結婚

商社マンと結婚。商社マンと結婚して幸せになれるメリット・デメリット

商社マンとの結婚生活ってどうなの?

商社マンと結婚すると幸せ?

幸せな結婚生活に必要なものは、愛と言いたいところですが、現実的に幸せになるには一定の収入が必要になります。
日本のサラリーマンの平均年収は、約400万円程度と言われていますが、商社マンはそれよりも高い年収を得ているので、平均以上の暮らしができるかもしれません。
リストラも少なく、福利厚生もしっかりしているので、生活に安定性があります。

しかし転勤が多いため様々な所に住むことになったり、子供がいれば転校が続いてしまう可能性もあります。海外赴任もある会社もあるので、他では味わえない海外生活も楽しむ事ができるので、生活で飽きることはありません。
仕事的に、語学力はもちろん、コミュニケーション能力が高く、社交性もあるので、友人・知人も多いです。そこに愛が加われば、それは素敵で幸せな結婚生活が送れますね。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚相手になってほしい!男女別結婚したい職業ランキング

商社マンとの結婚は両親から反対される?

商社マンとの結婚は女性なら憧れます。しかし、実は両親に反対されるパターンもあります。
商社マンの人と結婚してからこんなハズじゃなかったと後悔する人もいます。商社マンと結婚するデメリットの1つが一緒に過ごす時間がない事です。
まず、商社マンは時間に追われて仕事がとにかく忙しく、また飲み会や会食なども多く、付き合いも多い職業です。付き合いも幅広いから休みでさえ接待などで家でなかなかゆっくりする時間さえありません。

職業柄で出張も多く、転勤も多いのでほぼ別居生活という人も中にはいます。転勤についていく生活も大変です。
そんな環境で結婚したら、子供ができてからは必然と奥さん一人で家事も育児もこなさなくてはいけないです。旦那さんの手助けはあまり望めないです。
結婚するにあたり、かわいい一人娘に苦労させたくないと反対するケースも多いのかもしれません。

結婚相手は商社マン。結婚前に知っておきたい仕事内容

商社マンのお仕事ってどんなことをするの?

商社マンは、国内だけではなく世界中のさまざまな企業のモノの取り引きをしています。総合商社や専門商社での営業がメインです。

売り手と買い手のどちらもより有益な取り引きができるよう二する重要なパイプ役となっています。また、商社マンは日本では人気のある職業と考えられていて、女性受けのいい職種とも言われています。

職業上、コミュニケーション能力と対人能力が万全に身につけているため、飲み会などでも女性に注目されやすく、モテる傾向にあります。
人気のある職種ではありますが、実際には仕事量はとても多く、体力的、精神的にも楽とは言えない仕事でもあります。
私たちが普段で使っているモノも商社マンのおかげで買い求めやすい価格で売られており、商社マンは企業や私たち消費者にとっても重要な役割を果たしています。

結婚相手は商社マン!気になる結婚のメリット

年収が高い

5大総合商社に務める商社マンは年収1千万円を超えるそうです。結婚において年収というのは重要視すべき項目ですよね。

商社マンと結婚は人それぞれですが、家事や育児の協力を期待できず休日もゴルフや食事会パーティー等、いわゆるかまってもらえない状況を覚悟しないといけません。

いつどの状況でもお金は重要です。ましてや遅くまで仕事、突然の海外出張等でほとんど家をあけるような商社マンと結婚するとなると、その心の隙間を埋めるものはお金かもしれません。忙しく家庭を顧みない仕事なので給与も当然高いです。金銭面では満足できると言えるでしょう。その変わり、本人も結婚相手も精神的な強さも必要になります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男女にモテる職業17選!合コンや街コンで優位になる職業はコレ

海外暮らしができる

ただでさえ商社マンは高収入のイメージがありますが、海外赴任をすると国内にいるよりもぐんと給与が上がります
そのうえ、海外で活躍できる能力がある、重要な仕事を任されているといった結婚相手のステータスを明確に魅せることができます。

そんな夫を支えるためについていけば、女性としてのステータスを上げることが可能です。
異文化に触れることで、国内では経験できないことを数多く体験できます。また子どもが生まれた場合にも、同じようにたくさんの貴重な経験をさせることができ、グローバルな視野を育むことができ
ます。

もちろん語学習得も可能です。バイリンガルは将来の職業選択の幅を広げることにもなります。海外暮らしができるということは、自分のステータスを向上するだけではなく、将来的な家族像をより魅力的にするために憧れる人が多いようです。

機転が利く

そもそも商社とは、食品や、自動車、石油や石炭などの鉱物その他ありとあらゆる「もの」を世界中と取引する会社のことです。

その商社で有利な取引が出来るように、売り手の情報を調べ交渉をすすめるのが商社マンの仕事になります。そして交渉相手も日本国内だけではなく、世界中を相手にするようになります。文化の違いや生活習慣の違いもある世界の人々を相手に仕事をしさらに、交渉をすすめていかなければならず、そのため商社マンは相手の要求を察する能力が求められるのです。

そういった仕事の内容から商社マンは自然と機転がきくようになっているのでしょう。職業病ともいえるかもしれません。
ある意味機転がきくということは、常に相手のことを考えているということで、相手の気持ちを汲み取って行動してくれる優しさを家庭でも感じることができるでしょう。

頭が良い

商社マンは、日本全人口の数パーセントしかいないです。当然、商社マンになるためには、激しい競争に打ち勝たなければなりません。その勝負の世界で勝ち残るためには、頭脳が明晰で頭が良くなければ不可能です。商社マンは頭が良い人がなれる職業といえます。

そして、激しい競争に勝つという事は当然それに見合う報酬つまり、収入を得る事が出来るということです。長い人生の伴侶を選ぶ際の重要な要素として、やはり収入というファクターは外せません。高収入な夫との結婚生活は、非常に魅了的であり理想とされる条件でしょう。

自分の為の結婚生活の理想像は、高収入な夫であり、高収入を得るためには、頭が良くなければ得られない。頭の良い人は商社マンなどのごく一部の限られた高倍率の職業に付いているのです。
結婚するならば商社マンになれるような頭の良い人が結婚相手の理想となります。

一生安泰で暮らせる

商社マンと結婚するメリットに一生安泰という理由があがります。
特に大手の商社マンですと、30才で月収一千万円を越える人もいます。平均的な日本のサラリーマンの現在と比べるととても多い額ですよね。

また、商社マンはメーカーから商品を買い、必要な所へ売るという仕事をしています。様々な商品の知識も必要ですし、自分から商品を買いたいと思ってもらえるには、戦略を練る頭脳が必要になります。更に、商品を買ってもらうためには、メーカーや、クライアントとのコミュニケーションの能力も、求められます。
高収入に加えて頭脳明晰で、コミュニケーション能力も高いとなると、人間的にかなり魅力的ですね。そんな、魅力的な旦那様とお金の苦労もなく幸せに暮らせるなら一生安泰で過ごせますね。

▼さらに詳しく知りたい人へ
女性が求める結婚したい男の条件や特徴15選

結婚相手は商社マン!気になる結婚のデメリット

会社の付き合いが多く夜は不在がち

デメリットになるのが、会社の人との付き合いが多く夜は飲み会や会食などでゆっくり家で過ごせる時間が少ないことです。

商社マンは人付き合いを熟してこそ成り立つ仕事のため、どうしても家庭をないがしろにしがちなイメージがついてしまいます。
そして、どうしてそれが仕事を頑張るかっこいい姿ではなく、デメリットとして世間的に見られがちなのでしょうか。
それは、優秀な商社マンほど離婚率が高いという現実があるからです。

そのイメージはドラマや漫画で描かれるだけでなく人づてに聞くことも多い話であるからこそ根強くついているのかもしれません。
仕事をこなす商社マン=人付き合いが多くフットワークが軽い、すなわち家を留守にしがちであり、家族と一緒にいられる時間が少ないのです。結婚した相手と一緒にいられる時間が少ないのが辛く、すれ違ってしまう原因につながるのですね。

これは商社マンである以上切っても切り離せない現実です。商社マンと結婚したいと思う女性はきちんと理解しておくことが大切になります。

出張が多い

商社マンというお仕事は飲み会や出張も多く、自宅に帰れたとしても疲れて眠るだけという人が多くいます。
出張が多いというのは、自宅で過ごす時間が少なくなるということですから、結婚をしても実感が持てない女性が多いそうです。
主人があまり家に帰らない→奥さんは寂しくて浮気をする→離婚になる、というパターンの夫婦もたくさんいるようです。特に、仕事に打ち込んで優秀な成績を上げている人ほど、家庭に目を向ける時間が短くなってしまい、離婚率が上がるようです。

中には世間体を気にされて、離婚はせず、別居をしている夫婦もいるようですが、商社マンは家族の時間などはそんなに多くは持てないようです。
旦那なんて家にいない方がいいわ、といったサバサバした女性なら結婚生活もうまくいくかもしれませんが、出張などで家を空けることが多いのもデメリットの1つのようです。

国内外への転勤がある

海外を股にかけグローバルにビジネスをする商社マンは海外転勤も多いようです。基本的国際派に積極的なので、結婚後国内外への転勤はあり得ると想定しなければいけません。
断ったり辞退すれば出世への影響になるのかもしれません。

もし海外転勤が決まったとして、結婚していれば家族と一緒に移住という選択肢も当然でてきますね。

また海外といってもどこかは妻から指定することができないので、どこにいくかもわからないという不安もあります。その国での食文化に自分の身体が合うのかもわかりません。
様々な面から、海外転勤が多いというのは結婚相手としては大きな不安材料になります。また、商社マンと結婚する多大なデメリットとして考える人も少なくありません。

家事・育児への協力が期待できない

海外に転勤や長い出張となれば、子供がいた場合学校関係や勉強の問題もあり、家族揃って移住するというのは厳しいです。
また出張や飲み会で家に帰れない日が続いて、帰宅は寝るためだけ、そして土日は接待という場合が多いです。交際期間の段階でその辺の察しがつくかもしれませんが、結婚後に現実を目の当たりにして後悔することになるかもしれません。

家事・育児の手伝いをしてくれるイクメンを望むのは難しいのが現実です。商社マンは高収入ですから、家事の問題はお金で解決するのも一案かもしれませんが、商社マンは接待でお客様を楽しませることも仕事の一つです。

当然、接待や付き合いとして高級クラブ・キャバクラへの出入りは日常茶飯事になります。仕事だからと大らかに受け止めることが出来ればよいのですが、不倫されたら…という心配が出てくることもあるでしょう。仕事熱心な商社マンほど離婚率が高いとも言われているようです。

浮気の心配がある

平日は出張、土日は接待のゴルフ等でご自宅にいない時間が多いため浮気の心配があるということもありますが、旦那様がご自宅にいないため、奥様の方が寂しくなり、浮気してしまうというケースもあるそうです。

また、会社での付き合いのためという理由で高級キャバクラ、カラオケ、合コンなどに参加し自分も楽しんでくるというパターンもあるとのこと。さらに、海外勤務となるとパーティー等に誘われることも多くなり、浮気の心配がさらに増えていきます。
優秀な商社マンになればなるほど、その奥様になる方はどういう風に気持ちを切り分けるかが大事になってきます。

商社マンと結婚すると浮気の心配があるという理由は、会社に必要な接待、またはパーティーなどの参加から考えられます。単身赴任になると行動が把握できない分、さらに心配が増える方もいるそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性の恋愛心理とは?行動や会話から分かる心理をご紹介!

商社マンの平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

商社マンが結婚する平均年齢はいくつ?

大手商社が集まる東京都の男性平均結婚年齢は31.9歳です。30代になって結婚を考える人が多くなっているようです。

経済的に安定した商社マンですが、,転勤,外出が多く自宅にあまりいない、育児の協力は見込めない、会社の付き合いに駆り出される、など何かとデメリットも多くある為やはり婚期を逃してしまうのではないでしょうか。

結婚を考えた時期と転勤や海外赴任が重なってしまった場合、やはりなかなか結婚に踏み切れない女性もいるかもしれません。
社交的で活動的、かつ順応性の高い女性でなければなかなか難しいかもしれません。
男性側も仕事に熱中していれば自分の時間がほしかったり、友達と遊ぶ時間が欲しいと、中々結婚に踏み切れないのかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュはいつ?ラッシュに乗れる人の特徴とは?

商社マンが結婚する最適なタイミングは?

もし日本で結婚をしても、いきなり旦那さんの海外駐在が決まってしまったらなにかと大変ですよね。
商社マンで転勤があまりなければ、結婚のタイミングはいつでもあるかもしれませんが、大半の商社マンは転勤や海外への転勤がつきものです。
辞令が出て、お付き合いしている人がいれば転勤のタイミングで結婚するきっかけになることが多いようです。

また、転勤の時期が1年など期間が決まっている場合は、帰ってきて落ち着いてから結婚するのが一般的です。結婚のタイミングはやはり転勤や長い出張期間を経てからということになるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたの彼氏はいくつあてはまる?行動で分かる結婚したい男性心理

商社マンが結婚相手にもとめる理想の条件

しっかりした金銭感覚がある

商社マンは年収は高いのですが、とにかく仕事が忙しく一日の時間のほとんどを仕事に取られます。そのため自分の趣味や旅行などの娯楽にお金を使う人はあまりいません。

家にいる時間も少ないため家庭を女性に任せたい気持ちが強く、家庭の財布事情をしっかり管理してほしいようです。
自分のことにお金を使う機会が少ないので、自分の稼いだお金で女性がブランド物のバッグや財布を買うことも嫌がるでしょう。そのため、商社マンはブランド物をたくさん持っている派手な女性よりも清楚な服を着ている人を好むようです。

家庭の生活費をしっかり稼ぐ商社マンですが、自分が管理する時間が無い分、結婚相手にはしっかりとした金銭感覚を求めるようです。
使えるお金がたくさんあるからと言って浮ついた生活をする人よりも、家や車など二人に必要なものにお金を使うように家庭のことを第一に考えられる堅実な女性が商社マンと結婚出来る傾向にあるようです。

サバサバしている

男性商社マンは、社交性を気にする人が多く、パーティーや食事会など一緒に参加する場合、気配りの効く女性を好みます。
また、仕事とプライベートを上手に分けるためにも家では余計な心配をしたくないという思いもあると思います。
うじうじせず、しっかりと物事を分けられるさっぱりとした性格の人を好む傾向にあります。

サバサバした女性というのは同性からしても好印象であり、さまざまな場面での順応性に適した性格ともいえます。
突然の海外出張にも順応してくれるような後腐れのない性格がいいのかもしれません。男性商社マンには積極性も必要なようです。休日遊びにさそってもいいのか、疲れているのではないか等と、うじうじと人の顔色を伺うようでは難しいでしょう。思い切って行動できるような女性でないと、忙しく社交的な男性商社マンとは付き合っていくのが大変なのかもしれません。

環境順応力がある

商社マンは海外勤務が多く目まぐるしく転勤があります。以前までは商社マンの海外勤務は先進国でのものが大半でしたが、商社というものの性質や世界経済が変わった事が原因で発展途上国で働くケースも増えてきています。

赴任国によって言語、治安、気候、衛生、食事などが日本とは異なる環境に置かれることもあり環境順応力が必要となってきます。留学経験などの外国生活経験がある人が好まれる事情もあるようです。また、言語だけではなく赴任国にどれだけ馴染めるかが重要とされています。

さらに、海外勤務となると社交の場が増えます。優秀な商社マンは人付き合いを一番大切にしますので、公式・非公式含む行事がたくさんある為、ちょっとした気配りができたり、会話をしっかりと理解した上で気の利く一言で場を和ませたり。社交的で環境順応力のある異性が求められています。

社交性が高く気配りができる

商社マンは取引先だけではなく、その取引先に繋がる人脈も大切にします。
仕事上人と上手く付き合えてコミュニケーションも取れるので、仕事以外の例えば展覧会やその奥様の誕生日に妻を連れていったりすることもあります。妻になる人も、自分と同じように出来る人を望みます。

初めて会った人にも気配りが出来る人だと、またそこから人脈が出来るのでとても鼻が高くなります。
無論自分より格上の上司とご飯に食べに行くなどあるので、ある程度のマナーと気配りが出来ないと場も崩してしまいます。

商社マン自身の顔を売るためにも、人と上手く付き合い品格のある立ち振舞いもでき気配りも出来る、そんな結婚相手を求めるのかもしれません。
また服装もそういった場に行くのなら、上品な場にあった物を求められます。印象が大事なので、人はまず顔、服装で判断するので身につける物も気をつけなければならないです。
プライベートでも仕事上の付き合いもある、それに適応出来ることを相手に望むのです。

旅行等各地を転々とするのが好き

商社マンは仕事柄転勤が多いです。旅行好きな人は慣れない土地に臨機応変に対応することが得意でしょう。転勤先の土地にもすぐに馴染むことができるという能力は商社マンの妻にとっては大切です。

特に、商社マンは海外勤務の可能性も他の仕事の方に比べて格段に多いです。そういった場合、海外での暮らしについて抵抗感の少ない人を妻にしたいと考えるでしょう。
できれば一人で海外旅行に行けるような語学力、もしくはコミュニケーション能力があると助かります。また、商社マンになろうとする人はそもそも旅行好きが多いです。いろいろな国に行ってみたくて商社を受けたという方も少なくありません。

かなり忙しい仕事のはずですが、長期の休みが取れるとすぐにどこかへ旅行してしまう人が多いのです。そういったときにテキパキと準備をして一緒に楽しんでくれるような女性が理想なのです。

商社マンが結婚したいけどできない理由

仕事が忙しい

仕事量が多いのも確かですが、仕事にやりがいを持っており、また、責任感が強く忠実に仕事をこなしていることで結婚したくても出来ない理由のひとつになるようです。
自分の時間、プライベートなどは無いに等しいので時間を合わせることが難しくまた仕事と両立となるとなかなか難しくなります。

また所属している会社によっては転勤もおおく、そのため1人の方が楽と言った声もあります。

ですが商社マンの方は人を見る目は確かです。仕事をしている上で色んな方と出会い、話をするからです。仕事で培った人を見ること、これはもう癖というより人と接する上で当たり前になっているのでしょう。
だからなかなか理想の人に出会えない上、忙しい夫を支えられる女性が少ないというのが現状です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない人に共通する11の特徴!忙しい社会人でも彼氏・彼女ができる23のコツ

出張・海外赴任で出会いがない

年収もよく、働き者が多い商社マンでとてもモテるのですが、結婚となると女性からするとデメリットが多いイメージがあると一般的に言われています。

例えば、出張が多くほとんど家にいない、また海外赴任があり結婚したらついて回るのがとにかく大変。そうなると、結婚して子供ができたらなお大変かも…という考えになります。

また商社マン自身出張や海外赴任が多く、出会える時間が少ないというのが大きな原因になります。出会いたいと思っていても、1週間後には出張がある、などでデートする時間が遠くなってしまい中々良い人にめぐり合えないということが多くあるようです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
自然に出会いたいあなたへ。素敵な運命の相手を見つける方法

金遣いが荒いと思われてしまう

商社マンの人が金遣いが荒いと思われている理由は、商社マンという職業は収入の上がり方が他の職業の収入の上がり方より激しく、お金に対する堅実さが育くまれにくいため、ついつい財布のひもが緩んでしまう傾向があるからです。

特に商社マンの収入で特徴的なのは、初任給はそれほど高くないのに、若い時期から収入がぐんぐん上がっていくことです。30代ですでに年収1000万円に到達します。20代から30代にかけての収入の上昇は額は、なんと300万円以上にも及ぶのです。

役職が付くようになる40代ともなると、少なくとも年収1600~2000万円に届きます。この状況から結婚の適齢期、つまり30代前後で異性と盛んに交際する時期が収入の上昇の時期と重なり、金銭感覚が鈍くなり、おのずとお金の使い方が乱暴になって、気が付いたら相手に「金遣いが荒い」という、マイナスの印象を与えてしまう結果になるということです。

商社マンと出会う方法・場所

婚活パーティで出会う

商社マンとして働く男性は多忙を極めています。合コンのように自分の条件に見合うか分からない形での出会いよりも、相手に対し大まかな条件を限定しやすく時間も含め自分の都合との効率がいいと言った理由から、婚活パーティーを利用しています。

婚活パーティーに参加する商社マンは、基本は遊び相手ではなく、しっかりとした付き合いを望んでいる人が多いため「婚活」と言ったハードルが上がった中で、よりその女性の服装、身嗜み、振る舞い、社交性も見て取れるのでおすすめの出会いの場です。

そして商社マンは金銭的に余裕があるので、いい相手を見つかれば高額でも支払える経済力も伴っているので自分の空いた時間で婚活パーティーに参加している人も多いそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない社会人に絶対におすすめしたい恋活アプリ。

職場で出会う

社会人として1日の中で一番長く過ごす場所は職場になります。派遣社員は女性の働きやすさを考慮していることも多く、ひとつの会社で就業する期間が定められていることもあります。
つまり派遣社員は正社員と違い様々な職場に行く事が多くなり、それに比例して出会いの場も多くなるのです。

そして就業期間が定められていることによりその期間の中でより距離を縮めようと積極的になる傾向があるようです。また、派遣社員は様々な職場に赴くためコミュニケーションを取るのが上手い方が勤めている可能性が高くなります。

正社員のように安定した就業と違い、派遣社員は派遣切りがありますので少しでも就業期間を伸ばそうと、気配りや清潔感など細やかなところに気を遣うようになるのも理由のひとつになるでしょう。仕事量に関しても正社員と派遣社員では量も違ってくるので、職場での出会いを恋愛に発展させる機会が増えるのかもしれません。

職場で働いている人も派遣社員の人が入れ替わりで入ってくれば、出会える回数も増えてきます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性は気になる女性にどう接する?脈ありな言動をピックアップ

合コンで出会う

商社マンとなる男性の多くが肉食系で好奇心が旺盛な為、社会勉強も兼ねて合コンをセッティングし参加する人が多いそうです。

また、海外へ転勤の可能性が多くある商社マンは一度転勤が決まってしまうと何年もの海外生活が確定しており、帰ってきた頃には婚期を逃していた…という可能性があるので、若いうちに生涯の伴侶を見つけたいと願い、出会いの場を求め合コンへの誘いに乗ります。

また高給の商社マンは羽振りが良く、合コンでの飲みに2万や3万を使う事に躊躇しない人もいるそうです。女性はそういったメリットを求めて商社マンが参加する合コンへの参加を希望する人も多くいるのだそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
合コン必勝法!男女別でみる合コンでのモテテクをマスターしよう!

婚活アプリで出会う

商社マンは忙しく、空いた時間に自分の求める条件に合う女性を探すことができる婚活アプリで出会うのもおススメの1つです。

彼らにとって人脈はとても大切です。そのため食事会やパーティーなどへの出席機会が多くなります。その時に配偶者を同伴することがステータスの一つになるため、結婚願望は高いです。

しかし、彼らはとても多忙です。仕事の空いた時間で条件に合った相手を探すことができる婚活アプリが、真剣に結婚を考えている商社マンに最近重宝されているのです。

ただしこのようなアプリにはサクラの問題やセキュリティー面等、不安に感じる点も多いと思います。そのため、身元確認がきちんと取れているアプリを選ぶことが大切です。例えばフェイスブックと連動しているアプリなどを使うように心がけましょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
オミアイの口コミや特徴を徹底比較。毎日25,000組がマッチング婚活サイト

商社マンと結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

商社は担当するプロジェクトが3年から5年の間に変わり転勤を伴うことが多いので、結婚相手側は結婚後に同じ仕事を続けるのは難しいかもしれません。担当変更にも色々とあり、同じ勤務地でも顧客が変わるだけのこともあれば、日本国内だけでなく海外に転勤になることも少なくありません。

また、商社マンの多くは出張や飲み会も多く毎日が目まぐるしい生活なので、家族との時間が取れず、子供がいても家事や育児の協力はあまり望めません。出張や飲み会が多い分、遊びや浮気の心配もあり、なかなか家に帰れない人もいるので、結婚相手には精神的に自立したサバサバした女性でないと、結婚生活を続けるのは難しいでしょう。

優秀な商社マンであればあるほど、家族は二の次になってしまう傾向があり、離婚率も高くなっているのが現状です。但し、旦那がなかなか家に帰ってこれなくても気にしない人であったり、どこへ転勤になってもすぐに馴染める女性であれば共働きも可能かもしれませんね。

商社マンと結婚したら結婚式はどうする?

商社マンとの結婚式は、商社の上司や偉い人たちがたくさん参列することが予想できます。大人らしい素敵な結婚式を演出しなくてはいけません。余興や司会進行、二次会にも気を遣い、あまり派手になりすぎない旦那さんの顔を立てられる結婚式を心がけるようにしましょう。

結婚式の形式を崩さず、代表のご挨拶や、両親への感謝の気持ちの手紙など礼儀をしっかり伝えられ感動できる結婚式にすることを心がけてみましょう。

結婚式では色々な人達が参加するので、席順や位置などもしっかり確認することが大切ですね。

関連記事