結婚

臨床心理士と結婚。臨床心理士が結婚できない理由と理想の結婚相手。

臨床心理士との結婚生活ってどうなの?

臨床心理士と結婚すると幸せ?

臨床心理士は悩みを抱えた相手の気持ちを理解し問題解決をサポートする仕事です。
しかし相談相手の方が思っていることをすべて話してくれるとは限らないので、言葉の裏に隠された意味や些細な仕草から気持ちを感じ取る必要があります。

また、相手が心を閉ざしたりしてしまわないように慎重に、かつ真摯に相手に向き合わなければならないので、細やかな気遣いもできます。そのため、結婚したら何か喧嘩やすれ違いがあったときも相手の気持ちを理解し思いやり、どうすればお互い納得のいく解決をすることができるか考えることができるので、大きな問題に発展することがなく円満な関係性を続けられると思います。

仕事柄コミュニケーション能力が高い方がほとんどかと考えられますので、その場にあった雰囲気で話すことができるため穏やかに話し合いを進めることができ波風が立つことも少ないでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
男性と女性では違いがでる?結婚したいと思う人の本当の理由

臨床心理士との結婚は両親から反対される?

臨床心理士の仕事は、資格を得るのに6、7年と年数がかかるのにもかかわらず、資格を取得してもあまり需要がなく、毎年資格取得者は増えていっているものの、働ける病院も減ってきています。

精神科医と違い、国家資格ではないので投薬治療ができない、という点がひとつの理由もされています。病院は、投薬と治療で利益を生むものだからです。

また、利益を生むという点からすると、病院経営での鉄則は、患者さん一人に対して5分以内の診察らしく、臨床心理士の場合、カウンセリングが5分以内で終われれるはずもなく人数がこなせないため、経営も難しくなっていっている昨今では、臨床心理士一本ではなかなか難しいようです。収入面を見たい時に、安定した将来の期待は薄いと考えられるので反対する両親が多いのでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚相手になってほしい!男女別結婚したい職業ランキング

結婚相手は臨床心理士。結婚前に知っておきたい仕事内容

臨床心理士のお仕事ってどんなことをするの?

臨床心理士はよく心理カウンセラーなどとよく間違えられがちですが、心理カウンセラーは資格などが必要ではなく誰でも名乗れるものですが、臨床心理士は文部科学省認定の財団法人による資格がないとなれない職業です。

一番分かりやすい仕事内容はカウンセリングです。
悩みを持った人からの相談に耳を傾け助言をしたりする仕事で、問題に対して解決策を指示するというより、相談者が自分で解決できるようにアドバイスをして解決の手助けをする仕事になります。

活躍の場は主に学校や病院などです。カウンセリングの仕事に加えて、臨床心理学についての調査や研究をしたりもしています。臨床心理士になる場合は、文部科学省認定の資格試験に合格することが必要です。資格を取り、学校や病院の求人に応募し採用となれば晴れて臨床心理士、という形になります。

結婚相手は臨床心理士!気になる結婚のメリット

時間の融通が利くので予定が合わせやすい

臨床心理士を結婚相手に選びたいと思っている人が多いと聞きます。時間の融通が利く職業なので有効にプライベートの時間が持てるからだと言われています。

なぜそのように言われているのでしょう。それには理由があります。

臨床心理士は他の職業と比べて勤務時間が短めで超過残業時間もほとんどなく、仕事の時間ときちんと区別してプライベートの時間を大切にするライフスタイルを望む人にとっては結婚相手としてはとても適した職業です。

また、臨床心理士の仕事は常勤ではなく、例えば週に2,3日だけ午前、あるいは午後のみの勤務といったような形態もあり、このような勤務条件の職場を敢えて選んで、空いた時間で別なことをすることが可能だという意味で、「時間の融通が利くので予定が合わせやすい、結婚相手として理想的な職業だ」と思われているのです。

独立して働いてる人が多い

臨床心理士は精神科医と違って、薬に頼らない”会話での治療”をする心のスペシャリストなので、患者からすれば話を聞いてくれる心強い味方になる訳です。
聞き上手で自分の気持ちを受け入れてくれて、そっと寄り添ってくれる臨床心理士はモテる職業の1つです。

心が広い聞き上手な相手に惹かれるのは誰でも同じで、自分の良いところだけでなく悪い所も全て受け入れてくれるパートナーは、男性にとっても、女性にとっても一緒にいて居心地が良く、まさに理想の人ですよね。
心に傷を負っていたり、メンタルが弱いから臨床心理士と絶対結婚したい!というよりも、臨床心理士ともし結婚できたら、何かあったときにしっかり自分のメンタルを支えてくれて、話に耳を傾けてくれる生涯の最高のパートナーになってくれるはず!と考えている人も多いようです。

一緒にいて安心感がある

臨床心理士の方は人をよく見ているからモテるそうです。
相手は患者さん、ましてや、専門職でカウンセラーや心理をたくさん勉強してる方がなるお仕事です。そして、臨床心理士も国家資格で、給料もいい。それと、臨床心理士は、カウンセラーです。精神内科医は10分から20分ぐらい話を聞きますが、臨床心理士は約1時間。それに、掘り下げて話を聞いてくれるというのもあります。

そして、精神内科医はすぐに治療に薬を使いますが、臨床心理士は興味を持って話を聞いてくれます。心に闇を持った方が臨床心理士のもとへ行けば私に興味があるんだなと思い、好きになります。だからモテるのかもしれません。

臨床心理士は、全てを受け止めてくれる存在。そこから恋愛感情に発展します。ただ、交際に発展はしないケースも多いようです。

給料が高いほうではない

臨床心理士の雇用形態としては非常勤勤務が多いようです。そのため、お給料は固定給ではなく時給制となります。時給の相場は1000円から2000円ほどなので、主婦のパートとしては良いですが、やはり一家の大黒柱として稼ぐには少々不安があります。

非常勤なので、ボーナスや昇給もなく、福利厚生が充実していないなどの問題点もあります。

また、非常勤は年単位の更新が多いため、先行きが不透明で長期的に安定した仕事や収入を得ることは難しいようです。

病院などの医療機関で常勤として雇われれば、ボーナスや昇給があり福利厚生として各種手当も支払われるので、それなりに給与はよいようです。

しかし、常勤として働いている人はごくわずかで、非常勤として働いている人が大半です。今後、臨床心理士が国家資格になれば現在より待遇が改善されることもあるかもしれません。

結婚相手は臨床心理士!気になる結婚のデメリット

非常勤として働いている場合も多い

臨床心理士とは人間の心の問題にアプローチしていく心のプロであり、人とかかわり影響を与える事を大事とする職業です。臨床心理士以外にも医師や教師など人とかかわり、影響を与える職業はありますが、それらと異なる部分としてはその人その人にある固有の問題を多種多様な価値観を尊重しながら、その人の自己実現をお手伝いをすることを目指しています。

身近なところでいうと、学校のカウンセラーの先生や職場に定期的に来るカウンセリングの方が臨床心理士の場合が多いです。現在の日本では臨床心理士の資格がなくとも心理カウンセラーやセラピストなどと名乗ることは自由なので必ずしも臨床心理士の資格を持っているわけではありません。

臨床心理士という職業内容を理解すると分かるように毎日、同じ場所で必ずしもお仕事があるような職業ではないのです。その部分が結婚相手にとって不安になってしまうのかもしれません。

いくつもの仕事を掛け持ちしている可能性があり忙しい

「臨床心理士の人は、お医者さんみたいに給料がいいんだろうな」、「人の話聞いてるだけでお金がもらえて楽そうだな」など世間では思われがちです。しかし臨床心理士の仕事は、見た目とは裏腹に実際はとても厳しいものです。

需要が多い職業でも、給料や待遇が安定した仕事が少ないのです。生活していくには非常勤の仕事に就いて働くことが多いです。ですが、非常勤は給料は少なく、待遇も不安定なので、稼ぎたいならいくつか掛け持ちしなければなりません。しかも、夜勤や残業は当たり前です。

仕事がない日も忙しい場合もあります。一人前の臨床心理士になっても、日々研究が進められています。新しい知識を得るために、休みの日でも学会に行ったり、自分で勉強しなくてはなりません。
毎日を仕事のために費やさなければなりません。社畜のように生活する覚悟がないと、身も心もボロボロになります。

何を考えているか分かりづらい

臨床心理士とは様々な心理学の理論(人格理論、発達心理学など)を元に技術や知識、経験を生かして多くの人間の心の問題を分析し、援助をしています。それ故自身の精神分析も必然と行ってしまいます。これはクライアント以外の恋愛相手の方に対してでも必然と行っているのではないかと考えられます。

また様々な背景、経験、問題を抱えるクライアントの方を相手にする職業なので自身の精神をコントロールし、冷静に対処する力もとても大切な仕事の一つといえるようです。クライアントの方に感情移入し過ぎない、かといって突き放し過ぎないなど臨床心理士の方自身の精神力がとても問われる仕事です。

臨床心理士の方自身が感情論で恋愛相手の方とも話をすることは少ないと考えられます。自身の感情や考えを私たちのように素直に表出する事はいい意味でも悪い意味でも少ないと考えられるのです。

不規則な生活になる可能性がある

臨床心理士という職業は、公的な病院や福祉施設などで「常勤」として働く方、学校のスクールカウンセラーや、民間企業の産業カウンセラーとして勤務する「非常勤」で働く方がいます。常勤の雇用枠はかなり少ないので、非常勤で働く方の方が多いのではないでしょうか。

非常勤の場合、週に数日のみ。しかも1日数時間程度といった勤務形態になるため、生計を立てるためには、いくつもの職場を掛け持ちして働くことになる方もいます。
そうなると毎日が多忙で、生活時間が不規則になってきます。

また臨床心理士は、とにかく地道な勉強が求められる仕事です。たとえば、勤務時間外で専門書を読んだり、休日を使って外部の研修会に参加することもよくあります。ゆえに、臨床心理士は不規則な生活になる可能性があると考えられています。

臨床心理士の平均結婚年齢やどんなタイミングで結婚すべきなのか

平均年齢

臨床心理士の平均結婚年齢は、30歳ぐらいと言われています。
臨床心理士は、患者さんが抱える、様々な精神疾患や心身症、精神心理的問題などについて、援助や改善、予防、または患者さんの精神的健康の回復、増進、教育を職務とする心理の専門家です。
仕事柄、人の心をつかむことに優れているので婚期は早めの方が多いです。

非常に専門性も高く、尊敬され、人の役に立てる仕事という事で、異性の両親からも好感度が高いと思います。
臨床心理士の就職先は、病院、教育機関など様々な活動する場所があります。また、勤める先にもよりますが、年収は200万から1000万ぐらいです。
近年、日本の高齢化が進んでいるため、活躍の場はさらに増え続けるでしょう。

▼さらに詳しく知りたい人へ
あなたはいつ結婚したい?結婚したい年齢の理想と現実

最適なタイミング

臨床心理士資格試験は指定大学院を卒業後、その年の秋に行われます。その合否が分かるのが12月。それまでは取得見込みの状態での勤務となります。
また、臨床心理士の常勤の仕事というのはなかなか見つかりづらいと言われています。いくつかの非常勤での仕事をこなしつつ、常勤の仕事を探したり、常勤にシフトしていくような形を取る方がほとんどです。そのような不安定な状態の中で、結婚を考えるとなると、タイミングは非常に重要です。

常勤で勤務できる時を待っていると、パートナーが結婚を希望するタイミングとズレてしまったり、妊娠や出産のタイミングを逃してしまう可能性もあります。

かといって、大学院の卒業と同時に結婚となってしまうと、資格取得のための勉強と新しい環境での勤務、そして家庭、となると両立が難しい可能性もあります。なので、大学院卒業後は資格取得の勉強と勤務に専念して、資格が取れた後に結婚を考えるのがタイミングとしてベストではないかと思います。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚ラッシュはいつ?ラッシュに乗れる人の特徴とは?

臨床心理士が結婚相手にもとめる理想の条件

自分を支えてくれる人

患者さんの相談内容も患者さんによって違うので受け答えがとても大事です。1つ間違えると患者さんとの信頼関係も失いかねません。人から頼れられるお仕事だからこそ自分自身も誰かに話を聞いてもらったり、癒されたいものですよね。
人間の心の中の闇は奥が深いので精神的にも疲れてしまいます。
資格を持っていても就職できる場が多いとは言えないので、非常勤として働いている臨床心理士やお給料もそこまで高いとは言えがたいと思われます。

もしかしたら中には掛け持ちをしている臨床心理士もいるでしょう。精神面も金銭面も理解してもらえる事が大事だと思います。
将来独立を考えている臨床心理士でしたら尚更、自分を一番に理解してくれる、自分を傍で支えてくれる縁の下の力持ちになってくれる方を選ぶのではないでしょうか。

▼さらに詳しく知りたい人へ
年上女性を好きになるきっかけは?年下男性の魅力など徹底解説!

仕事を理解してくれる人

臨床心理士だからと言って、人の心が読めるエスパーというわけではありません。
人の人生に関わる仕事であるため、慎重に人の悩みを否定することなく聞く必要があります。様々な悩みや相談に耳を傾けて聞いているため、女性からお誘いの声をかけてくれることも多いです。

しかし、そのような女性の多くは、メンタルヘルスが芳しくない方も多いため、いつ爆発するかわからないので、プライベートで深く関わることは避けています。
結婚を考えたい女性は、こういった仕事の特性を理解してくれる人が良いです。相談にのった女性からアプローチされることもあるかもしれないが、嫉妬心を見せたりせず、こういう仕事なのだと割り切って理解してくれるような人を好みます。

経済的にも、非常勤であるなどして、給与が決して高いというわけでもないが、そのような点も理解して、支えてくれるような人が良いです。

精神的な安定をくれる人

臨床心理士とは、人の心の問題を解決するために施術を行うプロフェッショナルです。
今の社会で人間関係はどんどん複雑化していっています。臨床心理士とはそんな複雑化した人間関係に辟易している人間に対してアプローチをかけるため、相手は精神的にとても不安定です。

また相手に対して長期間アプローチをかけるため相手との距離も縮まりやすく、表情や仕草から相手の気持ちを探り取らなければなりません。
他にもコミュニケーション能力や包容力、忍耐力、精神力などとにかく気持ちが強くなくてはなりません。そのため結婚相手に求めるのは精神的に安定をさせてくれる人なのです。

仕事柄相手はとても不安定な精神状況で、またそれを見ている自分自信も強くなくてはいけません。そのため異性に自分を癒してくれる人、安定性がある人を必要とするのかもしれません。

共働きをしてくれる人

非常勤として働いている、給与が余り高くないということの多い臨床心理士なので、自分を支えてくれる相手を選ぶことも婚活には必要なことでしょう、なので共働きがよいと思っている人が多いです。

収入面で助けてくれる相手や仕事を影となってサポートしてくれる異性を選ぶことで結婚後の生活をよりお互いに幸せなものにすることができるでしょう。
自分は診療心理士として大きく成長するために、日々勉学に励むことは非常に重要なことです。仕事柄精神的に辛い中、自分が相手を気遣ったり相手が自分を気遣ってくれるような関係性を作ることが大切になってきます。

また臨床心理士として将来独立を考えているのであれば、それこそ相手に協力してもらいながら、家庭を築いていかなくてはいけません。そのためにもお互い働いた環境で理解しあえる人が臨床心理士相手の結婚相手にふさわしいのかもしれません。

一緒にいて安心できる人

人は誰しも他人によく見られたい、という気持ちを持っています。
そのことでつい嘘をついてしまったり、自分を偽ったりして疲れてしまいます。そんな時に一緒にいて安心できる人がいると、自分の気持ちに素直になれたり、心が温かくなります。

安心できる人というのは、一緒にいてストレスがたまらず、素の自分を見せられる相手なので、信頼感や安心感を持っています。この人となら何があっても大丈夫だと思える相手です。
会話がない時の無言も心地よくて、一緒にいるだけで癒される存在です。それに自分のことを分かってくれていると感じられるので、長く一緒にいても飽きず、感謝や好きな気持ちをずっと持っていられます。言葉で表せない居心地の良さや、心で繋がっているという安心感は誰とでも感じられるということではありません。

だからこそ、一緒にいて安心できる人を結婚相手に選ぶそうです。

▼さらに詳しく知りたい人へ
結婚したい女性へ。男性に結婚したいと思わせる12のポイントと4つの行動

臨床心理士が結婚したいけどできない理由

仕事が忙しい

臨床心理士と聞くと高学歴高収入のようなイメージですが、実際は非常勤で待遇も悪いため何件も掛け持ちで勤務する人が多いのです。ニーズのわりには常勤で勤務出来る人はごくわずかなので忙しくなるのは当然といえば当然です。

実際に臨床心理士になってからの勉強も多く休日を使っての研究会などほとんど自分の時間など無い状態です。日々研究が進み新たに出る学説など常にしっかり勉強しておかなければならない仕事なのです。たとえ常勤で勤務が出来収入面が安定したとしても、研究会や学会などは出席しなければならないので忙しさは変わりません。

人と深く係わる仕事ですから内容によっては自身が傷つくこともあります。ただそれをやりがいとし努力を重ねて続けていく仕事が臨床心理士なのです。その為、なかなかお付き合い結婚となりにくい職業ではあります。

▼さらに詳しく知りたい人へ
出会いがない人に共通する11の特徴!忙しい社会人でも彼氏・彼女ができる23のコツ

心が読まれてしまいそうで怖がられる

最近では、メンタリストと言われる人がメディアに登場していて、メンタリズムは学問としての心理学と混同されてしまっています。
それゆえ、臨床心理士は心のうちをなんでもお見通し、と誤解され、怖がられることもあるようです。

心理学という学問の研究対象は、「心」です。そして人の目には見えない心を、理解しようと努めるのが心理学です。したがって、他人の心を完全に理解することは、誰にも出来ないのです。心理学とは何か、を理解することなく、心理・メンタルといった語感だけで臨床心理士という仕事やその特性・スキルを理解しようとするために、臨床心理士は怖いと誤解されてしまっているのです。

疑われやすい

臨床心理士とは、さまざまな心の問題を持つ人に対し、問題を探し解決のために心理学的アプローチをする仕事をしています。

活躍の場は多く、病院、学校、司法、福祉、民間企業など、メンタルヘルスを必要とする場でカウンセリングやコーディネートなどを行っていますが、あまり知名度は高くありません。
ぼんやりとしたイメージだけを持つ方が多いため、臨床心理士を名乗る人を前にすると「心が読める」と思われていたり、最近の「スピリチュアルカウンセラー」(占い師)などと混同したりしてしまうようです。

臨床心理士はその名称から特殊な能力をイメージさせてしまうのでしょう。占い師の話の根拠は一般人には確かめる術がないように、理解できない世界の話は信じがたいものですし、自分の心に踏み込まれたくない警戒心の強い人は、臨床心理士を疑ってかかるかもしれません。それ故に臨床心理士は疑われやすいと言われるのではないでしょうか。

臨床心理士と出会う方法・場所

友達の紹介

臨床心理士は患者さんといつも触れ合う仕事を行っているため、毎日、患者さんの相手をしているので、とても大変な業務を行っていると思います。
専門職なので、意外に皆さんモテると思っていると思いますが臨床心理士は毎日毎日忙しくて、余り出会いの機会はありません。

また患者さんと接しているので尚更です。臨床心理士はとても難しい資格なので毎日勉強を積み重ねてなった仕事だと思うので、その間に他の人と遊んだり、例えば合コンなどに行く機会が余りないので中々社会に出てもすぐに女性に対応出来ないと思います。毎日患者さんの相手をしていたら尚更ですよね。

その点、友達の紹介からなら、昔からとても、仕事以外で心を許せる相手だからその点からとても安心出来るんだと思います。だから臨床心理士は安心出来る友達から紹介してもらうことが多いんじゃないでしょうか。

街コン

「臨床心理士と出会いたい」という明確な意図がある場合、その頼みの友人・知人に「臨床心理士を紹介して欲しい」と伝えても、もしもその相手が臨床心理士か、その職業に接点が多い、もしくは少なくともある、のであればいいのですが、なかなかそううまくはいきません。

街コンがどのようなものであるのかを調べると、知り合いたい人の年齢や職業や身長など、さまざまな条件で絞り込みをかけて「これだ」と狙ったイベントをすぐに見つけられるのです。
街コンのポータルサイトで「臨床心理士」と入力する、通常の検索サイトで「臨床心理士 街コン」と入力する。
それだけで臨床心理士だけがたくさん参加している場所、しかも街コンなので相手も出会いを求めて来ているのでいわば「利害の一致」なのです。

「すぐに」「たくさんの」臨床心理士と出会う機会を得られるのが街コンであるからだと考えられます。

▼さらに詳しく知りたい人へ
彼女が欲しい社会人へ。素敵な出会いが見つかる5つの心構えと7つの方法

婚活パーティー

臨床心理士は専門的な知識をもち、病院はもちろん学校や児童相談所でカウンセリングを行う職業です。こまやかな優しい心遣いできる臨床心理士との出会いは、なかなか普段の生活の中ではありません。

臨床心理士自身も、職場では既婚者が多かったり結婚につながるような方との出会いが無いようです。職業柄休日が異なってしまうのも、出会いが少なくなる一因のようです。臨床心理士の方も人脈を広げるためや、出会いを求めている方々もとても多いです。

そこで、婚活パーティーを利用しているようです。ストレスのある生活を支えてほしい、一緒にスポーツをしたりして日々のストレスを発散したいと、そんな相手を求めているのです。「婚活パーティー」は、パートナーを探したい・臨床心理士の方と出会いたい、そんな方々の出会いの場として活用されているのです。

▼さらに詳しく知りたい人へ

臨床心理士と結婚したら結婚式はどうする?

臨床心理士と結婚したら奥さんは結婚後も仕事を続けられる?仕事と両立は?

ただ、臨床心理士の方に限らず、人の悩みや相談を受けるお仕事をされてる方は人の邪気をもらいやすいと思いますし、その道のプロフェッショナルとはいえやはり臨床心理学士の方も人間なので、逆に悩んでしまう時や落ち込んでしまう日だってあると思います。
なので、家庭ではいつでも落ち着ける居心地のよい空間を築いていく事が大切なのではないでしょうか。
そのためには、もし臨床心理士の方と結婚してご自身も今されているお仕事を続けたい場合、どちらのご両親とでもいいので一緒に住むことを強くおすすめします。

何故なら、自分たちが働いている間に家の事はご両親に助けてもらえるからです。
同居をするメリットが多くあるのは断然若い夫婦ではないでしょうか。

親は子供を出来る範囲でいつまでも手助けしたいものです。1人で家庭の事を全部背負うということは考えず、ぜひ甘えてください。

臨床心理士と結婚したら結婚式はどうする?

臨床心理士ならではの二次会を行うのは、面白いかもしれません。

色々と悩んでることがあるけど、なんだかんだカウンセリングって行きにくい。もし知り合いがやってくれたらお願いしたいかも・・・。なんて人は少なくないと思います。普段言えないことを聞いてもらって意見をもらえたら気持ちはかなり楽になりますよね。
すでに結婚していて子供がいる方であれば、子供の相談などに乗ってもらえたらとても嬉しいのではないのでしょうか。結婚について悩んでる方もいると思うので、結婚式であえて結婚の相談を受けるのもちょっと変わってて意外性があり面白そうです。

見た目ではそうみえないけど、意外と心に悩みを抱えてる方が多い時代です。工夫があり、臨床心理士にしかできないイベントなので、結婚式二次会で是非やってみてほしいですね。

関連記事