結婚

結婚したい!幸せになれる結婚までの6つの近道

結婚したいけどできない、出会いがない・・・そう思う人の特徴とは?

出会いがないが口癖、出会いがないと思い込んでいる

世の中には男女の関係だけではなく、たくさんの出会いがあります。
でも、恋愛としての良い出会いを見つけるのはとても難しいことです。日頃からよく「出会いがないなー」と言っているあなた。出会いがないのではなく良い出会いを探そうとしていないだけではないですか?
出会いがあるのに良い出会いがないというのは、電池切れのスマホを手にして、使えないと言っているのと同じくらい無意味なことなのです。「出会いがないなー」が口癖になっている人たちはそのあとに返ってくる同情で安心感を得たいだけなのです。その安心感によって婚活というミッションから逃げているだけなのです。

「出会いがない」のではなく「良い出会いがない」と思い込んでいるだけなのです。その二つは同じもののように見えますが似て非なるものです。「出会いがない」と言われれば適当に男性を紹介するかもしれません。でも、「良い出会いがない」と言われればどんな男性がいいのか一歩踏み込んで聞くこともあるでしょう。すべてはこの違いにあります。婚活を頑張る前にまずは、無理のない範囲で、その思い込みやその口癖を見直してみませんか?

自分に自信がない

恋愛なんて自分には無縁だとネガティブに捉えている人も多いですよね。そんな風に心のどこかで思っていては何も始まりません。恋愛をすると、より一層前向きになれ、自分自身を磨こうと努力をするようになります。
女性は、男性から異性として見られるようになると、男性を意識して美意識も自然と上がっていきます。そうすると、女性は美しくなるための努力をすることに生きがいを感じ、人生が楽しくなってきます。もっと美しくなりたいという願望が生まれることで、さらに頑張ります。
恋愛をする→男性を意識する→美しく見せようとする→美意識が上がる→美しくなる自分が好きになる→より一層美を意識する、こういった良い循環が生まれるのです。

男性でももっとかっこよくなろうとして、ファッションに力を入れてみたり、髪形を変えてみたりあらゆる方法で相手に気に入ってもらおうと努力することで自分磨きができるのです。
男女問わず、出来ることからコツコツと美意識を高めていき、自分自身に自信をつけられるようにしましょう。

忙しくて恋愛をしている暇がないと思い込んでいる

仕事がうまくいけばいくほど、人は仕事にのめりこみ1日のほとんどを仕事に費やします。
そんな毎日に疲れながらも充実感があり、そして手を抜くことの怖さを知っています。走り続けないと今の居場所を失う気持ちでいるのです。
そうしている中で、気が付けば数年も恋人がいない状況に陥ってしまいます。
会社と家での往復で、出会いを見つける場所もないのです。
しかも、自分が仕事が出来て評価されているが上に、結婚相手に求める理想がどんどん高くなっているのです。
自分が尊敬できる相手を求めるがゆえに、どんどん選択肢が狭くなり結婚相手に出会う確率がさらに狭くなります。
将来結婚を希望しているのならば、自分の将来を大切にするために今から仕事との折り合いをつけましょう。

仕事はとても大切ですが、人生が仕事だけになって本当に良いのでしょうか。少しの時間を恋愛に切り替えることも人生の中でとても重要なことなのです。
視野を広げて、仕事だけで人を判断するのではなく、性格面であなたが尊敬できる部分がある人は世の中山ほどいます。

なぜ結婚したいと思うのか?

女性は仕事を辞めて家庭に入りたいと思っているから

女性は結婚したいと思う裏に、仕事を辞めて家庭に入りたいという願望があるのです。
恋愛感情よりも社会的な安定を重視して結婚を望む女性も世の中にはいます。こういう女性には、次の2つの傾向が見られます。まず、上昇志向が強く仕事で大成功を収めたかったのに、大きな失敗がもとで自信を喪失してしまった場合です。
次に、もともと仕事に生きがいを感じるようなことはなく、生活のため、生きていくために仕方なく働いていた場合です。

これらの女性にとって結婚は、就職先と同じような位置づけになってしまいがちです。
仕事そのものに価値を置く女性もいますが、家庭の中で妻として家族をサポートするために、一生懸命になるのも悪くはありません。職場から家庭へと活躍のフィールドが移り変わったに過ぎず、内助の功で家庭を切り盛りしていくことを生きがいと思って結婚したいと思う人も今の世の中たくさんいるのではないでしょうか。

女性は子供を20代~30代前半で産みたいと思っているから

多くの女性が結婚を気にするようになるのは、出産年齢について考えるようになるからです。
高齢になればリスクも高くなりますし、不妊治療を始めなければならないかもしれません。できれば、20代から30代前半までには出産をしたいと思っている人が多いのです。
また、子どもを育てるには体力もそうですが、精神的に疲れてしまう場合もあります。気力でなんとか乗り切れることもあり、若いうちに経験していたほうがストレスも軽減できるかもしれません。また、2人目、3人目も出産したいと考えていれば、なおさら若いうちに出産をしたいと思うのは当然のことですよね。
ある年齢に達すれば、周りに出産を経験した友達や子育て中の親友が増えてくるので周りにアドバイスができるようになるかもしれません。

女性は経済的に安定したいと思っているから

女性の社会進出が謳われる中、現在の女性10人のうち3人は、結婚することが叶わず、契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員のような非正規社員だと言われています。派遣切りなんて言葉がはびこる世の中、いつ契約が切れるか、切られたらどうしようかといつも不安と戦っています。
正社員として働く女性も異常な忙しさから今の仕事を続けていくことに不安を感じる方もいます。

女性はそんな不安から結婚して今の不安から逃れたいと思っている人が多くいるのです。
また、悲惨な経済的な不安が女性を襲う中、家に帰れば癒してくれる夫がいる、もしくは自分が家で夫の帰りを待つ、なんて今とはかけ離れた甘い日々を思い描いて結婚したいと願う女性も多いのです。

男性は身の回りの世話をしてほしいと思っているから

今や働く女性は会社を支える貴重な屋台骨となっており、その反面、家庭においては男性のより積極的な家事への参入が求められることになります。しかし現実は違っていて、女性を家政婦のように考えており、そのために結婚を望む男性もいます。

多くの男性は、掃除や料理、洗濯などの面倒な家事をこなしてくれるパートナーがほしい、必要と考えているのです。このような男性は、たとえ共働きであったとしても、家事の負担の割合を平等ではなく妻の方に多く押し付けてしまう傾向が見られるので注意が必要です。
しかし男性の大半は家に帰ってきたらご飯を作ってくれていたり、身の回りの選択や掃除をしてくれる相手が欲しいと考えているようです。

男性は将来的に家庭を持つことが当たりまえと思っているから

若い人の中にも、男性は家庭を持つのが当たり前だと考える人が多いのもまた事実です。これは男性の方が古臭い考えに傾きがちになりやすいという事かもしれません。しかしたとえ独身貴族を貫きたいと思っていても親や親族から結婚や子供を望まれる事が多いので「さっさと結婚して親の干渉から解放されたい」と思う男性もいると思われます。

ここで注意すべき点はこの手のタイプの男性は親から開放されるべくで結婚を決意し、結婚の理由も親と同じ旧世代のものだという事です。分かりやすくいえば結婚が人生のゴールではなく子供を作る事。子どもがいて父親にならなければ一端の男とはいえないという考えです。

男女ともに友人などの周りに影響を受けているから

結婚イコール幸福な人生と言う定義が成り立たない昨今、ですがやはり将来結婚し、家庭を持った自分の姿を誰しも夢見るものではないでしょうか。友人の結婚、出産などの報告に接するたび、あるいはSNSや年賀状で幸せそうな家族写真を目にすると、伴侶や子供のないわが身がひどく侘しく思えることもあります。「独身はいいよな、自由で」と既婚者が本心から自由の身を羨ましがって言った言葉すら、優越感からくる嫌味かと悪く受け取り、自己嫌悪してしまうこともあります。実際、ある程度の年齢に達すると独身でいることは肩身がせまく、周囲から「まだ結婚しないのか」と無言の圧力さえ感じます。しかし、いくらしたいと思ってもこればかりはひとりではできません。一度ならず、二度も三度もしている人もいるのに、もしかしたら自分は結婚に縁がないのか。運命の人と出会わず、このまま一生一人で生きていくのかと想像するとあまりに悲しく、少なからず焦りを感じてしまいます。

男女ともに一生1人は寂しいと思っているから

結婚したいなと思うのはやはり1人でいることが寂しく感じるというのが挙げられるかもしれません。
夜遅くに帰宅した時、会社で嫌なことがあった時、部屋の灯りが真っ暗だと心がなんだか沈んでしまったり、幸せそうな夫婦を見たり、カップルを見るとうらやましく思ったりした経験はありませんか?
1人が好きだと思っていた人も、急な寂しさから「このまま一生ひとりだったらどうしよう」と不安になってしまう場合もあります。そんな時相手がいない人は恋人がほしくなったり、相手がいる人は結婚したいななどと思うようになるのです。

結婚したいと思える異性の特徴とは?

家庭的で子供が好きな人

料理上手な女性は結婚相手の条件として、昔から上位に挙がっています。
意外に母親が料理上手であればあるほど、女性は料理から遠ざかるものです。
しかし、結婚するということは女性には料理がつきものです。
もちろん男性は結婚後は妻の料理を食べる気満々ですので、料理下手な女性には少し重荷となるでしょう。
食事は毎日続くものです。さらには子供が生まれたら、子供にも食べさせることになります。
お料理が上手であることで損することはないでしょう。
母親のおいしい料理を食べて育ったあなたは、きっと味覚が育っていておいしいものがわかる舌をお持ちでしょうし、きっと料理上手な遺伝子を持っているはずです。
家でおいしい料理が待っているのであれば、男性が早く家に帰って食事を食べるのを楽しみにするでしょう。男性が早く帰ってきてくれることで、家族の楽しい時間が増えます。
また子供が好きな女性に対しても結婚をしたいと思える女性の1人といえます。子供が好きな女性は家庭的な女性が多いというイメージがあるようです。

お互いの価値観が合っている、似ている人

結婚相手にふさわしい条件の一つに、お互いの価値観を挙げることができます。例えば、路傍の草花をめでることのできる女性もいれば、旦那さんと同じ趣味をもって一緒の時間を過ごすことが好きな女性、高級なバックや洋服を買うことに幸せを感じる女性もいます。個々人の価値観ですから、どれが一番正しいと断言することはできません。結婚相手となる男性も、自分の価値観とあまりにもかけ離れた相手を奥さんに迎えてしまうと、最初は無理をしてでも合わせようとします。しかし、しだいにお互いの齟齬が目立つようになり、ケンカをすることが多くなると思います。個々人の価値観は、つまるところ育ってきた環境、つまり家庭にあると言えます。ですから、自分と同じような環境で育ちあがってきた相手ならば、結婚してもそれほど窮屈な思いをすることはないはずです。

お金の管理がちゃんとできる人

恋愛と結婚の違い、付き合っているときは自分のためや相手の為に時間を使います。ですが「結婚」となると話が違います。恋愛とは違い二人で生活していかなければ行けません。共働きでも、独身時代のように、自分のだけのお金を作るのは、かなり難しいかもしれません。男性は結婚するとだいたい奥さんに「財布の紐を」を渡す方がほとんどです。つまり女性次第で生活が安定してきます。男性は派手な女性は恋愛しても結婚相手としては敬遠している方が多いようです。結婚は二人で協力して生活を共にするものです。経済観念の無い女性、特にお金にルーズ衝動買いをする方は論外です。男性は結婚となると女性以上に現実的に、考えています。共働きが希望で、自分のお金だからといって、自分のお金彼の前で湯水のように使っていると、結婚しても彼女は、このままなのかと考えて経済観念が違いを理由に別れを切り出し始める可能性がかなり高くなります。二人で付き合っている間にお互いに経済観念が一致するかどうか考えてみる事が大切です。

経済的に安定している人

結婚を望む結婚相手を選ぶ条件として重視することはやはり結婚相手の収入です。
やはり現代でも、玉の輿に乗りたいと考える女性はいます。彼女たちは収入が安定している人、あるいは経済的に余裕のある人を、どんな時も探しているのかもしれません。
「相手の収入は、結婚には関係ない」と考える女性も世の中には居ますが、大抵の人は安定した仕事と安定した収入のある人と結婚したい、また結婚相手の条件としては絶対譲れないと思っているのです。
女性はとてもシビアなところがあります。結婚相手を収入で選ぶ人は「将来性はあるのか」「収入はどれくらいあるのか」など結婚したら幸せなれる相手なのかどうか、よく見ています。
結婚相手がフリーターやニートだなんて将来が不安な上に、周囲から反対されそうで結婚を切り出すことにも勇気がいるのです。だから、少しでも見込みのある人が現れたら、よく吟味して、安心して結婚生活がおくれる相手と解れば結婚へと進むのです。

お互いの両親と仲良くできる人

結婚するにあたって大事なことの1つとして、相手方の両親との相性があります。いくら当人同士、とても相性良くても結婚後に問題となっていく事柄が、両親との関係なのです。男性からしてみても、相手方の両親は自分の両親と同じでとても大切な存在ですよね。女性からしてみても、自分の両親と結婚相手がうまく気があってくれた方が、やはり嬉しいものです。反対にうまくいってくれないと、色々苦労が多かったり、女性からしても嫌なものです。もちろん逆もそうです。女性からしてみれば、相手方の特に母親と相性が悪いととても苦労します。

母親というのは、その家族で父親より権利があったりします。そこにうまく溶け込まれないと、やはり生活していく上で、苦労を強いられると思います。その為、最近では「両親と気が合う」というのが、結婚の大きな条件になる方が多いようです。実際に相手方の両親に会い、結婚に踏み切るという方もいるようです。しかしその逆もあり、会ってみて結婚への意志が揺らいでしまったという方もいるようです。結婚というのは、当人同士だけでのものではなく、相手方の両親も条件の1つという事です。

気が荒くないおおらかな人

多くの時間を共にするパートナーは性格や考え方など相性がとても大切です。
すぐに機嫌が悪くなってイライラしてしまう男性、性格的に穏やかでおおらかな包容力のある男性であれば、もちろん後者のパートナーの方が惹かれますし、結婚には理想的です。
結婚に夢を抱き、温かい笑顔溢れる家庭に憧れている女性はここがパートナー選びの重要なポイントになってきます。恋愛だけならドキドキする刺激的なパートナーを選んでしまうとしても、結婚となれば話は別です。

結婚を女性は意識してくると、恋愛している時とは視点が異なってきます。
この男性とは結婚後、幸せな家庭を築いていけるのかといった視点になってきます。
結婚するパートナーには恋愛とはまた違った側面を期待してしまいます。
結婚というのは、安定した穏やかな生活を多くの女性は望んでいるのです。
以上のような理由があるため、穏やかな温かい性格の男性と巡り合うと結婚したいと女性は感じます。

恋と結婚は違う!結婚したい人が抑えておきたいポイント

結婚したい年齢やタイミングをある程度決めておく

いくらお互いに好きで交際をしていても、最終的に結婚へとこぎつけない場合は多く見られるのが現実です。
男性側の大きな理由として、今の稼ぎでしっかりと家族を養っていくことができるか、経済的な不安を挙げることができます。女性側の理由の1つとして、長い付き合いゆえ、お互いのことをよく知り過ぎてしまったので、相手の気持ちが痛いほど分かってしまい、わがままを言うことができずに苦しくなってしまうからです。このように長い期間、愛を育んできていても幸せの切符を手にすることは難しいのです。ですから世間でよく言われるように、結婚にはタイミングも重要だと言えます。建設的に将来のことを考えていくことも大切ですが、人生の大きな決断においてはここぞという時に決めなければならないと思います。このようなことがないように、自ら結婚したい年齢やタイミングをある程度決めておくことが大切です。ある程度のタイミングや年齢を決めておくことで自分の結婚への道から逆算して付き合っている人と段取りや仕事に対してもけじめが決められますね。

結婚相手の条件を決めておく

相手を好きや一緒にいて楽しいだけでは、結婚生活では成り立ちません。まずは結婚相手に求める条件に何が必要であるか、あなたが考えることが大切です。
交際相手には常に結婚を意識している女性は、自分が結婚に対して求める条件をきちんと整理しておきましょう。
お付き合いを始めるまでの時間に、まずはお相手が交際相手としても結婚相手としても、自分の求める条件に合っているのかを確認することは大切です。
交際を始めてから自分の求める結婚相手の条件と違うことが分かった場合、相手が全く変わらないことはないでしょうが、やはり人を変えることはとても難しいことです。
あとから後悔しないためにも、あなたの求める結婚相手の条件を見直しましょう。

婚活する時間やエネルギーを蓄える

結婚への第一歩、婚活。合コンや婚活パーティー、紹介やお見合いなど現代の、結婚に向けた活動は多様です。わたしの運命の瞬間も、あなたの運命の瞬間も、いつ訪れれるかわかりません。そう、朝の犬の散歩中も気は抜けないのです。友達に紹介してもらった相手へのメールの返信も、一字一句悩みます。婚活には、多くの気力、体力が必要なのです。
なので、平日はペース配分が重要です。日中の仕事で、夜の婚活に使う『気遣いエネルギー』を使いきらない様にしなくてはなりません。汗をかくのも気が引けます。餃子ランチも我慢です。仕事に行くのが臆病になってしまいそうな時には、仕事に行く前の朝のうちに、婚活をしていくのも一つ方法です。仕事が休みの週末は、家のことは後回し、他人のことはほどほどに、自分磨きに集中して婚活だけに万全を期すのです。

自分磨きは常に心がける

見た目や立ち振る舞いが女性らしく、若々しいこと。これは男性が最も求めるもののひとつです。細かい部分に気が付くことができること、相手に気遣う行動があることは女性らしい立ち振る舞いと言えます。これはその人が家庭でどのような妻となるかを想像させることにつながる重要な要素です。

男性の本音としては見た目も気になることろです。いつまでも若々しい妻であって欲しいといったところでしょう。相手への気遣いに加え、自分自身の容姿にも気を配り、磨いていてることは大きな魅力と言えます。全体的に整えられていること。例えば髪や肌、化粧などは十分お手入れがされていることが見てわかることです。また笑顔があるなど一緒にいて心地よいと感じることも大きな魅力と言えます。
料理や掃除、洗濯、部屋のレイアウト等家事全般が概ねできることや、子供好きであることも必要でしょう。相手を受け入れることができる一方で、自分の意見もきちんと言うことができ、お互いが高めあえることも家庭を築くうえで必要なことです。これらを自分自身の魅力とできるよう自分自身を常に磨いてください。

結婚願望のない男性は控える、見切りをつける

結婚することを希望しているなら、彼氏からのプロポーズを待ってばかりいては、いつまでも結婚できない時があります。
結婚願望があるならば、付き合っている彼氏に結婚を意識させた上でその反応を確認することが大切です。
結婚への意識を確認する方法は、彼氏のタイプによって異なります。
例えば、恋愛重視の彼氏なら、恋愛が一番盛り上がっている時に結婚を意識させてみましょう。
恋愛が一番盛り上がっている時にもかかわらず、彼氏が結婚に乗り気ではなかったり、躊躇する様子ならば、結婚は難しいか時間がかかってしまう場合があります。
結婚することを意識しているなら、結婚に迷っている彼氏とは思い切って別れて新しい結婚相手を探しましょう。
また、仕事や趣味などの自分の生活を重視しているタイプの彼氏ならば、結婚をしても彼氏の人生に影響がないとわかってもらい、結婚を意識させましょう。
その上で結婚を決めてくれないのであれば、彼氏のことは諦めて新しい相手を探すことが賢明な選択といえます。

結婚に向いている男性を見つける

結婚したいと思った時に、どのように男性を選びますか。また、 結婚したいと思うポイントはどこですか 。
手紙やメールのやり取りなどをして、お互いの顔を見ることもなく、 好意を持つこともあると思います 。そこで信頼関係を築ければ、初めて会うことができるという場合もあります。
しかし、その男性が魅力的かどうかを見極めるためには、まず、写真でもいいので、 実際にどんな方なのかを見ることが大事です。

そして、 もう一つ大事なことは、その男性が結婚したがっているのかどうか、ということです。相手の男性が 結婚を目的としているか、そして、結婚するための計画性があるかどうかを見極めることが重要です。結婚するための計画性がある方は、 結婚した後も 金銭面や将来性で 信頼のおける方かもしれません 。
反対に、思いつきで行動をしたり、 あまり計画性のない方は、将来的に少し不安を感じてしまいます。
いずれにしても、実際の相手を確認し、たくさん話をして焦らずにゆっくり慎重に選ぶことが必要です。

結婚への近道!結婚したい人が異性に実践するべき4つの行動

家庭的な面を見せる

恋愛ドラマや恋愛小説にはよく出てくる言葉、恋する時に思いつく言葉、「男性の胃袋をつかむ」という言葉は会話中にもよく使われます。
よく使われるということはやはり彼女の作る手料理は美味しいと虜になってくれる男性は多いのでしょう。いつも彼女が美味しい手料理を作って待ってくれてると思うと男性は早く帰りたいとまっすぐに家路につくものです。
毎日の仕事で疲れた彼を癒すのはくつろげる部屋と温かい手料理です。自分のために毎日一生懸命作ってくれる手料理が食卓に並べば、彼女のへの感謝とともに彼女が自分や将来持つことになるであろう自分の家庭を支えてくれる姿を思い浮かべることでしょう。そんな彼女は可愛らしく見えたり、素敵に見えたり、と普段の姿より違った印象を与えられることは間違いありません。ポイントは男性に少しでも彼女との家庭を想像させることです。そうすれば男性にこの女性と結婚したいと思わせることができるかもしれません。

自分といると安心する、幸せだと思わせる

あなたが相手にとってかけがえのない存在になるためにできることを考えることが大切です。
たとえば、美しい自分でいられるように努力をする、彼の好きな料理を少しずつ作れるようになる、彼が楽しいと思うこと、大変だと思うことを理解してあげられるようによき話し相手遊び相手になるなどがあります。そうやって彼のことを考えてあげる時間を増やしていくことで、自分中心の考え方から彼の身になって考えてあげられるようになることができるようになります。そんなにやさしく包容力のあるあなたを、彼はもう離したくない、離れられない存在と思うようになるはずです。相手に安心感をあたえ一緒にいることを幸せに思うようになるのです。

結婚を意識させる

結婚の話を早く進めたいなら、気持ちが高まっている付き合い始めの頃から、結婚に関する話を事あるごとにして、男性に結婚を意識させるように仕向けていくことが大切です。
男性は手に入れられないものが手に入り、他の男性がよってくる心配もなくなったりすると要注意です。女性が自分だけを見ていることに安心してしまいますし、時間もたつにつれて、女性への気持ちが特別なものから当たり前のものになります。

さらに、マンネリになりだすと、別の女性に気持ちがむく可能性もあります。また、男性によっては女性との付き合いが長くなるほど結婚する気持ちが薄れてくることもあるので、結婚を意識して付き合ったのならば、早い段階で手をうっておきましょう。男性に結婚を決断させるために、彼が病気になった時や仕事が忙しいとき、落ち込んでいる時などはチャンスです。病気のときはやさしく看病、忙しいときはホッとできるものを差し入れたり、疲労回復に効くツボを押してあげたり、落ち込んだときは話を聞いて癒してあげるというように、彼を支えて安心感を与えて結婚を意識させてみましょう。

両親に会わせる、もしくは相手の両親に挨拶に行く

相手を両親に合わせたり、相手の両親に挨拶することで結婚を将来意識する場合があります。
「カップルが結婚するかどうか」は、彼氏と彼女によるものだけではなく、彼女の親御さんの影響により決まることがあります。なぜならば、親御さんと会うことで、彼氏が以前より責任感を持ち、真剣な交際を考えるようになるケースがあるからです。特に、変化するのは、彼氏の、彼女という存在に対する見方です。彼氏が彼女の親御さんと面会することによって、「自分にとって大切な存在」である彼女は、実は「彼女のご両親にとって大切な娘さん」でもあるということに気づきます。そこではじめて、自分は「交際している」のではなく「交際させてもらっている」という実感を持ち始めるという場合があるようです。そして、「彼女のご両親にとって大切な娘さん」と「交際させてもらっている」ことに対する責任感を持ち始め、結婚を見据えた真剣な交際を考えるようになる、ということです。

結婚したいなら積極的に出会いを見つけよう!

結婚相手を職場で探してみる

社会人にとっては、仕事をする場所であり、自分の人生の多くをこの場所に費やすという意識があります。それを深読みするならば、職場は多くの出会いを提供してくれる場所であるといえます。
多くの時間を費やす分、多くの出会いが期待できる場所なんです。仕事場に結婚相手がいないか意識してみることで、近くにいる同僚や先輩がもしかしたら運命の相手かもしれません。
しかし、職場というのは仕事をする場所であることは間違いありません。そこで恋愛をするということは、非常に高いリスクを背負い、仕事の次に存在するものという意識は持っておかなければなりません。そのことを無視してしまうと、仕事においてさまざまな障害が出てきてしまうんです。職場での恋愛は、ある種致し方ないもの。そのため、仕事ありきで考えつつ、ひょんなことから恋愛に発展したという意識で、職場内ではしっかりとやる気を見せることが大切です。間違っても仕事を後回しにして、職場恋愛にかまけてしまうというのは御法度ですね。

結婚相手を趣味などの習い事・サークルでの出会いをきっかけにしてみる

出会いの場を探している人にとって有効な手段として社会人サークルに参加するのもあります。なぜなら社会人サークルは単純にサークル活動を始めるために集まる人だけではなく、出会いを求めて参加してくる人も多くいるため、思う存分恋人探しをすることができるからです。
また、出会いの場を増やす方法として考えられることに習い事を始めるという方法もあります。しかし、趣味を活かした習い事となると自分磨きのために参加してくる人が多く、出会いを求めて参加する人はかなり少なくなってしまいますので、この習い事の場で感情のままに恋人探しをするのは難しいと思われます。共通の趣味を持ち、共通の話題で盛り上がることはあっても、そこから恋愛に発展するのはあくまでも自然な流れに過ぎず、むしろ恋愛関係になる方が少ないのではないでしょうか。
社会人サークルにしろ、習い事の場にろ、恋愛に発展した場合はどちらも共通の話題があり話がしやすく話題も豊富ですが、もしも恋愛関係がこじれた場合のことも考えていた方が良いのではないでしょうか。

結婚相手を街コンで見つけてみる

街コンは恋人を見つけたいけど、会社と家の往復で出会いが無い、知り合いに紹介してもらうのは、気を遣ってしまってどうも苦手という方にピッタリの出会いの方法です。通常の合コンと違い、街コンは知り合いに頼らずに気軽に参加することができます。
参加者は独身であれば誰でも参加でき、興味本位で参加する方から、本気で恋人を探してる方まで様々です。しかし、出会いの場ということもあり、デートに至るまでが自然です。その場で気になった方がいたら連絡先を交換し、デートなど誘いやすく恋愛に結びつきやすいです。日常、なかなか恋愛に結びつくことがない方など自然に恋愛することができるのではないでしょうか。
地域活性化を目的にどの地域でも街コンは開催されていることが多く、街全体で取り組む自治体も多いため、気軽に参加しやすいでしょう。
このように魅力あふれる街コンに一度参加してみることで結婚相手が見つかるかもしれません。

結婚相手を婚活パーティーで見つけてみる

ここ数年、よく耳にする「婚活パーティー」「お見合いパーティー」。1人で勇気を振り絞り参加する人もいれば、友人と参加する人もいます。
ただの異性の友人がほしいから、楽しく話がしたいから等の理由から参加する人もいるようですが、理由はどうであれ、出会いの場であることには違いありません。そこから、恋愛に発展するしないはその人次第です。色々な話をしていくうちに興味が湧き、いつしか恋人候補になったという例は数多くあるようです。

1人で参加する人は、気を遣わずに気になる相手と話をしたり連絡先交換ができるというメリットがあります。
しかし、緊張してしまいうまく自分をアピールできずに終わってしまうなどのデメリットもあります。友人と参加する人は、先出の1人で参加の人とは反対に緊張感もなく、ワイワイみんなで盛り上がれるなどのメリットがありますが、よくある「同じ人を気に入ってしまった」というデメリットがあります。
同じ人を気に入ってしまったら、気不味いのはもちろんですが、どちらかがその相手に気に入られてしまったら、せっかくのチャンスも水の泡となりますね。
なので、ここは思い切って1人で参加してみることをオススメします。なにも気を遣わずに自由に振る舞うことができるので、自然と素敵な相手が見つかるはずです。

結婚相手をアプリなどのSNSを使って探してみる

SNSでの空いて探しは、恋人作りを目的としている人向けに作られていて、運営方法は、利用者から直接お金をいただく形式になっています。利用者にとっては、あまりよいシステムではないように思えてしまうかもしれませんが、有料サービスであることにより、マルチ勧誘や詐欺目的など、悪意を持って入会してこないよう、未然に防ぐことができるという利点がありますし、
もし万が一、こうした人たちが入会してきたとしても、それをきちんと取り締まる体制がしっかりとされています。全員が出会いを求め、恋人を作る目的で入会してきた人たちばかりですので、同じ目的を持った人たち同士で、安心してアプリ上で気軽にアポローチをする事ができますし、お互いがコミュニケーションを深めて、もっと意気投合していた結果、初対面の時には友達以上の親しい間柄に発展した状態になっていて、出会いをきっかけに、さらにおつきあいを深めて行くことだって可能になるわけです。SNSでの出会いは今ではあたりまえになってきているのです。

まとめ

いかがでしたか?結婚したいと思うのは人間誰しも思うことは自然なことですよね。もし今出会いがないと思っている人は積極的に行動し運命の出会いを求めにいくことをおすすめします。出会った相手が将来の結婚相手になるかもしれませんよ。

関連記事