結婚

あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

女性の結婚年齢の理想と現実とは?

女性の結婚したい理想の年齢は?

晩婚化が進んでいると話題になっていますが、一般的に理想の結婚年齢は、20代後半だと言われています。

全体的に婚期が遅れている中で結婚しない人が増加している状況にありますが、理想の結婚年齢とはあまり変わらず20代のうちに結婚を考えている女性は多いようです。

体力的にも精神的にも20代のうちのほうが良いと考える女性は少なくありません。29歳までに出産を経験しておきたい人が女性では多いのかもしれません。

また、別のケースでは結婚が遅れているということは、中々良い相手に巡り合えないということが考えられるかもしれません。これらを踏まえると、「結婚しない」のではなくて、「結婚ができない」という人が多いのではないかと考えられます。結婚は早くしたいと言う人は多いが、現実的には厳しいことが見て取れます。

女性の平均の結婚年齢は?

近年の女性の平均の初婚年齢は29.4歳と年々女性の初婚年齢は増えていっているのが現状です。

女性の社会進出が増えてきている事で、キャリアウーマンやある程度の地位に就いていて仕事を辞めれない人も増えているようです。このため、女性が結婚と仕事を考えた時に仕事を優先してしまう人が多いために結婚が送れてしまうのです。

しかし、実際には仕事を一生懸命するあまりに結婚相手が見つからない人が多くいます。他には好きな相手がいる人でも、結婚をする事に踏み切る事が出来ずにやや遅れてしまうなんてケースもあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい女性へ。男性に結婚したいと思わせる12のポイントと4つの行動

結婚相手にしたい男性の年齢は?


結婚相手と自分の年齢差はおよそ3歳差以内が一般女性の理想のようです。昔から男性の精神年齢は女性の年齢より3つ下といわれていたりしますよね。

女性の理想結婚年齢は28歳です。
つまり単純計算だと、31歳の男性がちょうどよいというわけになります。30代の男性に魅力を感じるようです。

また同じ同世代の男性も結婚相手にしたい年齢という意見も少なくありません。

やはり、20代後半から30代の人のほうが、仕事もある程度できるようになって収入も安定しているので、女性からすると経済的にも安心できる年代となって結婚相手にしたい年齢になるのかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性が本気で思う結婚したい女の16の特徴

男性の結婚年齢の理想と現実とは?

男性の結婚したい理想の年齢は?

男性の場合、結婚したい年齢を尋ねられると多くの人が30歳くらいで結婚したいと答えるようです。
実際に、30歳になった男性が考えている結婚したい年齢も、若いころと変わりがないようです。それらの年代になっても、結婚するなら30歳くらいが良いと考えているのが一般的という訳です。

これらのことから、男性の場合は希望する結婚年齢にずっと変わりが見られないということがわかります。男性の場合は仕事にも慣れ、経済的にも収入が安定してきた段階で次の人生のステップである結婚についても考え始めます。

その時期がたいていの場合30歳前後というわけです。男性は30歳くらいから仕事や経済面が安定するため、気持ちの点でもゆとりを持つことができるようになり、もっと私生活を充実させたいと考える人が多いのかもしれません。そのため、若くても、今まさに30歳前後でも思い描く人生設計は変わることなく、30代前半くらいまでには結婚したいという場合が多いようです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
独身男性の結婚に対する本音は?求める恋愛や出会いの実情も解説

男性の平均の結婚年齢は?

男性も女性も平均初婚年齢は、年々増加する傾向にあります。男性は31.1歳と昔と比べても平均年齢はほぼ同じくらいといってもいいでしょう。

男性はある程度、年をとったとしてもそれほど結婚に大きな影響は見られません。むしろ若く勢いのある20代の時よりも、30代のほうが落ち着いていて男らしい一面が見れて、男性の魅力を発揮できる年頃ともいえます。

実際に歳の差婚などでも、男性が30代、女性が20代のカップルも多くいます。
女性からすると落ち着いた男性に魅力を感じ惹かれるのかもしれません。

結婚相手にしたい女性の年齢は?

男性は、30歳くらいになると少しずつ結婚願望が出てくるようです。

そして、男性は自分よりも3歳程年下の女性と結婚したいと思う人が多いため、男性が30歳で結婚したい場合、男性が結婚したいと思う女性の理想の年齢は、27歳になります。

また、自分より年下の女性であれば、若くおしゃれやケアにこだわっている人が多いのではないかと考えるようです。

自分の相手にはいつまでも綺麗でいてほしいですよね。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚できる人となにが違うの?結婚したいけどできない女性の特徴

若い年齢の結婚のメリット・デメリットは?

若い年齢の結婚のメリット

若いうちでの結婚は出産までに余裕もあり、しばらくは夫婦2人だけの時間を楽しむことができます。旅行など2人の思い出をある程度作ってから、落ち着いて妊娠、出産に望めます。
また妊娠、出産、子育てとなれば、どれも体力、気力が必要になりますよね。若い年齢のほうが体力的には余力があるのでそういった意味では早い結婚がメリットといえます。
早く子供を産めば比較的若い年齢で子育てが出来たり、体が若ければ若い程親の体への負担も小さくて済むので体力的には楽になります。その分子育てに余裕も生まれますよね。

特に子供が小さいうちは夜泣きもするし、親はその度に起きて面倒を見なければなりません。体力と精神面に於いては結構なストレスになってしまいます。
また、子供を早く産めば若いお母さんでいられることは事実ですし、それが子供にとってみれば自慢でもあり、自分自身も優越感に浸る事が出来て幸せを感じられるかもしれません。

若い年齢の結婚のデメリット

結婚してすぐに子供を産む場合、早くに子育てを始めたことで、その分とても若いうちから子育てが終わり自由な時間を持てるようになります。

ただ、仕事を始めようにも結婚前の仕事経験がなくて社会復帰が少し難しいところがデメリットかもしれません。

若くして結婚をすることは、結婚したいと思う相手に早々に出会えしかも相思相愛で恋愛結婚をしたことになります。

ただ、周りの友達が独り身を堪能しているうちから家計だの子育てだの経験することになります。結婚していない友達も多いことで、友達とも疎遠になりがちになってしまいます。

また夫婦同士お互いが若いがゆえに、喧嘩も多いかもしれません。いろいろ自分たちで決めることが多くて決断に困ることも。何か困ったら両親などに相談して第三者の声を頼ってみるのもいいかもしれません。

晩婚の結婚のメリット・デメリットは?

遅い年齢の結婚のメリット

結婚生活に縛られずに、「若いうちに自由に好きなことができる」ということがあります。家族生活に縛られずに、若く体力もある時期に、好きなことをして自由に生きることを満喫してから、その後に結婚をして新たな人生を歩んでいくことができるのです。
仕事も遊びも十分にして、落ちついた時期に結婚を選択することは、適齢期もあって両親の反対などの問題も生じにくいというメリットもあります。

また、経済的にも仕事を十分に重ねている時期なので、比較的安定しているというメリットもあります。
また、早くに結婚することに比べて晩婚には社会復帰がしやすいというメリットがあるのです。
これは、年齢を若くして結婚した場合、会社を辞めて、育児が落ちついてから再度仕事に復帰したいと思っていても、難しいのが現状にあります。
特に、パートでなく正社員で再就職となると、雇用してくれる企業は少ないかもしてれません。それに比べて晩婚の結婚になれば、ある程度の地位にのぼり詰めていれば、出産後もすぐに社会復帰できるのです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュに戸惑い。ラッシュに乗れる人の特徴とは?

遅い年齢の結婚のデメリット

結婚して夫婦水入らずの時間もほしいけど、「年齢的にも早く子供を産まなくてはいけない」、と義務のように考えてしまうことがあるようです。

また体力面の問題があります。人間だれしも、年齢を重ねるごとに確実に体力は低下していきます。体力面から考えると、若い年齢での結婚はメリットが多いといえるでしょう。

晩婚の場合、結婚した後に訪れる出産や育児が体力的にきつかったり、疲弊してしまったということが多々あるのです。
そして自分が年齢を重ねるということは、自分の両親も年を重ねるということです。高齢の両親に孫の世話を頼むことに申し訳なさを感じてしまうのです。
そういった年齢に伴う自分自身の体力の低下と周囲への配慮から遅い年齢での結婚を避ける場合があります。

結婚を意識するポイントはどんなとき?

転勤や異動のタイミング

自分自身の生活環境の変化や、付き合っている異性の生活環境の変化に伴って、結婚を決意するということがあります。

例えば、付き合ってしばらくして男性が転勤になり、その際に結婚を申し込まれたというケースは多くあります。
交際期間中に結婚の話をしていなくても、転勤という環境の変化を機に一気に結婚まで進展することもあるのです。

交際期間に結婚の「ケ」の字も話にでていなくても、引っ越しをして遠距離恋愛になるよりも、結婚する年頃になれば、結婚して一緒に上京するということを選択する人もいるのです。
このように転勤や引っ越しのタイミング、いわば人生の転機で、男性も女性も結婚を真剣に考える人が多いようです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたの彼氏はいくつあてはまる?行動で分かる結婚したい男性心理

付き合う前から結婚前提

結婚のタイミングは様々ですが、中々踏み込めずに付き合いだけは長い…というカップルも現代では少なくないですよね。ついつい焦ってしまい、結婚したらこうしたい!式はこんなところで挙げたい!、なんて一方的な感情を相手にぶつけてはいませんか?気持ちが一方通行では結婚の道も中々開きません。

そんな人は付き合う前から結婚前提でお付き合いしたいと断言してもいいかもしれません。そうすれば相手も結婚前提に付き合うのか確認もできるので、結婚に進みやすいでしょう。
また付き合っていく中で、付き合っている頃から将来はこんなお家に住みたいね、おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いで歩きたいね、など、この先も二人で生活をしてるということが連想される会話を普段からしていると上手く結婚のタイミングに繋がりやすいです。普段のおしゃべりの中で、相手も自然と「将来結婚したらこんな感じなのかな?」と、あなたとの将来を自然と思い描けるようになります。

片方が結婚に対してイメージが沸かなかったり、臆病になってしまっている様ではいつまでも結婚のタイミングは現れません。普段からの会話で二人の将来を連想させる、楽しい会話をしていきましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
初めての彼氏とはこう付き合う!上手に付き合えば結婚もあり

家族への紹介

結婚に至るには、周りの家族や友人など外堀から固めると相手も結婚しなければいけないと思うようになります。

多くの場合、親へのあいさつや紹介をきっかけに、結婚を真剣に意識するようになる人が多いようです。家族との距離が縮まった機会を逃さないことが実際に結婚に至る道のようです。

女性側も男性から親に紹介するという話題がでれば、結婚を意識していなくても結婚の文字を意識するようになります。
周りに紹介するということは、これから家族になるだろう候補の人しか挨拶などはあまりしないですよね。
家族の紹介がきっかけで結婚に至るケースは多くありそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性の恋愛心理とは?行動や会話から分かる心理をご紹介!

はじめに結婚する期限をきめておいた

結婚したい気持ちがあるなら、お付き合いをいつまでもダラダラと続けていても意味がありません。今の時点で、さりげなく自分の中での理想の結婚年齢を決めておくことが大切です。そして、それを相手にもさりげなく伝えることが大切です。

付き合う前や付き合いたての場合、自分の結婚したい年齢や出産したい年齢など、さりげなく結婚に関係する話題を口に出すことで、結婚を考える機会になることがあるようです。

相手がいまいち煮え切らない時や、優柔不断で結婚に踏み出せずにいる場合には、結婚願望がない人とは中々結婚にはいたりません。であれば、別れようと思うなどとはっきりと話すことが効果的である場合もあるかもしれません。

ただし、このようなはっきりとした内容の場合は単刀直入に伝えても逆効果の場合もあるので注意が必要です。どちらの場合にしても、自分の中での付き合いの期限をきちんと決めて、前もってそれをさりげなく伝えておきましょう。そうすることで、相手も結婚について意識して考え、結婚に踏み出しやすくなるかもしれません。

まとめ

結婚したい理想の年齢と現実ではあまり男女ともに変動はないようです。
早い結婚でも遅い結婚でも結婚することは誰でも憧れることです。大切な人と結婚できることは今後の人生を幸せに過ごせる道に違いありません。

関連記事