ。自分の存在を大きく感じてくれている異性は、大変気になるものです。

口下手なのでラインを使って告白します。

対面ではなくLINEやメールを使った告白をする理由を伝えます。口下手な人の場合、手紙やメールなどの文字告白の方が効果が上がる場合もありますね。わざわざ自分の不得意な告白方法を選ぶこともありません。

自分の気持ちを伝えやすいツールを選んで相手に思いを伝えましょう。口下手だと伝えることで、あなたが異性に慣れていないという初々しさも伝わります。

いつもありがとう。大好きです。

LINEやメールを使ったストレートな告白の言葉です。手紙より距離感の近さがあるため、日常的な親しさを感じます。

チャットは何気ない日常の心の交流を助けてくれます。対面では伝えにくい毎日のお礼の言葉などを添えて自分の気持ちを伝えましょう。相手が疲れて帰宅したときにスマホの着信へ温かいメッセージが入っていると嬉しいものです。

これからも変わらず好きです。

日常の何気ない気持ちを伝えるのに便利なLINEやメールですが、相手の時間に余裕がある時を見計らって、内容の濃い告白をしてみるのもおすすめです。

相手の忙しい時間帯を避けて、一人でゆっくりスマホでのやり取りが出来る時間に メッセージのやり取りをします。こうすることで、相手が言葉の意味をしっかり感じてくれるため、あなたの真剣さが伝わりやすくなるのです。

告白するときは気持ちのこもった言葉で伝えよう

好きな人への告白の言葉は、いつもと違った真剣さが必要です。告白の方法にかかわらず、自分の誠意が伝わりやすい言葉を選びましょう。

一番言葉が厳選されるのは手紙です。ラインやメールとは違い、自分の筆跡からも気持ちを判断されるため、できるだけ丁寧な文字を心がけることをおすすめします。

口下手で異性と話しにくいという人は、文字告白のほうが成功するかもしれませんよ。

関連記事