結婚

結婚できる人となにが違うの?結婚したいけどできない女性の特徴

結婚したいけどできない女性の10の特徴

結婚相手の理想や結婚条件が高い

本来結婚で一番重要なのは、自分と相手の相性や相手の人間性です。
人は結婚により多くのものを得られるよう相手や結婚の条件にこだわりすぎてしまう傾向があります。結婚相手の条件としてよく挙げられるものは、高年収や高学歴、顔だちの良いイケメンやスタイルの良い人、身長が高い人など挙げたらキリがありませんね。
また、結婚の条件としてよく挙げられるのが、親と同居しない、大家族でない家などです。
結婚して生活を維持し、家庭を守っていくために多くの条件を希望したくなるのは分かりますが、条件を多く出せば出すほど対象となる相手の数は減り結婚できるチャンスは少なくなってしまいます。
自分が望む結婚相手や結婚の条件を一度箇条書きにしてみると、自分が思っていた以上に相手に条件が多くなっていることに気が付きます。
条件にこだわりすぎて、自分に合った相手を見逃したり、高収入や高学歴などに惑わされて相手の人間性が見えなくなってしまわないように気を付けなければいけません。

結婚したいけど自ら行動していない

結婚できない原因を自分人身に言い訳していませんか。
仕事が忙しくて出会う暇なんてない、異性と話をするのが面倒、相手から声がかかるのを待っている、など1つでも思い当たる人は要注意。
例えあなたがどんなに美人でも、イケメンでも、あるいは高学歴、高収入でも、運命の人と積極的に出会わなければ結婚できる可能性が低くなってしまいます。
ただ待っているだけの受身では、運命の人と出会う数々のチャンスを逃してしまいます。結婚相手との出会いのチャンスは、自分でつかむものなのです。

おとなしい性格の人は、心優しい一面がある一方でシャイでなかなか自分から行動を起こすのが苦手です。
しかし、素敵な相手と出会いたければ、思い切って積極的に行動しましょう。その後の人生が大きく変わるチャンスかもしれません。
直接声をかける、デートに誘うのが苦手なあなたでも、今はメールやLINEなど、コミュニケーションを取るツールはたくさんあります。メールを使って異性をデートに誘ってみるなど異性と出会える場所へ積極的に出かけましょう。
一度のチャレンジでダメだったとしても、決して落ち込まず、気持ちを切り替えて、次のチャンスに望みを持ちましょう。
出会いはあなたが積極席に行動する限り、星の数ほどたくさんあります。そうして、気づいたころには、素敵な異性とのおつきあいが始まっているかも知れません。

結婚したいけどそれ以上に仕事が楽しい

結婚できない人の特徴の一つに、仕事などで地位を築いている人というのがあります。
確固たる地位を築いている人にとって、結婚が自分の人生にとってプラスになるとは考えない場合があるからです。
地位がある人は、パーティーや合コンなどでちやほやされたり尊敬されたりしますが、結婚することによって自分が築いた地位が危うくなったり、自分自身の生活が拘束されると考えてしまうと、結婚という選択を選ばなくなりますよね。
そのため確固たる地位を築いている人との結婚を望むのならば、その人と同じ土俵に立ち同等の価値観や取り組みが出来るように、きちんとした定職を持ち自分のスキルをあげる事が必要となります。
また、確固たる地位を築いている人は、結婚と仕事を天秤にかけてしまうと、幸せになれる相手との出会いを逃してしまうことがあります。結婚がマイナスになるというイメージを持たずに、素直な気持ちで出会いを楽しみましょう。
結婚することで、相手から刺激を受けて仕事に励みが出たり、相手を幸せにしたいという思いで仕事がさらに飛躍する場合も珍しくはないですよ。

友達が結婚していないのでどこか安心・余裕がある

結婚出来ない可能性が高くなる理由として周りの環境が影響する場合があります。
人の心の大部分は、周りの環境によって決められるためです。パートナーのいない友達同士で、常に休日は同じメンバーで集まったり、お互いを褒めあい、いつでも結婚できると話していたりすると、将来の不安もなくなり、結婚しなくてもいいかな、いつか結婚できるだろうという気持ちになってしまいがちです。
同じ職場に、結婚にそれほど焦っていない同年代の女性や、独身の先輩が多い場合も、自分だけが焦って結婚する必要性を感じなくなります。
そう言った意味では、地方より東京に住む人の方が、独身生活を楽しんでいたり、多くの独身女性が仕事をしている為、焦って結婚を考えている人が少なく、その環境の中にいると、あなた自身も同様に結婚に対して焦る気持ちがなくなる為、結婚出来なくなる可能性が高まると言えるでしょう。

結婚に対して慎重になりすぎている

結婚をしたいのにできない人の中には、結婚への願望は強いのに、なかなか結婚に踏み切れない慎重な人もいます。
学生時代は勤勉で真面目、職場での仕事にも一生懸命に取り組む、飲み会などでもはめをはずしたりしないなど、真面目な人が多いかもしれません。
また、恋愛にも真面目で、結婚をする前に妊娠するなど軽はずみな行動はとらないタイプではないでしょうか。
注意深く相手のことを見極めて結婚について考えることは悪いことではありません。ただ、過ぎたるは猶及ばざるが如しとあるように、慎重すぎて結婚できない場合もあります。相手のことについて考えている間に、相手が他の人を好きになってしまったり、別の人から告白されたりすることだって考えられます。ある程度、意中の相手との結婚について考えたら、最終的にはあなたが決断するよりほかに道はありません。好機はそう何度となく訪れるものではありません。最後は、あなたの直感を信じましょう。

結婚したいけど経済的に困っていない

今までの人生でお金に苦労せずに、生活出来ていると結婚したいと強く思わない人も多いようです。
実家が裕福であったり、自分でもたくさん貯金をしていれば将来の経済的な不安はなく、生活には困りません。
結婚すると自由になるお金が少なくなったり、貯金も減ってしまうのではないかと、結婚に対してマイナスイメージになりがちです。
しかし、今の生活がずっと続くとは限りません。
突然仕事が上手くいかなくなったり、部署移動でつまらない仕事に就くことになり仕事を辞めてしまうこともあるかもしれません。
その時もしも結婚していなければ、これからの人生1人寂しい人生を行うことになるかもしれません。精神的な支えがあることは誰にとってもとても大切なことです。
そんな風になったとき結婚していた方がいいと思うことがあるかもしれないです。

結婚していない現状に満足している

今現状の生活で満足している人も結婚をしたいけどできない人の特徴といえるでしょう。
仕事も上手くいっていて、やりがいを持っている、経済的にも余裕があり、プライベートも1人で充実した日を送っているなど現状に満足しているのであれば、もう少し現状維持を続けたいというの人なのかもしれません。
結婚のイメージは少し大変でめんどくさいと思っている人もいるのではないでしょうか・そんな大変で面倒なことから少しでも遠ざかり、今の生活を続けていたほうが正しいと思っても仕方ないのことですね。
相手を見つける難しさはもちろん、相手の両親への挨拶から始まりその後の生活のための引っ越しや手続きなど。結婚式や新婚旅行でケンカするカップルは多いですよね。それでも、もしもあなたがいつかは結婚したいと思っているのなら、その結婚にあたっての大変さを面倒くさいと捉えず、新しい景色をみるためのステップと考えてみてはどうでしょうか。

そうすればきっとこれからの大変で面倒くさいことを苦痛と感じずに大変だけど楽しいことだと思えるようになるかもしれません。

結婚したいのかわからなくなっている

結婚へ向けて活動をしている人の中には、「婚活はしているけど、果たして本当に結婚したいと思っているのだろうか?」と半信半疑になっている人もいるかもしれません。
しかし半信半疑のまま婚活をしていても、良い出会いがあった時、結婚に踏み切れずおそらく婚期を逃してしまうのではないでしょうか。
仕事や資格の取得、スポーツ競技など、どんなことにおいても、行動を始める前に不安を感じている人がその目的を達成することはできません。
どんなことがあっても目の前の現実を避けて通ることはできません。自分の人生をしっかりと全うしていくためにも、しっかりとした決断をすることが結婚には大切なのです。一点の曇りもなく、目の前の目標を成し遂げたいと願っている人が本当にその目的を果たすことができるのかもしれません。

結婚したいけど家庭に入って家事をするのが嫌

女性の場合、結婚となると家庭に入り、家事は全てやらなくてはいけないと思っている人も多いのではないではないでしょうか。自分も働きたいのに、家事は女性任せになってしまうと不満もでてきますよね。その考えから結婚したいけどしたくないなと思ってしまうようです。
これからの時代、男女関係なく、基本的な家事がお互いできることが必要になります。
特に男性は、結婚したら家事は妻がやるから自分に家事のスキルは必要ないと考えている人もいるかもしれません。しかし多くの女性は、結婚したら家事は二人で分担してやるものだと考えています。
特に、一人暮らしをしていた男性なら基本的な家事はできるだろう・・・と女性は思っているので、「家事は女性がやるもの」という考えより「家事はお互い分担してやるもの」を主張していきたいですよね。
男性の中でも家事に協力的な人はたくさんいるので、結婚相手は家事や家のことに協力して生活できる人を選ぶことをおススメします。

結婚したいけど自分に自信がない

自分に自信がない女性は常に受身になってしまい、出会いの段階から自らチャンスを逃してるケースが多いかもしれません。
恋愛経験が少なく、自分に自信が持てず弱気で恋愛に対してとっても臆病になってしまいます。本当は挨拶や会話がしたいのに、挨拶されても次の言葉が出てこなくて、結局スルーしてしまったり、もちろん自分から話しかけたりボディタッチしたりするのも苦手です。
自分なんて・・・とネガティブになってしまい、結婚する前に相手を見つけるところから難しくなってしまいます。それでは結婚したくても遠ざかる一方です。いきなりボディタッチをしたりするのは難しいかもしれませんが、気になる相手に話しかけてみたり、共通の話題を見つけたり、自分自身自信がない分、受身になってしまわずチャンスをつかめるように自ら行動してみましょう。

結婚したいけどできない女性が心構えておくポイント

結婚したければ積極的に動くこと

頭の中の結婚生活を妄想していても、いつまでたってもあなたは結婚できないかもしれません。
結婚相手がいない人に必要なのは行動を起こすことです。あなたに合った出会いの場を見つけて、自分から積極的にアタックするのがとても大切です。
あなたが自らチャンスを掴みにいかなければ、チャンスが向こうからやってくることはありません。素敵な人に出会って、家族や友達から祝福されながら結婚式を挙げて、温かい家庭を築くことは誰しもが夢見ることかもしれません。しかし、素敵な人に偶然出会い、そしてその人と結婚できる可能性は、一体どれくらいの確率なんでしょうか。
もしも、本気で結婚したいのでしたら、まずはあなたに合った出会いの場を探して自ら飛び込んでみてください。きっとそんなに難しいことではなく、やってみたら案外簡単なことかもしれません。そして、出会いの場はどんどん増えて、あなたが夢見た結婚が現実のものになるかもしれませんよ。

結婚相手の見つけ方や出会い方にはこだわらないこと

出会いたいけど、出会う場を選んでしまう人も多いですよね。
しかし、合コンで知り合った、街コンや婚活パーティー、お見合いで出会ったなんて友達に言うのが恥ずかしい・・・など出会い方にこだわってしまい、プライドが邪魔をしてるしまうのです。
そんなプライドを捨てて、ゴールインした人達は出会いの形がどうであれ幸せな家庭を築いているのが多数なのです。
最近よく見かける「街コン」など、たくさんの出会いの場所へ足を運ぶことが第一歩ではないでしょうか。
出会いのきっかけなんて、なんでもいいのです。その人と結婚をする時に、披露宴で「街コンで知り合った」や、「合コンで」なんて言葉は出ないのです。すべてが、「運命的な出会い」になるのですから。
出会いがない、ただ待ってるだけ、ぼやくだけ。それでは何も始まりません。
どんどん色々な世界へ出てみましょう。きっとすぐ近くに出会いが転がっているはずですよ。

結婚相手の理想をリストアップしてみること

結婚願望を強く抱いている人の中には、具体的な人物像を明確に描いている人は意外と少ないかもしれません。
そこで思い切ってあなたが結婚相手に求めることをできるだけリストアップみましょう。性格や年齢、身長、容姿、年収、職業など、思いつく限りのことを書き出してみてください。しかし、すべてを満たす男性はおそらく見当たらないと思います。
どちらかと言えば、この世に存在などしていないかもしれません。そのような場合は、書き出したリストを見直して、あなたにとって本当に必要な要素を3つに絞り、他の部分はすべて線で消していきましょう。
すると、あなたの身の回りの男性に思い当たる人がいるかもしれません。自分の理想の結婚相手を明確にしていくことができます。相手に求めると同時に、自分自身を顧みることも忘れないようにしましょう。結婚相手は追いながら、同時に自分自身を磨いていくものです。

結婚したい時期をある程度決めておくこと

何事にも新しい事を始めようと思った時に家族や友人といった周りの人に宣言をしてから始めると期限を決められ、自分自身タイムリミットを明確に出来ます。
これを恋愛や結婚に繋げてみてはいかがでしょうか?そのほうが自分を追い込み、その宣言したことに対して進みやすくなります。
周りの人もお膳立てをしてくれたりと協力してくれやすくなるかもしれません。自分1人では行くこともなかった出会いの場に一緒に行けるかもしれません。期限を決めることで、自分自身、宣言をクリアしようと積極的になるのです。
是非周りの友人や家族でも構いません。「○○までに結婚する」「○○までに恋人をつくる」など宣言してみてください。

まとめ

結婚したいと思うのはいつか誰しもが思うことです。できないと考え込まず、結婚できる自分を想像して、前向きに考えることが結婚できる近道かもしれませんよ。この機会に自分自身を見直し、結婚できる女性になれるよう努力してみましょう。

関連記事