合コン

合コンの「さしすせそ」の法則。法則を学んで実践して合コンで気に入られる女性になろう!

合コンで使える女性の「さしすせそ」法則とは

「さすがですね!」

女性が合コンでモテるための「さしすせそ」の法則。「さ」は「さすがですね!」と男性のことを褒めることです。

持ち上げ上手な女性と話していると、お喋りが楽しく感じられますよね。

この「さしすせそ」の法則は合コンに使えるとても効果的な法則です。
男性は、どんな内容であっても自分が話したことに対して「さすですね!」と女性に褒められると、ついつい喜んでしまいます。
会話の内容がどんなにつまらないことであっても、自分を持ち上げてくれる人がいたら、自然と喜んでしまいますよね。

「知らなかった!」

女性が合コンでモテるための「さしすせそ」の法則。「し」は「知らなかった!」と驚くことです。

男性は自分の知識を披露したがる生き物。たとえ知っていたとしても、知らなかったと答えることで、男性の自己顕示欲が満たされて、好感度もアップするんです。

暗にあなたの話をちゃんと聞いてます、もっと聞きたいです、というアピールにもなりとても効果的。

男性は単純な生き物ですから、これだけであなたをかわいいなと思ったり、好きになってしまうかも。知らなかったと驚いた後に、「〇〇君って頭いいんだね」とか「〇〇君物知りだね」なんて一言を付け加えたら、男性はとても喜ぶはず。

男性はますますあなたに話しかけたくなること間違いなし。
ただし、なんでもかんでも「知らなかった~」と言っていてはわざとらしくなったり、頭の弱い子と思われたりしてしまいますので、彼が得意げにうんちくを語り始めた時などに使うのが効果的ですよ。

「すごいですね!」

合コンの場で、男性に好感を持たれるために有効な女性の「さしすせそ」の法則の「す」は「すごいですね!」や「すごーい」と男性を褒めたたえること。

多くの男性は自尊感情や承認欲求を満たされたときに嬉しくなったりします。
人より優れていると認められる、自分のやっていることや、持っているものが人に素晴らしいと認められると、自尊感情が満たされ、同時に認めてくれた人に好意を持ちやすいものです。

ましてや異性である女性から少しくらい大げさでも、ハイテンションで「すごーい!」「すごいですね!」と言われると、男性は心の中では「お世辞を言っているな」と疑いつつも、ついつい嬉しくなってしまいます。
このように男性は、自分の自尊感情を満たしてくれた女性に対して、知らず知らずにドキドキと好意を感じてしまうものなのです。

「センスいいですね!」

女性が合コンでモテるための「さしすせそ」の法則。「せ」はセンスがいいですね。と相手が持って生まれた物を褒めてあげることです。

この言葉は、服、食べ物、趣味など、様々なことを褒めるために使える万能な言葉です。
世の男性の多くは、女性から尊敬されたい、褒められたいという願望を持っています。この法則は、そのような世の男性を誉め言葉で持ち上ることで願望を満たし、男性の気分をよくさせることが出来ます。

女性が気になる男性に対し、この法則を使えば、相手の女性と一緒にいることが楽しくなる、また、居心地が良いと感じるようになり、好意を持ってくれるようになります。

「そうなんですか!」

女性が合コンでモテるための「さしすせそ」の法則。「そ」は、「そうなんですか」「尊敬する!」「そんなことできるの?!」など褒めることです。

相手の知識だったり、行動に対し、驚いたり、尊敬を表わし自尊心をくすぐることで相手を喜ばすことができます。

世の男性の多くは、女性から尊敬されたい、褒められたいという願望を持っています。
女性が気になる男性に対し、この法則を使えば、相手の女性と一緒にいることが楽しくなる、また、居心地が良いと感じるようになり、好意を持ってくれるようになります

合コンで言葉にしてはいけない「たちつてと」法則

「たいしたことないね」

合コンの法則「さしすせそ」と反対に、絶対に言葉にしてはいけない「たちつてと」の法則があります・
まず、「たちつてと」の「た」は、「たいしたことないね」と言ってしまう事です。

男性なら女性からよく思われたい。強くかっこいい男に見られたい。そう願うのはごく当たり前のことで、その為に一生懸命自慢話をし、女性たちの関心を惹こうとします。
そこで、もしあなたがこの一言を吐けば一瞬にしてすべては台無しです。

それまで仮に、あなたに好意を持ってくれていた相手であっても、その瞬間あなたへの興味が一切なくなる可能性だってあります。
後に残るのは「嫌な女」というとても悪いイメージなままです。
ですから、もし合コンで意中の彼が自慢話をしたら、あなたはとびきりの笑顔で頷いて聞いてあげるように努力してみましょう。

「ちがうんじゃない?」

次に「たちつてと」の「ち」は「ちがうんじゃない?」と否定してしまう言葉です。
せっかくの楽しい飲み会、出会いの場であるはずの合コンで、言われた相手は良かれと思ったことや、自分の知識に対して真っ向から否定されたように感じになってしまい、不愉快な思いをしてしまいます。

その場合、決して真っ向から否定するのではなく、「それも一つの考えだよね。」「こんな案はどう?」など一度肯定してあげてから、別の意見を話すことで相手に対し否定的表現から入ることはありません。
ワンクッション置くことで自分の意見言うことができ、自分に対する相手の評価や合コン参加者の中にも、この人は気遣いの出来る人だという印象を与えることができますよ。

「つまらない」

次に「たちつてと」「つ」は「つまらない」とはき捨ててしまうことです。
頑張って場を盛り上げよう、楽しませようと思っている異性に向かって一言「つまらないね。」などの言葉はタブー。
合コンの雰囲気も一気にどんよりしてしまう可能性もあります。

相手が盛り上げてくれようと頑張ってくれると思って、少しノッてあげることで異性も気分よく合コンに参加できます。

「適当でいいよ」

次に「たちつてと」の法則として、「て」は「適当でいいよ」といってしまう事です。
どうですか?つい、癖のようになっていて、合コンという初対面同士の大切な場面でも、意識せずに使ってしまってはいないでしょうか。

例えば「二次会はどんな飲み屋がいいかな?」 といった幹事の提案や、「3次会はカラオケにしようと思うけど、まだ飲み足りない人もいるから、飲み屋とどっちがいい?」といった参加メンバーからの提案に対して、「適当でいいよ。」と言われてしまうと一気にテンションが下がってしまいます。

例え照れが入っていたとしても、初対面の者同士が話している合コンの場面ではNGだと心得ておくことです。

わざわざあなたの好みを聞いてくれたそのお相手とはご縁があるかもしれません。優しくしてもらったら、誠実に回答して、大人の会話ができるあなたのアピールにつなげちゃいましょう。

「とんでもない」

「たちつてと」の法則で最後「と」は、「とんでもない」という言葉です。

一見良さそうな言葉ですが、、男性から話しかけたあとに相手が「とんでもない」を言ってしまうと、全てが否定されてしまったような印象を受けてしまうのです。

合コンで、特に男性は話を広げ、盛り上げていかなくてはならないのに、全否定されてしまうと、やはり話が途切れてしまうことになってしまいます。

その後に話を変えなければいけませんが、新たな話も、初対面の男女ではなかなか思い浮かばない恐れもでてきます。
そして冒頭でも指摘した、プライドも傷つけてしまい、落ち込んでしまったりして、せっかくの合コンが盛り上がらなくなってしまうかもしれません。

関連記事