結婚

あなたの彼氏はいくつあてはまる?行動で分かる結婚したい男性心理

男性が結婚を考えるときの心理や行動とは?

自分の友人に紹介するようになる

男性が親に会わせてくれるようになったり、会社や仲間との集まりに付き合っている相手を連れて行くようになった時、男性はその女性を結婚相手として考え始めていると思っても間違いないでしょす。
逆に言うと、男性が家族や友達に女性を彼女として紹介してくれない間は、結婚をまだ考えていない証拠です。
家族や友達に会わせることで、周りから冷やかされてしかも「結婚するの?」などと結婚の話をにおわされたらたまったものではありません。
その答えをすんなり「YES」と答えられるようになった時、男性は女性を周りに紹介するようになるのです。

まだ結婚を考えていない時に、彼女の前で「NO」という喧嘩の火種をつくることは出来るだけ避けたいのです。
結婚の話題を振られても前向きに答えられるのは男性が結婚に対しての決意の表れなのです。
男子の周りのたくさんの人に躊躇なく紹介されるようになり始めたら、結婚までの道のりはすぐそこかもしれません。

将来の話をするようになる

男性が本気で結婚を考えてくれている時は、将来どんな家に住みたい、子どもが何人欲しいなど、将来の話が自然とでてきたりします。
しかし、彼が結婚を考えていない時は、そういった話題はどうしても避けてしまいがちです。彼女からしたらモヤモヤした日々ですよね。
男性にとって将来の話を相手にするということは、ある程度相手との将来が見えていて、相手と一緒にいることを想像して話しているのではないでしょうか。

男性にとっても結婚は一大イベントです。しっかり家族を養うという強い気持ちが芽生えることが大切です。その決心がつけば自然と結婚の話が出てくるのではないでしょうか。

二人の共有を増やしたくなる

女性に比べて、男性は結婚を意識するまでにだいぶ時間がかかるようです。
付き合い始めたらすぐに未来を想像して夢見るのが女性に対し、男性は目の前の幸せを楽しむものの「家庭を持つ」ことは大きなハードルであるためか、すぐには想像できないものです。
そんな彼にこんな変化が見られたら、結婚が近いかもしれません。何かと考える上で、その考えの中にあなたが隣にいるということです。

しっかりした男性ならば、「二人のためにお金を貯金しよう」と提案してくることもあるかもしれません。将来の為に○○しておこう、という言葉は男性が将来を考えて、相手と共有するものを今のうちに作っておきたいと思う心理なのです。
結婚生活が始まったら、本格的に生活のすべてを2人でもらうお給料で生活することになります。
現実的な行動を起こし始めた彼はその結婚生活も想像できているのではないでしょうか。

子供の話をするようになる

結婚した場合に、女性と同じく男性であっても自分の子どもの顔を見たいと願う人は多いようです。
結婚の意思が強い男性の場合、子どもを授かった場合にどんな名付けをするか、どんな風に教育をしたいか、子育てについてどんな関わり方をしていきたいか、など具体的なビジョンをもって語ることが多くなります。

そんな男性は、なぜ具体的に語ることができるのでしょうか。それは裏を返せば、それだけ結婚した後のことまで深く考えていることの証でもあり、将来頼もしいパートナーとなったくれることでしょう。
単なる子ども好きな男性とは異なり、子育てにおいても女性に対して協力的であると考えられます。
男性の口から子どもの事についてどんな会話が出てくるか、話が出てくればそれは相手と結婚を考えている証拠かもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい女性へ。男性に結婚したいと思わせる12のポイントと4つの行動

結婚したいと思わない女性に対する行動とは?

付き合う前から結婚を考えていない

付き合っている相手にもしも最初からただの遊びだったり、女性もそれを認識して軽い付き合いに留めておきましょう。軽い気持ちで付き合っている男性も中にはいます。
相思相愛で付き合っているけれど、男性が結婚したいと思っていないカップルは少し危険かもしれません。

お互いに結婚願望がなくて割り切っているなら話は別ですが、女性だけが結婚への思いが強い場合は将来が見えずらいと言えます。
交際した時に自分をいかに大事にしてくれているか、そして一生を共に過ごせる相手なのか確認するのがベストです。

女性に対して扱いが雑になっている

付き合っているのに、女性として見られなかったり、雑に扱われてしまうのも男性にとって結婚を考えていない場合があります。
デートの際に彼女に寄り添って歩くことができなかったり、自分中心でとんでもない時間に呼び出したり、自分の要求が通らないと子どものように怒り狂ったりなど、女性の気持ちに非常に鈍感で雑な扱いになっているのが特徴です。

遅かれ早かれ、こういった男性は最終的に女性に暴力をふるうような場面も見られるようになるかもしれません。
お付き合いをする男性は、しっかりと自分の目で冷静に見つめて判断しましょう。自分で判断するのが難しい場合は、親しい友人などにチェックしてもらいましょう。

女性に対して安心感がないと思っている

結婚相手には、外で仕事やお付き合いなどで疲れたからだと気持ちを休める「癒し」や「安心感」を求めています。
恋愛相手には外見の好みやスタイル、楽しさなど第一印象を一番に考えていましたが、それでは日常生活で癒されないとわかっているのです。
自分が帰る家に求めることは、明るく温かい家庭とおいしい料理、居心地の良さなのです。男性にとって結婚は人生の大きな選択で、その選択は「家族を背負う」決意を意味します。今まで自分のためにやっていたことがすべて家族のために注がれることになるのです。

もちろん男性にだって楽しみは必要で、自分の時間も必要です。
その楽しみを家族と過ごすことにできるのは、家族が男性が好きに過ごせる時間を作ってあげることにより、お互いがお互いのことを尊重し、共有できる時間を大切に出来るのではないでしょうか。

男性が帰ってきたくなる家庭は、束縛が強すぎず、サバサバしすぎず、放任すぎず彼を待っている家族を作れる女性です。
程よい環境作りは意外に難しくないのかもしれません。
日ごろの付き合いで、女性に対して安心感がないと思われているようであれば結婚に進むのは難しいかもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
結婚できる人となにが違うの?結婚したいけどできない女性の特徴

男性が結婚したいと思う女性の特徴は?

家事や身の回りの世話をしてくれる女性

どんな時も優しく面倒を見てくれ、自分の身の回りの世話をしてくれた母親の面影を、男性は女性に無意識に求めてしまう傾向があります。

料理、掃除、洗濯を任せ、自分の身の回りを世話してほしいと期待しているので、女性の家事能力について、母親を基準にして判断する男性も少なくありません。
男性が自分で起きてれなかったり、洋服や靴下を脱ぎっぱなしにしてしまうことも、自分の母親像に重ね、女性にお世話してもらいたいという甘えからくるものなのです。
甘えているんだな、と優しい心で接してあげられるようになりましょう。そうすれば、男性は安心して女性に全てを預けたいと思うでしょう。

家庭的な女性

男性が思い描く理想の結婚相手像として、子供が好きで家庭的な女性、おいしい料理を作ってくれる女性という条件をあげる男性が昔から多いです。
結婚生活を送る上で、愛を育み2人で協力して子供を育てていくとなれば、子供が好き家庭的な女性というのは条件から外せないでしょう。子供や動物などへの接し方や話し方が優しく思いやりがある姿なら、この女性となら幸せな家庭が築けると思う男性も多いはずです。

子供好きでさらに、おいしい手料理を作ってくれる女性となれば結婚相手としは最高です。毎日おいしい夕飯を作って、奥さんが待っていると思えば仕事を頑張って早く帰りたいと思うでしょう。幸せな結婚生活とは、小さい幸せが積み重なって築いていくものかもしれません。暖かくおいしいご飯のある食卓は、幸せな結婚生活の象徴なのだと考える男性も多い為、おいしい料理を作ってくれる女性という条件があげる男性が多いのはこういった理由からでしょう。

価値観が合う女性

結婚を考えている相手の価値観を知ることは、結婚生活を円満に過ごす上で大切なことです。
生まれ育った家庭の環境はそれぞれ違う為まったく同じ価値観というのは中々難しいかもしれません。
しかし、結婚してからお互いの価値観の違いで、夫婦喧嘩の絶えない家庭にしてしまっては離婚を考えることになるかもしれません。

人生において何を大切にするかを知るのにお互いの時間やお金の価値観が合う人と男性は結婚したいと思うのです。
夫婦で生活をしていれば、育児の問題、家族の付き合い、職場の人間関係、近所付き合いなど夫婦以外の問題にも対応していかなければなりません。
もしお互いの価値観が一致していれば、もしくは相手の価値観を知っていれば、間違いのない対応ができるはずです。

自分の両親と仲良くしてくれる女性

結婚は今まで二人で盛り上がっていた恋愛からのつながりとは思えないほど、お互いの家族との関わりが増えて相手だけではなく相手の家族も大切にしていかないといけないのです。
ふたを開けてみると意外に女性より男性の方が自分の家族を大切にしてほしいと思う気持ちが強いことがあります。
なので男性側の両親と仲良くやってくれる女性を好む傾向にあります。小さい頃から男の子はお母さんが大好きで大人になってからこそ突っぱねているところもありますが、「長男が家を守る」父親の姿やあり方を見て育った男性は自分を同じように家族を背負うことを心のどこかでわかっているのです。

今は昔と違って、親との同居が伴うことも少なくなりましたが、女性にとっては結婚することで相手の家族を背負う感覚が薄まっているかもしれません。
親の介護や長男で引き継ぐべきものを持っている家に生まれた男性は、なおさらそのことを意識した結婚相手を選ぶことになるでしょう。
女性にとってみれば、お手伝いさんを無料で雇う感覚なのかと不満を持つ結婚相手の選び方かと感じるかもしれませんが、振り返ってみれば昔から女性は結婚相手を選ぶ時に高学歴・高収入・高身長の男性を理想としており、どちらもお互い様なのではないでしょうか。

金銭感覚がしっかりしている女性

男女のトラブルに多いのが金銭の問題もありますよね。
独身時代の頃と比べて、結婚するとお互いに相手のペースに合わせていったり、お金を共有することがほとんどです。
独身の頃はブランドの化粧品などを使っていたり、男性であれば趣味にお金を費やしていたりしていたかもしれませんが、子どもの将来を考えて、ワンランク下のものを使ったりと、これまでのライフスタイルでは考えられなかったような努力をしなければなりません。

浪費の激しい女性を奥さんにしたいと願う男性は、おそらくあまりいないと思います。いかにどうやって家計の経済をやりくりしていけるかが結婚にとって、とても大切になってきます。男性が管理しなくても相手がしっかりとお金の管理ができる人を結婚相手として選ぶケースも多いようです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
男性が本気で思う結婚したい女の16の特徴

まとめ

お付き合いしている人に紹介した結婚したい男性心理がいくつか当てはまっていたら相手は結婚したいと思っているかもしれません。この子と結婚したくないなと思われないように女性側の努力も必要かもしれません。

関連記事