告白

告白の自然な切り出し方!告白後のフォローも命運を分ける

きっかけは自分で作れる?告白の切り出し方とは

この記事で伝えたいポイント

・告白に向けてやっておくべき準備

・告白の具体的な切り出し方をご紹介

・告白したけれど相手の反応が悪い理由を考察

・返事を保留されたとき次のアプローチの仕方

告白を切り出すには勇気が必要ですが、自然な流れを意識したりシミュレーションをしておくことで切り出しやすくなります。この記事では、告白の具体的な切り出し方返事を待っている間のアプローチの仕方を紹介しますよ!

今日は告白を切り出す!という日にやっておくべき準備

何も準備をせずに告白に臨むのは避けた方が良いです。なぜなら、きちんと準備をしておくことで告白が成功する確率がアップするからです。また、事前にシミュレーションをしておくことで告白する勇気を出しやすくなります。

イメージトレーニングが大切

いつ・どこで・どのタイミングで・どんなセリフで告白するのかをイメージしておくことで、スムーズに告白を切り出すことができます。

告白をシミュレーションしておく

いつ・どこで・どのタイミングで告白を切り出すのかをシミュレーションしておくことで、成功の可能性がぐんとアップします。なぜなら、当日に緊張してもきちんと伝えることができ、ぐだぐだした感じにならないからです。

無計画で告白してしまうとスムーズに告白できなくて、好きな相手もがっかりしてしまいます。このようなことを避けるためには、事前にシチュエーションを考えておきましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白の仕方が分からない!成功する準備から段取りまでを大公開

服装や髪型ははりきり過ぎない

清潔感のある服装や髪型にするべきだと言えます。普段より少しオシャレをしているくらいがちょうど良いです。はりきってスーツを着たり髪型をいじったりすると、相手は違和感を覚えてしまいます。

だらしがない格好や汚れた服、寝癖のついた髪で告白するのはNGです。香水をつけすぎたり濃いメイクをしたりするのも避けてくださいね。普段通りの方が告白は受け入れられやすいです。

セリフを考えておく

自分の気持ちを伝えるセリフもきちんと考えてくのがおすすめです。一言一句考えて丸暗記をする必要はありません。自分が伝えたいことを頭の中でまとめておきましょう。

告白のセリフはシンプルでストレートなものが良いです。なぜなら、相手の心に響きやすいからです。ドラマのような長い言い回しやきざなセリフは相手の心に入って行きにくいので避けましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白のセリフはこれで決まり!男女別おすすめのセリフと注意点

事前に呼び出しておく

告白を決意したら、事前に相手に時間があるかどうかを確認して呼び出しておく必要があります。せっかく告白しようと思っても相手が急いでいたり予定があったりして告白できなければせっかくの準備が台無しになってしまいます。

呼び出す時はメールやLINEで構いません。「明日の放課後(仕事終わり)時間ある?」と聞いてみてください。相談したいことがあると言って呼び出すという方法もありです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白の呼び出し方法!恋を成功させるには計画が大事

二人きりになれるように食事に誘う

二人で食事やデートに行けるほど仲の良い関係であれば、告白のために食事に誘うのがおすすめです。一緒に食事をしているときであれば時間を気にしなくても良いですし、二人きりの空間なのでタイミングを掴みやすいです。

食事が終わって帰り道に告白するのも良いですが、タイミングを逃すとその日に告白できなくなる恐れがあるので注意が必要です。別れ際までには切り出すようにしましょう。

伝えるなら直接!告白を切り出す自然な流れとは?

面と向かって直接告白する場合は、どのような流れで告白して良いか悩むこともありますよね。自然な流れで切り出した方がスムーズに告白できますし、失敗する可能性が低くなります。

シチュエーションによって自然な流れは異なる

放課後の教室に呼び出した場合とデート中に告白を切り出す場合とでは、自然な流れの作り方は全く違います。それぞれのシチュエーションに合った流れを作ることが大切です。

会社やデートの帰り道で

社会人の場合は会社の帰り道デートの帰り際に告白を切り出すのがおすすめです。一緒に話しながら帰り、もう少しで別れるポイントや駅に着くというところで切り出しましょう。

タイミングは話の区切りがついて沈黙が生まれたときです。この流れで告白するのが一番自然だと言えます。時間が限られているので、簡潔に短いセリフで告白するようにしてください。

放課後の教室に呼び出す

中学生・高校生・大学生の場合は誰もいない放課後の教室に呼び出す方法をとることで、自然に告白の流れを作ることができます。なぜなら、相手に告白かもしれないと感づかせることができるからです。

呼び出したら、「大切な話がある」と言って告白するのがおすすめです。長々と前置きをすると相手は何のために呼び出されたのか分からなくなってしまいます。相手が来たら早めに切り出す方が良いです。

公園で話しているとき

公園での告白は社会人にも学生にもおすすめの方法です。帰り道やデート中に公園に立ち寄り、ゆっくり話しながら告白することができます。徐々に恋の話好きな人の話に持っていくことで告白しやすい流れを作ることができます。

できるだけ静かで落ち着いた公園の方が告白しやすいです。会話の流れを上手く恋愛に関することに持っていくことで、自然な流れを演出できますし勇気を振り絞りやすくなります。

観覧車の中で

遊園地でデートする場合は観覧車での告白がおすすめです。景色は最高ですし、二人きりになれるのでシチュエーションは完璧です。また、観覧車で二人きりというのは相手も告白に期待します。

相手も「告白してほしい」と思っているので、自然と良い雰囲気になって告白の流れが出来上がります。特に頂上付近まで来たときは相手も期待して口数が少なくなります。観覧車での告白は、二人で自然な流れを作り出すことができます。

夜景やイルミネーションを見ながら

夜景やイルミネーションを一緒に見ていると、とてもロマンチックな雰囲気を作ることができます。最初ははしゃいでいても、きれいな景色に見とれて口数が少なくなるので、沈黙しているタイミングで告白をすると自然です。

ロマンチックで良い雰囲気に包まれているので、告白は相手の心に響きやすいです。「前から好きです」とはっきりと伝えることで告白の成功確率が高まるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
デートの場所が決まらない!おすすめのデートスポットは?

食事デートで

一緒に食事に行き、食事の終わり頃に伝えるようにすると自然な流れを掴みやすいです。食事中は会話が盛り上がりますが、終わり頃になると次第に沈黙が生まれます。そのときに「話がある」と切り出してください。

緊張していたり恥ずかしいと思ったりするかもしれませんが、きちんと相手の目を見て切り出すことで真剣に耳を傾けてくれます。沈黙の中で流れを掴むのも大切ですが、視線で流れを掴むこともおすすめです。

相談の最後に

相談したいことがある」と言って相手に話を聞いてもらった最後に告白を切り出す方法です。あらかじめ相談しておきたいことがある人におすすめです。相談が終わった後に「言っておきたいことがある」と切り出しましょう。

相談の名目があれば、相手は真剣にあなたの話を聞いてくれるので流れを作りやすいです。相談内容は何でも良いですが、あまり深刻なものは避けた方が良いです。特に女性から告白するときにおすすめです。

直接は勇気が出ない…別の手段での告白の切り出し方は?

告白しようと決意したけれど、勇気が無くて直接告白できないこともあります。その場合はLINEや電話などで告白してみましょう。直接告白するのと違って文面やタイミングを熟考できるので、慎重に告白することができます。

直接ではなくてもハートが大切

直接でないときちんと気持ちが伝わらないわけではありません。相手も勇気が出なかったのかなと察してくれますし、告白自体は嬉しく思ってくれます。

電話で相手の反応を察しながら告白

面と向かって告白できない場合は電話で告白するのがおすすめです。相手の表情や反応を直接見ることはできないので、声のトーンで相手の気持ちを察するしかありません。

近年はLINEの普及であまり電話を使わなくなっていることもあるので、電話で切り出す場合はあらかじめ「今日電話して良い?」と聞いておくとスムーズです。最初に少し雑談をした後に切り出すと良いです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白をするのに電話はアリ!コツを掴んで告白を成功させよう

緊張しないようにラインで告白

電話でも緊張するから無理だという人は、LINEで告白するのがおすすめです。メールとラインは機能が似ていますが、LINEの場合は既読か未読かがわかるので、相手が読んだかどうかを確かめることができます。

LINEの場合はスタンプを使うのは控えてください。なぜなら、相手に本気度が伝わりにくくなるからです。「今まで言えなかったけれど」のような前置きをしたうえで、簡潔に思いを伝えましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
LINEで告白するのはあり?そのタイミングや例文を紹介!

文面をきちんと考えられるメールで告白

LINEを使っていない場合はメールでの告白がおすすめです。LINEではメッセージを何回かに分けて送ることに違和感はありませんが、メールの場合は一通にまとめて送ってください。

LINEと違って相手が読んだかどうかわからないので、本文の最後に「いつでも良いのでお返事待っています」と書いておきましょう。メールの場合は文章を熟考できますが、考えすぎるとわかりにくくなる恐れがあるので気を付けてください。

手紙で自分の思いを伝える

直接告白する勇気がなくて、メールやLINEだと味気ない思う場合は手紙で思いを伝えるのがおすすめです。手紙だと直筆の文字によって味が出て相手に思いが伝わりやすいですし、手間をかけたことも伝わります。

手紙の場合は短文よりは便箋1枚程度にした方が自然です。好きになったきっかけやどのようなところが好きかを伝えるようにしましょう。その手紙は思い出として残るので、相手は何回も見返すことができます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
手紙で告白ってどうなの?手紙で想いを伝える方法

告白したけれど反応が悪かった時に考えられる原因

告白をしても相手が思ったような反応を示さないと不安になりますよね。そのような場合、原因を考えて告白の後のアプローチにつなげることで良い結果に導くことができます。

相手の反応を冷静に見て分析する

相手の反応が悪いとショックを受けますし冷静でいられないこともあります。しかし、きちんと反応を見ることによりその原因を探って挽回することも可能になります。

他に好きな人がいる

他に好きな人がいる場合は相手の反応は悪くなると考えられます。なぜなら、勇気を出して告白してくれたのに断ることになるからです。振ってしまうことで傷つけたり気まずくなったりするかもしれないと恐れているのです。

また、ずっと友達だと思っていた場合も反応が悪くなります。告白されたことで友情が壊れたり素っ気ない態度を取られたりしてしまうかもしれないと不安に思っています。

告白相手の友達があなたに好意を持っている

告白した相手の友達や同僚があなたのことを好きな場合が考えられます。友達から相談を受けていたり協力をお願いされていたりする場合は特に反応が悪くなってしまいます。

告白相手は、大切な友達との関係が悪くなることを心配しています。三角関係や嫉妬されるような関係は誰でも避けたいでしょう。告白の瞬間に相手はどうすれば友情を維持できるかを考えているのです。

告白に適さないタイミングや時間帯だった

デートの最初に告白したり、朝の忙しい時間帯に告白したりした場合、相手はタイミングに違和感を覚えて反応が悪くなります。きちんとしたタイミングで告白していれば反応は大きく違っていたと考えられるので、とても勿体ないです。

間違ったタイミングで告白すると、相手は驚いて面食らってしまいます。また、空気を読めない人と判断される恐れがあるので、相手の状況や気持ちを考えた上で告白することが大切です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白したいときの準備やタイミングは?勇気を出す方法もご紹介

早口や小声で聞き取りにくかった

告白をするときはとても緊張してしまいます。緊張のせいで告白のセリフが早口になったり小声になったりして聞き取りにくいと、相手の反応は当然悪くなります。

相手は告白だと気付いていることが多いので、聞き返すことを躊躇します。せっかくタイミングやシチュエーションが完璧でも、肝心なセリフが相手にきちんと届かないと気持ちも伝わりません。

長い言い回しでの告白だった

長すぎるセリフ何が言いたいのかよくわからないセリフは、相手の心に響かないので反応が悪くなってしまいます。特に長いセリフでの告白は聞いていて要点が掴みにくいですしその間にドキドキする気持ちが半減します。

告白で相手に良い反応を示してもらうには、短いセリフでストレートに思いを伝えることが大切です。告白の間ずっとドキドキが続いているので、告白が終わっても嬉しそうにしてくれます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
成功率の高い告白の言葉!告白は言葉選びが大切

返事を保留にされたら次のアプローチはどうする?

告白してもすぐに返事をもらえるとは限りません。相手はじっくり考えたいと思うこともあるでしょう。そのようなときにただ待っているだけではもどかしいですよね。保留されてもアプローチをすることで良い結果を得ることができます。

告白したときに反応が悪かった場合は挽回が必要

相手の反応が悪かった原因が分かった場合は、それを打ち消すアプローチをすることが大切です。

帰宅後に感謝を伝える連絡

告白を終えて帰宅したタイミングで、「今日はありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。こうすることで相手に思いやりや尊重している気持ちが伝わって優しさをアピールすることができます。

また、告白したまま何も連絡しないでいると次に連絡するきっかけを失ってしまうことがあります。告白直後に連絡しておくことで、次の連絡のハードルが下がる効果があります。

LINEで改めて伝える

告白のセリフが相手に聞き取りにくかったかもしれないと感じたり、分かりにくい表現をしてしまったと思ったりした場合は再度LINEで思いを伝えましょう。その際正直に「緊張して変な告白になってしまった」と伝えてください。

このように後からフォローすることであなたが本気だということと素直なところを伝えることができます。不器用だけれど誠実な性格をプラスに考えてもらえることもあります。

いつも通り明るく接する

告白の返事を待っている間は不安になって相手を避けてしまうこともあるでしょう。しかし、それでは相手に悪い印象を与えてしまいます。気まずくならないようにいつも通り接してください。

いつも通りのあなたを見た相手は安心感を覚えますし、付き合った後のことを想像しやすくなります。できるだけ温かい気持ちで接するのがおすすめです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
告白後の相手への接し方!告白の返事を考えさせてと言われたら?

相手の良い所を褒める

相手の長所を褒めるようにするのがおすすめです。そうすることによって相手は認められた気分になれますし、きちんと長所を発見して見守ってくれるのはあなただけだと感じます。

また、長所を褒めることで相手はあなたの優しさや他人を認めることができる懐の広さを再認識します。あなたと一緒にいると大切にしてもらえそうだと想像するでしょう。

前向きな気持ちを失わずに勇気を出そう

告白を切り出すのは勇気が必要ですし、断られることを考えてしまって不安に思うこともあります。しかし、告白に向けてきちんと準備を進めたり自分に合った告白の切り出し方を考えたりすることによって告白は成功しやすくなります。

告白に手応えが無くても、前向きな気持ちでフォローすることができれば大丈夫です。相手の気持ちを考えながら冷静に行動することを心がけましょう!

関連記事