恋活

彼女が欲しい中学生は必読!可愛い彼女の作り方や告白場所

彼女が欲しい中学生が実践すること

まず身だしなみを整える

モテる男子中学生になるためには、「清潔感」を身につけることが必要です。彼女を作るためには自分自身を磨くことが大切なんです。

お風呂にきちんと入り体臭や口臭には気をつけたり、男子だからといって髪型もボサボサのままではモテません。毎朝髪形を整えてみましょう。眉毛が気になる人は、ヘアカットの際に一緒に整えてもらったりとちょっと大人に近づいてみましょう。靴が汚れていたり臭ったり、制服は汚かったりしていませんか?

身だしなみは自分が身に着けているもので清潔か判断されます。毎日着る制服や靴もこまめに洗い、清潔な状態を保ちましょう。日ごろからの努力が清潔感を出せて、周りの人と差をつけられるかもしれませんよ。

女の子の連絡先をあつめよう

自分が気になる、好きな女子のアプローチの第一歩として、お互いの連絡先を交換するところから始めてみましょう。

近年はスマホが普及し、中学生でもスマホを持っている時代です。そのため様々なSNSでアプローチをかけることができます。もしスマホを持っていない人は、まず話しかけることから始めましょう。まず、自分の周りの女子から声をかけていき、まめに連絡を取り合って下さい。

一人だけでなくいろんな女子に連絡を密にとると、二人の距離感がグッと近づいたり、女子の連絡網により紹介があったり等、彼女を作れる確率がさらにアップします。もし直接話せない人は友達に仲介を頼んで連絡先だけでもゲットできるようにしましょう。

ただ、女子と信頼関係を築けるのは自分からこまめに連絡をすることが重要です。こまめな連絡が相手にとって好印象に移り、自分に好意を抱いてくれることも考えられます。
スマホだと気軽に連絡が取れますが、連絡がないからと言ってしつこく連絡を取ると逆効果なので、ドンと構えて連絡を待ちましょう。

女の子と話すきっかけをつくろう

本当に彼女が欲しいのならば、心の中でただ思い続けているだけでは何も変わりません。しかし女子に対して積極的に行動するのはちょっと恥ずかしかったり、学校であれば、みんなのいる前でいざ話しかけようとなると、緊張して頭が真っ白になってしまう人も多いですよね。

ならばそういった人は、はじめは全然気のない、話がしやすい女子から話しかけてみるといいかもしれません。
とにかく女子と話す機会を多く持ち、話すことに慣れるのが大切です。その経験から、話し掛けることに慣れてきて、これまで感じていた周囲の目や恥かしさといったものが、徐々に薄らいでいくのを感じるはずですよ。

いざ本当に好きな人が現れた時に、取り乱すことなく、しっかりと自分の思いを伝えられるようなるかもしれません。

優しい男性を目指そう

彼女を作りたいと思っている男子は、優しい男性になるよう心がけましょう。女子中学生だと、いつもふざけている男子に自分だけ優しくされたり、周りに優しくしているところを見ると、それだけでとてもどきっとしてしまいます。好きなタイプにいつの時代も入っている項目といえば「優しい人」ですね。

自分だけに優しくしてくれる、なんてことが分かれば女子からすると、一気に気になる存在になります。あれ?自分にだけ特別優しい?と女子から思われたら作戦成功になります。
気づいてもらえるくらいに思いっきり優しくしてみましょう。

中学生が告白するおすすめの場所

学校の帰り道や放課後の教室

好きな人ができれば、告白する場所も大切なポイントのひとつですよね。思いを伝える場所としておすすめなのがまず、帰り道や放課後の教室です。

もちろん皆がいる、いつもの教室ではなく、誰もいない教室に2人きり、そんなシチュエーションが告白の成功率を上げてくれるはずです。告白するタイミングも重要です。放課後の告白は憧れのシチュエーションです。放課後少し夕方になってきて回りも暗くなる頃が告白する絶好のチャンス。また、ふたりきりになれる空間を作ることも大切になります。

教室や、帰り道、友達と一緒の場合は、冷やかされる可能性も有り 、照れ隠しをしてしまうこともあるかもしれません。相手が一人になれるタイミングを待ちます。「ちょっと今日はここで残っといてね」または、友達といる場合は「ちょっと借りるね」と 、二人きりになれるチャンスを作ることです。

修学旅行

学校行事と恋愛は切っても切り離せない関係にあります。

体育祭の後にカップルが誕生することは珍しくありません。これと同じように修学旅行でのカップル成立率は、普通よりも高い傾向にあるそうです。
これは日常とは異なった状況で周りの雰囲気が変わり、本人の気分も高揚しています。そんなときに告白されたら、ついOKと言いたくなりますよね。

これを生かさない手はありませんが、そのために適切な手順を踏まえて行う必要があります。第一に、あなたの焦がれている人があたなに好意を抱いてくれているているかをさりげなく確認することです。少なくとも嫌われていないことが分かったら、次の段階へ移りましょう。

第二に、すでにメールやLINEを通じたやり取りを行っている仲を築いていることが前提となります。第三に、修学旅行の日程などを考慮して、友達に協力してもらい意中の人と二人きりになれる時間を作り、そこで相手への思いを告白しましょう。

卒業式

中学生や高校生が告白するタイミングでお勧めするのが、告白成功率がアップする卒業式です。

卒業式では、親しい人たちとの別れの寂しさや悲しさと新しい旅立ちへの希望のワクワク感とが入り混じった様々な感情を抱くため、その隙を狙って告白することで告白成功率が上がります。
さらに、卒業式での告白だと、親しい人たちとの別れという寂しく悲しさで感傷的になっている時なので、ちょっとしたことで感動的になる時です。

あなたからの思わぬ告白で普段では生じない感動的な感情を与えることも出来ます。
また、卒業式での告白のメリットとしては、万が一にもふられてしまっても次の日から毎日学校で顔を合わせる事がないので、毎日気まずい思いを引きずらなくてすみます。

自分の気持ちをしっかりと相手に伝えなければ、相手の気持ちを知ることが出来ません。

告白成功率が高い卒業式を上手く利用しましょう。このタイミングを逃したら後悔してしまいますよ。以前から気になっていた人へ告白する絶好のチャンスです。

中学生の告白の仕方は?

勇気を出して気持ちを伝えることが大切

好きな人に告白する時は大人も子供も緊張しますが、それが相手への思いが強い程、余計緊張してしまうものです。しかし好きな人と一緒に過ごす時間を持ちたいのなら、躊躇わずに思い切って告白することが大切です。

好きな相手はいるけど、告白できなくて遠くから見ているだけという人もいますが、それでは何も始まらないのです。告白する時のシュチュエーションを思い浮かべて、言葉が見つかったら、ちょっと勇気を出してみるだけで良いのです、思い切って好きだと言ってみましょう。

胸をときめかせるような出会いがあったのだから、片思いで終わらせずに一歩前に踏み出してみましょう。思いを告げることから次のステップへと進むことが出来るのです
告白しないでいたのなら、後になって悔やむことになるでしょう。「あの時好きだと言っていれば、今頃お付き合いができていたかもしれない」などと後悔しても手遅れになってしまいます。告白すればきっと素晴らしい未来が開けてくるはずです。

メールではなく直接伝えよう

しかし中には想いを寄せる人がいても、黙って告白せずにいる人もいます。告白というのは人生の醍醐味ともいえる程、最上のときめきが得られるものなのです。特に告白する時に真剣であればある程、相手にもその思いが必ずと言ってよいくらい伝わるものなのです。

しかし、大事な告白をメールで伝えては相手に本気度が伝わりにくいです。直接会って、しっかり目を見て告白することで相手に真剣さが伝わります。直接だと緊張してしまいうまく伝えられるか不安になるかもしれませんが、程よく緊張が伝わるほうが、自分のことを本当に思っていてくれているのだと相手にしっかり伝わります。是非メールなど使わず、直接会って告白することをおすすめします。

ストレートに気持ちを伝えよう

告白は勇気が要りますが、なんて言って告白すればいいか、どうすれば伝わるかいざというとき迷ってしまいますよね。何となく世間話をした後、家に帰る頃に「付き合ってくれないか」といいますか?でも、何度言おうとしても口から出てこず、家に着いてしまうなんてこともあるかもしれません。

ここは一つストレートに、「ずっと前から好きでした。」と短く伝えるだけで相手にしっかり伝わるものです。そもそも、自分の気持ちを相手にストレートに伝えるというのはとてもかっこいいことです。長い文章を考えていても、結局何が言いたいのかわからなくなってしまったり、付き合いたいのか分からず終わってしまう場合もあります。告白は緊張すつものですが、気持ちが伝われば短くても全然構いません。

関連記事