結婚

薬剤師と結婚。幸せな家庭を築くための理想の結婚条件

薬剤師との結婚生活ってどうなの?

薬剤師と結婚すると幸せ?

最大6年間学校に通う薬学部、そして厳しい国家試験のためかなりの勉強をしてきたという事もあり、薬剤師にはやはり真面目な性格の人が多いです。
仕事に就いていても、新しい知識を求める傾向の強い勉強熱心な人が多くいます。
加えて、薬剤師という職業柄、人の命や健康を守る仕事という事で、使命感や責任感の強い人が多いでしょう。結婚するにあたり、それはとても重要な要素ですよね。

結婚という一生に一度とも言えるライフイベント、一生を添い遂げる相手には、そんな相手が相応しいのではないでしょうか。また、患者や他職種からの適切な情報収集、そしてその情報を他の人に提供する為には、コミニュケーション力が必要になります。真面目で勉強熱心、更にはコミュニケーション力豊かな堅実な相手との結婚は、きっと幸せをもたらしてくれるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい女性へ。男性に結婚したいと思わせる12のポイントと4つの行動

薬剤師との結婚は両親から反対される?

薬剤師は、製薬会社に勤めている場合は普通のサラリーマンと同様土日祝日休みが多いのですが、多くはドラッグストア勤務となり、その場合勤務時間が不規則になり激務を強いられることもあります。

ドラッグストアで店長クラスになるともちろん年収も上がりますが、従業員のシフトを組んだりなど本来の業務である調剤以外の業務が増え、勤務時間が長くなり、生活が不規則になります。
そのため結婚して子供が産まれた場合など、家事や育児の分担は難しくなってしまいます。
またドラッグストアは営業時間が長く年中無休で営業している店舗も多く、お盆や年末年始なども休みが取りにくくなり、家族と過ごす時間は多く取れないのが現実です。

薬剤師の収入は安定こそしていますが、キャリアを積んでも昇給が見込めなくなることもあります。薬剤師とは言え、働く場所によって仕事の仕方が大きく変わるといえるので、両親は心配してしまう面もあるのかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚相手になってほしい!男女別結婚したい職業ランキング

結婚相手は薬剤師。結婚前に知っておきたい仕事内容

薬剤師のお仕事ってどんなことをするの?

薬剤師は、大学の薬学部を卒業し、さらに薬剤師の国家試験に合格しなければ資格を有することができません。
平成18年度からは、「進国の中で遅れている薬剤師の教育を充実させ医療の質の向上を図る」という目的による、薬学部は6年制となりました。

薬学部では、化学、微生物学、物理化学の基礎など、一般教養を含む高校で学んだ知識を深めることから始まり、薬剤師にとって必要な法学知識・倫理も学びます。学年が上がるに従いさらに専門的な高度な医学・薬学知識を習得します。医薬分業になってから、薬剤師に求められるスキルはさらに高度なものが求められるようになったと言ってもいいでしょう。

薬剤師の仕事は多種多様で、一般的には薬局や病院での調剤業務をする薬剤師さんを見かけますが、企業の中での開発研究・国や行政機関・保健所で業務する薬剤師・学校保健の仕事に携わる薬剤師など多様なところで活躍されています。

結婚相手は薬剤師!気になる結婚のメリット

収入の安定

結婚には収入の安定がとても重要なポイントになる分、薬剤師との結婚であれば収入が安定していることもあり、とてもメリットになります。

ただ単に収入が安定しているということなら他の職業でもいいということになります。何故薬剤師が特に人気があるのかというと、安定している、なおかつ高収入だから、という部分もポイントですよね。

薬剤師は病院や調剤薬局やドラックストアで働くだけでなく、研究開発や薬事申請に携わるのも薬剤師の仕事です。後者になればなるほど年収は高くなっていき、年間400万後半~500万後半の金額を稼ぐことになっています。

また、バイオ研究、製品開発の分野で働くと更に年収は跳ね上がり、800万円代に届きます。20代、30代、40代、50代、60代の全年代において平均を1.3~1.5倍も上回っているのが現状です。

薬に詳しい

薬剤師と結婚するにあたって最も大きなメリットとしては、やはり万が一体調不良になった際に必要な薬がわかり用意してくれる点はとても重要ですよね。

また薬剤師になるには国家試験をクリアする必要があり、とても難易度の高い問題なため人並み以上に勉強をしているため落ち着いている雰囲気の人が多く、頭の回転もとても早いです。
また具合が悪くても仕事などで病院にいく暇のない人にとっては自分の症状に合わせて必要な薬がわかる薬剤師はやはり一緒にいて楽なのかもしれません。

社会的な評価がとても高い

薬剤師が社会的な評価がとても高いのは、信頼・信用をもとに仕事をする、高学歴の職種だからではないでしょうか。

医療従事者は薬剤師に限ったことではないですが、信頼・信用をしてもらえないと仕事にはなりません。信頼・信用をもとにする職種はたくさんあります。
例えば金融業。信頼・信用の度合いは異なるでしょうが、こちらも信頼・信用が大事な職種。ですが、薬剤師に比べると、社会的な評価はそこまで高いとは言えないでしょう。

その差が、医者になるのと同等の大学を卒業して、さらに国家試験に合格した差なのかもしれません。

国家資格で手に職がある

職業としてとても安定しており、人材不足もあって職に困ることはないといわれています。

女性であれば国家資格があることで、一旦職場を離れた後の再就職も、パートアルバイトから大手製薬会社もあり充実しているので、社会復帰もできる可能性はあります。

また薬を扱っているため社会的地位も高く、周囲の評価がとても高いです。最近は年収の高さよりも安定を求める人が多いため、薬剤師の仕事は人気がでており、家庭との両立も可能です。

命にかかわる仕事で責任感がある

薬剤師とは、医療に携わる職業のため命に関わります。
間違った薬を処方してしまうとまさに生死に直結してしまいます。そのため仕事中は常に責任感や集中力を求められます。

常に責任感を持って仕事をしている分、普段の生活でも常に責任感があり行動できる人が多くいます。
責任感があり、真面目な性格であれば浮気などの心配もなく、家庭を第一に考えてくれる人が多くいるでしょう。

結婚相手は薬剤師!気になる結婚のデメリット

働く場所により休日出勤がある

休日出勤があると思われがちな理由として、近々ドラッグストアが目立つようになったからかもしれません。
病院のすぐそばにある調剤薬局ですと、病院と連動した休みになることが多いので、日曜日が休みの調剤薬局も多いかもしれません。

ただ、昨今ドラッグストアにも薬剤師を常駐させ、調剤薬局がやっていない時でも、処方箋があれば処方箋が必要なお薬を処方できるといったドラッグストアが増えてきています。

ドラッグストアだと営業時間も長く、また休日も営業しているため、調剤薬局がやっていない休日こそ薬剤師常駐型ドラッグストアの需要が高まります。そういった理由から休日出勤があるかもしません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼氏が欲しい社会人が彼氏をつくるための7つのステップ!

集中力を必要とする為精神的なストレスや疲労がたまる

薬剤師は集中力が常に必要となり、精神的にストレスがたまりやすい仕事になってしまいます。集中力が必要なのは、決して間違ってはいけない調剤と言う作業をしていることで常に集中力を保ち仕事をしています。

精神的なストレスや疲労とは、例えば製薬製造メーカー勤務の営業であれば常に新薬の勉強をし続けなければなりません。医師との話をする為に時間外でのアポイントも良くあることです。開発であっても勉強は必要です。調剤薬局や病院などでは、仕事は裏で調剤だけではありません。窓口で患者さんとの対応もあります。
接客業としての仕事もあります。ドラッグストアの勤務では、労働時間が休日などもあり不規則です。

薬の飲み方に細かそう

薬の飲み方に細かそうという理由は仕事柄、どうしてもそうなってしまいます。
人間は時に間違えることがありますが、薬の調合等は、間違えてしまうと命に係わる事態になるかもしれません。そして、薬の間違った飲み方をする人もたくさんいるので、薬剤師であるならば見過ごせず、ついつい日常の生活でも細かい指導が入ってしまいます。

また、薬剤師の仕事は、細かな作業と慎重で丁寧で几帳面さを求められるので、性格面でも細かい可能性があります。

向上心が強く休日も勉強する

薬剤師になるためには知識が必要です。知識を得るためには勉強をしなければいけません。
新薬の開発も進んでいて、薬の種類は増え続けています。そのため少しでも多くの知識を取り入れ、医者からの注文や、患者のニーズに応えようと休日にも勉強をする人も少なくありません。

病院などに就職すると、患者への点滴や注射なども必要になり、そんな時にミスをすると重大な事故に繋がる場合もあります。そういった事故を防ぐためには正しい知識を持つことが必要です。
薬剤師と結婚したい人にしてみれば、このような勉強熱心な人は休日にも仕事をしていて時間を取ってくれない旦那さんになるように思えてしまいます。真面目すぎるところがデメリットにも感じてしまうかもしれません。

薬剤師の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

平均年齢

なかなか結婚できない現状の薬剤師の平均結婚年齢は、20年前までは男性は約27歳、女性は約25歳でしたが、平成14年以降は男性約30歳・女性約29歳とやや晩婚化してきています。
昨今の女性の社会進出などに伴い晩婚化が進んでいると言われていますが、薬剤師にとってはさらに晩婚化が助長されています。平成18年より、薬学部が4年制から6年制になったからです。卒業して就職し、生活が安定するのを待つとなると、婚活を始めるにも出遅れてしまうわけです。

薬剤師の勤務形態も様々で薬局やドラッグストアの場合は、店の従業員が少なくパートなどが多数をしめいているため既婚者が多いのが現状です。

また病院に勤務薬剤師の場合は、職場では看護師が多くほとんどは女性ですが、同じ病院内ということで周囲に付き合いしていることがばれてしまうと微妙な雰囲気になってしまうことで付き合いづらくなることもあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

最適なタイミング

薬剤師は大学で6年間も勉強をし、幅広い知識が必要な職業です。
研究機関などで、新薬の開発に携わる人も、病院でドクターに処方された薬を出す、調剤薬剤師、ドラックストアなどで、一類・二類薬などを販売する薬剤師、様々な職務形態があります。

結婚するタイミングは男性、女性と人によってそれぞれ違います。
女性は結婚、出産、子育てと、男性に比べると現場作業から離れる期間が多いので、きちんと、仕事内容に慣れる必要があります。

昨今、ジェネリック医薬品や薬局などで売られている調合薬などある意味ドクターよりも、幅広い知識などが必要で常に勉強し新しい薬の知識を常に求められている中、仕事をきちんと理解し、自分がどのような薬剤師になるのかを考慮した上で結婚するのがベストなタイミングなのかもしれません。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュはいつ?ラッシュに乗れる人の特徴とは?

薬剤師が結婚相手にもとめる理想の条件

同じくらいの収入がある人

まずは本質的な性質として、男性が女性に求めるものが「信頼や尊敬」である事に対して女性は「安住、安定」を求めるからです。
女性は本質的に子どもを身ごもり育てるので、「守る」意識が男性より高く、そのため現実的です。現実的ではないからこそ、男性の方が比率として浮気、不倫などに走るのでしょう。

さらに薬剤師の年収は20代で約500万円だそうですが、「安定」という安心感で将来不安の心を満たすには結婚相手に収入の同額、もしくはそれ以上の収入を望んでしまうことは至って自然なことなのかもしれません。
さらにはプライドの高さが要因していて、勉強家で努力家が多く、その中で勝ち取った資格です。
自分につりあった人=同年収という価値観になっても不思議はありません。努力していることがわかるので、人間的に尊敬もできますね。

自分の自尊心の満足に至り同じ収入がある人を求めるようです。

気持ち的にも安定した人

薬剤師は女性が求める結婚相手としても大変人気が高い職業であるといえます。社会的地位があり収入も安定しています。
しかしながら薬剤師は典型的な理系男子です。
理系男子の中でも薬剤師は特に結婚相手に求める理想が高い傾向があるようです。未婚薬剤師のほとんどの男性が同業者との結婚を視野に入れているという調査結果からも、結婚相手にも自分と同じような地位の高さや収入を求めていると言えるでしょう。

薬剤師になるまでも6年間という勉強漬けの薬学部生活を過ごし難関の国家試験に合格しやっとなれる薬剤師。薬剤師になってからも一生勉強漬けと言われるほど日々薬の勉強に追われなければなりません。そんな多忙な薬剤師だからこそ気持ち的にも安定した支えてくれる女性と結婚したいのではないでしょうか。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性が本気で思う結婚したい女の16の特徴

一緒にいて安心できる人

薬剤師が結婚相手に求める一緒にいて安心できる人というのは結婚後の生活を安定して送れるか、という観点が一つ挙げられています。

女性には子供を産み育てるという本能的な感情があり、結婚となるとそのあとのことを想像します。仕事をしながら子供を産み、毎日育児と家事をこなす日々を思い描いてみるのです。そしてそこに必要になってくるのは協力的なパートナーの存在です。自分のことを理解し、尊重してくれる人を望みます。

それこそ一緒にいて安心できる人、という特徴の中に含まれていることなのではないかと考えます。ここまで女性目線での話を進めてきましたが、これらは誰もが共通して思い描くと思います。
誰もが仕事に理解があり、お互いを思いやる気持ちを持ったパートナーと出会いたいと思っているのです。

休みを合わせてくれる人

薬剤師は24時間営業、年中無休のドラッグストアや、週末休みではない大きい病院、クリニックなどで働く場合が多いため、土日祝日休みの人とは休みが合いにくい傾向があります。

国家資格が必要な薬剤師はコツコツ勉強してきた真面目な方が多いため、安定志向が強く、結婚したら休日は家族と過ごしたいと考える方が多いようです。ただし、年末年始やゴールデンウィークなどは休めない可能性が高いので、家族と過ごす時間が減ってしまいます。そのため、普段から休みを合わせてくれる人と結婚したいと言う人が増えるのでしょう。先述の通り勤務先によっては不規則な生活を強いられる可能性もあります。
医療に詳しく、健康志向も高い薬剤師の結婚相手は、休日を共に過ごし、健康維持できるような人なのでしょう。

仕事の理解がある人

薬剤師の仕事は、一般的には病院や薬局で勤務しているイメージがあって、仕事も定時で終わると思われていますが、実際のところ勤務地によっては24時間の交代制での勤務もあり、不規則な場合もあるのです。

その場合、当然ながら時間の都合がつきにくく、あまり話をすることが出来ないなど、すれ違いが多くなることから、浮気をしているなどのトラブルとなってパートナーを疑うようになり、関係も悪くなってしまうことから仕事に対して理解があるパートナーを選ぶそうです。

薬剤師が結婚したいけどできない理由

高収入な為充実している

薬剤師の場合、高収入であり安定した経済力を持っているため、反対に1人で生きていけると思う人も中には多いようです。
高収入なことで生活を充実でき、家や趣味にお金を使うこともできるので、1人でも充実した生活を送ることができます。

結婚相手がいれば、相手の為に時間もお金も使わないといけないという思考になることもあり、自分の好きなことができなくなってしまう可能性もあります。
そのため1人のほうが気楽に充実した毎日を送れてしまうので、結婚できなくなってしまう原因になるようです。

理想が高い

薬剤師の方は結婚願望が高いそうです。その一方で実際の結婚に結びつくことが少ないようです。

まず薬剤師の教育過程が平成18年度から4年から6年へと変更されています。それにより、結婚活動のスタートが遅れてしまっていることもあります。
またその国家資格を取得するための勉強家の一面にも表れているように、とても向上心が高いです。他の事にも薬剤師は男女関係無く対等にバリバリと働いて、お給料も比較的高給となります。
そのため相手には、自分と同等かそれ以上の物を求めてしまいがちです。自立心が強く理想を求めてしまいがちなので、中々結婚までに進むのが難しいようです。

卒業が遅い為仕事で一人前になるまで時間がかかり晩婚傾向

薬剤師になるために入学した大学の卒業が遅いために就職するまでに時間がかかり、婚期がどんどん経過してしまうというのも理由のひとつです。

薬剤師は国家資格を持っている人だけが就くことができる職業です。薬剤師の国家資格を取るためには、大学の薬学部か薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了しなければなりません。単純に計算すると、高校卒業後に大学の薬学部あるいは薬科大学に入学し、6年間在学するともう24歳になってしまいます。それから就職をして生活の基盤をつくり、一人前になってから結婚相手を探してゴールインするまでに更に数年要することでしょう。これでは晩婚という印象を持たれかねません。

薬剤師の人がなかなか結婚できないと言われる理由はそこにあるといえますね。

自立心が強い

他の職業に比べて、年収が高い部類に入ります。こういった年収、そして、一人で学び抜いてきた経験は自分の自信へと繋がっていき、自立心がとても高くなります。
この自信は薬剤師のブライドにも影響し、プライドの高い人間へと成長をさせていきます。プライドの高い人は、プライベートな生活面においても、自己管理がしっかりと出来ているように思えます。

毎日の時間配分、家事に関する効率のよさ、さらに、休日の充実した過ごし方などしっかりと自立しています。

薬剤師と出会う方法・場所

ドラッグストア

薬剤師の主な勤務先の中で、一般の人が一番出入りしやすいのがドラッグストアです。製薬会社や薬局で働いている薬剤師の方も多いですが、そういった職場に出入り出来る人は限られてしまいます。

薬局であれば薬を頻繁に購入しに行って仲良くなるという手もあります
ドラッグストアであれば誰でも出入りができ、特に資格がなくてもアルバイトも可能です。最近のドラッグストアは昔と違って処方箋の扱いも増えており、それに伴って薬剤師を雇っているところが多いのです。

さらに、話しかけるキッカケ作りも比較的簡単です。自分の健康や生活習慣について相談すればいいのです。したがって、医療関係者ではない一般の人が薬剤師と出会える場所としてドラッグストアが挙げられるのです。

病院

薬剤師の職場は病院の他に薬局などがありますが、概ねの薬剤師の職場としては病院勤務が多いようです。
病院であれば各病棟での業務や通院患者の業務など病院での薬剤師の業務は様々で、多くの薬剤師が勤務しているため、必然的に病院で働く薬剤師の数は多くなり出会いの場となるようです。

また、大学を卒業した新卒薬剤師はまず病院で働いて経験を積むという薬剤師が多いため若い薬剤師は病院勤務が多い傾向にあります。町の薬局などには年配のベテラン薬剤師が多く、病院は若い薬剤師が多いでしょう。

出会いを求めて若い薬剤師と知り合いたいと考えているなら、病院が出会いのきっかけになりますよ。

病院ならば薬のことで聞きたいなどと薬剤師と話すきっかけや機会もあるため、自然な流れでコミュニケーションをとることができますね。

処方箋薬局

薬剤師と出会う場所のひとつが処方箋薬局だとされる理由としては、知人の紹介等以外で、薬剤師の方と仲良くなれる可能性が最も高い場所だからだと考えられます。
薬剤師の職場は、処方箋薬局の他に、病院、ドラッグストア、企業などが挙げられます。
企業勤務の方とはお客さんとして知り合うことは出来ないし、病院も、薬剤師の方が直接患者さんと直接触れ合う機会はそう多くありません。

最近はドラッグストアで働く薬剤師さんも増えてきましたし、通いやすいという利点もあります。ドラッグストアの薬剤師さんはシフト制の勤務の方が多く、やはり処方箋薬局に比べると人数も少ないので、必ず出会えるという訳ではありません。
その点、処方箋薬局は多数の薬剤師さんが働いており、薬剤師の約半数が処方箋薬局勤務であるというデータもあるほどです。

薬剤師が直接接客も行っていますので、比較的薬剤師と出会いやすい場所であると言えます。

合コン

薬剤師との出会いの場は薬局が一番スタンダードですが、そのために自分が薬局で薬を買って相手に印象を残そうとするのは得策ではありません。常に薬を必要とする不健康な人のように思われるからです。身近な方の付き添いとして定期的に通うという方法もありますが、そう都合よくはいきません。

そういった面から、Facebook等のSNSから同級生や過去の同僚を見つけ、その知り合いに頼んで合コンをセッティングしてもらったり、出会い系サイトに登録し薬剤師がプロフィールに書きそうなキーワードから検索し合コンへ発展していくケースが多くみられます。

また薬剤師本人も仕事が忙しく出会いがない職種のため、自身の知人友人等にお願いし合コンを開催してもらうケースもあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
合コンの流れはどんな感じ?初心者でも分かる合コンテクニック

婚活アプリ

薬剤師の方でもやはりダブルインカムで生活を安定させたいと考えている方が多く、そのために活躍するのがいわゆる「婚活アプリ」です。
なぜ薬剤師が「婚活アプリ」を活用するのでしょうか。その理由は、手軽さと自分の価値観に似た人を探しやすいからです。

お見合いやコンパを使う出会いは、時間の制約がつきものですが、アプリともなると自分のペースで相手を探すことができます。また、趣味なども簡単に検索ができるため、自分の望む条件に合った人を短時間で見つけることに適していると言えます。薬剤師の方が「婚活アプリ」を使う理由はその手軽さだということです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
キャリ婚の魅力と口コミを徹底調査。仕事と結婚を両立したい女性必見!

関連記事