結婚

看護師と結婚。看護師の理想の結婚相手や異性に出会えるおすすめの場所

看護師との結婚生活ってどんな感じ?

看護師と結婚すると幸せになれる?

看護師と結婚すると幸せになれる理由はなんでしょうか。
看護師であれば、やはり病気や怪我をしたときでも身内に看護師がいると病気にかかったときなどに的確にアドバイスをもらえたり病院に行きやすくなったりと安心することができます。
どの科に相談したらいいかわからないなんて時にも、詳しく病状を聞いてアドバイスをくれます。
気になることがあればまず最初に相談しやすいし、些細な事でも質問できます。
一緒に病院について来てくれるときには自分より担当医とよく話し合ってくれたりして、家でも病状に合わせた看護をしてくれてとても頼もしいですよね。

またたくさんの方を看護してきた経験で、身体的なサポートだけでなく、心のケアも十分に行ってくれます。
病気になったときも、ただの怪我でも、家に帰れば看護師のパートナーがいるというだけで安心感が得られるのは大きなメリットですね。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性と女性では違いがでる?結婚したいと思う人の本当の理由

看護師との結婚は両親から反対されるたりするの?

看護師の仕事は、日勤と夜勤の勤務形態があります。病院によっては三交代勤務(日勤、準夜勤、夜勤勤務)があるところも。このような勤務形態だと、夫婦生活にズレが生じてくる可能性があります。

相手が寝る頃に出勤、仕事が終わり帰ってきた頃には相手が仕事。もちろん毎日このような状況が続く訳ではありませんが、一緒に出かけたり会話をしたりなどの時間が少なくなりがちです。
また女性が看護師の場合、女性の他の職種に比べ給料も高い方になります。給料が高いからといって貯金がたくさんあるとは限らず、仕事がきつい分、非常にストレスも溜まりやすくなりその反動で買い物や外食をしたりと、ついついお金を使ってしまい出費が多くなります。

浪費癖はすぐに治るものではありません。結婚してからもその癖が抜けず、無駄な出費がかさんでしまうかもしれません。このような点から両親から結婚を反対される事が多いかもしれません。

結婚相手は看護師。結婚前に知っておきたい仕事内容

看護師のお仕事ってどんなことをするの?

看護師は病気や怪我をした患者さん、産婦さんの看護をするお仕事です。また、免許を持っていなければなりません。

看護師になるため看護専門学校、看護学部等がある大学などで教育を受け、知識や技術が身についたと教育機関に認められ卒業し、看護師国家試験に合格し、免許が取得するという二つが揃わないと看護師にはなれません。
テストで合格点に達していたとしても、看護師養成教育機関を卒業できなければ、看護師国家試験は不合格で看護師免許を貰うことはできません。

病気や怪我で不安を感じたり、手術や出産を控えて気が滅入ってるいる患者さんにとって看護師の優しさや笑顔は勇気や元気をくれる身近で頼れる存在でもあります。人の命に係わる大変な職業ですが、とてもやりがいを感じやすいのではないでしょうか。

結婚相手は看護師!気になる結婚のメリット

病気になった時頼りになる

常に怪我や病気の隣り合わせでいつ病気や怪我をするかわかりませんよね。

健康だった方も重い病気に掛かってしまったり、小さいお子さんが遊びに行くと怪我をして帰ってきたり、身近に色んな危険があります。そんな大きな病気や怪我はすぐ救急車を呼び病院に行きますが、小さい怪我や少し体調がおかしいかな?という具合であれば、忙しい方は中々病院に行かない事もあります。

結果大きな病気に繋がり、一生病気と付き合っていく事になったり、最悪の場合は命を落とす事も考えられます。そんな時に近くに看護師の方がいれば安心感が違うと思います。
家族の方が看護師であれば、どんなに忙しくても相談に乗ってもらう事はできます。このくらいなら大丈夫、これは病院に行った方が良い、とそれだけでもアドバイスをもらえたらその後の対応は変わってきます。

収入が平均より高額

看護師さんのお仕事は一般的にハードなお仕事なので高収入であり、世間にもそのイメージがついているようです。
結婚する相手が収入が安定していれば、安心して家庭を築くことができますよね。

女性であれば、子供を出産して子供が大きくなってからでも看護師の資格を持っていればパートでも時短でも働きに行くことができます。

収入が安定していれば、将来のことを考えたときとてもよいメリットになります。

世話好きで面倒見がいい

看護師という職業柄、世話好きで面倒見が良いというイメージが付きやすいのかもしれません。
人間の生命を扱う仕事ということで、真剣に取り組むその姿から世話好きで面倒見がいいというイメージが先行しているのかもしれません。

看護師は入院している人に対して常に気を配り、体調や食事管理などしっかり見てくれます。仕事だから、と思うかもしれませんが、普段やっていることがプライベートにも影響することは間違いありません。

三食バランス良い食事、一汁三菜を、野菜が中心で、肉や脂は少なくするなどしっかり管理された食事を提供することで健康管理も徹底しているというイメージも強く面倒見が良く結婚するメリットにもなるようです。

国家資格なので全国どこでも働ける

国家資格で全国で働けるというのも結婚の1つのメリットかもしれません、

看護師の国家資格とは、取得するまでにとても沢山の勉強をしなければいけない、試験に一度で合格できることは少なく、何度も挑戦する必要があります。それでも国家試験に通ることで、看護師の資格には更新等がありませんので、一度取得することでずっと看護師として働くことが出来ます。また、看護師の資格とは、看護師として働くだけにとどまらず、他の仕事を目指していく過程においても助かる資格です。

例えば治験に携わる職業に就きたい場合、看護師の経験があればとても有利に就職活動をすることができるし、資格を取得するときの勉強もしやすいです。また、看護師の資格だけでも働ける職場は沢山あり、総合病院のような大きな病院だけじゃなくて個人クリニック、美容クリニックなどもあるし、学校や企業の医務室勤務、地域で活躍する看護師、ケアセンターなどでの勤務と、幅広く活躍することが出来ます。万が一、旦那さんの勤務先の急な転勤が発生しても、全国に職場は多くあるかもしれません。

結婚相手は看護師!気になる結婚のデメリット

勤務時間が不規則で予定を合せずらい

看護師は週末や休日は出勤しなくてはいけないので休みは取れません。

正月やお盆、ゴールデンウィークなどの大型連休もそもそもあまりありません。それに夜勤のあとは疲れて寝てしまうというのもあります。
夜中に呼び出されることもありますし、久々の休みでも人が足りなければ出勤しなくてはいけません看護師は給料が良い分、時間を取るということが出来ないのが現状です。同じような業種で働いているならまだしもサラリーマンとはほぼ時間が合いません。

会えなくても大丈夫だという人なら平気なのかもしれませんが、看護師本人が負い目を感じてしまえば上手くいきません。そもそもそういった相手と出会う為の時間もあるか分かりません。看護師は一生その仕事をしていたいと考えている方が多いので相手がそこを理解してあげることができれば上手くいくかもしれません。

生活リズムが相手と異なる

看護師と結婚するデメリットの一つとして生活リズムが異なるというものがあります。看護師は、基本的に日勤、準夜勤、夜勤の3交代です。その為、どうしてもすれ違いの生活が多くなってきます。

相手が休みであっても仕事でどこにも行けない、相手の休み前に飲みに行きたくても、相手は明日仕事だたり、などすれ違いが多くなってしまいます。
こんな状況が、いたって普通にありずっと続いていきます。相手がが仕事から帰ってきても準夜勤だと帰りは朝3時ぐらいになったりもします。
必然的に、料理があまり得意でない旦那様だったりすると晩ごはんはコンビニになってしまったりが多くなりそうです。帰りが遅くない日であっても、激務で帰ってくるので、ご飯を作る気力もなく、すぐ外食になったりもします。お互い一緒にいる時間が中々とれないこともひとつのデメリットになってしまいます。

休日も勉強したり仕事を持ち込む

看護師の妻が休日も勉強したり仕事を持ち込むと思われているのは、
看護師の方は勉強をしなければいけない事が多く、参考書を買ってきて読んだり、資料で調べ物をしたり、与えられた課題や業務を休日にも行わなければいけない人が多くいるようです。

他にも、看護研究についての論文を書かなければいけない、研修の講義に使う資料をまとめなければいけなかったり、新人指導の課題をチェックしたりと、学会や研修の下準備と、普段の業務以外にも沢山行わなければいけない事も多くあるそうです。
更には、休日に病院からの緊急の呼び出しで、休日出勤をせざるを得ない時もあるとの事です。
看護師の方にとって、休日もあってないようなものなのかもしれません。

予防や衛生面で細かくなってしまう

生涯の相手が看護師となると病院に勤めていることもあり、様々な患者さんと接するので自分の面では最良の状態でいようとするために厳しくなってしまいます。
自然と予防や衛生面のスペシャリストとして常識のボーダーラインが高くなり相手にそれを求めてしまう傾向にあるようです。

そして、多忙という面からどうしても免疫が落ちやすいので、もし病院から自分がうつりそれが家族に病気がうつることに対しての心配がどうしてもナーバスになることもあります。
予防や衛生面で細かいということは、大切な人との生活で、常に先を考えての行動をしているためについつい態度に出てしまう傾向にあるようです。

勤務時間が不規則で連絡が取れない

看護師の勤務体系は病院によって様々ですが、日勤のみ、日勤と夜勤の二交代制、日勤、準夜勤、深夜勤の三交代制、夜勤専従などがあります。

日勤はだいたい8時頃から夕方5時半頃までですが、夜勤だと夕方4時半頃から朝の9時ごろまでと勤務時間が長くなります。夜勤があると通常の仕事をしている人と付き合っていたり、結婚していると中々一緒に過ごす時間がなかったり、患者さんの状態によっては勤務中になかなか休憩が取れないこともあります。また病院よっては土日も勤務するところもあります。

このように看護師の勤務体制は不規則だったり中々連絡が取れないことが多いようです。

看護師の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

結婚する平均年齢は何歳くらい?

看護師の平均結婚年齢は30歳前後です。平均的な初婚年齢は29歳頃なのでほぼ変わりはあまりありません。

現代の看護師はまだまだ恋愛よりも自分の趣味や好きなものにお金と時間をかけたいという方が多いようで、結婚に急ぐ方は多くはないようです。
確かに看護師は収入もそれなりにあり、結婚や出産を経てもいずれ仕事に復帰される方が多いというイメージがあります。
それに看護師は女性が多い職業なので、結婚や出産に対しても理解が得られやすいのかもしれません。しかし女性には男性と違って出産に関してタイムリミットがあります。
バリバリと働くのもかっこいいし自分の好きに過ごせますが、女性としての幸せも手にできるよう準備していきたいですね。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュに戸惑い。ラッシュに乗れる人の特徴とは?

結婚の最適なタイミングはいつ?

看護師さんと結婚するベストタイミングは、ずばり勤務三年目です。

看護師さんは、患者さんの命と向き合い、精神的にも肉体的にもとてもきつい仕事ですが、やりがいもあるお仕事です。
就職したばかりの一年目は、早く職場に慣れて一人前になりたいと仕事中心で過ぎていく方が多いです。

二年目は、仕事にもゆとりが出てきて、後輩ができるという方も出てきます。後輩ができた場合、後輩の育成や相談事などの仕事もプラスされるので、日々の忙しさに追われ、結婚を考えるには至らないようです。
三年目にもなると、業務へのルーティンも確立され、後輩にも余裕ができてきて自分にも心の余裕が出てきます。そうすると、結婚への憧れや子供が欲しい等の考え出す方が増えてくるので、三年目ぐらいがベストでしょう。

看護師が結婚相手にもとめる理想の条件

心が広く寛大な人

看護師とは人の命と向き合うことの多い、気を張らざるを得ない職業です。そのためプライベートの時間は癒しを重視してしまうことが多くなります。
また、バリバリ第一線で働く看護師ならもちろん夜勤も発生するため生活が不規則になりがちです。夜に家を空けることになっても許してくれる、または気にしないでいてくれるような心が広い人を求めてしまう傾向にあります。

仕事のストレスを癒してくれるような余裕を持っている人が理想の結婚相手となるのでしょう。また勤務時間が決まっているサラリーマンとは違い変則的な勤務が多いのが看護師です。家庭に一緒にいられる時間は普通の夫婦に比べて少なくなりますが、それでも結婚生活を保っていられる寛大な人が、結婚相手の条件になってくるかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい!幸せになれる結婚までの6つの近道

家事に協力的な人

夜勤など普段の仕事も早番や遅番の不規則勤務のため、一般の家庭とはちょっと違った家事分担にしなければやっていけません。
朝のゴミ出しにしても夜勤の場合は出来ないので朝、家にいる旦那さんにゴミ出しをお願いしなければなりません。
準夜勤の場合、夕食が作れないですし深夜勤の時は朝食の準備も出来ません。なのでいない時は旦那さんが自分で食事の支度をしてもらわないと行けない時も度々あるのです。

家事を何の文句も言わず奥さんに協力して手伝いをしてくれる旦那さんを求める蛍光がある為、家事が好きな男性と相性がいいかもしれません。

一緒にいて癒される人

看護師さんは「白衣の天使」とされていても、ストレスもあるだろうし、愚痴だってこぼしたくなる時もあります。体力的、精神的にも、とても疲れる職業なので、そんなときには機嫌だって悪くなることだってありますよね。

真面目な彼女たちですから結婚相手にだって思いやりの気持ちを常に持ち続けたいと思ってくれることでしょう。
けれど、その反面でそのプレッシャーの高い仕事に従事しているからこそ、家庭では癒やしを求めたいと思う気持ちも人一倍強いのかもしれません。

ですから、結婚相手には自分だけが癒やされたいと考える人よりも、お互いに持ちつ持たれつで癒やし癒される。そんな関係が理想だと考える人も、少なくないはずです。

休みを合わせてくれる人

看護師さんであると土日休みではなく、不定期で休みになることが多いです。なので相手が休みを合わせてくれる人でないと、中々デートや出かけることもできなくなってしまいます。
自然と結婚したい条件に、休みを合わせてくれる人がいいなと思うことが多いようです。

平日は夜勤などがあるために土日に休みが取れる、相手としっかりと顔を合わせられるからサラリーマンや公務員を選ぶという方もいるようです。
看護師さんが結婚相手の異性に「休みを合わせてくれる人」を選ぶ理由は、日頃から相手をケアする仕事上、生涯の相手となる方への配慮と2人の将来のために先を見越しているからかもしれません。

不規則な仕事を理解してくれる人

看護師の勤務は週単位・月単位で決まっているわけではありません。
病院によって違いはありますが、一般的にはアルバイトのシフトのように毎月の希望を提出しシフトが決まります。
さらに、変則的な勤務に加え夜勤もあるので、月に数回は昼夜逆転の生活も余儀されなくなります。
そのような生活スタイルなので、付き合っていた時には時間を調整さえすれば割と問題なくお付き合いできていたのが、
結婚し実際一緒に生活してみてから、結婚相手の方が初めて生活スタイルが違いすぎる事に気付く事が多いそうです。
生活スタイルが違う事によって生じるメインの問題が、コミュニケーションの減少・出産育児・家事についてなどです。
これらの問題発生理由は、結婚相手の方が描いていた結婚後の人生設計とずれが生じてしまっているからです。
そのため、護師が結婚相手に求める異性の特徴として「不規則な仕事を理解してくれる人」を選ぶそうです。

看護師が結婚したいけどできない理由

相手より収入が高額になりやすい

普通のサラリーマンよりもお給料が良い看護師はどうしても相手の年収と比べてしまい、中々結婚できない理由になる1つといわれています。
看護師の仕事は過酷であり病院で命を預かるお仕事をしているので、普通のOLにくらべたら多くもらっています。男性側もそういった面で引け目を感じてしまうのかもしれません。

また高収入ということもあり、相手に頼らず一人で生きていける分は十分にあることから中々結婚相手を見つけようと思わない人も中にはいるかもしれません。

一人でも生きていける経済力がある

看護師が一人でも生きていける経済力があるため結婚出来ないといわれてしまうこともあるようです。

看護師になるためには必要な大学・専門学校等に通い様々な実習経験を得た後に国家試験に合格し、資格を得る必要があるため病院等でも求人数が多く、就職に困ることもかなり少ないです。
そのためコンスタントに収入を得ることが出来きてしまういます。

看護師は社会的地位が比較的高いため一般的にはパートやOLと比べて高い賃金を貰っている方が多いからです。中には一般的な男性の収入より高い賃金を貰っている方も少なくはないようです。そのため、男性が結婚したいと思っているお相手が看護師の女性であった場合、自分の収入の方が少ないことを気にしてしまい結婚を躊躇してしまうこともあるようです。

異性と予定が合わせづらい

看護師はシフト制での勤務のため、土日祝日・お正月や大型連休、お盆など、一般的な会社勤めのサラリーマンの休日に合わせづらく、もちろんそこに合わせての長期の休暇の確保も難しいです。
当然、旅行などに一緒に行くことも難しくなります。

サービス業全般がシフト制での勤務ですが、看護士はくわえて夜勤もあるため、夜に合う予定なども立てづらいです。

看護師の仕事自体も元々ハードな上、不規則な夜勤でたまった疲れもあり、休日でもずっと寝ていて、デートなどに行くことが難しいなんていうこともあるようです。
シフトが変則的かつ不規則であるため、相手と会う時間がなかなか作れず、予定が合わせづらいと思われて深い交際・結婚に結びつかないことも多いようです。

仕事が忙しい

看護師は仕事が忙しく夜勤などもあるためなかなか出会いの場に行く機会がありません。
神経を使うので、お休みの日も疲れて自宅で休養をとって婚活をしたり遊びに出かけるのが面倒だと思うこともあるでしょう。

その上、命をあずかる仕事なので芯が強くしっかりしている人が多いイメージです。毎日病院でたくさんの患者と接して精神的にも疲れてひとりになりたいと感じることもあるかと思います。昔と比べると最近の男性は優しくおとなしく女性に対して消極的な方が多いので、キツそうなイメージを抱いて敬遠されることもあるかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女と音信不通!もしかして嫌われたのかも・・・連絡が取れない理由は?

看護師と出会う方法・場所

病院で出会う

白衣の天使と言われる通り、病気や怪我で病院にお世話になっている患者さんは不安もあり、心の元気も少なくなっています。
そんなときに至れり尽くせりしてくれる看護師さんは光り輝く天使のようにみえますよね。清潔な制服でテキパキと動き回り、身の回りのお世話や声をかけてくれる看護師を見ると、男性は母性を感じて心を開いて甘えたくなると思います。

現実は看護師は夜勤もあり忙しく普段の生活で男性と出会う機会も少ないと思います。疲れ果てて引きこもっているかもしれません。なので、看護師と出会いたいと思ってもなかなかチャンスがないと思います。病院なら確実に出会えます。

通院でも話す機会はできると思いますが、入院となれば毎日話すこともできて少しづつ人間関係も気づいて行くことも可能でしょう。お互いをわかり合う時間が病院ではできるのです。

街コンで出会う

看護師は夜勤もありお休みもシフトがあると友人と合わせられなくて、出会う機会も少ないですよね。毎日仕事に追われながらも結婚を意識している方も多いでしょう。街コンは看護師仲間で気軽に参加出来るので周りの同じ職種の人とも、気軽に参加できます。

地域や店舗ががイベントを立ち上げて開催するので、気持ちも開放的になり知らない方とのコミュニケーションもしやすくお互いを知りやすくなります。
初めから異性を意識して関わるより、友達感覚でノリの合う人と出会うことで仲間意識もわき、次につながりやすいのかもしれません。
出会いがなくても楽しめるので、がっついているイメージも少ないし何度も参加出来るので、顔見知りになって友達からゆっくりお互いを知り合うこともでき看護師にとって会いやすい場所になります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏が欲しい看護学生におすすめの出会えるポイント5選。

合コンで出会う

看護師は知人の紹介で出会い、結婚するケースが多いといわれています。なので横のつながりで合コンのお誘いがあり、そこで出会うケースが多いのも確かです。同僚の看護師同士の仲間で参加しやすいという面もあるかもしれません。また、合コンでは看護師というのは職業柄とてもモテます。
職業で男性側の興味もひけるので、合コンをよく利用している看護師さんが多いです。女性が多くて出会いに恵まれないので、出会いの場として合コンがハードルが低くて参加しやすいという面もあるかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
初めての合コン!成功させるための12のポイント

看護師と結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

看護師というと、一般的に夜勤のある病棟勤務のイメージがありますが、その他にも多くの働き方があります。

病棟のある病院でも外来には夜勤がありませんし、クリニックや健康診断センター、献血ルームなどにも看護師はいます。看護師のような専門職は非正規雇用でもまとまった収入が得られるので、パートで働くという選択肢もあります。結婚したとしても、結婚相手との生活スタイルに合わせて働き方を変えていくことができるのです。だから結婚相手が仕事をやめたり、転職したりする必要はありません。

しかし、いくら看護師は働き口が豊富だからといって、簡単に転職できるわけではありません。一般的に看護師が一人前と見なされるのは経験3年目からですので、それに満たないと転職先がなかなか見つからないのです。また引継ぎや人員補充の期間もありますので、退職希望を出してから実際に辞めるまでには期間がかかることも考慮しなければなりません。
結婚後の生活やお互いの仕事については十分に話し合い、計画を立てておくことが大切です。

看護師と結婚したら結婚式はどうする?

看護士さんのあるものを使って結婚式を盛り上げることができますそれは、看護士さんと言えば、ナースキャップです。
看護士さんは看護学校で、看護師にふさわしいと認めらた生徒に、看護士さんのトレードマークでもあるナースキャップを与えられる、戴帽式という儀式があります。帽子を授けられた後、キャンドルサービスをします。世界でも行われて、とても感動的で神聖な儀式です。

戴帽式を一般人は見られる機会はないので結婚式や二次会で行えば、とても盛り上がるかもしれません。キャンドルを手に持ち、結婚の誓いやお祝いの言葉を言う感じにアレンジします。戴帽式を思い出して感動すること間違いなしです。
一般的な結婚式のキャンドルサービスとはまた違った美しく光景です。看護士ならではの結婚の祝い方なのでオススメです。

関連記事