結婚

医師と結婚。医師が結婚したいと思う相手の条件と出会える場所。

医師との結婚生活ってどうなの?

医師と結婚すると幸せになれる?

医師と結婚すると幸せになれるのでしょうか?

まず最初に金銭面でいうと、一般のサラリーマンの年収が500万円程度に対して、研修医の段階で400万程度もらえ、医師として働いた場合は1000万以上の年収になることも少なくありません。医師の年収はずば抜けて高く金銭面で家庭を支えてくれるという面では幸せになれる要素があります。

しかしその分医師となれば仕事も忙しいので妻になる人には専業主婦になってくれる人を願うようです。
家庭的で家族を守ってくれるような女性と出会いたいと思っているので、将来専業主婦になりたいと思っている人であれば、医師と結婚するのは幸せになれるといえるかもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
結婚相手になってほしい!男女別結婚したい職業ランキング

医師との結婚は両親から反対されることがあるの?

医師との結婚は、旦那さん側の両親からの反対をされる事があるようです。特に多い理由は、差や違いに固執してる場合です。
まずは、環境の差。教育や育ってきた環境の差による価値観の違いは、離婚の原因になるではないかという心配が生じるそうです。

そして、学歴の差。結婚後、子どもが生まれ、もしその子の学力が低かったら奥さんのせいにされかねません。そう言った理由から女性の学歴にこだわりも強いです。

さらに、家柄の差。医師のお家は代々病院を経営しているお家も多く存在するので、なおさら、相手のお家柄を気にします。自分の家柄と相手の家柄は同等であるかを注目し、下の家柄との結婚はあってはならぬと考えます。

このように、自分自身の問題ではなく、環境や学歴、家柄とすでに決まっている問題での反対を覆すのは難しいです。人柄を見てもらえるよう時間をかけていくことが大事でしょう。

結婚相手は医師。結婚前に知っておきたい仕事内容

医師のお仕事ってどんなことをするの?

医師という仕事には人の命を預かる責任があります。

責任感の強い人間でないと、医師として辛いことがあったときに乗り越えられない場合があります。医師だからといって、薬さえ患者に与えればいいと思ったら間違いです。

病院にはたくさんの病気で苦しんでいる人々がいます。医師は、患者一人一人に寄り添い、「一緒に乗り越えましょう」と、励ますことも大切です。
患者の心に寄り添い、共に病気と闘おうと決心することが大切です。患者との信頼関係もまた大切になってきます。

信頼してくれる患者を裏切らないように、精一杯医師として最善を尽くさなければなりません。

結婚相手は医師!気になる結婚のメリット

裕福な生活を送れる

医師というとまずお金持ちのイメージを抱きますよね。
勤務医でも同じ年代のサラリーマンと比べると3倍程の収入を得ることもあります。

医師の嫁になれば大きな素敵な一戸建てに住んで、専業主婦でお金も自由に使えるので好きな習い事をしたり、友人とお茶会をしたり海外旅行にも気軽に行けます。
まるでシンデレラのような暮らしが出来るかもしれません。
子供にも高教育を受けさせられる、何よりステイタスが高いので黙っていても周りの友人に羨ましがられていい気分も味わえます。これからは年金ももらえない社会になる、働いても貯蓄に回せないという家庭が多い中勝ち組に入ったという安心感が得られるのは最高に気分がいいのではないでしょうか。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
男女にモテる職業17選!合コンや街コンで優位になる職業はコレ

病気した時頼りになり、心強い

医療のプロが家にいることにより、わざわざ病院に行くほどではない軽い症状や少し気になる程度のことを気軽に相談することができます。
症状が軽いうちに、小さなことをプロに相談できるということは、病気の防止につながります。何気ない症状の裏に大病が隠されているということは多々あります。
そのため、はやい段階で気軽に相談ができるということはとても頼りになることです。また、子供の急な熱や、けがなどの場合、救急車を呼ぶべきか病院へ行くべきか、病院が開いていない時間の場合朝まで待つべきかの判断に困ることがあります。
そのようなときでも、気軽に相談、判断を仰げる相手がいることは子供の病気のときにはかなり心強いことです。

また、夫の専門分野でない場合にも、医者同士のネットワークを利用して、評判の良い病院や医師がプロの目線でわかったり、紹介してもらえたりするのも心強いポイントです。

周りの人から頼られ社会的地位が高い

医師という職業はなんといっても、周囲から憧れや尊敬の目で見られることが多く、社会的地位が高いものです。

医師というのはそれなりに知識や学力が無ければまずなることは出来ませんし、医師になったらなったで、需要が多数あり、経済的にも困ることはなく、高い生活水準を送ることが出来ます。

そのため医師になる前から努力が不可欠であり、簡単に誰でもなれる職業ではないことや、頼りにされ、社会的な貢献度も高い職業ということで周囲から一目置かれる社会的地位の高い職業と言えます。

女性は特に、結婚後のパートナーの社会的地位により、自分も同等の地位や達成感を感じやすいのです。医師と結婚さえすれば、自分が努力して医師になり、その社会的地位を得るよりも簡単に自分も同等の地位を得られ、周囲から頼られる存在になれるというメリットがあります。

命に携わる仕事で責任感がある

医師は医学の進歩や病気で苦しんでいる人を救いたいという精神を持っています。
また医師になるためには、沢山のお金と知能が必要になります。女性ならば誰しもが優秀な男性と結婚して頭の良い子供を産むというのは憧れるのです。

また医師となれば責任感がなければ勤まりませんし、生涯職に困ることもありません。
命に関わる仕事なので、1人1人責任感を持って仕事に望んでいます。責任感が強く、誠実な医師とであれば相手側にも夫としての責任感を持ってくれるに違いありません。
そんな彼であれば、自分も夫に尽くしてあげようとお互いが協力して生活できるため、家庭円満で過ごせます。

自由な時間をつくれる

医師は職業柄、多忙で自宅にいることが少ないため、医師と結婚すると専業主婦となり、家事のほとんどを妻が担当することが多いそうです。

そのため、家事の時間をうまくやりくりすれば、自分の自由な時間を確保できます。また、医師という職業は役職にもよりますが、非常に高収入な職業ですので、自分の趣味や好きなことをする費用面でも自由度が高いですよね。

医師と結婚すると、妻は寂しい思いをすると思う人もいるかもしれませんが、1人が好きで自分の自由な時間や金銭的な余裕をつくれることで、案外のびのびと生活できる女性であればとってもメリットになります。

結婚相手は医師!気になる結婚のデメリット

勤務時間が不規則

医師は患者を相手にする職業なので、勤務時間は不規則になってしまいます。
人は物と違って常に動いているしいつ何が起こるか予測がつきません。深夜に電話があって急患が出たということもありえます。
休日や仕事が終わったあとでも、本人はもちろん、家族も一息つくことができません。旅行にもなかなか行けないかもしれません。

当直があれば、帰ってきた夫の疲れを癒すために妻は様々に気を遣わねばなりません。夜勤などもあれば子どもと会う時間も減ることでしょう。
医師と結婚して幸せを夢見ている多くの人は、実際は相手にひたすら合わす生活や育児など一人でこなさなければならない現実とのギャップに疲れてしまうようです。まるでシングルマザーのような生活をしていると思われる人もいるようです。

休日に呼び出しがある

医師は人の命を預かる仕事なので患者さんの容態が最優先です。しばしば患者さんの急変によって家族との予定をキャンセルしたり、休みを返上して病院に駆けつけなければならない事もあります。

せっかく子供ができても、休日にしょっちゅう呼び出しにあうと家族で出かけたりすることが難しくなってしまったり、せっかく外出しても途中で家族が置き去りにされてしまう事もしばしばあるようです。
医師がプライベートの予定に合わせて安定した休日をとることができる可能性は著しく低く妻は仕方のないこととはいえないがしろにされてしまいがちになってしまい、理解のある人でなければ結婚は難しいかもしれません。

仕事が激務で帰りが遅い

休日でも急遽呼ばれれば、出かけていても仕事に戻らなければいけないほど医師の仕事は忙しいのです。
また通常出勤の場合でも、時間内は激務であり休む暇もないくらい仕事をしています。なので当然帰りも遅くなってしまいます。
子供がいても、帰るといつも寝ていて子供と関われない、そんなことも少なくありません。忙しいときであれば、1週間以上家に帰れない医師もいるそうです。

妻になれば、子育てを1人でする上に家事との両立を1人でこなさなくてはいけないのですから、デメリットに感じてしまう人も多いようです。

生活のすれ違いがある

大学病院や私立病院の場合、当直や急な呼び出しや研究や学会出席などが頻繁にあります。このため、結婚をしてからも相手の方は仕事のためといって必ず家にいられるという安心感がありません。

また、結婚をしてもほとんどの時間は仕事に行ってしまうため、家庭にいることはなく家事や育児はもっぱら妻が請け負うことになってしまいます。
帰りも遅いため、時間や生活のすれ違いが多くなります。話したいことや相談があっても、中々時間が作れないなどすれ違いが多く、夫婦の仲もこじれてしまう心配もあります。

勉強会や学会で出張がある

医師は通常の勤務外にもやらなければならないことがたくさんあります。
その中でも、病院内ではできないものが勉強会や学会です。これに出席するしないは、医師の自由ですが、その後のキャリアに大きく関わってきます。

精力的な医師はこれらの会合に足繁く出席し、顔を出し、自分のキャリアアップのために名前を覚えてもらおうと発表を繰り返します。当然、これらの会は、医療機関の休みの日に行われます。なので休日でも仕事といって学会などに出席することも少なくありません。

医師の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

医師の平均結婚年齢はどれくらい?

医師の結婚適齢期には3回訪れるといわれています。
1つ目の適齢期が、大学卒業直後の24歳。18歳で医学部へ入学し、4年間の大学生活がひと段落し、研修医としての2年間の過酷な研修が始まる前に、結婚を考える人もいるようです。

2つ目の適齢期が、研修医終了後の26歳。研修医としての2年間が終わり、ここから医師としてやっていこうという時に、誰かに支えてもらいたいと思い結婚したいという願望がでてくるようです。

そして、三つ目の適齢期が、医師として一人前となる35歳。経験を積み重ね、安定してきたところでやっと結婚というものを考える人も多いようです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

医師が結婚する最適なタイミングは?

医師になるというのは時間がかかります。大学に通っている期間も他の学部に比べて6年間ととても長いです。学ぶ事がたくさんあり、学生時代は結婚はなかなか意識はできないです。

そして、医師免許を取得した後は研修医としての生活が始まります。息つく暇もない程の忙しさが待っています。家にも帰れず、睡眠や食事さえ時間が惜しいくらいです。この時期は先輩達から多くの事を学び吸収したい時期になります。となれば忙しい分、プライベート時間はほぼ作れないと言っても過言ではありません。

最適な結婚のタイミングとして、研修医を終えて生活がひと段落落ち着いた時期がベストタイミングだといえるでしょう。
研修医時代よりは収入も安定し、精神的にも余裕が出てくる時期です。パートナーとめぐりあっても生活できる基盤がしっかりできてから始めて結婚に意識が向く人が多くなるようです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュに戸惑い。ラッシュに乗れる人の特徴とは?

医師が結婚相手にもとめる理想の条件

仕事を理解し支えてくれる人

仕事が忙しく、家にいないことが多ければ結婚相手が家庭のことを一人でなんとかするしかなく、医者をしているパートナーに頼ることはできません。
医師は妻になる人に、仕事を理解してくれる女性と結婚したいと思っているようです。また忙しい自分を支えてくれる内助の功のような女性と結婚したいと思っている人が多いようです。

心置きなく患者や病気と向き合うには、家庭のことを気にしなくてもいいように自分の仕事を理解し、家庭のことはすべてを任せらせるような結婚相手を探すことが大切だと考えているのかもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
男性と女性では違いがでる?結婚したいと思う人の本当の理由

安心して家庭を任せられる人

医師は自分が忙しい分、家庭に目が届かないときもしばしあります。そんなとき家庭を安心して任せられるような人と結婚すれば、安心して仕事に集中ができ、家庭内も上手くいくと思っている人が多いようです。
女性も働く時代になったとはいえ、自分が忙しい時、妻も同じようにばりばり仕事をしているとやはり懸念してしまう部分もまだあるようです。

女性であれば家庭もしっかり支えらるくらいの仕事量であれば医師の理想の結婚相手に近づくかもしれません。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
男性にとって理想的な彼女とは?特徴を理解して理想に近付こう!

癒してくれる人

24時間ほぼ全ての時間を病院内で過ごし、多忙な日々を送っていることが多いので、家庭内での喧嘩やトラブルなどのストレスになるようなことを、避けたいと考えていることが多いです。

その為、業務が終わり自宅に帰宅したときに、自宅ではゆっくりとした時間を過ごしたいので、「ほっ」とできるような穏やかな雰囲気で迎え癒してくれる、パートナーを選びたいと考えることがあるようです。

一生を過ごすパートナーとして男性の本能を満たしてくれるような優しくて穏やかな女性を選びたいと誰もが考えると思います。
自宅に帰宅し笑顔で迎え入れてくれれば、その笑顔で癒されます。
仕事の疲れを忘れさせてくれるような、優しくて癒し系の女性を迎え入れたいと考えることが多いようです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
男性の恋愛論・本気になれる女性の条件とは?男性の恋愛パターンを紹介

お金目当てではなく内面をみてくれる人

医師となると、その肩書きだけで寄ってくる女性を沢山目の当たりにしてきているもので、お金目当てと分かる場合はこちらも遊び回してしまうそうです。

でも一人の人間として、内面をみて、性格を知って、それで好きになってくれる女性が居れば本当に信頼し合える中になれるのです。
外見がいいに越した事はありませんが、それでも内面をみて好きになってくれる女性が居たら男性は嬉しいですよね。

安心感がある人

医師という仕事柄と、世間のイメージは安定して高収入が得られるため、やはりお金持ち、経済力があるというイメージがあります。

それゆえ激務の為、一緒にいて安心感がある女性を選ぶようです。
この女性といれば、安心できる自分をさらけ出せるような女性と出会い、結婚したいと思っている医師は多いようです。

医師が結婚したいけどできない理由

激務な為定期的なデートができない

医者はいつ何が起こるか分からない職業です。普通のサラリーマンのように決まった休みがあって仕事を切り上げられて、ノー残業デーがあるなんていう事はありません。
そのような日程で、いつ何時に待ち合わせ、ということはとても難しい事です。その日の予定ではその時間があいていても、次の日には埋まっているかもしれませんし、急に患者の容態がかわるとすぐさま駆けつけなければならないので、デートまでこぎ着けたとしてもゆっくりデートを楽しむ余裕もありません。

また、激務というのは仕事量だけでなく精神的なものもあるでしょう。日々の仕事のストレスで外出したくないほど疲れていることもあるかと思います。休みの日でも、心が上の空だったり恋愛のことだけを考える日というのは作り辛いかもしれません。そうすると次第にデートから足は遠のくことになります。

仕事ばかりで出会いがない

やはり仕事が忙しいことで、出会いがなく女性と関わる時間も少なく、結婚相手を見つけられないでいる医師が多いようです。

デートが出来る相手が見つかれば良いですが、勤務時間も長いため夜に合コンや出会いの場に行く時間もなければ、せっかくの休みであれば、休息や勉強会に出席したりと自分の時間を作りたいと思ってしまうので、出会える場所がないのです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない人に共通する11の特徴!忙しい社会人でも彼氏・彼女ができる23のコツ

身なりに気を使いすぎてしまう

医師という職業は不特定多数の患者さんと至近距離で接する職業です。

患者さんは医師の身なりが目につきます。
特に白衣というクリーンなイメージの着衣を身につけて仕事をしますが、白衣は汚れが目立ちやすくよほど気をつけていないと、清潔さを守っていないといけません。
白を着ている以上、汚れがあると不潔な印象を患者さんに与えてしまいます。そのため、医師は清潔感を大切にしています。

病院というものは体の悪いところを治すところであって、悪い菌やウイルスが病院に蔓延していれば病気が治るどころか病気をもらってしまいます。ですから患者さんが医師の身なりにとても敏感になります。

とても厳しくきちんとした身なりを求めるのは無理もないことですね。

遊びや好きな事にお金を使い遊んでいたい、自由でいたい

医師という職業に就くためには、高度な学問知識と仕事を継続できるだけの体力が必要です。
職業上の責任は重く、仕事に拘束される時間は長く、長く積み重ねた努力の結果で医師になった後も、仕事中は緊張状態です。

休日ともなれば、自分の稼いだお金を自由に使って遊びたいと思いますよね。そして自分の休日を、自分以外の人のために使うような余裕は精神的にも体力的にもありません。
結婚すれば子供が生まれ、子供を指導教育する時間も必要になります。

本人が積極的に特定の異性と結婚しようとしない限り、独身のままでいるのは別に不自然ではありません。
また医師が優秀な人間であればあるほど、つりあいの取れる異性を伴侶としようとする傾向もみられます。そのような条件に見合う人は簡単には見つからないので、結婚という意思は薄れて独身貴族を謳歌するようになるのです。

医師と出会う方法・場所

病院で出会う

医師と出会うためにはどうしたらいいか、まず10人いたら10人が考えつくのは病院に行くことではないでしょうか。病院へ行けば医師は必ずいます。医師がいなければ病院ではありません。

日本で医師は人口1000人に2.3人の割合でいます。それを多いと思われるか少ないと思われるかは人によると思いますが普段出会うのはなかなか難しいではないでしょうか。医師とは職業柄急な呼び出しなども多く、また異性と出会いたいと感じる2.30代では研修期間なこともありなかなか出会いの場には行けないのです。

医師免許を取得してからもひたすら勉強をしないとついていけないのが医師という職業です。寝る暇もなく、異性と出会っている場合ではないという医師も数多くいます。
その為医師と出会う場所というのは病院だ、と言われることがあるのです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
自然に出会いたいあなたへ。素敵な運命の相手を見つける方法

結婚相談所で出会う

出会いがないと思っている医師にとっては結婚相談所で結婚相手を見つけるのがおすすめです。女性で医師と結婚したいと思っている人も結婚相談所で医師と結婚したいという条件を伝えれば登録している医師と出会うことができます。

メリットとして相談所の膨大なデータを活用できます。一概に医師と言っても様々で、もちろん容姿、身長、年齢、年収など人によって異なります。

相談所なら様々なプロフィールから容易に選択が可能となり、通院や合コンで出会うよりずっと効率的です。また、結果的に自分に合った異性を見つけることが出来ます。

また医師専門の相談所もあり、その様なところは、本人確認をしたうえでの登録されているので、安心して利用できます。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
ダブルプレミアムの口コミや特徴を大調査。ハイステータスな男性を探そう

知人に紹介してもらう

出会いがない医師達が婚相手を見つける手段の一つとしては、知人や上司の紹介など紹介で出会い人が多いようです。
知人からの紹介であれば、相手の年齢や職業、家族構成といった素性が把握しやすく、お付き合いに始まり、結婚する確率も高くなるようです。このことから、医師が違った職業の異性と出会うことは、日常生活の中ではほとんどないことがわかります。

逆に、医師と出会うことも同じように難しく、素性もわからないままお付き合いしようとする医師も少ないようなので、知人からの紹介が一つの出会いとしてあります。知り合いに医師がいるようであれば、紹介してもらえる場を作ってもらいましょう。

合コンで出会う

医者を目指していた学生時代は勉強で忙しく、研修期間や現場で働きはじめたら忙しい毎日で恋愛してる暇がありません。また忙しすぎて恋愛経験が少ない人も多く、いざ結婚適齢期になったときにどうやって恋愛していいかどうすればモテるかわからない人も多くいるようです。

そんな医師達が女性と出会うにはどうすればいいか考えると、気軽に出会える場として合コンがおすすめです。
お互いいきなり結婚は・・・と思っているようであれば合コンから気軽に誘える飲み仲間を作るきっかけにもなります。そこから恋愛に発展すれば成功といえますよね。
結婚したい女性が沢山いる合コンに参加すれば、高収入の医師というだけで高スペックなのでモテようと考えなくてもモテること間違いなしです。

▼ さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない社会人に絶対におすすめしたい恋活アプリ。

医師と結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

医師の勤務時間は、7時30分から17時30分、9時から18時など、病院により違いはあるようですが、基本的には一般の職業の方と変わらないようです。夜勤や当直をする病院もあるようですが、その場合は夕方からの勤務になるなど、時間を合わせるようになっているようです。

産婦人科や小児科、救急医療の医師の人は、急な呼び出しや急患などの対応のため夜遅くまで診療することがあるので難しいところもありますが、それを理由に仕事を辞める方は少ないようです。
同業の方の場合、勤務時間など、仕事に関する理解はあり結婚後も辞めずに続けている人が多いです。結婚後に子供が出来た時などは休職されて、落ち着いたら保育所などに預けて復帰することが多いです。
一般の職業の人でも、医師だから仕事を続けられないといった事は少なく、勤務体系に理解があれば、お互いに仕事をしていても周りの協力を得たり、いろいろ方法はあるでしょう。

医師と結婚したら結婚式はどうする?

医師と結婚するとなれば、やはり白衣やナースの服装で余興やダンスをしてみると、とても盛り上がるかもしれません。白衣を着てダンスをしながら、スライドを流したり、フラッシュモブのように、最初は代表者二人くらいだけが細々と踊り、途中から席に座って見ていたはずの仲間たちも入っていったら面白いかもしれません。

スピーチやメッセージだと伝えたいことがたくさんあって時間を押してしまうこともありますが、歌なら時間きっかりで終わってくれるので、タイムスケジュールを崩して迷惑をかけることも避けられます。曲で盛り上げたあとに、感動のメッセージを伝えることでメリハリが出て気持ちが伝わりやすいかもしれませんね。

関連記事