結婚

歯科医師と結婚。結婚相手にふさわしい女性になるための知識とポイント。

歯科医師との結婚生活ってどうなの?

歯科医師と結婚すると幸せ?

歯科医は勤務医としては普通のサラリーマンと変わらないお給料であり、日々勉強と仕事の両立で忙しい毎日です。
しかし、開業医として成功すると年収が大きく跳ね上がります。開業医として成功するためには、勤務医時代の日々の努力が必要なので真面目な勉強家、努力家が多いです。

さらに、開業医になる前に様々な人との人脈をつくっておくことも大切です。思いがけない人とのつながりがあるかもしれません。そう考えると、開業医になればちょっと遠い存在に感じるかもしれません。

歯科医としては患者さんから信頼されないことには仕事にならず、医療は日々進歩するものなので勤務医時代同様日々の努力も必要です。開業医になって急にお金ができてしまったからといって関係が悪くなることもないでしょう。日々忙しい歯医者の旦那さんをサポートしてくれる奥さんは開業医になっても必要とされるので、良い関係が続きます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい!幸せになれる結婚までの6つの近道

歯科医師との結婚は両親から反対される?

女性が結婚を意識する20代のころ、相手がかなり年上の開業医である場合は例外ですが、同年代の駆け出しの歯科医の場合は年収がサラリーマンと同じくらいです。
しかも、常に進化している医療の現場では学ばなければならない知識も非常に多く、勉強のために実費で講習会に出向くことも多いのです。若い歯科医は特にお金もプライベートな時間も少ないのが現状です。

もし結婚したとしても、歯科医であるパートナーが家事育児に関わる時間は少ないと考えるのが賢明です。1人で子育てをこなして専業主婦としてパートナーを支えていくような志がないと、結婚生活は厳しいものになるでしょう。

開業医として活躍していくにも、設備投資やメンテナンス費をはじめとした出費は、新規の患者獲得のためにも必要ですから経営を続ける苦労も理解してあげなくてはいけないのです。
その部分で親に心配されてしまうケースも多いかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
女性が求める結婚したい男の条件や特徴15選

結婚相手は歯科医師。結婚前に知っておきたい仕事内容

歯科医師のお仕事ってどんなことをするの?


虫歯や歯肉炎などの歯や歯茎のトラブルを始め、歯の洗浄や歯並び、義歯の装着など、歯に纏わるトラブルを解消し健康を保つために治療、予防してくれる、歯を専門とした医師のことです。

口内炎などの口腔内疾患の予防、治療も歯科医師の仕事です。歯科医師になるためには、普通6年生の大学歯学部か歯科大学を卒業し、歯科医師国家資格に合格しなければならず、最近は歯科医師の増加に伴い試験の難易度が上がり、合格率は6割程度です。 歯科クリニックは現在飽和状態であると言われ、その数はコンビニの1.6倍と言われています。

この歯科クリニック戦争で他のクリニックに淘汰されないためには、歯科医師はただ歯の治療をするだけでなく、独自のサービスや強みを持ったり、親しみやすさ通いやすさなどのコミュニケーションスキルも求められるようになってきています。

結婚相手は歯科医師!気になる結婚のメリット

歯の治療をしてくれる

歯科医師と結婚して治療してもらえれば、歯の治療が自費のものでも、技工代だけですむともいわれています。
虫歯とかで治療してもらえれば、治療費の価格が値打ちになります。また、歯科医師のほとんどの方が、自営業で開業されてる方が多いので、融通がききます。

また、今のご時世、ホワイトニングや歯の矯正等、プラスアルファの事をされる方が多くいます。
自分に子供ができた時に、歯の矯正を考えると高額な為、あきらめざるおえない方がいます。歯の印象で顔の印象も左右されると思います。歯の矯正等、家族の方がやられたら安心感も生まれるでしょうし、金額の事を考えないですむというメリットが大きいです。

また、歯のお掃除やホワイトニングを、頻繁に歯のメンテナンスができますね。歯に対して関心が高まっているからこそ、歯科医師と結婚し治療をしてくれるというメリットが大きいです。

家族との時間を作りやすい

歯科医師はサラリーマンと違い夜勤がないため、家族との時間が作りやすいようです。そのため歯科医師と結婚したい人が多いようです。実際サラリーマンは会社の中で働いているので様々な人との出会いも多く、会社付き合いとして飲み屋に行ったりすることも多いようです。

しかし歯科医師は開業して自分の病院を持つ人が多いため、経営を保つためにも医師としての能力を高めるために日々勉強です。そのため外に飲みに行ったりするような時間もなく家で技術を磨き、それを家族が支えるような生活になると思われます。
そういった面でもサラリーマンと違い、外に遊びに出る時間が少ない分、家族との時間も作りやすいという理由があげられるのではないでしょうか。実際、外に遊びには出ないが技術を磨くために日々勉強で自由な時間ばかりではないようです。

安定した休みがある

歯科医師は病院の開業時間が決まっており、基本的な勤務時間は8時から19時であることが多いです。
完全予約制の歯医者であれば、時間ごとの患者数も決まっていますので就業時間が大幅に遅れることはあまりありません。一般的には、水曜日と土曜日の午後と日曜日が休みなようで、普通の医師は緊急の呼び出し等日中夜、休日関係なくありますが、歯科医はそういったことがほとんどないのが、人気の理由といっても過言ではないでしょうか。

安定した高額の収入に加え、安定した休日があることは、結婚相手としては大変魅力的なようです。結婚相手に好条件を求めるにしても、現実的な未来が見えないと不安ですが、歯科医師のように、収入や休日、勤務時間がおおよそ検討がつくことは、結婚相手を探す際の「どのような結婚生活が送れそう」かが想像がつきやすい点で有利なアピールポイントになるようです。

収入が良い

歯科医師は収入がよい、というイメージがある一方、街中で歯科クリニックはもはやコンビニエンスストア並みに溢れており、競争も激しいイメージがありますが、果たしてどうなのでしょうか。歯科医師と結婚したいと思っている女性たちの理想は満たされるものなのでしょうか。
最近の歯科は虫歯以外に歯のメンテナンスで通う人が多くなっていたり、さまざまな技術が開発されていて自由診療で自由に価格設定できる施術も増えていることから、実際かなり収益を上げているようです。

それほど多忙であるならば、なかなかプライベートの時間が取れないのではと思われがちですが、他の分野の医師と異なり、勤務時間がある程度決まっており、不規則性はありません。ま
た将来は独立開業する人も多く、より一層安定した勤務スタイルが可能となります。

親も歯科医師が多く裕福

高収入というのも大きなメリットです。
将来の安定した収入に加え、お子さんが居ても生活の安定は確保出来ると考えて良いでしょう。
2010年から2015年までの6年間の平均年収値は下記になります。

年代 平均年収
30代 600~750万
40代 800~1100万
50代以降 1000~1100万

この年収であれば歯科医師と結婚すればほぼ専業主婦の方が多くなっています。

また、親も歯科医師の場合が多く、昔から裕福な生活を送っている人が多いです。なので、親の歯科を継ぐ人もいるので一生安泰で裕福な生活を送れる人が多いかもしれません。

結婚相手は歯科医師!気になる結婚のデメリット

講演会が高額な為出費がかさむ

歯科医というと高収入というイメージが強く、結婚相手にふさわしいと思われる方が多いですが、歯科医の実情はそうではありません。歯科の技術は日々進歩しています。向上心の高い歯科医師の場合、自らの医療技術を高めるため、新しい技術を学ぶため講演会や勉強会への参加を欠かすことができません。

例えば日本歯科新聞社が運営しているものでも、クラウン・ブリッジ、デンチャー、インプラントなどのカテゴリーごとに勉強会の情報が掲載されていますが、ほとんどが有料で高額の費用がかかります。
また講師の先生も歯科医であるため、休日に開催される場合が多いです。つまりほとんどの歯科医師の生活は日々の診察と勉強会に追われプライベートの時間が少ないのが現実です。勉強会への参加を怠れば、最新技術から取り残され淘汰されていく運命です。

それが歯科医師と結婚するデメリットとして「講演会が高額な為出費がかさむ」といわれる理由です。

休日も勉強会や講演会がある

歯科医師に限らず、医療の世界は常に新しい治療法の発見の為の研究が行われています。休日にもかかわらず、医療の発展のためにセミナー等に参加するということは、家を空ける事が多いということです。パートナーがお休みの日なのに一緒に過ごす時間が確保できない、仕事への熱意があるために家庭を顧みてもらえないことが心配になりますね。

また、パートナーが不在ということは、必然的に自分が常に家にいなければいけない状態になります。自分自身が家庭に拘束され、自由がない生活は息苦しいと考えてしまいますよね。パートナーとのすれ違いが多くなり、結婚生活がうまくいかないのではないかと不安に感じてしまう人が多いのです。不安に思う気持ちはよく分かりますが、そういう風に思うのなら歯科医師とのご結婚は考え直すほうがいいでしょう。

あなたが結婚したいと考える歯科医師は、そのステータスに魅力があるからですか?それともその人が仕事で輝く姿に惹かれてですか?もう一度自分の心に問いかけてみて下さい。

収入はいいが歯科医によって年収に差がある

年収の差は以下の4つによって異なります。
どこで、どれくらいの規模で、どのように開業して、診療していくか?
都心で開業するか、建物、助手等を含めた規模の差。そしてそもそも開業するか否かの差です。
1日に、何人の患者さんを診療していくのか?いわゆる具体的なレセプトの点数目標がどれくらいかによって年収差があるといわれています。

その集患は、どのように行っていくのか?患者を集めることが大きなポイントになっています。当然、患者は歯科医にとって大きな収入源です。信用や綺麗さ、丁寧さなどが医者だけでなく歯科医院全体に求められています。

設備投資や開業時の自己資金はどれくらいなのか?事前にかかる費用を借金で賄った場合、その返済を収入から充てるので当然収入格差が広がります。そのため、自己資金が多ければ多いほど、収入に差が出ることになります。

お育ちはいいが、常識に欠けるところがある

まず一般的に歯科医になるためには歯科大学への進学などお金がかかるため、基本的にお金持ちの家の子でなければ歯科医になることが出来ません。そして、多くの場合が実家も歯科医院または医院などを開業されているという特徴があります。従って歯科医の多くはお金持ちの開業医の子どもということが言えます。

「常識に欠けるところがある」という問題に関しであればお金持ちの家で育っているため、庶民的な価値観から見ると金銭感覚はズレているように感じるでしょう。また、歯科医(開業医)というのは想像以上に忙しい仕事であるため、歯科医の親が仕事に忙しく子どもの躾にまで手が回らず奔放な子どもとして育ち、そのまま大人になるケースもあるので常識が欠落しているという可能性も考えられます。

なお、歯科医は医師になるよりは簡単であるため医者になれる学力を持たなかった者が歯科医になるという場合もあります。この場合、本人はすさまじい劣等感を抱えて生きていることがあり、その劣等感からくる衝動的な行動が常識から逸れる可能性が高いという見方もあります。

歯科医師の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

平均年齢

歯科医師は結婚するのが多い年代は幅広くなっていて、早いかまたはものすごく遅くなるかのどちらかになっているようです。

歯科医師というのは誰でもすぐに一人前に慣れるわけではなく若いうちは毎日多忙で勉強をこなさなければならないために、女性とお付き合いをしている暇もないのだそうです。そのために、多忙になる前に結婚するか、結婚する機会を逃した場合は歯医者を開いてから落ち着いてやっと籍をいれるということが多いのだそうです。

歯科医師と言うと女性からも旦那さんにしたい人気の職種であるように思いますがなかなか忙しい職種であるがゆえにタイミングが大切です。医師である以上仕事が最優先になるというのも仕方がないです。歯科医師を旦那さんにしたい方は忙しい中でも癒しを与えられて陰ながら支えてあげられるような姿勢が大切です。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

最適なタイミング

歯科医師は、はじめは総合病院の口腔外科で働くか、歯科医院で働くことがほとんどです。それには理由があり、いずれは歯科医院を開業する。と歯科医師のほとんどが考えているからです。

現在は歯科医院が至る所にあり競争率も激しく廃業する歯科医院も珍しくありません。なぜなら、市街地に開業すれば患者の取り合いになりますし、市街地から少し離れた場所で開業しても、他に少なからず医院もあり、良いクチコミがなければ患者は増えることはまずないでしょう。

ですので歯科医師の結婚のベストの時期は、総合病院での役職への昇進後か、歯科医院開業後に患者数が増え、軌道に乗った時がベストだと考えます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュはいつ?ラッシュに乗れる人の特徴とは?

歯科医師が結婚相手にもとめる理想の条件

一緒に経営を支えてくれる人

現在、歯科医師は約10万人いるとされ、2030年には13万5千人になると予測されています。歯科医院も増え続けており、同じ地域の中にいくつも歯科医院が存在するところもあります。
ただ、その一方で人口は減り続けているので、自然と患者の数も減っていくことになります。まさに歯科医院は飽和状態にあると言えるのです。歯科医院の中には常に患者がいっぱいのところもあればそうでないところもあります。飽和状態の中でいかにして生き残っていくかが重要となります。

歯科医は普段の診察に加えて、自身の腕を磨くために研修に行ったり、夜遅くまで残って練習したりしています。こうした努力が経営に関係してくるのです。想像以上にハードな仕事であるため、この仕事の大変さを理解したうえで共に支えてくれる人の存在はとても大きく、結婚相手として理想的と考えるのです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性が本気で思う結婚したい女の16の特徴

家庭を守ってくれる人

医療の技術は進歩していく中で、仕事をしながら勉強をして技術を磨いていくのが歯科医のつとめでもあります。
歯科医といっても固定の常勤医として働いていく方もいれば、大概の方は開業医を志すといいます。

自身で開業するとなると、今までの下積み経験にプラスし、多く人脈をつくり開業までの道のりを作り出さなければなりません。その為の営業や勤務しながら勉強もしなければなりません。その労力を考えると、数少ない家での時間は、ストレスを解消できる場ではなくてはなりません。

家庭にやすらぎや癒しを求める方が多いため、片手間の家事というよりは、専業主婦という形を求める方が多いようです。また、開業医になると年収はぐんと高くなります。自身の仕事を仕事を理解し、クリニックへの気遣いができる女性、さらには家計をしっかりとやり繰りできる方が望まれています。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性と女性では違いがでる?結婚したいと思う人の本当の理由

身内やスタッフに気配りができる人

歯科医というのは、高収入ということもあって、結婚相手として好まれる職業ではあります。実際に歯科医という仕事は、日々技術が進歩していることもあって、資格をとって開業したからもう安心という訳ではありません。
日々、治療を行いながら研修を受けたり、病院の経営のことを考えたりとかなりの激務であることが多いのです。

そこで、結婚してパートナーとなる人には、激務であることを理解してくれることが第一条件でもあり、自分が手が回らない分、身内やスタッフに気配りをして、フォローしてくれる異性を求めます。どんなに仕事ができても技術があっても、忙しさで身内やスタッフをないがしろにしてしまっては結果的には良い歯科医になることができず、元も子もありません。

自分が足りない分を結婚するパートナーが助けてくれればと考えるのです。もちろん、激務をこなす自分のことも理解して労わりの気持ちのある異性が人気であることは言うまでもありません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性が好きな女性のタイプは?外見と内面をチェックしよう!

一緒にいて安心感がある人

歯科は他科に比べて夜勤などが無く一見楽そうに見える反面、開業される方が多い為地域密着型の生活をされる方が多いようです。

自宅がそのままクリニックな方も多い様で、職場と自宅の境があいまいなパターンも多く、プライベートにより安らぎを求める傾向があるのではないでしょうか。

また開業されていなくても常に最新技術を学んだり、一人前の歯科医師になるまでに病院を転々とされたりと業務自体も大変激務の様です。そんな激務な状態でいるので家庭で「ほっ」と出来る事を強く望んでいます。また開業されればそのクリニックを守っていかなくてはならなくなるので、仕事に対する責任感は強くなります。

そのため、パートナーにするのであれば「この人なら」というような安心感を強く求める傾向にあります。特に開業されている方は地域密着の性質上患者さんのみならず近所の方の評判も気にしなくてはなりません。その場合、プライベートな時間では一緒にいて安らげる相手を求めるようです。

共働きしてくれる人

歯科医研修中だけでなく歯科医師として開業してからも新しい技術のための勉強をしています。働きながら勉強もするのでサラリーマンよりも多忙なことが多いです。

歯科医師の多忙さを理解できない女性はお付き合いをしても長続きはしません。
歯科医師と結婚するのに資格などはいらないですが歯科衛生士など一緒に働ける資格があると職場で医師を支えサポートできる存在になります。

また開業医はお金を持っているイメージを持たれる方も多いとは思いますが最新の機器を入れたり機械のメンテナンスや人件費など経営費を考えるとマイナスになる場合もあります。奥さんが外に働きに行ってくれると生活費の保証が少しは確保される面も大きいかもしれません。
お金目当てで寄ってくる女性も多いと思うので自立している女性と共働き結婚したいと考える方もいらっしゃいます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
キャリ婚の魅力と口コミを徹底調査。仕事と結婚を両立したい女性必見!

歯科医師が結婚したいけどできない理由

スキルを得て収入を安定させるまでに時間がかかる

歯科医師になるのは内科医などほかのお医者さんになるよりも簡単ということから歯科医師になる方が多く今や歯科医院はコンビニ以上あると言われているそうです。

就職してもほかのお医者さんよりお給料が少ない、開業しても保険点数も低いし儲からない・・・というようなネガティブな意見が多いようです。もし開業してもサラリーマンと違って安定した収入ではなくなるので、収入を安定させるまではなかなか結婚に踏み込めないのです。

ひと昔前のように歯科医は苦労せずに高額な年収を得られるという考えはもう古く、今の時代、歯科医師の方はとてもシビアに見られてしまいます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男女にモテる職業17選!合コンや街コンで優位になる職業はコレ

経営が軌道に乗るまで仕事と恋愛の両立が難しい

歯科医師の方は結婚願望が高いにもかかわらず、なかなか結婚には至らないケースが多いそうです。

歯科医師が結婚を希望しているのに中々出来ない理由としては、まず開業までに時間がかかること。実際に勤務して経験を積み、歯科医師としてのスキルアップが必要です。一人前の歯科医師になるために、それらにどうしても時間を割かなければなりません。

そして、「開業してから経営が軌道に乗るまでに時間がかかる」事があります。開業したとしてもすぐに患者さんが来てくれるわけではありません。患者さんが定着するまでに、また時間がかかっているのが現状です。どうしても結婚相手には「安定した収入」が大切な条件になってきます。ちょうど結婚活動の年齢にあるときは、開業準備などにかかり今季を逃してしまいがちになります。それらにより、「仕事と恋愛の両立が難しい」と言われています。

忙しいので予定を合わせずらい

歯科医師の場合、大きい病院で技術を身につけて開業する人が多いです。
若い頃は必死で勉強し、30代くらいになると開業するのでそれまでは結婚したくても時間がありません。開業したら婚活ができるかといったらそうではなく、開業してからも経営をうまくやっていくためには患者に満足のいく治療をしていかなければなりません。そうなると結婚したくてもなかなか恋愛をする時間が作れず、結婚したとしても勉強しなければならないので家族の時間を大切にしたくても、日々の仕事や勉強の多さにうまくいかないこともあります。

それを覚悟で支えてくれるような奥様でないと家庭を築くことはできません。歯科医師で開業していれば、ある程度自由な時間が作れそうというイメージがあります。しかし、私たちの想像よりはるかに忙しくて予定が合わせにくいお仕事のようです。

歯科医師と出会う方法・場所

歯科医院

歯科医師に限らず、医師という職業は、勉強等に忙しく、開業してからは仕事で多忙であり、出会いがないという現状があります。
歯科医師の出会いは自分の医院で働いている歯科助手くらいしかありません。

その為、歯科医院にかかる患者と良き仲になる事も多いそうです。歯科医院は、通常の風邪等でかかる内科等と違い、通院回数が多くなる事が多く、患者と会う機会、話す機会が多い事も理由にあるようです。

女性としても、高収入で安定した職業である医師と出会いたいと考えている方の割合はとても多く、出会うにはどうしたらいいかと考えた際に、婚活サイトを利用する女性も多くおりますが、そもそも多忙な歯科医師ですし、人気の職業で競争率も高いため、やはり最初から顔を見てコミュニケーションをとることが出来る、歯科医院に通う事を婚活としている女性も多くいるとのことです。

お見合いパーティー

仕事が忙しくなかなか異性と知り合う機会がない歯科医師にとって、結婚相談所に登録したり特定の異性とお見合いしたりする煩わしさがありません。パーティという気軽な形式で、その場で多くの異性と出会って婚活が出来ることがお見合いパーティの最大のメリットです。

年代制限や職業限定という形で開かれるものがあり、最初から相手の年齢・職業を認知して出会えることも正に的を射ています。これまで合コンというと、気軽な友達や恋人探しの場という雰囲気でしたが、お見合いパーティは婚活をテーマとした場になっています。

飲食をしながら楽しいムードの中で男女互いに真面目に結婚を前提としたお付き合いを目指す大人の社交場として使われています。相性がいい、好みが合うと思える異性に出会えれば、その場で積極的にアプローチすることが出来るところも人気の1つでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
e-お見合いで条件に合った異性を見つける。口コミや魅力を徹底調査

合コン

数多く存在している歯科医師ですが、若い医師の中には、他の医師との差別化をはかるために、業務が終わった後や休日を使って講習会に参加するなど、自分の歯科医師としての技術を磨こうとする人が多いようです。

大学で6年間は、学ばなければならない状況で、卒業の時点で20台の半ば。その後、開業してから、安定した収入を確保するための競争が始まるわけですから、結婚適齢期と考えられる歯科医師さんと、仕事以外の場所で、出会うことは困難と考えられます。

職場での出会いが考えられますが、歯科衛生士や医療事務などでないのならば、患者として出会う形になります。あくまでも、お客様として接してくる相手と恋愛関係にまで発展することはハードルが高いわけです。
そうなると、合コンを通しての出会いがより確実であるということになります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
合コン必勝法!男女別でみる合コンでのモテテクをマスターしよう!

婚活サイト

歯科医師は仕事や勉強で忙しく遊ぶ時間も少ないようです。その為色々なイベントなどで婚活されている方も多いようです。

ただ、イベントなどの場合であるとその日1日の限られた時間の中でたくさんの方と出会ったとしても話をする時間も少なかったり、気に入った方を探せない場合が多いようです。
その為、婚活サイトが歯科医師の中では利用が多いようです。理由としては、自分が出会いたいと思う年齢や性格、容姿などの条件をもとに選ぶことができ忙しいスケジュールであっても自分のペースで利用ができるということです。

また、医師の大半は同業者と結婚をしたくないという方が多く、異業種の方とはなかなか出会うことができないがサイトであれば出会えると考える方も多いようです。婚活サイト中でも実際に会う時の場所のサポートなどをしてくれるサイトもあり多忙な歯科医師には人気があるようです。これらの理由から歯科医師と出会う場所の一つに婚活サイトがあるようです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
エン婚活の口コミやおすすめポイントを大調査。理想の相手を見つける方法

歯科医師と結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

仕事を続けることは可能である

歯科医師と結婚したあと男性側もおそらく有り余るくらいお金を持ってる人がほとんどです。通帳の残高ですら知らない人などもいたり、充分な給料プラスアルファである以上貯金などもしっかりできます。
将来の子供の養育費、自分の趣味などに使えるお金、定年後の生活費などなどいろんなことに使えます。

しかし、金銭的に余裕があり共働きをしなくてもいい場合でも、ただ単に浪費するだけの生活を送りたいだけであれば自分の価値が下がってしまいます。外で働いたり、何かに取り組む人のほうが魅力的です。
また、男性側もそんな相手と一緒にいたいと思いません。

今の時代共働きに反対する人自体もあまりいませんので、これまでの仕事を続けられる場合が多いでしょう。

歯科医師と結婚したら結婚式はどうする?

歯科医師は読んで字のごとく歯のお医者様なのでならではの結婚式で盛り上がるにはやはり歯磨き講習及び虫歯チェックなどです。
人生で何度かは経験したことのあることですし、歯科医師の結婚式ならば歯科医師も多いため講習をすることで勉強になることもたくさんあります。

医院長などがいらっしゃった場合も年齢や性別も関係ありません。また虫歯チェックは抽選式にして数人チェックしたりなどいらっしゃった方々にもとてもウケがいいようです。
むしろ仕事関係で集まってきている人なども多いので皆様に仕事意欲が凄い、技術、話術のアピールなどもできますし結婚式できてくれたお子様方達にとってもいつもの白色で集まっている医院内での検診よりとてもフランクに検診できます。

親も近くにいると安心感がありますしいいことづくめです。

関連記事