結婚

公務員と結婚。公務員と結婚する人に知って欲しいメリットデメリット

公務員との結婚生活はどんな感じ?

公務員と結婚すると幸せになれる?

公務員と結婚をすると安定した収入と地位が確立されます。経済的な安定があり家庭を守ってくれるため、多くの夫婦が幸せな家庭を築くことができます。
また、公務員はリストラされることがほぼ無いので、仕事の安定もあり心配することはあまりありませんまた、勤続年数が長くなるほど役職が付き収入もアップしていきます。個人の能力にもよることもありますが、だいたい年齢相応に給料は上がっていきます。

金銭面の安定から将来子供ができたときでも、安定した家庭を築けることから公務員と結婚すると幸せになれるのではないでしょうか。

公務員との結婚は両親から反対されるの?

公務員は安定の収入があることから、両親もお金の面では心配要らないと反対する人も少ないようです。
しかし公務員の中には、公務員が当たり前だと考えている人もいるので、生意気な態度や世の中をあまり知らないような態度から公務員の人との結婚を反対する親もいるかもしれません。

公務員の人は一生定年まで生き続けられますし、淡々とした内容の業務が多いです。その為、仕事に関する悩みやストレスが他の業種に比べて少ない人が多いです。定時になったら帰宅するので予定も合せやすく、相手に寂しい思いをさせないことからも両親は安心するポイントかもしれません。

結婚相手は公務員。結婚前に知っておきたい仕事内容

公務員のお仕事ってどんなことをするの?

国民の人々の為に働くことが目的なので責任も重大なお仕事です。公務員試験を受験し合格者のみが国際公務員、国家公務員、地方公務員になって責任重大な役割の業務を行います。
また一般の企業勤めとは異なり、企業の利益のみもたらせるだけではなく、すべての国民の人々の事を常に考え業務遂行を行わなければなりません。
公務員の中でも警察官や消防士なども公務員になりますが、一般的な公務員としては区役所などに努めている人が一般的にみなさんと関わりのある公務員ではないでしょうか。

勤務時間もきちんと決まっているので、普通のサラリーマンよりは時間的にも比較的早く帰宅できる人もいます。

結婚相手は公務員!気になる結婚のメリット

福利厚生がしっかりしていて安心

公務員は福利厚生がしっかりしていると言われています。
内容的には育児休暇、結婚休暇、夏季休暇、保育や子供の看護の為の休暇やボランティア休暇というものまであります。公務員でなくとも福利厚生がしっかりしている会社もあるかと思いますが、ここまで多いところはあまりありません。

そして給料は出ないものの、育児休業や部分休業というものもあります。育児休業は子供が3歳になるまで休業できるというもの。部分休業は15分単位で休業できるというもので、子供の保育園の送迎などに使えます。

これらの制度は夫婦間でとても大事で助かりますよね。子育ては大変なので、二人で協力し合って育児ができれば負担も減り、子供にとっても安心できます。
経済的にも安定していて、福利厚生もしっかりしているというのがメリットになります。

安定した収入がある

公務員にはリストラがなく、安定しているので家庭を守ってくれるという意味でも大きなメリットかもしれません。
人生に大きく関わるお金の問題も、公務員と結婚すればそこまで心配はありません。毎月の給料だけでなく、ボーナスや退職金の制度がきちんと整っているところが、民間の会社員と差が付くところです。

特に退職金は、老後の生活をまかなう大切な資金ですから、退職後も老いた体で何か仕事をしなければいけない苦労や心配もなく優雅に暮らしていけるかもしれません。

リストラがない

公務員は国の中でも必要な存在であり、身分を公的に保障されています。その分普通に勤務できる状態であればリストラはされないことを国家公務員法によって定められています。

リストラ、つまり失職・解雇される条件としては「勤務実績が良くない場合」「心身の故障のため職務の遂行に支障があり、堪えない場合」「感触に必要な適格性を欠く場合」「管制若しくは定員の改廃または予算の減少により廃職または過員を生じた場合」の4つがあげられます。

よっぽどのことをしない限りリストラになる確率はきわめて少ないので、結婚相手にとってとてもメリットになりますよね。

社会の信用性が高い

公務員は給料が税金から支払われ、なおかつ収入が安定しているために儲け主義に働く必要がありません。
それによってクリーンなイメージが持たれることが多く、社会の信用性が高い要因になります。

公務員の仕事は華やかさや大きな刺激はなくとも、地味ながら堅実な仕事というイメージがあり、自然とその職業を選んだその人の人格も同じイメージでとらえられがちです。
そういった部分も社会の信用性を上げることになるでしょう。公務員の離職率が非常に低いのも、社会的信用性を高める大きな要素になっています。

真面目な人が多い

公務員の男性には職業柄、規則や守るべきもの、守らなかった時のリスクや罰則が普通のサラリーマンよりも多い為、普段の生活においてもまじめな生活を送っているイメージがあります。

地位や名誉を守りたいプライドの高い公務員という職業を選んだのであれば、派手な女性と付き合ったり、簡単に不倫に走ったり、軽率な行動はしない可能性が大きいです。

金銭面でも、過剰な浪費や、ギャンブルに走ってしまうというようなダメな男がとる様な事もしないイメージです成果や努力、日々積み重ねている忍耐力、精神力から、普段の生活においても、それを裏切らないというイメージが、公務員=真面目という印象を与えやすくメリットになるのです。

結婚相手は公務員!気になる結婚のデメリット

新人のときは給料が安い

安定している・堅実である・定時で帰ることができる・生活に困ることが無いという一般的な公務員のイメージと、現実とのギャップがあり、余計に新人は給料が安いのが現状です。

現実には、人付き合いで苦労することも多く、ストレスがたまる方もたくさんいます。税金がお給料となっている事で、他の職種の方から、嫌味を言われることもある、たいへんな職業です。

お給料もエリートで経験も豊富となるとたくさんもらえる人もいますが、新人のうちはどうしてもお給料は低くなってしまい、人と対応するのが苦手な方にとって少し辛い仕事もあります。堅実で安定の堅いイメージがある分、安いお給料で生計を立てなくてはならないことが嫌になってしまう人もいるかもしれません。

ストレスがかかりやすい

安定した職ではありますが、人や地域と関わる仕事であるためストレスがかかることがある職でもあります。
そのストレスの発散先は気兼ねなく話せる家族という状況になってしまい、愚痴や不満などを受けとめなければならない可能性があります。
ストレス発散のために強く当たられてしまうことで、自身がストレスを溜めてしまう原因となってしまうのです。

公務員である人と結婚するのであればしっかり支えられる人でないと難しいかもしれません。

教育熱心になりやすい

公務員の人であれば、就職や社会に出ての大変さや難しさを十分にわかっています。
大学卒業してもなかなか就ける職業ではありません。公務員ががどれだけ難しいか分かっているからこそ、また成りたいと思っているのであれば優秀な人材になってほしいと願うあまり、教育熱心になってしまいがちです。

もし子供が公務員の父のようになりたいと思ったら母親は勉強に力をいれ、良い小学、良い中学、良い高校に入れいい仕事に就くつまりそれが公務員など福利厚生の手当があつい職業です。
狭き門を突破する様に勉強勉強と言うようになる、だから教育熱心の親が多いのかもしれません。

必ず定時で帰れるわけではない

公務員といえば、朝9時から夕方5時まで働いて毎日定時退社に完全週休二日制といったイメージを持つ人が多いですよね。
しかし実際には配属される部署や時期によってかなり差があるようです。市町村の役場の窓口係など、一部の部署では定時退社が多いようですが、一方で生活保護のケースワーカーや税徴収吏員など、役所の外で人と接する仕事を担当している方は残業が深刻な問題となっているようです。

中央省庁のエリートクラスになると、毎朝ラッシュアワーより早い時間に出勤し帰りは午前様であったり、毎日16時間勤務が暗黙の前提となっているなど、公務員イコール定時退社のイメージとは程遠い過酷な労働を強いられている部署もあるようです。
また、普段は定時退社されている部署でも、年末と年度末は残業が当たり前のようです。

イメージとは違うというギャップからデメリットに感じてしまうかもしれません。

副業が禁止されている

公務員は副業してはいけないという決まりがあり、公務員法により副業の禁止が定められています。

公務員といえば収入が安定しており、副業の必要がないようなイメージがありますが、地方公務員などは安定はしていても給料は多くないということもあります。若いうちは給料が低いということも多々あります。

またもし借金や親族の入院などの急な支出、また給料の低下などがあった場合にも副業ができないため、公務員業務以上の収入を得ることは不可能です。

副業がばれてしまった場合についても、公務員法で定められており、免職、停職、減給又は戒告のいずれかの処分が科されることが決まっています。また、副業には該当しないと勘違いした状態で行っていた副業についても処分が科されてしまうため、気を付けなければならないことが多いのも、副業禁止のデメリットの1つかもしれません。

公務員の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

公務員の平均結婚年齢はいつ?

公務員の方の平均結婚年齢はおよそ30代だといわれています。
以前は、公務員の方は民間企業に勤める方に比べ平均結婚年齢が低かったこともあるようですが、それが現在なぜ平均が30代となったのでしょうか。

一つは女性の社会進出です。現在では女性も働くのが当たり前になっています。女性も働き生活力を持つと、「誰かに養ってもらう」という意識が低くなっていきます。そうなると、急いで結婚して生活を支えてもらう必要もなくなるのです。そのため自然と結婚する時期がだんだんと遅くなっていきます。

また、もう一つの理由には晩婚化が挙げられます。家庭に縛られるよりも独身の方が楽と思う人、自分のやりたいことに時間を割きたいと思う人、子どもが育てにくい世の中なので、あまり結婚に気が進まない、などなどさまざまな理由から結婚に抵抗を感じている若者が多くなっています。
これは公務員に限らずですが、少しずつ結婚する平均年齢が上がってきている要因なのではないでしょうか。

公務員の最適な結婚のタイミングって?

公務員になりたてであれば、半年間は仮採用期間があるため、一年ほど様子を見て、落ち着いてから結婚する人もいるようです。

公務員の収入は勤続年数が大きいようで、始めは一般の職業と比べると少ないということがあるようです。また、高卒か大卒かによっても収入に差があるので、そういったことも含めて考えたほうがいいかもしれません。

公務員の魅力は安定した収入と、保険や教育、結婚や出産といった各種手当などの福利厚生面がしっかりしていることです。福利厚生は結婚したあとの事を考えるとても重要な要素なのではないでしょうか。

公務員になりたてで結婚されるよりは、収入や生活面がある程度安定した時や、仕事も少しずつ慣れてきて落ち着いたあたりがベストかもしれません。

公務員が結婚相手にもとめる理想の条件

リラックスできる家庭が築ける人

公務員は国や地域のために働き、税金から給料として貰っているため周りの目も厳しく、ひとつひとつの言動にも気を配り、責任を持ってこなさなければならないという仕事柄、ストレスも多くなりがちです。

また、真面目で堅実な性格、さらには地味で大人しい人が多い傾向があり、真面目で大人しい性格ゆえにストレスを溜め込みやすいところもあります。
そのため、家庭内には仕事の緊張から解放され、ホッと一息つけるような癒しやリラックスを求める人が多いのです。
そして、そんな家庭を築いてくれる相手とは、やはり自分と同じ真面目な性質であり、地に足の着いた安定感のある人物、派手なものを好む人より地味で堅実な考えが出来る人物を求めます。

このような人の方が一緒に生活していくなかで安心感があり、癒しにつながっていくのかもしれません。

真面目な人

公務員の仕事柄や、性格に関係して真面目な人が良いと思う人は多いようです。
公務員は、国や地方自治体の事務など、国のためにあらゆる職務を行う職業です。一般的な企業に務めると、会社の利益のためを考えて働かなければなりませんが、公務員は公共のため、国民のためを考えて働きます。

公務員の働きは社会に影響を与えるため、国の将来を背負う責任重大な仕事と言えます。そのため公務員には、積極的というよりかは保守的で、どんなことにも堅実で真面目に、ルールを守ってコツコツと慎重に仕事をこなすような真面目な人を好む傾向にあるようです。自分と同じような性格の真面目な人を好んだり、異性に真面目さを求めるのかもしれません。

しっかりとした堅実な人

公務員といえば堅実なイメージを持つ人が多いかと思いますが、公務員の方が結婚相手を探す場合、同様に物事にも堅実な人を選ぶ傾向にあるようです。
性格だけでなく、服装などの見た目にも派手で主張の強い人が苦手という方が多く、上品で控えめな人が好まれるようです。

しかし、ただ女性らしいだけでは駄目なようで、結婚したら家族を支えて自分が仕事で家を留守にしている間もしっかりと家を守っていける強さを併せ持った人を求める傾向にあります。
また、同じ価値観を持った人が多い職場内での結婚も多いそうです。

自分のペースに合わせてくれる人

公務員は結婚相手に求める条件に、「自分のペースに合わせてくれる人」を選ぶ傾向があるようです。

公務員の特徴として真面目すぎて融通が利かなかったり、結婚後の同居率が高いということが関係しているようです。
その側面から考えると、自分のパートナーとして選びたくなる異性の特徴は自ずと決まってきます。

男性であれば、休日が不規則だったり出張の頻度が高い仕事を理解し、自分が留守の間も家庭を守ってくれる様な自立した女性、しかも自分の親と同居しても上手に付き合っていける控えめさや知的な言葉遣いや上品さを兼ね備えた女性となるでしょう。

女性であれば、自分と同じような安定した収入源を持ち、自分の生活ペースに合わせてくれる男性を求める事が多いようです。

共働きをしてくれる人

公務員は副業が禁止などで、他の業種と比較して制約が課される場面が多くあります。
そのため、社会的に自立している異性を求める人が多いようです。また公務員を志望するその多くが、安定を求めていることからもわかるように、異性に対してもこの相手であれば安定した家庭を築くことができると考えたうえで、結婚したいかの判断をしている人が多いようです。

共働きをしてくれる、ある程度自立している人を好むことが公務員の人は多いようです。

公務員が結婚したいけどできない理由

職場の人を恋愛対象として見れない

地方勤務になればなるほど、周りはおじさま、おばさまばかり。当然、既婚者ばかりである上に、恋愛対象になることはあまりなさそうです。

また、派手にすると職場上良くないとされている仕事です。そのため、女性はメイクや服装も職場の雰囲気に合わせて地味になっていくようです。

また職場での立ち振る舞いも目立たないよう慎むよう要求される中で、板についてしまいプライベートにおいても地味になってしまうのかもしれません。そうなれば職場の人を恋愛対象として見れないと思われているのかもしれません。

また、民間企業に比べると昇進に男女の差がないとされています。女性も男性並みの働きを要求される中で恋愛感情があまりうまれにくいのも事実のようです。

内気な性格で積極的に女性にアタックできない

国民の税金を頂いて働いている手前、彼らは民間の職業に比べ世間の目を気にしなくてはなりません。
実際にトラブルになる確率は低いにしても、ネットの恋活サイトに登録して恋人を見つけるということに躊躇してしまい、どうしても恋愛に関するフットワークは重くなってしまいがちなようです。

女性と接する機会が少なく、自分から機会を積極的に作るにしても世間体を気にしなければならないという状態では、積極的に行動できる人のほうが少ないのかもしれません。
どうにかデートまでもっていけたとしても、性格上真面目で内気な人も多いので積極的にアピールできず、女性と付き合うまでにたどり着かない場合もあり難しいのかもしれません。

結婚したいけど恋愛することが苦手

公務員というとひとくくりに安定で堅実そうなイメージをもたれるため、女の人が結婚したいと思われることは多い職業です。
しかし、公務員と一口に言っても、いろいろな方がいます。人と関わることが苦手だったり、一人で過ごすことが好きな方だったりと人それぞれです。

恋愛ということになると、積極的に異性と話す能力や、コミュニケーションの能力が別に求められることもあります。
出会いがあっても、どう相手と接していいかわからなかったり恋愛に発展しないことも多いようです。

公務員と出会う方法・場所

職場で出会う

公務員の特徴のひとつとして、国家公務員でないかぎり地方公務員ではほとんど転勤がありません。つまり、1つの職場や勤務地にいることが長くなります。
そのため公務員の方々も必然的に出会いが少なくなります。職場での出会いが自然と多くなるのも当然ですよね。

しかしここでいう職場は、同世代の人が職場にいることが前提かもしれません。地方に行けば年齢層は上がり、結婚相手を見つけるのは少し難しいかもしれません。

しかし職場での出会いであれば、公務員の仕事内容も分かるのでより親密になり恋愛に発展しやすいかもしれません。

街コンで出会う

公務員の人が相手を見つけたい、もしくは公務員の人と出会いたいと思っている人がいるのであれば、街コンはとてもおすすめです。

公務員の人限定、年齢制限もあったりと色々厳選できた街コンが今はたくさんあります。自分の希望する相手の職業や年収、年齢などを特定して参加することができます。

公務員の中にも、消防士や警察官、自衛隊など細かく分けられていますが、これもそれぞれ限定で開催されるので、公務員の人と結婚したいと思っている人であれば、自分の理想相手にめぐり合えるチャンスになります。

合コンで出会う

まず一つ言えるのが公務員は定時に上がることができ、また基本的には土日祝が休みであるため、飲みに行くという機会が通常の会社員よりも多いといえます。

普通のサラリーマンをしている知り合いや友人達と予定も合せやすく、合コンを開催してくれる場面はたくさんあるといえます。

職場で中々出会いがないと思っていても、まったく違う職種の人と気軽にお酒を飲んだり出来るので話もとても盛り上がるかもしれません。
出会いがなくてもコミュニケーションの輪はとても広がるので、次の飲み会や合コンに繋がるかもしれません。

婚活・恋活アプリで出会う

公務員と出会える場所、公務員の人が出会う場所のひとつとして、婚活・恋活アプリがあります。
仕事が忙しくても、アプリで気軽に異性とコミュニケーションが取れるので相手を良く知ってから会うことができるので安心です。

そして意外にも公務員の人で登録している人も多いようです。昔はアプリやインターネットでの出会いは少し怖いなと思っている人もいたと思いますが、今は本人確認や個人情報も徹底して管理しているところが多いので、安心してはじめることができます。

公務員と結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

公務員と聞くと収入の安定があると思われがちですが、収入が極端に多いというわけではないので、相手にも共働きをしてほしいと思う人が多いようです。

ただ国家公務員、警察官や自衛隊などの場合は転勤も多いようなので単身赴任か一緒についていくかによって変わってきます。
夫婦で正社員として共働きするというのは難しくなってくるかもしれません。

掃除に洗濯、料理そのほかの家事。お子さんがいる場合、子供の世話。家族のお世話だけでもめまぐるしい一日を過ごす事になります。自分の時間はほとんど取ることはできないかもしれません。
ただ、最近はイクメンという言葉もある通り理解ある配偶者であれば、夫婦で家庭の仕事を協力して行くことは可能です。
夫婦でよく話し合い決めれば、共働きをしながら心地の良い家庭を築くことは可能ではないでしょうか。

公務員と結婚したら結婚式はどうする?

公務員の結婚式であれば、偉い方やお堅い人までたくさんくることが予想されるので、昔ながらの結婚式にするのがいいかもしれません。公務員は真面目なイメージなので、お偉いさん達に対してしっかり顔向けできるような式にすることで、満足してもらえる式になるかもしれません。

関連記事