結婚

結婚相手になってほしい!男女別結婚したい職業ランキング

結婚相手したい理想の職業【女性編】

子供好きなイメージの幼稚園・保育園の先生

幼稚園・保育園の先生となれば子供を扱うのが上手で、子供が好きというイメージですよね。
子どもが好きで、子どもに対して笑顔で優しく対応できる女性は「良いお母さんになれそう」という良いイメージをもつようです。

結婚したら、いずれは子どもが欲しいと考えている男性に人気があります。子どもに優しく接したり、笑顔が引き出せるような振る舞いができる女性は、明るい印象を受けます。また育児に必要なスキル、例えば、料理や裁縫といった女性らしいスキルがあるのではないかというイメージも持たれやすくなります。

それらのイメージから「結婚したら母親業がきちんとできそう」とよい印象を持たれることになり、男性はその女性との結婚をイメージすることに繋がります。また、女性が子どもにやさしく対応している姿をみると、男性は「自分に対しても優しく対応してくれそうだ」と想像し、優しい妻を連想させるようです。そのような理由から幼稚園・保育園の先生は人気があるようです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性が本気で思う結婚したい女の16の特徴

面倒見が良いイメージの看護師さん

男性にとって看護師とは、多くの患者の面倒を24時間体制で見るという点で、面倒見が良いというイメージに繋がるので、家庭の中での「お母さん」の役割を果たしてくれると男性は考えるのだそうです。

一方で、高収入と言われる職業の看護師は、安定した収入を家庭に入れてくれるという点でも男性にとっては安心感があるのでしょう。
さらに、看護師が男性からのポイントが高い理由としては、ケガや病気をした時に知識があるので的確に面倒を見てもらえる点や、仕事柄子供の扱いにも慣れているので、子供の世話もきちんと見てくれるという点などもあります。

また、きれいな人が多いというイメージが強く認識されているところもポイントになります。面倒見が良く、安定した収入があり、美人が多い。男性にとって看護師とは最強の職業と言えるのではないでしょうか。

▼さらに詳しく知りたい人へ
ホワイトパートナーズの特徴やポイントを徹底比較。業界唯一の看護師と出会えるサイト

休みも経済的にも安定している公務員

今や大黒柱は、男性だけがなるものではなく経済的に安定している公務員の女性と二人三脚というご家庭も多いようです。

草食男子が増えているといわれる日本ですが、結婚生活のなかでも、その様なことがある時代になってきているようです。安定した生活は、経済面でやはり安定しているということに繋がり、安定した収入がない男性にとっては、公務員のように収入が安定した女性を妻に迎え将来安泰という考えを持っている男性も増えているようです。

彼氏彼女の関係ならば、将来の生活費などそこまで深刻に考えることはないようですが、やはり結婚生活となってくると話は別になります。少しさびしい気持ちもありますが、今の時代は、男性だけに頼ってはいけない女性も先頭に立つくらいの気持ちで生きていかなければならないと言っても過言じゃないでしょう。

女性の憧れのキャビンアテンダント

CAは身だしなみをきちんと整え、外見が整った美しい女性が数多く就いている職業のイメージがあります。

もちろんそれは間違いなく、職業柄見た目の華やかさがある一方、職場での教育は厳しく過酷で競争が激しい現場です。お客様とのコミュニケーションを主に大切にする仕事なので、成長過程での躾の中で身についた気遣いや気配りをベースに、新たに職場での気遣いや気配りの教育を受けるので、他の職業の女性よりも格段に気遣いや気配りが身についています。
CAは花形職業でもあるので、パートナーの肩書きが男性のステータスにもなると思います。

共働きとして、共に仕事で稼いで生活を支え合おうという気持ちよりも、華やかで美しいパートナーを養って、パートナーとの生活を守って自分も頑張りたいと思う男性が多いのではないでしょうか。

サラリーマンの気持ちが分かる一般事務・OL

男性が一般事務やOLの女性と結婚したい理由として、仕事上、生活サイクルが似ているのでサラリーマンの気持ちを共感してくれそうだからと思っているようです。

これは、自分の仕事に共感や理解を示してほしいという願望もあるからかと思われます。家庭を中心にあって欲しいけど、家の中でずっとこもりっぱなしではいてほしくないことを望んでおり、共働きを続けながら、一緒に家計を支えていって欲しいと思っている方が多いようです。

さらには、相手の女性には、女の子っぽさがあり、地味で平凡さを持っていてほしいという願望もあり、CAさんのような華やかさを持った女性と結婚をしたい、と思っている男性とは逆の嗜好を持っているようです。

資格が心強い薬剤師

結婚後働きたい、出産してもまた再就職したいと思っても、資格がないとなかなか好条件では雇ってもらえません。将来どうなるかわかりませんが、今の時代は新卒者でも資格を持たずに正社員の仕事に就くことはとても渦かしい時代です。

資格の中でも一番収入が良くて、しかも就業時間も子供の学校にぴったりなのが薬剤師です。
経済的にはもちろん、時間も安定しているため、薬剤師の女性は男性から人気の職業といえるでしょう。
仕事をしたいと思ったら、いつでも好条件で仕事を見つけることが可能です。
短時間で高収入が得られるけれど、薬剤師の資格を取得するのはとても難しいため、倍率も低いです。
主婦にはとても憧れな仕事ですが、すでに後の祭りで結婚後に薬剤師の資格を取るのは難しいといわれています。

若いころから先の自分のために勉強を頑張って、学生である間にしっかりと勉強することで、きちんと頑張った証として職につけ、収入を得ることが出来ます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
薬剤師と結婚。幸せな家庭を築くための理想の結婚条件

健康管理をしてくれるイメージの栄養士

男性が奥さんにしたいと思う女性の仕事に、栄養士や調理師を選ぶ人が多いのです。
理由として胃袋をつかまれたなど、おふくろの味を再現できる女性に魅力を感じる男性が多く、自分の栄養面の健康管理をしっかりしてもらえそうなイメージがあるようです。

家事、育児などで一度退職をしたとしても、資格を要する仕事なので、復帰できる可能性もあり経済的にも安心感があるのではないでしょうか。
毎日美味しい料理を作ってくれることも大切ですが、肉じゃがなどの日常ごはんや、野菜をうまく取り入れて日々の食生活を管理してくれる女性の方が身近に感じられ、健康的な生活を送ることができるのも魅力のひとつと言えます。

結婚相手したい理想の職業【男性編】

安定感のある公務員

女性が一生を捧げる伴侶との結婚生活に求めるのは「安定」が一番といわれています。
不景気の世の中ではありますが、そんな世の中で一獲千金を狙うワイルドな男性よりも、多少は地味だとしても安定した収入と保証がある公務員の男性が、結婚を求める女性の間で注目されているようです。今の世の中、いつリストラされるかわからない時代というのもあり、将来の安定した結婚生活を描く女性にとっては、伴侶に求める職業はまさに公務員が女性には人気なのでしょう。

どんなにイケメンでも、収入が安定していないと、結婚生活は不安になり、いずれ予想外の結果を招いてしまうなんてことにはなりたくないといいます。お金が全てではないという言葉がありますが、理想と現実は違うといっても過言じゃないでしょう。将来的なことを考えて、守り体制に入っている女性も少なくはないようです。安定した結婚生活は、心にゆとりをもたらし、笑顔あふれる家族の会話が続くでしょう。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
公務員と結婚。公務員と結婚する人に知って欲しいメリットデメリット

たくましいイメージの消防士

かつて女性が多かった看護師や幼稚園教諭、保育士に男性が飛び込む姿も珍しいものではなくなってきました。
しかし、そのような多様化する職業において、女性にとって魅力的な結婚相手として、注目されているのが救急救命士や消防士です。

映画やテレビなどのメディアの影響が関係している部分が大きいかもしれません。それを差し引いても、他者のために自分の命を懸けて危険な場所に飛び込んでいき、人命を救助する姿に心をひかれる女性は多いと思います。
また、日常の訓練で鍛え抜かれた身体に、強い安心感や信頼感を抱く女性も少なくないと思います。職業観が複雑になったからこそ、より男性的な職業へと女性の目が向いているのかもしれませんね。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
消防士と結婚。消防士の仕事を理解して理想の結婚相手になる方法

国家公務員で安定感のある自衛官

自衛官との結婚は、女性にとって多くのメリットがあります。まず、国家公務員である自衛官はボーナスや福利厚生などが充実していることに加えて、最低年収が約300万円と非常に高いことが大きな特徴です。

さらに、勤続年数や昇級によって恒常的に給与の増額が見込めることから長期的な将来設計がしやすく、家庭を持ちたとえ家族が増えたとしても、経済的な心配をする必要はほどんどありません。
また、毎日厳しいトレーニングをこなすことからも分かるように体力も人一倍で、さらにそれを継続する強い精神力があります。草食系男子が増加してきている昨今は、自身の内向的な性格を変えるために敢えて自衛官を志す人もいるようで、日ごろの訓練や共同生活を通じて培われた男らしい大和魂は、プライベートにおいてもとても頼りがいのある男性として非常に心強いですね。

このように、「安定した経済力」・「高い身体能力」・「強靭な精神力」を兼ね備えた自衛官は、女性が結婚相手に求める要素を兼ね備えた魅力的な存在といえるでしょう。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
自衛官と結婚すると幸せ?自衛官が結婚する相手に求めている5つの条件。

男性として頼りがいのある警察官

昔の男性に比べて強引で頼りがいがあるといったイメージの男性は少なくなってきています。そんな中、警察官はとても男らしくて逞しい男性が多いです。警察官は日々危険が付きまとう仕事なので、日頃から心身ともにたくましく鍛えられています。

また、警察官は市民にとってはなくてはならない存在です。警察署自体が潰れることもなく、よほどのことがなければクビになることもありません。

公務員なので職の安定性も抜群で女性からも人気があるといえるでしょう。結婚するメリットとしては十分なものかと思います。男らしさや家計を支えてくれるという面で見ると、昔ながらの逞しさがある肉食系男子にも目を向けてみるのもいいかもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
警察官と結婚。警察官と結婚して幸せになるポイントと条件

家族の健康を守ってくれるお医者さん

ご存じのようにお医者さんは高収入で、家族の中に医者がいれば心強く安心なのが魅力の一つです。
もしも、お医者さんと結婚できたとすれば、高収入と安心感を同時に手に入れられる他、多くの女性が『医者の妻』というステータスからくる優越感に浸ることができるのも大きな魅力だと感じているようです。
また、家庭にもお医者さんが居れば、自分や子供に何かあったときすぐにみてもらえる安心感から、健康にも気をつけることが出来ることもポイントです。

女性が『高収入』『安心感』『優越感』に魅力を感じ、結婚によりそれらも得られることを大きく望んでいることがわかります。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
医師と結婚。医師が結婚したいと思う相手の条件と出会える場所。

真面目で経済的安定感のある銀行員

銀行員との結婚は転勤が多いですが、日本全国のさまざまな土地に精通することができます。もちろん、ご当地グルメも体験できますよね。

また、多くの土地に行くからこそ、その土地のことをよく知ることもでき、支部単位で会社の人と広く付き合えるようになります。さらに、社宅が用意されているため、いちいち不動産会社に足を運ぶこともないんです。
年収が安定していて、日本全国の美味しいものを味わえ、人との交流もできる。メリットだけでなくデメリットも生じます。しかし転勤が多いことはデメリットにもなり、急な引越しを与儀なくされます。また、飲み会も多いため、結婚相手の帰宅が遅くなってしまったり、社宅に住むことが多いので、とにかくトラブルの連続です。

しかし安定した収入で経済的にも助かるため銀行員との結婚は魅力的といえるでしょう。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
銀行員と結婚。銀行員との結婚で幸せになれる方法と出会える場所。

結婚したくない女性の職業

お医者さん

お医者さんは男性には結婚したい職業として人気ですが、反対に女性のお医者さんとは結婚したくないと思われてしまっているようです。

男性は、プライドが高い生き物であると言われているため、結婚する相手を選ぶ際、自分の方が下に見られるような女性を選ぶことはしたくないようです。
多数派の男性は「奥さんのほうが収入も桁違いに多く、社会的な地位も格段に高い」という状況をプライドが許さないので、好みません。その可能性がある女性のお医者さんは一般的に結婚相手として望まないのです。
特に、開業医をしている女性と結婚をすれば、一生頭が上がらなくなると考える男性が多くいるからだと言えます。

このように、女性の方が上の地位にあり、男性が下に見られる結婚は、多くの男性がNGだとおもわれがちです。
やはり、男性が「一国一城の主」の地位にいる結婚が理想であると考えられます。

飲食店などの接客業

男性は飲食店などでお客さんを相手にしている女性との結婚にはあまり良いイメージを持たないかもしれません。
多くの場合、男性客の多い店での接客というのはあまり好ましくない仕事と考える男性が少なくないからです。とはいっても、飲食店は一般的な職業と言っても過言ではありません。
ですが、男性の場合「様々な男性と出会う機会のある職業」という点が頭から離れにくく、受け入れにくく感じてしまうです。

「男性のお客と接する」ことにより、浮気する可能性が高まるのではないかと考えてしまうのです。あくまでも、接客業がダメなのではなく、そこから連想してしまう男性客との関係を心配してやまないというわかです。そのため、同じ客商売でも、女性用の洋服を取り扱う店などは全く心配することはありません。男性の客が比較的多いことが連想される、お酒を出す居酒屋やバーといった仕事内容から勝手にあらぬ心配をし「結婚する相手には望まない仕事」という結論に至るのです。

学校の先生

学校の先生をしている女性は教員という生徒を指導するという立場から、大人の男性を相手にしていてもどこか子供を相手に指導しているように感じてしまう男性は多いようです。

女性側もいつも子供たちを相手にしていて、なかなか大人と対等な立場でコミュニケーションをとるという機会には恵まれず、自らが大人の集まりの中に出ていかない限りその環境からは抜け出せないと思われます。
そうすると、仕事以外の場面でも、いつまでも『生徒を指導する立場』『生徒より偉い立場』という意識が染みついたままになってしまって、結局対等なコミュニケーションをとれずにいるのではないでしょうか。

男性にとって『指導される立場』『対等でない立場』というのは屈辱的なものを感じるのです。そんな印象から教員の女性に対して、良いイメージを持てずにいる男性も多く、恋愛の対象から外れていってしまうのではないでしょうか。
教員の女性にとって、結婚のデメリットとなってしまうのは、大人の男性もいつの間にか『自分の生徒』になってしまうということなのです。

結婚したくない男性の職業

飲食関係の店員

飲食関係の仕事をしている男性とにかく激務で、休暇が取りにくいという懸念点があります。
新卒の学生が就職の際に飲食関係を希望しないのもそのような理由です。同様に、結婚についてもこのことが難関になります。

勤務が過酷であるため結婚しても夫婦の時間が取りにくく、すれ違いが多くなり、結婚生活にひびが入りやすくなってしまいます。また、休みが取りにくいため夫婦でどこかに出かけることも難しい状態です。激務だと健康面も不安です。
そのような激務な状況なのに「収入は少ない」という問題が積み重なります。安月給によって、結婚生活のゆとりも期待できないという点も負の要素といえます。なぜなら、結婚すればいずれは妊娠・出産・子どもの学費といったたくさんのお金が必要となります。そういったことを考えると経済的な安定に関しても大切な要素となってくるわけです。

美容関係

美容関係の男性は女性にモテますが、結婚相手となると難しいのではないかと思う女性も少なくないようです。

やはり女の人を相手に仕事をしていることで、理想が高くて細かい点まで見ていたり、次から次へと女性遊びをして浮気しそうなイメージがあるからです。
家に帰ってきても、女性の身なりの気になる点をダメだししたり、着ている服やメイクに対して文句を言ってきたりしそうというイメージがあるようです。
また、勤務時間も長く休みも不定休なため、一緒の時間を過ごすのも難しいかもしれません。

また職場もどうしても個人商店に雇ってもらうことになるため、収入面でもサラリーマンと比較されどうしても低く不安定な評価を受けることが多いようです。
結婚を考える上で女性にとって収入面は非常に重要な条件の一つなので、美容業界の男性にとってはデメリットといえるのではないでしょうか。

バンドマン

彼氏として付き合う相手であるならば、バンドマンはかっこいいです。もちろん同性に対して自慢もできますが、結婚する相手としてその職業が相応しいかどうかは疑問が多くあります。
バンドマンは職業柄モテますし、女性と出会うチャンスも比較的多くあります。この様な男性と結婚したとしても浮気する心配が常につきまとって、安心した生活が出来るかが不安になります。結婚生活には心の安らぎが求められる筈です。

また、バンドマンの収入はとても不安定ですしこの先もずっと続くかどうかについては未知の世界です。場合によってはバンドが解散する可能性だってあるのです。これまでバンドマンとして収入を得ていた人が、他の職業に転職したところでそこから平均的な給与をもらえる可能性は高くありませんね。

そもそもバンドマン自体世の中に沢山いすぎて、その中でも収入を得て生活が出来ている人たちなんて一部の人たちであって、たとえ売れていたとしても人気や収入を持続しながら生活を営んでいけるだけの保証がないのです。現状維持が難しいため、かっこよくて憧れの職業であっても結婚相手としては不安になるようです。

まとめ

結婚したい職業は男女とも差がでるのは当然のことですよね。女性も男性も結婚するのであれば理想の職業についている人と結ばれたいと考えています。

自分の理想にあった人を見つけて幸せな結婚生活をおくれるようにしましょう。

関連記事